プロフィールPROFILE

和楽園さんのプロフィール

住所
東区
出身
東区

静岡県浜松市天竜川の流域に生まれ,明治時代郡長議員を努め地域に貢献,以後は俳人として名を残す。二宮尊徳の報徳思想を農業振興に取り入れ俳句は芭蕉を尊敬し各地に門人を増やす。

ブログタイトル
俳人十湖讃歌
ブログURL
http://romance.cocolog-nifty.com/jyuco/
ブログ紹介文
江戸末期に生まれ明治、大正時代を変人,変哲と言われながら,時代を駆け抜けた俳人松島十湖のエピソード
更新頻度(1年)

88回 / 313日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2012/08/13

和楽園さんのプロフィール
読者になる

和楽園さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 44,975位 46,461位 46,553位 46,538位 46,513位 46,547位 圏外 977,804サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 20 0 0 130 10 160/週
小説ブログ 356位 374位 369位 372位 372位 374位 圏外 12,014サイト
歴史・時代小説 11位 11位 11位 11位 11位 12位 圏外 258サイト
歴史ブログ 341位 360位 357位 360位 363位 360位 圏外 4,197サイト
近代 明治・大正・戦前 9位 10位 10位 10位 10位 10位 圏外 154サイト
地域生活(街) 中部ブログ 643位 668位 670位 664位 656位 649位 圏外 13,277サイト
浜松情報 20位 21位 21位 20位 17位 17位 圏外 503サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 71,785位 74,951位 74,838位 圏外 圏外 圏外 圏外 977,804サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 20 0 0 130 10 160/週
小説ブログ 527位 558位 550位 圏外 圏外 圏外 圏外 12,014サイト
歴史・時代小説 11位 11位 11位 圏外 圏外 圏外 圏外 258サイト
歴史ブログ 464位 489位 488位 圏外 圏外 圏外 圏外 4,197サイト
近代 明治・大正・戦前 12位 13位 14位 圏外 圏外 圏外 圏外 154サイト
地域生活(街) 中部ブログ 1,272位 1,345位 1,355位 圏外 圏外 圏外 圏外 13,277サイト
浜松情報 48位 49位 51位 圏外 圏外 圏外 圏外 503サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 15,938位 15,499位 14,016位 13,762位 13,610位 13,504位 15,157位 977,804サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 20 0 0 130 10 160/週
小説ブログ 152位 144位 132位 128位 128位 127位 143位 12,014サイト
歴史・時代小説 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 258サイト
歴史ブログ 129位 127位 113位 115位 115位 114位 120位 4,197サイト
近代 明治・大正・戦前 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 154サイト
地域生活(街) 中部ブログ 211位 206位 192位 191位 189位 191位 202位 13,277サイト
浜松情報 9位 8位 7位 7位 7位 8位 8位 503サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、和楽園さんの読者になりませんか?

ハンドル名
和楽園さん
ブログタイトル
俳人十湖讃歌
更新頻度
88回 / 313日(平均2.0回/週)
読者になる
俳人十湖讃歌

和楽園さんの新着記事

1件〜30件

  • 芭蕉忌(3) 第358回

     明治四十年十一月、体調がすぐれぬ柏葉だったが、老体に鞭打って閑詠自適を貫き俳句...

  • 芭蕉忌(2) 第357回

     新朝報なる新聞に連日三回執筆してきた鷹野は、その一節に「十湖をして平凡なる眼よ...

  •  芭蕉忌(1) 第356回

     昭和十一年東京の市立サナトリウムの病室では、鷹野弥三郎が妻つぎを見舞いし、お互...

  • 姨捨紀行(15) 第355回

     社に着くと宿坊久山館の主人の案内で大玄関を通り、八畳間に案内された。 本館は風...

  • 姨捨紀行(14) 第354回

     後日談として温泉(現上山田ホテル)に今も残るとされる「延命の湯」の句碑は、この...

  • 姨捨紀行(13) 第353回

     待っていたかのように、同行の一人最年少の冬至庵閑里がはしゃぎ出した。「どちらへ...

  • 姨捨紀行(12) 第352回

     欽采の自宅更科庵に杖をとどめること数日、連歌を巻き、地元の俳人等と対吟を愉しん...

  • 姨捨紀行(11) 第351回

     十月十一日、信州へ旅立ってから早一ヶ月が過ぎようとしていた。 かねてから欽采が...

  • 姨捨紀行(10) 第350回

       今回の旅は、言うまでもなく欽采からの招待によるものだ。 招待の手紙には欽采...

  • 姨捨紀行(9) 第349回

    九月ニ十一日、十湖一行は埴科郡五加村瀨在周平宅に移動し腰を降ろした。 翌朝、瀨在...

  • 姨捨紀行(8) 第348回

       長野駅に降り立った一行は早速、善光寺を目指して歩き始めた。 今晩の宿は、そ...

  • 姨捨紀行(7) 第347回

    「千枚田の向こうに広がるのが善光寺平で、武田と上杉の川中島の合戦の場だったんです...

  • 姨捨紀行(6) 第346回

     再び列車は下り、姥捨駅に着いたころには陽が沈みつつあり、代わって上弦の月が東の...

  • 姨捨紀行(5) 第345回

     なかなか立派な門構えである。十湖の住む中善地の村にはこんなでかい家はない。 門...

  • 姨捨紀行(4) 第344回

     十湖は小諸駅で下車し馬車で湖畔の鷹野宅に向かおうとするが、列車の旅は常に酒が付...

  • 姨捨紀行(3) 第343回

     高橋社長のところで数日泊っていたが、ある朝十湖は帰り支度を整えた。「高橋君、せ...

  • 姨捨紀行(2) 第342回

     今回は言うまでもなく吟行行脚である。 長野方面をめざし招待してくれた俳人仲間の...

  • 姨捨紀行(1) 第341回

     このところ十湖の毎朝の習慣は、庭の四つ目垣に絡む朝顔が徐々に蕾を付け始めるのを...

  • 息子の戦死(6) 第340回

     十湖にとって近藤登之助こと次男藤吉の死は、あまりにも衝撃的であった。 口では誉...

  • 息子の戦死(5) 第339回

     九月十七日夜、十湖は同吟会主催の連歌会に出席した。「宗匠久しぶりだ。ますます元...

  • 息子の戦死(4) 第338回

       それから程なくして、十湖は一風変った行事を思い付いた。 定例句会の準備のた...

  • 息子の戦死(3) 第337回

    「手紙の最後に俳句が添えられているぞ。やっぱりわが子だ。野戦でも風流の道は忘れて...

  • 息子の戦死(2) 第336回

      鷹野つぎの「娘と時代」の一節「日露戦争」はさらに続けて女学校生活を綴っている...

  • 息子の戦死(1) 第335回

     明治二十七年に開戦した日清戦争が翌年四月に勝利すると、日本はさらに軍備を拡張し...

  • 交友録めも 七十二峰庵隨處

    七十二峰庵 大木隨處(おおきずいしょ)本名 大木久一郎(明治5.1.16~昭和...

  • 活命料(8) 第334回

     十湖は二人のやりとりを聞きながら、この二人仲がいいなと少しやきもちを感じた。「...

  • 活命料(7) 第333回

     一台の人力車と荷を積んだ大八車が玄関に横付けされた。「何事か」 十湖はそう云う...

  • 活命料(6) 第332回

    十湖宅では郵便物を一日三回、妻佐乃の指示で弟子らが郵便局に取りに行く。「すみませ...

  • 活命料(5) 第331回

     尾張の知多郡加木屋町宗匠久野襦鶴が十湖からの手紙を開封していた。 ――またま...

  • 活命料(4) 第330回

     もういいじゃありませんか。猫の手も借りたいくらいですから。この場での議論はやめ...

カテゴリー一覧
商用