searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

荻野千恵美さんのプロフィール

住所
伏見区
出身
兵庫区

クラシカルホメオパシーのホメオパスをしています。またホメオパシーの学校の講師もしています。

ブログタイトル
サニーガーデン
ブログURL
https://ameblo.jp/sunny-garden/
ブログ紹介文
ホメオパシー的お話です。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2012/07/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、荻野千恵美さんの読者になりませんか?

ハンドル名
荻野千恵美さん
ブログタイトル
サニーガーデン
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
サニーガーデン

荻野千恵美さんの新着記事

1件〜30件

  • Veratrum album. Verat. ベラチュラム (バイケイソウ/梅恵草)

     ホメオパシーを勉強していると、今の日本ではほとんど耳にしなくなった病気がよく出てきます。コレラもそのひとつです。1954年、イギリスでコレラが蔓延したとき、…

  • croton tiglinum   ハズ   ②

    前回、9月の国際セミナーで、バレリオ先生に教えていただいたCroton tiglinum について書きました。 驚いたことに、10月末に参加したダイナミス・ス…

  • croton tiglinum   ハズ 

      今年も、去年に引き続きイタリアのフィレンツェで診療されているバレリオ先生のセミナーを、9月に開催することが出来ました。 去年までは、先生をお食事にお招きし…

  •   子供の免疫力とワクチンについてホメオパスとしてどう考えるか?

      先日(9月5日)、私の夫のクラシカルホメオパシー京都を主催する荻野哲也と卒業生の松本美紀さんがコラボでセミナーをしました。 松本美紀さんは、東洋医学、自然…

  • 「女性性」とレメディ~ アリストロキア・クレマティティス。

    「女性性」とレメディ~           アリストロキア・クレマティティス。Aristolochia clematitis  Arist-c.  女性らしさ…

  • CARB  VEGETABILIS(Carb-v./カーボ・ベジ/木炭)

      Carb-v.は、木炭を原料とするレメディです。 木炭の特徴がそのままレメディの特徴に反映しています。 木炭は、できるだけ酸素を与えずに燃やして作ります。…

  • Spigeria anthelmia.(spig./スパイジェリア・アンセルミア)

     先日、専門コース4年目(プロフェッショナルコース)で学びました。 カリブ海地域と南米原産のマチン科の植物を原料とするレメディです。 ピンクルート、インディア…

  • ホメオパシーの冊子

     私たちは、2007年の秋にCHKクラシカルホメオパシー京都を立ち上げました。そのとき、ホメオパシーを深く学ぶ場所は、「京都」でなければならない。というのが、…

  • Phosphoros.(Phos./フォスフォラス)

     CHK専門コースの4月授業は、延期となりました。正式な授業は5月から。4月は、1日~半日程度の補講になりました。 新型コロナ肺炎が世界中に流行している今です…

  • Antimonium tartaricum.(Ant-t./アンチモニウム・タルト)

     古くから、錬金術師が「吐酒石」として使っていた、催吐剤が原料です。無色、無臭の白い粉末で強い毒性があります。かつては砒素と同様殺人に使われたこともありました…

  • 京都東山にて 6

     <COVID-19>  ジェレミー先生は今、コロナ感染症の方の診療をされており、世界中のホメオパスから集まってくる情報も整理されています。そして、これらの症…

  • 京都東山にて 5

     コロナ騒ぎで、5月のダイナミス・スクールは延期となりました。しかし、ダイナミスの生徒たちは、それ以上の学びをウェブ・セミナーを通し得ています。 急性病と慢性…

  • 京都東山にて 4

     ダイナミススクールでの学びの中での一番は、やはりプルービングを体験することだと思います。 私も、このたびプルービングに参加しました。新しいレメディの誕生に立…

  •  中 健次郎先生  その2

      前回、中健次郎先生の気功の講習会の後に主人が1時間あまりの施術を受けたことをこのブログに書きました。 年末にまた、個人セッションを受けるため、湯河原の先生…

  •  中 健次郎先生

     先月、中健次郎先生の気功の講習会に主人と行きました。先生の講習やセッションを受けて、とってもお元気になった方にすすめられたのです。主人が発症して5年間は、サ…

  • Graphites (Graph./グラファイト)

      原料は、黒鉛。でも、鉛ではありません。正式名は、石墨。  ダイヤモンド・墨・石炭などと同様、炭素(C)の仲間です。潤滑性・導電性・耐熱性・耐酸アルカリ性に…

  • Chelidollium majus(Chel)

     CHKプロフェッショナルコース、8月は、Chel.(ケリドミウムム)を学びました。 ヨーロッパ、北アフリカ、アジア原産。ケシ科クサノオウ属の2年草植物です。…

  • 下痢のレメディ

      CHK9期生 プロフェッショナルコースでは、生徒さんたちからのご要望により、マックレパートリーの習得に重点をおいて授業を進めています。 全員が、Compl…

  • Kali carbonicum.(kali-c. カリ・カーボ)

     最近、CHK専門コースの授業では、レメディ学習をするとき、原材料となるものを調べていただくことにしています。 レメディ学習は、原材料の質感と症状の全体像の質…

  • Agaricus muscaris(Agar./アガリクス)

      CHK上級コース、8月に学んだレメディです。原料は、ベニテングダケ。北方、高緯度地方、白樺林などに自生するキノコです。 林を歩いているとき、このような姿を…

  • 12期生のスタート

      CHKでは、今年も春から新しいメンバーをお迎えしての授業が始まっています。今年は、12期生。12年前、1期生のみなさんの前で、初めて授業をした日の事が、今…

  • 京都、東山にて 3

      今年のゴールデンウィークは、10日間ありました。最も過ごしやすい季節を、最もその人らしく過ごす時間だと思います。子供達が小さかった時は、必ず旅行に出かけて…

  • 北陸路(10)   

      先日、毎年3月恒例の「春の会」がありました。 卒業生の方々に、CHKで学んだことや、今ホメオパスとして活動していることについての発表をしていただきました。…

  • 北陸路(9)

     先日、主人の出張セッションに同伴しました。 北陸路(8)でご紹介したA先生です。 もう、先生のセッションに通うようになって4年近くになりました。 初めてお会…

  • Elaps corallinus   Elaps.(エラプス/ブラジルサンゴヘビ)

      蛇のレメディはたくさんありますが、CHKでは、4年間に4つ学びます。これら4つは、すべて、古くから使われてきた有名なレメディです。 Lach. (ブッシュ…

  • Corallium rubrum  Cor-r. (コラリウム/アカサンゴ)

     Cor-r.はアカサンゴを原料とします。 サンゴは大きく分けると「珊瑚礁」と「珊瑚」になります。オーストラリアのグレートバリアリーフのように、明るい光の届く…

  • Berberis vulgaris (バーベリー)

    Berb. ベルベリス Berb.は、メギ科メギ属 低木落葉樹  セイヨウメギを原料とします。  この植物は、古代ギリシャ、アラブ、アメリカ先住民が薬草として…

  • Spigelia anthelmia  (spig.ピンクルート)

     CHKプロフェッショナルコース、最後の授業で、私が担当したレメディです。  有名なレメディではありませんが、今まで学んできたいくつものレメディとつながるレメ…

  • Glonoinum(Glon./ニトログリセリン)

     CHKプロフェッショナルコース、1月は、Glon.(グロノアイナム)を学びました。 Glon.は、ニトログリセリンを原料とするレメディです。  ニトログリセ…

  • Magnesia phosphorica (Mag-p.マグ・フォス/燐酸マグネシウム)

     CHK上級コース、12月は、Mag-p.(マグ・フォス)を学びました。 マグネシウムと、燐の両方のテーマを持つレメディです。 どちらも必須ミネラルで、カルシ…

カテゴリー一覧
商用