chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
猫な日本語 http://nekonanihongo.jugem.jp/

日本語教師が語る日本語のヒミツと魅力(猫成分多め)。『日本語びいき』(絵・ヨシタケシンスケ、中公文庫)もよろしく!

日本語のお話は、(原則として)毎週月曜に発信します。『日本語びいき』(中公文庫)のイラストは、ヨシタケシンスケさんです!

ニャンタのおば
フォロー
住所
東京都
出身
高山市
ブログ村参加

2011/09/24

1件〜100件

  • 留学生は見た! 2022前期

     庭の牧草地が絶好調。朝の「食べ放題」にご機嫌のウリ猫です。    夏休み恒例シリーズ留学生は見た!=2022春学期編=  今回の「見た!」シリーズでは「口頭発表と発表資

  • 軽バテと、さよならテレビ

    担当の授業がすべて終わり成績処理もほぼ完了。そうしたら、バテました。どうも近年、情けない。学期末ごとにバテてる。寝込むほどではないけれどもとにかくだるくてぼーっとしてしまう。まあ、夏はもともと苦手でしたしね。同じようにグダグダなウリすけのし

  • 冷え冷えボード

    この夏も好評です。DELL製の冷え冷えボード。 ※オンライン授業がバグったときの予備機として古いPCを再雇用しております。おでこをぎゅっ、と。つま先まで気を抜かない。猫として完璧な寝姿。*今年は梅漬けをサボりました。気づいたときに

  • 求暑

    ★日本語:「わざわざ」と「わざと」★日本語:終助詞「〜から」...の、メモ   人々が避暑ということばにあこがれる季節になるとなぜか現れる求暑猫。 オバPCの前をウロウロ。どっかり座り込んで毛づくろい

  • ゴーヤーの観察、ほか

     昨夏のリフォームで東の外壁にボルトを設置してもらいネットを張るのが楽になった。ので、数年ぶりにゴーヤーを植えた。2022.6.24 ⇩⇩⇩2022.7.18 せっかくきれい

  • 鉄板猫2022

    梅雨明け直後の猛暑のあと一転して長雨低温がつづいた。そして日曜日、ひさしぶりに太陽が出た。ウリがストーブの炉台に転がる。鉄板のひんやりがちょうどよいらしい。よきかな。*庭のアガパンサス。ヤマボウシの木漏れ日に薄紫の打ち上げ花火がすずしげであ

  • 無限バジル

    窓外の緑が濃くなりました。 さすがにツクツクボウシはまだだけどニイニイ、カナカナ、ジリジリ、ミンミン、ほかの蝉たちは出そろいました。室内で緑を育てる趣味はないのですがバジルだけは、鉢植えにしています。⇒☆バジル係露地では

  • 初収穫

     何その迷惑そうな顔。いっしょに喜んでよね。トマトとゴーヤ2022夏の初収穫!トマトに関してはこれが人生初の実りであります。数年前の初挑戦では惨敗でした。正確に言うと、上のトマトは2個目。初収穫1個目のときはナマ猫が非協力的で..

  • 乗る!

    まじめな顔。 その後ろでは二槽式洗濯機がグオングオンと稼動中。なんだってそんなうるさいとこにいるのか——と、思って見れば、オバが置き忘れた古新聞に乗っていました。あらゆるものが猫転送装置になるのだね。 

  • 目に迷惑?

     夜に入っても室温30度。猫も目がうつろである。 そんなところに迷惑なことだろうけれども『薪ストーブライフ』45号、出ました。この黒い箱とウリは冬はもちろん夏もわりと仲よし。 鋳鉄の薪ストーブはひんやりしてるの

  • さよなら、ホシザキ。

     こたびの猛暑が始まる前の某日。  ウリ猫がとろけているのは冷蔵庫の上。その下には洗い物担当のホシザキ氏がでんっと構えていました。ソーダストリームの購入をさんざん迷った理由の一つは置き場所問題でした。あれこれシ

  • シュワシュワ〜♪

    とうとう買ってしまった。いや、この中身は非売品。   この箱にもともと入っていた炭酸水製造機を買ってしまったのであります。     ソーダストリーム! 

  • 転勤余波

     就業前の身づくろい。   業務開始。   業務遂行中!    この現場はぜったい譲らにゃい。  オバのおちり

  • 転勤

     ウリ猫さんの所属が変わりました。 2階から1階へ異動。*冬は2階でぬくぬく。夏は1階で涼やかに。   エアコンなしでどこまでいけるかなあ。原発事故のこと国は責任を取らなくていいらしい。予測できなかっ

  • かわいい子

     むかしの写真を引っ張り出してめそめそしていたらアジサイを飾っていたその場所にウリ猫がかっこよく座っていた。急いでカメラを向ける。——と、そこはまあ、お約束。せっかくのポーズをくずしてまっすぐカメラに向かってくる。 そし

  • ニャンタ恋い

      6月 (2012年の記事より)  何なんでしょうねえ。とっくにコクフクしたと思っていたのに今年の6月はダメダメです。  気の強い怒りんぼの三毛猫が逝ってやがて14年。

  • ほのぼの⇒ひんやり

       日曜の朝天窓から差し込む光の中で猫が寝ている。  心休まる情景であることよ。    ——と、    カメ

  • しましまましまし

     4月末ごろの話ですけれどラグを買いましてね。しましまラグにしましま猫。ウリを探せ!状態。デニムの裂き織りですが太くよった麻も入ってる。気に入ったようです。広げたとたんに乗ってきたもんね。   研いで

  • やおら

    JUGEMテーマ:日本語教育★日本語「やおら」猫とヤマボウシ。このヤマボウシも大きくなったものです。植えたときは人の背丈ほどのおちびさん。7年前(⇒☆)にやっとベランダに届くまで伸び今では、ゆとりで2階の窓を飾ってくれています。—

  • お片づけ

    連休明けにまた寒さの戻った日がありましたよね。冷たい雨が降って猫がこんな顔をするので火を入れました。でもそのあとはちゃんと半袖陽気。この日(5月9日)が今季の焚き納めになりました。さ、ストーブまわりを片づけよう。 気配を察して火道

  • はっぴー五月晴れ

    これはもう梅雨入りか?と思うほど降った翌日日曜の朝。久しぶりの空の青にウリすけ、ご機嫌さん。うぇ〜い!うぇえ〜いい!気持ちいいねえ。 うん♪ヤマボウシも満開です。いや、その白いのは花じゃなくてガクとか、そんなことはどうでもよろしい

  • いい変化

    ★日本語「お前」猫にもいろいろ言いたいことはあろう。 寝てても食べてても毛づくろいしててもカワイイ、カワイイと騒がれ、カメラに付け回される。いい加減にするにゃ。すまぬ。ったく、もう...... ★日本語「お前」人付き合い

  • 中型連休

    ヤマボウシが葉を茂らせすっかり初夏の装いです。 オバは連休中も授業あり。やたら祝日をいじるもんだから授業日数の足りない曜日が出てそのしわ寄せですよ。何のための「国民の祝日」?などと文句を言いつつも少しはのんびりできました。新学期の

  • ヒメウツギの庭に

    先夜、妙にしゅっとしててすわ痩せたか?と心配しちゃったけれど......体重も減っていなかったし・・・ふくふくほっぺも健在。ウリすけは今日も元気に寝ております。庭のオダマキもぷっくらほころびました。ほんにふしぎな造形であることよ。この草も高

  • 矢印の研究

    ★日本語「矢印」 きょうは久しぶりに日本語バナシですと。 読んでやってにゃ。はい、ご無沙汰でした。日本語のハナシというか矢印のハナシなのですけれども記号も文字のうちってことでお付き合いくださいませ。 【研究のき

  • ビジン猫と初夏(なの?)

    先夜のビジン版ウリの、アップ。 光の加減かいつもの丸々ほっぺがしゅっとして見えます。痩せちゃったかと心配になって翌朝体重を計ったらだいじょぶでした〜♪  *この春の庭はいささか混乱気味。春、というよりすでに初夏

  • 夜猫

      お風呂から上がってさあ寝ましょ。——の、その前に必ずウリ猫の所在を確認します。  たいていはさして探す必要もないのですがこの晩は心当たりのどこにもおらず「ウリ〜、どこ〜?」と呼ばわること数度。&n

  • 毛玉相談室

    うちのウリすけは年がら年じゅう換毛期。とはいえやはり春と秋は特別増産態勢になる。日々大量生産される毛玉は軽く丸めて庭木に吊るし鳥たちの巣作りの内装材として提供しておりますが、今回、その毛玉用によい入れ物を思いつきました。4月1日ケッコン記念

  • すっかり春

    MUJIの猫草は今季これが最後かな。この先は天然モノが採れるからね。だから、そんな顔しなさんな。八百屋さんにはこんな立派なウドが、198円! うちはナカミより皮が好き。ほぼ全量をキンピラにする。庭に出るとモミジの実生が。これ、西隣

  • カエル界鳴動

      ウリ猫、緊張。 何のさわぎにゃ。うなる重機、グゴゴ、グァン、ガシャン!ズズ〜ン!と地面も揺れる。西隣りのお宅の解体工事が始まったのです。*池のあるりっぱな庭でした。これはビフォー写真。手前はうちの薪棚と柿で

  • ツバメ来た。

    ツバメが来たよ。 今朝9時すぎ、ベランダでウリ猫にブラシをかけていたら陽気な声が降ってきました。見上げると、ツバメが1羽。去年より1週間遅く、おととしとぴったり同じ日。もう少し北に行くのでしょう。しばらくして見えなくなりました。*

  • 春猫と水菜の花

     春分を過ぎて太陽が北半球に戻ってくると天窓から光が入るようになる。春だのぅ。ウリぽんの下唇〜♪ 例の水菜も花を咲かせています。相棒のシクラメンはだめになってパンジーに交替しました。  アブラナ科の証

  • 見てくる

    ★日本語「見てくる/〜てくる」めずらしくウリ猫が撮りやすいところにいた。 ※撮りやすいところ、とは周囲に物が散らかってなくて適度に明るいところという意味なり。 でもこういうとき飼い主が喜んでカメラを向けると猫は目を背ける

  • 舞い舞い猫

    猫、おどる。薪ストーブライフ44号出ました。エッセイ私と薪ストーブの猫な関係続いております。関東地方にも広がってきたナラ枯れ問題。老人力を奪われた薪炭林について書きました。(ウリも出てますよ。)うぇ〜い。 うぇいうぇ〜い。&nbs

  • 目と芽

    先週末、ウリ地方では春一番が吹きました。陽だまりのうっとり猫。あ、目が開いた。北庭のトサミズキも芽がふくらんできました。ほら、あと少し。南の柿の木の下ではとっくにシラーがわっさわさ。ホトトギスも芽を出した。冬のあいだ食卓を彩ってくれた赤い茎

  • ピンクい猫とお知らせ

    =月曜に続いてピンクい猫=ピンクのまくらにピンクのべろ♪ うしろから見るとこんな感じ。やわらかな猫がやわらかな色に埋もれてる。* この色を見ていたい。赤い閃光や血の色は見たくない。立ち上る黒煙も見たくない。地球にはやさし

  • ピンクい

    ★日本語【色の名と形容詞】  灰色とピンク、好きな取り合わせです。 カバーを外したピンク地の枕に灰色しましまのウリ猫がもたれていたので急いで撮りました。ピンぼけなのが、残念。(目ヤニもついてるし。)ま、お許しあ

  • ざぶ子を慰める猫

    ウリ猫がざぶとんに何か言っている。わかるよ、うん。  ざぶ子もたいへんにゃよね。毎日まいにちおばちゃんのでっかいお尻に敷かれてさ。わっかるわ〜。  あ、おばちゃん......なぜ手を引っ込める。&nb

  • 乳酸菌ウリぽ株

    月曜にお見せしたこの写真。ウリすけが枕にしているのは......漬物の重石。(ж∫цж さん、ご明察!)相変わらず重石への偏愛が止まりません。マタタビなみの誘因力。うちの漬物がうまくいくのはこの猫のおかげかもしれないのですがその秘密

  • 雨の週末

     今朝は気持ちよく晴れました。でも週末は日差しがなくて寒かった。でもでも天気が悪いときは大っぴらに昼間から焚ける。猫、うれしい。「ウリ〜」と声をかけるとぐりりん!* そんなこんなで(どんなこんな?)今週の日本語バナシはお

  • 古毛布、いよかんピール

     ウーリーを探せ!ロフト編。 はい、毛布の山に埋もれてます。このモケモケの古毛布はニャンタのお気に入りでした。 捨てられない.....。*イヨカンが好きです。お高いからだいじに食べます。で、その皮がりっぱだった

  • 春待ち猫

    また雪が舞いました。この冬3回目の雪でした。  これはその翌日のウリすけ。 あ......*南カントーの冬はカラッカラに晴れるのが常ですが今冬はほんとうに降水が少なく庭の土は乾ききって氷点下の朝でも霜柱すら立ち

  • 留学生は選んだ!

    どこで寝るか。それが問題にょ。アンヨが落ちそうになっても陽だまりを優先したり、むつかしい顔でバランス感覚を養ったり、ついでにオバちゃんの足首を温めたり、どこで寝るかどこを選ぶか猫は毎日たいへんなのです。  春休み恒例シリ

  • 果報は寝て待って寝

    気持ちよさそうだなあ。 おしごと中ですにょ。オバちゃんのアシクビを温めてるのにゃ。そりゃどうも。この写真を撮るのは大変なのよ。太いウェストを思いっきりひねらにゃならぬ。*さてさて、ウリ猫が専心オバの足首を温めてるあいだにキャベツは

  • 三角ひだまり

      2月に入って夕方の時間がぐんぐんのびそれと反対に部屋に差し込む日のあしはぐんぐん短くなっています。  お日さまが北半球に戻ってきてるんですね。  それはありがたいけれど、ほんの

  • 留学生は見た! 2021秋学期#2

    なんか、変です。  昨シーズンの薪狩りで入手した薪。皮とミがきれいに外れてまるでコナラの2枚おろし。違和感、違和感。まあ、いいけどにゃ。   春休み恒例シリーズ留学生は見た!=2021秋学期

  • エラそう猫とキャベツその後

    いきなりピンボケ写真ですみません。ある晩のこと。ストーブ前の特等席で猫がおもしろげなポーズをしていたのです。 近づいてみましょう。どんな顔をしているのか気になりますな。 こんな顔でした。こんな顔。=*おまけ*=仕込みから

  • カメラとお日さまとキャベツ

     ベランダで猫が気持ちよさげに行き倒れ。くにゅっとなったおててがかわゆいのぅ。    と思って接近したら......ギロリ。 そして......   

  • 留学生は見た! 2021秋学期

    のんきに寝ている——ように見えますが ・・・・・・ちゃんと見ているのです。 春休み恒例シリーズ留学生は見た!=2021秋学期編= リモート授業も4期め、会えないセツナサとはべつにオンラインならではの利点は確実に

  • だ〜るまさんが...

     この日もいい天気でしたが...... ウリ猫が妙に半端なところにぽつんと落ちています。きちっと香箱を組んで何となく表情が硬い。しばらくして見ると少し移動した先でまた固まっている。だ〜るまさんがこ〜ろんだ♪なんて歌いかけ

  • カーテンその後

    アケサセテモラエナイカーテン⇒☆誰も開けてはならぬ。に、ちょっかいを出して猫を誘い出す(追い出す)。   こんにゃおうち、出てってやる!わー、影がモンスター!家出猫。グレる猫。グレまくる猫。ふぃ〜。&

  • 誰も開けてはならぬ。

    ★日本語【助動詞ズラリ】土曜日の朝、きょうも南カントーは快晴。霜柱が立つ寒さにも冬至過ぎのお日さまは力強い。こんな朝は、まずカーテンをシャ〜っと......開けてはなりません。なぜなら......なぜならこんなものがいるから!開けさせてもら

  • 着物の思い出

     バリおやじに、スカーフ。着物の端切れで縫ってみましたの。あいにくの(?)ワンコ柄。ウリが協力してくれないので改めてバリおやじにモデルを依頼。*まだ30代半ばでしたかね、当時住んでいた町のちいさな呉服屋さんで展示即売会をしていまし

  • 本格ロールキャベツ

    タイトルとは何の関係もない。 そこはそれ、猫ブログの端くれですのでね。  猫はいいよなあ。いつも思うけどほんと、いいよなあ。* で、本題です。先日、ショウガでジンジャーエールの素とお菓子を作った話をし

  • たいわんば〜ん!

    検品係のウリさん、お荷物で〜す。何かにょ?おいしいもの?Boo!おばちゃんの本ですにゃ。それはそうなんだが、ちょ〜っと違うのだ。右はポプラ新書。一見同じ表紙なんだけれども左は、なんと......中国語版!*なんとなんと拙著の台湾版が出ました

  • 雪のあした#おまけ

    いつまで雪ではしゃいでいるのだたかだか3センチの雪で!と呆れられそうですけれど、そしてオバも飛騨の山あい育ちですから雪なんぞ珍しくはないのですが、それでも「トーキョの雪」には心がおどってしまうのであります。   

  • 雪の翌朝#クイズの答え

     さて、このあとこの猫はどうしたか? この体勢から雪玉を投げてくれたら楽しかろうなあ。前回記事のきんぎょ猫さんのコメントからの妄想。 ああ、また目ヤニが......   というわけ

  • 雪の翌朝#クイズ

      雪の翌朝のウリ猫を観察しましょー。(先週の話です。)出るです。 どうぞ。ではここで問題です。この猫はこのあとどうしたでしょうか?�果敢に右折して北側の様子を見に行った。�果敢に直進して小鳥食堂の様子を見に行

  • 冬休みの自由研究

     検品係のイヤそうな顔。 冬休みにこんなものを作りました。原料はこちら。大量のショウガを洗って汚れをこそげ取る。ひたすら刻む。繊維に沿って切ると歯触りがよいらしいけれどアラウンド90の母とオット母に送るつもりゆえ繊維を断

  • 雪♪

      雪が降ったよ。    うっすら積もりました。  チュンずがさわぐのでエサ台だけでは足りず、レンガ敷きの上にじかに撒いてやりました。  な

  • 新年の抱負

      あけた〜! 今年はがんばるですよ。ほぅ、何を? セミしゃんといっぱい遊ぶ!うひ♪やめてやめて。*去年の夏はリフォーム工事のためベランダが存在せず。よって、飛来するセミたちに犠牲は出ませんでした。し

  • 明けましておめでとうございます。

     2022は ニャンコの年!  前向きな おヒゲでがんばるです!ニホンゴもがんばりまっす。  猫ヒトともに笑って過ごせる日々が1日でも多くありますように。 あたらし年もど

  • 暮れのごあいさつ

    ウリ猫を探せ!2021最終バージョン!(難度高め!)答えは......?・・・・・・左端!大掃除にゃんかするべからず。りょーかい!みなさま、のんびりなさるが吉ですよ。ほんとうにいろいろあった2021年。無理は禁物です。まずまず無事で済んだこ

  • 買い物ジマン

      買っちゃった♪すてきな曲線。そう、コーヒードリップポット。このかたちに一目ぼれしましたの。オズの魔法使いのブリキの木こりみたい。楽天に飛びます。同じお店でドリッパーも発見。きれいでしょう?どちらも燕三条の製品です。ド

  • しわ〜す!

    オバちゃんがパタパタしてるです。ピ、ピントがぁ!のんびりすればいいにょに......決めるとこ決めてればオッケーなのにゃ。はい。見習いたいと思います。*  =ご報告=クリスマスディナー2021  ZE

  • 冬の恋

     畳の小上がりに猫。冬は太陽が低くて部屋の奥まで陽が届くのです。ふだんはオバの足首あっため係を担当しているウリ猫ですが、ここはお日さま優先の構え。でもおちりはオバにくっついてますのよ。 短めのあんよがかわいいなあ。ピンク

  • 胸アツ

        あいかわらず洗顔のへたなウリ猫です。  目ヤニぐらい自分で取りなさいな。せっかくビジンに撮ろうとオバカメががんばってるのにさ。でも居る場所がかわゆいのです。オバがちょいと脱

  • 冬のドラマチック猫とZENB

    ★日本語【ンの音、撥音】冬のドラマチック猫で間違い探し!(A)(B)答え:Bのほうがニャン相が悪い。  *話は全然変わりますがこんなものを買ってみました。ZENB野菜をまるごとぜんぶ使った!——という食品です。食品ロスを

  • ぼっこ猫と冬の庭

    冬の陽ざしはとかくドラマチック。陰影が濃くてへたくそカメラマンは白飛び写真を量産するのだ。いろいろやってたら、ばーさん風味のウリが撮れました。まあ、ね。13歳だものね。「風味」じゃなくてほんとの中高年猫よね。ゆっくりお休み。*久しぶりに庭の

  • 師走梅

    先週のことですけれども...... お外に変にゃモノがあるです。 うん、梅干しよ。この夏は工事の足場があって干せなかったからね。っていうか、ベランダが存在しなかったからね。工事が終わって何がうれしいって洗濯物が外に干せる

  • 真冬並み

    ★日本語「○○並み」冷たい雨がつづいたあと久しぶりに晴れた。  朝の光がきれい。 ウリすけぬくもりを堪能中。影まであったかい。おうちがあるってありがたいことだねえ。    

  • 光のマジック

     ウリすけはなめらかな顔立ちです。端的に言うと 鼻ぺちゃ。 (飼い主に似たんだわね。)でもこんな光のときはちょっと横を向くだけで ・・・・・・どうよ!かっこいいわぁ。目ヤニが気になるけどね。半端なあん

  • ポスター撮影裏話

     ウリ候補の選挙用写真、こんなのも撮れてます。C. 国民に語りかける! (猫舌だけど二枚舌ではない。)  *この一連の写真はじつは自力で猫草を発見して凱歌を上げている図なのでした。 &nbs

  • ニャン議院選挙に向けて

      えー、突然ですが、灰色党しましま派のウリ氏が出馬猫を検討中だそうです。選挙のポスターに使うとしたらどっちの写真がいいですかね?   A. 高みを目指す!   

  • 逃げそびれ猫と鯖缶

    緊張マックスのウリ猫。ソファの下です。変なヒトがいる.....。窓の外にいるのはクリーニング屋さん。これも専門職があるんですね。ひと通り工事が終わった後汚れをきれいにする係です。 ウリってば工事はもうぜんぶ終わったと思って油断して

  • ま(ね)きねこ#おまけ画像

    ストーブに火が入るとやって来る猫。  うっとり...... まくらは、薪。2年物のコナラだぞ。上モノだぞよ。新版臥薪嘗胆図  昨夜のウリ地方は雷鳴とどろく大荒れの天気でした。みなさまの町は無

  • 判じ絵

    ★日本語【判じ絵】今週の日本語バナシは判じ絵です。  さあ、判じてみましょー。  +  (過去記事から流用⇒☆顔なじみ)   || 

  • ふゆ猫と工作自慢

     好みの変わったウリすけがふかふか枕でお昼寝中。半分埋もれてる。あ、起きた。 それにしても日が短くなりましたな。3時を回るともう光が夕方風味です。 *おまけ。オバの工作をご覧くださいな。ベンチを作りましたの!&

  • ベランダ新景

     今やわが家の人気スポット堂々の第一位。小春日和のベランダはほんとうに気持ちがいい。しかしこの先の西側にはすぐ目の下に薪棚があってウリ猫の「跳びたい」欲をそそっちゃう恐れが大。そんなややこしい事態を未然に防ぐべくネットを張ることに

  • えねーちけー?

       ねえ、ウリぽん。こっち向いて♪     何かにょ?  つぎが決まったよ〜。     

  • 好みの変化

      ウリすけは、若いころはふかふか柔らかいものが好きではありませんでした。  お気に入りの籐のかごもフリースなんぞを敷いてやるとぱったり入らなくなるし、たまにオバのベッドに来ても掛け布団の上ではなく敷

  • 爪とぎリバイバル

     薪ストーブの季節が巡ってきました。そうしたら、なぜか突然爪とぎ↘が復活。 このサークル型の爪とぎはグリコが逝ったあとウリ猫を甘やかしたくなってあれこれ買ったときのもの。この1年ほどはすっかりお見限りだったの

  • 大工さんのことば

    ★日本語【動詞「裂く」】先日すでに竣工祝いの舞いをご披露しましたけれど、これはその少し前のようすです。   灰色のしましまが大工さんのしごとぶりをじっと見守る。骨組みの上に......1枚ずつ板が貼られていきま

  • 出たにゃ!

    で〜たぁ〜。 薪ストーブライフ43号、出ました。 オバのエッセイ「薪ストーブと私の猫な関係」つづいております。*この原稿を書いたのは夏の終わり。パラリンピック開催中でした。コロナが大暴れしてました。なんかもう大昔のような

  • ベランダ完成!

    ベランダが(ほぼ)完成しました! 梅雨明け前に始まったわが家のリフォーム工事。いやあここまで長かった!ウリ猫が完成披露の舞いを奉納するそうです。梁や手すりは鉄骨亜鉛メッキ。床はセランガンバツという南洋材の無塗装です。 &

  • 換毛期

    ★日本語【造語成分「○○期」】    9月のはじめにこんな記事を書きました。⇒☆…は続くよどこまでも  春の換毛期が終わらないというお話だったのですが、案の

  • 草食べ猫「笑う」

      笑う猫。     いいんです。ピントなんか、どうだって。   どちらさまもどうぞニッコニコな週末を!   

  • 草食べ猫「舌を振るう」

       べろりん!     舌先の「ひねり」が高等技術かな.....。   見飽きないわ〜。   &n

  • 草食べ猫「ウィンクする」

     ウリ猫講師によるワンポイントアドバイス。   ときどき片目をつぶってみせると飼い主が喜びますにょ。    斜めにするともっと効果的にゃ。  

  • 草食べ猫「かぶりつく」、13歳

       これと決めたら迷わず行く。    ぐぁぶり!  愛しのゴムパッキン♪  きのう11月1日はウリ猫のおうち記念日でした。13年

  • 草食べ猫「見定める」

       何だかワタワタで記事が間に合いませぬ。そんなわけで、困ったときの〜  草食べウリ!    吟味して......  見定める。

  • 静かな日の猫と紅玉

      ベランダの骨組みができたので、バリおやじ、安全監視員を引退。 きょうはベランダの柱の根巻き(※)をする日。※柱の基礎にコンクリを打つこと。    大きな音はしないし窓

  • 窓の外でも大改造

      朝ごはんの途中、突然の警戒モード。 視線の先のお風呂場の窓の外に ・・・・・・ 恐竜出現!   はい、ようやくベランダ工事が始まりましたのぢゃ。 

  • 窓際改造#2

    (まだつづく、リフォーム工事報告)ウリ猫の決め顔。何を決めてるかは知らんが。 さて、今回も間違い探しクイズ。オオタカのシールがないのはおととい、言いましたね。代わりの「番猫」配備もきのう、報告済みです。 今回はですね、梁

  • 窓際改造#1の2

    (きのうのつづき)   ガラス職人さんがお腰につけたこれ、この...... この右端のモノはガラスを洗ったりフィルムを貼る面を濡らすのに大活躍でした。先端からじつに細かい霧がふぁ〜っと出てくるのです。

  • 窓際改造#1の1

    ※今週は日本語バナシ、休みます。    10月の晴れた日、猫が朝食後の洗顔中。   お気づきでしょうか。窓辺の景色が少し変わりました。   

  • あざとかわいい

      ギャツベ人気は翌日も続きました。「気持ちいいねえ」と話しかけたら—— こてり〜ん♪猫ネコ英語のこてちさんが猫のこういう態度を指してあざといとおっしゃってましたが、⇒☆あざといてっちゃんまさに、猫っ

  • ディテール萌え

    肌寒くなってきてギャツベ人気が、再燃。夏のあいだは見向きもされませんでした。うんうん、いい感じ。そして飼い主は萌えるのです。このふっくらお腹のほら、真ん中へん。    んべんべしたあとの......&

  • 日足と猫足

    ★日本語「日あし(日脚/日足)」太陽の位置がだいぶ低くなり陽射しが軒をくぐってさしこむようになりました。はい、ウリ猫を探せ!簡単すぎましたな。 お日さまのうれしい季節到来です。お?日向ぼっこをじゃまされてむっとしたかね?文句を言い

  • 鈴なり

    目つきが悪いのはカメラ嫌いの上に睡魔と闘争中だから。今日も今日とてらでぃっしゅぼーにゃです。おちりの向こうに見えますは庭の柿の木でござい。鈴なりです。せっかくの生り年だったのに、夏のあいだ足場がじゃまで摘果ができませんでした。徒長枝も伸び放

ブログリーダー」を活用して、ニャンタのおばさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ニャンタのおばさん
ブログタイトル
猫な日本語
フォロー
猫な日本語

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用