searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

LSRさんのプロフィール

住所
麻生区
出身
麻生区

自由文未設定

ブログタイトル
On Age Audio
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/johnny_trio_lsr/
ブログ紹介文
Oldスピーカーズ鳴らし込み日記
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2012/02/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、LSRさんの読者になりませんか?

ハンドル名
LSRさん
ブログタイトル
On Age Audio
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
On Age Audio

LSRさんの新着記事

1件〜30件

  • Holo Audio May Dac

    Holo Audioの最新のDAコンバーター”MAY DAC”。ディスクリートR2Rラダー型の、デルタシグマ変換を用いないマルチビット型のDAコンバーターでありながら、独自の線形補正を施すことでDynamicRange130dBを超える性能を持つ、今米国のAudio市場を賑わせているDAコンバーターで

  • DACいろいろ比較

    YGGDRASILを導入してから、独自のデジタルフィルターを搭載したDACや、オリジナリティのあるDACに俄然興味が出てきました。そこで、DAC群にDCS 952を追加した!というオーディオ仲間AZさんちへ比較試聴に出掛けました。試聴に使ったシステムは以下の通りです。Transp

  • AVALON Eidolon

    オーディオ友人のAZさんが、Wilson Audio System 6からスピーカーをAvalon AcouticのEidolonに買い換えました。買い換えたEidolonはVisionなりDiamondなりが付いていない無印のアイドロンで、木目はブラウンの色濃い杢目の突板仕上げになっています。(海外モデルだと

  • Schiit YGGDRASIL インプレ最終編

    Schiit Yggdrasilの通電時間が1000時間を超えました。前回500時間程度経過した段階でのインプレッションを再掲しましたが、そこから更に微妙ではあるものの変化して、ここ最近は変化幅が少なくなってきました。前回レビュー時からの主な変換点は、中高域の質感です。更に

  • Schiit Audio YGGDRASIL 後編

    アメリカを中心に、一部で熱狂的な人気を誇っている現代では珍しくなった低価格マルチビットDAコンバーターである、Schiit Audio YGGDRASIL。後編では、それなりに現代DACで80年代POPS~現代的なPOPSなどを中心にクラシックまで愉しんでいる自分からみての、今の時代のDAC

  • Schiit Audio YGGDRASIL 前編(Update)

    DACを導入しました。Schiit Audio YGGDRASIL、アメリカの新興ベンチャー企業であるSchiit Audioが発売するDACの上位機種。DAコンバーターにオーディオ用のチップではなく、産業用の20bitマルチビットDAコンバーターのAnalog Devices AD5791というチップを片Ch2ヶ(計4ヶ

  • Jade Casa 改

    自宅の据え置き環境のヘッドホンアンプ、Jade Casaです。もともと一昨年にポータブル環境を強化し始めてから、自宅のデスクトップPCを使った据え置き環境も強化したくなり、導入しました。DACはもともとピュアメインで使っていたAITのEs9018Dualや、EM-Dac4399Dual改

  • AIT Headphone Amplifier試聴

    AIT Laboのヘッドフォン専用アンプを試聴しました。貸出機は組み上がってからあまり通電していないらしく、手元に届いた時点で1h程度しかバーンインしていない模様。いつもJADE Casa改造版をつないでいる電源ケーブルを差し替えて、自作のEM-DAC4399D改のバランス出力

  • 小型2WAY~完成~

    仕事の終わった金曜日の夜。独りくつろぐ寝室で流れる、モダンジャズ。暗闇に浮かびあがる、白いコーン。なかなか悪くない風景ですね~。白いコーンと言えばJBLですが、これはJBLではありません、、久しぶりに自作スピーカーを弄りました。写真

  • Roland Mobile UA UA-M10

    話題から一歩もニ歩も遅れて、型落ち品やビンテージ品とガレージ品ばかり紹介している当ブログですが、今回も期待を裏切らず?最近入手したディスコン品のボーダブルアンプを紹介します。それがこれ、RolandのMobile UAことUA-M10、USBオーディオインターフェース・アンプ

  • Sony NW-WM1A

    Sony NW-WM1近年高額化するポータブルオーディオにソニーが2016年暮れに提示した、ハイエンドウォークマンの片割れです。登場から2年経ってレビューというのもタイミングとしては逸しているのと、そろそろ後継機が気になり始めるころではありますが、このWM1シリーズは

  • AITリファレンスシステム2

    約半年ぶりに通勤快速さんちにお邪魔しました。見た目は相変わらず、というか前回から変わらない普遍のスピーカーとコンポーネント群、その主役であるスピーカーはAll ScanSpeak のユニットによる自作3ウェイ、ですが、セッティングが微妙に変わっていました。それが

  • TAKET BATPRO2

    スーパーツィーターを導入しました。前回のHさん宅でSONY SS-TW100EDのすんごい効果に痺れてから、自宅でも試してみたくなり、いろいろと候補を探し始めました。決め手だったのは、ハイレゾソースだけでなくCD音源であっても、スーパーツィーター有り無しで如実に違

  • 円熟のシステム

    知り合いのHさん宅へ再訪しました。Hさん宅には過去何度かお邪魔しているものの、前回おじゃましてからは早くも3年が経過(時間が経つのは早い、、、)久し振りにお邪魔したH邸は、引っ越しをされて環境を一新。システム的には部屋が変わった以外はまったく変更なく、上流

  • 小型スピーカー聴き比べ~Focal編~

    小型スピーカー聴き比べ、最後はFocal のChorus706、Aria 906です。(引き続き写真は同じ、、、フォーカルは写ってません笑)実は今回聴き比べた中で一番良かったのが、Aria906でした。Focal Aria906 (画像は撮影してなかったので拝借)なにが良かった、って、とにかく

  • 小型スピーカー聴き比べ~KEF編~

    写真は同じ(笑)小型スピーカーの聴き比べ、続いてはKEF編です。KEFはLS50を試聴しました。今回、期待していなかったのに一番を争うくらいに良くて驚いたのが、このLS50でした。高さ30cm程度の高さのエンクロージャーのフロントバッフルは3次元の凸形状に成型されて

  • 小型スピーカー聴き比べ~MonitorAudio編~

    小型スピーカー聴き比べ第2篇です。ここでは、聴き比べた中からMonitorAudioについて書いていきます。■MonitorAudio Silver50モニオのSilver50です。シリーズ最少のブックシェルフ2WAYですが、音出しイッパツ、とても情報量が多く明るい響きを感じます。このへんはB&

  • 小型スピーカー聴き比べ B&W編

    知り合いが引っ越しを期に単品オーディオを新調したい、ということで小型スピーカーを視聴しに行きました。要件は・ブックシェルフタイプであること・アンプと合わせて20万前後であることだけ。ということで、久しぶりにネットサーフィンしながら色々と調べ、試聴候

  • デジアンDT-2050A vs アナアン

    型落ちのデジタルアンプと年代モノのスピーカーの組み合わせ試聴記事です。なんてタイムリーでもなく話題性にも欠ける組み合わせでしょう、、、、汗。、、、でもいいんです。聴いていて楽しいんだから。実家へ帰ったついでに、愛しのTRIO LS-202に、デジタルアンプをあ

  • MDR-1AM2にみる「音がいい」ということ

    ソニーの新作ヘッドホン、MDR-1AM2を試聴してきました。本当は前回記事UPしたMojoの、据え置きDAC達との比較記事などを書こうと思っていたんですが、不意に量販店で試聴したMDR-1AM2の出来が良かったことに嬉しくなったのと同時に、ハイエンド機材まで含めて「音がい

  • Chord Mojo vs ...

    chord electronicのmojoを購入したので、レビューがてら色々手持ちの機材と比べてみます。世の中的にはなんで今更mojo?感もありますが、最近ヘッドホンリスニングにも傾倒し始めた自分的には、値段の下がって来ている今が狙い時ドンピシャ感満載です。強いて言えば

  • 音の解像度と音色

    久しぶりに通勤快速師匠の家に遊びにいきました。前回訪問してBlogに記事を書いてから約2年ぶりの訪問です。時間がたつのは早い、、、通快邸のメインスピーカーは、このBlogでは何度も紹介している、いわずとしれた自作3WAY。ScanSpeakのilluminaterシリーズの

  • ONKYO A800

    ここ最近、生活環境が変わったこともあり、ホームオーディオを真剣に聴き込むことが少なくなり、ヘッドフォンへ逃避しつつあります。きっかけはちょうど1年前の昨年2月、たまたま調べているときによい評判を目にした一つの密閉型ヘッドフォンでした。当時は大学

  • Wilson Audio SYSTEM6 setting編

    懇意のAZパイセンちへ、またSYSTEM6を聴きに行きました。前回からの変化点としては、修理などで緩んでいたユニットの増し締めが行われている点と、上流のCDトランスポート(Mark Levinson)の電源ケーブルの他、スピーカーケーブルがWireworldのハイエンド品に変わ

カテゴリー一覧
商用