searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

海底人8823さんのプロフィール

住所
玉村町
出身
渋川市

鮎釣りのメイン河川は、魚野川、神流川。ビジター河川は、神通川、那珂川、鬼怒川、桂川、依田川、等々。

ブログタイトル
鮎釣りと薔薇づくり
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mn882301
ブログ紹介文
主に、鮎釣り、海釣り、渓流釣りの釣行記。あと、ちょっと野菜作りと薔薇づくり、等の雑記録。
更新頻度(1年)

32回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2013/01/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、海底人8823さんの読者になりませんか?

ハンドル名
海底人8823さん
ブログタイトル
鮎釣りと薔薇づくり
更新頻度
32回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
鮎釣りと薔薇づくり

海底人8823さんの新着記事

1件〜30件

  • 大混雑の桂川

    02.08.02(日)天気予報は晴れ、桂川は水は高いが澄んでいるとのこと。情報によると前日大釣りをした人がいるという。朝の圏央道は日曜日なので空いている。トラックが非常に少なく快適なドライブ。午前7時半、到着。冒険することなく、いつもの場所へ。確かに増水はしてるが、川は澄んでいて釣れる気配があります。朝8時、まずはゆっくりとした平瀬から鮎を送り出すと、沖に進まず下流へ一目散に進んで行く。オトリが〝やる気なしお君〟か?・・と仕切り直そうと思い竿を上げると重くて生命反応あり。もう釣れちゃった。開始5秒です。型は十分オトリと同サイズ。野鮎をオトリに替え、もう少し深い瀬に誘導すると、5分くらいで明確な当たりがあり、引抜きでゲット。良型です。きょうは〝行けるんじゃぁない〟これでオトリの心配なし。心に余裕が出来ました。そし...大混雑の桂川

  • 私との相性がやっぱり悪かった渡良瀬川

    02.07.28(火)東西南北100キロ圏内は、雨と増水で行ける川は渡良瀬川だけ。足利方面は、天気予報は曇り、気温も高め、平水なので問題ない。自宅から30~40分程なので釣れれば大助かりなのだけれど・・・川幅は結構広く、私の好きなエリアもあります。10時過ぎ釣り開始。深瀬のいかにも釣れそうなポイントを試す。なんと開始5分で「コンコン」と当たりがあり、引抜きするとまずまずの鮎が釣れる。その30分後、当たりがないのに竿を上げたら釣れていた。これも良型。今日は、良いかも知れない・・と思ったらその後は全然釣れない。そろそろ飽きて来た頃、強烈な当たりがあり、竿を立てると、掛かり鮎がダンゴになっており引き抜くと同時にバレる。その後も2回バラシがあり、ガックリ。しばらく釣れないので場所移動、大回りをして対岸から深さのあるヘチ...私との相性がやっぱり悪かった渡良瀬川

  • きょうの桂川・・「なんか違う」

    02.07.20(月)困った時の〝桂川〟と思ってました。でも、今回は当てが外れてしまいました。一週間前に来てます。しかも同じ場所です。その場所で追加放流してました。天気は今回の方が良くて、暑くてちょっと晴れ。高水が減って良い感じになってます。川の色はすこぶる良いです。・・先週より今回の方が良い状況と思ったのに。だがしかし、結局結論から言うと大貧果に終わりました。(顛末)午前8時、先週釣れた平瀬から開始。しばらく反応なし。根掛かり多く、オトリが弱る。前回最初に釣れたポイントでオトリを替えるも、釣れず。なんだかんだで2時間経過、当たりなし。危機的状況。意を決し、上流域を目指したが、予想以上に水が多く川を渡れず、断念。次は、最初の釣り場の上の押しの強い深場で、イチかバチかでオモリを付け、ぶっ込むと、急に竿が重くなり、...きょうの桂川・・「なんか違う」

  • これからの魚野川に期待

    02.07.18(土)天気もまぁまぁだったので魚野川へ。今回は小出方面を偵察。昨年良かった某支流は増水、笹濁りですぐに諦め、本流へ。高水ながら水は澄んでおり、問題なし。先客は2名、ちょっと少ない。9時過ぎに釣り開始、しばらくしての1匹目はやっぱり小さい、前回の二の舞か。次は、ちょっとサイズアップ、でも15センチくらい。次は、16センチくらいのオトリになるサイズ。写真を撮る気にならないけど。次は、ようやくまぁまぁのサイズが掛る。その後は、根掛かり多発。深いところの根掛かりは、近寄れず仕方なく糸を切る。川の中、草が多く、それに根掛かりするようで、あまりに頻発するので嫌になる。相方3連発したが、3匹目、写真を撮ってたら・・・バレる。その後は釣れず午前の部終了。川は、誰もいなくなった。午後は、根掛かりが嫌で六日町方面に...これからの魚野川に期待

  • 桂川で、やっと本来の鮎釣りが出来た。

    02.07.13(月)最近は、那珂川で惨敗、依田川で撃沈、そして魚野川で〝ガッカリ〟と、散々な鮎釣りが続いています。そこで、露払いの願いを込めて今年相性の良い桂川に行って来ました。天気予報は、午後から雨、川の状況は、増水してるが濁りなし、朝のテレビでの運勢占いでは、私の〝天秤座〟は、最下位、・・と不安はいろいろありましたが・・朝7時半にいつもの場所へ河原いっぱいに水があるし、釣り人1人しか見えない。それでも、オトリ屋さんは「昨日は上の深トロで40匹釣った人が居るよ」と励ましてくれました。勇気を出して、8時半より平瀬で開始。しばらくして、掛る。あまり大きくないけど、最近としては大きい。その後も時々掛る。だんだん大きくなる。とにかく鮎の強い当たりが楽しい。目印が水中に引き込まれるし、竿が大きく曲がるし、鮎が動き回っ...桂川で、やっと本来の鮎釣りが出来た。

  • トホホの魚野川解禁日釣行

    02.07.10(金)待ちに待った魚野川が解禁です。前々日には大雨で川は増水して濁っていたのですが、何と解禁日前日には、川は澄んでいるとのこと。釣行決行当日6時半、オトリ屋さんに到着すると、「今日は芯は垢が飛んでます」とのこと。石打のお目当てのポイントに到着すると、先行者3人だけ。解禁日にしては少ないやっぱり去年の台風の影響か、川が変わってしまっている。上流域は工事してるし8時開始。緩い流れを見つけては竿を出すが、あまり反応なし。釣り歩く足下は、垢が飛んでいるため滑らず、歩きやすいけど。荒瀬は無理浅瀬の緩い場所には、10センチに満たない鮎が群れて泳いでいる。最初に掛ったのが、その10センチくらいの鮎。オトリにもならない。次も11センチくらい。オトリにもならない。次は、13センチくらいか、オトリ採用。次は、15セ...トホホの魚野川解禁日釣行

  • 久々の依田川

    02.06.29(月)最近浅間山噴火警戒レベル2に引き上げの中、石が飛んで来たらどうしようと考えながら上信越道を運転浅間山に暗雲が立込めています。三角橋のオトリ屋さんに到着したのが、7時半。そこでまずビックリしたのが、左岸の河川敷の駐車場が消えている?車が何十台も置けた河川敷はなくなっていて川になってます。広く大きな流れから1本瀬に流れています。上も広い流れです。右岸側に広い河川敷の駐車場が見えました。みんなあそこに駐めるみたいです。それにしても、まったく流れが変わってしまっている。昨年の台風の影響でこんなことになってしまったとのこと。馴染みのない川になってしまった。オトリ屋さんの掲示板には、釣果実績が書いてある。30匹以上釣れた人が何人もいる、スゴい。ちょっと期待。左岸側のちょっとした公園に車が1台あり、その...久々の依田川

  • 二度あることは三度なし・・桂川

    02.06.23(火)前2回好調だった桂川、3回目も期待しての釣行です。今回は色気を出して、いつもとは違うエリアへ。桂川では人気のあるエリア、何年か前、肉離れを起こした場所です。いいポイントであることは、間違いない。午前7時過ぎに到着しましたが、意外に人が少ないのは何故?いつもの通り、上流部にどんどん歩く。3年ぶりくらいなので懐かしいポイントがいっぱいあります。しかし、誰もいない。例年なら人が必ずいるポイントもいない。「独壇場か?」と、うれしくもあり、不安でもあり。8時過ぎ、開始。水は澄んで来ました。・・・・釣り放題のポイントを丁寧に攻めますが、まったく当たりなし。・・少しずつ下流へ釣り下がります。・・まったく当たりなし。・・駐車場近くに戻って来ましたが、まったく収穫なく、意気消沈。近くに釣り人6人がいましたが...二度あることは三度なし・・桂川

  • スイカを守れ! カラスvs人間

    02.06.22(月)関東圏、どこもかしこも快調に釣れる川がない。そんな時は菜園で時を過ごすのが日課です。ただ、雨が降れば、鮎釣りも野菜いじりも出来ず、3日続けば病気になります。今日は午後ようやく雨が止んだので、スイカの防鳥対策をしました。すでに1つだけボーリングの球くらいの大きさのがあります、1号。2号は、卵大。3号は、ピンポン球大スイカの実の小さいのは、超かわいいです。さて、カラス対策をしなければなりません。昨年は、網をかぶせたのですが、狭い畑につると雑草がジャングル化してしまい何が何だかわからずの状態で、草取りもうまく出来ませんでした。そもそも狭い場所に5株も植えるなんて、プロから見れば正気の沙汰ではないようです。でも出来ないことを考えると保険として植えてしまいます。さて、今年は釣り糸を支柱から支柱へと巻...スイカを守れ!カラスvs人間

  • また桂川へ

    02.06.16(火)いつもッ抜けするのに四苦八苦している釣師にとって、予想外に釣れてしまうとまたその川に行きたくなるものです。で、また行って来ました桂川。今回は朝5時半に現地に到着。駐車場には車1台だけ。オトリ屋さんの開店は6時、余裕の準備時間です。今回は、上流部からさらに未知の上流部に歩いて誰もいない場所から始めます。ところが、まったく釣れません。40分なしのつぶて。諦めて前回釣れた下流の上流部?に戻ります。オトリ2番手出動、するとすぐに「ゴンゴン」という当たりが・・引抜きして飛んで来たのは赤っぽい魚、オイカワでした。オトリがお疲れです。次に根掛かり、イカリ針が目に刺さる、等でオトリはヘロヘロです。またもピンチです。仕方なく、今回連れてきた相方のところに行くと3匹釣れているとのこと。1匹拝借して、それをオト...また桂川へ

  • やっぱ桂川は凄い

    02.06.10(水)去年惨敗した桂川に行ってきました。朝7時半に到着したのに、車はいっぱい、多くの人が既に釣ってます。昨年と同じ場所で、午前中はオトリ屋さんの上流部の変化に富んだ瀬、午後は下流部の平瀬を攻める計画です。まず、上流部に歩く、歩く。石が大きくて滑って転けること2回、良い筋肉運動になります。こんな場所から開始開始10分、根掛かりした枝葉から鮎を救出し、枝葉を岸に投げた途端水中糸の下部が切れて鮎ごと流れてしまいました。もうオトリは1匹しかいません。心細いこと限りなし。不安と戦いながら、緩いトロ場を泳がせると「ゴンゴン」と当たりが・・慎重にタモに入れて不安解消。その後は、テンポ良く掛かり出します。いわゆる〝盆と正月が来た〟ような感覚です。欲を言えば、型がまだ小さいのが多い感じです。たまには良型も掛ります...やっぱ桂川は凄い

  • 神流川で2度目のJAFを呼ぶ

    02.06.08(月)今年も神流川にやって来ました。いつ見ても綺麗な川で好きな河川の1つといえます。今日は前日釣れたという場所に挑戦です。チビ鮎3匹釣れたが面白みなし釣り下がるも、まったく当たりなく、他の釣り人も釣れないで困り顔。やっぱり前日釣れた場所は釣れない。いい加減学習しないと。ある釣り人と話をしました。どこかで見たような人だなと思っていましたが、釣り下がり、2度目に会った時その帽子がダイワの白い帽子であることに気付き、わかりました、あの平蔵鮎釣りチャンネルに出ているF名人だと。いろいろ名人の鮎釣りについて勉強させてもらいました。さて、あまり釣れないので場所移動を決めた時、自衛隊の飛行機が4機頭上を飛んで行きました。別に意味なし。そしてたいへんな事が起こりました。移動すべく車で駐車場から坂を登ろうとすると...神流川で2度目のJAFを呼ぶ

  • 鮎は釣れないけどキスは釣れる

    02.06.5~06.06(金・土)先日那珂川で惨敗し、ちょっとグレて直江津へ。もうアジの季節には遅いらしい。釣具屋さんで店員さんが他のお客さんに「もうアジは釣れませんよ。」と言ってたので意気消沈。お昼頃砂浜に到着。キス釣りしてる人がいっぱいいたので、まずはキス釣りから。ゆっくりリールを巻くと、「ブルブル」や「グイーン」と手に来る感触が楽しい。しばらくは夢中になれます。3本バリで3匹釣れると特に嬉しい。チビキスが多いが、たまに大きいのが来て竿が大きく曲がります。しかし、しばらくして慣れてくるとその〝単調さ〟に飽きて来ます。でも帰宅後の〝海の幸〟が味わえるという魅力があるためなかなか止められません。午後4時過ぎ、34匹釣って終了。・・次は、アジ釣り。K堤防へ移動。夜まで仕掛をセットして待ちます。間違っても明るい時...鮎は釣れないけどキスは釣れる

  • 今年もまた厳しい鮎釣りが始まった・・in那珂川

    02.06.02(火)毎年良い思いをしたことがない解禁日。なので、今年は1日ずらして行ってみました。場所は那珂川。昨年からお気に入りになった川で年券買いました。オトリ屋さんが教えてくれたこんな場所から始めます。私好みのちょうど良い流れと雰囲気で期待しちゃいます。・・しかし開始後1時間経過まわりもほとんど釣れてないが、私の下手にいた釣り人だけがコンスタントに掛けている。〝何が違うんだろう?〟基本的には、〝腕〟でしょうが、運が悪いと思いたい。開始1時間10分、立て竿で泳がせしてると、ごそごそと違和感が・・竿を上げると・・釣れました。今年初の鮎ですチッちゃい鮎です。そのあと人差し指くらいの鮎が掛りましたが、これはさすがにリリース。その後は、いつものように歩く、歩く、でも釣れない。昼食時、通りかかった地元の人が「今年は...今年もまた厳しい鮎釣りが始まった・・in那珂川

  • 久々の山岳渓流

    02.05.22(金)鮎釣り開始まで秒読み段階・・そんな中で、海釣り仲間のUさんと山岳渓流釣りに行って来ました。最近は楽な渓流ばかり行ってましたが、今回は本格的山岳渓流です。場所は利根漁協管内の・・とある小渓流で、放流はしていない沢です。小渓流なので竿は4メートル、仕掛は1.5メートルという〝提灯釣り〟スタイルです。川幅は狭く、ポイントは一定間隔で続く〝落ち込み〟ではっきりしてます。とにかく厳しい釣り上がりで、岩登りと藪漕ぎを繰り返します。まるで何かの訓練のような。でも久しぶりの〝わくわく〟気分です。反面、若い時なら平気だったでしょうが、そうでない今は危険も感じます。・・なかなか釣れません。しばらく音信不通で本当に魚がいるのか疑心暗鬼になるくらいです。・・そして、1時間程してUさんにようやく来ました。20センチ...久々の山岳渓流

  • 第4の趣味

    02.05.12(火)趣味はたくさんあった方がいい。特に社会生活からテイクオフしたら、時間の使い方は自由だし、時間は十分あるし、先は短いし、悔いのない生活をするためには、〝やりたいことをやる〟しかない。さて、趣味に関しては、いままでは第1の趣味の〝釣り〟で十分であったはずだったが、今回のコロナ騒動で失速気味。鮎釣りまでの渓流釣り、海釣りも今年は1回ずつしか行けなかった。第2の趣味は、菜園での野菜づくり。今年は時間が十分あったので準備から植え付けまで怠りなく出来た感じ。スイカ、枝豆、オクラ、ピーマン、ナス、トマト、キュウリ、ゴーヤ、イチゴ、やつがしら、等々と、種類は豊富。あとは、時間差植え付けのトマト、スイカを5月下旬に植えれば終了。第3の趣味は、薔薇づくり。四季咲き大輪薔薇のクリスチャンディオール、クイーンエリ...第4の趣味

  • 菜園準備と薔薇づくり

    02.4.14(火)まったくもって、やるせない今日この頃です。こんな状況下、釣りができない迷い子は、何もすることがない。天気の良い日、唯一出来るのが菜園準備と薔薇の手入れ。アクセントにチューリップを咲かせて見ました。薔薇は昨年2株が枯れてしまったため、新株購入。紫色の大輪を咲かす〝シャルル・ドゴール〟、黄色の大輪を咲かす〝かぐや姫〟なんだか楽しみです。菜園は、いつもは焦って耕すのですが、今年は時間を持て余しているので余裕綽々です。土作りは暇と運動不足を解消すべく何度も耕しました。イチゴは、女峰、天使のイチゴ、宝交早生の3種類丁寧に面倒見れば、期待出来ます。この3畝に何を植えるかは、検討中。タマネギは200個以上出来る予定。3畝の候補は、枝豆、ヤツガシラ、オクラ、モロヘイヤ、ブロッコリー、等々。自宅の庭は、いつも...菜園準備と薔薇づくり

  • 今頃つり堀に行ってる場合じゃぁないんだけど!!

    02.3.27(金)3月に入ってから渓流釣りに1回しか行ってない今日この頃です。例年なら渓流釣りやら海釣りやらで忙しいのに、今年はなんかおかしい。釣行予定日は海は荒れてダメとか、渓流は強風でダメとか、天気に恵まれず。また、例の問題で気分的にも年齢的にも滅入り気味。庭のチューリップ、赤、白、黄色と3色ずつ並ぶはずだったのに、揃って咲かない。さて、今日は、釣りといっても、釣り堀。学校が休みになって、まわりは子供だらけ、こんな時、遊び相手になる暇人28号です。釣り堀には絶対行かないという信念を持ってましたが、子守のために、背に腹はかえられず。仕掛を振り込めば瞬殺でウキはぐんぐん水中へ子供はその当たりの強さに驚いて戸惑い、喜びます。魚も子供も全然スレてません。ニジマスの唐揚げ、塩焼き、それぞれ美味しいけど、2人は鮎の塩...今頃つり堀に行ってる場合じゃぁないんだけど!!

  • ようやく釣り開始

    02.03.13(金)超久々にブログ更新・・といっても以前のブログのタイトル名、ハンドル名を変更したので誰もわからないだろうけど。さて、今年初めての釣りは、「渓流釣り」利根漁協管内の2河川に行ってみた。1河川目は、H川・・昔から実績のあったところ。渓流らしい渓相で〝ワクワク感〟いっぱいです。でも釣れないのが渓流釣り、当たりは1度もなく、1時間で諦めます。次に、U川、N川の様子を見に行ってきたが、釣り人ほとんど見かけず。実釣2河川目は、NR川。イワナ成魚放流50キロを前々日に行った場所?・・だと思うけど。釣り人誰もいない。水深もあるし釣れそう。・・しばらくして、ようやく当たりが〝良し〟と思ったら、残念ながらニジマス・・即リリース。次は・・ヤマメだったけど小ぶりだったためリリース。次は、強い引きで期待感あったけどニ...ようやく釣り開始

  • 鮎のコロガシ竿でアジを釣る。

    01.11.04(月)~05(火)半月振りに、上越の海へ。Uさんと現地で合流しまずは、いつもの通り投げサビキ。やっぱり小アジしか釣れない。数は30匹ほど釣れたが、中アジが釣れなかったので気落ち気味。・・この港で車中泊・・翌朝今日は、いままでやったことがないサビキ釣り。Uさんに言われた通り鮎のコロガシ竿を用意し、竿と同じくらいの長さの仕掛でトリックサビキをするというもの。Uさんに教えてもらいながら仕掛をゆっくり海面から底に落とし込む。両腕でしっかり竿を持ってその時を待つと、すぐに〝ガガガガ〟と感じたと思ったら、〝ググーン〟と竿が海面に引き込まれました。驚きの手応えです。これは海釣りというより湖釣りです。ラインに遊びがないから、当たりが直接手に伝わります。1度に2匹釣れるともう竿を上げるのがたいへんです。アジとサバ...鮎のコロガシ竿でアジを釣る。

  • まぎれもなく田舎者

    01.11.02(土)今日は、浅草見物に上京。浅草駅に9時半に到着、無駄に早い。お上りさんにとって、浅草といえば浅草寺。仲町の、ネットで調べた人気の〝あげまんじゅう〟それなりに美味かったけど、1個で十分。お参りもそれなりに。そして、スタバで一休み。休むのが早い。次は、隅田川の水上バス乗船場付近で散歩。最新型の水上バス。誰かが「潜水艦?」などと戯言を言う。座れる場所を探すのがたいへん。時間を潰して、11時半、予約してあったアサヒスーパードライホール「フラムドール」へ。ホールは、ほの暗い照明も魅力的で都会的空間が感じられる。よせば良いのに、4人とも飲み放題を注文。ビール、ワイン、ウイスキー、何でもござれ。さすが料理も美味しい。特にグラタンが入ったパン?は絶品。テンショ上がりまくりで、3時間粘って、飲み過ぎ、食べ過ぎ...まぎれもなく田舎者

  • 海釣り始動

    01.10.16(水)~17(木)約1ヶ月振りのブログ更新です。鮎釣りから海釣りへシフトチェンジするまでちょっと畑仕事もあったので、ちょっと遅くなりました。直江津で海釣りスタートです。1日目天気晴天。午後3時半過ぎ、いつもの堤防に立ちますが、場所取りする必要がないくらい空いてます。まだ早いと思いましたが、間違いに期待して投げサビキ開始。間違いその1まだ太陽光がウキを見えずらくしてます。やっぱり何も釣れません。そして夕まずめ、そろそろ電気ウキに換えようかと準備している時、その時は来ました。ふっとウキを見ると・・消えてます。半年ぶりの1匹目、またもウキが沈む瞬間を見逃してしまいました。中アジです。その後はまずまずボツボツ掛りました。春と比べると、二回りくらい小さいようです。午後5時半過ぎ、暗くなって電気ウキが綺麗に...海釣り始動

  • 釣れなかったけど、まぁまぁ楽しめた那珂川

    01.09.20(金)神通川遠征を終えた翌日、今度は那珂川へ。鮎釣りもいよいよ終盤、天気が良い日は無駄には出来ません。今回はハミアト君と烏山大橋へ。午前8時、平瀬から開始。平水なので良い感じ。・・連日攻められているのか、なかなか釣れない。しばらくしてハミアト君、釣れました。私にはまったく来ません。釣れないことには慣れているとはいえ、1時間釣れないと動きたくなります。我慢出来ないオヤジです。そして、我慢出来ずに橋下の深瀬に移動し、お気に入りのポイントへ。ここは、何回か良い思いをした場所で釣れるような気がします。釣れると思うと不思議に釣れます。岸近くのポイントに泳がせ釣りで開始してちょっとよそ見をしていると、竿が強烈に何度も曲がります。いきなり大物が掛りました。足下の浅い場所なのにです。岸近くなので容易に引抜き成功...釣れなかったけど、まぁまぁ楽しめた那珂川

  • 釣れないことに慣れてきた神通川

    01.09.17(火)本日の神通川は、曇天はいいとしても、強風に泣かされました。場所は、いつもの富山空港ではなく、新保大橋上流域。今回初めての場所で、深トロのような深瀬のような広いポイント。最初から言い訳ですが、風ボーボーの中竿操作が厳しいし、曇りのため目印が見えず、勘に頼る大体こんなもんか釣法。しばらくは、例によって釣れる気がしない感じ。そして、飽きた頃、手に「ゴリゴリ」という当たりがあり、風の中、慎重に引き寄せ、3㍍くらいのところで引抜き、成功。またしばらく音信不通。仕方なく、チャラい分流に場所を代え、反対向きに釣ると目印がハッキリと見えて嬉しい。ヘチを狙うと、やっぱり来ました。しかも大きい。浅いところでも大物掛ります。その後は、例によってバラシ連チャン。振り子抜きは、抜きすぎて上流まで吹っ飛んでドボン。結...釣れないことに慣れてきた神通川

  • 魚野川で大惨敗。

    01.09.13(金)きょうは魚野川。天気晴れ、気温も上がる予想、水位は減水傾向で平水より10センチ高、濁りなし、という問題のない、はずの日でした。でも、大惨敗になってしまいました。朝寒く水が冷たかったのは仕方ありません。これは時間とともに解決するはずでした。釣り人結構いますが、あまり釣れたところを見なかったような。釣り人その1・・「朝早い時間帯の方が釣れたよ、その後まったく釣れなくなった。」開始1時間で、ようやく1匹目写真がブレてるのはなぜ?釣り人その2・・「お宅(私)が1匹釣ったので近くに来たらやっと釣れたよ(笑)」しかし、その後は釣れない。川を歩き回ると、足がすべらずきちんと歩けます。これは、垢が飛んでる証拠です。要するに、垢飛びの場所が多く、残り垢狙いという私のもっとも不得意な釣りが必要ということです。...魚野川で大惨敗。

  • 神通川は、微妙。

    01.09.08(日)神通川2日目今日は、この場所で。朝は、深トロで泳がせで様子見。そんなに時間はかからず3匹釣れましたが、あまりはっきりしない当たりに嫌気がさし、下流の平瀬へ。かなり長い瀬ではあるが、ハミアトが多い割に、当たりはなかなか来ない。長い、長い平瀬を釣り下って、1匹しか釣れない。そして、どんどん歩き、一昨年良い思いをした瀬に到着。かなり急瀬になっており、オトリを入れると、すぐに強烈な当たりが・・川下にどんどん下ってしまってなかなか止められず。そして振り子抜きを実行。なんとか上流に〝ふわっと〟落としたが、ラインが切れて2匹とも消えて行った。先日の魚野川で同じ事があったような。ケチが付いたというのだろうか、その後そこではまったく掛らず。また歩き、今度は広~い深瀬でちょっと泳がせしたら、間違った感じで1匹...神通川は、微妙。

  • 魚野川、私でもッ抜け出来ました。

    01.09.05(木)最近の魚野川は釣れてるらしい。そのため、急遽魚野川へ。小出駅裏、青島橋は、混むこと必至のため、別エリアへ。到着8時、駐車エリアに誰もいない。いいのか。良くないのか?最初は、上流のトロで野鮎を捕ろうと思ったが、歩いて見ると、石は泥かぶりで釣れる気配なし。すぐに中州まで下がり、2本に分岐している左岸側の平瀬から開始。こう見えて真ん中は押しが強くて進めない。対岸には等間隔に釣り人が竿を出しているが、中州側からは、私ひとりの独壇場。しかし、対岸の左岸付近の川底はいい色してるが、中州側は何だか川色が緑色だったので、ちと不安。対岸の人達、結構頻繁に釣れている。こちら、しばらくは反応なし。小一時間経過すると、ようやく1匹目が掛るが、いきなりロケット発射。次は、空中分解。3回目にしてようやくタモへ。次は、...魚野川、私でもッ抜け出来ました。

  • 魚野川でも・・午後釣れない病

    01.08.31(土)今日は那珂川に行こうか、魚野川に行こうか、迷いましたが、天気が晴れマークの魚野川へ。小出に到着すると高水でちょい濁り。選定ミスかとも思いましたが到着しちゃったから仕方ない。今回は、滅多に釣ったことがない場所から始めます。最初は、釣れないと思ってヤナギで様子を見ると、開始早々2匹釣れる。久しぶりに中鮎で何故かホッとする。次も中くらいそしてイカリにチェンジすると、「ズドーン」と大鮎が掛る。次も良型なんかテンポ良く掛る。開始1時間で5匹。その後失速し、お昼までに6匹。思惑はッ抜けだけど、いやな予感がよぎる。・・午後は、冒険しようと下流の荒瀬へ。本来なら瀬にオモリを付けてぶっ込めば凄い当たりが来るはずだが、釣れない。足下の石が滑らない。垢なしと判断し、また上流域へ。釣り上がりながら、深瀬で中鮎1匹...魚野川でも・・午後釣れない病

  • 神通川で何てこと~?!

    01.8.26(月)~27(火)増水後の神通川に行って来ました。やや、笹濁り1日目お気に入りの富山空港前は、人がほとんど誰もいない貸し切り状態。朝7時から開始前回の上部トロ場は泥かぶりで反応なし。しかし、間違って1匹掛ると、大きい。その後反応なく下流部へ移動。大きい石が埋まっていて波立っているところにオトリを誘導すると、「ガツーン」と竿を持ってかれました。狙ったところで釣れるとは、自分の進歩を感じました。(笑)その後も、時々「ガツーン」が来るので最高に気持ちいいです。瀬肩から荒瀬寸前のところで3匹掛けましたが、そのうち2匹は振り子抜き、1匹はなぜかポトンと落ちました。結局午前中は9匹。みんな良型で、それなりに自分的には満足でした。・・調子に乗ってFBに載せたら、午後は墜落です。まったく釣れなくなりました。〝午後...神通川で何てこと~?!

  • それなりにそこそこ釣れた神流川

    01.08.24(土)きょうは、神流川へ単独釣行。こんな場所から始めると、なんと30分で5匹。その下流の瀬で2匹。朝1番はなんか釣れる気がします。そして、いつものことで、そのうち釣れなくなるだろうと思ったら、本当に止まった。そして下流へ釣り下る。下流域は人だらけ、歩いても歩いても、人がいる。人がいないところが竿抜けエリアと思っていたのにそんな場所見つからん。30分歩いて、ようやく人がいない瀬を発見。平瀬で竿を出すと、瞬殺で掛る。いきり立った鮎がいれば瞬殺、いなければ沈黙。ここでは3匹。午前の部ッ抜け達成です。鮎が大きいので、きょうはメガトルクで正解でした。お昼に戻る途中、歩いていると、対岸の釣師が手を振ってにこにこしてます。見たことない人です。すると、「釣れましたか?」と大きな声。私は「まぁまぁです。」「それは...それなりにそこそこ釣れた神流川

カテゴリー一覧
商用