chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
鮎釣りと薔薇づくり https://blog.goo.ne.jp/mn882301

主に、鮎釣り、海釣り、渓流釣りの釣行記。あと、ちょっと野菜作りと薔薇づくり、等の雑記録。

鮎釣りのメイン河川は、魚野川、神流川。ビジター河川は、神通川、那珂川、鬼怒川、桂川、依田川、等々。

海底人8823
フォロー
住所
玉村町
出身
渋川市
ブログ村参加

2013/01/14

1件〜100件

  • 岐阜白川に魅せられて

    04.07.21(木)~23(土)昨年白川に行ってとても良かったので、今年2回目の遠征です。釣れる釣れないは別にして、川の景色・川相が忘れられません。第1日目昨年とは違う場所を求めて、川の下流域から上流域を見て廻ります。ちょっと高水かなと思うけど、川底は見えます。そして、とある公園に駐車して、そのすぐ下の流域から始めて見ました。自信満々で釣り始めたのに、全然釣れない。1時間ほど経過しても何の反応もない。こんな良い場所なのに仕方なく場所移動。困った時のN橋下流は、川幅がいっぱいに水が広がっている。荒瀬が多く不安な感じだがやるしかない。大物が掛かってもバラさないようにヤナギ針に変更。真ん中付近の荒瀬を釣ってる人が掛けて竿が大きく曲がっている。「たいへんそう」恐る恐るオトリを荒瀬に流し込むとしばらくして強烈な当...岐阜白川に魅せられて

  • 初心者にレクチャーするため下見釣行(神流川)

    04.07.09(土)来週初心者2人を神流川に連れて行く予定です。そのため釣れるエリア探しに奔走しました。今日は10時半から2時半までの4時間。場所は平瀬主体の歩きやすい安全な場所。ちょっと浅すぎて面白みに欠けるのか、誰も釣っていませんでした。とりあえず、やってみます。すると、1分で1匹目、5分で2匹目。最初だけ釣れてその後パッタリはよくあります。でも、今回は、時々掛かります。浅い平瀬で鮎はいるように見えないのに居るところにはいます。一通り平瀬を釣り歩き、今度は深みのあるトロ瀬。大きな石のまわりには鮎がギラギラしてます。そこへオトリを投入すると、1発で目印が吹っ飛び、びっくり。大きい鮎が掛かりました。ここは初心者がやったら大騒ぎになるに違いない。(期待大)その後も順調(?)に時々掛けます。これなら初心者も...初心者にレクチャーするため下見釣行(神流川)

  • 神流川でもチラホラ良型が掛かってくる

    04.07.01(金)この猛暑の中、釣りに行く人の気が知れないけど、鮎釣りだけは例外です。川に入っていると、暑さを忘れてしまいます。さて、今回は神流川。まずは昨年良かった場所へ現地到着7時半、釣り師1人だけしかいないのでどこでも入れます。普通のやさしい瀬から開始。まずは、セオリー通り、ウグイの洗礼を受けます。なぜ1匹目はウグイなのか、解明出来ませんが、不思議な現象です。その後しばらく経った後、ようやく1匹目が。可もなく不可もなくの大きさで、いまの神流川の平均だろうと思われます。その後も釣り下りながら拾い釣り。でもあまり大きくない。荒瀬とか深トロなら大きいのがいるだろうけど、このエリアにはそういう場所がない。6匹ほど釣ったところで場所移動。車を下流域へ走らせ、早めの昼食、この時間だけは本当に暑い。その時、ふ...神流川でもチラホラ良型が掛かってくる

  • 初 長良川

    04.06.26(日)~27(月)誰もが憧れる長良川、今回初めて行って来ました。自宅から5時間300㌔の鮎釣り旅は、無理の出来る年齢ぎりぎりの挑戦です。・・第1日目白川昨年良い思いをした白川に、まずはお礼訪問です。ですが、現在の白川は、渇水、垢腐れで低調とのこと。場所は初めての上流部、ゆっくりとした流れが綺麗です。(いきなりピンボケ)最近1匹目は、ウグイかバラし。そしたら、やっぱり1匹目はウグイでした。この場所では2匹、良型が1匹出たのは良かったけど。綺麗な河川の景色を満喫出来たけど釣れない。移動決定次は下流部の有名エリアここの瀬で良型掛けました。でも結局8匹の釣果で、やや、がっかりの1日目でした。・・第2日目初長良川いよいよ長良川。でも今回は有名エリアは避け、郡上最下流部へ。荒瀬が多く、身が引き締まりま...初長良川

  • 解禁日翌日の桂川

    04.06.02(木)鮎釣りシーズン開幕。毎年激混みの解禁日は避け、その翌日に行くことに決めている私です。今回は桂川。実は、その前に、鬼怒川に解禁日翌日(5月30日)にも行ってます。鬼怒川は、増水後の薄い笹濁りで釣果は期待していませんでした。同行者はハリキッて釣っています。ところが、意外にも、思ったよりも、まずまず釣れて、ツ抜けも出来ました。ただ、アタリが小さく、知らないうちに釣れていたことが何回かありました。サイズは12㌢から16㌢くらいで、もの足らない大きさでした。バラしが多かったのは、追いがあるというより、たまたま近くを泳いでいた鮎が掛かったのでしょう。だから魚影は濃いと思います。・・さて、本題の桂川。解禁日は凄く釣れたようで、密かに期待して行きました。朝7時に到着、意外にも川は空いています。まずは...解禁日翌日の桂川

  • 春の大アジ祭り開催中

    04.04.05(火)前回のアジ釣りが消化不良に終わったため、再度挑戦。朝7時半出発し、いつもの高速を走る。今回は無風に近い絶好の釣り日和。冬のなごりの妙高山お昼に現地に到着。堤防は最近激混みになるらしいので、早めに釣り座を確保。車で仮眠し、その時を待つ。午後3時過ぎ、遠投サビキ開始。前回と同じくしばらくして40㌢のサバを釣る。あまり嬉しくないです。その後はしばらく音信不通。まわりでは、サバがあちこちで釣れている。午後4時過ぎ、待望の大アジが来たぁそしてまたしばらく沈黙。釣れないので堤防の反対側の海に投げ込むと、しばらくしてウキが「スポッ」と消える。大アジです。その後適当な間隔で釣れ始めました。ほとんどが30㌢前後の良型。反対側は普段釣れないので釣り人少なく、広い釣り場を独占できます。今年の傾向は、アジ回遊の時...春の大アジ祭り開催中

  • 花見と、鮎の塩焼きと・・

    04.04.02(土)久々に花見に行って来ました。花を愛でるタイプではないですが、たまにはいいですね。見晴らしが良く、清々しい景色が見られました。<img"src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/38/923c3502b0618b8617781447f68ec62d.jpg"border="0">桜満開文句なし。〝白衣観音慈悲の御手〟高さは100㍍くらいあると思ってたら、41㍍ほどらしい。・・お昼にそば屋に行きました。そこには、囲炉裏に鮎の塩焼きが並んでました。お店の人に勧められて、鮎の塩焼き1匹注文。岐阜産の子持ち鮎天然物とのこと。1匹1200円は高いけど美味しい。美味しいけど1匹1200円は高い。いつも釣ってきて食べる鮎とは、まったく違うプロの味です。「頭か...花見と、鮎の塩焼きと・・

  • 真夜中の海釣りは〝しんどい〟

    04.03.25(金)今年初めての海釣り。途中は雪国を走ります。そして、いつものようにお昼過ぎに現場到着。釣り座を確保したは、いいが・・風が強い。スマホで現場付近の風波予報を見ると、夜にかけて風速が急速に強くなるらしい。夕方5時に6㍍、7時に8㍍、9時に10㍍、11時に8㍍予報。これはいかん昨日の予報では穏やかな風速予報と波高0.5㍍予想だったので安心していたのに、完全に外れた。天気はままならず。ハッピー堤防は、早々に閉鎖したらしい。夕方4時、アゲンストの風の中、とりあえず一投。距離は出なかったが、なんとかウキが立ち、しばらく見つめていると、突然ウキが〝スポッ〟と消えた。リールを巻くと、重い手応えと海中で暴れまわる動き・・これはサバ・・とすぐにわかった。重い魚体を堤防上に力一杯引き上げると・・やっぱりサバでした...真夜中の海釣りは〝しんどい〟

  • 「犯人はあなたです」

    3人の事件関係者に向かって、刑事は「犯人はあなたです」といった。そして最後のページをめくると・・・???何も書いてなかった推理小説で、こんな終わり方、あるのでしょうか?軽い衝撃を受けました。作者の意図が奇抜過ぎです。読者を買いかぶり?してるんじゃぁないかな余程の推理小説マニアでもないとスッキリしない結末ではないかと思ってしまいます。3人の事件関係者には、それぞれ、因縁、動機、殺人機会があったが決め手がなく、しかし、最後には、刑事が犯人を特定し終わるものと思っていたのに・・おまけに、袋とじがあり?、「推理の手引き」ということで教授と助手が謎解き解説をしますが、結局犯人の名前は明言されず。モヤモヤしたままです。・・(あらすじ)婚約中の男性の自宅に突然現れた1人の女性。男に裏切られた事を知った彼女は服毒自殺。男は自分...「犯人はあなたです」

  • 第3回ワクチン接種を甘くみていたら・・

    04.02.13(日)2日前の11日(金)、第3回ワクチン接種を夫婦で受けて来ました。今回は、ファイザー、ファイザー、からのモデルナ接種。なんか効き目が高いらしい。会場は大きく広く、案内する人に導かれながらスムーズに接種出来ました。今回は、担当者に「チクリとしますよ」と言われたが、まったく痛みを感じず。注射が痛くないって、鈍感になってしまった証拠その後寄り道せず帰宅。その日はまったく平熱で問題なし。私のまわりの人達は、「まったく熱が出なかった。」とか「37度まで上がったがたいしたことなかった」とか楽観的な感想が多く、安心していました。ところが、翌日、朝は平熱だったのに、時間の経過とともに熱っぽくなり、体温は、36.8度、37.2度、37.5度、とうなぎのぼり。額が熱い。一方、相方はもっとひどく、体温最高38.9...第3回ワクチン接種を甘くみていたら・・

  • この歳で初めてのワカサギ釣り

    04.01.29(土)釣り好きの私にしては、いまだ未経験の釣りが〝ワカサギ釣り〟です。とにかく寒いのが苦手なので、この釣りだけは、〝無理〟と思ってました。そんな中、昨年秋に海釣りに誘った人から、ワカサギ釣りの誘いがありました。道具は全部用意してくれるとのこと。人は「繋がり」が大事です。寒いのは苦手なので天気予報を入念にチェックしてみると、天気晴れ、風速1㍍、気温-4°~+6°だったので安心し、1回だけ経験して見るかと思って出かけました。現地のS湖は、純白の世界。意外にも釣り人が少なく、しかも遠い場所に固まっていて、総勢4人の私たちの釣り場は貸し切り状態。天気快晴、温暖、無風、と本当に恵まれた日になりました。仕掛けから何から何まで準備してもらい、至れり尽くせり。釣りの素人になった感じです。短い竿で湖底まで仕掛けを...この歳で初めてのワカサギ釣り

  • DIYの野望・・「竿立て」に挑戦

    04.01.19(水)まだまだ鮎釣りモードに入るには早いですが、カタログの中の鮎竿を見ているうちに、なんとなく「竿立て」に興味をそそられました。鮎竿の本数もそこそこ増えてきたので置き場が必要か・・と。DIYを趣味としているのだから「竿立て」くらい作れるだろうと思って、その気になります。早速実家から持って来た板きれと、100円ショップで、木工ボンド、カラーボード、塗料を購入し、いざ実践。スケッチのない水彩画のように、設計図もなく板切れを加工。高さも幅も適当、頭の片隅にある「竿立て」のイメージだけで進めて行く。土台はしっかりした厚みの板で倒れないように安定化する。竿がフラフラしないようにちょっとした傾きを取り、簡易な支えを作る、竿の底は動かないよう丸い穴の堀を作る。材料の板はあり合わせのものなので不揃い、やむなし。...DIYの野望・・「竿立て」に挑戦

  • アマゾンから変なメールが届いた。

    04.01.16(日)朝5時起床。いつものようにパソコンを開くと、一通のメールが届いていた。開いてみる。そしたらアマゾンからのメール、「なーんだ、何かのお知らせ」かと思って読んで見ると、由々しきことが書いてあった。「いつもをお利用ありがとうございます。アラートあなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントが、他のデバイスから発信されています。神奈川県横浜市から発信。すぐにアカウントのIDを変更して下さい」とかなんとか・・「大変だ大変だ」と一瞬思いましたが、冷静になって本文を読み返してみると、文章がちょっとおかしい。「いつもをお利用」って何?天下のアマゾンのメール文がこんなんなんておかしい。スマホで検索してみたら、なりすましメールの特徴、そのままではないか。よくある不審メールとして、「アラート:あなたのアカ...アマゾンから変なメールが届いた。

  • 中山七里

    04.01.12(水)さて今回は、知ってる人は知っているでしょうが、知らない人は知らない話題を取り上げたいと思います。昨年岐阜県の地図を2冊買って以来、暇に任せてなんとなく見てました。そしたら、びっくりすることを発見しました。なんと地名に『中山七里』という所があったのです。早速ネットで調べて見ると、飛騨川中流の景勝地らしいです。七里(7里)は、1里4㌔メートル×7=28㌔メートの区間が奇岩怪石で形成されているとのこと。一方、私の好きな推理作家「中山七里」は岐阜県出身。調べて見ると1961年岐阜県加茂郡白川町に生まれたとのこと。そして、ペンネームの由来は景勝地「中山七里」から取ったものとわかりました。洒落たペンネームを考えついたものです。岐阜県及び近辺の人は知っているでしょうが、私には驚きでした。何年か前に図書館...中山七里

  • 海底人8823

    03.12.18(土)ブログネタがないため、今回は、私のハンドルネーム『海底人8823』について触れてみたいと思います。知らない人が多いと思いますが、1960年代のテレビで流行った特撮ヒーローものの番組です。月光仮面、七色仮面、まぼろし探偵、少年探偵団、ナショナルキッド、等々は有名ですが、海底人8823は、ちょっとマイナーだったかも知れません。おそらく現在66歳以上70歳未満の人は、喜んで観ていたのではないでしょうか。フジテレビで1960年1月から6月までの放送だったようです。ただ、71歳以上の人(放映時10歳以上)は分別が芽生える年齢なので、「ダサい」と感じたかも知れません。実際、ある71歳の方には、鼻で笑われました。とにかく昔は正義の味方がいっぱいいたのです。先日、たまたまYouTubeでヒーローもののテレ...海底人8823

  • 第5の趣味 復活!?

    03.12.12(日)昨年12月、第5の趣味として〝DIY〟を擁立し2作品ほど作りましたが、あとが続かず、今日に至ってしまいました。そしたら、1年ぶりに、たまたま、相方から食器棚の棚を作って欲しいと頼まれ(圧力をかけられ)作ることにしました。〝DIY〟復活です。簡単にいうと、〝日曜大工〟です。実家から材木の切れっ端を調達、ホームセンターで釘を買い、見よう見まねでやって見ました。まず、設計図?みたいなものなにせ、みんなから不器用と烙印を押されているので、上手に出来ないことは当たり前なので気が楽です。はじめは几帳面にメジャーで測って材木を切りますが、だんだん集中力がなくなっていい加減になって行きます。でも、なんとか格好がついて来ると自信を持ちます。1時間ほどして、出来上がったのがこれ4本足の長さがちょっと違ってギッ...第5の趣味復活!?

  • 岐阜県の鮎釣り河川が気になって仕方ない!!

    03.12.05(日)最近暇を持て余して鮎釣り関係のYouTubeを観ていたら、長良川をはじめとして岐阜県の鮎釣り河川がかなり多いことが気になりました。有名河川としては、長良川、馬瀬川、白川、付知川、揖斐川、手取川、和良川、高原川、宮川、等々枚挙にいとまがありません。そしてどこの河川も、水が綺麗で、石が適度に大きくて、鮎が多くて、流れも変化に富んでいて鮎釣り師にとってはまさに〝よだれが出そうな〟河川ばかりです。私は、今年初めて白川に行きましたが、いままで釣った河川とは、〝なんか違う〟印象を受けました。それが何なのかわかりませんが、魅力度満開でした。あと、高原川も何年か前に行きましたが、素晴らしい川でした。これまで神通川を究極の鮎釣り河川として毎年通ってましたが、来年から路線変更するかも知れません。神通川と九頭竜...岐阜県の鮎釣り河川が気になって仕方ない!!

  • 千と千尋の・・と、甌穴群と

    03.11.22(月)紅葉見物にはちょっと時期遅れとなったけど出かけて見ました。目的は、四万日帰り温泉。特に温泉好きではありませんが、家族への「義理と人情」は大切にします。目的地はよく見かけるスポットです。ライトアップが見たかったですが、夕方5時過ぎでないと点灯しないみたいです。ちなみに私は「千と千尋の神隠し」は観てませんが、小学生は喜びます。温泉の湯は、さすが四万温泉、素晴らしいです。隣の休憩所からは、絵に描きたくなるような景色がありました。風情があります。・・周辺を散策すると、四万川の水の色が綺麗です。・・午後3時過ぎには雨が降って来て撤収します。帰りの途中の道路沿いに〝甌穴群〟という看板があり、立ち寄ってみました。上から眺めると、綺麗な景色が見られました。下にも降りられますが、私は遠慮。ネットで調べて見る...千と千尋の・・と、甌穴群と

  • どっ疲れの紅葉観光

    03.11.12(金)今回、久しぶりに紅葉観光に行って来ました。場所は、碓氷眼鏡橋。午前9時、まずは碓氷湖到着。昔ほどの鮮やかな紅葉は見られず、残念。次に目的地眼鏡橋。アーチ橋と紅葉のコントラストが見事です。よせば良いのに、急な石段を上り橋の上に向かいます。ここでだいぶ体力消耗。橋の上は、こんな感じ橋の上から下を見ると相変わらず威風堂々としたアーチ橋の存在は目を楽しませてくれました。ただ、木々の葉っぱの色づきが昔ほどの鮮やかさがなかったのは、地球温暖化による気候の変化なのか、見頃時期のズレなのかは、分かりません。その後、さらに軽井沢方面に車を走らせると、紅葉がだんだん鮮やかになって行きます。そして軽井沢に到着。せっかくここまで来たので、軽井沢アウトレットに立ち寄ってみました。ブランドには縁のない私ですが、相方は...どっ疲れの紅葉観光

  • どっ疲れの海釣り釣行

    03.10.29(金)~31(日)期日前投票を済ませ、午後出発。途中の紅葉風景あと2~3日後がベストかも直江津港に到着午後5時半過ぎ。辺りはすでに暗く、釣れていないのか人は少なく、寂しい感じ。まずは、お決まりの投げサビキ。しばらくして、小さい当たりが・・ポコポコとウキが踊ってました。「小アジかよ」と思ってリールを巻くと、小アジにしては、重い手応え。〝なんか変〟と首を傾げながらなんとか足下に引き寄せ、竿を上げると、途中で凄い力で海中に引き込まれました。なんか大物が掛かった感じです。再度リールを巻き引き上げますが、重くて上がりません。3度目に意を決して思い切って引き上げると、空中に銀色の細長い魚体が〝ヒラヒラ〟と踊っています。「ゾッ」として堤防上に落とすと、やっと理解できました。タチウオです。テレビでしか見たことな...どっ疲れの海釣り釣行

  • 知らないと損 超簡単スマホ料金値下げ戦略

    03.10.28(木)昨今のスマホ料金値下げブーム、乗り遅れてはいけません。結論から先に具体的に示します。自分の使っているAUiPhone8は、ピタッとプラン電話掛け放題、1GBまでが、5,580円。1GBを超えると1,000円追加。自宅にWi-FI環境があるため、めったに1GBは超えません。夫婦2人で合計11,160円(私が払ってる)これが・・UQmobileに変更(SIMを換えるだけ)するだけで驚きの料金設定に。くりこしプランS+5G(基本料金1,480円-自宅セット割り<AU電気設定>580円+電話かけ放題1,700円-60歳以上割引1,000円)=1,600円(税込1,760円)3GBは使わなければ翌月くりこしということは・・月々5,580円-月々1,760円=月々3,820円がお得夫婦で月々7,640...知らないと損超簡単スマホ料金値下げ戦略

  • 野菜作りと自宅駐車場整備で〝座骨神経痛〟発症

    秋の野菜作りの準備ほぼ完了です。今回から私の菜園の区画が2区画から、3区画に増えました。町から無償提供されている区画ですが、今回隣りの区画の人が腰痛になり、菜園代表者からその1区画を頼まれました。本当は今でさえ持てあましているのに、断れない私です。 A区画・・イチゴ、サヤエンドウ(種)、タマネギ(土作り)B区画・・かき菜、ブロッコリー、ネギ、来年のスイカ用の土地(休耕中)C区画・・ダイコン、キャベツ、カブ、ブロッコリー自宅・・ほうれん草、大根葉(まだ芽が出てない)、レタス3種雑草も多く、決して丁寧な仕事とは言えませんが・・なんでこんなに作るのでしょう?土地が空いていると気になる性分です。本来農作業は、それほど◇◇ではありません。でも、地域コミュニティは大切です。・・農作業に労力を使った後、よせばいいのに、自宅駐...野菜作りと自宅駐車場整備で〝座骨神経痛〟発症

  • カマスはどこにいる?

    03.10.15(金)~16(土)久々のブログアップで恐縮です。しばらくブログから遠ざかっていたら、友人から私が川で流されたんじゃないかと邪推されてしまいました(笑)。鮎釣りもその後何度も行ってましたが、特筆すべき話題なくブログは省略してました。・・さてさて、今回は、カマスが釣れない話です。午前9時自宅を出発、上信道を走ること2時間半、にほんブログ村カマスはどこにいる?

  • 今年はいいかも・・魚野川

    03.07.25(日)今年初めての魚野川例年魚野川だけは解禁日に行ってましたが、いつも撃沈だったので今年は時期をずらしてみました。まずは、川を見て回ります。坂戸橋まで行きましたが、昨日の雨で笹濁りそれにしても河川敷の駐車場に止まっていた車は、どこもすべて〝群馬、前橋、高崎〟ナンバー。今日は群馬県民貸し切りか?また石打に戻り、去年解禁日に行ったポイントへ。午前9時開始。ポイント的には、狭い範囲に瀬あり、深瀬あり、深トロあり、大石もありの、パラダイス・エリア(以後パ・エリアと呼びます)大石の白泡の流れに入れると「ゴンゴン」と小さい当たり。開始8分で釣れました。・・チビこのチビをオトリにすると、すぐ来た。小ぶりから中ぶりへ次もすぐ来ただんだん大きくなったその後、同じポイントで入れ掛かり竿抜けだったのか、1時間で11匹...今年はいいかも・・魚野川

  • やっぱり相性が悪いW川

    03.07.22(水)前回の遠征ではちゃんと釣れたのですが、今回は、いつもの、釣れない話です。自宅から30分程度で行けるし、河川も大きく、釣れれば、お気に入りの川になるはずですが、どうも相性が悪いです。年券を買っているのに、今回が今年初の釣行です。現場到着が午前8時過ぎ、川はいかにも釣れそうな雰囲気を出しています。まずは、瀬から始めます。全然釣れません。40分経過。こらえ性がなく、早くも下流域に移動。昨年大物を釣り上げた深トロ瀬に行くと、1人の釣り人がやってます。その人大鮎2匹つ釣りました。竿が大きく曲がって大変そうでした。こちらは、まったく反応無く、また移動。今度は広く浅いトロ場。石色は良いのですが、石が小さいので期待薄。釣っていると、知らないおじさんが近づいて来て、「瀬は誰も釣れてないよ、ここもこの間釣り軍...やっぱり相性が悪いW川

  • 久々の車中泊で岐阜白川遠征の旅・・その2

    03.07.18(日)そういうわけで、未練がましく半日だけ釣ることにしました。今日は、新規開拓です。新しいオトリ屋さんに行くと、「群馬ってどの辺にあるんでしたっけ、茨城の近くかな」と認知度低上流域を探していると道路の脇に車が止められる場所発見。そこからかなり下に渓流のようなポイントあり。ポイントまで降りるのに、崖のような急坂をロープで使うって凄い。でも、あまり人が入らない場所として穴場かもと思って頑張りました。そしたら、上下流域に釣り人いました。まさしく渓流相です。ポイントの見極めが必要です。そして、こんな緩い流れから始めます。なんと、ここでも開始早々かかりました。午前7時05分その後も順調に掛かります。少し釣り下がって瀬で流すとまた釣れます。居そうな場所は掛かってくれます。調子に乗って荒瀬に挑むと釣れるには釣...久々の車中泊で岐阜白川遠征の旅・・その2

  • 久々の車中泊で岐阜白川遠征の旅

    03.07.15(木)~03.07.18(日)ここ最近の鮎釣りは、目を覆うばかりの貧果が続いています。そこで、起死回生を狙って、釣れる河川への遠征を断行いたしました。河川名:岐阜県の白川・・泣く子も黙る有名河川であり、多くのYouTubeでも紹介されています。自宅から300㌔は、神通川とほぼ同じ距離なので問題なし。15日、11時出発。当日は川見の予定。しかし、初めてのルートは、遠く感じるし、時間も予想以上にかかりました。なんと言っても山道で渋滞に巻き込まれたのは、想定外。結局白川に到着したのは、午後6時過ぎ。7時間もかかってしまった。橋から川を見ると、川の色は、コバルト・グリーン・ブルーと綺麗です。川底には焦げ茶色の大きい石がごろごろしてます。川見もあまり出来ず、車中泊の準備です。場所は、飛騨川沿いの「美濃白川...久々の車中泊で岐阜白川遠征の旅

  • 桂川でストレス発散のはずが・・・

    03.07.12(月)6月22日以来ブログを更新してなかったら、友人から〝安否確認〟のラインが入りました。もしかして釣りに行ってないのかというと、そうではなく、今回まで3回行ってます。県内のK川、県外のK川2回、しかし、3回とも1ケタ、撃沈でした。もうブログ投稿する気力もなしでした。・・で、今回の桂川はどうか?情報では、増水後、古い垢は流されて新垢付いてそこそこ釣れてる感じでした。意気揚々と某エリアに見参。場所は、いつもの所ではなく、過去に1度だけ行ったことがあるエリアです。最初のポイント綺麗な流れです。ただ、小砂利が多くなってる感じでやや不安。案の定釣れず・・鮎も見えないし・・場所を変え、今度は上流域へ歩く・・歩く。次のポイントは、深いトロ瀬。2㍍位の水深あるのに、水が綺麗で底石が良く見えます。「ギラギラ」と...桂川でストレス発散のはずが・・・

  • 泳がせ釣りに軍配が上がる山梨桂川

    03.06.21(月)今回は桂川。前回痛い目にあっているので不安が拭いきれない釣行でした。朝5時半、通称〝マスター〟、Eさん、と合流。早すぎることはわかってましたが、マスターが1番乗りしたいポイントがあるとかでその時間に合わせました。しかし、先行者あり。残念その人4時に来てるって。そして3者3様のポイントへ向かう。私は前回唯一、2匹釣れた上流の淵のあるポイント。しかし、時間も6時では鮎も寝てます。そこから下流域へ平瀬釣り。まったく反応なし。大した雨降ってなかったので、相変わらず石色良くない。良い感じはするんですけどEさんが釣ってるポイントは、平瀬から瀬のポイント。いきなりヤマメが2匹釣れちゃったとのこと。続いてマスターの釣ってるところに行くと、まだ釣れていない。見ていると、突然〝ゴン〟と来て、竿を上げる。「掛か...泳がせ釣りに軍配が上がる山梨桂川

  • いまのところ希望の光は〝神流川〟

    03.06.18(金)関東近郊の鮎釣り河川は不調のようです。天気のせいなのか、冷水病のせいなのか、放流量のせいなのか、天然遡上のせいなのか、等々、なんだかわかりませんが困ったものです。〝いずれにしても〟・・・「安心安全の」、「国民の命を守るのが・・」、「こうした中で」・・おっと、どこかの国の首相の口癖が移ってしまいました。〝いずれにしても〟は、語彙力の無い人、発言力の無い人、何の能力も無い人には、便利な言葉です。と、いうわけで?今回も神流川に行って来ました。いまのところ神流川は好調です。鮎がちゃんと追うんです。今回は、初めてのエリアに挑戦です。今年は、全番号制覇が目標です。ピンクは今年行ったポイントさて、最初に入った平瀬が大当たり。最初から当たりが頻発し、1時間ちょっとでッ抜け。鮎も前回より大きくなっている。そ...いまのところ希望の光は〝神流川〟

  • 鮎釣りの合間に〝野菜と薔薇づくり〟

    03.06.16(水)6月の鮎釣りも後半戦です。このところ、良い話はなかなかありません。私の例年の釣行河川は低調です。県外のk川は垢腐れでダメ、県外のK川は数が釣れない、N川は原因不明の不調、W川は情報不足でなんとも言えない。その中で、県内のK川は、型は小さくなったがそこそこ釣れます。ただ、1年前と比べて川の様子が変わってしまって得意ポイントがなくなっちゃった感じです。さて、こんな中、野菜づくりもそろそろ一段落となり、これからは管理に気を配る時期となりました。以下、備忘録として記録しておきます。今年の目玉:トウモロコシ(今年初めての挑戦)・・まわりで作っている人なし今のところ順調、雄しべも雌しべもちゃんと出た。防鳥対策として海釣り用ラインを張りました。主力のスイカ:今年は4株で20個の成果を目指します。赤ちゃん...鮎釣りの合間に〝野菜と薔薇づくり〟

  • 想定外に釣れなかった桂川

    03.06.10(木)(写真取り込みの不具合で投稿が遅くなりました)昨年良い思いをした桂川、今年は年券買っちゃいました。放流量が半端ない桂川は、鮎はいっぱいいるし、川の雰囲気も最高です。目標20匹は、実現不可能ではないと・・思ってました。午前7時過ぎ、釣行開始。まずは、お気に入りの上流域の平瀬いかにも釣れそうな雰囲気ムンムンだったが、まったく反応なし。事前情報では、雨が降らないので垢ぐされになっているとのこと。それに、朝会った釣り人の話では、水温が14度で冷たいとのこと。なんか難儀しそうな予感。人気河川の割に人が少ないのも気にかかります。それでも桂川を信じて釣り続けます。・・しばらく釣ってあまりに反応がないため、下流域へ移動。昨年銀座だった瀬に入り当たりを待つがウンともスンとも。ある釣り人は、「誰も釣れてないよ...想定外に釣れなかった桂川

  • 想定外に釣れちゃった神流川

    03.06.08(火)中1日置いての神流川戦先発登板です。早起き体質のため自宅を5時半出発、現地到着6時半。この時間だと先行者少なく好きな場所に入れます。今日のポイントは、変化に富んだ小場所連続の渓流相。ポイントごとに小気味よい当たりありますが、チッチャイ。追いは活発で小さい割には〝やる気満々〟です。良型を求めて下流域へすると、たま~に良型来ます。時間の経過とともに、下流域の瀬は釣り人だらけになってました。そこそこ釣れますが、やはりオトリサイズが精一杯のレベルです。・・お昼は自前のおにぎり・・最近弁当とか作るんです・・午後は、合流したハミアト君・Tさんと相談し、良型を求めて場所移動します。今度の場所は、広いチャラ瀬中心のポイント。対岸の崖下近くの流れが良い色してます。オトリをピンポイントに落とすと、一発でヒット...想定外に釣れちゃった神流川

  • 無謀にも解禁2日目の神流川に行ってしまった。

    03.06.06(日)解禁当初は激混みの神流川、不思議な魅力を持つ河川です。いつもは、激混みは嫌なので絶対行きませんが、今回は、魔が差して行ってしまいました。早起き体質のため川に着いたのが6時半。もう車が何台かありますし、釣ってる人もいます。駐車場は比較的に狭いので釣りには影響なさそうでひと安心です。私の好きな深みが空いていたので早速開始すると、すぐに来たほどよいサイズその後4匹連チャンこんな簡単に釣れるのかと思ったら、その後は当たりは〝沈黙〟釣りきってしまったのかと思ったほど無反応で移動します。上流域では相方が釣ってましたが、まだバラし1匹らしい。チャラ瀬っぽいところで複雑な流れは苦手です。そこでは2匹掛けたけど小さい。チャラ瀬は好きでないので今度は下流域へ移動。下流域へ移動中、気になるポイントを発見。大きい...無謀にも解禁2日目の神流川に行ってしまった。

  • 相性の良い鬼怒川なのに・・・

    03.05.28(金)今年2回目の鮎釣りは、相性が良いと思っている鬼怒川。しかし、あまりに貧果だったので同行者の名前は伏せておきます。今回の釣行は、H君、R子、N,の3人で行きました。現地の釣具屋さんは、朝は水温が相当低いのでゆっくり始めた方がが良いとおっしゃいますが、遠方から来た釣り師には通じません。いま釣れてるポイントを地図から教えてもらい、現場に到着したのが午前8時頃。天気は快晴まずまず好きなフィールドだったので、この場所に決定し、車で移動し、毎年お世話になっている下流域のオトリ屋へ。オトリ屋の話「ここは釣れないよ」と、正直というか、まったく商売っ気なし。とりあえず、日釣券とオトリを購入し、また車で決定したポイントへ移動。朝は人が少なく、好きなポイントに入れます。水は冷たく、さすがにウェットタイツでは無理...相性の良い鬼怒川なのに・・・

  • 鮎釣り開幕

    03.05.25(火)プロ野球の開幕と同様、いや、それ以上に〝ワクワク感〟を持っての鮎釣り開幕です。スタートは鬼怒川の予定でしたが、予行演習として、秩父荒川に決定。情報では、そこそこ釣れてるらしい。今回ハミアト君を誘い同行してもらいます。自宅から1時間ちょいで行けるので、意外に近い。現地到着7時半、思ったより混んでいない。トロ場での泳がせは、苦手です。しかも、上流で土木工事していて濁りが入るし。間違ってか、30分後1匹掛かりました。待望の1匹目は、ゴンゴンという特有の当たりで〝感動もの〟です。坊主は免れたのでひと安心・・第一関門突破次の目標は、2匹ゲットしかし、その後は、無反応。で、トロ場はベテランのハミアト君に任せ上流域の瀬を目指します。水が澄んだ平瀬そこでは、すぐに掛かってしまった。第二関門突破次の目標は、...鮎釣り開幕

  • 毎年恒例の、菜園&薔薇づくり

    03.05.12(水)あと半月で鮎釣り開始です。なので、その前に、別ジャンルの菜園づくりと薔薇作りについて少し触れておきたいと思います。・・まず、薔薇づくり。今年の新戦力は、「クシエル」・・ピンク系の四季咲き大輪まだ咲いてないのでこれからの〝お楽しみ〟毎年期待を裏切らないクリスチャンディオール我が家の4番バッターは、プリンセス・ミチコ私好みのシャルル・ド・ゴール紫色が何かいいつるバラのピエール・なんとか?名前忘れた早く咲いてしまったので1輪しかないクイーン・エリザベスオレンジ系のにくいヤツです全体的には、バラバラに咲くので華やかさはありません・・バラだけに(笑)いっぺんに咲けば綺麗なんだろうけど・・・・・・・さて、次に菜園の部今年の新戦力は、〝トウモロコシ〟まわりの人達は、作っていません。理由は、うまくいかない...毎年恒例の、菜園&薔薇づくり

  • 強行軍のアジ・キス釣り釣行

    03.05.07(金)その前日20時就寝、3時間の睡眠後の翌日0時自宅を出発し、現地の釣具店で餌、仕掛けの調達、現場到着が午前4時過ぎでした。薄暗い中、何人かの釣り人がもういます。キス釣り開始が5時過ぎ、なんと最初からキス3匹の鈴なり。期待大ですが、その後は渋い。ビビッと来る当たりが気持ちいいです。まだ盛期前で型は小さめ、当たりもたまにあるって感じでいささか退屈になる感じです。11時過ぎ、まったく釣れなくなって終了。釣果は2人で21匹・・お昼は、時間的余裕があるため、お気に入りのカップ焼きそば時間的にまだ余裕があるためドリップコーヒー釣りで余裕が出ることは珍しいことです。お昼に堤防上の釣り座を確保。今日は意外に空いています。寝不足を補うために車中で仮眠。3時間寝てしまいました。気がついたら、午後4時ちょい前。堤...強行軍のアジ・キス釣り釣行

  • 初心者に釣りを教えるのは・・むずかしい

    03.05.03(月)これまで何人もの釣り初心者を川や海に連れて行きました。私の使命は、釣り人口の増加に貢献し、釣り人減少に歯止めをかけること。しかし、現実は相当厳しいものでした。会社時代の部下達、釣りをやらない友人達、個人的にネットで募集して集まった人達、親戚関係者、等々かなりの数に上りますが、まだ一人もその後釣りを続けている人はいません。・・めげずに今回は、親戚関係者。釣りがしたいと云うので渓流釣りに誘いました。集まった家族の人員構成は、大人男子1名、大人女子1名、学生男子2名、小学女子1名、となぜか、犬1匹。これって、レジャー的リクレーション?こちらは渓流釣りに目覚めてもらいたい、あちらは簡単に魚を釣ってみたい、というすれ違い感覚。この差は大きいです。5人分の竿を用意して、仕掛けも作って持って行きましたが...初心者に釣りを教えるのは・・むずかしい

  • 最悪のコンディションでも堤防激混み

    03.04.24(金)現場到着午後3時、いつもの駐車場は超満杯。仕方なく堤防からかなり離れた場所に駐車。そして、とりあえず釣り座の確保のため堤防上へ。堤防上を歩いて行くと、強風と大きな海のうねりが目を引きます。ぶらぶら様子を見ながら歩いて行くと、アレ、入る釣り座がない。等間隔に釣り人が並んでいて先端まですき間なし。いままでこんなことはなかった。花金だからか、海釣り人口急増したのか・・反対側の釣り座は誰も釣ってませんが、波が大きくうねっていて酔ってしまいそうです。満員を確認し車に戻り昼寝待機。・・午後5時半、再度堤防上へ。今度は波しぶきが堤防上を水浸しにしています。もう風と波しぶきとうねりで釣りをする雰囲気ではありません。しかも、釣り座はまったく空いておらず。あきらめて違うポイントへ移動。でもそこも満員状態。なん...最悪のコンディションでも堤防激混み

  • 1日2食で人間ドックの数値改善

    03.04.11(日)先日1ヶ月前に行った人間ドックの結果が送られて来ました。毎年人間ドックの前には、必ず悪あがきをします。通常3ヶ月前からウオーキングを開始しドックに臨むのですが、昨年はしっかりウオーキングしたのに、数字は悪化。要再検査4項目とボロボロでした。でもコロナ禍で再検査せずに1年を過ごしてしまいました。・・今回のドック対策は、ウオーキングはほどほどにし、食生活改善に傾注です。YouTubeを見てたら〝空腹こそ最強の薬〟という書籍が紹介されていて、1日16時間の食べない時間を作ると、内蔵は休まり、その機能は回復、空腹になると内臓脂肪の脂肪が燃焼し、減少するというもの。理にかなってます。とにかくすべての生活習慣病に良いらしい。ただ、ドック1ヶ月前からの実践だったので、あまりの、〝にわか仕込み〟・・〝にわ...1日2食で人間ドックの数値改善

  • 今年のアジは分散回遊?

    03.04.07(水)~08(木)また大アジ釣りに行って来ました。先週十分釣って飽きたはずなのに、次の日にはまた行きたくなるのが不思議です。新潟方面の山々は、雪が名残惜しくなっています。午後1時過ぎにいつもの場所に到着。堤防上は、釣り人で賑わっています。釣り座を確保し、しばらくは、ぐだぐだ過ごします。堤防の先端でサゴシが釣れています。同行のUさんがルアー開始。あっという間に5匹くらいサゴシをゲットです。私もUさんからルアーを借りてやってみますが、やっぱり相性悪く釣れません。あげくのはて、ルアー3つほど根掛かり、糸切れでなくしてしまい、恐縮して見学にまわりました。一昨年知り合いになった埼玉のNさんご夫婦と再会しました。埼玉から4~5時間かけて来て3日くらい滞在するという釣り大好きご夫婦です。千葉、静岡、新潟を股に...今年のアジは分散回遊?

  • 大アジ祭りに突入

    03.03.30(火)~31(水)情報によると新潟では大アジが釣れてるらしい。・・またこの季節が来たかと思ったが、なかなか重い腰が上がらず。歳を重ねると、ちょっと〝おっくう〟な感じが出てきてしまいました。それでも、これではいけないと思い、ようやく意を決して出かけたのでした。30日、午前7時半に出発し、雪景色の残る豪雪地域を抜け上越方面に向かいます。午前11時過ぎに現場に到着。簡単にお昼を済ませ、2~3時間は待ちの姿勢でぐだぐだ過ごし、3時過ぎに仕掛け準備完了。釣れないのはわかってるけど、リハーサルとして投げサビキ開始。久しぶりの感触で遠投すると追い風のため、かなり遠くへ飛ぶのがうれしいです。午後4時過ぎ、ご一緒させていただいたUさんに早くも良型のアジが来ました。明るいうちに釣れるとは期待が持てます。そしたら、本...大アジ祭りに突入

  • なんとか釣れました。

    03.03.14(日)前回の釣行で完全なる敗北を喫したので、今回は雨の日の翌日を狙っていました。・・昨日は一日しっかりした雨が降ったので今日は期待大です。あと、前回ブドウ虫でダメだったので、いくらを準備・・・とはいっても、塩イクラはなかなか見つからず苦労しました。何日間かスーパー巡りです。ベイシア、とりせん、フレッセイ、ヤオコー、ベルク、アバンセ、ダイレックス、生鮮卸売市場、等々見て回ります。でも、あるのは、〝醤油漬けイクラ〟のみ。他の買い物はほとんでせずに、何をやっているのでしょう。そして最後に、角上魚類店でようやく〝塩イクラ〟発見。涙ぐましい努力です。さて、今回は、平坦な渓流ではなく、山岳渓流を目指しました。放流ヤマメではなく、天然イワナが狙いです。U村の毎年行ってるかなり上の方の小渓流で、ダム湖の上にある...なんとか釣れました。

  • 釣りモードに突入したのに、初日から完封負け

    03.03.03(水)昨年12月から先月(2月)まで巣ごもり状態で過ごした日々。たまに出かけるのは、地元のスーパーとホームセンターくらい、いたって真面目でした。そして、3月に入り、いよいよ釣りモードに突入しました。まずは、渓流釣りから始動です。ハミアト君に同行させてもらい某河川に到着したのは、午前7時30分、相当寒い。先行者3~4人、しばらく見てたけど、釣れてる気配なし。それでも準備して早速釣り開始。しばらくは久しぶりの感触に浸る。しかし、〝うんともすんとも〟当たりなし。解禁日3日目だというのに、魚影もまったく見えず。我慢できず、上流へ、歩く、歩く。ちょっとした深みがある場所には竿を出しては見るが、まったく反応なし。おかしいでしょう。魚も見えないし。1時間経過、元の場所に戻ると、先行者は消えていました。この場所...釣りモードに突入したのに、初日から完封負け

  • 『朝倉さや』にハマっています。

    1ヶ月くらい前のこと、何気なくスマホのYouTubeを見ていると、山形弁で「木綿のハンカチーフ」を歌っている女の子がいました。「何だ、こりゃ」、とその時は思いました。それから、しばらくは忘れてましたが、たまたま、またYouTubeで彼女の歌を聞いて自分の中に〝異変〟を感じ取りました。「なんかいい」・・・いままであまり感じなかった不思議な感覚でした。山形弁によるカバー曲がどんどん出て来ます。しかも昭和の時代の私の好きな曲がいくつも、いくつも。木綿のハンカチーフ、タッチ、ロビンソン、島唄、ひだまりの詩、私がおばさんになっても、さくら、木蓮の涙、等々。なまり歌というらしいですが、方言で聴く歌は、田舎者には、より心に入り込んで来ます。これらの歌を聴いていると、単なるカバーではなく、朝倉さやの歌として入ってきます。You...『朝倉さや』にハマっています。

  • 年賀状から解放された。

    例年今頃は年賀状書きに悩まされていましたが、今年は違います。・・そうです、年賀状やめました。昨年の年賀状で〝一身上の都合により今年限りで年賀状を失礼させていただきます〟として宣言。いわゆる〝年賀状じまい〟をしたのです。年賀状じまいのメリットは、1.義理で出していた人間関係の整理が出来る。学生時代、社会人時代の人達とは接点がなくなってしまっている。2.年賀状を書く手間や無用な悩みが消える。毎年パソコンで格闘、インクがなくなったり、手書きのコメントに苦労したり・・3.ライン等の新しい連絡手段に切り替えることで交友関係が実感出来る。現在付き合っている人達とは今後も大事にしないと。このようにメリットは多く、そして煩わしさはなくなります。これで年末は大掃除に専念出来るというもんです。毎年のフローリングのワックス掛けは、な...年賀状から解放された。

  • オンライン飲み会をやってみた。

    久々のブログ更新です。最近の、まったくネタがない中、やっとひねり出したのが今回のオンライン飲み会です。ちょっと流行遅れにはなりますが、忘年会時期なので〝良し〟としましょう。さて、今回は1対1の飲み会をスマホで行いました。準備として、CLIPHOLDER・・スリーコインズで330円で買いました。セット前セット後オンライン飲み会段取り・まず、日程と時間を決めておきます。・当日開始30分前、飲み物とつまみを用意。・そして、ラインでビデオ通話開始となります。画像も声も問題なく、スムースに会話が進められました。・・最初はちょっと味気ないかなと思っていましたが、意外に楽しい時間が過ごせました。やはり相手の顔が見えると、盛り上がるものです。2時間経過した頃、スマホが充電不足になり、慌てて充電。やってる間は充電接続をしたままが...オンライン飲み会をやってみた。

  • アジとカマス

    02.10.27(火)~28(水)秋も深まり紅葉も本格化していく中、その自然の美しさに見向きもせず、また日本海に釣りに行ってしまいました。道路上脇に車を止めると、夕方の日本海に夕陽が沈みます。海なし県民にとってはうれしい光景です。自宅から250キロ車を走らせ、現場に到着。4時半過ぎには薄暗くなり、いよいよ、そのときが来ました。仕掛け準備が完了し、何回か遠投していると、隣りのIさんのウキが「ポコッ」と沈みました。それを皮切りに、戦闘開始です。電気ウキを点灯、すると何秒も経たない内にウキが水中に消えました。リールを巻くと重い手応えで良型だとわかります。そして釣り上げたアジは思った以上に大きい。いつも行ってる堤防とは大違いです。20センチオーバーの良型です。それからというもの、誰も声を発しず、投げては釣り、投げては釣...アジとカマス

  • 第5の趣味になるか・・DIY

    02.10.17(土)つい最近、ひょんなことから日曜大工(DIY)をすることになりました。地元のホームセンターに行った時、店頭にこんなものが「あ、そうだ」農具を立てかけるこれと同じボックスを作ろう・・。思い立ったら吉日、実家にあったリフォーム後の残りの木材を使って翌日早速DIY。・・ノコギリと金づちと釘を使うのはいつ以来だろう。学生時代の技術家庭の成績は、いつも〝3〟、どっちかというと不器用な人種です。ノートに簡単な設計図を書き、サイズを決め、木材をノコギリで切って釘で打ち付けます。なんか意外に〝良い感じ〟。特に釘を打ち付け、最後の叩きで釘の頭が綺麗に収まる時には快感です。・・途中割愛・・出来上がったのがこれ良い感じに農具が入りました。これに味を占めて、3日後、今度は、支柱立てを作ります。半日かけて出来上がった...第5の趣味になるか・・DIY

  • 海釣りでフィッシング・ハイ

    02.10.10(土)~11(日)鮎釣りが終わり、畑作業が一段落、時間が出来たので半年ぶりに海に行ってきました。場所はいつもの直江津方面。今年は海水が温かいのか、サヨリも釣れない、アジも回遊が少ないらしいです。天気は晴れ、気温は高め、波は穏やか、と、いうことなし。到着は午後1時、土曜日だったため、K堤防は混雑しています。見回りしてみると、ルアー釣り、サビキ釣り、カゴ釣り、キス釣り、タコ釣り、等それぞれやってはいますが釣れてる人はあまり見られず。・・釣り座を確保し、夕方を待ちます。なんて空?午後3時頃からカゴ釣り開始・・・釣れない。午後4時半頃からサビキに変更・・釣れない。午後5時過ぎ、電気ウキに替え、そのときを待ちます。電気ウキが沈んだのは6時過ぎ、なかなかの中アジが釣れました。20センチは超えています。いつも...海釣りでフィッシング・ハイ

  • 鮎釣りと海釣りの間のひと仕事

    02.10.02(金)鮎釣りが終わり10月中旬以降の海釣りまでの間は、秋野菜のおっつけ仕事です。畑に行くと、みんなから「しばらくだねぇ、釣りは終わったのかな?」とからかわれました。本来なら9月中旬から畑の土作りをして、もう苗も植え終わっているころなのですが、一週間前に苦土石灰と肥料を入れ、今日地元の花木店に行って苗を買い、即植えました。忙しい、忙しい。ネギの植え替え、イチゴの植え替えがめんどうです。なんだか雑です。ブロッコリー、キャベツの苗をとりあえず植えました。キャベツの数が足りなかったので明日補充します。11月のタマネギ準備、土は知り合いの人が機械で耕してくれました。人力で耕したら大変です。我が家の庭には、まだナスが頑張っていて片付けられません。来年は早めに植えないと・・薔薇は、春までは定期的に肥料を与え、...鮎釣りと海釣りの間のひと仕事

  • 魚野川でコロガシ釣り体験

    02.09.26(土)オトリ屋さんが閉店してしまった魚野川、もう自分でオトリを取るしかない。そこで,ほぼやったことがないコロガシに挑戦。仕掛けは海釣りの先輩(鮎釣りを卒業したため)にもらったものを使用、やり方は見よう見まね、あとは実践のみ。当日は小出方面の最近お気に入りのポイント。河原の駐車スペースには車2台と少ない。天気は、朝から小雨だったり曇りだったり。早速硬い竿(昨年買っておいたもの)に仕掛けをセットし、平瀬から開始。見よう見まねで竿を振りかぶり、下流に向かいぶち込み一方方向にアクセントをつけて竿を引くだけ。オモリが川底をころころと転がるのを感じながら引くと時々根掛かり。でも思ったより竿をあおると外れる。何度も何度も繰り返すがむなしく時は過ぎる。〝こんなんで鮎が引っかかる?〟と思っていると、ぶち込んだ瞬間...魚野川でコロガシ釣り体験

  • 魚野川で四面楚歌だった1日

    02.09.20(日)その前日はあまりに鮮やかな夕焼けで、まるで何かを暗示しているようでした。明日は良いことあるのか、悪いことあるのか?翌日9月20日は、魚野川有数の鮎釣りエリアである小出地区のコロガシ解禁日です。午前8時、いつものオトリ屋さんに到着すると、駐車場満杯、しかもオトリは売り切れ。川を見ると、超激混みでビックリ。友釣りとコロガシの内訳はわかりませんが・・写真右中上の黒い点々は釣り人?別のオトリ屋さんでなんとかオトリを買うことが出来、お気に入りのポイントへ。すでに車が十数台止まっていて、見渡すと釣り師が川のあちらこちらに。ひとりひとり確認すると、全員コロガシ釣りをやってます。〝ボコ、パシャ〟オモリをぶち込む音があちこちから聞こえます。まさに四面楚歌状態そんな中での、友釣り開始。気温低く、水も冷たいので...魚野川で四面楚歌だった1日

  • 魚野川に入り浸り

    02.09.13(日)このところ、魚野川にはまっています。9/8,9/11、に続いて、今日も魚野川です。朝起きたときは行く気はなかったのですが、午前中からの雨予報が、午前6時発表の天気予報で雨は午後4時からというので、飲みかけのコーヒーをそのままにして急遽車に乗り込みます。いつもより1時間半遅れ今回は、前回2回と同じ場所では芸がないと思い、別の場所に挑戦です。到着すると、知り合いの方がオトリ屋さんで談笑してました。9時過ぎなのになぜ始めないかお聞きすると、「鮎はまだ追わないからね。」と、ガツガツしていない。オトリ屋さんの話では、「芯は垢が飛んでいるから、対岸のヘチを狙うと大きいのが出るよ」とのこと。オトリ屋さんの話は素直に聞きます。ヘチまでは、立ち込んで腕を伸ばしてやっとという距離でしたが、忠実に従います。する...魚野川に入り浸り

  • デカ鮎に魅せられて魚野川

    02.09.11(金)3日前に行った魚野川、今回は相方、ハミアト君との3人で同じ場所に出撃。午前9時、ちょっと増水した本流から開始。しばらく釣ったが、なんだかやっぱり釣れない。最初からそのつもりでしたが、他の2人を残して、放浪の旅へ。前回のお気に入りになった深瀬から開始して1分、強烈な当たりに隙を突かれ寄せに失敗してバラし。気を取り直して次へ。しばらくして、また強烈に目印が瞬間移動、今度は竿を立てながら下流へ小走りして引き抜き成功。やれやれですそして次は、「ガクン」という手応えと同時に軽くなる。仕掛けを見ると、ワンピースの中ハリスが切れている。0.8のナイロンが一瞬で・・恐るべし・・その後は、時々タモへ。ただただ大きい大鮎ばかりで疲れる釣れると必ずよろよろと下流へ10メートルくらい小走りし、近距離で引き抜きする...デカ鮎に魅せられて魚野川

  • やっと本来の鮎釣りが出来た感じの魚野川

    02.09.08(火)久々のブログアップです。パソコンが壊れ、修理に2週間を要したためお休みしてました。この間、神通川に行ったネタがあったのですが、もう忘れました。さて、魚野川釣行の話題を書きたいと思います。その前に、その前日、素晴らしい虹が見られたので披露しておきます。端から端まではっきりした虹なんて見たことあったかな?色が虹色です・・・・さて、魚野川に到着したのが午前8時、おとり屋さんにどこが釣れるか聞いたところ、「どこも釣れるよ」と素っ気なし。で、橋下流の深瀬で釣ろうと思ったら、深瀬が浅瀬に変わってる。毎年のお気に入りの場所に入って釣り開始。まだ釣り人はちらほら。10分経過、30分経過、釣り下がり、1時間経過、もっと釣り下がり、瀬で勝負、1時間半経過、深トロの対岸に竿を伸ばして2時間経過。「釣れないじゃん...やっと本来の鮎釣りが出来た感じの魚野川

  • 神通川と高原川

    02.08.20(木)~21日(金)遠征初日の神通川、皆さんが30匹だ、60匹だ、束釣りだ、と爆釣している中、20匹そこそこの釣果(他の河川なら大威張りなのですが・・)では自慢も出来ないので、2日目の高原川の話を書きたいと思います。でもちょっとだけ神通川情報人気の場所に入ります。まさか釣り開始1時間ちょっとで10匹釣れるとは自分でも驚きです。これだから神通川はやめられません。みんな釣れてます。だから釣れます。午前中で16匹、意気揚々とお昼にします。・・午後は同じ場所から釣り返し。すぐに掛かり、大漁の予感・・しかし、その後だんだん当たりが遠のき、いつもの雑な釣りが災いします。釣れなくなると釣れなくなりますなんだかんだで結局午後は4匹で終わり。午後の釣りは鬼門です。この性格、なんとかしなくちゃなりません。型はバラバ...神通川と高原川

  • 八方ふさがりの鮎釣りの中、自虐釣行魚野川!

    02.08.16(日)これだけ釣れない鮎釣りが続いているなら行かなくちゃいいのに、まるで仕事のように行っちゃいます。そういう点では真面目です。今回もあまり良い話を聞かない魚野川に行って来ました。魚野漁協の情報では、〝いい人〟十数匹というから、そうでない人は片手くらいかな、という予想。自宅から高速なら1時間半、もう近場の感覚です。オトリ屋さんに到着すると、軽トラがいっぱい。話を聞くとこの地区の組合員(?)の鮎釣り大会とか。賑やかなのは嫌いなので、移動。昨年良かった場所に決定。駐車場には車が1台だけ。人気ないなぁ。午前9時から開始。しばらくは釣れないだろうなと思ったら、本当に当たりがない。垢はあるようだし雰囲気はすこぶる良い。久しぶりに背バリを付けてやると、元気に泳ぎ回るし、弱らないので良いと思うけど、仕掛時、トラ...八方ふさがりの鮎釣りの中、自虐釣行魚野川!

  • 生まれて初めての九頭竜川

    02.08.09(日)この歳になって初めての九頭竜川、ようやく行って来ました。死ぬまでに1度は行きたい川だったので釣果は別にして満足感はあります。場所は、先行者の方にお任せのポイント。左岸側が竿抜けだそうで渡ろうとしましたが首まで浸かるのでやめました。さすが、川は大きく広く、瀬の勢いは頑強な若者向けです。釣り人激混みで入る場所に苦労します。垢はびっしり付いていて、滑ること滑ること。右岸側から少し立ち込み真ん中ちょっと手前を攻めますが、なかなか掛からず。前日まで多くの釣り人に鮎は抜かれてるから真ん中の流心から左岸側を狙わないと釣れないらしい。だがしかし、立ち込もうにも大きい石と水圧の勢いでこの歳では腰までが限界。踏ん張って釣ってやっと小さな当たりと共に竿が大きく曲がります。良型ゲットここまでは良かったが・・・次は...生まれて初めての九頭竜川

  • 大混雑の桂川

    02.08.02(日)天気予報は晴れ、桂川は水は高いが澄んでいるとのこと。情報によると前日大釣りをした人がいるという。朝の圏央道は日曜日なので空いている。トラックが非常に少なく快適なドライブ。午前7時半、到着。冒険することなく、いつもの場所へ。確かに増水はしてるが、川は澄んでいて釣れる気配があります。朝8時、まずはゆっくりとした平瀬から鮎を送り出すと、沖に進まず下流へ一目散に進んで行く。オトリが〝やる気なしお君〟か?・・と仕切り直そうと思い竿を上げると重くて生命反応あり。もう釣れちゃった。開始5秒です。型は十分オトリと同サイズ。野鮎をオトリに替え、もう少し深い瀬に誘導すると、5分くらいで明確な当たりがあり、引抜きでゲット。良型です。きょうは〝行けるんじゃぁない〟これでオトリの心配なし。心に余裕が出来ました。そし...大混雑の桂川

  • 私との相性がやっぱり悪かった渡良瀬川

    02.07.28(火)東西南北100キロ圏内は、雨と増水で行ける川は渡良瀬川だけ。足利方面は、天気予報は曇り、気温も高め、平水なので問題ない。自宅から30~40分程なので釣れれば大助かりなのだけれど・・・川幅は結構広く、私の好きなエリアもあります。10時過ぎ釣り開始。深瀬のいかにも釣れそうなポイントを試す。なんと開始5分で「コンコン」と当たりがあり、引抜きするとまずまずの鮎が釣れる。その30分後、当たりがないのに竿を上げたら釣れていた。これも良型。今日は、良いかも知れない・・と思ったらその後は全然釣れない。そろそろ飽きて来た頃、強烈な当たりがあり、竿を立てると、掛かり鮎がダンゴになっており引き抜くと同時にバレる。その後も2回バラシがあり、ガックリ。しばらく釣れないので場所移動、大回りをして対岸から深さのあるヘチ...私との相性がやっぱり悪かった渡良瀬川

  • きょうの桂川・・「なんか違う」

    02.07.20(月)困った時の〝桂川〟と思ってました。でも、今回は当てが外れてしまいました。一週間前に来てます。しかも同じ場所です。その場所で追加放流してました。天気は今回の方が良くて、暑くてちょっと晴れ。高水が減って良い感じになってます。川の色はすこぶる良いです。・・先週より今回の方が良い状況と思ったのに。だがしかし、結局結論から言うと大貧果に終わりました。(顛末)午前8時、先週釣れた平瀬から開始。しばらく反応なし。根掛かり多く、オトリが弱る。前回最初に釣れたポイントでオトリを替えるも、釣れず。なんだかんだで2時間経過、当たりなし。危機的状況。意を決し、上流域を目指したが、予想以上に水が多く川を渡れず、断念。次は、最初の釣り場の上の押しの強い深場で、イチかバチかでオモリを付け、ぶっ込むと、急に竿が重くなり、...きょうの桂川・・「なんか違う」

  • これからの魚野川に期待

    02.07.18(土)天気もまぁまぁだったので魚野川へ。今回は小出方面を偵察。昨年良かった某支流は増水、笹濁りですぐに諦め、本流へ。高水ながら水は澄んでおり、問題なし。先客は2名、ちょっと少ない。9時過ぎに釣り開始、しばらくしての1匹目はやっぱり小さい、前回の二の舞か。次は、ちょっとサイズアップ、でも15センチくらい。次は、16センチくらいのオトリになるサイズ。写真を撮る気にならないけど。次は、ようやくまぁまぁのサイズが掛る。その後は、根掛かり多発。深いところの根掛かりは、近寄れず仕方なく糸を切る。川の中、草が多く、それに根掛かりするようで、あまりに頻発するので嫌になる。相方3連発したが、3匹目、写真を撮ってたら・・・バレる。その後は釣れず午前の部終了。川は、誰もいなくなった。午後は、根掛かりが嫌で六日町方面に...これからの魚野川に期待

  • 桂川で、やっと本来の鮎釣りが出来た。

    02.07.13(月)最近は、那珂川で惨敗、依田川で撃沈、そして魚野川で〝ガッカリ〟と、散々な鮎釣りが続いています。そこで、露払いの願いを込めて今年相性の良い桂川に行って来ました。天気予報は、午後から雨、川の状況は、増水してるが濁りなし、朝のテレビでの運勢占いでは、私の〝天秤座〟は、最下位、・・と不安はいろいろありましたが・・朝7時半にいつもの場所へ河原いっぱいに水があるし、釣り人1人しか見えない。それでも、オトリ屋さんは「昨日は上の深トロで40匹釣った人が居るよ」と励ましてくれました。勇気を出して、8時半より平瀬で開始。しばらくして、掛る。あまり大きくないけど、最近としては大きい。その後も時々掛る。だんだん大きくなる。とにかく鮎の強い当たりが楽しい。目印が水中に引き込まれるし、竿が大きく曲がるし、鮎が動き回っ...桂川で、やっと本来の鮎釣りが出来た。

  • トホホの魚野川解禁日釣行

    02.07.10(金)待ちに待った魚野川が解禁です。前々日には大雨で川は増水して濁っていたのですが、何と解禁日前日には、川は澄んでいるとのこと。釣行決行当日6時半、オトリ屋さんに到着すると、「今日は芯は垢が飛んでます」とのこと。石打のお目当てのポイントに到着すると、先行者3人だけ。解禁日にしては少ないやっぱり去年の台風の影響か、川が変わってしまっている。上流域は工事してるし8時開始。緩い流れを見つけては竿を出すが、あまり反応なし。釣り歩く足下は、垢が飛んでいるため滑らず、歩きやすいけど。荒瀬は無理浅瀬の緩い場所には、10センチに満たない鮎が群れて泳いでいる。最初に掛ったのが、その10センチくらいの鮎。オトリにもならない。次も11センチくらい。オトリにもならない。次は、13センチくらいか、オトリ採用。次は、15セ...トホホの魚野川解禁日釣行

  • 久々の依田川

    02.06.29(月)最近浅間山噴火警戒レベル2に引き上げの中、石が飛んで来たらどうしようと考えながら上信越道を運転浅間山に暗雲が立込めています。三角橋のオトリ屋さんに到着したのが、7時半。そこでまずビックリしたのが、左岸の河川敷の駐車場が消えている?車が何十台も置けた河川敷はなくなっていて川になってます。広く大きな流れから1本瀬に流れています。上も広い流れです。右岸側に広い河川敷の駐車場が見えました。みんなあそこに駐めるみたいです。それにしても、まったく流れが変わってしまっている。昨年の台風の影響でこんなことになってしまったとのこと。馴染みのない川になってしまった。オトリ屋さんの掲示板には、釣果実績が書いてある。30匹以上釣れた人が何人もいる、スゴい。ちょっと期待。左岸側のちょっとした公園に車が1台あり、その...久々の依田川

  • 二度あることは三度なし・・桂川

    02.06.23(火)前2回好調だった桂川、3回目も期待しての釣行です。今回は色気を出して、いつもとは違うエリアへ。桂川では人気のあるエリア、何年か前、肉離れを起こした場所です。いいポイントであることは、間違いない。午前7時過ぎに到着しましたが、意外に人が少ないのは何故?いつもの通り、上流部にどんどん歩く。3年ぶりくらいなので懐かしいポイントがいっぱいあります。しかし、誰もいない。例年なら人が必ずいるポイントもいない。「独壇場か?」と、うれしくもあり、不安でもあり。8時過ぎ、開始。水は澄んで来ました。・・・・釣り放題のポイントを丁寧に攻めますが、まったく当たりなし。・・少しずつ下流へ釣り下がります。・・まったく当たりなし。・・駐車場近くに戻って来ましたが、まったく収穫なく、意気消沈。近くに釣り人6人がいましたが...二度あることは三度なし・・桂川

  • スイカを守れ! カラスvs人間

    02.06.22(月)関東圏、どこもかしこも快調に釣れる川がない。そんな時は菜園で時を過ごすのが日課です。ただ、雨が降れば、鮎釣りも野菜いじりも出来ず、3日続けば病気になります。今日は午後ようやく雨が止んだので、スイカの防鳥対策をしました。すでに1つだけボーリングの球くらいの大きさのがあります、1号。2号は、卵大。3号は、ピンポン球大スイカの実の小さいのは、超かわいいです。さて、カラス対策をしなければなりません。昨年は、網をかぶせたのですが、狭い畑につると雑草がジャングル化してしまい何が何だかわからずの状態で、草取りもうまく出来ませんでした。そもそも狭い場所に5株も植えるなんて、プロから見れば正気の沙汰ではないようです。でも出来ないことを考えると保険として植えてしまいます。さて、今年は釣り糸を支柱から支柱へと巻...スイカを守れ!カラスvs人間

  • また桂川へ

    02.06.16(火)いつもッ抜けするのに四苦八苦している釣師にとって、予想外に釣れてしまうとまたその川に行きたくなるものです。で、また行って来ました桂川。今回は朝5時半に現地に到着。駐車場には車1台だけ。オトリ屋さんの開店は6時、余裕の準備時間です。今回は、上流部からさらに未知の上流部に歩いて誰もいない場所から始めます。ところが、まったく釣れません。40分なしのつぶて。諦めて前回釣れた下流の上流部?に戻ります。オトリ2番手出動、するとすぐに「ゴンゴン」という当たりが・・引抜きして飛んで来たのは赤っぽい魚、オイカワでした。オトリがお疲れです。次に根掛かり、イカリ針が目に刺さる、等でオトリはヘロヘロです。またもピンチです。仕方なく、今回連れてきた相方のところに行くと3匹釣れているとのこと。1匹拝借して、それをオト...また桂川へ

  • やっぱ桂川は凄い

    02.06.10(水)去年惨敗した桂川に行ってきました。朝7時半に到着したのに、車はいっぱい、多くの人が既に釣ってます。昨年と同じ場所で、午前中はオトリ屋さんの上流部の変化に富んだ瀬、午後は下流部の平瀬を攻める計画です。まず、上流部に歩く、歩く。石が大きくて滑って転けること2回、良い筋肉運動になります。こんな場所から開始開始10分、根掛かりした枝葉から鮎を救出し、枝葉を岸に投げた途端水中糸の下部が切れて鮎ごと流れてしまいました。もうオトリは1匹しかいません。心細いこと限りなし。不安と戦いながら、緩いトロ場を泳がせると「ゴンゴン」と当たりが・・慎重にタモに入れて不安解消。その後は、テンポ良く掛かり出します。いわゆる〝盆と正月が来た〟ような感覚です。欲を言えば、型がまだ小さいのが多い感じです。たまには良型も掛ります...やっぱ桂川は凄い

  • 神流川で2度目のJAFを呼ぶ

    02.06.08(月)今年も神流川にやって来ました。いつ見ても綺麗な川で好きな河川の1つといえます。今日は前日釣れたという場所に挑戦です。チビ鮎3匹釣れたが面白みなし釣り下がるも、まったく当たりなく、他の釣り人も釣れないで困り顔。やっぱり前日釣れた場所は釣れない。いい加減学習しないと。ある釣り人と話をしました。どこかで見たような人だなと思っていましたが、釣り下がり、2度目に会った時その帽子がダイワの白い帽子であることに気付き、わかりました、あの平蔵鮎釣りチャンネルに出ているF名人だと。いろいろ名人の鮎釣りについて勉強させてもらいました。さて、あまり釣れないので場所移動を決めた時、自衛隊の飛行機が4機頭上を飛んで行きました。別に意味なし。そしてたいへんな事が起こりました。移動すべく車で駐車場から坂を登ろうとすると...神流川で2度目のJAFを呼ぶ

  • 鮎は釣れないけどキスは釣れる

    02.06.5~06.06(金・土)先日那珂川で惨敗し、ちょっとグレて直江津へ。もうアジの季節には遅いらしい。釣具屋さんで店員さんが他のお客さんに「もうアジは釣れませんよ。」と言ってたので意気消沈。お昼頃砂浜に到着。キス釣りしてる人がいっぱいいたので、まずはキス釣りから。ゆっくりリールを巻くと、「ブルブル」や「グイーン」と手に来る感触が楽しい。しばらくは夢中になれます。3本バリで3匹釣れると特に嬉しい。チビキスが多いが、たまに大きいのが来て竿が大きく曲がります。しかし、しばらくして慣れてくるとその〝単調さ〟に飽きて来ます。でも帰宅後の〝海の幸〟が味わえるという魅力があるためなかなか止められません。午後4時過ぎ、34匹釣って終了。・・次は、アジ釣り。K堤防へ移動。夜まで仕掛をセットして待ちます。間違っても明るい時...鮎は釣れないけどキスは釣れる

  • 今年もまた厳しい鮎釣りが始まった・・in那珂川

    02.06.02(火)毎年良い思いをしたことがない解禁日。なので、今年は1日ずらして行ってみました。場所は那珂川。昨年からお気に入りになった川で年券買いました。オトリ屋さんが教えてくれたこんな場所から始めます。私好みのちょうど良い流れと雰囲気で期待しちゃいます。・・しかし開始後1時間経過まわりもほとんど釣れてないが、私の下手にいた釣り人だけがコンスタントに掛けている。〝何が違うんだろう?〟基本的には、〝腕〟でしょうが、運が悪いと思いたい。開始1時間10分、立て竿で泳がせしてると、ごそごそと違和感が・・竿を上げると・・釣れました。今年初の鮎ですチッちゃい鮎です。そのあと人差し指くらいの鮎が掛りましたが、これはさすがにリリース。その後は、いつものように歩く、歩く、でも釣れない。昼食時、通りかかった地元の人が「今年は...今年もまた厳しい鮎釣りが始まった・・in那珂川

  • 久々の山岳渓流

    02.05.22(金)鮎釣り開始まで秒読み段階・・そんな中で、海釣り仲間のUさんと山岳渓流釣りに行って来ました。最近は楽な渓流ばかり行ってましたが、今回は本格的山岳渓流です。場所は利根漁協管内の・・とある小渓流で、放流はしていない沢です。小渓流なので竿は4メートル、仕掛は1.5メートルという〝提灯釣り〟スタイルです。川幅は狭く、ポイントは一定間隔で続く〝落ち込み〟ではっきりしてます。とにかく厳しい釣り上がりで、岩登りと藪漕ぎを繰り返します。まるで何かの訓練のような。でも久しぶりの〝わくわく〟気分です。反面、若い時なら平気だったでしょうが、そうでない今は危険も感じます。・・なかなか釣れません。しばらく音信不通で本当に魚がいるのか疑心暗鬼になるくらいです。・・そして、1時間程してUさんにようやく来ました。20センチ...久々の山岳渓流

  • 第4の趣味

    02.05.12(火)趣味はたくさんあった方がいい。特に社会生活からテイクオフしたら、時間の使い方は自由だし、時間は十分あるし、先は短いし、悔いのない生活をするためには、〝やりたいことをやる〟しかない。さて、趣味に関しては、いままでは第1の趣味の〝釣り〟で十分であったはずだったが、今回のコロナ騒動で失速気味。鮎釣りまでの渓流釣り、海釣りも今年は1回ずつしか行けなかった。第2の趣味は、菜園での野菜づくり。今年は時間が十分あったので準備から植え付けまで怠りなく出来た感じ。スイカ、枝豆、オクラ、ピーマン、ナス、トマト、キュウリ、ゴーヤ、イチゴ、やつがしら、等々と、種類は豊富。あとは、時間差植え付けのトマト、スイカを5月下旬に植えれば終了。第3の趣味は、薔薇づくり。四季咲き大輪薔薇のクリスチャンディオール、クイーンエリ...第4の趣味

  • 菜園準備と薔薇づくり

    02.4.14(火)まったくもって、やるせない今日この頃です。こんな状況下、釣りができない迷い子は、何もすることがない。天気の良い日、唯一出来るのが菜園準備と薔薇の手入れ。アクセントにチューリップを咲かせて見ました。薔薇は昨年2株が枯れてしまったため、新株購入。紫色の大輪を咲かす〝シャルル・ドゴール〟、黄色の大輪を咲かす〝かぐや姫〟なんだか楽しみです。菜園は、いつもは焦って耕すのですが、今年は時間を持て余しているので余裕綽々です。土作りは暇と運動不足を解消すべく何度も耕しました。イチゴは、女峰、天使のイチゴ、宝交早生の3種類丁寧に面倒見れば、期待出来ます。この3畝に何を植えるかは、検討中。タマネギは200個以上出来る予定。3畝の候補は、枝豆、ヤツガシラ、オクラ、モロヘイヤ、ブロッコリー、等々。自宅の庭は、いつも...菜園準備と薔薇づくり

  • 今頃つり堀に行ってる場合じゃぁないんだけど!!

    02.3.27(金)3月に入ってから渓流釣りに1回しか行ってない今日この頃です。例年なら渓流釣りやら海釣りやらで忙しいのに、今年はなんかおかしい。釣行予定日は海は荒れてダメとか、渓流は強風でダメとか、天気に恵まれず。また、例の問題で気分的にも年齢的にも滅入り気味。庭のチューリップ、赤、白、黄色と3色ずつ並ぶはずだったのに、揃って咲かない。さて、今日は、釣りといっても、釣り堀。学校が休みになって、まわりは子供だらけ、こんな時、遊び相手になる暇人28号です。釣り堀には絶対行かないという信念を持ってましたが、子守のために、背に腹はかえられず。仕掛を振り込めば瞬殺でウキはぐんぐん水中へ子供はその当たりの強さに驚いて戸惑い、喜びます。魚も子供も全然スレてません。ニジマスの唐揚げ、塩焼き、それぞれ美味しいけど、2人は鮎の塩...今頃つり堀に行ってる場合じゃぁないんだけど!!

  • ようやく釣り開始

    02.03.13(金)超久々にブログ更新・・といっても以前のブログのタイトル名、ハンドル名を変更したので誰もわからないだろうけど。さて、今年初めての釣りは、「渓流釣り」利根漁協管内の2河川に行ってみた。1河川目は、H川・・昔から実績のあったところ。渓流らしい渓相で〝ワクワク感〟いっぱいです。でも釣れないのが渓流釣り、当たりは1度もなく、1時間で諦めます。次に、U川、N川の様子を見に行ってきたが、釣り人ほとんど見かけず。実釣2河川目は、NR川。イワナ成魚放流50キロを前々日に行った場所?・・だと思うけど。釣り人誰もいない。水深もあるし釣れそう。・・しばらくして、ようやく当たりが〝良し〟と思ったら、残念ながらニジマス・・即リリース。次は・・ヤマメだったけど小ぶりだったためリリース。次は、強い引きで期待感あったけどニ...ようやく釣り開始

  • 鮎のコロガシ竿でアジを釣る。

    01.11.04(月)~05(火)半月振りに、上越の海へ。Uさんと現地で合流しまずは、いつもの通り投げサビキ。やっぱり小アジしか釣れない。数は30匹ほど釣れたが、中アジが釣れなかったので気落ち気味。・・この港で車中泊・・翌朝今日は、いままでやったことがないサビキ釣り。Uさんに言われた通り鮎のコロガシ竿を用意し、竿と同じくらいの長さの仕掛でトリックサビキをするというもの。Uさんに教えてもらいながら仕掛をゆっくり海面から底に落とし込む。両腕でしっかり竿を持ってその時を待つと、すぐに〝ガガガガ〟と感じたと思ったら、〝ググーン〟と竿が海面に引き込まれました。驚きの手応えです。これは海釣りというより湖釣りです。ラインに遊びがないから、当たりが直接手に伝わります。1度に2匹釣れるともう竿を上げるのがたいへんです。アジとサバ...鮎のコロガシ竿でアジを釣る。

  • まぎれもなく田舎者

    01.11.02(土)今日は、浅草見物に上京。浅草駅に9時半に到着、無駄に早い。お上りさんにとって、浅草といえば浅草寺。仲町の、ネットで調べた人気の〝あげまんじゅう〟それなりに美味かったけど、1個で十分。お参りもそれなりに。そして、スタバで一休み。休むのが早い。次は、隅田川の水上バス乗船場付近で散歩。最新型の水上バス。誰かが「潜水艦?」などと戯言を言う。座れる場所を探すのがたいへん。時間を潰して、11時半、予約してあったアサヒスーパードライホール「フラムドール」へ。ホールは、ほの暗い照明も魅力的で都会的空間が感じられる。よせば良いのに、4人とも飲み放題を注文。ビール、ワイン、ウイスキー、何でもござれ。さすが料理も美味しい。特にグラタンが入ったパン?は絶品。テンショ上がりまくりで、3時間粘って、飲み過ぎ、食べ過ぎ...まぎれもなく田舎者

  • 海釣り始動

    01.10.16(水)~17(木)約1ヶ月振りのブログ更新です。鮎釣りから海釣りへシフトチェンジするまでちょっと畑仕事もあったので、ちょっと遅くなりました。直江津で海釣りスタートです。1日目天気晴天。午後3時半過ぎ、いつもの堤防に立ちますが、場所取りする必要がないくらい空いてます。まだ早いと思いましたが、間違いに期待して投げサビキ開始。間違いその1まだ太陽光がウキを見えずらくしてます。やっぱり何も釣れません。そして夕まずめ、そろそろ電気ウキに換えようかと準備している時、その時は来ました。ふっとウキを見ると・・消えてます。半年ぶりの1匹目、またもウキが沈む瞬間を見逃してしまいました。中アジです。その後はまずまずボツボツ掛りました。春と比べると、二回りくらい小さいようです。午後5時半過ぎ、暗くなって電気ウキが綺麗に...海釣り始動

  • 釣れなかったけど、まぁまぁ楽しめた那珂川

    01.09.20(金)神通川遠征を終えた翌日、今度は那珂川へ。鮎釣りもいよいよ終盤、天気が良い日は無駄には出来ません。今回はハミアト君と烏山大橋へ。午前8時、平瀬から開始。平水なので良い感じ。・・連日攻められているのか、なかなか釣れない。しばらくしてハミアト君、釣れました。私にはまったく来ません。釣れないことには慣れているとはいえ、1時間釣れないと動きたくなります。我慢出来ないオヤジです。そして、我慢出来ずに橋下の深瀬に移動し、お気に入りのポイントへ。ここは、何回か良い思いをした場所で釣れるような気がします。釣れると思うと不思議に釣れます。岸近くのポイントに泳がせ釣りで開始してちょっとよそ見をしていると、竿が強烈に何度も曲がります。いきなり大物が掛りました。足下の浅い場所なのにです。岸近くなので容易に引抜き成功...釣れなかったけど、まぁまぁ楽しめた那珂川

  • 釣れないことに慣れてきた神通川

    01.09.17(火)本日の神通川は、曇天はいいとしても、強風に泣かされました。場所は、いつもの富山空港ではなく、新保大橋上流域。今回初めての場所で、深トロのような深瀬のような広いポイント。最初から言い訳ですが、風ボーボーの中竿操作が厳しいし、曇りのため目印が見えず、勘に頼る大体こんなもんか釣法。しばらくは、例によって釣れる気がしない感じ。そして、飽きた頃、手に「ゴリゴリ」という当たりがあり、風の中、慎重に引き寄せ、3㍍くらいのところで引抜き、成功。またしばらく音信不通。仕方なく、チャラい分流に場所を代え、反対向きに釣ると目印がハッキリと見えて嬉しい。ヘチを狙うと、やっぱり来ました。しかも大きい。浅いところでも大物掛ります。その後は、例によってバラシ連チャン。振り子抜きは、抜きすぎて上流まで吹っ飛んでドボン。結...釣れないことに慣れてきた神通川

  • 魚野川で大惨敗。

    01.09.13(金)きょうは魚野川。天気晴れ、気温も上がる予想、水位は減水傾向で平水より10センチ高、濁りなし、という問題のない、はずの日でした。でも、大惨敗になってしまいました。朝寒く水が冷たかったのは仕方ありません。これは時間とともに解決するはずでした。釣り人結構いますが、あまり釣れたところを見なかったような。釣り人その1・・「朝早い時間帯の方が釣れたよ、その後まったく釣れなくなった。」開始1時間で、ようやく1匹目写真がブレてるのはなぜ?釣り人その2・・「お宅(私)が1匹釣ったので近くに来たらやっと釣れたよ(笑)」しかし、その後は釣れない。川を歩き回ると、足がすべらずきちんと歩けます。これは、垢が飛んでる証拠です。要するに、垢飛びの場所が多く、残り垢狙いという私のもっとも不得意な釣りが必要ということです。...魚野川で大惨敗。

  • 神通川は、微妙。

    01.09.08(日)神通川2日目今日は、この場所で。朝は、深トロで泳がせで様子見。そんなに時間はかからず3匹釣れましたが、あまりはっきりしない当たりに嫌気がさし、下流の平瀬へ。かなり長い瀬ではあるが、ハミアトが多い割に、当たりはなかなか来ない。長い、長い平瀬を釣り下って、1匹しか釣れない。そして、どんどん歩き、一昨年良い思いをした瀬に到着。かなり急瀬になっており、オトリを入れると、すぐに強烈な当たりが・・川下にどんどん下ってしまってなかなか止められず。そして振り子抜きを実行。なんとか上流に〝ふわっと〟落としたが、ラインが切れて2匹とも消えて行った。先日の魚野川で同じ事があったような。ケチが付いたというのだろうか、その後そこではまったく掛らず。また歩き、今度は広~い深瀬でちょっと泳がせしたら、間違った感じで1匹...神通川は、微妙。

  • 魚野川、私でもッ抜け出来ました。

    01.09.05(木)最近の魚野川は釣れてるらしい。そのため、急遽魚野川へ。小出駅裏、青島橋は、混むこと必至のため、別エリアへ。到着8時、駐車エリアに誰もいない。いいのか。良くないのか?最初は、上流のトロで野鮎を捕ろうと思ったが、歩いて見ると、石は泥かぶりで釣れる気配なし。すぐに中州まで下がり、2本に分岐している左岸側の平瀬から開始。こう見えて真ん中は押しが強くて進めない。対岸には等間隔に釣り人が竿を出しているが、中州側からは、私ひとりの独壇場。しかし、対岸の左岸付近の川底はいい色してるが、中州側は何だか川色が緑色だったので、ちと不安。対岸の人達、結構頻繁に釣れている。こちら、しばらくは反応なし。小一時間経過すると、ようやく1匹目が掛るが、いきなりロケット発射。次は、空中分解。3回目にしてようやくタモへ。次は、...魚野川、私でもッ抜け出来ました。

  • 魚野川でも・・午後釣れない病

    01.08.31(土)今日は那珂川に行こうか、魚野川に行こうか、迷いましたが、天気が晴れマークの魚野川へ。小出に到着すると高水でちょい濁り。選定ミスかとも思いましたが到着しちゃったから仕方ない。今回は、滅多に釣ったことがない場所から始めます。最初は、釣れないと思ってヤナギで様子を見ると、開始早々2匹釣れる。久しぶりに中鮎で何故かホッとする。次も中くらいそしてイカリにチェンジすると、「ズドーン」と大鮎が掛る。次も良型なんかテンポ良く掛る。開始1時間で5匹。その後失速し、お昼までに6匹。思惑はッ抜けだけど、いやな予感がよぎる。・・午後は、冒険しようと下流の荒瀬へ。本来なら瀬にオモリを付けてぶっ込めば凄い当たりが来るはずだが、釣れない。足下の石が滑らない。垢なしと判断し、また上流域へ。釣り上がりながら、深瀬で中鮎1匹...魚野川でも・・午後釣れない病

  • 神通川で何てこと~?!

    01.8.26(月)~27(火)増水後の神通川に行って来ました。やや、笹濁り1日目お気に入りの富山空港前は、人がほとんど誰もいない貸し切り状態。朝7時から開始前回の上部トロ場は泥かぶりで反応なし。しかし、間違って1匹掛ると、大きい。その後反応なく下流部へ移動。大きい石が埋まっていて波立っているところにオトリを誘導すると、「ガツーン」と竿を持ってかれました。狙ったところで釣れるとは、自分の進歩を感じました。(笑)その後も、時々「ガツーン」が来るので最高に気持ちいいです。瀬肩から荒瀬寸前のところで3匹掛けましたが、そのうち2匹は振り子抜き、1匹はなぜかポトンと落ちました。結局午前中は9匹。みんな良型で、それなりに自分的には満足でした。・・調子に乗ってFBに載せたら、午後は墜落です。まったく釣れなくなりました。〝午後...神通川で何てこと~?!

  • それなりにそこそこ釣れた神流川

    01.08.24(土)きょうは、神流川へ単独釣行。こんな場所から始めると、なんと30分で5匹。その下流の瀬で2匹。朝1番はなんか釣れる気がします。そして、いつものことで、そのうち釣れなくなるだろうと思ったら、本当に止まった。そして下流へ釣り下る。下流域は人だらけ、歩いても歩いても、人がいる。人がいないところが竿抜けエリアと思っていたのにそんな場所見つからん。30分歩いて、ようやく人がいない瀬を発見。平瀬で竿を出すと、瞬殺で掛る。いきり立った鮎がいれば瞬殺、いなければ沈黙。ここでは3匹。午前の部ッ抜け達成です。鮎が大きいので、きょうはメガトルクで正解でした。お昼に戻る途中、歩いていると、対岸の釣師が手を振ってにこにこしてます。見たことない人です。すると、「釣れましたか?」と大きな声。私は「まぁまぁです。」「それは...それなりにそこそこ釣れた神流川

  • 上手な人は20以上釣れるらしい神流川

    01.08.17(土)いまの神流川は好調なようです。ある漁協関係者の話を聞くと、「いまはどこでも20匹以上釣れるよ、上手な人はね。」そうでない人は?と聞くと、「5匹くらいかな。」とのこと。他河川が増水で釣りが出来ない中、神流川は、平水で澄んでいます。困った時の神流川。朝、誰も釣ってないポイントは、鮎も油断してます。緩い瀬から開始5分で、3匹釣れちゃいました。最初は、チビしかし、次は、ひとまわり大きくなりそして次は、堂々たる大きさに「今日は、何匹釣れるんだろう」と思ってしまいますが、これまで何度裏切られたことか。このポイントでは、短時間に5匹釣って移動。次は、深瀬で。誰もいないので、鮎、油断している。すぐに掛る。しかし、大物が釣れたらしくなかなか上がって来ない。そしてロケット、失敗です。次も大きい。しかし、今度は...上手な人は20以上釣れるらしい神流川

  • 神通川の2日間

    (01.08.7~01.08.09)神通川釣行今年度第1回目前日に濁りが出たらしかったけど、とりあえず行って来ました。当日朝4時に出発小諸付近の朝焼けあまりに綺麗だったので撮っておきました。行く途中にある、話題性のある高原川で釣ってみようかと思い、オトリ屋探してやっと見つけたら、「売れ切れ」とは。川に降りてみると、笹濁り。綺麗な川を想像していただけにガッカリ。仕方なく神通川へ。川はやっぱり濁ってる。年券を購入して状況を聞くと、「今日は、厳しいけど竿を出すことは出来ます。」とのこと。微妙な回答をもらいお昼頃に富山空港前へ。やっぱり濁ってる。でも出来ないほどではない。せっかく来たので竿を出して見る。去年砂地になっていた上流部、今年は石が敷き詰められている。しかも、暑いので鮎がじゃんじゃん跳ねている。泳がせでしばらく...神通川の2日間

  • 歩いた、歩いた、神流川。

    01.08.01(金)今日は、涼を求めて神流川へ。暑い天気も、川に入れば全然快適。腰まで浸かれば最高に気持ちいいです。今回は、釣れるか釣れないかわからない場所へ移動を繰り返します。初めての場所は、ワクワクです。特に神流川は水が綺麗なので川景色を見るだけでも歩く価値ありです。番号のある地点から次の番号の地点まで、そしてそこからまた歩く。たまにはいいもんです。歩いて40分、いかにも釣れそうな深トロで泳がせ釣り開始。すぐに「ゴンゴン」と来た。しかしハズレる。そして10分後、「ゴンゴン」が来る。引抜き開始、弧を描いて飛ぶ2匹、タモに入る前に1匹になっていた。すぐにイカリバリを6.5号から7号に変更したが、その場では掛らず。そこから釣り下がるが、なかなかヒットせず、オトリの体力が心配に。〝いまどきは瀬がいい〟という情報を...歩いた、歩いた、神流川。

  • 予想に反して釣れちゃった魚野川

    01.07.27(土)今回は、ある情報筋からの情報で魚野川に行って来ました。とは言っても、解禁日に1匹しか釣れなかった川に行くのは覚悟がいります。流心がいいとのことで、いきなり瀬にオモリを付けてオトリを送り出す。すると、10分ほどして、小さい当たりが・・・掛った鮎はやっぱり小さい。こんなサイズかな、と思いきや、次は堂々たる鮎が掛る。この野鮎をオトリにすると、すぐに大きな手応えがあり、なかなか浮いて来ない。右往左往して下流によろよろ歩き、引抜きで仕留められました。なんかこの瀬の鮎達、縄張りを持ってる気がする。結構「ズドーン」と手応えが伝わって来ます。そして今回、荒瀬で暴れ回る鮎の引抜きが無理だと思い、思い切って振り子抜きをやってみたら・・・「出来ました。」進歩です。いままでの振り子抜きは手元でバウンドしてハリが外...予想に反して釣れちゃった魚野川

  • 困った時の神流川

    01.07.24(水)今日は神流川です。昨日の夕立の影響で増水が心配されたが、上流域は高水だが濁りなし。神流川は、意気込んで行くと釣れないので、気晴らしに行くくらいの気持ちで行きました。午前10時開始。(ガツガツしない釣りはこんな時間から)最初は、好きな平瀬。砂地が多く良い石があまり見当たらないので、対岸ギリギリを攻めると、なんとなく掛ったような。小ぶりなので、面白みに欠けるが贅沢は敵。次は、最初のより2センチ大きいか。ちょっとチッチャイので、下流の瀬へ移動。ここは、定番の瀬で何匹かは掛るはず。すると、ちょっとして明確な当たりがあり、十分な手応え。最近は那珂川で引抜きしてるので、大きいのが掛っても慌てなくなっていたので、難なく引抜き。大きい石のまわりにオトリを入れると、良型が掛ります。この辺はみんな良型です。お...困った時の神流川

  • またも撃沈の那珂川・・の支流の箒川

    01.07.21(日)最近ハマっている那珂川です。今回は気になっていた、黒羽地区に行って来ました。午前7時半、那珂橋から川を見ると、100人以上の鮎釣り人が整列してました。大会があるとは聞いてましたがこんな大規模な大会とは。そこから那珂川の調査を開始します。高岩大橋車で川まで降りられていい。ただ、増水中でもあり押しが強そう。次は永昌橋。川の近くには、那須ナンバーの車が6~7台あったので釣れるポイントでしょう。次は、湯殿大橋。あまり釣り人見えない。さて、さて、そろそろ釣り開始しなくては、と思い、とあるオトリ屋さんに行くと、「この辺は釣れないから、箒川がいいよ。」と教えてくれました。そして群馬から来た事を知ると、「利根川はどう?」と聞かれました。那珂川に来てもう何人にも聞かれましたが、「増水中です。」としか云えませ...またも撃沈の那珂川・・の支流の箒川

  • そうは甘くなかった那珂川

    01.07.17(水)前回那珂川で、数は揃わなかったけど本格的な鮎釣りが楽しめたので、再度挑戦。今回は相方同行。今回は、冒険して違うエリアを選択。しかし、現場に到着するとビックリ。ダイワマスターズの大会やってる。釣り人いっぱい。下調べが徹底しなかったからか、情報力不足を悔やみます。あきらめて違うエリアを探して到着したところが、八溝大橋。なんか穴場らしい。そこで話をした若者が小5時代から通っているお勧めのポイントとのこと。橋,上流域は、広い荒瀬と急瀬。釣れそうな雰囲気ムンムンです。私の大好きな川相でワクワクします。始めてしばらく反応なし。川の中央に立ち込んでる人、大物が掛り100㍍も釣り下がった。荒瀬の釣りは体力勝負。あの若者は荒瀬の真ん中で振り子抜き。羨ましい光景です。しかし、私は、どういうわけか釣れない。ハミ...そうは甘くなかった那珂川

  • 那珂川で『これぞ、鮎釣り』を体感。

    01.07.13(土)鮎釣り解禁以来、だんだん釣れなくなって憂鬱になって来ました。それでも懲りずに釣りに行っちゃいます。今日は、那珂川です。7時半に那珂川に到着。どこがいいか分からないので、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。そして、いつも行く場所に落ち着きます。保守的、挑戦意欲・冒険心・・なし。午前8時半、いつもの橋の上流域で開始。これもいつものポイント。対岸に渡って釣ってる人は結構釣れてる様子。こちら側の人、釣れていない。私も当然釣れない。2時間無反応で移動。今度は橋の下流域。押しの強い深瀬で、オモリが必需品。水中はこんな感じ私の対岸の人、私のすぐ下流を釣ってる人、バンバン釣れている。2人とも入れ掛かりで忙しそう。しかも、みんな大物みたいで竿は大きく曲がり、他人事ながら取り込みまでスリル満点。私は、というと...那珂川で『これぞ、鮎釣り』を体感。

  • こんなはずじゃぁなかった解禁魚野川

    01.07.10(水)待ちに待った魚野川解禁日。今年の魚野川は〝いい〟というのががもっぱらの評判でした。魚道を鮎がどんどん上がっている、ハミアトいっぱいある、群れ鮎が凄い。試し釣りは、増水後のコンディションなので多少の不調も仕方ないと思ってました。解禁日当日、午前6時半石打のオトリ屋に到着。川には、釣り人の数が半端なく、入る場所はなし。仕方なく、下流域へ車を走らせ、駐車場の広いポイントへ。天気はピーカン、申し分のない暑さ、これで釣れないわけがない・・とそのときは思った。8時頃から、緩い平瀬で釣り開始。ちょっとしてから1匹目掛かるも、身切れで空中分解。またちょっとしてから、小ぶりの鮎が掛かる。すぐに野鮎におとり交換。対岸のヘチにオトリを入れ、緊張して当たりを待つと、〝ギューン〟と来た。引き抜きも無事成功・・タモの...こんなはずじゃぁなかった解禁魚野川

  • あの『桂川』でッ抜け出来ず。

    01.06.29(土)今年10回目の鮎釣り釣行です。桂川に到着すると・・若干濁ってる。天気は曇り、少し寒かったのでレインマックスを着たら・・暑かった。オトリ屋さんの話では、「雨はたいして降ってないから、人為的な濁りだな。」とのこと。ともあれ、ひどい濁りではないので、平瀬で8:30に開始。さすが桂川、まわりに釣り人集まってる。しばらくして、いきなり「ゴツゴツゴン」と強烈な当たり。焦ったがなんとかゲット。1匹目から大きい。〝これぞ鮎釣り〟みたいな感想をひとりごと。続いても良型今年は小さい鮎ばかり釣っているので、別天地気分。その後も時々釣れるが、入れ掛かりはなし。7匹釣ったところで、その後〝うんともすんとも〟反応なくなる。もうこのあたりは釣り切っちゃったかなひとまずお昼。午後は、去年良かった上流部へ。しかし、上流部は...あの『桂川』でッ抜け出来ず。

ブログリーダー」を活用して、海底人8823さんをフォローしませんか?

ハンドル名
海底人8823さん
ブログタイトル
鮎釣りと薔薇づくり
フォロー
鮎釣りと薔薇づくり

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用