searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

里山のいじわるタヌキさんのプロフィール

住所
広島県
出身
未設定

日本の財産、住文化の象徴である古民家。 重量感のある太い柱と大きな梁、過疎地で朽ち果てていく姿を横目でみつつ寂しく思っていました。 定年1年前に広島県の北部で築80年前後の古民家と出会い一人コツコツと改修。 壁は漆喰で仕上げ囲炉裏・薪ストーブの設置など、おじさんの夢である隠れ家を現実に

ブログタイトル
古民家再生と隠れ家田舎暮らし
ブログURL
http://makoto22620y.jugem.jp/
ブログ紹介文
里山暮らし、家庭菜園、耕作放棄地の再生など四季折々に写真添付して紹介していきます。
更新頻度(1年)

50回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2013/01/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、里山のいじわるタヌキさんの読者になりませんか?

ハンドル名
里山のいじわるタヌキさん
ブログタイトル
古民家再生と隠れ家田舎暮らし
更新頻度
50回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
古民家再生と隠れ家田舎暮らし

里山のいじわるタヌキさんの新着記事

1件〜30件

  • 隠れ家1週間留守にしたら お化けが出たょ

       車の車検にと1日程度の予定で出したところ思いがけないトラブル 冷却水循環ポンプの取り換えということになってしまいました。  そお言えば 思い当たるふしが・・・? オ

  • 日照不足

        今シーズンの夏野菜は例年になく不作と言うか、大きくなりません。  毎日が 雨か曇り、お天道さんは ほとんど雲の上。  ズッキーニも種から発芽したものの、

  • これが いじわるタヌキのスタミナ源

       6月中旬に収穫したニンニク、今年は日照不足のせいか お世辞にも、良い出来とは言えませんでした。  まだ、不乾燥希気味だけど 黒ニンニクの味とスタミナづくりに誘われて

  • 運搬車の故障で1輪車運搬はつらいよ

        今年も 、ジャガイモ、タマネギの収穫が終わりましたが 下の畑からの運搬は 高低差があり1輪車(ネコ車)で大変でした。  故障して1年以上放置していた運搬車、定かで

  • アジサイロードが鑑賞できるのは何時になるのかなぁー

      いじわるタヌキの庭園に アジサイロードを 出費0円で計画を立てまして、      昨年、東屋付近に 挿し木から作った苗木を植え付けたので

  • 逆ハーレム 樹の上の恋愛

     モリアオガエルの恋の季節毎年、この時期になるとタヌキの庭のビオトープの  樹上に大きなクリーム色の泡状の卵塊を産みます。  これぞ、まさに ある都道府県ではレッドリストの指定されている モ

  • タヌキ菜園の収穫野菜は・・・

      今シーズンの玉ねぎ まあまあの出来かな・・・? 取り合えず良しとしよう。  通常は4〜50cmの積雪も、今シーズン冬場の積雪は ほとんど積もらず、株が順調に冬越したようです。&

  • 花の命は短いけれど…花ショウブ

     林芙美子の短詩。女性を花にたとえて、楽して若い時代は短く 苦しい時が多かった自らの半生をうたった言葉ではあるが、  タヌキの隠れ家でも、花ショウブが咲き誇ったと思ったら あっという間に散っ

  • 赤と白

      今朝5時前、目覚めると空は朝焼け、 今日の始まりは空の 赤で始まりました。      そして、真っ赤なバラ と 真っ白のヤマボウシ、 こ

  • ガーデンテーブルのベンチ取り換え

       十数年前に焚火場の横に設置した 大八車の台車をベースにしたガーデンテーブル。  そのベンチのことですが 栗の木といえども野ざらしのため腐って取り換えを考えていました

  • 今、庭に咲く 花

      ツツジがそろそろ終わると 次は バラが蕾を沢山つけて花開くのを待っています。    撫子は今が見ごろの満開です。   &nbs

  • 今だからこそ ニンニクパワーでコロナ渦を乗り切ろう !

      ニンニクの効能については今更言うまでもなく皆さん 周知の通りだと思います。  球以外にもニンニクの芽も料理に使えるのですが 球を太らすためにも芽を摘み取ることが必須なのです。&

  • アヤメの花開く

       前回、蕾だった前庭のアヤメが 咲き始めました。     家の中からは眺めると 朝日に照らされたアヤメの青紫が目に入り 寝起き

  • 2回目の夏野菜の定置

      4月の中旬のこと 夏野菜(トマト、ナス、ピーマン、キュウリ)の苗 各3本の定置を済ませ 安全のためすべて袋掛けをして後は生育を待つばかり。  ところが、5月に入って思いもよらず

  • 今年も山菜の女王さまをいただきました。

       山菜の王様と呼ばれるのがタラの芽、女王がコシアブラの芽だそうです。  また、コシアブラの名前の由来は、昔この木の樹脂を絞って濾したものを 漆のように塗料として使っていたという

  • タヌキの庭で山菜とり

      昨年までワラビ取りをしていた最高の穴場が 残念なことに、重機で切り取られ更地になってしまったのです。     そこで、昨年4月にワラビの根を集めて東屋の入り

  • 可憐な山野草 (イカリソウ・エビネ)

     タヌキの隠れ家の ビオトープ横に咲いたイカリソウです。     前庭の石垣から顔を出したイカリソウです。     東屋

  • 山ツツジの季節がやってきました

      タヌキの庭では 黄、白のレンギョウ、ユキヤナギが終わりに近づくと 次はピンクの 山ツツジが色付き始めました。     東屋の手前はフジ、その手前は

  • 続・タヌキの庭の花だより

      タヌキの隠れ家では  白・黄の花が目につき始めました。  片隅には椿の白、またスイセンは そろそろ終わりに近づいてきました。    特に

  • いじわるタヌキの隠れ家で桜を楽しむ

      ジャガイモの植え付けがすんで、そろそろ新芽が出てくると頃になると 霜注意報、またかと新芽が黒くなりヒヤヒヤもの  なかなか季節は思うように動いてはくれません。  &n

  • タヌキの庭の花だより

      例年と違い積雪の少ない暖冬のシーズンでしたが、 春分の日以降、朝・晩の冷え込みが続き 草花は固く蕾を閉じていました。  ようやく、いじわるタヌキの庭にも スイセンの花が開き始め

  • ジャガイモの植え付け

       先日の土壌PH検査で6.0〜6.5ぐらいと判明したので ジャガイモには丁度かなと思い 石灰を投入することは止めました。     ところ

  • 春一番の山菜を見っけちゃいました。

       山菜で、春一番に地面を割って顔を出すのが このフキノトウです。  タヌキの隠れ家にも春の使者がやってきました。    冬眠から目覚めた

  • そろそろ家庭菜園の準備

       そろそろ 野菜作りの準備。 野菜作りの基本中の基本は何と言っても土づくりということで 土の酸度測定をしてみました。    上の畑の酸度は、&nb

  • 東屋の椅子の増設と春一番の花

       何年前か DIYで作った東屋、 作った当時は 水がめを加工した椅子3脚 置いていたのですが 不足気味で・・・増設を考えていましたが、    今回

  • 乾燥シイタケつくり

       これが いじわるタヌキ の原木シイタケ置き場です。  2016〜19年物のシイタケ榾木ですが 15年物は腐食して粉々に、カブトムシ幼虫の餌や 畑

  • 原木シイタケの植菌作業

      隠れ家の北側に生えていたコナラの木 先般、3本切り倒していました。  今回は、そろそろ野菜作り準備前に 植菌をしておかないと時期を失うので必要不可欠の作業となりました。&nbs

  • 初めてのジビエ肉燻製つくり

       以前 頂いていたイノシシの冷凍保存肉、 冷蔵庫での自然解凍ができたようなので 燻製の下ごしらえ作業に入ることにしました。  冷蔵庫から出したイノシシの解凍肉です。&

  • 白菜漬けとシイタケの収穫の・・・

       今日はシイタケの榾木作りに隠れ家に行く予定で ブログタイムがあまりとれません。   そこで 今回は、白菜漬けとシイタケの収穫風景を 写真のみでア

  • タクアンつくり

     今シーズンは漬物つくりはパスのつもりだったのですが やはり、大根の処理に困り漬け込み再開することにしました。  そんなわけで栽培も漬物用の長大根はなく、普通の短めの大根になりました。 &n

カテゴリー一覧
商用