searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

darzさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
プロレスの素
ブログURL
https://ameblo.jp/pro-moto
ブログ紹介文
プロレス・格闘技についての独り言、自分の素(もと)、在りのままに感じたことを書き綴るブログです。
更新頻度(1年)

65回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2013/02/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、darzさんの読者になりませんか?

ハンドル名
darzさん
ブログタイトル
プロレスの素
更新頻度
65回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
プロレスの素

darzさんの新着記事

1件〜30件

  • 引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで

    岩谷麻優の自伝本、P263を読了しました。 私にとってのお気に入りの女子プロレスラーは、先日紹介した Sareee と今回の岩谷の二人です。 元々、女子プロレ…

  • 「真夜中のハーリー&レイス」にSareee 出演

    昨晩の放送回を radiko でタイムフリー視聴しました。 冒頭に彼女の入場テーマ曲が流れましたが、明るいキャラクターにマッチしていますね。  この放送回を聞…

  • 東京プロレス

    流智美監修の考察本、P144を読了しました。 見開きA3のムック本なので、通常書籍だと300ページくらいあると思います。 映像資産が全くなく、新聞記事や存命者…

  • 松永光弘 この試合はヤバかった

    東スポの週一コラムとして寄稿しています。 W☆INGは、元々はFMWに参戦していたミスター・ポーゴが独立する形で生まれました。 当初は格闘三兄弟と言われた徳田…

  • 「真夜中のハーリー&レイス」に猪木出演

    radiko で視聴しました。 放送開始から10年、とうとう猪木に到達と言う感じでしょうか。 真夜中に「炎のファイター」が聞ける日が来るなんて、とても感慨深い…

  • 東郷見聞録

    ディック東郷による自伝、P291を読了しました。 2011年6月30日に国内引退試合を終えた東郷は、1年間かけてワールドツアーを敢行しました。 ワールドツアー…

  • ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯

    小倉孝保氏の著書、P285を読了しました。 今回はプロレスの話ではありません。 個人的に、どうしてもこの本を紹介したくて、書かせて頂きます。 2か月ほど前に、…

  • デスマッチよりも危険な飲食店経営の真実

    松永光弘の著書、P206を読了しました。 ステーキハウス、「ミスターデンジャー」を24年の経営を通じて得た、生きた教訓を伝えるものです。 ラーメン店を経営する…

  • オスプレイ vs 鷹木

    先週のワールドプロレスリングで放送された試合を視聴しました。 昨年のベスト・オブ・ザスーパージュニアの決勝戦と同一カードですが、幻のベストバウトと言われました…

  • 2000年の桜庭和志

    柳澤健氏のノンフィクション作品、P242を読了しました。 ページ数の割にはさらっと読めた感覚です。 この本では、桜庭がUインターに入る以前の高校、大学時代も触…

  • メイ社長退任に思うこと。

    9月29日発表と一週間前ですが、残念なニュースが発表されました。 ファンとの距離が最も近い社長だったと思います。 著書の「百戦錬磨 セルリアンブルーのプロ経営…

  • 史論 力道山道場三羽烏

    小泉悦次氏による著書、P255を読了しました。 三羽烏とは、馬場、猪木、大木の力道山門下生を指します。 BI砲と言われた馬場、猪木は映像としても読み物としても…

  • 皇治 vs 那須川

    RIZIN.24 をテレビでライブ視聴しました。 この試合は痺れましたね。 ひとえに、皇治の盛り上げに尽きると思いました。 退路を断って、相手を挑発する姿勢は…

  • 追悼 アニマル・ウォリアー

    9月22日に亡くなられました。 享年60歳、若すぎる死でした。 ロードウォリアーズは全日本がゴールデンタイムで流れていた時期にさっそうと登場しました。 多くの…

  • ドス・カラスが語る「スカイ・ハイ」

    「真夜中のハーリー&レイス」にドス・カラスがメキシコからリモート出演していました。 http://blog.jorf.co.jp/bijuuradio/202…

  • 新日本プロレス 神宮球場大会

    ワールドプロレスリングで2週に分けて放送された大会を視聴しました。 5千人の来場制限、雨天中止の可能性、8月13日の愛媛大会が観客を入れた状態で急遽中止の決断…

  • 「プロレス」という文化

    岡村正史氏の著書、P338を読了しました。 岡村氏と言えば、力道山研究やプロレス文化研究会で有名です。 岡村氏はプロレス記者ではなく、一観客、一ファンとして一…

  • 伝説の国際プロレス

    TWWAプロレス中継の試合を収録した国際プロレスのDVD-BOXを視聴しました。 1969年から1974年までと、1968年が外されているのは大人の事情でしょ…

  • プロレス鎮魂曲

    瑞佐富郎氏のノンフィクション作品、P287を読了しました。 見慣れないお名前だったのですが、プロフィールを見て気づきました。 ヒントは「カルトQ・プロレス大会…

  • プロレスラー剛竜馬さんの妻が告白

    スポーツ報知のウェブ版コラムに載っていたコラムを紹介します。 8月21日~23日までの3回のコラムですが、興味深い内容がとなっています。 プロレスラー剛竜馬さ…

  • 激録!力道山

    力道山の評伝本、P338 を読了しました。 著者の原康史は、ワールドプロレスの元解説者としても有名な櫻井康雄氏のペンネームです。 昔、東スポのコラムで連載され…

  • 人生に必要なことは、電流爆破が教えてくれた

    大仁田の自伝本、P263を読了しました。 原彬氏とのインタビュー形式で構成された著書となります。 原氏と言えば、ケンドー・カシン、キム・ドク、カブキを取材した…

  • 永遠の最強王者 ジャンボ鶴田

    小佐野景浩氏の著書、P588 を読了しました。 ジャンボの人生は49歳と短かったですが、この本の厚さから分かる通り、濃い人生を送っています。 これまで、ジャン…

  • さらば闘いの日々

    谷津嘉章の自伝本、P253 を読了しました。 昨年6月に右足の膝下を切断したところから始まりますが、その決断があまりに突然迫られたことが明されています。 谷津…

  • 愚か者の伝説 大仁田厚という男

    高山文彦によるノンフィクション作品、P285 を読了しました。 2000年3月の初版なので、20年前の著書になります。 著者は1990年11月5日のFMW旗揚…

  • プロレスラーは観客に何をみせているのか

    元WWEスーパースターのTAJIRI の自伝、P238を読了しました。 この本は良書ですね。 それは彼が考えるプロレスの本質について、独特の視点で説いているか…

  • 新日本プロレス「ジュニア黄金期」の真実

    宝島の証言シリーズ、P249を読了しました。 新日本プロレスの「ジュニア」とはライガーを指しています。 発刊当時、ライガーが翌年の2020年1月5日に引退する…

  • 古今東西プロレスラー伝説

    2020年2月19日に引退したレフェリーのタイガー服部による著書、P271を読了しました。 週プロで連載されていたものを、同氏の引退に合わせて著書にしたのがこ…

  • 人生に金の雨を降らせる黄金律

    オカダ・カズチカの自伝本、P189を読了しました。 2014年8月の初版なので6年前の著書になります。 この時点でのオカダの年齢が26歳だったこと考えると、異…

  • 豊田商事事件〜時代が生んだ悲劇〜

    NHK BSプレミアムの「アナザーストーリーズ」を視聴しました。 https://www.nhk.jp/p/anotherstories/ts/VWRZ1WW…

カテゴリー一覧
商用