プロフィールPROFILE

たあ坊さんのプロフィール

住所
中区
出身
津和野町

自由文未設定

ブログタイトル
たあ坊の四季彩々
ブログURL
http://tabotabo.jugem.jp/
ブログ紹介文
ときめく瞬間を求めて、どこまでも、どこまでも…。Canonという相棒と一緒に。
更新頻度(1年)

274回 / 365日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2012/09/02

たあ坊さんのプロフィール
読者になる

たあ坊さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 25,786位 24,046位 24,051位 24,191位 24,054位 24,124位 24,129位 979,994サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 699位 653位 660位 674位 669位 662位 654位 32,930サイト
デジタル一眼(Canon) 7位 6位 4位 5位 5位 4位 4位 686サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 60,893位 62,185位 62,088位 62,103位 62,353位 62,473位 73,181位 979,994サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,450位 1,484位 1,485位 1,500位 1,514位 1,500位 1,850位 32,930サイト
デジタル一眼(Canon) 19位 20位 20位 19位 20位 21位 26位 686サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,994サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,930サイト
デジタル一眼(Canon) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 686サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たあ坊さんの読者になりませんか?

ハンドル名
たあ坊さん
ブログタイトル
たあ坊の四季彩々
更新頻度
274回 / 365日(平均5.3回/週)
読者になる
たあ坊の四季彩々

たあ坊さんの新着記事

1件〜30件

  • 落日

    冬になって日暮れが早くなってきた。 今日も西の空を茜色に染めて、太陽が沈んでいく。 画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105mmF4L IS USM 撮影地

  • 龍野城址

     街を見下ろす山麓に建っている。 天守閣はないが白亜の城壁 本丸御殿 隅櫓などが復元されている。城へ続く道は曲がりくねって敵から攻撃されにくくしたのだろう。 桜の樹が沢山あったので、桜の花が咲く時期に訪れてもいいかもしれ

  • 明治〜昭和へタイムスリップ

     童謡の「赤とんぼ」の作詞で知られる三木露風氏。1889(明治22年)〜1964(昭和39年) その生家が龍野市に佇んでいた、その住まいは何とも言えない懐かしい感じがする、中に入らせていただくと、露風氏の幼い頃の写真と青

  • 透過光に映えて

     干潟の撮影を終えて、城下町の龍野市をしばし散策してみた。 龍野城址の近くで、透過光に映えた見事な紅葉に出会った。 画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105mmF4L

  • 浜辺の模様

     潮が引いた後には砂紋が朝の光に浮かび上がった。 浜辺に降りてみた、今まで水があったにしては思ったより固く足跡が僅かに付く。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R EF

  • 煌めき

     太陽が昇って、干潟に陽が差し込んだ。 思わず目を細めるほど眩しく、それは宝石でも見ているような輝きだった。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R EF28-300ミリ

  • 輝く模様

     新舞子浜の干潟が、最も美しく見られる時期は、12月から2月の間。ただし いつでも見られる訳でもなく 、干潮と日の出の時間差のタイミングが合わないと、美しい干潟を見ることは出来ない。  昨夜 星空を撮影した所から高台に移

  • 満天の星空

     干潟を撮るべく、夜11時ごろ家を出て3時間かかって午前2時ごろ現地に到着。 干潟は夜明けまで待つつもりだったが、そこには美しい満天の星が瞬いていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります 

  • 丘の上に

    サクラの紅葉が、丘の地面を綺麗に飾っていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105mmF4L IS USM 撮影地:大阪府 堺市

  • 秋の光

     紅葉したモミジを、晩秋の柔らかな透過光が、美しく浮かび上がらせていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105mmF4L IS USM 撮影地:大阪府

  • 晩秋の予感

     公園の片隅で、ナンキンハゼの紅葉が終わりを告げようとしていた。 ナンキンハゼは他の紅葉よりも真っ赤になり、その赤い色を残しながら、絨毯のように地面を赤く染めていた。 撮影の間もハラハラと葉を落としていた。 &

  • 夕焼け雲

    夕方から雨 の天気予報だった。 夕方空を見上げた時は、上空は雲に覆われて 西の空が僅かに赤みをさしていた。 しばらくして家の窓ガラスが急に赤くなってきた。その赤さと言ったら、家の中の人の顔まで赤くなるほどで、明らかに 夕

  • ファンタジー

    七色に輝く蜘蛛の糸。 他愛のない ありふれた蜘蛛の糸だが、光の当たり方や 光のボケが二重 三重と重なり合って、幻想的な画像になった。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS

  • 湖畔の樹

     すっかり葉を落とし、冬支度を終えた湖畔に立つ桜の樹を、小春日和の光が優しく包んでいる。 枝に絡んだ蔦の紅葉が、殺風景な裸木に僅かな彩りを添えていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります 

  • 赤い実

    スポット光に浮き上がっている赤いものが遠目に見えた。 近寄って行くと、ピラカンサがたわわに実を付けていた。その光の当たった実は怖い位の赤い色をしていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります 

  • 水辺の彩り

     午後の陽射しに、赤くそまった紅葉が、青空とともに水面に映っていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105mmF4L IS USM 撮影地:大阪府 河

  • 夕陽の中に

     沈む夕陽の低い光の中で、落ち葉が逆光に照らされて彩りを増していた。 画像をクリックしていただければ大きくなります  CanonEOS R RF24-105mmF4L IS USM 撮影地:大阪府 堺

  • 逆光に輝いて

     ナンキンハゼの紅葉が逆光の中で、背景の黄色と緑の中で輝いていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105mmFIS USM 撮影地:大阪府 堺市&nb

  • アザミの花

     おそらく この場所は一日中、陽は当たらないだろうと思う。 そんな林の中で季節外れのこの時期に、アザミの花がひっそりと咲いていた。  こんな環境でもこのアザミにとってはいいのかもしれない。小さな命でも何か生きる

  • 秋の日

      近くの公園の秋の午後。 落葉樹の紅葉もピークを迎えている、中央の大きな樹は欅、個々の葉っぱは小さいが、モミジに負けない位に真っ赤に紅葉していた。 画像をクリックしていただければ大きくなります Ca

  • 落葉

    夕陽の逆光の中に落ち葉が輝いて、落ち葉を落とした樹の影が長く伸びていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105mmF4LIS USM 撮影地:大阪府

  • 里の秋

    干した稲を脱穀している風景に出会った。 稲はぜに掛けて干した稲、その稲を稲はぜから外して米になる稲穂の部分を採る脱穀、脱穀した籾を精米したのが白米になり ご飯になる 当たり前のことだけど。脱穀した後の藁はまた色々な使いみちがある。

  • 里にも

    11月中旬 秋も深まり里にも紅葉前線が降りてきている。 近くの公園でも紅葉が目立つようになって、今は欅とナンキンハゼが赤く染まり、青空に映えていた。 空には秋の雲が流れてきた。  画像をクリックしてい

  • コスモス

    山あいの休耕畑にコスモスが満開になっていた。 赤、ピンク、白など色とりどりの色彩が、優しい雰囲気を出している。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105m

  • 木漏れ日

     林の中で一条の木漏れ日がさしていた。 その光の中にレコード盤のような、蜘蛛の糸の円盤がキラキラと輝いていた。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS R RF24-105m

  • 信州紅葉紀行 樹形

    一本のダケカンバの木が葉を落としていた。 小さな枝が四方八方に伸びて、その樹形に惹かれてシャッターをきった。 真冬になれば、この枝に霧氷が付き、何とも言えない美しさになる。 画像をクリックしていただければ大きく

  • 信州紅葉紀行 絵画

     美しく彩られた樹々の紅葉、湖面に映る影、時おり 吹く風に水面にさざ波が立ち、霧も流れて、宛ら 一幅の絵画でも見ているようだった。  画像をクリックしていただければ大きくなります CanonEOS 5Dマーク�

  • 信州紅葉紀行 冬支度

    志賀草津道路の頂上付近では、緑の中に葉を落としかけたダケカンバの白い樹が目立っていた。 僅かに残っている黄葉も、やがて葉を落とし冬支度を始めることだろう。  画像をクリックしていただければ大きくなります&nbs

  • 信州紅葉紀行 紅葉真っ盛り

    長野県 湯田中 渋温泉郷から、志賀草津道路と呼ばれる国道292号線は、渋峠を経て群馬県草津温泉を結ぶ山岳道路。 湯田中から頂上の渋峠までの標高差は1700メートル、10月下旬のこの時期は、麓の辺りは樹の葉はまだ緑であったが、&nb

  • 信州紅葉紀行 谷の光景

    常緑樹の中に、ダケカンバなどのなどの黄葉が点在している。 夜が明けて間もない頃、上空には太陽の光も届かないほど霧が深く立ち込めほどていた。 黄葉に派手さはないが、ダケカンバなど黄色い樹々の一本 一本が主張しているようだ。

カテゴリー一覧
商用