プロフィールPROFILE

末永都生夫さんのプロフィール

住所
座間市
出身
大田区

自由文未設定

ブログタイトル
認知症介護と障がい者支援
ブログURL
http://shogaikaigo.jp/
ブログ紹介文
認知症の高齢者介護と障害者や難病患者を支援する情報をご紹介します。
更新頻度(1年)

314回 / 315日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2013/03/10

末永都生夫さんのプロフィール
読者になる

末永都生夫さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(IN) 25,153位 26,358位 26,429位 26,410位 26,263位 29,139位 29,066位 978,684サイト
INポイント 10 0 10 10 20 0 10 60/週
OUTポイント 0 0 0 10 30 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 111位 122位 123位 122位 117位 127位 132位 5,503サイト
社会福祉士 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 82サイト
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 47,910位 49,488位 49,613位 49,633位 46,925位 57,344位 58,070位 978,684サイト
INポイント 10 0 10 10 20 0 10 60/週
OUTポイント 0 0 0 10 30 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 251位 260位 261位 254位 240位 320位 323位 5,503サイト
社会福祉士 4位 3位 3位 3位 2位 2位 2位 82サイト
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,684サイト
INポイント 10 0 10 10 20 0 10 60/週
OUTポイント 0 0 0 10 30 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,503サイト
社会福祉士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 82サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、末永都生夫さんの読者になりませんか?

ハンドル名
末永都生夫さん
ブログタイトル
認知症介護と障がい者支援
更新頻度
314回 / 315日(平均7.0回/週)
読者になる
認知症介護と障がい者支援

末永都生夫さんの新着記事

1件〜30件

  • 障害児の相談窓口

    障害児の相談窓口障害のある児童に関する相談窓口1.児童相談所・障害のある児童だけでなく、18歳未満のすべての子どもを対象にしている・身体障害、知的障害、発達障害に関する相談だけでなく、しつけや性格などについての育成相談や、一般的な健康管理に関する相談にも応じてくれる2.保健所・障害の有無や年齢に関わらず、地域生活の健康の保持と促進を行う機関・妊娠時からサポート体制が整っている・障害児については保健相...

  • 小脳出血

    小脳出血小脳出血とは・上小脳動脈分岐の破綻によるものが多い・全脳内出血の約8%を占める好発・高血圧の既往がある人症状・日中活動時に突然、激しい後頭部痛(くも膜下出血に似る)、ふらつき(失調)、回転性めまい、反復する嘔吐で発症・その後、急速に進行する起立・歩行障害を呈し(四肢麻痺はない)、眼振や、ときに共同偏視(健側を向く)がみられるようになる・時間が経つと水頭症や脳ヘルニアによる意識障害をきたすこ...

  • 脳幹出血

    脳幹出血脳幹出血とは・脳底動脈橋枝(橋動脈)からの出血が多い・脳幹部の障害のため、出血量が多ければ脳内出血の中で最も重症で予後不能となる・全脳内出血の約9%を占める好発・高血圧の既往がある人症状・突然の意識障害、呼吸障害、四肢麻痺、両側性除脳硬直、眼球の正中位固定、瞳孔の高度縮小診断・頭部CTにて、橋部に高吸収域が見られると橋出血と診断する治療・脳幹に対する一次脳損傷であるため、血腫除去の適応はない...

  • 脳内出血

    脳内出血脳内出血とは・脳実質内の出血のこと・血腫により脳細胞が圧迫され、局所神経症状および頭蓋内圧亢進症状を示す原因・脳内出血の原因には様々なものがあるが、主要な原因は高血圧である・高血圧は生活習慣と関わりがあることが多いため、生活習慣の改善と降圧治療薬が投与される・高血圧の他、脳動静脈奇形、海綿状血管腫、脳アミロイドアンギオパチーなどの血管病変も脳内出血(特に皮質下出血)の原因となる出血部位・最...

  • ラクナ梗塞

    ラクナ梗塞ラクナ梗塞とは・細い脳動脈穿通枝(せんつうし)に起こる直径15mm未満の小さな梗塞、高血圧を有する高齢者に多く、大脳基底枝、内包、視床、橋など穿通枝領域に発生し、軽度の運動障害、感覚障害、構音障害などを呈する・以前は、脳梗塞のタイプのうち最多であったが、近年は。高血圧の管理により減少傾向にある・生命予後は一般に良好だが、多発すると血管性認知症やパーキンソン症候群の原因となることがあるラクナと...

  • 心原性脳塞栓症(3)

    心原性脳塞栓症画像所見・心原性脳塞栓症では、側副血行路が発達する間もなく急激に発症するため、比較的境界明瞭なくさび形の大きい梗塞を認めることが多い・多発性のこともある・出血性梗塞となることがある・MRAでは動脈硬化はみられないか、あっても軽度で、血行の途絶、塞栓子が見られることがある※再開通すれば、これらの所見は消失する心エコー検査・原因となる塞栓子は左心系、特に左房内に形成されることが多い・心房、心...

  • 心原性脳塞栓症(2)

    心原性脳塞栓症心臓内で起こる血栓の形成・心原性脳塞栓症は、心房細動(AF)などの心疾患により心臓内に血栓が形成され、その一部が血流に乗り、脳の動機に詰まって起こる脳梗塞発生と症状・塞栓子により突如血管が閉塞されるため、突発的に発症し、短時間で症状が完成する・側副血行路の発達が悪いため広範囲な塞栓巣となり、重篤な症状を呈する1)活動時に好発・主に日中の活動時に、心臓内の血栓が遊離し塞栓子となり、脳動脈に...

  • 心原性脳塞栓症(1)

    心原性脳塞栓症心原性脳塞栓症とは・心疾患により心臓内に形成された血栓が梗塞子となり起こる心筋梗塞のこと・急激に発症し、突発的に症状が完成する・側副血行路に乏しいため梗塞巣は大きくなりやすく、出血性梗塞の頻度も高い・脳梗塞の主な3つの病型の中で最も重症で予後不良である心原性脳塞栓症の全体像好発・不整脈(特に非弁膜症性心原細動)、最近の心筋梗塞、弁疾患、感染症心内膜炎などの心疾患を有する者・主に日中の...

  • てんかん(3)

    てんかん全般発作欠神発作・突然、意識が減損し活動を中断するが、すぐに元の状態に戻り、活動を再開する・過呼吸で誘発されやすく、小児に好発するが、成長とともに軽快する・欠神発作をきたすてんかんとして、小児失神てんかん、若年欠神てんかんなどがあるミオクロニー発作・身体の一部または全身に、瞬間的な筋収縮が起こる・両側上肢に多く、左右差を示したり下肢まで及んだりすることがある・発作の持続は短いため、意識障害...

  • てんかん(2)

    てんかん部分発作単純部分発作・部分発作のうち、発作中の意識が保たれるもの・大脳は部位に応じて果たしている機能が異なるため、過剰興奮が起こる部位に応じて様々な症状を呈するジャクソン発作・中心前回に始まったてんかん発射が隣接部位に伝搬し、局所けいれんの部位が対側の顏、上肢、下肢を移動するもの・中心後回に過剰興奮がある場合には、感覚性のジャクソン発作が起こるトッド麻痺・けいれんを起こした手や足がけいれん...

  • てんかん(1)

    てんかんてんかんとは・大脳皮質ニューロンの異常な興奮によるけいれんなどの発作症状を反復する・慢性の中枢神経疾患であるてんかん発作の病態・ニューロンは、他のニューロンからの興奮性シグナルと抑制性シグナルによって興奮が調節されている・てんかんでは、この調節バランスがくずれることによってニューロンが過剰興奮し、てんかん発作が起こる・興奮性シグナルの伝達には主にグルタミン酸が、抑制性シグナルの伝達には主に...

  • 頭頂葉(2)

    頭頂葉頭頂連合野・大脳皮質の他の領域で受け取った視覚、聴覚、体性感覚(温痛覚、触覚、意識できる深部感覚)などを統合、認識することにより、物体の識別(何であるか)や空間認知(どこにあるか)を行う・頭頂連合野で統合された情報は前頭連合野に送られ、適切な運動の計画(何をすべきか)が行われる左角回の機能・左側(優位側)の角回は近接する大脳皮質との連絡路をもち、文字や記号を読んだり書いたりすることなどに関わ...

  • 頭頂葉(1)

    頭頂葉頭頂葉の全体像・身体各部の体制感覚に関わる・他の感覚(視覚、聴覚など)の統合や、認知などの高次脳機能にも関わる・中心溝、頭頂後頭溝、シルビウス裂を境界として、それぞれ前頭葉、後頭葉、側頭葉と接している・身体各部の体制感覚が入力する体制感覚野と、様々な情報を統合、認知する頭頂連合野の2つに大別される体制感覚野1)一次体性感覚野機能・体側の身体各部の体性感覚に関わる障害による症状・感覚障害・肢節運...

  • 側頭葉

    側頭葉側頭葉の全体像・聴覚情報処理、言語、高次の視覚などを司る・大脳の側面でシルビウス裂より下の部分に存在する・一次聴覚野、聴覚周辺野、側頭連合野、ウェルニッケ野の4領域に分けられる一次聴覚野機能・耳からの聴覚情報を受け取り、音として感じる障害による主な症状・皮質聾・幻聴ウェルニッケ野機能・言語を理解する障害による主な症状・ウェルニッケ失語(感覚性失語)聴覚周辺野機能・一次聴覚野で受け取った聴覚情...

  • 後頭葉

    後頭葉後頭葉の全体像・視覚情報を処理する・側頭葉の後方、頭頂葉の後方下にある・一次視覚野から五次視覚野に分けられる1次視覚野(V1)機能・視覚情報から形や色、動きや奥行きなどの情報を抽出し、各情報をより高次の視覚野へ送る障害による主な症状・同名性失認・アントン症候群アントン症候群・見えていないのに、見えていると主張する・両側の一次視覚野が広汎に障害されると、完全な盲(皮質盲)となる・ときに目が見えて...

  • 前頭葉

    前頭葉前頭葉の全体像・前頭葉は、運動に関わる領域である・言語や思考力、創造性、社会性といった高次脳機能にも関わる・大脳の中心溝より前の部分・前頭連合野、高次運動野、一次運動野の3つに分けられる一次運動野機能・随意運動を実行する障害による主な症状・錐体路徴候前頭連合野・前頭連合野は、人の大脳の3割を占め、20歳前後でやっと成熟する。したがって、子どもがすぐダダをこねたり、我慢できないのは、前頭連合野が...

  • 正常圧水頭症

    正常圧水頭症正常圧水頭症(NPH)とは・歩行障害、精神活動の低下(認知症など)、尿失禁を三徴とする成人の慢性水頭症・くも膜下腔にて髄液通過障害が生じ、脳室を含む髄液腔が拡大する(交通性水頭症)が、髄液圧は正常範囲にある・原因疾患が明らかな続発性と、原因がはっきりしない特発性に分けられる・続発性NPHの原因としては、くも膜下出血が最も多く、シャント手術が著効する例が多い好発・くも膜下出血、頭部外傷、髄膜炎...

  • 前頭側頭型認知症

    前頭側頭型認知症前頭側頭型認知症とは→特徴的な人格変化、行動障害がみられ、進行すると前頭葉、側頭葉に限局した萎縮性病変を認める症候群のこと・代表的な疾患にピック病がある発症・初老期(40から60歳代)特徴的な症状・前頭葉、側頭葉の萎縮により、以下の特徴的な症状が現れる・緩徐に進行し、全過程は平均6から8年初期・自発性の低下、自発語の減少、感情鈍麻、無関心、偏食・過食・脱抑制(物を盗むなどの反社会的行動、...

  • レビー小体型認知症(3)

    レビー小体型認知症代表的な症状後頭葉の血流低下・アルツハイマー型認知症との違いで特徴的なのは、レビー小体型認知症では、SPECTやPET画像上で後頭葉の血流低下が認められる点である・後頭葉には一次視覚野が存在することから、後頭葉の血流低下が幻視と深くかかわっていると考えられている・また、視覚間認知・構成能力の障害が強いため、時計描画検査(CDT)やMMSEの五角形模写、立方体模写で障害が明らかになることも多い・C...

  • レビー小体型認知症(2)

    レビー小体型認知症代表的な症状幻視・レビー小体型認知症では、認知機能が数分から数日など様々な間隔で変動する・過度の傾眠やせん妄に陥る場合もある(認知機能検査の結果も大きく変動する)・認知機能の変動に連動して幻視が起こる傾向があり、典型的には人、虫、小動物が多い・知らない子どもが部屋で遊んでいるなど臨場感のある具体的な幻視を繰り返すレムM睡眠行動障害(RBD)・レビー小体型認知症の初期に出現することが多...

  • レビー小体型認知症(1)

    レビー小体型認知症レビー小体型認知症とは・老年期に発症し、進行性の認知機能障害とともに幻視など特有の精神症状とパーキソニズムを呈する神経変性疾患・近年、疾患の認識の広がりに伴い、有病率の高さが明らかになり、注目されている・アルツハイマー型認知症、血管性認知症とともに、三大認知症のひとつである・SPECT、PETにて、後頭葉の血流低下がみられる治療・対処療法が中心となる・抗精神病薬に対する過敏性(パーキソニ...

  • パーキンソン病(2)

    パーキンソン病パーキンソン病の症状指標1.ホーン&ヤールの重症度分類・パーキンソン病の臨床症状の重症度を示したもので、臨床の場でよく用いられているstageⅠ・症状は片側のみ・日常生活にほとんど影響なしstageⅡ・症状が両側にある・日常生活はやや不便だが可能stageⅢ・姿勢保持障害がみられ、活動が制限される・自力での生活がなんとか可能stageⅣ・重度な障害がみられるが歩行はどうにか可能・生活に一部介助が必要stageⅤ・...

  • パーキンソン病(1)

    パーキンソン病バーキンソン病とは・黒質の細胞が変性することにより、ドーパミン産生が低下し、スムーズに体を動かせなくなる神経性疾患4大症状1)安静時振戦・じっとしているときに手足の震えが出現する2)無動・動作がゆっくりになる、字がだんだん小さくなる(動作緩慢)・表情の変化が乏しくなる(仮面様顔貌)3)筋強剛(固縮)・受動運動に対し、関節の歯車様または鉛管様の抵抗がみられる4)姿勢保持障害・歩こうとすると足が...

  • 高次脳機能障害(3)

    高次脳機能障害高次脳機能障害の種類4.社会的行動障害・感情を適切にコントロールすることができなくなり、不適切な行動をとる状態のこと・感情を抑えられなくなったり、逆に自発的に行動できないなどの症状がみられるリハビリ・対応・感情的になりやすい場合は、行動の前に一度確認する癖をつける・発動性の低下がみられる場合は、するべきことのリストをつくる・周囲の人にも、患者を責めない・問題の起きるバターンを分析して...

  • 高次脳機能障害(2)

    高次脳機能障害高次脳機能障害の種類2.遂行機能障害1)目標の設定:目標を明確にする2)計画の立案:目標達成のための手段を選択する3)計画の実行:正しい順序で開始、持続する4)効率的な行動:自己の行動を評価・上記の遂行機能が障害され、物事を段取りよく進められなくなった状態のこと遂行機能障害の症状例・録画装置で番組録画ができなくなる・計画的な買い物ができなくなる・仕事の優先順位がつけられなくなる遂行機能の検査...

  • 高次脳機能障害(1)

    高次脳機能障害高次脳機能→言語、行為、認知、記憶、注意、判断など、主として連合野皮質によって営まれる機能高次脳機能障害(医学的な定義)→脳血管障害や変性疾患、頭部外傷などにより、失語、失行、失認、記憶障害、注意障害をきたしている状態高次脳機能障害(行政的な定義)→記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害高次脳機能障害とは・身体障害が軽症であることが多く、外見的に障害が目立ちにくい・本人も障害...

  • 神経系疾患(4)

    神経系疾患てんかん発作型2)全般発作・発作開始時から両側大脳半球が障害されて生ずるもので、けいれんを伴うものと伴わないものとがある強直間代発作・全般発作の中で最も頻度が多い発作型・突然の意識障害とともに両手足を強くひっぱる強直性けいれんがあり、身体をリズミカルにけいれんさせる間代性けいれんが続く欠伸発作・突然数秒から数十秒の間意識を消失する発作・定型欠伸発作は小児期に発症するもので、従来小発作と呼ば...

  • 神経系疾患(3)

    神経系疾患てんかん・WHOでは1966年に、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患で、大脳ニューロンの過剰な発射から由来する反復性の発作を主徴とし、それに種々の臨床症状および検査所見を伴うものとしている好発年齢・小児期から思春期で性差はない・出現頻度は0.3%前後診断・てんかん発作の症状および脳波検査治療・薬物療法が中心で、抗てんかん薬が用いられる分類1)突発性(真性)てんかん:原因不明のてんかん発作2)症...

  • 神経系疾患(2)

    神経系疾患変性疾患・神経系に変性を生じ、機能しなくなることによって生じる原因不明の疾患1)パーキンソン病・大脳基底核の変性疾患・3大症状は、振戦、筋強剛、寡動・夕方に人や虫などの幻視が見えることがある・他に仮面様顏貌、前屈前傾姿勢、小刻み歩行、前方突進現象などがみられる・精神症状としては、認知症と抑うつが認められる2)ハンチントン病・大脳基底核の特に尾状核という部分の萎縮が起こり、自分の意図しない運動...

  • 神経系疾患(1)

    神経系疾患感染症疾患1)単純ヘルペス脳炎・ヘルペスウイルスの感染による脳炎で、精神症状を伴いやすい疾患・発熱、頭痛、意識障害、けいれんが出現する・また、精神症状として、幻覚、妄想状態が認められる2)神経梅毒・梅毒スピロヘータによる中核神経の炎症・水溶性ペニシリンなどの抗生物質による治療を行う脱髄性疾患・有髄神経線維の髄鞘が何らかの原因により崩壊、脱落する疾患群・代表疾患に多発性硬化症がある代謝性疾患1)...

カテゴリー一覧
商用