プロフィールPROFILE

チョーサンさんのプロフィール

住所
姫路市
出身
姫路市

弱体化したジャイアンツの球界の盟主復活と、原監督の胴上げが見たい。競馬は血統・特に母系のルーツを楽しんでいます。特にリボー・ニジンスキーの系統に興味を持っています。

ブログタイトル
ジャイアンツ永遠
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/ti611731/
ブログ紹介文
プロ野球の発展とジャイアンツの盟主復活を願う。 競馬は血統。
更新頻度(1年)

415回 / 365日(平均8.0回/週)

ブログ村参加:2012/05/04

参加カテゴリ

旅行ブログ / 夫婦旅行

野球ブログ / 読売ジャイアンツ

競馬ブログ / 血統理論

読者になる

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数

新機能の「ブログリーダー」を活用して、チョーサンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
チョーサンさん
ブログタイトル
ジャイアンツ永遠
更新頻度
415回 / 365日(平均8.0回/週)
読者になる
ジャイアンツ永遠

チョーサンさんの新着記事

1件〜30件

  • 田原総一郎

    ​​この名前を知ってから凡そ50年・ジャーナリストの神様?的存在とテレビ界が持ち上げた。上から目線が国民から受け入れられたのでしょう。特に「朝まで生テレビ」が大うけしこの種の番組では欠かせない存在にまでな

  • 来季の宮崎キャンプは選手選択の場

    ​​​来季の宮崎キャンプはジャイアンツ選手全員で行われる。監督が言っている全くの白紙で横一線でキャンプ参加全員にチャンスが与えられる。この時期に後れを取る選手には気の毒だが脱落者のレッテルが張られる。こ

  • 外人補強の終焉

    ​​​念願の先発候補が決まった。韓国球界からの輸入選手でサンチェス。外人の内訳はバッターとしてパーラ・中継ぎ抑え候補としてはビエイラに先発枠でサンチェス。これにデラロサとメルセデスが加わった5人体制に成る

  • この時期の故障

    ​台湾リーグに参加していた山下が故障で帰国・プロ野球選手の大多数は常に故障との戦いです。頑健な身体は大成する意味でも一番大事の資本に成ります。ジャイアンツでは坂本、松井と言った故障知らずで(大きな故障

  • ハムへのプレゼント

    ​原監督が精魂込めて起用したが結果の出なかった「ビヤヌエバ」をハムが獲得。せっかく日本で修行した彼を無償?ハムに提供するジャイアンツの贅沢な懐。きっと彼は今年の経験を糧にハムで主力選手に成るでしょう。​

  • 来季は育成選手に注目

    ​​​また二人の育成選手が入団した。共に戦力外通告を受け背水の陣の心構えを持った選手、田中豊樹と八百板卓丸。共に一度はプロ野球から足を洗う覚悟も有った筈、大げさで無いが地獄に仏の心境に成った筈。人間捨て

  • 来季に向けての外人補強は終了

    ​​​​​新外人としてはバッターのパーラ、中継ぎ陣の補強には167K?ビエイラが決まった。デラロサにメルセデスの4人が主役になる筈。あとは未知数のドミニカ選手の成長がジャイアンツの命運を握っている。やはり優勝

  • 期待はウインターリーグ参加の若手

    ​​​メキシコと台湾へ参加しているジャイアンツの若手選手に来季の飛躍を期待したい。違った環境と違った対戦相手に培った経験は絶対に来季にプラスになる事は間違いありません。特に山下には注目したい。​来季もドミ

  • 言うのは勝手?

    ​​筒香、山口、秋山、菊池と今秋末はメジャー挑戦の大安売り。寄りによってハムの太田まで行きたいにはジャイアンツの原監督は何と思っているのかな。過っては日本球界で頂点に達したイチロー・松井に松坂と当然米球

  • 来季に向けてのジャイアンツの先発は不透明

    ​​​​山口の退団で先発陣に空白が出来た、ある意味若手に取っては絶好のチャンス。首脳陣は菅野、メルセデス以外は横一線と各選手にはっぱを掛けている。今季中継ぎで実績を残した田口には頑張って欲しい、連続二年二

  • 何故日本へ?

    ​​​球速167Kの投手が何故日本球界へやってくる?何処かに欠陥か故障持ちかな、眉唾物で?また大き​な期待も持って新聞紙に眼を通しています。ゴルフと納会で今季のジャイアンツのチームとしての活動が終わりました

  • 背番号「0」が似合う増田大

    ​​​​鳶職から独立リーグを経て育成でジャイアンツに入団と言った異色の野球選手。年棒240万円では妻子を養われないと単身赴任で頑張っていた。今季やっと開花し契約では年棒1500万円をゲットした。ジャイアンツには

  • 過大広告?

    ​​​​今年もこの時期になると新外国人選手との契約が紙面を賑わす。メジャー通算?発とか150K超の剛速球とか如何にも日本球界に大きな影響を及ぼすかの前宣伝に疑問。蓋を開けての結果には皆さんご存じの大型扇風機

  • 年棒?

    ​​​来季の契約が進んでいる・陽岱鋼3億円で5年契約の継続で4年目、来期も3億円だ。メルセデス850万円から250万円の増額の1100万円。私はジャイアンツの財布とは全く関係ないがこれって可笑しいでしょう。ジャイアン

  • 結果次第でメジャーへ

    ​​​今季は体調不良で結果の出なかった菅野・オフは完全に体調を整える休養をして欲しい。メジャー挑戦はその結果がすべて、ジャイアンツはポスティング移籍を彼に限っては許す可能性は十分、またジャイアンツファン

  • 甘やかし体質

    ​​​来季から二軍監督に就任した阿部・秋季キャンプを終えた時点の感想が「期待の若手がいない」と。優等生だが自発的に自分を鍛える努力、思考が足りないと、言われたことは100%やっているがその手段、目的に自分な

  • ドミニカ選手は消耗品?

    ​厳しいトライアウトを経て阿部二軍監督の眼にとまり日本球界へ入団が決まった二人のドミニカン・今季だって二人を育成で獲得したが中途半端な存在に成っている。折角支配下登録迄勝ち取ったアダメス、マルティネス

  • 此処は足腰鍛錬の最高の場所?

    ​​私の住む姫路は世界遺産日本でNo1に指定された姫路城が有名です。その姫路城の最西に「男山」と言った海抜57.5mの小高い山がります。この山は南と北からの登山階段があります、南からの階段は200段余北から

  • 一軍・二軍・三軍に育成

    ​​明確に三軍性を再開した。原監督再登板から明らかに若手有望高卒選手の補強に徹してきた。未完で終わる可能性も有って危険の極めも有ってチーム造りの崩壊にもつながる危険性もある。でもダイアモンドの原石を探し

  • チャンス到来

    ​​​​​恐らく山口の退団は既成の事実と思われる。今季の結果でも明らかに先発陣は手薄、さらに追い打ちをかける山口の退団。ジャイアンツに取ってピンチはチャンスの筈。今季くすぶった畠に池田更に谷岡と精進次第で

  • 見た?

    ​​​​ジャイアンツに入団が決まった新外人パーラ・今日の動画でライト前ヒットを素手で捕球しセカンドへ送球し封殺した画面、Gグラブ賞2回も納得・年棒1億6千万円は此れだけで十分価値あり。11年連続100試合

  • 岡本の凄さは身体の剛健なこと。

    ​​​​ジャイアンツの秋季キャンプが終わった。元木ヘッドの指導の下先発メンバーが来季に向けての技術向上に向けての挑戦を行った。チームでの練習はコーチ陣が指導の下半強制的に行われた。各選手自分への課題を持っ

  • 謝りたい?

    ​​プレミヤ12で日本が優勝した。盛り上がりの少ない大会だったがやはり韓国戦は必要以上に力が入った。ア相手の戦闘意識の高さが日本チームにも影響する。総合力では完全に日本が勝っているが、一発勝負では何が有っ

  • ポスティング移籍山口

    ​​​本人が希望するなら叶えてやったら?ジャイアンツファンとしてはっきり言って彼には未練はありません。お騒がせでプラス材料よりジャイアンツのイメージダウンの方が大きかった。離れたジャイアンツ愛に今後の活

  • 眉唾だがまた新外人大砲?

    ​​​​​売り込みと実績の違いが顕著な外人選手。今回はナショナルズのパーラ外野手。先日幕を閉じたワールドシリーズの録画を見た。存在感は有ったが果たして日本野球への対応は可能なのか。一か八か?育成2位の加藤の

  • 不鮮明なプレミア12

    ​​​どの様な仕組みで順位を決めるのかまるで五里霧中。今回の大会の人気が無いのはこの様な順位選びの不透明が原因とも考えられる。4年に一回の大会も今回で終わりになる可能性も十分。FAで美馬の獲得に失敗。最早

  • ベンチ入りは29名

    ​​​原監督は来季のメンバーは全員横一線と。ベテラン若手の区別は皆無で全員にチャンスを与えると。注目は育成枠に格下げされた与那原の存在。D3位でジャイアンツ入団後故障で肘の手術を受け一時は戦力外に、その後

  • 先発陣強化はFAか外人

    ​​​今季程外人の不作な年は珍しい。デラロサの獲得が無かったら全滅になる。クック、ヤングマンなって誰が獲得に動いたのか?素人目にも通用するとは思われなかった。ゲレーロの獲得時も当時の中日の森監督が首を傾

  • 日本野球を憂う

    ​昨日の対米国戦での日本のプロ野球のレベルを憂いています。侍ジャパンは現状の日本プロ野球の最高に近いメンバーを選びプレミヤ12大会に挑んでいます。対する米国はメジャー選手は皆無、メジャーを目指す若手中心

  • 新コーチの手腕に期待

    ​​ジャイアンツは本来生え抜き選手がコーチ、監督に就任する。特に監督は完全に純血主義を継承している。来季に向けてのコーチ陣だってほぼ全員?が生え抜きコーチ。しかし来季に向けて石井琢朗と言った新しい血の導

カテゴリー一覧
商用