プロフィールPROFILE

きつつき父さんさんのプロフィール

住所
水戸市
出身
水戸市

学校や「街」での生きづらさから逃れるように山登りに明け暮れた「山屋」。しかし人が嫌いなわけではなく、心理学を学ぶうちに心身障害・発達障害児者支援を「街での日常」の生業に。40をすぎて息子と娘を授かり「山屋休業」したものの、いつしかシングルとなりました。育児と発達障害支援の両立に奮闘する日々を綴ります。

ブログタイトル
シングル父さん奮闘記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kitutuki103/
ブログ紹介文
小中高と生きづらく、発達障害児支援を生業として30数年。シングル父さんの育児と発達障害支援奮闘記。
更新頻度(1年)

21回 / 356日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2013/05/18

きつつき父さんさんのプロフィール
読者になる

きつつき父さんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 50,937位 52,460位 52,396位 51,308位 52,603位 50,550位 50,604位 978,302サイト
INポイント 0 0 0 2 0 0 2 4/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 4 0 4/週
PVポイント 2 2 0 2 0 0 0 6/週
子育てブログ 1,910位 1,988位 1,983位 1,801位 1,989位 1,677位 1,690位 65,062サイト
障がい児育児 56位 57位 58位 51位 56位 48位 50位 978サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 90,047位 93,281位 93,316位 90,039位 90,049位 90,015位 97,268位 978,302サイト
INポイント 0 0 0 2 0 0 2 4/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 4 0 4/週
PVポイント 2 2 0 2 0 0 0 6/週
子育てブログ 4,116位 4,301位 4,325位 3,955位 3,949位 3,958位 4,742位 65,062サイト
障がい児育児 152位 157位 155位 146位 138位 140位 161位 978サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 29,680位 30,299位 31,857位 30,279位 31,664位 28,355位 27,167位 978,302サイト
INポイント 0 0 0 2 0 0 2 4/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 4 0 4/週
PVポイント 2 2 0 2 0 0 0 6/週
子育てブログ 1,191位 1,229位 1,326位 1,219位 1,239位 1,099位 1,050位 65,062サイト
障がい児育児 27位 29位 28位 28位 28位 27位 25位 978サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、きつつき父さんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
きつつき父さんさん
ブログタイトル
シングル父さん奮闘記
更新頻度
21回 / 356日(平均0.4回/週)
読者になる
シングル父さん奮闘記

きつつき父さんさんの新着記事

1件〜30件

  • 選挙に行きましょう!…心身障害があっても生きやすい社会のために

     ハンセン病元患者家族による国家賠償訴訟で、原告勝訴の熊本地裁判決に対して国は「異例」の対応として「控訴しない」決定を行いました。  まさかの「控訴断念」で、安倍総理が原告代表に会って直接謝罪することも検討されているそうですが、旧優生保護法下での強制不妊

  • 「大阪城改修時のエレベーター設置はミス」…G20での安倍総理発言の「本音」度

     トランプ米大統領の訪韓と板門店での北朝鮮・金正雲委員長との電撃会談や、日本の植民地支配下で行われた徴用工問題についての韓国政府の対応に対抗して発動された輸出規制強化(優遇措置撤廃)策などの話題で、やや影が薄くなっていますが… 「大阪でのG20レセプション時の

  • 48時間ルール…虐待死防波堤の弱点は正常性バイアス

     北海道・札幌での21歳の母と24歳の交際相手による、 「2歳女児虐待・衰弱死」事件によって、政府(厚生労働省)が千葉県・野田市の心愛(みあ)さん事件後に打ち出していた… 「虐待通報を受けてから48時間以内に面会する。面会できない場合は警察と共に家庭内に強制立ち入り

  • 虐待死防止…掛け声より危機感を

     札幌市で、 「2歳の女の子が衰弱死」との報道があり、 「21歳の母親と、24歳の交際相手が共謀して日常的に暴行を加えていた」虐待死の疑いがもたれています。 女の子の小さな体には、頭や顔、背中などに古いものも含めて「虐待」によるものと思われる沢山の傷痕が確認さ

  • 元農水次官でも避けられない8050問題

     東大卒の元キャリア官僚で、農林水産省の事務次官まで上り詰めた76歳の父親が、引きこもり状態に近い44歳の息子が、 「近隣小学校の運動会がうるさい!」と感情的になっているのを目の当たりにして、 「川崎・登戸でのカリタス学園の小学生・保護者殺傷事件のように周りに

  • カリタス学園バス停・登戸殺傷事件…犠牲を無にしないために

     神奈川県川崎市の登戸駅前で、昨日(5/28)午前8時前に… 「カリタス学園バス停通り魔事件」が発生しました。 報道の画像に映り込むおびただしい量の「血痕」を目の当たりにして、滋賀県大津市で保育園児が巻き込まれた交通事故や、高齢者が運転していた車が暴走して幼い女

  • 繰り返される虐待死=医師の診断より「うちは違う…大丈夫」によりかかる支援者

     実の父親や、母親の再婚相手からの性的虐待に対して「無罪」判決が続いている中で、今年1月に実父母の虐待で亡くなった千葉県野田市の「心愛(みあ)」さんも、 「身体的虐待に加えて性的虐待を受けていた可能性があり、父親の悪夢を見たり不安になる一方で、被害内容が思い

  • 生で語られない「紙」の「総理大臣談話」で「謝罪」?…旧優生保護法強制不妊被害救済法案

     旧優生保護法(1996年廃止)による、 「劣った子孫の誕生を避ける」という、 「優れた子孫による社会を守る」方向の、 「社会防衛」思想に根差した、 「非人道的で非科学的な施策」であった、 「遺伝で障害児が生まれたり、子どもを育てられない可能性のある心身障害者

  • 「いじめ」見て見ぬふりしてもお咎めなし

     『いじめ対策法』の改正内容を検討している超党派の国会議員勉強会で、法案に当初盛り込まれる見込みであった、 「いじめを放置した先生への懲戒処分」が改正法案から削除されたとのことです。 この内容を発表した勉強会の座長(文部科学大臣経験のある自民党衆議院議員)

  • 優生保護法(強制不妊手術)と報道の役割…知る権利と忖度

     世界各国で行われてきた、 「劣悪な子孫を減らすことで世の中を護る」という「優生思想」に基づく、国家権力による… 「強制不妊手術」が、先進諸国の中で最も遅くまで継続されてきた私たちの国では、いまだに… 「心身障害児者=可哀想な存在・不幸な子…家族が困る(養

  • 新型出生前診断施設拡大と命の選択…幸福度が低い先進国

     日本産科婦人科学会が、 「学会ルールを守らない認可外施設(医療機関)での不適切検査を減らす」目的で、従来の… 「産科と小児科の常勤医がおり、遺伝の専門外来を持つ基幹施設」に加えて、 「研修を受けた常勤産科医がおり、小児科医と常時連携している連携施設」を新

  • 全体として引き継ぐ・委員の言われた通り…自分の言葉がない総理大臣

     今日、移動中の車のラジオから聞こえてきた国会審議(参議院予算委員会)で、野党議員に… 「沖縄の県民投票で示された県民の意思(民意)は、普天間飛行場の辺野古移設反対…ということですね」と質問された安倍総理が、 「政府として県民投票結果に論評(意見を述べ・評価す

  • 天皇陛下の謝罪が解決のカギ(韓国国会議長発言)…には根拠がある

     韓国の国会議長が… 「天皇陛下の謝罪があれば慰安婦問題は解決する…」という趣旨の発言をしたことに波紋が広がり、特に日本国内では総理大臣や外務大臣・官房長官が… 「多くの国民は驚きや怒りを感じた」とし、天皇陛下に対して「無礼」で外交儀礼上も節度を欠いてい

  • 児童虐待防止関係閣僚会議での総理発言…虐待死危機感度…?

    「今回、心愛(みあ)さんからは、必死の思いでSOSの声が発せられていました。幼い女の子が、どれだけ勇気を振り絞って、あの訴えをしたのかと思うと、本当に言葉を失います。 子供たちを守る砦(とりで)となるべき、学校、教育委員会、児童相談所や周りの大人たちが、

  • 心愛さんの孤独と恐怖を想像する…

     長期間、父親によって… 「虐待による痣を隠すために家庭内幽閉され」満足に食事も与えられずに、厳寒期に冷水を浴びせかけられて亡くなった10歳の心愛(みあ)さんが味わっていたであろう… 「実の両親と1歳の妹との4人家庭の中での孤独感」と、アメリカを舞台にした犯罪

  • 虐待死…「遺憾に思う」「重く受け止め」ても止められない

     沖縄から千葉県に越してきた10歳の心愛(みあ)さんが、様々な具体的SOSも発信し、教育や福祉面での公的な対応も受けていたにもかかわらず、 「情報共有と、それに根差した幼い命と心の危機の共有」を欠いた、 「連携の隙間」に落ち込む形で、亡くなってしまいました。

  • 「ローラ」炎上…対案がなければ意見表明はできないの?

     タレントのローラさんが年末に、 「美しい沖縄の海の埋め立てを、みんなの声が集まれば止めることができるかもしれない…」とSNSで発進したことに対して様々な批判が起きて、いわゆる… 「炎上」の状態になっているそうです。 その批判の中には、単純な「政府批判は

  • 「イノシシのようなスピード感」で何処へ?

     新年も1週間を過ぎようとしていますが、今年もよろしくお願いいたします。 今年は「亥年」ですが、イノシシの特性になぞらえて「事=目標」に向けた姿勢を表す際に用いる… 「こうと決めたら猪突猛(盲)進」という形容・表現には、必ずしも良いイメージはありません。 特

  • 未婚の出産助長?…総活躍社会の本音

     来年の税制改正の与党(自民党・公明党)内での議論の過程で、自民党は… 「未婚の出産を助長しかねない」として、 「子どもには罪はないのだから、離婚・死別による一人親家庭の子どもに対する税制優遇措置(寡婦・寡夫控除)を、未婚の一人親家庭にも適用すべき」との公明

  • 太平洋戦争開戦から77年…今も癒えない疵

     独特のチャイムに続く…   「臨時ニースを申し上げます、臨時ニースを申し上げます…。大本営陸海軍部12月8日6時発表、帝国陸海軍は本8日未明、西太平洋上においてアメリカ・イギリス両軍と戦闘状態に入れり…」という日本放送協会(NHK)の臨時ラジオニュースで、当時の

  • 民主主義の基盤が揺れている…出入国管理法改正案審議

     ここ数年、いくつかの法律案の審議や、国の施策の執行過程で… 「情報の恣意的な改ざん・隠ぺい」が繰り返され、一部の情報については、 「修正・訂正」が行われたものの、誤った情報をもとに作られていたはずの法律案や施策自体は再検討されることなく、 「国会の多数

カテゴリー一覧
商用