searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

GUMKAさんのプロフィール

住所
松戸市
出身
港区

自由文未設定

ブログタイトル
GUMKA備忘録
ブログURL
http://gumka.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
旧ソ連・東欧の道具や自動車、戦車、野戦炊事車、それらに関する模型について記事を書いています。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2012/10/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、GUMKAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
GUMKAさん
ブログタイトル
GUMKA備忘録
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
GUMKA備忘録

GUMKAさんの新着記事

1件〜30件

  • T-80U/T-80U-E1資料同人誌の追加情報

    現在、作業中のT-80U/T-80U-E1の資料同人誌ですが、アンドレイ・マルイシェフ氏よりT-80Uのインテリア写真を御提供いただけることになりました。 マルイシェフ氏の本業はロシアのファッション業界で活躍するカメラマンですが、基地公開日や兵器展示会に行って戦車や航空機の写真を撮るのが趣味だそうです。...

  • 東独軍野戦炊事車FKü 180/62

      新型コロナウイルス感染が、ここまで大きな事件になる前、海外オークションに旧東ドイツ軍の野戦炊事車FKü 180/62のセット写真が出品されていました。「うお!こんな貴重な写真がセット物で!これは全世界の野戦炊事車ファンや研究者と激しい打ち合いになるな」と覚悟し、オークション終了時間の間際に、勝負だ!とばかりに自分が出せる目一杯の金額で入札。ハラハラしながら終了時間まで、パソコンの画面を見つめていましたが...

  • レストアされたKP-3-37野戦炊事車

     先月上旬、モスクワのソコルニキ公園で開催された「オールド・タイマー2020」にて、レストアが完了したソ連の野戦炊事車KP-3-37が初披露されました。1930年代に開発された野戦炊事車としては、世界最優秀で3個の調理釜と温水用蛇口が4個、オーブンが2個あり、その性能の良さから、ドイツ軍も多数のKP-3-37を鹵獲し再利用しています。レストアを担当したのはモスクワのシャマンスキー工場で、対独戦勝記念イベントや各地のリエナ...

  • T-80Uの資料同人誌、出します

     ロシアのAFV研究者でカメラマン&イラストレーターでもあるアンドレイ・アクセーノフさんと共作で冷戦期~現用のソ連・ロシア戦車、大戦中の戦車・トラック・軍用自動車の資料同人誌を年に数冊、シリーズ化して刊行していきます。 前作のズリーニィ本とは異なり、実車開発や構造に関する文章を減らし、解説付きの細部写真集のような内容になります。 第一弾は、T-80UとT-80U-E1です。「T-80UってT-80BVのレンガみたいなERA装甲...

  • ハンガリー陸軍 40/43.M 突撃榴弾砲ズリーニィ

     発端は去年の4月、模型店時代のお客さんだったYさんから「ズリーニィの資料本、GUMKAでやりませんか?」と提案されたことでした。その後、Yさん経由でハンガリーの研究家コヴァーチュハーズィ・ミクローシュさんの原稿が届き、読んでみると非常におもしろく、当初は原稿を翻訳して、30枚ほどの写真解説を書くだけだから、秋には出版できるなと気楽に考えてスタートしました。 しかし、翻訳文の裏取り作業(地名や階級は正確な...

  • 謎のイタリア迷彩

     昨夏からズリーニィ突撃榴弾砲の同人誌を出すべく、ハンガリーから届いた原稿の翻訳と裏取りをしておるのですが、悪い癖で裏取り過程で「ああ、そうなんだ」となって、本筋とは違うところに深くハマって行く、いつものパターンに陥っています。 第二次大戦中のハンガリー戦車兵は、イタリア軍の戦車帽にそっくりな革製の39.M戦車帽を使っていましたが、原稿によれば「戦車兵には不人気だった」とあり、細部が気になったので「HU...

  • ハンガリーAFVの迷彩色

     今秋に第二次大戦中のハンガリー軍AFVに関しての本を出版する計画があり、本国の研究者とやりとりをしています。 実車の開発史や部隊史、実戦写真、実車マニュアルからの複写画像などが続々と送られてきますが、カラー塗装図が届いたとき「あれ?なんか茶色が違うぞ?」 と。  これまで西側の書籍や解説記事、プラモの塗装例などでハンガリー軍の三色迷彩の茶色と言えばレッドブラウンが定説でした。これはモノクロ写真への人...

  • T-34・T-34-85モデリングブック

     新紀元社の新刊スケールモデルファンDX「T-34・T-34-85モデリングブック」でGUMKAのT-34-85 1943年型砲塔が紹介されました。思い起こせば発売当時、モデルアート誌が新製品コーナーで紹介してくれただけで、他の模型誌はスルー(泣) 今回めでたく、作例付きで掲載していただき、大変にありがたいことです。 タミヤ、ドラゴン、AFVクラブ、アカデミーのキットを使ってT-34とT-34-85の各型を製作しており、終わり1/4ページでポ...

  • ソ連から届いた切手帳

     東京大学五月祭の講演用原稿を書くべく、過去の資料を捜していると、いろんな物を発掘しましたが、その中で「これは!」というネタを紹介します。 私の持っている資料の多くは、まだ、社会主義国だった頃の東欧やソ連の友人から送ってもらったもので、PCもメールもなかったので、郵便でやりとりをしていました。 チェコ、ポーランド、東独など東欧から発送される郵便物は、手紙も本も写真も問題なく届くのに、ソ連からは雑誌や...

  • 東京大学五月祭での講演が終了

     5月20日に開催された東大戦史研主催の東京大学五月祭講演が無事に終了しました。御来場いただきました皆様、ありがとうございました。 講演内容と使用するスライド画像の事前提出があったため、原稿を用意せねばならなんのですが、仕事の都合上、ホビーショーが終わってから本格的に原稿を書き始める羽目に。しかも、書いてる途中、過去の資料やアルバムを引っ張り出すと、懐かしさの余り、ついつい読みふけったり、ノスタルジ...

カテゴリー一覧
商用