cocode note
読者になる
住所
出身
東京都
ハンドル名
sakuraiさん
ブログタイトル
cocode note
ブログURL
http://days.arukash.net/
ブログ紹介文
書かなければ忘れてしまうようなことかもしれない
自由文
-
更新頻度(1年)

98回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2011/08/04

sakuraiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 27,510位 26,066位 20,774位 20,862位 19,403位 18,213位 18,330位 975,023サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 10 50/週
OUTポイント 10 10 10 0 10 10 10 60/週
PVポイント 70 170 100 150 80 120 130 820/週
小説ブログ 178位 171位 143位 145位 135位 127位 126位 12,004サイト
エッセイ・随筆 17位 16位 12位 12位 12位 12位 11位 738サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 46,254位 47,941位 42,876位 43,077位 41,097位 39,440位 39,141位 975,023サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 10 50/週
OUTポイント 10 10 10 0 10 10 10 60/週
PVポイント 70 170 100 150 80 120 130 820/週
小説ブログ 278位 293位 245位 238位 226位 210位 208位 12,004サイト
エッセイ・随筆 21位 22位 17位 16位 15位 15位 15位 738サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 10,045位 10,225位 10,286位 10,128位 10,144位 9,984位 10,026位 975,023サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 10 50/週
OUTポイント 10 10 10 0 10 10 10 60/週
PVポイント 70 170 100 150 80 120 130 820/週
小説ブログ 72位 75位 75位 75位 73位 72位 69位 12,004サイト
エッセイ・随筆 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 738サイト

sakuraiさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sakuraiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sakuraiさん
ブログタイトル
cocode note
更新頻度
98回 / 365日(平均1.9回/週)
読者になる
cocode note
  • 呪いの占い

    朝、テレビから流れてきた占いを耳がキャッチしてしまった。「天秤座のあなた、秘密がバレて大ピンチ。対策を講じておいて!」みたいな内容だった。そんな占いは信じちゃいないし、バレて困る秘密もないとはいえ、朝から嫌なことを聞かされるのは面白くない。

  • 縁の下は暗い

     木の根や岩を掴みながら、必死でどろどろの坂道を登る夢を見た。下までずり落ちては、助走をつけてまた登る、夢の中の私は売れない女芸人らしい。カメラは次に走って来るスターを待っていて、私がどんなに泥だらけで息を切らしていても一切関知しない。一位

  • そりゃあもう、大騒ぎさ

     このタイトルを思いついて、なんだっけ……「マリのお客を取ったってさ、そりゃあもう、大騒ぎさ」かな? 宇崎竜童。「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」だ。  私が一番最近、大騒ぎした日はいつだっただろう。&

  • 時々いいこと

    人と接して、嫌な思いをすることはたまにある。大抵は「どうしてこの人はこんな態度を取るんだろう」といったことだ。通りすがりの他人のことはどうでもいいからだろうか? それとも、個人的な理由があって、人に感じよくする余裕などないから仕方がないんだ

  • 何か、したかった。

     お気に入りのブログの移転先をクリックしたら、noteだった。noteというのは、ブログとSNSを足したようなサービスだ。すっかり忘れていたけれど、以前、そこでも何か書いていた。このブログと使い分けようとして、あの頃ははてなブログにも手をつ

  • 嫌いじゃないものが好き

    「一番好きな色は何色ですか?」というのは子供の頃から何度もお目にかかった質問だ。「青」と答えると決めていた気がする。「緑」のこともあれば「白」のこともあった。子供の頃に思い浮かべる「色」は、クレヨンや絵の具や折り紙の色だった。  

  • やったことないけどやりたくないわけではない

     ある人のトレッキングの計画をふんふんと聞いていたら、「サクライさんも一緒に行きませんか?」と誘われた。「いやでも、シューズとか買わなきゃだめだよね?」と言うと、「うーん、まあ、そうですねぇ……続けなかったら買っ

  • こないだ話したじゃん

     昨日の講座の帰り際に同僚から、「今日は久しぶりに町田さんが来ているよ」と聞いた。町田さんは初期に担当した受講生さんで、その後のクラスにも出てくれていたけれど、ここ半年以上は休んでいた男性だ。どうしているのかと心配だったので、来ているなら顔

  • 早歩きの日

     今日はしっかりと暑かったけれど、いつの間にかセミはいなくなってしまったらしい。気づけば9月も後半だ。  あくまでも私にしては、の話だけれど、今日は忙しく働いた。午前の講座が終わって大急ぎで駅に戻り電車に乗って移動し、乗り換えて乗

  • 靴を片方飛ばしたり

     金木犀が香りだした。でもまだ、ツクツクボウシも鳴いている。  ガサゴソっと音がして、生け垣の途中にランドセルが覗いた。後ろ向きに出てきたのは小学二年生くらいの女の子で、こそこそと話しながらもうひとり現れたのも女の子だった。私に気

  • 聞こえよがし

     朝晩は涼しくなった。今日はセミの声を聞いただろうか……? 暑苦しさで嫌っていた夏も、終わりが見えれば名残惜しい。夕方になればオシロイバナが匂い、秋の虫がにぎやかだ。 久しぶりに朝の散歩をした。朝と言っても早朝で

  • いつまでも重たい

      連休はじめに大事な顔合わせがあった。このところ、そのことがずっと気がかりだったから、無事に終わってほっとしたはずなのに、ちっとも気持ちが晴れない。先週はそれ以外にも気になっていたことがあって、それも無事に終わっているのにすっき

  • なくても困らないのに

     車を買い替えた。いつもそうなのだが、新しい車はしばらく自分で運転する気になれない。乗らないと慣れないのは分かっているけれど、いつまでも前の車の方がよかったなと思っていたりする。「慣れ」=「愛着」。今頃どこでどうしているんだろう。もう、戻れ

  • ブルドッグのおじさん

    重そうな太いリードを両手で持ち、ブルドッグの散歩をしているおじさんを時々見かけた。スマートなおじさんだが顔は愛犬と似ていて、密かにブルドッグのおじさんと呼んでいた。おじさんとブルドッグはいつもゆっくりと歩いていた。そのうちに、犬用のヘビーカ

  • 久しぶりに寝床で書いた

     フォークナーの「八月の光」を読み終えたので、松家仁之の「優雅なのかどうか、わからない」を読み始めた。この方の文体の静かさが好きだ。48歳の男性が離婚を機に井の頭公園近くの古い家を買い、好みの家に作り替えながら一人暮らしをする&hellip

  • 練習の音は気になる

      まだ結婚して1年も経たず、社宅に住んでいた頃のこと。上の階には、私の1,2年前に入居した奥さんがいた。その部屋から、ある日を境にピアノの音が聞こえて来るようになった。うるさかったということはない。「夜の8時以降は駄目」という社

  • 本当のことではない

      軽く肘が触れているガラスの向こうは喫煙室だ。中の人たちは、その透明な壁(の外の禁煙席)に向かって座っている。壁がなければ手が届くほど近い場所にいるのに、まるでこちらが見えていないかのように、ノートパソコンを開いたり本を読んだり

  • 眼に休養を

      昨日はときどき左の瞼がヒクヒクしていた。「眼瞼ミオキミア」というらしい。「ミオキミア」という初めて聞いた音にハマった。回文とかアナグラムみたいだ。「アオキミミ」とか。余談だが、耳慣れないカタカナ言葉は覚え難い。「アニサキス」も

  • 去年は二ヶ月

      旅先で電話を受けた。ピアノの先生に入院加療が必要となり、とりあえず10月末までレッスンはお休みですという連絡だ。右耳でそれに伴う事務的な要件を聞き、左耳にはクマゼミの合唱が響く。突然の「病気」や「手術」に驚いたけれど、そこは詳

  • 夏の音

     今日は久々にセンセイと呼ばれるお仕事。立ちっぱなしで飛んだり跳ねたり全身でがんばって疲れた。声も久しぶりに出して喉もどんよりしていて、気持ちだけがまだ少し上がったまま。  今日の生徒さん25名、皆さん私より先に生まれているから正

  • 愛想を見せない人、不快感を見せる人

     観光客が少なければ店も少なく、看板を見つけても閉店中だ。暑さの中でお腹を空かせていると、蔵を改造したカフェに出会った。普段なら敬遠したくなるような小洒落た佇まいではあるけれど、背に腹は替えられない。思い切って入った蔵の内部は、天井に近いと

  • いつも何かしら使わず持ち帰る

    今日もたらりらと更新するつもりでいたのだが、明日からの小旅行の支度に時間を取られた。今、ものすごーく久しぶりにスマホで入力している。娘と2泊でどこかに行こうと日程だけは早くから決まっていたのに、行き先がなかなか決まらなかった。どこに行っても

  • たらたらにタイトルなどなく

     思わせぶりに雷が鳴る。雨が少し降り出して、来るぞ来るぞと窓の外を期待して見ても一向に雨は強くならず、退屈になって目を離して次に見たら青い空が見えている。  とかなんとか、どうもここを見ている人は少なそうなのでせいぜい気楽に書こう

  • 毎夏おなじみのセミ・ファイナル

     家でだらだらした一週間の休みも終わり、今日から平常営業! と思ったら、先方の都合で今日も「家にいていい日」になった。さて、どうしよう。でかけたついでにしようと思っていた買い物があるけれど、わざわざ行くほどでもない。お化粧も含め、出かける支

  • 棒読みのエオリアン

     お盆休み。昨日今日と、昼間はひとりでのんびりしている。座ってばかりで久しぶりに腰が痛い。しばらくレッスンが休みだからとサボっていたピアノも練習した。一発目、すぐに腕の筋肉が緊張して痛くなった。2回め以降、だんだんとほぐれて勝手に動き出す。

  • アイちゃんはタローの嫁に行ったのかどうか

     くすり屋の娘のアイちゃんは町一番の美人さんだ。中学の時、先生がそう言った。背がすらっと高くて、長い髪をいつも後ろでひとつに結んでいた。(校則で、肩につく長さの髪は結ばなければならなかった) 勉強やスポーツはそこそこで、特に目立って男子にモ

  • 他人の扇子で涼むなかれ

     スギさんは途中の駅で快速に乗り換える。私はそのまま鈍行で行くから、席が空いていれば座りたい。「座りますね」とちゃちゃっと座ったらスギさんは「ああ、そうか(長く乗るんだよね)」と隣りに座ってパタパタと扇子を使うから風が来る。不快じゃない。涼

  • 眠れない夜

     今朝の空。 昨夜はなかなか眠れなかった。眠れないままブルーライトを浴びまくってますます眠れなかった。  以前は、ネットさえあればいくらでも時間がつぶせた。書きたい日記もメールも読みたいサイトもたくさんあった。子供や家事から開放された夜のそ

  • 蒸されて戯言

    「暑い暑い」と毎日のように思うけれど、「夏」だということには、どこかピンときていない。  たぶん、「夏」には「夏休み」のイメージが強くあるのだ。様々な思い出があって、どこかノスタルジーを感じさせる「夏休み」 ところが、子供も巣立っ

  • エナジー

     日曜日には実家で庭仕事をした。 それは夫がやると言い出したことで、私はその間に母と買い出しに行くつもりでいたのだが、その母から「ほい」と軍手を渡されてしまったからには働かねばなるまい。高枝切り鋏を駆使して、高いところの枝をパチリパチリと落

カテゴリー一覧
商用