searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
一夜妻への想い
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yukihito300/
ブログ紹介文
愛する妻を他人の一夜妻に… そんな夫の願望と体験をブログに書きました
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2012/08/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゆきひとさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゆきひとさん
ブログタイトル
一夜妻への想い
更新頻度
集計中
読者になる
一夜妻への想い

ゆきひとさんの新着記事

1件〜30件

  • ひと夏の海辺 -1-

    何年か前の夏、私と由香里はある夫婦に誘われて、海辺の貸し別荘で約1週間程を共に過ごしました。 (相手の方の仮名を笹山さんとします) 私と由香里にとって忘れられない夏の出来事を、何回かに分けて書いてみます。 笹山さん夫婦とは、互いに相手を換えた性行為を既に2回経

  • 10代の体験 -5-

    理沙さんは、私が間もなく極みに達することを察すると、脇に置いてあったティッシュを何枚か手に取りました。 吐き出される精を受け止めるため、ローションにまみれた茎の先端へと重ねます。 私は眩い快楽に震える脚で必死に体を支え、理沙さんの背中にまわした手で彼女を抱

  • 10代の体験 -4-

    互いの体が触れそうな狭い個室の中に、理沙さんの甘い香りが漂いました。俯いた私の顔のすぐ前で、彼女の美しい首筋と肩が淡い灯に包まれています。理沙さんは、両手で勃起を隠す私の顔を見つめながら、口元に優しげな笑みを浮かべました。「手をどけなきゃ… ね」彼

  • 10代の体験 -3-

    中央にある「女性の部屋」と、マジックミラーを隔てて囲むいくつかの個室… それが私にとって初めての性的な体験をするための空間でした。 店内の照明が一旦消え、静かな音楽が閉ざされた部屋を漂うように流れます。暗がりは再び灯された明かりで微かに照らされ、性の空間を

  • 10代の体験 -2-

    私は新宿駅の人混みを抜け、繁華街にあるP(仮名)という風俗店を探しました。小さな通りにある看板を見つけましたが、周りは人通りが多く、足がすくんで中に入ることが出来ません。 路地の片隅で早まる鼓動をなだめながら自分の心に言い聞かせます。今更、何を戸惑っている

  • 10代の体験 -1-

    10代だった頃の私が初めて体験した性の出来事… セックスではなく、女性に対する初めての射精を経験した時の事を書いてみます。 ブログ「妻を愛した少年」にも書きましたが、私は高校生の頃から性に対する想いが強く、その欲望は年上の女性… 30代の人妻やOLの美しい姿に向け

  • 少年の自慰

    夫である私が許した上で、妻の由香里と佑希という名の少年が、性的な関係を続けていた頃のことです。まだ年若い彼にとって、由香里と逢うことの出来ない日々は、例えそれが一週間であったとしても、とても長く感じられる切ない時間でした。妻に対する想いをメールに書

  • 他人の妻を

    昨夜、私は貴子さんと二人だけの時を過ごしました。互いに全てを与え、受け入れ合う眩いひと時でした。同じ日、私達とは別の場所で妻の由香里も、貴子さんの夫である沢田さんと一夜を共にしました。私は沢田さんに愛される妻を想いながら、貴子さんを抱いたのです。

  • 前夜の儀式

    明日、沢田さん夫婦と、互いの夫と妻を交換します。沢田さんの奥様である貴子さんと会うのは2カ月ぶりです。それぞれ別々に予定を立て、離れた場所で互いの夫や妻を想いながら、仮の夫婦として過します。前々から予定を立ててはいましたが、沢田さんの仕事の都合で直前まで

  • 不倫旅行 -9-

    由香里が神戸から帰った後、私は何日かの時をかけながら、旅先での出来事を妻に尋ねました。日常の生活を同じように過ごしながら、夜の寝室では二人の男性との淫らな行為を告白させたのです。幾度も妻を愛しました・・・他人に奪われた由香里を取り戻すように・・・

  • 不倫旅行 -8-

    妻が神戸への旅行中、私の心に幾度も浮かんだのは由香里と貴子さんとの「互いが女性としての性的関係」です。既にこのブログにも書いていますが、由香里と貴子さんは相手の肌に舌で触れ合う行為をしています。それは互いの夫婦を交換しあう中での出来事でした。由

  • 不倫旅行 -7-

    二日目は台風の影響もあり、由香里達は予定していた瀬戸内海への旅を楽しむことは出来ませんでした。貴子さんからの電話では、倉田さんは一夜を過ごした由香里に対して、自分自身の心の中で決別することに苦しんだそうです。二度目の夜、由香里はもう一人の男性である

  • 不倫旅行 -6-

    私は他人の腕の中にいる妻を想いながら、幾度も寄せる浅い眠りの波間を漂っていました。貴子さんから電話があったのは、深夜を過ぎた頃でした。由香里と倉田さんがセックスする姿を、隣のベットから見つめたこと…彼は身悶えながら、夫である私への羨みを譫言のよ

  • 不倫旅行 -5-

    私は薄暗い寝室で横になったまま、遠く離れた妻の一夜を想いました。由香里にとって満ち足りたひと時であれば、それだけで私の切ない想いは報われるのです。夜になって貴子さんからメールが届きました。京都で夕食を済ませ、車で神戸に向かい、ホテルにチェックイ

  • 不倫旅行 -4-

    由香里は今頃、どんな時を過ごしているのだろう夫が自ら企てた妻の不倫旅行…決して他に知られてはならない不貞の旅…私と由香里はこの数年の間に、世間に対する多くの秘密を作りました。 寝取られ、夫婦交換、少年との性体験、ソフトSM そして由香里と貴子さんの「女性とし

カテゴリー一覧
商用