chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
大好きが天才を生む http://kamoshita-math.cocolog-nifty.com/blog/

鴨下算数数学塾代表が、算数数学の勉強・受験等で悩みを抱えている方にポッドキャストで配信しています。

子供との接し方、勉強の仕方、受験、親子関係などで悩むご両親様・お子様向けのポッドキャストです。 鴨下算数数学塾代表の鴨下豊は30年以上の塾経営者であり、塾は東京 国分寺市にあります。

鴨下算数数学塾
フォロー
住所
国分寺市
出身
未設定
ブログ村参加

2012/10/20

1件〜100件

  • お父様、お願いします #1063

    第1063回の今回はお父様、お願いします というテーマでお送りいたします。お話のポイントはお子様のスマホ中毒より、お父様のスマホ中毒の方が問題が大きい学んだことが全く定着せず、学んだことすら忘れてしまうのがスマホ中毒のお子様の特徴スマホに関して、ご両親様の協力を得られれば、すぐに成績は伸びていくスマホ・ゲームを親が買い与えることが原因異常なことなのに、当たり前になってしまうのが依存...

  • 受験勉強で身につけられる能力に注目する #1062

    第1062回の今回は受験勉強で身につけられる能力に注目する というテーマでお送りいたします。お話のポイントは能力を身につけた結果として合格がある一人前の受験生になるとは、どういうことなのか「自分の答案を客観的に見る」という視点を持つ先生が「こう書け」という事にはちゃんと理由がある人が変われる条件は「自分は変わらなくちゃいけない」と思うこと親は子離れ、子は親離れをしよう受験勉強を...

  • 「留学させようと思うんですが」というご相談 #1061

    第1061回の今回は「留学させようと思うんですが」というご相談 というテーマでお送りいたします。お話のポイントは親が留学を勧めるその背景にある考え「日本への軽視・蔑視」「日本の未来への不安」標語的に言えば「魏志倭人伝は全部正しいが、日本書記は全部うそ」戦前の教育を受け、戦争前のことを知る世代が社会の中枢からいなくなった、そして、今に至る自国文化への誇りを失うと、思考能力が奪われる留...

  • 忘れつつあるもの #1060

    第1060回の今回は忘れつつあるもの というテーマでお送りいたします。お話のポイントは腰を入れて座る姿勢が忘れられつつあるお子様に姿勢を良くすることを教えてほしい「姿勢を良くするとどんなメリットがあるか」という発想そのものが違う「心地良いか・心地良くないか」が大事漫然とゲームやスマホを見ている人は自分の快・不快の感覚がない姿勢を良くすると、快・不快の感覚が分かる大人の子供も一緒...

  • 問題を正確に読む #1059

    第1059回の今回は問題を正確に読む というテーマでお送りいたします。お話のポイントはどんな教科でも、どんなレベルでも、指導で一番大事なのは「問題を正確に読むこと」誤読の積み重ねで学習がうまくいかないことが多い1行を読み間違えると全体を理解できない大学・大学院では「読む」ことを徹底的に突き詰める意味を正確に理解するために、正確に読む正確に「言葉の定義」を覚えよう定義を正確に理解...

  • こんな子もいます #1058

    第1058回の今回はこんな子もいます というテーマでお送りいたします。お話のポイントはスマホ中毒から立ち直り、自らスマホを親に返した中3の生徒さん教師が努力しても成績が伸びない時に疑うのはまずスマホ・ゲーム藤川徳美先生の栄養療法をまずお母様にやって頂いて、健康になることを確信してもらう藤川療法を始める時のコツ鉄・蛋白不足からスマホ中毒になる可能性があるスマホ中毒者は読書量が少なく...

  • 絶対に知ってほしいこと #1057

    第1057回の今回は絶対に知ってほしいこと というテーマでお送りいたします。お話のポイントは英単語や漢字を覚えられない、数分前にやったことが完全に抜け落ちる、筆圧がとても弱い…等の状態のお子様。原因はスマホ・タブレット・ゲームと分かっているお子様の将来を考えると、与えてはいけない「スマホ・タブレットを学校で使用するので持たざるを得ない」という場合の対処法学校の連絡事項は書面か電話で行...

  • 自分自身を知る #1056

    第1056回の今回は自分自身を知る というテーマでお送りいたします。お話のポイントはそこそこ勉強したのに模試が全然できなかった…と嘆く生徒さんへ、あらかじめ言ってあることスマホと部活は早くやめなければならない親がやめさせれば済むことを、放置して大きくしてはいけない過去の成功体験や、「いい子」であることをどのくらい捨ててがむしゃらになれるか、にかかっている人間には万能感と防衛本能があ...

  • 国語の成績を上げる #1055

    第1055回の今回は国語の成績を上げる というテーマでお送りいたします。お話のポイントは国語の成績を上げるには、まず読み違い・読み飛ばしをなくすことから始まるその人にとって価値があると思う情報は受入れ、価値がないと思う情報は捨ててしまう。どんなことにも「カクテルパーティー効果」が働いていることを知ろう文章を書写させ、原文と対比させるトレーニング読み飛ばし・読み間違いをする人は、自分...

  • 切実感と学習成果は比例する #1054

    第1054回の今回は切実感と学習成果は比例する というテーマでお送りいたします。お話のポイントはオンライン学習に効果がないのは、学ぶ側に「切実感」が生まれないから。また、指導者も、学習者に「切実感」を伝えられないから。小学生に読み落とし・読み間違いが多い脳内処理として、重要でないと部類されたものは、ごみ箱に自動的に入れられる学ぶことは大切なことだ、ということ切実感を学習者が持たなくて...

  • 先行研究を知ることの大切さ #1053

    第1053回の今回は先行研究を知ることの大切さ というテーマでお送りいたします。お話のポイントは先人たちが行ってきた研究が「先行研究」およそ20年周期で同じような研究が繰り返され、結果が分かっていることが多い1970・80年代の石油ショックの時に太陽光発電もかなり検討されたことがある太陽光パネルを製造、運搬、設置、メンテンナンスにも石油を使う。それらにかかる石油と太陽光パネルの発電量...

  • すべては微積分 #1052

    第1052回の今回はすべては微積分 というテーマでお送りいたします。お話のポイントは微分も、積分も極限をとることで定義できる物事を抽象的に理解することが、物事を解く力になる数学教育の目的は、生徒に抽象化の過程を再体験させることである。そして、このことを通して、抽象化することと、抽象化した視点から物事をとらえる力を養うことである抽象化されたメタな視点があれば、問題を見たとき、自然に解...

  • 焦らず、コツコツとやることが一番の早道 #1051

    第1051回の今回は焦らず、コツコツとやることが一番の早道 というテーマでお送りいたします。お話のポイントはなぜ毎日コツコツ努力を継続できないか?大志を持つことが大事大志を持てば万能感を捨てられる志は人に言ってはいけない入試は通過儀礼かつての通過儀礼がなくなったため、大人になり切れない大人が多いです。時間は 9分です。ぜひ聴いてみて下さい。第1051回.mp3※上の「第1...

  • 冒険の旅に出よう #1050

    第1050回の今回は冒険の旅に出よう というテーマでお送りいたします。お話のポイントは大きな志や理想を育てていくのが教育その子が変わろうと思わなければ変われない入学試験は ”通過儀礼” と考える友人、親、親戚、先生など身近な人に相談しては絶対にいけない。 どうしても相談する必要がある場合は、守秘義務のある専門家に相談する。 まして、相談とも愚痴ともつかないようなことを他人に話さない。...

  • ボトルネックをはずせ #1049

    第1049回の今回はボトルネックをはずせ というテーマでお送りいたします。お話のポイントは1か所改善すれば全体が改善する、というポイント「ボトルネック」が必ずあるボトルネックを特定することが大事小中学生の共通したボトルネックはゲームとスマホスマホ・ゲームがボトルネックになっていることを認識してほしい字の乱れや覚えるべきことを覚えられない、という場合にスマホ・ゲームを疑うべき脳が発...

  • モチベーションが上がらないのはなぜ? #1048

    第1048回の今回はモチベーションが上がらないのはなぜ? というテーマでお送りいたします。お話のポイントは何の苦労もせずに達成できてしまうほど目標が近すぎると、モチベーションが上がらない人生として志が大事「頭悪いんだから市役所でも入っておけばいい」というような言葉は簡単に子供を落ち込ませる"公務員としてみんなが幸せに生きられる社会をつくる” という目標は本来尊い仕事「医師免許さえ取...

  • 少年は、大志を抱かなくてはならない。なぜなら生きるために #1047

    第1047回の今回は少年は、大志を抱かなくてはならない。なぜなら生きるために というテーマでお送りいたします。お話のポイントは手を変え品を変え指導しても、学習成果が上がらないのは”カクテルパーティー効果”によるもの勉強した内容が不必要なものと脳が判断してしまうと、記憶に残らないご両親の情緒が不安定なお子さんにとっては、勉強ができようができまいがどうでもいいことになってしまう親を見限っ...

  • 理想があるから生きていける #1046

    第1046回の今回は今 私が思うこと というテーマでお送りいたします。お話のポイントは現実から遠くかけ離れた、高い理想ほど、力がある理想がなければ生きていけない「そんな事誰も実現できない、そんな方法なんてどこにもない」と思える大きな理想を持つことが大事もし医者になりたいなら、医者になって何をしたいのか。医者になってどういう社会を作りたいのか。日本人は、何が何でも理想を持とう理想と...

  • 今 私が思うこと #1045

    第1045回の今回は今 私が思うこと というテーマでお送りいたします。お話のポイントは学歴よりも資格よりも、ものすごく高い学力を持ってほしいと思う嘘ばかりのこの世の中で、自由に自己実現するために学問が必要学問をすると精密に思考でき、物事の矛盾に気付ける自ら情報を得て吟味する能力が高まる学ぶことは、慣れ親しんだ現状を破って外の世界に行くことである親が何も言わなくても勉強する子になる...

  • 英語 とっておきの教材 #1044

    第1044回の今回は英語 とっておきの教材 というテーマでお送りいたします。お話のポイントは発音記号を見て、正確に発音できることが最も重要残念だが、学校では発音記号を教えない。つまり、英語の一番大切な基礎を学校は教えない音声教材は豊富にあるのにもかかわらず、学生の発音は改善されていない「未知の単語でも、辞書を引き発音記号を見ただけで正確に発音ができる」イコール「英語ができる」 正し...

  • フィードバックへの返信 #1043

    第1043回の今回はフィードバックへの返信 というテーマでお送りいたします。今回のお話は 「選択と集中」のフィードバック #1041 の続きです。お話のポイントは「最小の努力で最大の効果を得よう」ではなく「最大限の努力をした人のみが合格できる」「最小の努力」とは、自分はこれしかできない、という決めつけ「その人にとっての最大の努力」はどんなものかは、誰にも本人にもわからない最大の努力...

  • 学校はビリでないと東大は受からない #1042

    第1042回の今回は学校はビリでないと東大には受からない というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは日本の教育のレベルがどんどん下がっていて、国民の学力低下を学校が作り出している今の日本の教育制度はGHQが勝手につくって押しつけたものである公教育の目的が「何も考えない、でも権力の命令には従順な国民」を作ることになってしまった科学的根拠はないマスク着用の要請に疑問を持たず、...

  • 「選択と集中」のフィードバック #1041

    第1041回の今回は「選択と集中」のフィードバック というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは捨てれば捨てるほど、余裕ができる恐怖心が選択と集中をできなくするその恐怖は自分のものではなく、周りの人の嫉妬によるもの方法論としては、「選択と集中」をしていくしかない「本当は自分は色んなことができるはず」と思うのも幼児的な万能感によるものです。時間は 4分半です。ぜひ聴い...

  • 総合的な視点を持つ #1040

    第1040回の今回は総合的な視点を持つというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは漁業を盛んにするためには山を養わなければならない山を養うことは、森林のダムを造ること。農地に安定的に水を供給するには林業の繁栄が必要山や海で使うトラックや船など、工業も関わってくる人から人へとお金が循環し、その過程で富が生まれる貧しい国はこのお金の流れが停滞している働くとは「傍(はた)を楽...

  • 教育の根本とは何か #1039

    第1039回の今回は教育の根本とは何かというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは教育の根本とは「日本は素晴らしい国だ」と教えること我々は、戦後「日本は悪い国だ」と言わなくてはならない言語空間に押し込められてきた 我が国は縄文以来の数千年にも及ぶ、長い歴史を有している長い歴史的な視点を教えることが重要もし日本が悪い国だったら、とっくになくなっているはずである思春期の子供...

  • 誰も言わないなら私が言おう「マスクをはずして元の生活に戻ろう」 #1038

    第1038回の今回は誰も言わないなら私が言おう「マスクをはずして元の生活に戻ろう」というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは情報開示請求権を行使して、厚生労働省や各都道府県に問い合わせよう「マスクをしなければならない科学的根拠は何なのか?」と。そもそもウイルスは存在するのか?昔は「狐が憑くことで病気になる」と本当に信じられていた。しかし憑いた狐を見た人は誰もいないウイル...

  • マスクをはずして元の生活に戻ろう #1037

    第1037回の今回はマスクをはずして元の生活に戻ろうというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは海外は都市部でも誰一人マスクをしていない一番の問題点は、科学的根拠が何もないことが分かっていながら、マスクの着用やワクチン摂取が勧められ、法的根拠がないにもかわらず強制力をもっていること厚生労働省や地方自治体に、コロナ対策の科学的根拠について情報開示請求しても、施策の根拠を示すこと...

  • なぜ焦るんだろう #1036

    第1036回の今回はなぜ焦るんだろうというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはこの時期までにここまでできているはず、と思うのは万能感。それができていないから焦るこういう風に進歩したい、と思っているのに、それができないから焦る外で刺激を受けて「こうなりたい」と思っても、家に帰れば家族の間にあるミラーニューロンによって、親の気持ちに同化して絶望してしまう親は「この子は三日坊主...

  • 自分のために勉強せよ #1035

    第1035回の今回は自分のために勉強せよというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは学校の成績を上げて、先生や親によく思われようとしか考えていないお子様が多い。いずれそういうことから段々に自立をしなければならない親は子供の自立を嫌がるが、それにひるんではいけない自分の子供が偉大な才能を持っていても、親はそれに気づかないものである親は子供が自分よりも優れていることを認められず...

  • 雑誌『インターフェース』2022年7月号「いかにしてTRONを世界標準にしたか」を読む #1034

    第1034回の今回は雑誌『インターフェース』2022年7月号「いかにしてTRONを世界標準にしたか」を読むというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは雑誌『インターフェース』と学士会の会報は、お子様の進路指導に有益な情報を与えてくれる組込みシステムに組み込んだOSのAPIで、約60%のトップシェアを達成した。これにより、調査開始以来24年連続でTRON系OSが利用実績トップのO...

  • 勝手に決めつけない #1033

    第1033回の今回は[勉強法]勝手に決めつけないというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは例えば、学校の英単語のテストで、単語の意味しか問われないテストだと、単語の意味だけしか覚えようとしない自分で思った通りのことをやれば点が取れる、と思い込んでしまう思い込みの根底には、勝手な自分の価値判断がある指導者の助言に対し、「それをやっても力はつかない」とやる前から決めつける生...

  • [受験]過去問に取り組めない #1032

    第1032回の今回は[受験]過去問に取り組めないというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは過去問に一度も取り組むことなく本番を迎えてしまう受験生は多い過去問に取り組めない人の、主な2つの心理一度も過去問をやったことがない自分が今思うことは「もしやっていたら、もうちょっと楽だったかも・・・」過去問をやった方が受験は楽にいく過去問をやることで、「相手の手の内」が解る過去問...

  • 何も悩むことはない #1031

    第1031回の今回は何も悩むことはないというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「東大に受からなかったことが自分を守ってくれた」「その人の為に東大に行かせない何かがあった」という解釈もできる年を取るからこそ分かることもある正しい・間違ってるとか、損得を超えたものが人を導いてくれるです。時間は 5分です。ぜひ聴いてみて下さい。第1031回.mp3※上の「第1031回...

  • 「選択と集中」がなぜできないのか #1030

    第1029回の今回は「選択と集中」がなぜできないのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「選択と集中」することは、その人の問題の中心に向き合うこと問題に直面することから、自分を守ろうとして回避行動を行う回避行動が自動的に起こるので、迷いが生じる心臓の鼓動の周期にも微少な変動があり、死に近づくと周期の変動がなくなる迷いを捨てて何かに没頭することは、ある意味”死” を...

  • 「死ぬ気でやれ」の本当の意味 #1029

    第1029回の今回は「死ぬ気でやれ」の本当の意味というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは誰でも等しく避けられないものが死死にゆく自分の直前の姿を想像してみよう死の直前は全てのしがらみから解放される人は自分の人生を生きているようで、生きていない同調圧力や「世間様」が自由を奪い、苦しみを生んでいる自由にふるまうことは自分勝手なエゴイストだと罰せられる。そして、被虐的な喜...

  • 神聖化 #1028

    第1028回の今回は神聖化というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは人は身近なものを神聖化することがある神聖であるがゆえに、自分は神聖でないから近づけない自分を貶めて罰して、被虐の喜びに浸る自分を罰することで「神聖なものの特別な何か」になれる感覚になる多浪する人や、いつまでたっても勉強に着手できない人の心理メカニズムです。時間は 6分半です。ぜひ聴いてみて下さい。...

  • ”持っているもの” に注目する #1027

    第1027回の今回は”持っているもの” に注目するというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは選択と集中。そして捨てることが大事「持っていないもの」に注目してしまうから、それを補おうとする毎日のようにお子様にお稽古事をさせてしまうご両親様の心理とはご両親自身の不安や恐怖をお子様に投影している自分に対する恐怖や否定感があることを認めればいいお子様本来のリソースに目を向けて...

  • [勉強法]正しいやり方を学んでほしい #1026

    第1026回の今回は[勉強法]正しいやり方を学んでほしいというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは学習には、「正しいやり方」と「間違ったやり方」があるゆとり教育を受けた教員が増え、教員の資質が低下しているゆとり教育は、教育そのものを破壊し、正しい学習方法が教えられなくなった勉強すべき時に勉強する英語教育による破壊も起きているオンライン授業で、教育の質が更に低下”正し...

  • 間違えたら改めればいい #1025

    第1025回の今回は間違えたら改めればいいというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは人は誰でも間違う部活をやっていて、勉強の遅れが酷いお子様のお父様。部活をやめて勉強に専念させられない理由は「今まで言ってきたことを急に変えることはできない」自分が良かれと思って言っていたことは間違いだった、と認めるだけでいいゲームのせいで勉強しないお子様にも「与えた自分が間違っていた」と言...

  • 読書は大切です #1024

    第1024回の今回は読書は大切ですというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはスマホ・ゲームが、子供から読書の習慣を奪っている紙の本を読むことが大事電子書籍は画像として脳が処理をする為、論理的思考には結びつかないプログラムを書く時も、紙に書いたものをコーディングしていく読書によって養われるベースの知識を欠くと、コミュニケーションができない自分の感情を言語化できる(表現で...

  • 自分は偉大な母である #1023

    第1023回の今回は自分は偉大な母であるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはお母様達の意識が変わることが大事勉強ばかりしている子供は、実際はいない「子供に徹底的に勉強させてあげられる自分は素晴らしい」「世間の流行に左右されず、スマホやゲームを与えない自分は偉大だ」と思ってほしい子供にとって母親は強い存在だと、自覚してほしい勤勉であれです。時間は 5分です。ぜ...

  • [勉強法]音読のすすめ #1022

    第1021回の今回は[勉強法]音読のすすめというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは最近の学生は、読書量が著しく少ないため常識的な基礎知識を欠いていることが多い言語(言葉)に対する敬意が失われている人間は言語があるから人間である読み飛ばしの癖をなくすには音読が大事読書はするのに国語の成績が上がらない理由ファンタジー系の書物を読んでも読み飛ばしの癖が酷くなる上に、ベース...

  • 子どもを育てているすべての人にお願いしたいこと #1021

    第1021回の今回は子どもを育てているすべての人にお願いしたいことというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは自分自身の子どもを育てている方だけでなはく、すべての大人の方にお願いしたい人生は、死ぬその日まで勉強である子供時代に「学ぶ姿勢」や「学び方」を学ばなければならない「学ぶ姿勢」や「学び方」も学ぶ生きることは学ぶこと、学ぶことは生きること死の直前まで学び続けることを...

  • [受験]プレッシャーに克つには #1020

    第1020回の今回は[受験]プレッシャーに克つにはというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはプレッシャーのない人はいない。プレッシャーにどう対処するかの正しい考えを持っていることが重要ルーティーンを作り、何があってもルーティーンを守るルーティーンを確立しているお子さん程、できるようになるスピードが速いルーティーンの一つに取り入れてほしい事人に対する言葉も、自分に対する言...

  • [よくあるご質問] 音楽もダメですか #1019

    第1019回の今回は[よくあるご質問] 音楽もダメですかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは音楽をやっている人は、脳の中で常に音楽が再生されていて勉強に集中できないスマホ・ゲームが良くないのは理解されやすいが、音楽が良くないのは理解されにくい勉強ができるようになるためには、勉強するしかないスマホ・ゲーム機などは捨てて、環境を作ることは大前提だが、それだけでは点数は上...

  • [よくあるご質問] 気分転換はどうしたらいいですか? #1018

    第1018回の今回は[よくあるご質問] 気分転換はどうしたらいいですか?というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはそもそも勉強は楽しいものである算数に疲れたら国語をやる、など科目を変える気分転換と称して、勉強以外のことをする必要はないゲームを容認することは論外ゲームやスマホをすると学習効果がゼロになる音楽を聴きながらの勉強も、集中力を削ぐだけで論外勉強ができるよう...

  • 英語学習はいつ始めるべきか #1017

    第1017回の今回は英語学習はいつ始めるべきかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは日本はアメリカの属国ではない、と認識しよう日本人の一般市民を最も多く殺害したのはアメリカである。アメリカに対して激しい怒りを持っているのは当然である国語と英語の言語的な距離は大きい歴史をたどると、英語は究極のハイブリッド言語であることがわかる国語を通して、品詞、主語述語の関係、修飾被...

  • これはチャンスですね! #1016

    第1016回の今回はこれはチャンスですね!というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは毎日塾に通わせているのに、成績が上がらない小学生のお子様ゲーム依存症のお子様の特徴とは周りがみんなゲームをやっているのだから、やめれば他を引き離せる多くは子供にスマホ等を与えなくてはいけない、という視野狭窄に陥っている重要な進路を決断する時に、力を発揮できなくなる習い事とゲームで体力を...

  • [大学受験] 浪人しても成績は伸びない、というのは本当ですか? #1015

    第1015回の今回は浪人しても成績は伸びない、というのは本当ですか?というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは浪人でも現役でも、やり方が間違っていたら成績は伸びない自宅でインターネットで配信される講義動画を聴いても、力はつかないどんなに有名講師の講義を聴いていても力は伸びない。単なる自己満足にしか過ぎない適切な演習と、覚えるべきことを覚えることが大事予備校で一斉授業を受...

  • 親が、子どもの顔色を窺うのはなぜだろうか #1014

    第1014回の今回は親が、子どもの顔色を窺うのはなぜだろうかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは子供の学力の発達を一番阻害するものは、スマホとゲームご両親様には、お子さんにそれらを持たせないように指導する条件付きの使用許可ではなく、そもそも本体を与えないようにするほとんどのご両親様は、子供の反発が少なくなるような方法を取ろうとする一流大学に進学させたいと思っている...

  • 他の塾と何が違うのか #1013

    第1013回の今回は他の塾と何が違うのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは小学校から大学・大学院まで一貫した、長期的な視野に立った指導当塾は算数・数学だけでなく、受験に必要な科目は全て指導する徹底的な先取学習現代科学の進歩から考えて、文部省の定めた教科内容はレベルがあまりに低すぎる。それが、子どもの能力の発達に制限を設けてしまっている中学から高校までの定期試験の...

  • やる気スイッチなど存在しない。ではどうするか? #1012

    第1012回の今回はやる気スイッチなど存在しない。ではどうするか?というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「やる気スイッチ」を押すことはできない。なぜなら存在していないから「やる気スイッチ」を押せば相手をコントロールできると思っている教育で一番大事なのは、自分のダメさを知ること徹底的なルーティーン化をするしかない勉強の妨げになるものを排除する、など環境づくりをするス...

  • なぜスマホ・ゲームが手放せないのか #1011

    第1011回の今回はなぜスマホ・ゲームが手放せないのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは離婚した両親の子供がスマホ・ゲーム中毒になっていることがある子供に対する引け目でスマホ等を与えた結果、やりたい放題になってしまう引け目の裏には親の執着・支配欲があるスマホを断ち切る手段は山ほどあるのに行使しない親は子供に対して命懸けである一方で、自分のことしか考えていないのも...

  • 子供は助けを借りたいと思っている #1010

    第1010回の今回は子供は助けを借りたいと思っているというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはスマホ・ゲーム中毒になると、学習の積み重ねが不可能になるスマホ中毒と栄養不足は表裏一体、と認識しようスマホやゲームを与えないのが親として正しい態度自分の子供が怖くても、対処法はある親の気迫が大事親の態度が首尾一貫していることが大事リモート授業で学力はつかない情熱とテクニッ...

  • 本音で生きる #1009

    第1009回の今回は本音で生きるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは自分がどうしたいかわからない生徒さんが多い自分が自分の本音を知る自分の本音を知ることは、自分の醜さを知ること自分のどうしようもなさと向き合う「みんながやるから私もやる」方がずっと簡単である「千万人と雖も我往かん」です。時間は 4分です。ぜひ聴いてみて下さい。第1009回.mp3※上の「第...

  • 勉強とは何をすることなのか #1008

    第1008回の今回は勉強とは何をすることなのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「演習、記憶すること、理解すること」は三位一体演習によって、「何を記憶すべきか・何を理解すべきか」が浮き彫りになる問題を解いただけではダメ理解と、問題の解法技術を一気にやろうとしても無理がある三位一体を上手く回していくには手順がある手順を教わるのは指導者から「三位一体の中の演習」...

  • 令和四年春 浪人を決めた君に、エールを送る #1007

    第1007回の今回は令和四年春 浪人を決めた君に、エールを送るというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはなぜ不合格だったのか、という原因を突き詰める必要がある絶対にやめなければならないこと:スマホ、ゲーム、アニメスマホは解約し、ゲーム機は処分すること「やりすぎなければいいだろう」という発想は完全に間違っている子供にアルコールやタバコを与えないのと同じこと「浪人すれば東...

  • 合格の落とし穴 #1006

    第1006回の今回は合格の落とし穴というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは短期間の勉強で第一志望に合格した人に落とし穴があるなぜ短期間で合格が可能だったか大学受験の場合、中学1年から6年かけて結果を出すのが本来の姿中学受験で受験ノウハウを駆使して合格した場合、その後の試験を合格するために必要な勉強時間の見積もりを完全に誤ってしまう。言い換えれば、試験そして、人生を無意識...

  • 学校って何なんでしょう? #1005

    第1005回の今回は学校って何なんでしょう?というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはリモートで教育はできない本来、学校は基礎学力をしっかり身に着けるところ学校は卒業証書を出せるところ今や辞書の引き方さえも学校では教えてもらえない学校で教えない「イロハのイ」を塾で教える事態になっている教育力の低下で、子供にとって学校は安心安全な場所でなくなっている私は、生徒が受験勉...

  • ある父の後悔 #1004

    第1004回の今回はある父の後悔というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「息子にスマホとタブレットを与えてしまったのは間違いだった。早く切るべきだった」と仰った、あるお父様スマホやタブレットを子供に与えることは、百害あって一利無し子供の受験を経験したご両親様の言葉は生きた教訓お子様の受験において、ご両親様の思考がとても大事教師のなり手が少なくなり、誰でも先生になれるよ...

  • 中学受験の勉強を始めようとしている方へ #1003

    第1003回の今回は中学受験の勉強を始めようとしている方へというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは中学受験の時期は成長期であることを考慮する必要がある親の想像以上に、子供はお稽古事や勉強にものすごいエネルギーを使っている身体の成長は人によって差がある成長しきった大人から見れば、中学受験の内容は「こんなもの」に見えてしまう時間的な見積り、体力的な見積りを誤ってしまう自...

  • なぜスマホがやめられないのか #1002

    第1002回の今回はなぜスマホがやめられないのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはスマホを手放せないと、集中力や知能の低下を招く知能を低下させることにメリットがあるスマホがなければスマホ中毒はない「親の期待に応えられない愚かな子」と罰を与える親スマホ契約をすぐに切れないご両親様スマホは親が子供を完全支配できる手段人間には闇がある自分の中の闇を知ることで、闇...

  • 高みを目指して日々精進致します #1001

    第1001回の今回は高みを目指して日々精進致しますというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは今春大学院修士課程に進学することになった、都立高校出身の教え子のお話中3生から通塾しても、かなり成績は低かった模試は常にE判定だったが、奇跡的に私立大学に合格大学院入試も全力で取り組まないと、結果は出ない「伸びていこう」という気持ちを、自分も周りも大事にしてほしい戦略と本人の努...

  • 私からの提案 新中1生の保護者の方に向けて #1000

    第1000回の今回は私からの提案 新中1生の保護者の方に向けてというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは子供と取引して、何かを与えてはいけない絶対に与えていけないものはスマホデジタルメディア使用のリモート授業は、教育格差を酷くした親が子供に教えるべきことは「人として生きることは、学ぶことである」教育とは、指導者の監督・管轄の下で行うからこそ、効果が出る学習にプラスにな...

  • 肥後の石工 #999

    第999回の今回は肥後の石工というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはどんなことでも、中心が捉えられれば必ず上手くいく中心が捉えられれば、問題の解決方法も自然に分かるある概念の発見によって、学問も一気にブレイクする―「物事の中心」を求めることで、最も効果的な方法で目標に到達できる中心を捉える上での試行錯誤に意味がある中心の先にも、さらに中心がある中心を捉えた3人が集...

  • 地球の中心を意識しよう #998

    第998回の今回は地球の中心を意識しようというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはいつも「地球の中心」を意識する(感じる)ようにしよう「中心」に意識を向けると、問題の中心に意識が向く「中心」と思うと、嘘だらけの情報から自由になって自分の人生を歩める自分の意思で生きていると思っているだけで、実は、誰かに操られている問題に直面したとき、「中心」と思うだけで、問題の中心が明瞭...

  • 中学受験が終わったら #997

    第997回の今回は中学受験が終わったらというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは中学受験は終わった後が、ものすごく大事合格でも不合格でも、第一志望に行けなくても、結果を受け止めることを学ぶ過去に努力したこと、しなかったことをきちんと振り返る中学受験指導特有のやり方を断ち切って、正しい勉強法をする必要がある「中学では多少遊んでもよくて、高校から勉強すればよい」という考え方...

  • [勉強法] こういう人が結果を出す #996

    第996回の今回は[勉強法] こういう人が結果を出すというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは難しい問題を解けるまで時間をかけて頑張るタイプの人は、覚えるべきことを軽視する傾向があるもし九九を覚えていなかったら・・・?理解と記憶は車の両輪。理解が深まれば記憶は確実になり、記憶が確実になれば理解が更に深まる覚えるべきポイントをしっかりと記憶する分からないとすぐに解答を見て...

  • 数学ができるようになるには #995

    第995回の今回は数学ができるようになるにはというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは数学の勉強の基本は「問題ができるまで考え抜くこと」教科書に書いてある基本的なことはしっかり身に着ける問題を見て、使えそうな公式や定理・証明などをどんどん書き出していく忘れていることがあったら、もう一度教科書などを見て振り返る数学ができるようになるまで自分を捧げられるか高度な数学をやっ...

  • 奇跡を起こす #994

    第994回の今回は奇跡を起こすというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは最初は1問解くのに10分かかるとすると、100題解くのに初回は17時間、2回目は半分、3回目はその半分…になっていく回数を重ねるほど理解度は高まっていく生まれて初めて九九を習った時、覚えるのに一体どれだけ時間がかかったか?自分に内在する力に目を向けて、常にこの力を呼び覚ましていく人は誰でも奇跡を起こ...

  • 【受験】何事にも時間が必要である #993

    第993回の今回は【受験】何事にも時間が必要であるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは勝つためには戦略と戦術が必要である戦略と戦術を持たずに受けても、受験では結果は出ない勝つための可能性を少しでも上げることをした結果、受験に受かる大学のブランドにこだわる人がいるどんな職業でも、キャリアを作るには時間がかかる。だから早い準備が大事大学入試は就職試験医学部を選ばな...

  • 【大学受験】次は君の番だ #992

    第992回の今回は【大学受験】次は君の番だというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは高2生は本番まであと1年もない大学入試で問われるのは「自立」「自分で自分を教育(自己教育)できる」のが大人受験勉強を通して、自分で自分を躾ける能力を磨くのが大学受験である自己教育とは、自分の価値判断を否定して新しい自分を創っていく、即ち「自己否定」であるです。時間は 4分半です。ぜ...

  • 【大学受験】共通テストから個別試験の間何をするか #991

    第991回の今回は【大学受験】共通テストから個別試験の間何をするかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは共通テストから個別試験までの間、何をするかがとても大事過去問をやるのを怖がる人がいる過去問は高二でやるべきもの怖がる気持ちを乗り越えなくてはならない解答は見ていいが、解説書は一切読まないこと最低5年分は時間無制限で、徹底的に自分で問題にあたる辞書・参考書などを...

  • 【受験】正々堂々と歩め! #990

    第990回の今回は【受験】正々堂々と歩め!というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは入試直前になって「ここを受けてはどうか」と言い出すことについて正々堂々と歩むのが一番効率が良い受験は戦略が大事第一志望校の合格率が1%でも上がるように、受験校を組み立てるべき「正々堂々と歩む」とは、「きちんとやるべきことをやって、その結果を受け入れること」推薦入試などを考え出すと、力が...

  • とっておきの名著紹介 『親切な物理』 #989

    第989回の今回はとっておきの名著紹介 『親切な物理』というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは物理が解らない人・解りたい人が読むべきところ現代物理は現実的に実験が不可能・・・実験ができないものを「物理」と言うのか?現代物理学が基礎としている、相対性理論や量子力学が間違っていることを示す実験が出てきている今、古い物理学の重要性が高まるかもしれない時にある 仮説を立て、実...

  • 受験はゲームだ(988回)

    第988回の今回は受験はゲームだというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは勉強しても点を取れない人の中には、受験を重く考えすぎてしまう人がいる重く考えすぎると失敗が怖くなり、点が取れなくなるもっと軽く考えてやってみればいい受験が重い人にとっては「高学歴の人=立派な人」しかいない人生経験の浅い若者は視野狭窄になりがちごく一部しか見えなくなった時に人は能力を失うポーカー...

  • 小学生ですが英語どうしたらいいでしょうか?

    第987回の今回は小学生ですが英語どうしたらいいでしょうか?というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは日本人としてのプライドを育てる日本人は1000年遅れたヨーロッパ文明の中を生きなくてはならない状況にある宗教は人が人を支配し、支配されることを正当化するSDGsは物理学的には破錠していることが既に分かっている英語教育の目的は「ネイティブのように話すこと」ではない100...

  • 【受験】進路指導には自信があります

    第986回の今回は【受験】進路指導には自信がありますというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはそれぞれの生徒さんの個性に合わせた得点戦略が必要になってくる進路選択の上でこれからの時代の中の流れも見る必要がある無限の時間はない。やるべき事を選択する必要がある見切るのも戦略のうち学習指導と進路指導は一体国立か私立か、そして理科系か文科系か時間的にタイトなのは国立理科系、...

  • 【勉強法】なぜ「精密に」記憶する訓練が必要なのか(985回)

    第985回の今回は【勉強法】なぜ「精密に」記憶する訓練が必要なのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは受験勉強の根幹は「必要事項を正確に・精密に記憶する」「それをいつでも取り出せるようにする」考えるためには、正確に・精密に記憶しておくことが必要法則を使うための前提条件や、英文を書くための規則を覚えること単なる反復をせずに演習しても、あまり力はつかない最初は丸暗記で...

  • 人は熱を食べて生きている(体調管理)(984回)

    第984回の今回は人は熱を食べて生きている(体調管理)というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは受験本番前の風邪予防は特に大事本番直前は最も力がつく初めにご両親様が、藤川徳美先生の本に書かれていることを試して下さい藤川徳美先生の本はノートを取りながら読もう部屋の熱源(暖房)はオイルヒーターを勧める理由入浴する時に必ず守ってほしいこと学力を上げる、合格へ近づくために体...

  • [大学受験]共通テスト直前30日 <英語・国語編>(983回)

    第983回の今回は[大学受験]共通テスト直前30日 <英語・国語編>というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは過去問を大量に読もう解答の根拠を明瞭にしようリスニング:聴く量を増やそう量をこなすと同時に時間を計ろう未見の問題が出ても慌てないこと1か所分からないと先に進めないタイプの人が気にすべきことです。時間は 5分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第983回.mp...

  • [大学受験]共通テスト直前30日 <数学編>(982回)

    第982回の今回は[大学受験]共通テスト直前30日<数学編>というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは試験時間の感覚を養うマーク式でも記述式でも、「数学の答案を書く」という意識を持つ可能なら指導者に見本を見せてもらうマーク式だからと問題冊子に書きなぐってはいけないです。時間は 4分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第982回.mp3※上の「第982回.mp3」という文...

  • [大学受験]下手な鉄砲は何発撃っても1発も当たらない(981回)

    第981回の今回は[大学受験]下手な鉄砲は何発撃っても1発も当たらないというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは高校が2~30校も受験を勧めてくる原因は私立大学の入試制度にある「出せば受かるかも」と慌ててしまうのは選択と集中ができていない勉強してきて身に付いたベースの力を第一志望に向けて絞る1月から受験日までは最も力が伸びる時期10校も20校も試験を受けると毎日試験を受...

  • [受験]合格への罪悪感(980回)

    第980回の今回は[受験]合格への罪悪感というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは能力高いのに結果が出ない人は、「合格への罪悪感」 が足を引っ張っている「ある人が合格すればある人は落ちる」という現実に対して罪悪感を持つと力が出せなくなるボクシング世界チャンピオン マイク・タイソンが他と違っていた点人の能力発揮を阻害するキーワード「罪悪感」自分の嫉妬・万能感・罪悪感を深め...

  • 私もっといい大学に行きたいんです(979回)

    第979回の今回は[大学受験] 私もっといい大学に行きたいんですというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「いい大学に行きたい」と口にする人がほとんどいなくなった「もっといい大学に行きたい」という欲がトップクラスの学力の原動力「子供の行きたい大学に行けばいい」という親御さんほど、その通りの結果になった時に激怒する「受験勉強を本格的にやるのは高3になってからで十分」という人...

  • [勉強法] 復文法が最高の勉強法である理由(978回)

    第978回の今回は[勉強法] 復文法は最高の勉強法である理由というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは復文法が機能するための前提条件は「抽象化を受け入れる」復文法をすることで「抽象化」を身につけることもできる英語における「抽象的な概念」とは学習は具体的なことから抽象的なことへ向かっていく復文法による英語の学習で、他の教科の理解も深まる言語学習は単なる慣れ・反復ではダメ...

  • [勉強法] 復文法は最強の勉強法である(977回)

    第977回の今回は[勉強法] 復文法は最強の勉強法であるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは復文法のやり方とは復文法を忠実にやって英語がものすごくできるようになったドイツ語の大家であり複数の語学の達人でもある関口存男先生、英文学の渡部昇一先生等も実際にやった有効な勉強法日本語と全く異なる英語やヨーロッパの言語を勉強するのは、時間がかかることを受け入れるべき音声面で...

  • 語学を学ぶことは旅をすることと同じ(976回)

    第976回の今回は語学を学ぶことは旅をすることと同じというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは話す言葉は人格に影響を与える新しい言語を学ぶことは旅をすることと同じワクワク感がある「英語さえ出来ればいい」というのは間違い学問の中心はかつてアメリカではなくヨーロッパで、千年もラテン語の時代だった”世界の中心はアメリカ、語学といえば英語”という認識から外れてみようドイツ語や...

  • [勉強法] 出遅れたと思ったら(975回)

    第975回の今回は[勉強法] 出遅れたと思ったらというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「〇〇大学の●●学部に行きたい」ということは一旦忘れて、まず学課の習得に専念しよう気持ちを意識的に切り替える学課の習得ができていれば当然受かる親は「"〇〇大学に行きたい" と言う前に、しっかり勉強しろ」と言うべき「受かるためにはあれもこれもしなきゃいけない」と思うと、益々焦って出...

  • [勉強法] 定期試験から自由になる(974回)

    第974回の今回は[勉強法] 定期試験から自由になるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは定期試験の勉強をしなくても満点を取れるのは当たり前中高6年で定期試験30回。試験勉強を各2週間とすると60週(約1年2か月)費やしているその他学校行事等で受験勉強時間はどんどん減らされる「学歴から自由になる」出発点は「定期試験からの自由」先取りで勉強が終わっていればわざわざ定...

  • 「行動」を「記録」する(973回)

    第973回の今回は「行動」を「記録」するというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「何時にどこで、何をしたか」客観的な事実だけを記録する。主観的なことは記録しない「書いていくとどんないいことがあるか」を気にせずに書く「本当の自分」はやった行動からしか分からない他の人が介入せずに、自分が記録し、自分がそれを読み返すことが大事大人の、人生経験のある人の方がこの重要性が分かる...

  • 何のために学問をするのか(972回)

    第972回の今回は何のために学問をするのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは指導者は「何のために学問をするか」の自分の答えを持っていなくてはならない関口先生の本を読めば、関口先生の脳と繋がることができる学問をすれば時間と空間を超えて知識を得られる「この人はこういう人」と思った瞬間に、自分がその世界に拘束される大碩学に繋がった時に全く違う見方ができる指導者や親は...

  • 脳の短期メモリを解放する(971回)

    第971回の今回は脳の短期メモリを解放するというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは脳の短期メモリ(短期記憶)の性能が良いほど学習効果が高まるある強烈な記憶に短期メモリを常に占められ、メモリが勉強に使えなくなる状態になっているお子さんほんの些細な事が短期メモリを支配する安心・安全な思いをさせることが学習で一番大事「今を生きる」とはメモリがフリーな状態短期メモリは思考の...

  • 母の力(970回)

    第970回の今回は母の力というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは受験においては「母の力なくして合格なし」コンビニ弁当を食べているお子さんとお手製の弁当を食べているお子さんの結果は明らかに違う大学受験は本人の自立の意思が問われる子どもの自立を母親が受け入れ、積極的に援助できること子どもの自立と、子どもが自立してしまうことの寂しさ、この矛盾を超えていくことが決定的に重要...

  • 真の自己肯定感を育てる(969回)

    第969回の今回は真の自己肯定感を育てるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは自己肯定感と万能感を混同していませんか?万能感は「自分が全て正しい」という感覚「学ぶ」ことにおいては、自分の間違いを認め、変えていかなければならない子供は正しいやり方を分かっていないが、万能感が故に「自分は正しいやり方を知っている」と思っている自分が間違っていることを受け入れて、治せること...

  • [大学受験・勉強法]受験勉強の本質に根ざしたカードの使い方

    第968回の今回は[大学受験・勉強法]受験勉強の本質に根ざしたカードの使い方というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはカードはとても有効な勉強ツールであるのはなぜか問題文を見た時に、必要な情報を呼び起こすことができなければならない分からない問題をカードに書き、常に持ち歩くカードの裏面は基本的に空白にするべき理由カードの内容は、自分が理解していないことを自分に知らせるため...

  • [受験]中三アラート(中三生向け)(967回)

    第967回の今回は[受験]中三アラート(中三生向け)というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは高校受験前だが、大学受験にとっても今は大事な時大学受験は、中学受験・高校受験と全く違うことを認識する必要がある(レベル・量において)大学受験でいい結果を出せる人は例外なくスタートが早い国公立大学志望の人は、文系理系問わず数学の到達度をチェックしよう現時点で高校数学に入っていない...

  • 成績は右肩上がりに伸びるわけではない(966回)

    第966回の今回は成績は右肩上がりに伸びるわけではないというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは得点が上がった、下がったと一喜一憂してはいけない正しいフィードバックを受け取るためには英語の得点差は英作文で開く。要所中の要所四技能の中で書くことが一番難しい。正しい英語の勉強ができているか表れてしまう各科目にそれぞれ「正しい勉強ができているかが表れる」ポイントがあるマーク...

  • 臨場感をもって勉強する(965回)

    第965回の今回は臨場感をもって勉強するというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは勉強時間に対して結果を最大化することが大事臨場感を持っているかどうかで結果が変わる普段の勉強机でも、実際の試験場で試験問題を解くつもりで勉強する臨場感を増すために、例えば志望校の試験時間通りに、その科目を勉強する実際の試験に臨むことを想定した様々なアイデアをやってみることが、志望校に1歩1...

  • [受験]12時間(964回)

    第964回の今回は[大学受験]12時間というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは復習・反復しないと力は落ちていく中学受験よりも高校受験、高校受験よりも大学受験になるほど多くの勉強時間が必要になる現状維持するためだけに12時間の勉強時間が必要現状維持の12時間+得点を上げる為の勉強時間が必要「そんなに勉強しなくても受かる」と思うのは根拠がない大学受験の頃にしか得られない...

ブログリーダー」を活用して、鴨下算数数学塾さんをフォローしませんか?

ハンドル名
鴨下算数数学塾さん
ブログタイトル
大好きが天才を生む
フォロー
大好きが天才を生む

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用