住所
出身
ハンドル名
堀風子さん
ブログタイトル
小さな予言者
ブログURL
https://60241817.at.webry.info/
ブログ紹介文
既婚者同士の出会い。14年半の奇跡の過程を掲載しています。
自由文
何も知らないで記録していたものがツインソウルとの出会いだったとは! こんな偶然あるでしょうか。わたしの場合の特異な事情はこの記録が在ることです! ツインならではの奇跡の展開、既婚者同士の出会いを掲載。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2012/05/02

堀風子さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 全参加数
総合ランキング(IN) 22,991位 21,953位 21,977位 21,995位 22,020位 22,026位 21,937位 960,779サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 50 30 20 40 20 110 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 262位 254位 254位 252位 253位 248位 243位 12,302サイト
ノンフィクション(小説) 3位 2位 2位 2位 2位 3位 3位 250サイト
恋愛ブログ 435位 422位 419位 426位 427位 420位 421位 25,421サイト
ソウルメイト・ツインソウル 20位 18位 17位 18位 17位 17位 17位 282サイト
ポエムブログ 187位 183位 184位 186位 183位 182位 182位 5,996サイト
心の詩 24位 23位 23位 22位 22位 19位 21位 481サイト
今日 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 23,660位 22,652位 23,928位 24,912位 24,421位 23,171位 21,988位 960,779サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 50 30 20 40 20 110 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 226位 215位 228位 236位 235位 217位 200位 12,302サイト
ノンフィクション(小説) 2位 2位 2位 2位 3位 3位 2位 250サイト
恋愛ブログ 489位 470位 502位 508位 506位 494位 473位 25,421サイト
ソウルメイト・ツインソウル 25位 25位 25位 24位 25位 25位 25位 282サイト
ポエムブログ 133位 134位 141位 152位 143位 140位 127位 5,996サイト
心の詩 15位 13位 14位 15位 15位 15位 13位 481サイト
今日 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960,779サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 50 30 20 40 20 110 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,302サイト
ノンフィクション(小説) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 250サイト
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25,421サイト
ソウルメイト・ツインソウル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 282サイト
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,996サイト
心の詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 481サイト

堀風子さんのブログ記事

  • ツインソウルの「再会」(2)

     「再会」というと、ドラマティックな出来事を想像してしまいますが、ツインソウル同士の場合は一度出会ったら、繋がりが切れることは無く、「再会」はそのことが現実の出来事として現れたということです。

  • ツインソウルの「再会」 

    ツインソウルの「再会」は男性側の心のブレーキが解けたときです

  • 心がぐっと近くなった。 ツインソウル#024

     今回のお話は「#025 ツインか否か、別れ道」の続きです。 (#025,026と続けて読んでいただけば よりわかりやすいかと思い、リンクを付けました)

  • 号泣~ツインソウルの不思議

      親友にこの話をしたとき、こう云われた。「それであなたの心の面は大丈夫なの? 精神的にどうかなっちゃうんじゃないかと、それが心配」だと。 ただ、電話で話していたので、私の声を聞いていたわけで、そこがイマイチ状況がよく呑み込めないらしかった。 彼女はこうも云った。「それにしてはあなたの声は明るくて元気いいよねえ。」

  • 別れ道 ツインソウル#023

     (前回のあらすじ) お昼休みにTの課へ向かった。ドアの小窓から中を覗くと、Tは隣りの席のMと何やら話し込んでいた。私に気がつくと急に気が重そうな顔つきになった。今都合が悪いんだなとわかったが、私はドアを開けて傍まで行った。私と交代にMが席を外した。何か調べ物があるらしかった。MがいなくなるとTは私から目を逸らして黙り込んだ。口も利きたくなさそうで、嫌そうな顔をして、黙り込んだ。「今、お話し中ですか? 」と訊いても、Tは顔を背けて黙っている。答えにくそうだ。「じ...

  • #022 ツインの魂 「一体の感覚」

     一晩泣きはらして腫れ上がった目を氷水で冷やして出勤した日から5日振り(*)に出勤した。 今日は2004年7月14日水曜日。                      *私の仕事は、1か月に10日という出勤日数は変わらないが、シフト制の             ため日にちは毎月変わる。3か日間連続で出勤することもあれば、間が             5日空くこともある。

  • ツインソウル#021 目が腫れ上がってしまった!

                    毎日その日の出来事を書き記すようになって2週間が経ちました。 文章で書き残しておかないと後悔すると思い、出会いから4か月後の6月25日に、それまでの出来事を一気に記しました。翌日からはその日のことをその日のうちに記すようになりました。  今回は、半ば強制的にB’z (ビーズ)のCDを渡した日(「#020」)から8日後の出来事です。今回も2004年にタイムスリップします。

  • ツインソウル 永遠の旅路の果てに

    苦しいから、もう止めた、というわけにいかない手放すことは不可能なのだ

  • #020 素敵だから残した彼の言葉。ツインソウルだとは知らないで。

       ツインソウルだとは知らなかったのです。言葉が素敵だから残しておきたい。文章で残しておかなければ後悔する。それだけだったのです。記録し始めたのは。面白いですね。これは必然だったのでしょうか。記録しておいたことは。 今回も2004年にタイムスリップします。

  • #019 ツインソウル 会話が続いていく

     ビーズ(B’z)のアルバムをTに渡してから(前回のお話)4日後。

  • #018 ツインソウル 初めて会ったとは思えない強引さ

     今回も、前回からの続きで、出会いから4か月が経った頃のことです。        初めて読んでくださる方へ。 私と私が出会った相手(Tという名で登場)とは、例えば医師と雑用係のように、仕事上の接点がない関係です。そして二人共独身ではありません。

  • #017 ツインソウル 目でわかる

     焦った顔まで描いてしまった、あの伝言メモを渡した日(前回の#018)から6日後。 2004年6月21日のお話です。

  • #016ツインソウル 「心が近い」とは?

     前回からの続きです。時を遡り、2004年6月にタイムスリップします。 英語の歌詞の意味を教えてもらうようになったといいましても、お昼休みや休憩時間を利用して、ということです。繰り返しますが個人的に付き合っているのではないのです。 私のほうは仕事中は上下青色の作業服を着ています。お昼休みや休憩時間にTのデスクへ出かけていっても、誰も気に留めません。課には100人くらいの人が働いていました。皆、忙しく動いていますし、私たち雑用係は、課の中にいる社員たちとは仕事が違いま...

  • #015 ツインソウル 号泣は相手に届く。

     ツインソウルには、片思いはありません。 あたりまえですが。それに出会っていればすぐにわかることですが。 どちらか一方だけが惹かれていく、ということはありません。自分が相手に惹きつけられているとき、相手も自分に惹きつけられています。引力は双方に働きます。

  • #014 究極のツインソウルとは。

     ひとことで言えば、 究極のツインソウルは、相手のことが自分のことのように感じられる現象が起こります。ですから誰に教わるでもなく、相手と自分とは魂レベルでこれ以上無い程の繋がりがある存在であると自然にわかる、そのような関係です。

  • ツインソウルへ、今年も花束を!

     只今2004年の出来事を掲載しているところですが、ここで2018年の出来事を挿入させていただきます。前回からの続きは次回に。過去記事を読んだ方はおわかりだと思いますが、#001から読み始めた方には驚かれる方もあるかもしれません。  2004年から14年が過ぎた今も、こうして交流が続いていることを。

  • #013 ツインソウル 無条件の承諾!

     「無条件の承諾」とは、

  • ツインソウル#012 時が止まる!

     「小さな予言者」では只今、出会いからツインソウルを告げるまでの2年間の出来事を順に掲載しているところです。過去に掲載したものよりわかり易くなっていると思います。

  • ツインソウル#011 無意識の所作「黙って見つめる」

     このお話は続き物です。私が出会ったTという人とは同じ会社で働いていますが、同僚ではありません。Tが総合病院の医師だとしたら、私はその病院に直で雇われている雑用係です。 今回は前回の出来事から四日後のことです。会社の階段下でTを呼び止めるのですが、病院内の通路で、上下青色の作業服を着た雑用係が、一人の医師を呼び止める、こういう場面を思い浮かべて読んでください。 私はこの仕事を始めてまだ数か月ですから、普通に考えれば、新入社員が社内で先輩を呼び止めたとしか思えないとこ...

  • ツインソウル#010 普通の恋愛とは違う

     この感覚は相手がツインソウルでなければ起こりません。出会ってみないとどんな感覚なのか、想像がつかない、というものです。Tと私、そして途中から所長が加わり、3人で雑談をした頃には、既にTに対してこの感覚がありました。このことに気づき始めたのが、今回お話しするころのことです。

  • #009 ツインソウルの惹かれ方(2)

     前回所長を交えて三人で雑談が始まった様子をお話ししましたが、普通は偶々雑談したとしても、そこで終わりです。こういうことは度々あるわけではなく、また何気なく話しかけてきたのであれば、そんなことがそうそうおこるわけではないのですから。 仕事とは関係のない雑談だったのですから、普通は話をしたことさえ忘れます。外資系の会社ということで仕事場では英語と日本語(標準語)、自宅へ帰れば田舎の言葉、そんな中で育つ自分の子はこれからどうなっていくのだろう、ということを冗談ぽく、「あ...

  • #008 ツインソウルの引力

      どんな状況で出会ったとしても、ツインソウル同士はごく自然にお互いが関わることが多くなっていきます。  私とTとは、医師と雑用係のような関係ですが、これが小人数の医院なら話は別です。 職業が違っていても働いている人が数人しかいなければ顔も名前も知っているわけですから、時には雑談をすることもあるでしょう。お天気の話くらいするでしょう。もっとくだけた話もするかもしれません。  しかしTと私の場合は、働いている人数が多いのです。社内全体で2千人。 Tと同...

  • ツインソウル #007 「記憶する会話」

     時は2004年、私がまだツインソウルというものを知らなかったころのこと。

  • ツインソウル#006 「出会いの初期の頃」

     前々回「#004」では、その人と話がしたくて、わたしがワザと用を作って話しかけた様子を紹介しました。普通はここで終わりです。 毎回毎回何か用を思い付くわけではないのですから、普通はこれ以上は関わりを持つということが続かないのです。わたしとその人とは仕事上のかかわりが殆ど無かったのですから。 二人の仕事上の関係性については、これまでにもたびたび説明してきましたが、ブログに初めてお越しの方のために、お話ししておきます。

  • ツインソウル#005 「出会いの衝撃~号泣」

     わたしにとって、ツインソウルとの出会いの衝撃のすごさ、それは、ひと言でいえば、2004年の出会いから5年間、一日も途絶えることなく流した涙、そのことに尽きるのではないかと思う。5年を過ぎたころから間隔が空くようになり、完全に起こらなくなるまで8年かかった。

  • ツインソウル#004 「会話が続く不思議さ」

     2004年4月。二つの仕事を掛け持ちするようになって2か月が経ちました。2月末に初めて見かけたときのことはすっかり忘れてしまっていたのですが、出勤の日は毎回その人の姿を探すようになりました。わたしの仕事は社内を移動することが多かったので、仕事をする傍ら常に辺りを見渡しました。 時々それらしき人を見かけました。それらしき、といったのは、わたしがその人を雰囲気でしか覚えていなかったからです。

  • ツインソウル#003 「気になる人はツインソウル(…だった)」

     「気になる人は、ツインソウル」 つまり、「気になる人は、ツインソウルだった」という意味です。 世の中いろいろで、結婚していても男性に関心がある女性もいると思いますが、わたしは全く興味がありません。自分の関心ごとの中に男性というのは入っていないのです。パートナーを見つける必要がないということもありますが、これはわたしの中では常識です。

  • ツインソウル#002 「惹かれ方」

      私の場合は、ツインソウルに出会ったのは結婚後です。  前回は、その人を初めて見かけたときのことを紹介しましたが、このころ、わたしはツインソウルというものをまったく知りませんでした。名前も聞いたことがありませんでした。 それに、その人を初めて見かけたとき、その人を特に意識していたのではありません。  私は男性には関心が無いのです。全く無いのです。私の関心ごとの中に男性はいないのです。 既婚女性であれば、男性に興味が行かなくても当然だと思います。これは私の中で...

  • ツインソウル#001 「出会い」

        ごあいさつ 「小さな予言者」のURLをスタート時のものに戻しました。 記事中のリンクは、まだ修正出来ていないものがあり、訪問してくださる皆さまにご迷惑をおかけしています。ごめんなさい。リンクを載せている記事は全部修正する予定ですが、 この度、過去の「#付きの記事」を年代順に掲載することにしました。新たに掲載する度に過去記事のほうを消す、あるいは移動させます。以前、ツインソウルの記事はひとまず終了するとお伝えしたのですが、今後記事を再開するときのために、現在掲...

  • ツインソウルの出会い 奇跡の展開

      2012年に再会し、翌年から毎年、秋の記念イベントに参加しているTに、花束を持って行くのが恒例となりました。