プロフィールPROFILE

toshiさんのプロフィール

住所
前橋市
出身
前橋市

自由文未設定

ブログタイトル
アメリカ放浪記
ブログURL
http://rocks1976.jugem.jp/
ブログ紹介文
アメリカ・ラスベガスと南部他。地域情報や写真を多数掲載しています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2013/03/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、toshiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
toshiさん
ブログタイトル
アメリカ放浪記
更新頻度
集計中
読者になる
アメリカ放浪記

toshiさんの新着記事

1件〜30件

  • VIVA! LAS VEGAS!!!

    写真〜「MGMグランド・ホテル」〜総客室数5、000室以上を誇る世界最大級規模のメガ・リゾート。まさにラスベガスの主役といっても過言ではない。(2012年〜撮影。)    「ヒストリー・オブ・ラスベガ

  • ラスト・リゾート〜「ベラージオ」の誕生〜1998年。

    写真:「ベラージオ」〜ラスベガスで最高のカジノ・リゾート。大通りに面した巨大な人口池(イタリアのコモ湖がモデル)で、毎夜15分ごとに行われる無料の噴水ショーは必見の価値ありです。まあ〜ラスベガスのストリップ通りを歩けば、誰もが一度は目にする

  • 全米(各州)でカジノ解禁の動き〜1989年以降。

    写真:「トレジャー・アイランド」〜スティーブ・ウィンが1993年にオープンしたラスベガス大通り(ストリップ地区)の大型カジノ・ホテル。大通り沿いで行われる無料の海賊船のショーは、圧巻です!!!     

  • ラスベガスに新時代〜到来、ミラージュ・ホテル開業!(1989年)

     写真:「ミラージュ・ホテル」〜スティーブ・ウィンが満を持してオープンしたこのメガ・リゾートは、カジノやホテル業界のあり方を全く新しいものに変えてしまった。   1989年、ラスベガス大通り(ストリッ

  • アトランティック・シティに進出〜1980年。

    写真:フランク・シナトラ(左)とディーン・マーチン(右)。ラスベガスゆかりの大スターは沢山いるが、最も長く〜ラスベガスで輝いたスターは、フランク・シナトラなのでは? スティーブ・ウィンとの契約で「ゴールデン・ナゲット」に返り咲いたのもシナト

  • 伝説の「ラスベガス・ゴールデン・ナゲット乗っ取り」事件〜1973年。

    写真:スティーブ・ウィンのラスベガスでの成功は、このゴールデン・ナゲット・カジノ〜乗っ取りから始まった。庶民的な規模のホテルやカジノが並ぶベガス・ダウンタウン地区の中で、一際〜ゴジャースな存在だ。(写真中央)  ラスベガ

  • 華麗なるラスベガスのキング〜スティーブ・ウィンの青年時代。

    写真:「モブ・ミュージアム」〜ラスベガス・ダウンタウン地区にあるマフィアの博物館。ラスベガス(ギャンブル)とマフィアの繋がりを知る上で是非〜一度は訪れて欲しい場所である。    1953年、10歳のス

  • スティーブ・ウィンの生い立ち。

    写真:「ベラージオ・ホテル」〜ホテル王・スティーブ・ウィンの最高傑作にしてラスベガスの顔ですね!   スティーブ・ウィンは1942年1月27日、 コネティカット州ニューヘヴンにおいて、父マイク、母ゼル

  • キング・オブ・ラスベガス〜スティーブ・ウィン!

    写真:ゴールデン・ナゲット(ラスベガス・ダウンタウン地区)〜1973年、歴史的なこのホテルの買収に成功した若きスティーブ・ウィン(当時31歳)は、ここからベガスの王〜「キング・オブ・ラスベガス」としての大きな一歩を踏み出した。 &

  • ハワード・ヒューズがたどり着いた最後の理想郷〜ラスベガス!

    写真:ベガスで現存する最も古いカジノのひとつ〜「ゴールデン・ゲート」。かつての「理想郷」の面影を今に残す数少ない〜ラスベガスの生き証人でもある。カジノ・フロアのシブい雰囲気が大好きだね!    &nb

  • ハワード・ヒューズ〜ラスベガスに行き着くまで。

    写真:ラスベガス・ストリップ地区〜この街に何度も訪れる旅人やギャンブラーたちは、ここを「ラスト・リゾート」と呼ぶが、ハワード・ヒューズやバグジー・シーゲルにとっても、ラスベガスはやはり〜「ラスト・リゾート」だったに違いない。 &n

  • 世紀の偉人〜ハワード・ヒューズの誕生。

    写真:メインストリート・ステーション〜ラスベガスに鉄道が開通した1905年に出来た旧駅舎。驚くことに現在も建物はそのまま存在している。現在〜この旧駅舎はカジノとして営業している。(ラスベガス・ダウンタウン地区)  &nb

  • 大富豪〜ハワード・ヒューズ、ベガスのカジノを次々と買収! 1967年。

    写真:ラスベガス〜ストリップ地区。ハワード・ヒューズは、この街に究極の「理想郷」を創ろうとした?   ハワード・ヒューズ。 大富豪にしてハリウッドの映画プロデューサーでもあり、 無類の飛行機

  • バグジーの死刑〜ハバナ・コンベンションにて決定!

    写真:「フラミンゴ・ホテル&カジノ」〜現在の様子。  1946年12月26日、 フラミンゴ・ホテルは華々しいオープン初日を迎える予定だった。 ところが、前日の大雨により空港も道路も水浸し、オープン初日

  • フラミンゴ・ホテル開業〜1946年

    写真:「バグジー」こと〜ベンジャミン・シーゲル(マダム・タッソー蝋人形館)     バグジーこと〜ベンジャミン・シーゲルが、 ラスベガスに来た2年後の1946年。 メイヤ

  • 1944年〜暗黒時代の幕開け

    写真:ラスベガス大通り沿いのリゾートカジノ〜デザート・イン(1950年)   ラスベガスの歴史を語るうえで、 ニューヨーク・マフィアのバクジー・シーゲルは間違いなく〜その中の主人公の1人だと申し上げた

  • バグジー・シーゲルとその時代

    写真:フリーモント・ストリート〜ラスベガス・ダウンタウン(1953年)   さて、前回までは〜ラスベガスの街の誕生からギャンブルが合法化された1931年までの話だった。 ここからは、ラスベガスの歴史で

  • 1931年〜ネバダ州でギャンブルが合法化。

    写真:ラスベガス・ダウンタウン(1953年)空に浮かぶ〜白い雲のような物体は、なんとネバダ核実験場で上がる原爆のキノコ雲だというから、驚きです!   1905年、市としてスタートしたラスベガス。 東西

  • ラスベガスの発見からネバダ州の誕生。

    写真:ラスベガス・ダウンタウン(1940年)  現在のラスベガスにあたる場所が初めて発見され地図上に記載されたのは、 1829年にさかのぼる。 当時はまだ、メキシコの一部だったこともあり、この地域には

  • 壮大でドラマティック、ラスベガスの歴史!!!

    写真:ラスベガス・ダウンタウン(1948年)   この章は、通常の「アメリカ放浪記」の日記とは異なる特別なチャプターです。 個人的に世界で一番〜思い入れのあるアメリカの街として、ネバダ州のラスベガスが

  • 旅の最後に思うこと〜この世に楽園なんて存在しないのだ!

    写真:シドニーのシティ中心部〜旅の最後に偶然〜立ち止まった場所〜風景を反射的にカメラに撮った。  2004年6月18日(金)  PM7:34〜 日本から持ってきた使い捨てカメラを全て使い切るべく、シドニーのシテ

  • シドニーに帰ってきたぜ!!!

    写真〜「シドニーのシティ中心部」〜大都会のど真ん中に大きな公園がいくつも存在する。いい気分転換になるね!  2004年6月16日(水)  PM6:15〜 ブリスベンからグレイハウンド・バスで18時間、 

  • ブリスベンからゴールド・コースト経由でシドニーに帰ります!

    写真:ブリスベンのダウンタウン〜滞在先のホテルの屋上から撮影。優しい街・・・。そんな印象かなあ〜ブリスベンって。適度に便利で結構な都会なんだけど、人がおおらかというか擦れてなくて、親切でした。ま、これはブリスベンに限らず〜オーストラリア人全

  • 週末のブリスベンをぶらぶら歩き!

    写真:ブリスベンのダウンタウンが一望出来る〜ホテルの屋上。俺の部屋(小屋?!)は何故か?この屋上階だった。屋上で寝起きするの気持ち良かったなあ〜(笑)  2004年6月12日(土)  PM9:25〜 今日は土曜

  • 世界最大のコアラ園に行ってきた!

    写真:「ロン・パイン・コアラ・サンクチュアリ」〜世界最大のコアラ園に行ってきました!   2004年6月9日(水) PM1:27〜 ブリスベン滞在2日目。爽やかな晴天〜昨日はたっぷり熟睡したし、身体も

  • ご機嫌な街〜ブリスベンに到着だ!

    写真:ブリスベンに来たぞ〜っ!東京まで6、578キロかあ〜思えば遠くへきたもんだ。   2004年6月7日(月)  AM6:00〜 さ〜て、ちょっくら1週間ばかり、ブリスベン(クイーンズランド州)に入

  • ブリスベンのホテルを電話(英語)で予約!

    写真:シドニーの郊外〜シドニーでは、基本〜徒歩での移動が多かったので、郊外といってもシティ中心部から徒歩圏内のエリアです。ひとり歩きでも全然〜安全なオーストラリア。治安の良さは抜群です!(注意〜あくまで個人的な意見です。) &nb

  • 4週間振りのシドニー。

    写真:シドニーに戻ってきて、すぐに爆睡しました。(笑)お馴染みの宿〜「メイズ・バックパッカーズ・ホテル」の部屋です。2004年6月4日(金)  AM7:00〜4週間振りにシドニーに戻ってきた。気温は昨日までいたダーウィンとは打って変わって寒

  • 再びダーウィンです!

    写真:再び〜ダーウィンに戻ってきました。この公園は、お気に入りの散歩コースでした。静かなビーチがすぐ近くにあって街の中心部なんだけど、落ち着いてリフレッシュ出来ます。写真:公園からこのビーチまで降りて行くのが好きでした。2004年6月2日(

  • さらば〜アリススプリングス!!!

    写真:アリススプリングス〜ゆっくり滞在しながら曲作りもはかどった街。また〜いつの日か訪れたい場所のひとつ。 2004年5月30日(日)   AM11:54〜いよいよアリススプリングスでの滞在もあと2日・・・。一旦〜ダーウィンに戻った後、シド

カテゴリー一覧
商用