searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
ピアノは私だ3 http://iyfreejazz.blog.fc2.com/

愛と笑いのフランス日記

なんとなく思い付いたことを思い付いたときに書いています

裕イサオ
フォロー
住所
フランス
出身
いわき市
ブログ村参加

2013/06/18

1件〜100件

  • 健康と性格診断

     昨日は、なんか県が高年者無料健康診断をやっているらしく・・・、カミサンが随分前に予約していた診断というより看護師さんの検査に行って来た。医者の診断は後日。かなり本格的な検査だった。まあ、悪いところは特になしなのだけれど、息を吐く力が並以下。ちと、問題。「タバコ止めないといけないかも・・・」と看護師さんに言われてしもうた。うで、書きたいのは「そこ」ではなくて、看護師さんがびっくりしたのが私の聴力。...

  • MBTI「領事館型」

     サクライさんの記事の中の「こちら」。やってみたました。サクライさん、お元気ですか? すべての質問に正直に回答したら、私は「領事館型」だそうです。よー分からんけれど、なんとなく、ズバリのような気もする。バンドのバンマスだもんなぁー。読者、きゃ、お読み頂いている数少ない方々も「なるほどぉー」となる気がする。 「いかに繊細な自分と付き合うか」がカギとなるらしいです。ぎょわぁーーーん。私はある意味病的に...

  • ムービーメーカー 2

     このアプリのオフィシャルな配給とサポートは2017年で終了しているのだけれど、私はイギリスのサイトからインストールしたものをずっと使っていた。正確には非合法? 良く分からない。パソコンウイルスのリスクを承知の自己責任らしい。私のパソコン誤操作でパソコン初期化。この時点で消えてしまった。再インストールは諸々やったけれども不可能だった。代替えを諸々を試すが実に分かり難いし、中には「今すぐ購入」の広告ばか...

  • ムービーメーカー

     これがなくなり、パソコン音痴の私は自分のユーチューブ動画を作れなくなってしまった。代替えを諸々調べてもなんか代替えにならんものばかり。無料なのか有料なのか微妙とか無料だけれどインストール、使い方が複雑だったり・・・。困りました。今年、一月のエリック・ミモザ、真師匠とのトリオ。先日のコンサート。アップできない。私は自分のパソコンで見て聴いてはできる。けれど、仲間たちに送れない。 おまけに「日曜大工...

  • 日曜大工2

     本日のブログ記事の閲覧数は22。なんか安心する。一昨日の数字とか気持ち悪い。結局、ライブの動員数感覚みたいです。料理研究家「リュウジ」さんのユーチューブ。登録者数が300万人に近い。私の感触ではついていけない。どうも、私は「古い男」で顔が見えないと怖くなる。 でね、裕センセ的ジョークなんだけれど、本日はモノホン=本物の日曜日だから日曜大工はお休み。きゃ。 施主様からのご注文。寝室の電気の取り付け。ブ...

  • 日曜大工

     ところで一昨日のブログ閲覧数289。なんなんだ? 「ミュージッシャン冥利」という記事を二つ書いたらこの数字。普段より桁が一つ多い。理由は不明。記事としての出来は大したものではない。分からない。 木金土。木金はカミサンはパリ。一応曜日を書いたけれど、毎日が日曜日人間だから、逆に毎日「日曜大工」と忙しい。うちのカミサンはウランちゃんそっくりの可愛い感じ。ソプラノボイスでゆっくり話す。威圧感ゼロ。おパリ...

  • ミュージッシャン冥利2

     仏教用語の「冥利」。やはり、努力なしには来ないみたいね。黙々となにかをやり、そして、続けると幸福感に包まれる。 私は会社員は定年している。でも、もう一つの職業。ジャズピアニストは定年していない。私はずっと2つのオフィシャルな職業を続けて来た。この阿保振りが、そう、冥利という幸福感に繋がった。俺? ぎゃ、しやわせすっ。となる。 まあ、どこに行っても仲間が簡単にできる。皆、阿保人生=冥利道。たぶん、...

  • ミュージッシャン冥利

     仏教用語「冥利」。実は良く分かっていない。なんとなく、阿保のように努力ちゅうのか、なにかを続けていると訪れる幸せみたいな感じかしらね。 新居から初めてのコンサートに行った。バビロのシィファルとイケン、私を見て抱き着いて来た。なんか細々描写めどうなので、簡潔にする。真師匠が来る。「イサオ君、ミッシェルがすげぇーいいベース連れて来るちゅうからいいよって」「オリビア、ノンディスポだったから丁度いいです...

  • ビルトインガスコンロ

     と、日本語ではなるらしい。確かに格好いい。はめ込み式のガス台と書くと、なんとなく生活感が出る。我々の新居もビルトインガスエレクトリックミックスコンロ。たぶん、七十年代に設置と推測する。都市ガスが入っているから、電気コンロは要らない。それとガスコンロの蛇口? なんか少し怪しい。ガス漏れの心配がある。現時点ではないけれど。と、まったくオシャレではない古い調理台。私は料理狂だから、まず、調理台はガス。...

  • 小説的「医者の息子」

     カレーを作りながら脳内でブログっていた。やはり、私は物書き体質なのだろう。ブログを書きたいのではなく、私の現在を諸々台所で考える。私のジャズの原点はビル・エバンス「マイフーリッシュハート」。これの練習をずっとしていた。スラスラ弾けるように。そして、そうなった。なんだか少し涙が出て来た。この原点。私は医者である父の期待に大幅に盾突く人生となった。 医者に不況はない。むしろ逆だ。私が高校生の頃から医...

  • ダウンサイジングライフ2

     まあ、かなり過激な断捨離をやったのだろう。物量は3分の1ぐらいになったと思う。もっとかも。何度も書いているけれど、まったくお勧めはしない。随分前から流行りらしい「断捨離の勧め」なんちゅう気持ちはゼロ。単に私は几帳面な性格、物欲がそもそもない、まあ、この延長線上の巨大断捨離。それでもしんどかった。会社関係の他者とのコネクトはほぼゼロ。断絶。コネクトしているのは旧友とミュージッシャン仲間と家族親族の...

  • ダウンサイジングライフ

     私が売却した家。床面積180m2。庭300m2。新居の方は前者が81m2。後者はないけれどバルコニー3m2。 感覚的に住居面積約半分。庭仕事管理ゼロ。それから住居内に階段がない。以前は住居自体が四階建て。町の中心までの距離は同じだけれど、人口七万人と三万人の町の構造は随分と違う。それから、大きな違いは「パリ郊外の町」ではなく「独立した県庁所在地」。パリへの依存はゼロ。まあ、快適です。でも、快適過ぎるとジャズはで...

  • 毎日サンデー2

     の割には、結構忙しい。2日間パリ。娘夫婦のレストラン。相変わらず見事な料理。10品。詳細は書かないけれど、寒天みたいな一品。実に美味しかった。デザートの前に娘が「パパ、なんだか分かった?」「うーーーん、豚の喉ちんこなんじゃね」「外れ、豚の肛門でした」。まあ、この食べなくてもいいんじゃねって言うものを名品にするアドリアンの技量は芸術的だ。いや、既に芸術だ。高級レストランで豚の肛門を食す。なんかパン...

  • 毎日サンデー

     娘が日本のパスポート申請に行くと言うので、戸籍謄本を取り寄せ、諸々を調べた。五月七日にバビロでコンサート。じゃ、五月六日に一緒に行くべとなった。その前に、「パパ、色々、ありがとう。暇な時に付き合ってくれると嬉しいです」とSMS。私は「パパは毎日が日曜日。暇でない時はない。エブリデェーサンデーマン」と返信。この「毎日が日曜日」。日本では比較的、定年後の親父の毎日みたいに使う。これがなんだか、娘とアド...

  • ピアノの調律

     本日朝、十五分遅刻で楽器店社長のオリビエさん。身長198cm。細身、短髪髭面。盲目の調律師と共にやって来た。調律師。一目で分かった。本物の職人さん+ジャズ屋だ。なんと調律に二時間。 私がピアノを事前解体していたこと、サイレントピアノの鍵盤裏の背びれの説明。二人とも超絶的に感心していた。仲良しになっちゃったよ。 オリビエさんは営業、私へのを終えるとプリンターインク購入のために外出。なんとっ、調律師がビ...

  • 新世代

     私の左側に表面を解体したピアノ。私のピアノがある。明日の朝、調律してもらうから事前に解体した。真ん中のドの鍵盤修理もあるし、この小さな町ではあまりないヤマハのサイレントピアノ。サイレント用の背びれのようなものが鍵盤下にある。壊されるとサイレント機能に支障となる。盲目の調律師と少し懇意になった楽器店の社長が来る。防音工事の見積もりも頼んでいるので、たぶん、見積書を持って来るだろう。 と、こういう状...

  • 小さな町の高台

     新居の改装工事はじぇんじぇん進んでいない。私の中の「マルセル・デュシャン」と「嫁」の戦いなのかも。意見が食い違うからペンディングとなる。昨日は風呂場の鏡を強力な両面テープで設置。カミサンに「俺が持っているから、まっすぐになった時に張り付けて」。たぶん、蛍光灯のカミサンは段取りをきちんと理解していなかった。右側が二ミリぐらい上になった。完璧主義者の私は鬱になった。毎朝、曲がった鏡を見る。なんか、と...

  • 60代の生き方2

     各年代の「生き方」なんぞある訳がないのに、このタイトル。まあ、この現代社会の60代と言うものがなんなのか良く分からん。還暦を過ぎているからヒト科動物としての役目、使命は終えている。次世代へとなる。相対的に若僧呼ばわりされたりもするから現代は微妙なのだ。ヒト科動物の新陳代謝のタームが物凄く長くなってしまった。良いのか悪いのか? 地球には悪い。世界経済にも悪い。次世代にも悪い。上がつかえるのだ。 と...

  • 60代の生き方

     あるようなないような。どちらかと言うと年齢より、定年しているかどうかだろう。私は定年して間もなく一年になる。この「定年」と言う日本語、曖昧なのだ。フランスでは「年金で暮らしている人」だ。会社を追い出されて定年ではなく、年金生活でなんとかなるだろうの判断がこっちの定年となる。この辺り、いまもって分からない。日テレの料理番組を見ると、延々と働かないと生活ができないように見える。やはり、何度も書いた通...

  • どうでもブログ

     まだ、脳内ゴンドラが続いている。ベニス。やはり、一度は行った方がいいと思います。海上都市。私の知る限りはここしかない。 ベニスでの年長の義理弟の会話の中で・・・。リムジーンドライバーの家庭崩壊が多いことは、リムジーンドライバーになるための学校で教わった。簡単に書くと「アリバイ工作が容易」だからだ。本妻以外の「女のとこ」へ非常に行きやすい。泊りの仕事だの、午前様になるだの、なんとでも言える。私の勤...

  • Waters

     このブログタイトル。昔々、東京の月刊誌に私が連載していたエッセイのタイトルです。格好えーと今でも思う。この雑誌は五刊ぐらいで廃刊。幻のエッセイ集となった。うなことはどうでもいい。後悔とか、うなことを延々と考えている暇は暇だけれどないのだ。人生、あの時、ホームランだったらとか、二塁打だったらとか・・・。あるわけないのだ。人生こそ三振の連続だぜよ、若人よ。 でね、ベニスの市営バスちゅうのか? ウォタ...

  • 幻想都市ベニス3

     ベニスで3人の美女。名前が出て来ない。ど真ん中の有名な橋の近くで、シリコン美女。胸尻唇とパメラアンダーソン。一緒にいる男はさほどでもない。アッシー君なのか親の七光りなのか本物の金持ちなのか・・・。その美女。もう、カンヌの赤ジュータンの上を歩いている感じで歩いていた。「あたしは綺麗でしょ」と。歩くリカちゃん人形。おもろかった。老後が少し気になったよ。 その少し後にお金回りのよさそうなハンサム。たぶ...

  • 幻想都市ベニス2

     2度目のベニス。フェリー乗り場=空港へ向かうバスターミナルの近代的なビルの中に中華レストラン。名前が「海上酒家」。なんか粋だ。我々は2日半滞在。バス乗り場に着いてから豪雨。それまでは快晴の快晴。ずばりだった。 貸しアパートは実に清潔。高級ホテルのスイートに近い。デュプレックス。3階、4階。4階のサロン、テラスから海が見える。素敵だった。2泊5名で5万円だから安い。中心部から徒歩10分ぐらい東。立...

  • 幻想都市ベニス

     明日から総勢五名、ベニスへ。この水の都は以前に書いた。「現実の近未来SF」、「もう一つのディズニーランド」。考えてみると、ベニスの町も人工だからディズニーランドと同じとも考えられる。町の形成の過程を除けば。我々の新居から空港までバスで二十分。ベニスまでの飛行時間一時間三十五分。この移動距離の短さは素敵だ。飛行機代、忘れた。確か、往復で一万円以下ぐらいのはず。このお気楽にヨーロッパへ。この町の新しい...

  • 高年の暮らし

     私は、後二週間で六十三歳となる。自覚はない。バス無料のシニアカードの申請に行った時も他人事のような感じ。昨晩、カミサンが私の諸々の入った小さな段ボールを発見。私自身が忘れている。むふふ、日本を出たのか追い出されたのか、いまもって分からんけれど、一番最初のパスポートから歴代と続く。写真が超おもろい。長髪の美青年、坊主刈りの美青年・・・。四十年以上経った現在の写真。アイデンティティーカード用だからサ...

  • 小さな町の暮らし

     カミサンがブログに町の名前を書かないで。カミサンも娘も目立つとか公の舞台とか大嫌い。内気とも違うんだろうな。カミサンの旦那は裕イサオ。俺だ。娘のそれはアドリアン・カショー。私は世界一有名な無名ピアニスト。後者は少し前にベニスへ。飛行機の中、ベニスのレストラン・・・。マスクをしているのにファンが気付く。いやぁー、凄いよなぁー。と、前者の義理パパは一生ならんだろう。今週、パパママ息子義理妹弟と我々も...

  • 高齢ジャズ屋

     クナトンナ、機嫌が悪い。新居の改装工事の遅延。カミサンのこだわりが凄いからやり直しの連続。昨晩、ダウンタウン浜田さんのように切れた。「自分でやれやっ!」。こだわり満載人間はご自身でどうぞがベストだ。私はカミサンのペンキには一切口出ししない。技術的には美術学校出身の私の方が格上だ。日本人であることも、やはり、ある。仕事が細かいのだ。そして、ここに一つの美術理論となる。私はマルセル・デュシャンのひ孫...

  • 光の洪水

     なんか、マンディアルグの小説のタイトルになりそうなタイトルにしたのだけれど、単なる日常ブログ。どうして、このタイトル。そう、我々の新居。朝から晩まで光の洪水。建物が南東と南西に貫通しているからこうなる。実にいい。ペンキ塗りは順調ではない。カミサンは色にうるさいから何度もやり直し。塗っている私はイライラ。私は綺麗なら、正確には清潔であれば色はどうでもいい人。元美術家とは思えないぐらいどうでもいい。...

  • 日テレの「町中華」という番組

     その前にNetflixで千鳥主演の「トークサバイバー」を見た。これは実験ドラマみたいで超面白い。真面目な演技とアドリブのフリートーク。少しフリージャズかしら? お笑い芸人の知能指数がむき出し。本当に、頭の良さがむき出し。お笑い芸人の偏差値はとんでもなく高いことが分かる。 ユーチューブで毎晩、新庄ビックボス。まあ、面白い人だ。格好いい。顔は整形前の方が好きだ。むしろ、格好いい。エンターテナー的な批判の中...

  • 新居の住み心地

     まあ、右隣の若夫婦の騒音問題を除くと、実にいい。うちの息子もしょっちゅうパーティー。隣人が来る。若人はこんな感じでいいと思う。建物全体の設計図が欲しいのだけれどない。数学脳の私は東側西側から見た。理解した。若夫婦のサロンが老夫婦の寝室の真後ろとなっている。設計ミスとはいわない。彼らに静かにしろと言い続ける。そういう選択肢は私にはない。リール時代と同じ構図となる。静かに暮らしたい老人が、なぜに町中...

  • 町中老人

     私は高年だけれど老人の範疇には入っていない。現代社会ではね。「やがて」がいつなのか分からない。たとえば階段ダメ、車の運転ダメとか・・・。私の母方の伯父さん。九十四歳。毎朝、神社の階段を上る。ホンダシビックを運転する。コロナ禍は車を運転しながら「カセット」を聴きながら車中大声で歌う。伯父さんは市役所職員をしながらこけしを作り絵を描いて来た。私にじゃないな、伯父さんに私はそっくり人生。顔もそっくりだ...

  • 還暦

     なんか「還暦」という日本語というのか東洋思想というのか、舐められていると感じる。干支が元に戻る。私的には長生きしたねぇー。六十過ぎてまだまだとか、若僧呼ばわりとか、なんか風潮がおかしい。「いつ死んでもいいのだ」ということだ。生産性はないから年金額が膨らむ。国の経済を圧迫する。次世代の重しになる。正直、いらん人たちだ。もちろん、私も含まれる。ここに微妙な問題。酒煙草ジャズでヘロヘロ親父なのに健康な...

  • 私の部屋

     と言う月間誌があった。私の部屋を人生で初めて持った。日本式に5.5畳間。本日、初めてカミサン、息子、娘のものが部屋半分以上に設置されたクローゼットの中に納まった。私の後方の壁はモスグリーン。あとはすべて白。クローゼットのくりぬきみたいな部分に私の黒いピアノ。シンセサイザーは箱に入ったままだけれど、私ぐらいの年齢の日本親父には夢のような「私の部屋」だと思う。でも、ここに収まるように巨大断捨離をした。...

  • 新しい生活

     カテゴリーをブログとした。なんとなく久しぶりのような気もする。私のお気に入りブロガーさんたち。その筆力に私は鼓舞されている。いきなりお二人について書く。蝶姉さん、お付き合いが一番古い。筆力、そしてその内容。私が畏敬する富岡多恵子に迫っている。ご本にされた方がいいのではと思ったりする。それから少しずつリハビリのサクライ「君」。「写真に撮れないものを言葉にする名手」。フェアリーさん、ブーツさんは皆さ...

  • 言葉にならない風景

     三日間、家内とパリの子供たちの所へ行って来た。私たちの新居からは初めてだった。パリ北駅まで1h17。80kmの距離だから時速は郊外電車並みだろう。子供たちとの楽しい一時の諸々は私たちの時間なので書かない。すべてを書く必要はないし、言葉に還元する必要もない。 帰宅時の電車の駅までの経路を知りたくて見ていた。なるほど、この辺りから入るのだなと理解し始めた。廃屋になった工場群の中をゆっくりと通過する。家内が「...

  • 新居3

     入居して2週間。以前のリズムは戻らない。唯一、ピアノの練習だけはやる。こまごまとした工事だの住所変更だのインターネットの設置だの・・・、まあ、現代社会はやることが多いし、すべてインターネットで。私のフランス語の読み書きは小学生。家内のパソコン力は幼稚園。私のパソコン力は中学生。こういう夫婦が諸々の手続きをパソコンでやる。毎日、ちまちまと喧嘩している。でも、本物の二人三脚というやつで、意外と夫婦と...

  • 新居2

     大工仕事、ペンキ塗りの毎日。ピアノの練習は阿保のようにやる。でも、ブログ記事を書く時間のリズムがない。でも、なんか小説を書きたい気持ちが私の中で充満している感じ。やはり、巨大な大聖堂の圧力なのかも知れない。なんとなくロボット映画のトランスフォーマーに見えて来た。 私の格好いいピアノ室、書斎から見えるもの。小学校の狭い校庭。小学生の歓声。右側に住人のガレージ。たぶん、ヤマハのハーレーダビットソンみ...

  • 新居

     入居して5日。大工仕事とペンキ塗り。忙しい。私の音楽スタジオになる個室。すでに超絶格好いい。難しい書籍が本棚。難しい音楽CD。ピアノ、シンセサイザー、音楽機材。「普通の人」ではない感がどうしてもある。私の部屋を見たら芸術系は参るはずだ。9M2に私の人生の軌跡を凝縮させたのだ。5.5畳に。この断捨離ぶりは凄いと思う。私は断捨離の新庄剛志と申し上げる。 ケンモホロロ管理人。半地下室にいたら彼女が来た。その前...

  • 小さな町

     人口七万人の小さな町。我々夫婦の新居がある町。駅裏、町の中心部のミニシティーハウスでこれを書き始める。新居まで徒歩七分ぐらいに位置しているから、すでに新居の生活のリズム音が聴こえて来る。 この町の最大の特徴は・・・。たぶん、パリ第三の国際空港と呼ばれる格安航空の本拠地であること。現代的には。四十年前ぐらいから家内の出身地だから何度も来ている。でも、空港が国際化した以降の雰囲気は随分と変わった。明...

  • にじり寄る新居

     昨日から義理の妹宅。久しぶりにまともな食事。牛タンでした。フランス風だったけれど。二泊させてもらって三日間、貸しミニシティーハウスへ移動。町の中心部。新居に近い。よく考えたら、昨日から我々は新居のある町にすでに転居したことになる。パリにも以前の持ち家のある町へも当分行く予定はない。特に後者には行く理由がまったくなくなった。リセットも大詰め。 前回の記事の続き。破損したカワイのグランドピアノ・・・...

  • ノルマンディーの海辺の村にて

     我々、「家なき夫婦」はヴール=レ=ロズというノルマンディー地方の村にいる。ビクトル・ユゴーが一時期滞在していた。小さな貸しアパートの窓から海が見える。昨日は大時化、当然、強風。本日は少し穏やか。大時化の海の迫力は何とも言えない。怖い。生きては帰れないだろう。家内と強風の中断崖絶壁の上へ。体重の軽い私は凧みたいに飛んで行きそう。なんだか超情けない。 来週の金曜日に人生リセットが完了する。リセットさ...

  • 放浪夫婦

     昨日、二月十七日は少し変な感じだった。新居のある町の安ホテルを出てディエップへスイフトで向かう。元リムジンドライバーの私は制限速度を超える運転はしないように体がなっている。途中、田舎道。前のプジョーが微妙に遅い。75kmぐらい。制限は80km。普通は82kmぐらいで皆走る。別に急いでいるわけではないけれど、なんとなくちんたら車が前にいると風景を楽しめない。追い越すことにする。加速する。88kmぐらいにメーターの...

  • 家なき夫婦

     なにもないかつての持ち家に二日間。それからパリの娘宅に三日間。娘の知人が十日間出張とのことで彼のアパートへ。明日、新居のある町の安ホテルに一泊。置きっぱなしスイフトを元持ち家のある通りに取りに行く。マットレスだの掃除用具、廃棄品が詰まっている。廃棄品を処理し、新居にとりあえず運ぶものを運び、再度、下着を取りに行く。それから三日間、ノルマンディーの海の見える貸しアパート。それから義理の妹宅・・・。...

  • リセット

     皆さん、お元気でいらっしゃいますか? 最新記事の日付を見たら一月二十六日になっていた。二週間以上、記事の更新をしていない。新居への「荷物のみの引っ越し」は二月一日。これは大家の善意で、まだ、公式な購入手続き、支払いが済んでいないからアパートに建物の保険を掛け、荷物の搬入のみ許可して頂いた。法的には購入キャンセルは可能状態。ただし、二百万円ぐらいの損害賠償、キャンセルチャージが発生する。それと、我...

  • 電子レンジと炊飯器

     料理狂の私の家にある調理器具は以上。料理する楽しい時間がなくなった。つまらないし暇だ。なんなんだろう、私は小食だけれど美味しいものを食べたいという食欲は凄い。以前は眠れない時は美女の裸体と脳内で戯れていた。現在は「なに、食べようか」。そればっかり考えている。 でも、いや、これだけで料理はできない。から、電子レンジ系のクースクースとパェリアを買ってきた。まあ、こんなもんなんだよなぁー、不味くはない...

  • 筆トーク

     あっは、私の十年前のブログ総タイトル。それを覚えていらっしゃる方は約一名。わたくしの読者数嘘八百万人中お一人。最近のわたくしのブログ閲覧数は一桁と桁違い。新庄剛志じゃないからいいのだ。読者がいなくても書くのだ。 以前に書いた。あら、読者数まで断捨離かちら? ヘンリ・ミラー。流石に晩年は豪邸に住んでいた。でかい家のサロンには一人掛けのソファーとテレビしかなかったらしい。我々の家もそれに近付いている...

  • 風景「断捨離」

     我々の持ち家、二十七年前に購入。私が三十五歳の時。リヨンとリール、合わせて七年間住んでいたから、我々の家に実際に住んだのは丁度二十年。当初は私の文学的な感傷が充満し転売には物凄いストレス。現在は感傷の断捨離。人生の断捨離、美しい終活とルンルン。早く新居に行きたいだけ。ある種の離婚なんだろう。 すでに冷蔵庫なし。本日、ガス電気の調理台を買い手が取りに来る。三千円。購入時は五万円ぐらいのやつ。綺麗に...

  • 等身大

     私は今年の四月で六十三歳となる。還暦からすでに三年。定年から一年弱となる。ブログ歴がほぼ十年ともなる。江戸時代だったら長老。皆、「長生きの秘訣」を聞きに来る。「おれけ? ふむ、酒、煙草に女と、浮世絵描いて、文(ふみ)書いて、三味線しとっただけだ」。単純回答。まあ、巨大断捨離をしていると私の過去が諸々と出て来る。まあ、ミニ波乱万丈人生だな。文学美術音楽とほとんど世界制覇を目論んでいたみたいな人生。お...

  • 断捨離疲れ3

     先日のコンサートの音を聴いている。前後に真師匠との会話とか諸々の会話。編集では普通はカット。自分の声、「まぬけ声」には毎々ショック。コンサート、アンコール前に私のお笑い、日本人のペコペコ物まねが出て来る。会場は爆笑。そして、アンコール曲は師匠沖至とダニエル・クレイグに捧げた。私がアレンジした「ノータイムトゥーダイ」。死んでる暇はねぇー。 そうですね、私は「お父様」「お母様」症候群なのだ。常磐炭田...

  • 断捨離疲れ2

     なんか小さな夫婦喧嘩が凄く増えた。お互いにカリカリしているのだ。引越、しかも、家を転売している。私は元海外引越のプロ。そのストレスは凄いことは営業マンとして知っている。のに、対岸の火事ではないからストレス充満。「対岸の火事」って島国語だよなぁー。まあ、我々夫婦の絆は半端ではないから大丈夫だぁー。伊勢神宮のしめ縄ぐりゃーだっ。 関西ではお母さんは「おかん」だと思っていた。神戸方面では「おかあちん」...

  • 断捨離疲れ

     さすがに家の中が混沌として来た。現在の大家の我々。二週間後にはそうではなくなる。家の中の三分の二ぐらいは処分、転売。残った三分の一がちまちま系。まあ、カミサンもよく断捨離していると思う。ばんばんと捨てる。ちゅうより、ここが私との大きな違い。売れるものは売る。慈善事業団体にご寄付する。低収入層の団地に「差し上げます」とシールを付けて置いて来る。しかも、ちゃんとなくなったか確認に行く。まあ、こういう...

  • 「エミリー、パリへ行く」2を見た

     世界中で大ヒットしたらしい。エミリー役。リリー・コリンズ。フィル・コリンズの娘。年齢もプロポーションも私の娘とほぼ一緒。顔が小さくてデコちゃんもそっくり。名前もほぼ一緒。なんだか娘のドラマを見ているような錯覚。でも、リリーちゃん、漫画顔。うちの娘は理科系顔でもっとシャープだ。リリーちゃんの方が癒し系だな。娘はドクターX系だ。その顔がね。 と、それを書きたいのではなく・・・。このドラマの中に出て来...

  • 裕イサオトリオ

     この名称に少し迷いがあった。バビロのコンサートプログラムも外の看板も、きっぱり、はっきりと「裕イサオトリオ」となっていた。佐藤真師匠、エリック・ミモザに「この名前、正式に使ってもいいですか?」。お二人とも「もちろん、よござんす」。まあ、私がバンドマスターだからおかしくはない。しかし、大先輩とリールきっての尖がりミュージッシャン。このお二人とのユニットに私の名前はなぁー。でも、やはり、私のピアノが...

  • 試合前夜

     明日はコンサートというより「試合」みたいな感じ。フランス国はコロナ感染者1300万人を超えた。こういう時にコンサート? 五人に一人が感染している。明日の夜は相当数が来ることは知っている。元社長から「この状況下、それでも、決行するんですか?」とメール。する。重傷者数は変わらない。ほとんどがワクチン未接種の方々。そうなると、私的にはいつまでも音楽隠居はやってられない。 明るいはずの余生が三年近く空白。や...

  • ピアノ弾きたい体

     新庄剛志の大ファンになった。こいつには日本国を変えるパワーがある。凄い人だ。 我々のトリオ。裕イサオ、ピアノ。エリック・ミモザ、ギター。佐藤真、ドラムス。三日後に復活する。リールのマルトリー=元ビール工場のシアターで二度ぐらいやっている。バビロでやったのは、なんと八年前。私、五十五、真師匠、六十七、エリック、四十三歳。今、聴いている。何度も何度も聴いている。沖至がコンサート後に少し泣いた意味が、...

  • ザッキィー2

     新庄剛志監督就任会見を見た。両サイドに日本ハムの社長、球団社長。もろ、サラリーマンを長年やってまいりましたぁー感。まったくもって私の興味ゼロ。新庄さん、ぶっ飛んでいる。Yoshikiだ。彼も「X Japan」という日本のXパワーを感じる。海外を行ったり来たりしている日本人のパワーこそが日本に必要だと思う。俺も含まれる。 新庄さんと裕センセ、諸々の共通点。「僕はいつ死んでもいいと思って今日まで来ました」「人生な...

  • ザッキィー

     十年近くブログをやっていると、タイトル自体がどうでもいい感じ。書き捨てとか書き垂れ流しだからタイトル自体がいらんかも。いつも、思うのだけれど、物凄く狭い範囲限定総タイトルのブログ。感心します。美容とか料理とか・・・。限定すると、そんなに書くことはないのだよ、私は。ジャズピアノに限定する。もちろん、諸々書けるけれど、むしろ、「それ」は私の問題で公の場で書く必要は私の場合はない。あれ、本当は「そう」...

  • バンドマスター

     ジャズ屋は奏者の一人が兼ねる。でも、クラッシックでもジャズでもオーケストラという「社会みたいな」編成になると「指揮者」がいる。だから「政治家」という指揮者が出現する。指揮者にふさわしい人なのかを我々が選ぶ。という構図。 頭の中は十五日のコンサートでいっぱい。 でね、私は学級委員長、生徒会長とやって来た。そういう感じの人なんだろう。バンマス系だよな。結構、Yoshikiさんのユーチューブを見た。私の弟の...

  • 一週間後の新年

     どうでもいいタイトル。私に新年なんぞ、どうでもえー。私個人の新年を求めている。うで、今年はモノホンの老後新年となる。 息子のアパートに家にあるオフィスデスクを持って行くことになった。スイフトでは無理だ。このレンタカーの予約に三日ぐらいカミサンとすったもんだ。ウェブカムで写真を送れから始まり・・・、諸々。めどうだ。娘まで巻き込む。もちろん、新品価格は結構した。ごちゃごちゃめどうだから、私は「廃棄ぃ...

  • ジャズメン

     東京、下落合、風呂なしのアパート。六畳一間。この頃、なんなのだ、ステレオだけは物凄い高級品。父のなんらかのプレゼントだった気がする。JBC。この頃に散々聴いたレコード。ハービーハンコック「プリズナー」を聴きながら書き始めた。前置き、なげっ! 今でも比較的良く聴く。理由は書かん。いや、一言で「おしゃれ」。もし、妾ゲットなら勝負アルバムだろうな。バッシーーーっ! 痛てっ! 十五日のコンサートの準備をし...

  • 疎密波

     自分でも良く分からないタイトル。空気の振動、つまり、音のことらしい。難しいことはさておき、私の新年の抱負。家でアコースティックピアノを弾きたい。この疎密波が圧倒的。この感触を忘れては絶対にいけないのだ。電子ピアノに特化してもいいという人はいい。私は嫌だ。このヨーロッパの英知の権化のようなマシーンを日本人のわたくしがイサオ節になんとしてもしないと気が済まんのだ。ジャズ屋のこだわり。 昨晩、発見した...

  • 新年とはなんぞや

     あーた、新年はいつだって自分で作れる。禁煙、断酒新年。ボディービル新年とか・・・。毎年十二月三十一日にお願いする。だれに⁇ 結局、本日は三日。三日坊主となる。書いていることがウザイ親父なのにエモいぜ。馬鹿だ。若者言葉が超オモ。ジャズしていて好きだ。言葉を音に変換するこの繊細な感じはミュージッシャンには良く分かる。彼らの中の複雑な脳内がこういう言葉になる。現代の若人は複雑な状況にある。日本のテレビ...

  • 年始雑記ィー

     明けましておめでとうございます。愚ブログに長年お付き合い頂いているお気に入りブロガーさんたち。それから読者様。今年の五月で私のブログ十周年となる。大晦日はアクセス三ケタになっていた。深謝致します。やはり、あまりに観客が少ないとやる気は失せる。表向き「自分のために」書いているなんぞと言っているけれど、他者とのコネクトなしに芸術芸能は成立しないから、本当に嬉しいです。ありがとうございます。私のコンサ...

  • 年末雑記ィー

     還暦過ぎると年越しとか新年とか新年の抱負とかめどうだ。句読点を入れないと書いている自分が息切れする。羽毛っ、めどうだから皆さんへ、ご挨拶。お気に入りブロガーさん、ブーツさん、ご愛読して下さる方々、良いお年を! フランスより愛を込めて! 本年もお付き合い、ありがとうございました。来年もよろしくです。じゃ。 ではなくて、お正月用に書くぞ。 相武紗季に嵌っている。本当に綺麗な人だ。スタイルも非常にいい...

  • 国際結婚

     さっき娘がパリへ帰った。駅まで大荷物なので車で送る。駅に吸い込まれる娘を見ていて、なんだかねぇー、日本映画みたいだねぇーとスイフトの車窓から。駅ってなんか好きだ。出発のイメージ。 なんか、突然、凄いタイトル。息子三日間。娘四日間。実家にいた。父親の私は料理。カミサンが各自に「こちらも引っ越す、断捨離中、各自の部屋、整理しなさいっ!」と、叱ったりはしない。うちのカミサンは旦那=私のコントロールを熟...

  • 雑記イッー3

     キース・ジャレット。今、1972年、ノルウェイのソロを聴いている。ジャズなのか? 白人のクラッシック音楽とポピュラーソングとジャズが合体した感じ。逆算すると27歳となる。まあ、ため息しか出ない。私には無理だ。3歳から英才教育された人に35歳から独学ジャズ。勝負にならない。だから、勝ち負けはねぇー。むふっ。彼は2度の脳卒中でピアノが弾けなくなった。76歳。彼には生き地獄と推測する。 北川景子の映画を昨晩...

  • 雑記イッー2

     こちらはクリスマスイブ、クリスマス当日。日本のお正月と一緒で一家が集まる、息子はさっきパリへ帰った。明日から仕事。娘は明後日まで。我々自身の家族、カミサンの家族。総勢二十一名となるのだけれど、コロナ禍、二回分け集合。イブと当日に。我々は当日組で義理の妹宅へ。三世代を入れるとこんな人数になる。 無宗教日本人の私にクリスマスも新年もなんの意味もないのだけれど、社会人としての生活がある。お付き合いする...

  • 雑記ィー

     エリック・ミモザ、佐藤真、裕イサオのトリオが三週間後に復活する。このトリオが私が一番やりたい音楽に近い。初期の山下洋輔トリオ。ピアノ弾きになりたかった最初にこのトリオがある。原点回帰みたいな感じです。2014年のバビロのコンサート。私の師匠沖至が演奏後少し泣いた。「久し振りにいいもの聴かせてもらったよ。ありがとぉー」。 日本の映画、ドラマを見捲っている。日本の役者さんたち、本当に女優さんたち綺麗だし...

  • ドラマ「ブザービート」

     正確には「ブザービーター」だそうです。フジテレビのドラマ。2009年。主演、山下智久。北川景子。助演、相武紗季、伊藤英明。そして、金子ノブアキ。 山下さん、知らなかった。ジャニーズ事務所の方。まあ、格好いい。175cm。体、筋肉ムクムクだけれど実に綺麗で着痩せタイプだ。私は尖がった顔が好きだから、超格好いい。米倉涼子顔好きだなぁー。顎が尖がっていて鼻が細くて鼻の穴の形が柿の種の形。顔が流線形だ。 北川さ...

  • ブログは続くよどこまでも

     まあ、私だけではないのだろうけれど「こんだけ読まれないブログ」。まあ、よく続くと思う。線路だよねぇー。線路? 終着はある。どこまでも線路は続くかよっ! いつまで続くのか分からん。私の消滅と共に消えることは分かっているだけだ。 まあ、芸術芸能職人さん、社会的な仕事・・・。続かない人は続かない。しかも、売れないとか観客がいないとか読者がいないとか、まったく金にならんとか、世間は甘くないから挫折に誘う...

  • 小さな町

     以前書いた記事と大分重複する。世界遺産として最も有名なモンサンミッシェル。聖ミカエルの山。イギリスにセイントマイケルズマウンテン。モンサンミッシェルの英語訳そのものの「もう一つのモンサンミッシェル」がある。双子。無名だ。私有地ということもあるのだろう。アイルランドにセイントマイケルの岩小島。以前に書いた通り、定規をあてるとまっすぐ。三つのモンサンミッシェルとなる。偶然ではなくケルト人の信仰地とし...

  • 新居の魅力

     来年二月以降、我々老夫婦は新居へ。新婚の新居ではないからルンルン感はないと申し上げたいけれど、ある。 パリから80km。電車1h16。都が遠くなる。十万人以下の小都市最も魅力のない町一位に輝いた。町の九割以上が第二次世界大戦で崩壊しているから「そう」なる。ばっちいのか? はっきり、日本の町と比べたら超絶綺麗。すべて戦後の建物だけれど、石造りだ。フランスでは戦災にあった復興都市となってしまう。観光には最も...

  • モデルナちゃんの福作用

     コロナらっ、来いっ! モデルナワクチン、三回目。二日前。今朝、元社長からメール。火曜日にモデルナ接種。二日間腕の酷い痛みと疲労感。あはあは。私は本日二日目。左腕痛い痛い。枯葉のお掃除をしていたら気分が悪くなった。掃除をしている本人が枯葉だ。ぼーーーとなる。私はぼーーーとなることはゼロ人間。理知の人だ。えっ。 二回目のファイザーの時も、確か二日目ぼーーーだった。ピアノをぴったり一時間弾く。ほとんど...

  • 自分の再生リストを聴きながら

     九年前と言うのかほとんど十年前に作った「シンセサイザーソロ」を聴いている。そう、ブログも同時に始めた。視聴回数、大した数字ではない。ブログもまったく同じで、一番多かったのが三百とかだった。ほとんど、私のコンサートの動員数と同じなのが面白い。まあ、裕センセにほとんど方々はご興味なしとなる。別にかめへん。でもね、リリー・フランキーさんぐらいには素敵だぞ。上とは言わんけれど。同系列で俺の方が見てくれが...

  • 「海街ダイアリー」視聴感想文

     日本のドラマ、映画を毎日のように更新しているユーチューブチャンネルがある。私は大変楽しんでいるのだけれど、著作権問題とかどうなのだ? 私自身が恩恵を被っているけれど、あれ、日本語大丈夫なのか? なんか音が違う。こういう字でしたっけね。 綾瀬はるかの年収が推定六億いくらだそうです。うなもんはどうでもいいのだけれど、日本女優ダントツ。海街を見た。口うるさい長女役、完璧。彼女二十九歳の時。その後、しゃ...

  • ランダムブログ3

     「パパとムスメの7日間」。ほとんど一気見した。半分ずつね。舘ひろし、新垣結衣主演。またまた、娘と同世代の日本の女優を発見。新垣さんも実に綺麗だ。皆さん、実にスタイルがいいと言いたいのだけれど、いつも気になるのは足のO脚。米倉さんでさえそうなのだ。皆、顔が小さく肩幅が広く胸もふくよか。お尻も格好いい。脛だけだなぁー。畳文化なのか日本人のそもそもの骨格なのか? そういう意味では舘さんはスタイルが本当...

  • ランダムブログ2

     蝶姉さん、日本語ご教示、ありがとうございます。私は変な外人になっちまったので「舅」がどうしても「鼠」になるのです。「しゅうと」も「ねずみ」もあんま変わらんのかちら? 「小舅小姑」「叔父さん伯父さん」脳内で地図が書けない。まあ、現在の変差痴が凄いせいです。 1月中旬に、真師匠、エリック・ミモザとのトリオが久々に復活する。よーーーく、考えたら学歴偏差値が凄い人たちだ。顰蹙? 書いちまおう、分かり易い...

  • ランダムブログ

     蝶姉さんのブログはすべて拝読している。舅姑婿とか難しい漢字が多くて、変な外人には読めないし、位置関係もあやふやなのだ。それを書きたいのではなくて、うちの婿なのか? トップシェフだ。こいつの凄いところは、出て来たものを黙々と食べる。「美味しい不味い」ゼロ。ケバブだの百円寿司だのストリートフードを黙々と食べる。でも、築地の寿司屋だの、超高級天ぷら屋・・・、私は目撃していないけれど、周りにいた人たちの...

  • 無次元数

     偏差値とは結局、平均を50とした無次元数であることが分かった。つまり、統計の数値となるはずだ。一般的に学力測定に使われているけれど、そうなると、すべての分野に偏差値は存在するとなる。もちろん、高い方が社会的には「勝ち組」なのだろう。 私の興味は脳のスペックの測定が可能なのか? 調べたけれど、結局は臓器だから年齢とか訓練とかで変化する。結局分からん。そうなると、ずばり、学歴は社会的な偏差値かも知れな...

  • 自分でなにを言っているのか分からない

     なんか「偏差値」について阿保のように夢中になっている。二つの記事を翌朝、削除したいと躊躇する。どう読んでも、結局「私は頭がいい」と言いたいようにしか読めない。私は高卒だから、「裕センセの出身校は」。高校しかない。世間的には「じゃ、その高校の偏差値は」。これが一番分かり易い。桐谷美玲を有村架純だと勘違いして映画を見た。東大経済学部主席卒業ミス東大の物語。見終わってから有村さんってあんなに長身だった...

  • 偏差値と知能指数

     この二つの違いも、正確な内容も私は良く分からない。世間的に「頭がいい人」とはなんなのだろう。東大の馬鹿(世間知らずと言う意味では相当多いらしい。ドストエフスキー、だれですか? 信じられないけれど・・・)とかもいる。お笑い芸人の「お笑い偏差値の測定」はどうやるのだろう? 私が見ていて「頭、相当いいよなぁー」。タモリさん、北野武、有吉さん、大竹さん・・・。さまーずの三村さん、自分で「俺、頭悪いから」と...

  • Le Perchoir par Adrien CACHOT

     義理息子の暫時的な新レストラン。メニルモンタン界隈にある。自然体超絶お自慢的記事になることは分かっている。でも、自慢話ではなく実際にそうなのだ。親馬鹿? いや、私は客観的にものは見れる。しかも、パリというジャングルの中。親馬鹿なんぞは通用しない。つまり、事実。この界隈、もやもやさまーずそのもの。リトルチャイナタウンとアラブ人街。中国人、アラブ人に一切の他意はない。日本人の衛生観念とは程遠い地区と...

  • 二年半振りのコンサート

     一昨日、パリでは珍しいピアノソロ。コロナ前のコンサートの日付を確認したら5月31日2019年。ほぼ、二年半ステージに座っているけれど、立っていない。月日の経つのは早いと言いたいけれど、私は現在形人間だから、別に早くも遅くもなく物理的な時間が経った。黙々とピアノの練習をしていた。 私はゆっくりと行きたかった。でも、カミサンも来る。ならば、バビロの近辺、つまり、モンマルトルをお散歩しようとなった。凄い人。...

  • 昨日の記事を削除した理由

     と、どうでもいい記事。今朝、昨日の記事を読み返した。結局、私は頭がいい。頭の悪い人間はダメだみたいに読める。おっ、本当にそうだから削除した。偏差値という数値。これは脳キャパの測定には分かり易い。ただし、社会偏差値は別だ。脳みそのキャパは車のスペックと同じ。書き方が難しい。数学の先生になるには、それなりの脳みそのキャパはいる。しかし、車の偏差値は耐久性ハンドリング・・・とエンジン以外のスペックと言...

  • アップライトピアノ防音室考3

     アパートで隣人を無視してギンギラギンにピアノを弾く。基本的に、確か夜10時まではいいはずだ。ギンギラギンピアノは80デシベル。主観が入ると騒音の数値は変わる。嫌いな野郎の声は30デシベルでもイラつくはずだ。色々と調べると人間の耳にうるさく感じないのは40デシベルまでらしい。でも、ディープパープル大好きな方にとって彼らの音が100デシベルでもうるさくないのだ。 むむっ、最大の防音効果は、そう、隣人といい感...

  • アップライトピアノ防音室考2

     我々の新居の、私の防音室について書こうと思っていたのに・・・。思考がなんか違う方向へ。ついでに、私のブログは無料でいいのか? なんちゅうことまで考える。私のお気に入りブロガーさんたちと同じ。相当な蓄積がないと書けない文章。垂れ流しがいいのかどうか良く分からない。まあ、ブログは自分のために書いている気配が濃厚だから無料でいいんじゃね。ピアノはダメだ。 脳内は勝新太郎、座頭市、米倉涼子、ドクターX、...

  • アップライトピアノ防音室考

     そもそもピアノのうざいところは重い。そもそもが庶民楽器ではない。こういうところは超嫌い。家にピアノがあるだけで金持ちだと思われる。うで、ピアノを庶民化するとクラビノーバとかになる。しかし、モノホン(本物)のピアノではない。よく考えると、アップライトピアノこそ、ピアノ庶民化の第一歩だったんじゃね。グランドピアノは400kg。これを半分にした。スペースは半分以下にした。 それと、ピアノのうざいところ。日本...

  • 五畳間余生

     我々の新居。私のピアノ室になるであろう寝室2。畳換算したら、ほとんど五畳間だった。アップライトピアノとシンセサイザーがあるから、日本式の四畳半ぐらいはいる。非常に近い。 壁の半分がすでに堅牢なクローゼット。すでに防音。真ん中に、元々はベッドの頭の入るコの字空間。ピアノがすっぽり入る。ピアノの上部もクローゼットとなる。 防音室を自分で作る案もある。しかし、防音効果が分からない。隣人にもよるから、ま...

  • 仕上がった裕センセ

     明日、二年振りのピアニスト復帰の予定だった。ソロピアノは三年振り。ずぅーーーと、当然、プロだから体調、指さんたち、こころの準備をして来た。さっき、ピアノを弾く。仕上がっていた。指さん、マッハ三。こころはハイ。同じ調性の曲のメドレーが延々とハイパワー、ハイスピードで出て来る。こころの準備になぜか座頭市。ロッチ、さまーず。良く分からん。 コンサートのキャンセルをした翌日の夜。バビロ、シファルが私に電...

  • コロナろぉーーーっ!

     午後三時。バビロ、シィファルから電話。沈んだ声。「イサオ、本当、本当、ごめん。コロナ第五波の余波。コンサートできなくなった。本当にごめん。店も少し閉める。普通に戻ったら、以前のように毎月イサオデェー作るからごめん」。「りゃ、へめれけの小袖だで、こんなご時世、モヘンジョダロだろ。気にすんでねぇー」。 あらあら・・・。コケた。なんとなく満席に近いんじゃねだったから、おっさんもハイの途中にいたからコケ...

  • ハイになる

     指さんたちは確実にスピードが増し始めている。本日は、ほとんど一日中、新しい住人の工事下見。二メートルの巨人にお会いするのは二度目。マスクなしの顔を初めて見た。まったく印象が違う。穏やかで礼儀正しい。第一印象が巨体の警察官。でも、すでに購入の手続きは終わっているから自然体だった。奥さんは、当初からチャーミング。奥さんも身長180cmぐらいだろう。我々の家を気に入った。百軒見て決めた。理由も良く分かった...

  • 復帰準備

     私はプロのピアノ弾き。二年振りに復帰する。ホームクラブ「バビロ」。皆さん、なんだよぉー、大した話じゃないじゃん。と、おっしゃるのは構わないけれど、私はカーネギーホールでも、場末の酒場でも演奏の質は変えない。ベスト以外にお金は頂けない。やはり、少し日本人かも。真面目人間だから場所だの、聴きにいらして下さるお客様層に合わせる。そういことは一切しない。大門道子だ。そういう媚は本当に音楽を安っぽくしてし...

  • 巨大断捨離

     私は「今流行りの断捨離」。個人的にまったくお勧めしない。気持ち的にかなりしんどい。感傷を捨てる逆噴射が辛いのだ。お勧めはしないけれど、我々夫婦はブルドーザー的巨大断捨離中。家内の面白いところは・・・。ちまちま掃除は私がする。家内は溜め込んで一気にやる。断捨離も同じでやるとなるととんでもなくやる。私の影響もあるのか? 物に固執しない。女子には珍しい。芸術家なんだろな。でも、だからこそ、変なこだわり...

  • 歩兵通りの裕センセ

     我々の家の書類上の売却は終了。本日、カミサンの地元のアパート購入書に署名。物凄く面白かった。五十年前からある地元の不動産屋。メイン通り。ここの二代目社長。いやぁー、気に入りました。すべての署名が済むのに二時間。その間、ずっとピアノの音が聞こえる。私はお隣にピアニストが住んでいると一時間ぐらい思っていた。社長がステレオから流していたのだ。私はピアノが大好き。ムッシュ裕ならお気に召すと思いました。従...

  • 現役感

     私の年齢は正確に、ぴったり六十二歳と七か月。読んで下さる方々の年齢によって、反応はまちまちだと思います。チャンジー、おっさん・・・と年少の方々は思うし、年長の方々は若僧とか、まだまだ・・・。不思議な時代に生きる羽目になっている。還暦過ぎのヒト科動物の人間様。本来なら土の中だ。年少の方々の感触は理解できるけれど、年長、そう、土の中に安らかにいておかしくない私が若僧とか、まだまだ、人生を知らんっ! ...

  • さまーず的

     さまーずチャンネルの登録者数が五十万人と昨日なった。パチパチパチ。昨日の生配信。大竹さんの神経質な感じがよく分かった。三村さんはマイペース。大竹さん、生配信の感触が分からないのだろう、なんとなくピリピリ。ある意味、非常に真面目な人なんだろう。三村さんはおっさん自然体の極致。彼も努力して来たからそうなったんだろう。お笑いも努力しないとできない。矛盾しているようでしていないぞ、若人よ。努力しない奴は...

  • コケコケ再始動

     27Nov2021 20h00 at Babilo Paris。なんなんだっ! 真師匠はレコーディング。これは理解できる。オリビア、ワクチン接種証明がない。つまり、二回接種していないということなんだろう。オリビアは日本語読めないから書くけれど、ミュージッシャンの自己管理すてねぇーのかよっ! です。少し怒った。まあ、いい、ソロピアノになっちまった。 パリでは二年振りぐらいのコンサート。ソロピアノは東京なってるハウス。つまり、親...

  • 水平飛行

     二、三度、書いているのだけれど「常に上昇していないと」「水平飛行はできない」。ギリシャ哲学みたいだけれど、私の人生実感的教訓。まあ、大きな会社の中間管理職をやっていたから「その感じ」を、叩き込まれたのかも知れない。会社経営の哲学の一つなんだろう。この教訓は、私個人の人生哲学にもなっちまった。ヘロヘロだけれど、とにかく前向きとか次のステップとかページを捲るとか・・・。まあ、努力家なのかしらね? 家...

  • 再始動

     27 Nov 2021 20h00 at Babilo。真師匠はレコーディングで不参加。私とオリビアのデュオ。二年振りのコンサートとなる。達磨さんもコロナ。コロナったら仕方がない。コロナら来いっ! と、ほざきつつ二年も過ぎている。コロナろぉーーーっ! です。珍しく短けぇー記事。これから天ぷらを揚げるのだ。...

  • セコイやっ

     本日、わたくしは防音室の諸々をググっていた。カミサンが階上からタッタッタッ。「あなたっ、○○(娘)の部屋にあったの」。わたくしは無視。「聴いて聴いてっ」。無視。数分して「えっ、俺のピアノだ」「そうそう、凄い演奏でしょ」「リヨン時代だろ。二十年以上前だ」「なんか凄くない(今より)」。無視する。しかし、どうしても聴く。カミサンにわたくしは「なんかね、技術以前にピアノを弾きたい欲求と傲慢と三十代のエネルギー...

ブログリーダー」を活用して、裕イサオさんをフォローしませんか?

ハンドル名
裕イサオさん
ブログタイトル
ピアノは私だ3
フォロー
ピアノは私だ3

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用