ハンドル名
阪倉 ゆりさん
ブログタイトル
女装ふたたび
ブログURL
http://sheyuri.blog111.fc2.com/
ブログ紹介文
ふたたび女装してみたくなったのです。女装小説を中心に、ゆりの写真日記や女装体験などをつづります。
自由文
更新頻度(1年)

40回 / 128日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2011/06/10

阪倉 ゆりさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(IN) 39969 39969 19875 12076 9568 6457 5335 949592サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 110 80 120 120 160 380 990/週
PVポイント 720 5890 4290 5470 4960 8870 14620 44820/週
セクマイ・嗜好ブログ 235 235 102 48 35 21 15 5178サイト
女装(ノンアダルト) 70 70 39 26 20 14 10 872サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 10226 8200 6841 4883 4137 3210 2757 949592サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 110 80 120 120 160 380 990/週
PVポイント 720 5890 4290 5470 4960 8870 14620 44820/週
セクマイ・嗜好ブログ 78 56 48 27 20 14 11 5178サイト
女装(ノンアダルト) 34 27 24 15 12 9 8 872サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(PV) 761 703 710 654 633 573 581 949592サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 110 80 120 120 160 380 990/週
PVポイント 720 5890 4290 5470 4960 8870 14620 44820/週
セクマイ・嗜好ブログ 2 2 2 1 1 1 1 5178サイト
女装(ノンアダルト) 1 1 1 1 1 1 1 872サイト

阪倉 ゆりさんのブログ記事

?
  • バレンタインデーですね

    大阪梅田の阪急では、チョコの会場は、女性でいっぱいチョコは、自分で食べる楽しみで買っている女性たち私もチョコを買いましたが、13日、14日にプレゼントするため誰にプレゼントするか・・・それを今から決めます...

  • 《小説》女装は幸せの扉を開く【第1章】

    創作のお話ですお楽しみください。第1章 幸せの青い鳥休日以外は6時になるとタイマーで、液晶のテレビがニュースを伝え始める。その音声でわたしはベッドから、ネグリジェ姿のまま起きる。真夏と違って、涼しい廊下を歩いて洗面所でネグリジェを脱ぎ、浴室でシャワーを浴びる。昨夜、彼に抱擁され激しく愛し合った身体を、浴室の鏡にうつしながら、ボディーシャンプーで肌をマッサージする。胸にいくつか赤くなった部分がある、...

  • 女装で困ること《その2》

    女装で困ることについて、基本的なことは、女装で困ること《その1》 でお伝えしました。女装で困ること《その2》私は、20代のころは週末が待ち遠しくて、金曜日には仕事からまっすぐに帰ることも多かったのです。それは”女装したいから”、とにかく女装して、女の子になりきるのです。女装して、夜の街を散歩する、まだ8時過ぎぐらいだと、人通りも多いのです。女装子の集まるお店に行ってみようとしていたのに・・・誘惑に負け...

  • 女装で困ること

    女装で困ること”女装”でどんなことで困るか1.女装する場所の確保     一人暮らしなら、自分の部屋で着替えたり女装することができますね。     家族と一緒なら、女装のできるお店、ホテルなど自宅以外の場所、費用もかかります。2.費用    化粧品、下着、洋服、靴、バッグ、ウイッグ、装飾品など、どこまで女装するかによります。    女装で外出までするなら、数万円~になることもありますね。    3....

  • 女装小説(創作短編)のご案内、

    いつもありがとうございます私のブログにお越しいただき、ありがとうございます。    幼いころに、女の子の着物を着せられてお祭りや盆踊りの仮装に参加したことがありました。お化粧をして、頬紅を塗られて、赤い着物に帯をまかれて、ピンクの草履という姿で、大勢の人の前に”女の子”のようにしているのが楽しかったのです。いつしか、姉や近所の女の子たちと遊ぶことが多くなっていました。  女装をテーマにした短編の女装...

  • バレンタインデーの前に

    脱がされるために身につける下着で「2月に入ると、入試の採点や学生のレポートの提出があるから、少し早いけど会いたい」大学の先生をしている彼から、「久しぶりに、美智子の写真を撮りたい」というお誘いのお電話でした。美智子という仮の名前で出会ったNさん。彼の趣味は「カメラ」。彼の前では、”美智子”   彼が昔、恋した女性と同じ名前。写真を撮りたいということで、巨乳好きの彼に合わせて、Dカップサイズのバストの...

  • バレンタインデーの前に

    脱がされるために身につける下着で「2月に入ると、入試の採点や学生のレポートの提出があるから、少し早いけど会いたい」大学の先生をしている彼から、お誘いのお電話でした。美智子という仮の名前で出会ったNさん。彼の前では、”美智子”   彼が昔、恋した女性と同じ名前。Nさんは、美智子の写真を撮るはずだったのに、彼の目の前で私が胸もとが大きく開いたドレス姿でいると、彼はもう待ちきれないかのように、数回シャッタ...

  • 一度、逝ってしまっても・・・プレイ下着

    プレイ下着の楽しみ・・・今年もカレンダーが最後の一枚週末の夜のお楽しみの一枚(プレイ下着)に、凝ってみました。いつも会えるわけではないのですが、でも彼と一緒にいるときは本当に幸せです。彼と私は出会ってから、数年、とっても「相性」がいいみたいで…。彼が少し年上なこともあり、いつも彼は私をいかせるために努力をしてくれます。出会って数年になりますが、・・・まだまだ彼に開発されてる途中です。好きな人とは遠...

  • バタフライのようなスキャンティ

    「情熱的な休日の夜に」 休日の夜のテーマは、「情熱的な恋」 熱く燃え上がるように楽しみたいの今夜のあなたの希望は、真っ赤な下着 普段ならとても恥ずかしい、バタフライのようなスキャンティ クリちゃんがやっと隠れるほど、真っ赤な小さなスキャンティそれも、すぐに貴方の手で脱がされていく、お互いの硬直したものをたっぷりと時間をかけて、楽しむつもりが、貴方も私も、ベッドまで待てなくて、化粧台のミラーの前で、...

  • バタフライのようなスキャンティ

    「情熱的な休日の夜に」 休日の夜のテーマは、「情熱的な恋」 熱く燃え上がるように楽しみたいの今夜のあなたの希望は、真っ赤な下着 普段ならとても恥ずかしい、バタフライのようなスキャンティ クリちゃんがやっと隠れるほど、真っ赤な小さなスキャンティそれも、すぐに貴方の手で脱がされていく、お互いの硬直したものをたっぷりと時間をかけて、楽しむつもりが、貴方も私も、ベッドまで待てなくて、化粧台のミラーの前で、...

  • 人には言えない秘密・・・女装

    男でありながら、女性の衣類を身に着ける人には言えない、秘密・・・女装まだまだ幼かったころ、女性の下着を穿きいたずらに指を動かし、突然、射精した瞬間まだ、オナニーすら知らなかったわたしは女装の快感に目覚めてしまったのです。そのころのことを思い出すと、とても懐かしい。性的な絶頂感を得るためには女装が必要となりひそかに私が女装を楽しむようになってから、「このままではいけない」何度もやめようとしながら、や...

  • モデルになったバレンタインデー

    バレンタインデーもう10年以上も前のことです。完全女装を始めて、男性との経験も少し覚えて間もない頃でした。デジタルの一眼レフを持っている、セミプロのカメラマンと交際を始めた頃フィルムカメラと違い、現像に出すことなく写真にできるということで女装した私の写真を、写してもらうことになったのです。     「やっぱり、恥ずかしい」「大丈夫だから、着替えてごらん」「笑わないでね、まだ、こっちを見ないで」ぶれな...

  • 花嫁はニューハーフ

    幼い頃に過ごしたふるさとを家族の転勤のために離れて、幼なじみの面影も、それは遠い過去の思い出になってしまう。仕事に行き詰まり、今ひとりの青年が自分のふるさとを訪れた時、美しい幼馴染が疲れた彼を優しく迎え入れたなら、恋に落ちてしまうかも。【あらすじ】就職したデパートで商品開発を担当する青年には、大手のデパートとの商品提携を結ぶことが課せられていた。人の心を和ませる優しさがある彼も、頼りない上司と交渉...

  • 先生、お嫁さんにして!

    【事故で家族も家も失った少年が、奥さんを亡くされてひとりぼっちの先生の家に暮らすようになった。ある日、亡くなった先生の奥さんのタンスの中の下着に興味を持ってしまったのです。少年は女装して、真夏の夜更けに、奥さんの悩ましいランジェリーを身につけて、先生の部屋に入っていくのでした。】第1章 初めての女装外出 「早く洗濯物を取り入れなくちゃ」夕食の支度をしながら、台所の窓から外を見ていると空一面に黒い雲...

  • 寒さ厳しい受験の頃

    寒中お見舞い申し上げます。いつもありがとうございます私のブログにお越しいただき、ありがとうございます。      受験のシーズンに思うこと私も高校受験、大学入試など、1月~3月まで、東京で、京都でテストを受けたことがあります。空がどんよりと曇り、雪混じりの雨の中を電車から降りて、会場に向かいました。さらに、1995年1月、2011年3月には、大きな災害が起きました。寒さの厳しい中ですが、皆様、イン...

  • 今年もこの日を迎えました

    12月には、神戸のルミナリエでも、年末、クリスマス前のルミナリエでは、なぜか悲しくなることはないのです。美しく飾られたイルミネーション、阪神淡路大震災で亡くなられた多くの方の鎮魂のため、生き残った者が、犠牲となった方を忘れないためにも、大切なものだと思うのです、それでも・・・私にとっては1月17日この日が特別な日なのです  1月17日 お寺の裏にある墓地にお参りにきました。亡くなられてから、もう20年以上が...

  • 成人の日の朝の目覚め

    成人の日の朝もうすぐ夜が明けようとしています。廊下を隔てた浴室からは、お湯張りをしている音がしています。今朝は昨日と違って、少しは暖かい一日になりそうです。晴れたら、成人式に着飾る振り袖の女性にはいいですね。私も、今日はどんな所に出かけるか、ハイヒールにするか、ブーツにするか。お化粧だってファンデーションをピンク系にするか、それともナチュラルにして、アイシャドウはブラウン・・・などをいつもは暖かい...

  • 女装花嫁の物語

    花嫁をテーマにしたストーリー女装を楽しむようになって、完全に女装するようになると、ウェディングドレスや花嫁衣装に憧れますね。6月の花嫁に憧れて、6月に挙式するカップルがいます。本当は、6月よりも、日本では春や秋のほうが爽やかですね。ドレスの基本形、Aライン、マーメイド、プリンセスラインなどウェディングドレスを選ぶときって、迷ってしまいます。私も、Aライン、プリンセスライン、2着ドレスを持っています...

  • モデルになったバレンタインデー

    バレンタインデーもう10年以上も前のことです。完全女装を始めて、男性との経験も少し覚えて間もない頃でした。デジタルの一眼レフを持っている、セミプロのカメラマンと交際を始めた頃フィルムカメラと違い、現像に出すことなく写真にできるということで女装した私の写真を、写してもらうことになったのです。        「やっぱり、恥ずかしい」「大丈夫だから、着替えてごらん」「笑わないでね、まだ、こっちを見ないで」...

  • お正月のお客様

    いつもありがとうございます私のブログにお越しいただきありがとうございます。このお正月(1月1日~10日まで)にお越しいただいた方で、訪問された方の都道府県が分かるものだけ数を出してみました。...

  • 寒中お見舞い申し上げます

    正月気分も終わり、お仕事お勤めも始まりましたね凍結する道路、降り積もる雪に悩まされている方、厳しい冷え込みに、体調を崩されることがないようにお祈り申し上げます。6日のこと、兵庫県の三田市で、私も深夜にほんの少しですが駐車場から知人宅まで、冷え切った歩道で氷点下の気温を体験しました。    ...

  • 新春の浮気はいかがでしょうか

    初春のお慶びを申しあげます    女装ふたたびを本年もよろしくお願いします    1月の祝日、12,13,14日の3連休彼氏は、新年会とゴルフコンペの温泉旅行で不在、わたしはひとりぼっち、退屈な3日間になりそう、12,13日、二人分、有馬温泉に宿が取れました。浮気を楽しみたい、新春ですにほんブログ村  ...

  • 女装ふたたび《2019》

      女装ふたたび一度はやめていた女装でした。「女装」、美しいものを身に纏い、女性に変身する悦びそれはわたしにとって、懐かしい想い出であり、心がさわぐ日々でした。しかし、もう二度と女装することはない、そう思っていたのです。ある日、机を整理していたら、数枚の写真が出てきました。女性を写したポートレートを一目見て、それが誰か、はっと気付きました。古いシステム手帳のポケットに挟んであった写真、その写真の女...

  • お正月はサンルームで

    平成最後の姫はじめ皆様、あけましておめでとうございます。元旦から、暖かい日差しがいっぱいサンルームにいると、少し暑いぐらい気温が25℃近くになっています室内では、半袖でも十分な程です元日は、あっという間に過ぎてしまい二日は、ゆっくり寝て、朝から入浴ですゆっくりメイクをして、少し厚化粧かもお正月の3が日の旅行中は、ずっと女装妻として過ごしています《今年の初夢》家族が皆出かけてしまって、一人きり、夢の...

  • 新年のごあいさつ

    新年あけましておめでとうございます    本年もどうぞよろしくお願いします    また一つ年を取ってしまいます女装を楽しむには、若さが大切なのにお正月を迎えることが、おめでたい事と祝ってばかりはいられない、春ですにほんブログ村  ...

  • 幻のポートレート《尚美の肖像》

    【あらすじ】若手の画家が、一人の少年と出会う、少年の希望で彼が女装してモデルになった絵を描き、それが美術展で入選する。そしてお祝いの酒に酔い、女装した少年と結ばれてしまう。しかし少年は逢うたびごとに女性として成長する。その少年が秘めていた謎がわかるときがくる。 第1章 霧の中の出会い 冬の午後は3時を過ぎるとどんどん冷え込んでくるため、いつもならスケッチを終えて帰り支度をしていただろう。その日は朝か...

  • 幻のポートレート《追憶、尚美の真実》

    この作品は、過去に別のペンネームで書き上げたものをリメイクしたものです。はじめからお読みください。   第一章へどうぞ【あらすじ】若手の画家が、一人の少年と出会う、少年の希望で彼が女装してモデルになった絵を描き、それが美術展で入選する。そしてお祝いの酒に酔い、女装した少年と結ばれてしまう。しかし少年は逢うたびごとに女性として成長する。その少年が秘めていた謎がわかるときがくる、10年という時間の流れ...

  • 女装旅行《高知の夜》

    これは創作のお話です。女装に興味のない方、嫌いな方は、お読みにならないでください。《よさこいの夜・第一章》もうすぐ年の瀬、南国の高知でも日没は早い、はりまや橋周辺も暗くなりかけていた。散策を切り上げて、二人でタクシーに乗り、宿に向かった。古風な門をくぐり抜けると、広い駐車場、でもそれは広い庭園の一角にすぎなかった。フロントでキーを受け取り、エレベーターで今夜の部屋に向かった。すでに、預けてあった荷...

  • 女装でレズビアン

    第一章 ホットパンツの彼女 私はサラリーマンになって、今年で10年目を迎えます。 学生時代を含めて、女性と付き合ったのは2人だけで、最初の彼女とは身体の相性が悪かったのか、挿入すると痛がって、セックスを楽しむことができなかったのです。入社2年目から3年間、同じ会社の人と恋愛をしたことがあり、結婚も考えていたのですが、転勤になってしまいました。 彼女は年上だったので、経験も豊富だったのか、本当の男女...