プロフィールPROFILE

the salarymanさんのプロフィール

住所
北海道
出身
福岡県

自由文未設定

ブログタイトル
サラリーマンの読書エッセイ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/salaryman_essay/
ブログ紹介文
本を読んでふと何かを思うとき、徒然なるままに書く簡単書評とショートエッセイです。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2012/09/30

the salarymanさんのプロフィール
読者になる

the salarymanさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 26,766位 26,065位 23,366位 17,903位 17,990位 16,888位 16,918位 979,877サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 0 50/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 30 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 170位 159位 144位 108位 108位 95位 99位 12,784サイト
書評・レビュー 51位 46位 41位 26位 25位 24位 23位 3,337サイト
サラリーマン日記ブログ 99位 92位 77位 61位 58位 55位 54位 11,541サイト
50代サラリーマン 7位 7位 6位 5位 5位 5位 5位 184サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 43,329位 43,332位 43,580位 37,390位 37,389位 37,193位 40,906位 979,877サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 0 50/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 30 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 202位 205位 203位 163位 165位 166位 175位 12,784サイト
書評・レビュー 58位 59位 58位 44位 45位 46位 49位 3,337サイト
サラリーマン日記ブログ 157位 158位 161位 127位 129位 126位 139位 11,541サイト
50代サラリーマン 13位 15位 15位 11位 10位 11位 13位 184サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,877サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 0 50/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 30 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,784サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,337サイト
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,541サイト
50代サラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 184サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、the salarymanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
the salarymanさん
ブログタイトル
サラリーマンの読書エッセイ
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
サラリーマンの読書エッセイ

the salarymanさんの新着記事

1件〜30件

  • 夜行/森見登美彦

     久々の森見登美彦は、ますます想像力豊かで可視的。鮮烈なイメージでした。それだけに、コミックとしても刊行されている小説であることにも頷けます。この種の奇譚、もしくはファンタジーは頭が混乱して、僕はちょっと苦手かな・・・。taste:★★★☆☆夜行 (小学館文

  • フーテンのマハ/原田マハ

     旅が大好きなマハさんが、小説のネタ探しや取材の旅を綴った痛快エッセイです。芸術小説もさることながら、僕はマハさんのこんな機知に富んだ文章が好きです。マハさん、この種の笑える小説をもっと書いてくれないかな・・・。taste:★★★★☆フーテンのマハ (集英社

  • リーチ先生/原田マハ

    英国人の陶芸家、バーナード・リーチの足跡をたどった、マハさんの「芸術小説」です。助手として長く生活を共にした、沖亀之介の目を通じてリーチ先生を描きます。芸術はマハさんの得意分野ながら、この作品は少し趣が異なるようで新鮮でした。taste:★★★★★リーチ

  • 医者が考案した最強の朝ごはん/小林弘幸

    時間をつぶづために書店に立ち寄った時、タイトルに引かれて衝動買いしました。朝ごはんが大事であることは、今どき否定する意見はほとんどないでしょう。そのいつもの朝ごはんに「おはようソース」をプラスすれば・・・。早速やってみました!taste:★★★★★医者が考

  • 後悔病棟/垣谷美雨

     垣谷美雨さんの小説をもっとたくさん読んでみたくなり、この本も買いました。不思議な聴診器で心が読める。人生のやり直しを疑似体験させることができる・・・。そんな道具立てで人生を語るヒューマンドラマです。心打たれる物語です。taste:★★★☆☆後悔病棟 (小学

  • 危険なビーナス/東野圭吾

    書店で目に付いたので、久しぶりに東野圭吾を読んでみたくなり購入しました。今ではこの文庫、書店の書棚の一角を占領するほど平積みになっています。映画やドラマなど、映像化の期待もあるようです。はい、おもしろかったです。taste:★★★★☆危険なビーナス (講談

  • ニュータウンは黄昏れて/垣谷美雨

     住宅ローンに追われる家族と、そこへ突如現れた救世主のような資産家の男―。売却も建替えもままならない分譲団地で、様々な人間模様が展開されます。垣屋さん、こんな人生の紆余曲折を描くのが上手です。のめり込みました。taste:★★★☆☆ニュータウンは黄昏れ

  • うちの子が結婚しないので/垣谷美雨

    垣谷美雨さんの小説は、無理のありそうなお話でも奥が深くておもしろいです。この小説も、子供のかわりに親同士が「親婚活」をするという、かなり不可解な設定。それでも、親の心理や子の立場など、様々に「人間」を考えさせる題材でした。taste:★★★☆☆うちの子が

  • ブランドSTORY/関野吉記

     会社の関係者からいただいたビジネス書です。おもしろそうだったので読んでみました。ブランディングの考え方ややり方を掘り下げた内容で、大いに参考になる本でした。ただ、もう少し具体例があった方がより実践的かな。でも、読んでよかったです。taste:★★★

  • 農ガール、農ライフ/垣谷美雨

     これまでに読んだことのない作家ながら、書店で見て読んでみたくなりました。期待した通り、笑いあり、涙もありの、ぐいぐい引き込まれるような小説でした。自ら人生を切り拓く久美子さんに、そして周囲の人情にも、大いに感動ありです。taste:★★★★☆農ガール

  • あなたの人生、片づけます/垣谷美雨

     この作家の『農ガール、農ライフ』という小説を書店で見つけ、興味を持ちました。それと共に購入した、この『あなたの人生、・・・』。これから先に読んでみました。コミカル仕立てながら、奥の深い小説です。急速に垣屋さんのファンになりました。taste:★★★★★あ

  • 卑弥呼の葬祭/高田崇史

     卑弥呼、天照・・・そんなタイトルの文庫を書店で見つけ、ムラムラっときて購入しました。アマテラスの天岩戸伝説の真実、そしてそれに絡んだ現代における殺人事件。邪馬台国論争は興味深いとはいえ、サスペンスとしてはあまりに無理があるかな・・・。taste:★★☆☆☆

  • 洋食 小川/小川糸

    『ツバキ文具店』でブレークした感のある小川糸さんの、日記風のエッセイです。夫「ペンギン」や愛犬「ゆりね」との暮らし、そして定期的に訪れるドイツの様子。淡々と綴られる中に、小川さんのやさしい心が滲む、明るいエッセイ集でした。taste:★★★★☆洋食 小川

  • 戦略プロフェッショナル/三枝匡

     三枝匡さんのビジネス小説シリーズ、これが最も古い作品のようです。共通しているのは、主人公が企業を再生するすばらしい能力を持つこと。どれも実在の企業がモデルです。勉強になりました。ありがとうございます。taste:★★★★☆戦略プロフェッショナル―シェ

  • 関西で飲もう/太田和彦

    以前読んだ『ひとり飲む、京都』と同様、関西で飲めるお店を紹介したエッセイです。今回は、居酒屋、割烹、そしてバーで、いろんな種類の料理とお酒を楽しむ太田さん。楽しくてしかたがない・・・。著者のそんな気持ちが伝わってきます。こんなの、好きです。taste:★★★

  • ザ・会社改造/三枝匡

     三枝匡さんのビジネス小説の最新刊です。モデルの会社は実在のものです。そして、「会社改造」を進めた三枝さん自身も、社長として実名で登場します。「改革」よりスケールの大きな「改造」のプロセスに、納得の要素がぎっしりでした。taste:★★★★☆ザ・会社改

  • 経営パワーの危機/三枝匡

     どうやら今、三枝匡さんの経営危機小説三部作を新しい順に読んでいるようです。先月の『V時回復の経営』が最新の三作目、この『経営パワーの危機』が二作目です。一作目の『戦略プロフェッショナル』も既に入手しています。楽しみです。taste:★★★★★経営パワ

  • V字回復の経営/三枝匡

     昨年読んだ『戦略参謀』他と同じく、ケーススタディを小説にしたようなビジネス書です。大企業に埋もれる巨大赤字の部門を、2年で立て直すべく送り込まれた経営者。事実に基づいた組織再編や人心掌握の手法に、多くを学びました。秀作です。taste:★★★★★V字回

  • 感動経営/唐池恒二

     前著の『鉄客商売』や『本気になって何が悪い』で、唐池さんのファンになりました。なので、僕はこの本の内容はおよそ推測できました。でも、やっぱり買いました。これまでよりずっと、幅が広がったように思いました。唐池さん、ますます元気です。taste:★★★★☆

  • 誰かが足りない/宮下奈都

     この宮下さんの作品にも興味があって、『田舎の紳士服店・・・』と一緒に買いました。同じタイミングでレストランを訪れた、それぞれに事情を持つ6組の客の物語です。2012年、本屋大賞ノミネート作。僕は少し、6編の出来にバラツキを感じましたが・・・。taste:★★★☆

  • 田舎の紳士服店のモデルの妻/宮下奈都

    『羊と鋼の森』で触れた、宮下さんの淡々とした作風に再び出会いたくて手にしました。はい、どこにでもいそうな主婦の日常を描いた、期待通りの静かな作品です。平凡な家族の成長をしっとりと描きつつ、生き方を問うような重みもありました。taste:★★★★★田舎の紳

  • いとしいたべもの/森下典子

    『日日是好日』ですっかりハマった森下さんのこのエッセイ集を、書店で見つけました。おいしい食べ物にまつわるいろんなエピソード、そしてそこからにじみ出るような思い。ほのぼのと、そして時にほろりとさせられます。「愛すべき作品」だと思いました。taste:★★★★

  • サラバ!(上・中・下)/西加奈子

    2014年、第151回直木賞受賞作です。気になっていたこの小説が文庫になりました。以前読んだ『さくら』同様、崩壊した家庭とその再生がテーマで、物語はシリアスです。紆余曲折の後、ハッピーエンドと言えるラストがさわやかです。のめり込みました。taste:★★★★☆

  • たそがれ清兵衛/藤沢周平

     この本、数年前に手に入れた後、なぜか書棚に眠ったままになっていました。先日これを見つけて読みたくなり、ようやく日の目を見ることになった次第です。ユーモアと涙が同居したような短編が8編。藤沢周平さん、さすがです。taste:★★★★☆たそがれ清兵衛 (新

  • 稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方/稲盛和夫

    正月休み中に読んだ『全員経営』で、稲盛和夫さんの経営マインドに感銘を受けました。早速この本を手に入れて、稲盛さんの経営哲学を直接吸収してみることを試みました。経営者へのわかりやすいアドバイスが刺激になります。大いに参考になりました。taste:★★★★★

  • 赤ひげ診療譚/山本周五郎

     またもこれを読んだのは、この本を若手社員にプレゼントしたのがきっかけです。医師として立派に成長していく保本登の姿は、何度読んでも心に沁みます。仕事とは何か。何を考えて仕事に取り組むのか。そんな教えを散りばめた名作です。taste:★★★★★赤ひげ診療

  • 全員経営/野中郁次郎・勝見明

     昨年のピリッとしない状況からのV字回復と、将来の経営基盤強化を目論むわが社。何らかの参考になればと、書店で見つけたこの本を、正月休み中に読んでみました。はい、大いに参考になりました。とりわけ、最初に出てくるJALの再建、見事です。taste:★★★★★

  • クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養/松田亜有子

    難しいことは抜きにして、新聞広告で見たこの本、ゆったり読んでみたくなりました。なるほど。知っていれば、音楽をもっと楽しく聴けそうな歴史的背景を教えてくれます。「ビジネスに効く」っていうのは取って付けたような感じもありますが・・・。taste:★★★★☆クラ

  • 日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ/森下典子

     ちょうど10年前、文庫が刊行された直後に読んだこの本、再び読みたくなりました。あの時、これはまたいつか読もうと思い、単身の北海道に持ってきていたんです。季節の移ろいとそれを五感で感じ取る歓び・・・。やっぱりこの本、名著です。taste:★★★★★日日是好日

  • キラキラ共和国/小川糸

     『ツバキ文具店』の続編です。やっぱり、文庫になるのを待ちきれませんでした。ミツローさんと結婚した鳩子さんの、ささやかながら幸せな日々が描かれます。ほのぼのとした空気に包まれるような作風に、すっかりハマりました。taste:★★★★★キラキラ共和国 [単

カテゴリー一覧
商用