searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

だいすけさんのプロフィール

住所
那覇市
出身
未設定

世替わいぬ果てぃぬ 沖縄今姿 変わりてぃん残る うりどぅまくとぅ

ブログタイトル
だいすけの琉球国放浪記
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/daisuke7711/
ブログ紹介文
沖縄を歩きたおそうと言う 在沖25年の島ナイチャーのおじさん(×1独身)のブログ
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2011/10/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、だいすけさんの読者になりませんか?

ハンドル名
だいすけさん
ブログタイトル
だいすけの琉球国放浪記
更新頻度
集計中
読者になる
だいすけの琉球国放浪記

だいすけさんの新着記事

1件〜30件

  • 那覇今昔 ~ ガーブ川七不思議

    画像は、現公設市場の建設前の用地だ。1967年頃か? 細長い区画が、多数並んでいるが、これは現市場内の店舗割だ。 奥の区画が、現海産物コーナーで、手前が現食肉製品コーナーだと判る。 60年代のガー

  • 西洲海岸百景 ~ お手軽ルアー釣り / 浦添市西洲

    西洲で釣りに行く時は、いつも手軽なルアーフィッシングになる。 勿論、リーフ内で打ち込みや浮きでもいけるのだが、単純に根掛かりが多いので、いつの間にかルアーに変わってしまった。 1000円のルアーロ

  • 夫婦瀬を歩く2 ~ 夫婦瀬にまつわる民話 / 那覇市前島

    夫婦瀬(ミートゥジ)は、かつては沖に浮かぶ岩場であり、環礁であった。 その片鱗は、公園内に残る岩石群を見れば、一目瞭然だ。 この岩場が何故、夫婦瀬と呼ばれたのか? 内地にも夫婦岩と呼ばれる奇岩は多

  • 無人島!野国奪還作戦3 ~ 黙認耕作地 / 嘉手納町旧野国

    河原を渡ると、思いがけず緑のトンネルを発見。いい感じだ。 見上げると木漏れ日が眩しい。本当にいい所だ。 ガジャンさえいなければだが(笑) トンネルを抜けると、黙認耕作地が広がっていた。 黙認耕作

  • 山田を歩く11 ~ 山田の旧集落 / 恩納村山田

    現在の山田部落は、58の西側にある。倉波部落と合併した形になっており、多幸山の北の裾一帯に広がる農村地帯になっている。 山田の旧落跡に行ってみた。 明治時代に国道(旧軍1号・現58)が敷かれた際に現

  • 幻の店 ~ ミロク食堂 / 那覇市松尾

    1986年、昭和61年の2月に僕は、沖縄に来た。 その頃のことだ。 僕と知り合いになったKの二人で、初めて那覇に買い物に行った時のこと。 Kは、奈良出身の奴で、何か知らないが二人で那覇に出てみようと言

  • 西洲海岸百景 ~ 本島一の珊瑚被覆率地帯 / 浦添市西洲

    西洲(いりじま)は、浦添市の沖にある埋立地のことだ。 浦添市の占有水域だが、キャンプキンサーがある故に海岸からの埋め立てはされていない。 よって一度、那覇市の安謝を通ってしかいけない。不思議な場所に

  • 無人島!野国奪還作戦 ~ 原始の川 / 嘉手納町野国

    野国は、旧字名だ。現在は字兼久となっている。 今こそ、兼久の主邑はネーブル嘉手納付近の埋立地になっているが、戦前はこの嘉手納マリーナのある海岸が、部落のあった所なのだ。 今、僕はアメリカーの基地の中

  • ヤマへ!3 ~ 買い物編 / コザ某所

    久々の日曜日の休み。これまた久々にヤマに行って来た。 ヤマとは、ベトナム通りの事だ。僕らは愛称を込めてヤマと呼んでいる。 世間とは隔離されたと言う意味で「ヤマ」らしい。 朝8時に那覇を出た。 ヤマ

  • 大山を歩く4 ~ ソニーくんを見に行く / 宜野湾市野嵩

    大山を離れた車中で、Hが3番目のソニーくんを発見しましたよ!と言ってきた。 あい!?僕も野嵩と西原にあるソニーくんは知っている。 そもそも関西人のHにソニーくんの存在を教えたのは、僕なのだ。 が、噂

  • 山田を歩く10 ~ 屋良城の重要性 / 嘉手納町屋良

    引き続き、読谷山王国の領土の南端はどこか?について。 しかし、山田城を歩いて感想を述べる程度のはずが、とんでもない方向に来てしまったな(笑) 地形的に読谷山王国と中山王国の境界は、比謝川のラインだ

  • 山田を歩く9 ~ 渡具知は、護佐丸の領地だったか? / 読谷村渡具知

    護佐丸による山田王国の南端はどこだったのだろうか? 画像は、読谷村渡具知の海岸だ。波蝕による奇岩多発地帯で、思いの外、面白かった所だ。 ちなみに僕の釣りポイントの一つでもある。 ここは、比謝川河口

  • 那覇今昔 ~ 夫婦瀬を歩く1 / 那覇市前島

    画像は、昭和20年。沖縄戦を前にした米軍が撮影した航空写真だ。 画面左上が、安里川河口。船が並んでいるので当時の泊港と判る。 河口を利用した「泊と」言う地名に相応しい素朴な港だというのがわかる。

  • 大山を歩く3 ~ 井のオバァ / 宜野湾市大山

    井(カー)の作りが凄い。 壕(ガマ)があって、その奥から水が湧き立ってくるようだ。 ポンプで壕の奥から水を取り、パイプで畑に送っているようでもある。 井の真下から上の崖を見上げると、中々の迫力。

  • 無人島!野国奪還作戦1 ~ 嘉手納マリーナ潜入作戦 / 嘉手納町野国

    友人Rが、「嘉手納マリーナ?大丈夫。普通に泳げるよ。」と言っていた。 僕が、どっか無人島に泳いで行きたい!と話していた時だ。 嘉手納マリーナの正面に小さな無人島があったなあと話をした時の返答だ。

  • 新都心を歩く ~ タカマサイ公園 / 那覇市上之屋

    新都心と言っても広い。 泊2丁目から上之屋に上がる斜面の一画に昔から残る森を利用した公園がある。 新都心の造成計画により、道幅も広くなり、訳のわからない木の歩道をつけたりして公園化はされているが、列

カテゴリー一覧
商用