searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hajimeさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
神奈川県

横浜F・マリノス中心ですが、時々家内の出身地である茨城のアントラーズ、ホーリーホックも取り上げます。 また模型ブログの関連で愛媛FCについても取り上げます。 素人のゆる〜い記事ですので大きな心で見守ってください。

ブログタイトル
はじめとマリノス
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hajime_yfm
ブログ紹介文
横浜F・マリノスの試合の感想記事が中心。応援ブログなのでポジティブな内容となるでしょう(笑)
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2013/03/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hajimeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hajimeさん
ブログタイトル
はじめとマリノス
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
はじめとマリノス

hajimeさんの新着記事

1件〜30件

  • 信じて信頼してますよ、監督

    マリノスのサッカーは強硬日程の場合、不利だ。運動量を基本とするので誰でもわかる。書きたいことはたくさんあります。実際、書きましたが、書いているうちにクドくなったのでやめました。今回の記事のタイトルは、最初は「仕方がないよ、だけど腑に落ちない」でした。選手が疲労しているのがわかっているのなら、起用の仕方をもう少し考えて欲しい。攻撃陣の組み合わせ、起用の仕方、もう少しなんとかならんかねえ。以上、愚痴でした。監督の性格から相手を研究しても相手に合わした戦い方はしないでしょう。コメントでは今の試合のことしか考えないと言っているが、ズバッとACLを考慮して思い切った選手起用も考えて欲しい。信じて信頼してますよ、監督。さあ、もう終わった試合は仕方がない。切り替えて次の試合に向かいましょう。選手起用、良い意味でのサプライズを...信じて信頼してますよ、監督

  • 水戸ホーリーホック、怒涛の5得点

    10月10日、水戸ホーリーホックがaway千葉戦で5対1で勝利!!先制点CKからのこぼれ球をボランチ木村選手の強烈なミドルシュートでゲット2点目10番山口選手のミドルシュートのこぼれ球を11番村田選手が押し込んで追加点3点目ピットブル選手のシュートを相手がハンド。10番山口選手がきっちりPKを決めて得点ここまで前半で3点リード4点目相手ボールを奪い、10番山口選手の綺麗なクロスをンドカボニフェイスが頭で合わせて得点5点目左サイドをえぐって、マイナスのパスから10番山口選手が押し込み得点山口選手、2ゴール1アシスト。これぞ10番、大活躍。67分、千葉の堀米選手のカットインからのシュートが入って失点。できれば無失点に抑えたかった。残念ながら、山田、山谷選手ともにスタメン出場はなし。後半66分に交代で山田選手が入りま...水戸ホーリーホック、怒涛の5得点

  • 仲間を信じて〜〜 ケチャップ ドバッ

    やるべきことをやり続ける仲間を信じてこのサッカーを信じてやり続ければケチャップ、ドバッドバッドバッドバッですか4点とも素晴らしいゴールでした2020年10月10日Jリーグ第21節ニッパツ三ツ沢競技場横浜F・マリノス対大分トリニータ4対0後半10分松原健後半20分ジュニオールサントス後半30分エリキ後半42分エリキ10月9日に加入内定がアナウンスされた角田選手がベンチ入り。さらになんと後半38分にブンちゃんと交代でJ1デビューを果たしました。仲間を信じて〜〜ケチャップドバッ

  • 誇りを胸に

    誇りを胸に戦えマリノス戦士国立が待っているルヴァンカップ準決勝2020年10月7日三ツ沢競技場19:00Kick-off誇りを胸に

  • 歴史的大敗

    プレミアリーグ第4節リバプールが7失点で歴史的大敗を喫しました。ビルドアップからのミスや高い最終ラインの裏をつかれて守備を崩された。リフレクションで3失点もありますが、詰め、集中力も緩かったようです。話は変わってヴィッセル神戸戦。負けましたが、私は、マリノスの方が強い、強くなると思っています。テル、アマジュンがいたらもっとペナルティエリア内でのワンツーやシュートもあったはず。たられば、ですがいいんです。だってマリサポだもん強行スケジュールで休養も取れず、練習もできない日程、そんな中、けが人が多くてやりくりする状態であれだけの波状攻撃ができるチームを私は誇りに思います。もっと多彩な攻撃方法を全員が意識していけば良いと思います。ルヴァンカップの準決勝がすぐやってくる。勇猛果敢に戦え、がんばれマリノス!!!2020年...歴史的大敗

  • J2 第24節

    ハイライトですが、全3試合をDAZN観戦。徳島対琉球結果は1対1の引き分け。首位徳島は8戦負けなし。琉球は連敗を止めました。北九州がしばらく首位でしたが、気がついたら徳島の連勝で首位を明け渡していました。愛媛対山口結果は0対0の引き分け。どちらも勝って順位を少しでも上げたかったが、スコアレスドローで終了。東京V対大宮3対1で東京Vが勝利。東京Vは暫定6位。佐藤優平選手、2アシスト。大久保選手、先発でした。イッペイシノヅカ君、相変わらずキレキレの動きでした。独断と偏見による本日の注目試合水戸対岡山我れがプリンスは試合に出ていますが、山谷君が最近観られません。がんばれ山谷選手。磐田対京都監督が変わり、ヤットが入団した磐田と仙頭選手が復帰した京都。福岡対北九州九州ダービー。北九州の椿選手、コンスタントに出場しています...J2第24節

  • 傷だらけの王者

    9月30日、10月1日と急用があったため、今日10月2日にDAZNで試合を観ました。試合後の監督のコメントは、「90分を通して、ただ試合をした。それだけです。」と何だか投げやりみたいな評価ですが、私はそうは思いませんでした。厳しい日程で怪我人も多いなか、出場した選手はそれぞれ全力を尽くしたと思います。前節、3対0でFC東京を下した鳥栖は手強かった。監督は思うとするところのサッカーではなくてご機嫌ななめのようですが、負けることなく、追いついたのは価値があると思います。本職のCBは二人になり、SBも小池とティーラトンの二人になってしまいました。リベロで喜田選手が奮闘しています。テルも前節で負傷しています。傷だらけの王者マリノス。踏ん張りどころがきました。どんな結果になろうとも応援し続けます。3回目のウインドウで補充...傷だらけの王者

  • 取られたら取り返す、3倍返しだ

    3連勝してはいたが、上位に勝ってこそ価値がある。マリノスより上位にいる策士ネルシーニョ監督率いる柏レイソルは強敵だ。試合は強度が高く、攻守の切替が早い好ゲームでした。試合開始からレイソルのプレスに押し込まれ、ボールを握って攻撃しようにもレイソルの堅い守備に阻まれて、時折サイドへクロスを振られて苦しい状況。それでも何とかしのいでいたマリノス。前半35分ごろ、松ケンのタックルで戸嶋選手が負傷してしまい、その直後のCKに合わせたオルンガ選手のヘディングで先制点を献上。そのまま前半は1ー0で終了。柏レイソルの戸嶋選手の怪我の回復を心からお祈りいたします。後半に入っても、変わらずマリノスはハイプレスと奪ってから縦に速い攻撃を続けますがなかなかレイソルの守備網を突破できず。しかし、試合を通してアグレッシブに攻め続けたマリノ...取られたら取り返す、3倍返しだ

  • J2、見てますか

    J2の試合は昨年、水戸ホーリーホックをケイズスタジアムで観戦、あとはむか〜し昔、三ツ沢でリトバルスキー監督が率いるクラブの試合を観たことがあります。確かこの時、GKが退場になって、何とベンチメンバーにGKがいなかったのにはびっくりしました。話を戻します。今年はコロナ禍で、スタジアム観戦はしてません。おかげですっかりDAZNがお友達になりました。マリノスが勝てば、翌日は再観戦そして、休日は、マリノスの試合前に観たり、負けた時の翌日にはJ2の試合を観ることが多くなりましたいやあ〜、面白いです。スピード、テクニック、試合展開、見どころ満載です。ハイライトが多いですけど、気になった試合はフルで観ることもあります。椿、山田選手がそれぞれ所属する第21節北九州対水戸は失礼ながら意外な結果、今は京都にいる中川風希選手のいる京...J2、見てますか

  • 3連勝!!! のりのりブラジルトリオ!!!

    3連勝です!!!ブログにアップするのが遅くなりました皆様の勝利を伝えるブログを拝見したり、DAZNを再度見たりして、楽しいひと時を満喫していました3バックもハマり出して、チームとして引き出しが増えたような気がします。次節、レイソル戦、ジュニオールサントスはお休みですが、エジカルジュニオ様がおりますので心配は全然しておりません。怪我から復帰したメンバーも含めて、新しい発見と嬉しい結果が出始めました。厳しい日程は続くとも、みんなできっと克服してくれると信じています。さあ、日曜のレイソル戦が楽しみだ。2020年9月23日Jリーグ第18節日産スタジアム横浜F・マリノス対ベガルタ仙台3対1前半10分アレクサンドレゲデス前半41分マルコスジュニオール後半25分エリキ後半30分エリキ久しぶりの兵藤選手、スタメンフル出場。元気...3連勝!!!のりのりブラジルトリオ!!!

  • 信じなくてどうする

    咋シーズン、我らが横浜F・マリノスは見事リーグ優勝を果たしました。でもその前のシーズンは得失点差で辛うじて残留したシーズンでした。でも、クラブもサポーターも監督の信念を信じて未来を託しました。告白すると一昨年、私は「このままでは、ダメかなあ」と思ったことがあります。サポ失格と言われても仕方がないかもしれません。勝てば天国、負ければ地獄、私の心は試合の結果で揺れるのです。監督を信頼した我が横浜F・マリノス上層部、監督を信じてプレーを続けた選手たち。優勝を信じて応援し続けたマリノスサポーター。情けないサポの私ですが、これらは全て私の誇りです。前の記事でプロは結果が全てと書きました。でも、結果を出すには信頼して辛抱する時間は必要だと思います。信じて信頼しないと素晴らしい未来は訪れないと思います。サポーターの力には限界...信じなくてどうする

  • 3トップ そろい踏み弾!!!

    ※記事タイトルは、今日の読売新聞のスポーツ欄にある記事からのパクリです。読売新聞さんごめんなさい。開始45秒のエリキ、13分にジュニオール・サントス、そして34分にマルコス、前半34分で怒涛の3得点!!!あえて言います。勝てば良いのです。プロは結果は全て。勝つと負けるとでは、私の気分は天国と地獄。もう、楽しくいきましょう。後半に得点がなくてもいいんです。前節、エスパルス戦はクリーンシート、今節は後半に得点を許していません。3バックで連勝、破壊力が抜群のマリノス。エリキのりのり、新しいスタイル、ティーラトン・水沼選手からのクロス。CBからFWへのロングパスが出たら、もうリバプールだぜ。ボスの引き出しが増えたのかもしれない。チームは野戦病院状態になってしまったけど、もしかしたらまた新たな発見があるかもしれない。連戦...3トップそろい踏み弾!!!

  • ドラマを生むPK戦

    私、PK戦って苦手なんです。心臓がバクバクとなり、とても見ていられません。DAZNしか契約していないので、幸い、昨日の試合はテキストライブで追っていました。今日になってアップされているハイライトと、PK戦を見ました。マリノスの一番手はなんと、チアゴ選手だったのですね。そしてフリーキックの名手、福森選手が我らのパギにセーブされてしまう。ボスもカップ戦はリーグ戦とは違う流れになると言っています。先制されたけど、追いついてPKを制したことは、メンタル強くなった、チームがさらに一つになった今週の土曜は、フロンターレ戦。サッカー素人の私ですが、ここ最近のフロンターレの試合をDAZN観戦しました。フロンターレはボールを失った瞬間、猛烈にプレスをかけて取り返して一気に攻めてくる。逆に相手のミスは見逃さず、ボールを持つ相手を囲...ドラマを生むPK戦

  • 切り替えていこうぜ

    試合終了直後、負けたような気持ちになってしまった。逆転されたわけではないけど、大敗したわけではないけど、なんで〜〜、という気持ちと悔しさが入り乱れてしまった。原因と対策をよく考えて、コミュケーションを充分に交わして、気持ちを切り替えていこうぜ2020年8月29日Jリーグ第13節ノエビアスタジアム神戸横浜F・マリノス対ヴィッセル神戸3対3前半18分藤本憲明前半27分マルコスジュニオール前半33分マルコスジュニオール(PK)後半8分仲川輝人後半45分藤本憲明後半46分古橋亨梧切り替えていこうぜ

  • あっという間に3連勝!!

    中3日、中2日と目まぐるしく連戦が続くのでなかなかブログをアップできません(言い訳)エスパルス戦は打ち合いに勝ちましたが、私としては手のひらを上げて喜ぶとまではいってませんでした。しかし、広島、札幌と続いた連戦は、結果も内容も良くなってきて、素晴らしいです。2戦とも決定力で勝ちました。全員で勝利をもぎ取りました。チーム全員が何をどうすべきかを共有して過密日程を克服し始めました。次はどんなスターティングメンバーになるかが楽しみになるなんて、あ〜、マリサポの至福の時がやっときました。2020年8月23日Jリーグ第12節日産スタジアム横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島3対1前半44分マルコス・ジュニオール後半8分レアンドロ・ペレイラ後半15分ジュニオール・サントス後半48分エリキ(今季初ゴール)2020年8月26日...あっという間に3連勝!!

  • マリノス次第のわたし

    負けると、2日ぐらい落ち込んで、勝てば、DAZNや録画を何回も観て歓喜に浸る。わたしの日常はマリノス次第で大きく変わりますwさて、8月19日のAwayエスパルス戦。両チームとも攻撃重視の内容でおもしろかったですね。打ち勝ち(?)ましたが、これで良いのでしょうか。そりゃあ、負けるよりは全然良いですよ。う〜ん、でも……、ま、止めましょ。マリサポですもん、ポジテブでいきましょ。我が家ではジュニオール・サントス、前田大然を新兵器と呼んでいますが、ゴールという結果を出しました。当たり前ですが、点を入れなきゃ勝てません。最後は、決定力がすべて。昨シーズン、エジカル、マルコス、テルをはじめとしてきっちり決めていました。これからの連戦、既存の選手、新加入して試されてきた選手、全員で力を合わせて闘い、勝たなければなりません。全員...マリノス次第のわたし

  • 最後のところがなあ〜

    優れた選手はたくさんいるんです。相互に噛み合えば凄いことになるんです。試合は面白かった。マリノスは押し込むんだけど、フィニッシュが……。引き分けを前向きに考えます。アドが得点したこと。松田選手が良かったこと。ケニーはミスした後でも果敢に戦っていた、強いFWと対峙した経験は貴重です。宏太、AJ、小池、仙頭、アド各選手が戦力となってきたこと。マリノスは選手間で戦術の共有化がものすごく要求されます。まだ時間が必要ですが、ボスも「一番大事にしたいのは、やはり自分たちがやっていること、そして信じているサッカーをやり続けることで、結果は必ずついてくると自分は信じています。なので、やり方を変えずに、自分たちは突き進むべき道を信じてやっていくことが大事だと思っています」とにかく昨シーズンのキーマン、テルとチアゴが離脱している状...最後のところがなあ〜

  • ウチだって

    巷では江坂選手のパスの展開力、オルンガ選手の決定力が騒がれていますが。ウチだって、万能型CF、エジカルがいるし、クロスの天才、水沼宏太がいるし、決定力抜群のマルコスがいるし、海外で成長してきたAJがいるし、ダイナモのキー坊がいるし、展開力に優れたタカがいるし、守備範囲が広くてセービングがいいパギがいるし、5レーンに順応しているティーラトン、ケニーがいるし、とても全員紹介できないけど、いっぱい優れた選手がいるし、噛み合えば、すごいんだぞ。相手の強気を見てくじけるな、弱きを見て侮るな。信念を持って勇猛果敢に戦おう。ウチだって

  • どんな時でも俺たちはそばにいる

    今の気持ちはまさにタイトルどおりです。負けても勝ってもマリノスと一緒にいます。今日も応援するぞ〜!!どんな時でも俺たちはそばにいる

  • いえ〜い 勝ったぜ!!!

    前半ちょっとヤバいかなと思ってしまいました。先制点が大きかったですね。マルコスの鋭いクロスとエジカルのグッドなポジションが呼び込んだ結果です。水沼宏太選手からのクロスにヘッドで合わせた遠藤渓太の3点目、ユース出身の先輩と後輩が生み出した得点は最高に嬉しかった。選手全員、頑張った!!!昨日一日、勝利の歓びに浸れました。マリノス、ありがとう。何回も録画した試合を観ている私に、家内は無言の呆れ顔です。2020年7月22日J1リーグ第6節日産スタジアム横浜F・マリノス対横浜FC40得点者前半31分オウンゴール後半11分マルコスジュニオール後半20分遠藤渓太後半27分エジカルジュニオールいえ〜い勝ったぜ!!!

  • お願いです。勝ってください

    もう、いつものような「絶対勝とう」とか、「負けないぞ、うちが勝つ」とかにはならないで、懇願になってきてしまいました。ああ、情けない……。サポーターがそんな気持ちでどうする!!!お叱りをたくさんいただきそうです。うん、書いているうちにだんだん気が変わってきた。マリノスよ、俺らサポーターは選手を信じている!!みんなで歓喜の時を迎えよう!!絶対に勝つぞ!!!やっぱりこうならなくちゃ、選手は頑張れないよね。昨日のホーリホックの試合感想は、前節のマリノスの試合に対する私の改善希望内容です。お願いです。勝ってください

  • 2020年 ホーム初勝利!!

    タイトルで釣ったようなカタチになってすいません。水戸ホーリーホックが2020年シーズンでホーム初勝利を飾りました。我らがプリンスはスタメン、フル出場。キャプテンを任されています。バランスをとって渋いプレーでチームを引き締めていました。そしてここのところベンチ外で心配だった山谷侑士選手、初スタメンで追加点をぶち込みました!!ドリブルで持ち込み、元日本代表の水本選手の股を見事に抜いてゴールしています。プリンス、侑士は、水戸をJ1にあげるために全力でプレーしてくれるに違いない。攻守の切り替えが早く、とても引き締まった良い試合内容でした。前節は2点リードしながらも、松本山雅に同点されていましたが、そのあたりの反省もしっかりと活かされて無失点の勝利です。サボらず全員でしっかりプレス、ボールを失ったりミスをしてもしっかり追...2020年ホーム初勝利!!

  • 調整が必要なのかなあ

    負けました。週半ばまで思い出すのが嫌で、マリノスやサッカー関連の記事は全く見る気が起きませんでした。思うに、ボスは特異な今シーズンを考えて多くの選手を実戦で試しているのかなと思いました。先発メンバーは4節まででかなり入れ替えています。もちろん怪我という理由もありますが、それ以上に多くの選手を起用していると思います。調子の良い選手を使うとはよく言っていますが、今回は、ハードスケジュールを考えてより多くの選手をどのように使っていくかを試しているのではないでしょうか。FC東京戦のコメントも「しっかりコントロールもできていましたし、本当に良いゲームだったのではないかと思います。相手にカウンターやセットプレーでやられてしまった部分はありますけれど、しっかり自分たちはチャンスをたくさんつくりましたし、全体的に見れば、良いゲ...調整が必要なのかなあ

  • リーグ戦初勝利 全員が必要

    とにかく勝利した。よかった。先制されたけど、交代した3選手が得点したり絡んだりして結果を出しました。ボスは、「11人だけが大事なわけではなく、自分は全員を必要としています。先発だけではなく、その他の選手も、常に日頃から準備をしてほしいと思っています。」とコメントしました。怪我もありましたが、ボスは、獲得した選手を大胆に起用し、そして選手たちも結果を出しました。もちろん既存の選手たちもしっかり結果を出していくに違いありません。そして連戦は始まったばかり。新しい選手、今までにない得点パターン。そして誰が出てもスマーズな連携が取れるようになれば、またワクワクする試合を絶対にやってくれる。選手全員にチャンスがある、選手にとってもこんなワクワクする状態って素敵ではありませんか。2020年7月8日(水)ニッパツ三ツ沢競技場...リーグ戦初勝利全員が必要

  • 勝てなかったのは残念だったけど

    やはり4ヶ月も実戦から離れていたので、スピードや一瞬の判断などがまだ取り戻せなかったようですね。それでも収穫はありました。私、スタメン見てぶっ飛びましたね。え、實藤選手、そして小池選手と天野選手がスタメン!!まあ、チアゴは難しいと思っていましたが、嬉しいのはそれが後で杞憂に終わったこと!!松原選手、前日に怪我してしまったのですね。残念です、焦らず早く治って欲しいです。新加入選手がそれほど違和感なくプレーしていたし、アマじゅんの前への積極さはやっぱり海外移籍した影響かなと思わせてくれました。小池選手って今季からですよね。マリノスの特殊なサイドバックの役割をもう理解したのかの動き。實藤選手が怪我をしてしまいましたが、チアゴが無事戻ってくれたし。實藤選手、ちょっと心配です。しかし、我がマリノスは強化部のおかげで本当に...勝てなかったのは残念だったけど

  • サッカーのある生活

    まだスタジアムには行けないけど、サッカーのある生活が戻ってくる。素直に嬉しい。サッカーのある生活

  • やるべきことは変わらない

    やるべきことは今後も変わらないチーム全員がそう思っているはず。たとえ相手が強力なプレスをかけてきても、それをかわしていく。奪われたり、パスミスをしたりしても猛然と奪い返し進めていく。ひとつひとつ課題を克服して進歩してゆく。次のステージに上がるにはそれしかないと思う。2020年2月23日第1節日産スタジアム横浜F・マリノス対ガンバ大阪1対2前半6分倉田秋前半34分矢島慎也後半29分マルコス・ジュニオールやるべきことは変わらない

  • 2020年 進化するアタッキングフットボール

    明日、2月23日マリノスはホーム日産スタジアムで開幕戦を迎えます。相手はガンバ大阪、策士宮本監督率いる攻撃力あるチームです。2019年、信念を貫いて栄冠を勝ち取ったマリノス。それによって「自分たちのサッカーを続ければ結果が出る」と自信を持ったのは確か。ハイライン、ハイプレスのアタッキングフットボールの衝撃がリーグを席捲。各クラブがそのコンセプトを掲げて2020年を戦おうとしている。アンジェ監督が「やることは2020年も変わらない」と表向きは発言しているが、変わらないが進化するのだ。たとえミスして、ボールが相手に渡ってしまっても、ボールロスト直後の果敢なプレスで即時奪還し、そこからカウンターで一気にゴールへ迫るのだ。「攻め込んだときに確実に仕留めないとマリノスに強烈な逆襲を喰らうぞ」アタッキングフットボールの新た...2020年進化するアタッキングフットボール

  • 2020年 ACL第2戦 ホームでの開幕戦だ!!!

    いよいよ明日、ホーム開幕戦です。ACL第2戦、迎えるはシドニーFC。強豪には違いありませんが、マリノスはマリノスのサッカーをするだけ。喜田キャプテンもそう話しています。くれぐれもふぁ〜と試合に入ることなく、アグレッシブに適度に緊張感を持って対峙して欲しいですね。畠中選手が怪我のため、CBは伊藤選手かな。第1戦とメンバーが変わろうともやることは同じ。2020年、ホームでの開幕戦、しっかり勝利をもぎ取ろう!!!2020年ACL第2戦ホームでの開幕戦だ!!!

  • 気になっちゃうんだよね

    2月16日、ルバンカップGS第1節が開催されました。元マリノスの選手はどうかなあ、と気になるもんです。で、浦和レッズ対ベガルタ仙台。しっかり4バックじゃん。しかも左SBは山中亮輔選手。活き活きしてましたねえ。走り込んでアシストもしたし。70分に入ったマルちゃん、早々と得点してますよ。さすが、元マリノスでアタッキングフットボールをかじったお二人。新加入FWレオナルド、こいつはマジでヤバいぞ。山中選手のクロスで得点なんてシーンはマリノス戦で見たくないね。で、名古屋グランパス対鹿島アントラーズ。アントラーズの右SB、陸斗だよ。好調のようです。ACL戦に続いてのスタメン。ACLではバンバンクロス上げてたし。試合は1対0でグランパスの勝利。その1点。マテウスの半端ないFKで。やっぱりタテに落ちているようです。相変わらずゴ...気になっちゃうんだよね

カテゴリー一覧
商用