practice of law
読者になる
住所
出身
ハンドル名
MUSTY LAWYERさん
ブログタイトル
practice of law
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kazsin/
ブログ紹介文
法律実務家による法律実務家向けのブログ
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2013/03/21

MUSTY LAWYERさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,770サイト
弁護士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 425サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,770サイト
弁護士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 425サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,770サイト
弁護士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 425サイト

MUSTY LAWYERさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MUSTY LAWYERさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MUSTY LAWYERさん
ブログタイトル
practice of law
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
practice of law
  • 1契約総則 1(4)契約の解除

    1(4) 契約の解除(契約の効力の消滅)ア 契約の解除契約の解除とは,契約の効力が発生した後において,当事者の一方から相手方に対し,契約の効力を消滅させる(契約をなかったことにする)意思表示である(540条)。解除権は強力な効果をもつから,当事者が契約の解除

  • 1契約総則 1(3)契約上の地位の移転

    ________________________________________1(3) 契約上の地位の移転契約が成立した後,当事者の一方が自分の契約上の地位を第三者に移転することを契約上の地位の移転という。個別の債権の譲渡,債務の引受とは異なる法概念である。例えば,売買契約の売主という地位に

  • 1契約総則 1(2)契約の効力

    1(2) 契約の効力契約が有効に成立した場合,契約の効力として,債務者は債務の履行義務を負い,履行しないときは債務不履行責任を負うが,例外的に,弁済期が到来しても履行を拒絶できる場合がある。それがア,イである。また,契約が有効に成立した場合,契約上の権利は

  • 1契約総則 1(1)契約の成立

    1 契約総則1(1) 契約の成立 ア 私的自治の原則民法の根本原則のひとつに「私的自治の原則」がある。私的自治の原則とは,法律上の権利や義務の成立は,個人の自由な意思を根拠とし,個人は自分の意思によらないで権利を取得したり,義務を負担することはなく,他人から

  • 不貞行為の慰謝料 最判平成31年2月19日

    不貞行為の相手方に対して慰謝料を請求する事件は,本来,裁判制度がとりあげるに値する紛争なのか,という疑問がある。最判平成31年2月19日は,この種の訴訟事件について,最高裁の裁判官がどのように考えているかが垣間見えるようで,興味深い。同判決はいう。離婚による

  • 訴訟提起を依頼されたとき

    依頼者から訴訟提起を依頼されたとき、弁護士は、権利義務関係を根拠づける証拠資料の説明を聞くことは当然だが、それだけでなく、依頼者と相手方との交渉経過を質問し、相手方の言い分、反論はどのようなものかを確認する必要がある。依頼者はどうしても自分に都合よく事実

  • 以て瞑すべし

    Yさん。自分の依頼者が訴える真実や道理がなぜ裁判所で通らないのか,と悩んでいるのですね。弁護士が依頼を受ける事件の多くは、依頼者の人生に切実に関わります。あなたも多くの弁護士と同様、いつも受任事件のことが頭を去らず、「もっと適切な法律構成はないか。依頼

  • 特別受益の持ち戻し免除と預貯金債権

    依頼者から,特定の不動産についてだけを遺言又は贈与で処分したい,ということで案文の作成を求められた場合,注意するべきことがある。依頼者は,預貯金をもっているだろうが,将来の遺産分割において遺産又は贈与された不動産が特別受益となり,持ち戻しの免除が問題とな

  • 訴訟上の和解

    訴訟上の和解では、いろいろな経験がある。一昔前(といっても20年くらい前まで)は、和解勧告を受けて、裁判官から事件の筋、証拠の評価などの心証を開示されると、いくら自信を持っていた事件でも、「これはどうにも仕方がない、この裁判官が勧める和解案なら何とか依

  • 依頼者との関係(3)

    Yさん。あなたは、自分のことを、他人から無理に頼まれると断れない性分だと評していましたね。それが本当なら、弁護士にとっては危険な弱点であることを自覚して下さい。見通しの困難な事件なのに、相談者が受任してほしい、と引き下がらない場合があります。とくに、

  • 依頼者との関係(2)

    Yさん。受任にあたっては、依頼者があなたという弁護士を主体的に、自由な意思決定で選んだ、というプロセスを確保してあげなければいけません。そうしないと、不本意な結果に終わった場合、あなたの事務処理に落ち度がなくても、依頼者はその結果をやむをえないものと受け

  • 準備書面などの作成(1)

    Yさん。いうまでもなく,裁判所に提出する書面は弁護士にとって重要なものです。準備書面をみれば,弁護士の力量,品格を判断できます。弁護士の中には,準備書面の中で,相手方の人格非難,説教,当てこすり,皮肉,揚げ足とり等を交えた文章を作成する人がいます。これは

  • 依頼者との関係(1)

    Yさん。独立開業された由、大変と思いますが、頑張ってください。2年間の勤務弁護士の経験で、弁護士業が心労の多いものであることを痛感されたのはないでしょうか。生真面目で融通が利かない貴方のことですから、余計にそうでしょう。遠隔地どうしですが、困ったことがあ

  • マチベンの素養

    新人の弁護士の方々,とくにマチベンとして活動する方々のために,心得ておくべきことを記しておこう。これまでに,あなたが法科大学院や司法修習で学んだことは,法律家としての基本的な素養,技術であり,とても重要なことである。弁護士は,隣接法律職と比べると,法律

  • 規定ぶり・・・?

    法解釈の議論をする文書のなかで,「規定ぶり」という言い回しをみかける。かつては,法令の立案作業に関与する公務員(法制局の職員や行政官僚)が好んで使用していた言い回しであった。「私は法令の立案作業の実際を知っており,弁護士や裁判官とは違って,立法技術につい

  • 担保の提供と供託手続で注意するべきこと

    勤務弁護士として実務経験を積むことなく独立開業せざるを得ない弁護士の方々は,保全処分や執行停止の手続に伴う担保の提供,供託手続に際して,弁護過誤を生じないよう,細心の注意をしてほしい。たとえば,仮差押手続を依頼され,一定額の担保の提供を条件として仮差押決

  • 情状弁護の目的

    刑事事件ではいわゆる「情状弁護」がほとんどである。弁護士は情状弁護で何を目指すべきだろうか。少しでも軽い量刑を得ることだろうか。それは被告人の期待するところであるが、弁護人の目的では必ずしもない。情状弁護の目的は、被告人に対して自発的な内省と変容の決

  • 過誤事例-年金分割請求、許可抗告

    弁護士として依頼者のために誠実に事務処理をしているつもりでも、ときにミスは避けられない。新人弁護士の方は、陥りやすい弁護過誤の事例を学んで依頼者と自分を守るため、全弁協叢書「弁護士賠償責任保険の解説と事例」を熟読することをお勧めする。第1集から第5集まで

  • FAQ 動機の錯誤

    民法の初学者にとって動機の錯誤はなかなか理解が難しいようである。次のような質問を受けた。「教科書には、伝統的な通説、判例の立場の説明として、動機の錯誤も動機が表示されて意思表示の内容となった場合には法律行為の要素となりうるとする考え方である、とか、動

カテゴリー一覧
商用