searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • STAX イヤースピーカー導入記

    いろいろなオーディオ機器を試聴していると、時として驚くほど感性に合った製品に出会うことがあります。自分にとっての、そうした琴線に触れる出会いは古くは70年代スピーカーのTRIO LS-202だったり、ROTELのアンプ類だったりしたのですが、ここ最近ヘッドホンを物色して

  • DCS974とMay DAC

    DCSのアップサンプラーであるDCS974と色々なDACを試して聴いてみました。試した組み合わせは、DCS974と以下5台の5台のDAコンバーターです。1.Holo Audio May DAC2.Schiit Audio Yggdrasil, A23.AIT ES9038pro Dual4.Mark Levinson No.30.6L5.DCS952

  • Holo Audio May DAC ~購入後1年レビュー~

    早いもので、Holo Audio May DACを購入してほぼ1年が経過しました。測定性能で多くのマルチビットΔΣ系DACを凌ぎ、マルチビットとしては史上最高の結果を残した新世代R2R DAコンバーター。そして同時に、その偏執的なまでのNOS(Non over sampling=オーバーサンプリング

  • DCS 974+952 スタック(修正)

    DCSのDDコンバーター・アップサンプラーである974を組み合わせた、952 (DAC) の音を聴いてきました。※ 試聴したのはDCS 974 !でした、、、修正します試聴システムは交友のあるAZさん宅。DCS952はこれまでも何度か聴かせて頂いていてその傾向は把握していたものの

  • Fostex T60RP

    Fostexのヘッドホン T60RPを導入しました。今回、在宅の時間が増える中で、必然的というかヘッドホンを使う時間が増え、案の定(笑)「新しいヘッドホンが欲しい熱」にやられ色々と検討した結果、2機種を導入しました。そのうちの1機種がこのFostex T60RP、もう一機

  • Shunyata Sigma USB とTAPの衝撃(更新2)

    もの凄いUSBケーブルを試聴しました。その名も、Shunyata Research Sigma USB Cable。海外の著名なオーディオサイト、The Absolute soundでつい最近ケーブル・オブ・ザ・イヤーを取得したちょっと有名なUSBケーブルでもあります。まだ日本には代理店が付いていないのか

  • Mark Levinson No.30.6L と他いろいろ

    DAVE + M Scalerを自宅体験した後は、場所をAZさんの家に移して、DACの比較試聴を行いました。移動先での比較対象のメインの座は、ここでは何度か登場している、Mark Levinson No.30.6L。1999年発売のMark Levinson のフラッグシップDAコンバーターで、当時の定価は税抜

  • DAVE+M Scaler 他いろいろ

    DAVE+M Scalerを自宅試聴しました。以前Hさんのシステムで聴いていたものの、それが自分にとって「ミネラルウォーター」のように感じている自分のシステム(自分の家の匂いは自分で気づきにくいのと同じように)でどんな風に聴こえたのか、インプレッションします。参

  • KTE SU-2とMay DAC

    KTEのSU2を導入しました。KTE SU-2は、中国のSingxerのSU-2 というUSB DDC(USB入力のDigital to Digital converter)を、Holo Audio May DACを扱っているUS Kitsune Hifiがチューニングした、Kitsune Tuned Editionです。Singxerはその名の通り中国の電脳都市(電気製品

  • USBケーブル比較試聴

    オーディオ仲間Hさんのご協力もありいろいろなUSBケーブルが比較試聴できたので、そのインプレッションを載せておきます。比較試聴したのは以下六本。① Elecom DH-AB10 (1m)② AIM UA3 series Solid silver (0.5m)③ Wagnus toneflake Milky Beamz Out USB (1m)④ Aud

  • Hugo M Scaler + DAVE

    DAVEにHugo M Scalerを追加した音を聴いてきました。導入されたのは、前回TAD R1を導入されてハイレベルな音を聴かせてくださった、Hさん。DACには搭載できないレベルの強力FPGAの演算能力により、100万タップWTAフィルター(FIRフィルタ)で16bitレベルを完全なSinc関数

  • デジタルフィルターとDSD512再生

    Holo Audio May DACの使いこなしが大分進んできました。これまでHQ PlayerでPCMアップサンプリング再生をしていましたが、本格的にDSD変換再生を試してみたら驚いた、というお話です。色々試してみて分かったことは、MayのDAコンバーターとしての音質はPCM再生時とDSD再

  • 「普通の選択」のすばらしさ

    判断するのに時間がかかったものの、自分としての結論には達したので記事化します。ここ数ヶ月、May DACのヒューズを色々と交換していました。手元にあるMay DACはKTEバージョンで、選定された高精度R2R DACモジュールや内部配線のはんだ付けなど色々音質向上のためにや

  • Holo Audio May 24/32bitの音

    今日はちょっと地味なお話です。最近May DACを使用していて、HQ Playerのbit 出力設定で音が結構変わる!!ことを発見したので、その記録です。これまでMay DACをパソコンとつなぐときは、手持ちのWindows PC2台どちらでもメーカーの用意したASIOドライバーを使用して

  • YGGDRASIL Unison USB Upgrade(更新)

    YGGDRASIL DAコンバーターのUSB入力基板を、最新の「Unison USB」へアップデートしました。US Schiit社の製品はYGGDRASILに限らず、基板がモジュール化されていてアップデートできるようになっています。YGGDRASILでは2015年の発売以来これまでに・DAC+アナログ出力段基

  • DAC比較試聴③

    TAD Reference OnexHalcro DM-68 x Ayre KX-R pre というリファレンスたりえるシステムでDACを聴いてきたので記録します。Chord DAVE、Holo audio May (KTE)、Schitt Yggdrasil A2(USB Gen5)の3機種について書きます。3機種共に違いがハッキリしていてとても面白いも

  • TAD Reference One

    TAD Reference Oneを聴いてきました。パイオニアが誇る業務用プロフェッショナルモニタースピーカーからスタートしたブランドであるTAD (Technical Audio Devices) Laboratoryの旗艦スピーカーとして、前作のTAD M-1の後を継ぐ形で2007年に登場しました。オーナーは、Wil

  • DA変換のアプローチと音質 2

    YGGDRASIL、AIT ES 9038 pro Dual DAC、そこに手持ちのChord Mojoを加えて、聴き比べてみたのでその記録です。DAVEを自宅試聴してから、その体験を改めて自分の中で整理するため、手持ちのDACを改めていろいろ比べています。前回はインシュレーターの不備もあり、DAVEを交

ブログリーダー」を活用して、LSRさんをフォローしませんか?

ハンドル名
LSRさん
ブログタイトル
On Age Audio
フォロー
On Age Audio

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用