searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

showa 土花亭さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
古物商 showa 土花亭
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/showa-ducati
ブログ紹介文
効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2012/11/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、showa 土花亭さんの読者になりませんか?

ハンドル名
showa 土花亭さん
ブログタイトル
古物商 showa 土花亭
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
古物商 showa 土花亭

showa 土花亭さんの新着記事

1件〜30件

  • 戦前小さな薬瓶2色

    2色揃いの小さな薬瓶←ランキングへどうぞ♪戦前小さな薬瓶2色

  • 貴重品は必ず番台へ

    廃業した銭湯からの引き上げ品。脱衣場の鏡に書かれた文字は「貴重品は必ず番台へ」。←ランキングへどうぞ♪貴重品は必ず番台へ

  • モールガラスの魅力

    caffe月の虹のバックヤードにあります食器棚たち。今では海外産等の復刻版モールガラスもございますが、こちらは当時ものの2mm厚。当時のダイヤガラスやニカワガラスとともに人気のあるガラスですが今では希少品となってしまいました。ガラス屋に言わすと切断加工がしにくいガラスとのこと。確かにあの厚みの異なる波型方向を切るのには気をつかうかも知れませんねっ。←ランキングへどうぞ♪モールガラスの魅力

  • オールドカリモク/ファブリックKチェアのメンテ

    caffe月の虹で使用中のオールドカリモクのファブリックKチェア。どうも最近、スプリングが擦れるキシキシ音が出るとのことでメンテを施すことに。少し汚れはあるものの裏地も当時モノの希少なオールドカリモク。その裏地を丁寧に外す。観てお分かりのように通常の合皮のKチェアの構造とは違う構造になる。(カフェチェアのそれに近い)→オールドカリモクカフェチェアのレストア因みに音の発生個所はこの部分。丁度、ウェブスプリングを木製フレームにステップルで固定してある部分。捨て布を緩衝剤として使って音を防いでるようではあるものの多分、それが擦り切れての金属同士の摩擦音と判断する。こんなところに油を差す訳にも行かず、クッションを少し補強して音を和らげることに。経年のため既にスポンジウレタンはウェブスプリンク...オールドカリモク/ファブリックKチェアのメンテ

  • 嬉しいお便り

    先日、caffe月の虹宛にお便りが届く。。。何でもshowa土花亭の住所が分らないため「月の虹」を介してのお便りとのこと、ご不便お掛けしました。和歌山の御方で最近、古いリードミシンを入手され色々と検索している内、当ブログに辿り着きリードミシンについての記事が参考になったとのことで、わざわざお礼のお手紙を頂きました。丁寧なお手紙の内容に恐縮した次第です。写真で拝見する限り、程度も良く大変綺麗な状態かと思いますので是非、大切に保管されることを祈っております。又、同封されてました説明書のコピーについては当方の資料に加えさせて頂きますのでこの場で御礼申し上げます。←ランキングへどうぞ♪嬉しいお便り

  • どちらか

    先日の整理後に手元のセードに組んでみる。。。好みはわかれるところ。いずれ「どちらか」を使用予定です。←ランキングへどうぞ♪どちらか

  • 町のお医者さんの照明

    町のお医者さんの古い照明。大型のガラスセードにセード自体は欠損しているホルダーたちの整理。この大型のホルダーは今や大変希少なため、内部の碍子製のソケットを含め丁寧に扱う。目的は清掃を兼ねた古い電線の取り外し。当然、劣化が激しく再使用の折には新しく電線を引き直す。以前の点検整備のススメ←ランキングへどうぞ♪町のお医者さんの照明

  • 家具の救出

    アンティーク家具の引き取り。。。通常は壊され廃棄される家具の「救出」。手を加え第二の人生を。。。←ランキングへどうぞ♪家具の救出

  • 戦前のガラス製哺乳瓶

    最初、観たときには分らなかったのですが、よ~く観察してみて判明しました「哺乳瓶」であることが。資料によると時代は戦前の昭和初期頃とあります。残念ながら(ある意味当然)、吸い口部のストロー部は欠品しております。形状の工夫がよく分ります、ガラスの哺乳瓶。戦前のガラス製哺乳瓶/非売品←ランキングへどうぞ♪戦前のガラス製哺乳瓶

  • 駄菓子屋のガラス瓶

    駄菓子をいっぱい入れられていたガラス瓶は鉄のラックスタンドに斜めに置かれ駄菓子屋に並べられていた。今、改めて観ると当時のガラスにはバリもあり、子供の小さくて柔らかい手をよく入れられたもんだと感心する。上下2段のラックは横に連結して増設可能な構造になっている。今では人気商品故、高価で取引されガラス製品の中では絶滅危惧種とされる。←ランキングへどうぞ♪駄菓子屋のガラス瓶

  • 由利公正/野草花

    旧福井藩士「由利公正」の書による短冊(メクリ)があるのですが、野草花と題したこの歌を何方か読んで教えていただけないでしょうか。←ランキングへどうぞ♪由利公正/野草花

  • お問い合わせについて

    「お問い合わせ」については必ずご連絡先等を記載の上、コメント欄よりご連絡下さい。連絡先の記載がないお問合わせにはお応えしかねます。コメントは全て事前承認となっておりますので公開はされませんのでご安心下さい。又、氏名のみの記載のお問い合わせについては、公開も出来ませんし、お応えも出来ませんのでご了承頂けますよう宜しくお願いいたします。尚、氏名のみでお問い合わせ頂いた「精工舎コメットフラワー(ピンク系)/昭和26年」については記事にも記載してあります通り、「非売品」となっております。←ランキングへどうぞ♪お問い合わせについて

  • 学校の机

    スチール製の学校の机と椅子のセット。小学校低学年から高学年までの高さ調整付(旧JIS可動式)の机椅子です。(一番高く設定すれば大人でも使えないことはない高さです)独特な造りの机天板は丈夫なメラミン化粧合板に、椅子の座及び背板は成形合板。本来の用途として使うのも良し、趣味の作業台として使ったり店舗什器として活用するのも良しです。←ランキングへどうぞ♪学校の机

  • クミアイ電気洗濯機(ゼネラル製)/製造所:新立川航空機株式会社

    前回は「ゼネラル電気洗濯機レストアへ」と書きましたが正式には「クミアイ電気洗濯機」になります。(「クミアイ」というのは農業協同組合連合会のことで「農協」をさす)当時、「ゼネラル」でも同型を販売しております。特記すべきは製造所が「新立川航空機株式会社(2013年事業終了)」であること。かの戦闘機「隼」を造っていた航空機会社です。前置きが長くなりましたがレストアも終了した本品の紹介です。実働可能品となっております。上蓋は写真のようにローラー式絞り機から出てくる洗濯物の受け皿兼用になります。奇跡的に透明の中蓋も付いております。そこにも「クミアイ」の文字も。。。水槽はとても良い状態です。。。右側が回転翼になります。正面コントロールパネルの状態。色褪せはありますが割れはございません。右パネル下部には排水切換えレハ...クミアイ電気洗濯機(ゼネラル製)/製造所:新立川航空機株式会社

  • ゼネラル電気洗濯機レストアへ

    1950年代後半の俗に言う「三種の神器」の一つであった「洗濯機」。当時、大卒公務員の初任給の2倍以上はしたと言われる電気洗濯機のレストア作業へ。メーカーは「ゼネラル電気」でローラー式絞り機が備わる。洗濯層も半世紀以上前のものとしては綺麗な状態を保られている。当時は未だ、一体押出しの技術が無かったのであろう、2分割による成型が時代を感じさせる。しかし、当時の技術者は色んなことに挑戦していたのだと感じることが出来る。モーターも軽く通電させてみると動く気配を感じさせる。内部のゴムホース類は劣化が激しく、交換を必要とされるが駆動ベルトは未だ使用可能なようで、嬉しいところ。←ランキングへどうぞ♪ゼネラル電気洗濯機レストアへ

  • 御針箱/裁縫箱の修理

    「家具」続きで恐縮ですが、御針箱の修理依頼です。。。大切に風呂敷に包んで、「月の虹」へ持ち込まれてきました。状態は欠品などは無さそうですが先ず、上蓋の外れ。丁番の釘が折れ外れています。丁番自体にも変形があります。それに上蓋に一部、木目に沿った割れがあります。これはある意味仕方なく、木の性質ですから一応は糊を入れて段付きを何とか少なくします。そして箱自体、下部に行くにつれて開いているのと多分、過去の手を施した時に不備があったのか巾木のチリが左右で違っている所が気になります。こちらも修理対象。後は右側板の割れ。こちらも糊を入れるぐらいしか施しようがありませんが修理対象。悩みどころは、この可愛い扇子の抽斗の取っ手。新しく塗装(漆塗等)を施すのも良いのですが、長年御身内の方が使われていた証ですので下部巾木の塗装も含め今...御針箱/裁縫箱の修理

  • 色合わせ

    アンティーク家具の補修においての「色合わせ」は結構、大変なものです。この擬宝珠の脚が備わる素敵な机も、天板の塗装の剥げが酷く一旦、古い塗装を落とします。全て同じ樹種の木材で造られているのは未だしも、この家具の様に違う樹種が混じると尚更、難しくも・・・。オイルステインを使って何度か塗り重ねてゆきます。正確にはオイルステインは塗ると言うより染めるが正解ですから、塗っては拭取り又、塗っては拭取りの繰り返し。塗って拭取るまでの時間を延ばしたりと調整しながら近似色まで。。。下の写真は未だ拭取る前の状態ですが、未だ濃さが足りないようです・・・。←ランキングへどうぞ♪色合わせ

  • お問い合わせの「豆カメラ」

    お問い合わせ頂いた「豆カメラ」についてですが本来、「非売品」扱いとなっておりました。ただ、お気に入られたようですので、画像の右端の国産「MINETTA(マイネッタ)」製であれば今回お譲りは可能です。当然、このカメラで撮影する機会はないかと存じますが、少し不調ですのであくまでも飾り(コレクション)とお考え下さい。後ろの映る「革ケース」も付属します。後ろの状態。。。ケースを開けた内部ですが、スプール1本にホルダー1ケ付属します。革ケースを装着状態。ケースを閉じた状態です。改めてご連絡させて頂きます。←ランキングへどうぞ♪お問い合わせの「豆カメラ」

  • お問い合わせの「セルロイド製ペンシルケース」

    お問い合わせ頂いた「セルロイド製ペンシルケース」ですが、お譲り出来る在庫は写真の2品のみとなります。お問い合わせの過程で「黒白」とコメントを頂きましたが、正確には写真の通り「茶白」になります。それぞれメーカーは違いますが、2品共ほぼ同じ大きさで長さ約20センチ弱になります。新品未使用品とは言え、長期在庫品で展示にも使っていましたので「擦れ」や「小傷」はございます。以上、ご理解頂き改めてコメント欄よりのお問い合わせ願います。その折には必ず「ご連絡先等」の記載を忘れずに願います。←ランキングへどうぞ♪お問い合わせの「セルロイド製ペンシルケース」

  • ROYAL COPENHAGEN/B&G ビスクドール

    ロイヤルコペンハーゲン社と合併したビングオーグレンダール社「B&G」。そして、「フィギュリン」の全盛期であった、今から半世紀以上前の1950年代。そのヴィンテージフィギュリンを1983年にロイヤルコペンハーゲン社がビスクとして復刻した作品と思われます。「人形を抱く少女」のドレスの下にはペティコートとドロワーズが。。。ビスクで出来たシューズの裏を覗くとそこには「B&G」のエンブレムと共に刻印が。ドレスの背中を捲ると、背中のビスク部分にも刻印がございます。非常に珍しい「フィギュリン」を元にした「ビスクドール」只今、caffe月の虹にて展示中です。←ランキングへどうぞ♪※追記:コメント欄より「セルロイド製ペンシルケース」について、お問い合わせを頂きました。在庫としては...ROYALCOPENHAGEN/B&Gビスクドール

  • C571撮影/北びわこ号

    ←ランキングへどうぞ♪C571撮影/北びわこ号

カテゴリー一覧
商用