searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

aortic_aneurysmさんのプロフィール

住所
一宮市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
一宮西病院 心臓血管外科ブログ
ブログURL
http://kyouryoukai.hatenablog.com/
ブログ紹介文
愛知県一宮市にある一宮西病院心臓血管外科のブログです。日常の様々なことをつづっていきます。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2012/08/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、aortic_aneurysmさんをフォローしませんか?

ハンドル名
aortic_aneurysmさん
ブログタイトル
一宮西病院 心臓血管外科ブログ
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
一宮西病院 心臓血管外科ブログ

aortic_aneurysmさんの新着記事

2020年07月 (1件〜30件)

  • CBCラジオ「健康のつボ~肺がんについて~」 第7回(令和2年7月15日放送内容)

    7CBCラジオ「健康のつボ~肺がんについて~」 第7回(令和2年7月15日放送内容)出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、竹下正文医師(一宮西病院呼吸器内科副部長) (小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~肺がんについて~』。日本人の死因第1位、がんの中でも死亡者数が一番多い肺がんについて、一宮西病院・呼吸器内科副部長の竹下正文(たけしたまさふみ)先生にお話を伺います。よろしくお願いします。 (つボイ)よろしくお願いいたします。 (竹下)よろしくお願いします。 (小高)今日は肺がんにおける『タバコの影響』について先生にお話しを伺います。やはり喫煙するということは…

  • 世界が認めた診断力 放射線診断医 木口貴雄

    一宮西病院・医師採用サイト内に、放射線診断科・副部長の木口貴雄医師の単独インタビュー記事をアップしました。木口医師は北米学会が主催する画像診断コンテストで毎年チャンピオンに輝く『世界が認める放射線診断医』です。木口医師が一宮西病院へ赴任したきっかけ、画像診断に向き合う思いなどを熱く語っています。 ◎画像クリック(タップ)で、一宮西病院・医師採用サイトへリンクします。

  • CBCラジオ「健康のつボ~肺がんについて~」 第6回(令和2年7月8日放送内容)

    CBCラジオ「健康のつボ~肺がんについて~」 第6回(令和2年7月8日放送内容)出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、竹下正文医師(一宮西病院呼吸器内科副部長) (小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~肺がんについて~』。日本人の死因第1位、がんの中でも死亡者数が一番多い肺がんについて、一宮西病院・呼吸器内科副部長の竹下正文(たけしたまさふみ)先生にお話を伺います。よろしくお願いします。 (つボイ)よろしくお願いいたします。 (竹下)よろしくお願いします。 (小高)初期は自覚症状がなくて、気づいたときには他の部位に転移していたりして、がんの中では死亡者数の一番多…

  • 一宮西病院では2020年7月より、SCU(Stroke Care Unit:脳卒中集中治療室)を開設しました

    一宮西病院では、2020年7月よりSCU(Stroke Care Unit:脳卒中集中治療室)を開設しました。SCUとは、脳卒中を発症して間もない患者さん、すなわち病態が不安定な患者さんに対して、効率的に初期治療を行う病棟です。脳神経内科医、脳神経外科医、看護師、理学療法士および作業療法士が、24時間体制で患者さんの治療にあたっております。 ●SCUのメリット脳卒中治療ガイドラインには、SCUで治療することにより、死亡率の減少、在院期間の短縮、自宅退院率の増加、長期的な日常生活能力と生活の質の改善…を図ることができると明記されています。 ●脳卒中とは脳卒中とは、脳の血管の病気です。脳の血管が詰…

  • 一宮西病院・気胸センター始動!患者さんの負担が小さい【単孔式(たんこうしき)胸腔鏡手術】を積極的に実施しています

    肺は風船のように空気で膨らんでいる臓器ですが、その肺が何らかの原因で破れてしぼんでしまう病気が「気胸」です。それ自体で命を落とすことは稀な病気ですが、破れた肺が元に戻るまでの間、息切れや胸痛などの症状が続き、部活動・仕事・飛行機による移動などが制限されるため、生活の質(QOL)に大きな影響を及ぼします。一宮西病院では2020年5月より【気胸センター】が始動、呼吸器内科・呼吸器外科・救急科が連携して治療を行う体制を整えました。 気胸の手術は一般的に、2~3か所の創からアプローチする【胸腔鏡】で行われますが、当院ではさらなる低侵襲化(身体への影響を小さくする)を推進、一昨年より(原発性自然気胸の患…

  • YouTube<一宮西病院>チャンネル こどもから大人まで!自宅でできる頭痛の予防法

    意外と多いお子さんの頭痛、特に小学校高学年から中学までに多いといわれています。多くの世代を悩ませる頭痛について、日本小児神経学会・日本睡眠学会所属・一宮西病院・小児科の水川医師が解説します。お子さんが頭痛で悩んでいるという親御さん、ぜひご覧ください。 ◎動画内で紹介している<頭痛ダイアリー>は、下記サイトからダウンロードできます。(一宮西病院・小児科ページ/頭痛コラム内にございます) 子どもの頭痛について | 内科系 | 一宮西病院 | 社会医療法人 杏嶺会

  • CBCラジオ「健康のつボ~肺がんについて~」 第5回(令和2年7月1日放送内容)

    CBCラジオ「健康のつボ~肺がんについて~」 第5回(令和2年7月1日放送内容)出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、竹下正文医師(一宮西病院呼吸器内科副部長) (小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ』。新型コロナウイルスの影響で5月、6月と過去の放送の中から総集編をお送りしてきましたが、今日からレギュラーの放送に戻ります。 4月にお送りしていたのは日本人の死因第1位の癌の中でも死亡者数が一番多い、肺がんについてです。一宮西病院・呼吸器内科副部長の竹下正文(たけしたまさふみ)先生です。4月から2ヶ月空けてのご登場です。お久しぶりでございます。 (竹下)ご無沙汰し…

  • 日焼け・紫外線から子どもを守ろう!

    元気に外遊びをする子ども。あまり日焼けしすぎると、肌に悪いんじゃ…と心配に思ったことはありませんか?子どもの肌を守るために、紫外線の影響や対策について、一宮西病院・小児科の杉山剛医師にお話しを伺いました。 ■日焼けは危険なの? 日焼けには、紫外線を浴びた後に皮膚が赤くなる「サンバーン」と、その後に色素が沈着して黒くなる「サンタン」の2種類あります。なかでもサンバーンは皮膚が赤くなって熱を持った状態になり、治るまで数日かかるので注意が必要です。さらに、皮膚にはバイ菌やアレルゲン(アレルギーの原因物質)から体を守る重要な働き(バリア機能)がありますが、重症化して水ぶくれができるとバリア機能が低下し…

  • 一宮西病院で一宮市産ヒマワリを展示、ご帰宅される皆さまへプレゼントしました

    7月1日(水)と2日(木)、地元の農業協同組合さまからご提供いただいたヒマワリ600本を正面玄関へ展示しました。また2日(木)には、病院からご帰宅される患者さまやご家族さまへ、このヒマワリをプレゼントいたしました。 このヒマワリは、農業協同組合さまが地元のお花生産者さまより買い取ったものです。コロナ禍でお花の需要が少なくなった生産者さまを支援するとともに、お花で誰かが元気になってくれれば…という思いに賛同し、このたび一宮西病院でヒマワリを展示させていただくこととなりました。 患者さまからは、「本当に生花なの?」「落ち込むことがあったけどこのヒマワリを見て元気になれた!」「おうちに飾らせてもらう…

カテゴリー一覧
商用