searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
女装ふたたび 女装小説、 ゆりの女装体験
ブログURL
https://sheyuri.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
ふたたび女装してみたくなったのです。女装小説を中心に、ゆりの写真日記や女装体験などをつづります。
更新頻度(1年)

122回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2011/06/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、阪倉 ゆりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
阪倉 ゆりさん
ブログタイトル
女装ふたたび 女装小説、 ゆりの女装体験
更新頻度
122回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
女装ふたたび 女装小説、 ゆりの女装体験

阪倉 ゆりさんの新着記事

1件〜30件

  • お花見を楽しむ、4月4日は「おかまの日」

    4月4日、自宅の近くは、とても良いお天気でした。コロナウイルスによる外出制限もあったので、自宅から徒歩で近くの桜を見に行きました。快晴の青空に恵まれて、薄いピンクの桜がとても美しかったです。桜の木によっては、風に吹かれて、花びらが風に舞っていました。おかまの日でしたが、女装で歩いていて、振り返る人もなく、ちょっと安心。皆さん、桜を楽しまれていました。遊歩道には、ベンチもあり、、座っていると背中がし...

  • 女装子のエイプリルフールの楽しみ《2》

       この文章には、未成年の方には不適切な内容や表現があります。未成年の方、女装に興味のない方、嫌いな方は、お読みにならないでください。今日は4月4日、おかまの日です。(3月3日ひな祭り、5月5日端午の節句の中間だから)《雨のエイプリルフール》4月1日、「エイプリルフール」の日でした。ひと月前からお約束していた男性と、初めてお会いすることになったのです。少し気温も低く、寒いのであたたかい冬用のワンピー...

  • ”デートを楽しむ”(日記から)

    女装を楽しむだけでなく、時には、お付き合いするお相手を探すこともあります。過去には、ネットの掲示板などを利用するのが便利でした。少し不安もありますが。「妊娠中の奥さまがいるのに、浮気する男は許せない」という声を聞きます。不倫の末に妻子を捨てる、奥さま以外の女に、妊娠させるという男性のなんと多いことか。ゆりは、妊娠中だから性生活に不自由をしている男性の、性欲を満たしてあげる、「決して妊娠することはな...

  • 女装子のエイプリルフールの楽しみ

       これは、創作したお話です。未成年の方には不適切な内容や表現があります。未成年の方、女装に興味のない方、嫌いな方は、お読みにならないでください。4月1日、「エイプリルフール」の日ですね。でも、日本は生真面目な国だから、四月一日は新年度の始まりです。あまり、ジョークや冗談、嘘はつかないで、真面目に過ごす日です。ゆりは、今日はお休みです、というか、オンラインで用事を片付けてしまいます。お昼から、入...

  • ”女装妻”奥様の代わりに

    《青空に誘われて、アイアイパークへ、》2020東京オリンピックが、延期になりましたね。日本はもう春なのに、まだコロナウイルスが兵庫県でも大変な状況です。兵庫県や大阪府の知事が、阪神間の移動を自粛するようにとのこと。もう気温は22℃を超えて、暑いほどの日差し、庭の花も季節に合わせて、植え替えなどのお手入れが必要です。今日は遠くまで行かずに、今は宝塚,、あいあいパークにいます。いつも車で行くのですが、電...

  • 人に9は言えない秘密・・・女装

    男でありながら、女性の衣類を身に着ける人には言えない、秘密・・・女装まだまだ幼かったころ、女性の下着を穿きいたずらに指を動かし、突然、射精した瞬間まだ、オナニーすら知らなかったわたしは女装の快感に目覚めてしまったのです。そのころのことを思い出すと、とても懐かしい。性的な絶頂感を得るためには女装が必要となりひそかに私が女装を楽しむようになってから、「このままではいけない」何度もやめようとしながら、や...

  • 女装小説を楽しむ《2020年春》

    ここは、女装をテーマにしたブログです。未成年の方には、ふさわしくない内容もあります。ここから先のページには、露骨な性的描写が含まれることがあります。まだ成人になっていない方の閲覧はお断りします。興味のない方や違和感のある方は、ご覧にならないでください。”令和”の《ゆりの女装ふたたび》 ああ、今夜もまた、股間の邪魔なものは、  ショーツの中にひそかにしまいこんで、 長い髪の毛を伸ばし、化粧をして、 こ...

  • 混浴の温泉で

       これは、温泉旅行の経験から3年前に創作したお話です。今回は少し加筆しました。女装に興味のない方、嫌いな方は、お読みにならないでください。楽しいはずの温泉旅行、女装して彼と二人きりのはずが、突然の侵入者に襲われてしまう。男たちの淫らな欲望の前では、ビキニの水着も身を守るよりも、逆に性的な興奮をそそるだけ。愛する彼の前で、レイプされてしまう。《従兄との浴場での秘め事》私が女装することを知っている...

  • 従兄の前で混浴のレイプ

       これは創作のお話です。女装に興味のない方、嫌いな方は、お読みにならないでください。《従兄との浴場での秘め事》私が女装することを知っている”唯一の従兄”からの電話親族とは疎遠になっていても、この従兄だけは親しくしている「えっ、そんな急に、休みだからいいけど、じゃあ何とかしてみるから」そういい終わると、桐の和ダンスからお気に入りを2着和服専用のバッグに入れて、小物を旅行バッグに詰め込んで愛車に乗り...

  • 浮気にはご用心《2》

    《うず潮の後で》福良の港から、観潮船が出ていくのを見送った。大きなうず潮を見るのは大型船よりも、定員20名ぐらいの小型船がいいと勧められた。私たちは大鳴門橋を渡り、鳴門側から小型の船に乗った。大きなうず潮が見えるようになると、船は揺れた。大小のうず潮に巻き込まれそうになりながら、船長は舵を切る。大型船は、うず潮から離れた場所でゆっくりと進んでいく。船酔いをする人には大型船がいいが、うず潮を体感するに...

  • 浮気にはご用心

    毎日が同じことのような繰り返しの中で、気分をリフレッシュさせてくれるのが女装です。男を演じていた自分から解放されて、入浴後ひんやりとしたソファーに腰をおろした。.ゆっくりと髪を乾かした後、寝室のベッドに腰をおろしてから、ベッドサイドのチェストの引き出しから、黒いベビードール、ショーツを取り出します。鏡台のミラーに映る自分の姿、今夜は黒い下着です。伸ばしている髪を、まっすぐに下ろすと、ベッドに横たわ...

  • ひな祭りの夜は、女の子

    ひな祭り今年も赤い毛せんを敷いて、金の屏風の前にお雛様を飾っています。幼かった頃、ひな祭りをお祝いする姉や女の子たちがうらやましくて、泣いてしまったことがありました。母亡きあと、後妻に来た叔母は、私が幼いころ、養子に出されていた先で無事に育ちますようにと女の子のように育てられていたのを、知っていたのです。姉や姉の友達が、お小遣いをもらって出かけてしまったあとで、赤い着物を着せてもらって、官女のよう...

  • 女装する男の娘たち《7》土曜

    仕事や人間関係でストレスをためている方が、女装している人の中には多いような気がします。今からお話ししようとしているのは、週末に女装を楽しむ男の娘、いえ、貴方の身近にいる男性の体験談です。女装する男の娘たち 掲載予定    赤い文字をクリックするとリンク先を読めます 《1》 日曜 彼女の形見の品で 2月20日《2》 月曜 電車で痴漢されて 2月21日《3》 火曜 秘書は夜、愛人になって 2月22日《...

  • 女装する男の娘たち《6》金曜

    リーマンショック以後は、金融機関に勤めていても失業する者も出て、若者は就職難となった。どこの有名企業に就職するかということよりも、とにかく正社員になりたいと就職活動をするのだった。海外での業績が好調な会社に勤めている、江見孝一と中島正樹。シフトで休みになる金曜日には、社長の別宅に行きある支度をするのです。上司である広瀬と渡部によって女にされた二人は、彼らのサインがあると、その日のために準備します。...

  • 女装する男の娘たち《5》木曜

    光沢のある黒いシルクサテンのスカート,白いレースのペチコート、エプロンの胸元が大きく開いていて胸の谷間が悩ましい、そんなメイド姿の女の子になってあなたを誘惑したらどうしますか?今日の男の娘は、もと歯科大学の付属病院に勤務していた歯科技工士。学校を卒業してから10年が過ぎてまだ独身。木曜日と日曜祝日が休みの生活にも慣れてきた、とりわけ木曜日は毎週楽しみにしている。それは女装して一日を過ごしているから...

  • 女装する男の娘たち《4》水曜

    サラリーマンとして働くには、免許、資格、経験など会社側が求めるものにマッチングしないと、応募しても採用にならないことが多いものです。さらに、女装して勤めるなんて水商売以外ではなかなか難しいものです。後半の部分に少し追加しました。《4》水曜転職しました、やめた女性事務員の代わりに、不動産の仲介業をしている彼に採用されたのです。分譲住宅や新築マンションの売れ残りをモデルハウスとして、そこに来る客にパン...

  • 女装する男の娘たち《3》火曜

    仕事や人間関係でストレスをためている方が、女装している人の中には多いような気がします。今日も、女装する時だけいつもの自分と違う女性になりきって、誰かがどこかで女装を楽しんでいるかもしれません。女装する男の娘たちの7Daysで、お話しするのは、何人かの女装子の体験談です。《3》火曜私は高橋正樹、今はまだ32歳。祖父が経営していた不動産会社から出向という形で、ある人物の秘書をしている。建築設計や建築に関係...

  • 女装する男の娘たち《2》

    仕事や人間関係でストレスをためている方が、女装している人の中には多いような気がします。今日も誰かがどこかで、女装する時だけストレスを忘れて、女装を楽しんでいるかもしれません。女装するサラリーマンの7Daysで、お話しするのは、何人かの女装するサラリーマンの体験談です。《2》月曜新しい部屋家族と暮らしていると、いつ女装できるか、既婚者にとってはかなり難しい問題です。旅先で女装できる、出張が多い人なら...

  • 女装するサラリーマン《1》日曜

    仕事や人間関係でストレスをためている方が、女装している人の中には多いような気がします。そういう私も、女装する時だけストレスを忘れて、楽しむことができたのです。今からお話しするのは、何人かの女装するサラリーマンの体験談です。《1》日曜お花見ドライブ日曜日の朝、のんびりしていると電話が・・・東京から単身赴任で来ている大学の同級生だった。私は、同じ学科の女学生に恋をした。しかし彼女は、骨肉腫という骨のが...

  • ゆりのプロフィール2(女装する私の自分史)

    何からお話ししてよいか、迷いながら文章を書き始めました。今日はその続きです。《時の流れに身をまかせ》 テレサテン   もしも、あなたに嫌われたなら、あしたという日なくしてしまうわ約束なんかいらないけれど、想い出だけじゃ、生きてゆけない時の流れに身をまかせ、あなたの胸により添い綺麗になれたそれだけで、命さえもいらないわだからお願い、そばに置いてね、今はあなたしか見えないの今日は、歌詞の2番です。すでに...

  • ゆりのプロフィール1(女装をする私の自分史)

    女の子のように育てられて《時の流れに身をまかせ》 テレサテンもしも、あなたと逢えずにいたら、わたしは何をしてたでしょうか平凡だけど誰かを愛し、普通の暮らししてたでしょうか時の流れに身をまかせ、あなたの色に染められ一度の人生それさえ、捨てることもかまわないだからお願い、そばに置いてね、今はあなたしか愛せないすでにステージで歌う姿を見ることはできません。過去の人になってしまった彼女、その声はとても美し...

  • 白衣の天使に憧れて【前の章】

    【あらすじ】少年の家の離れに、看護師が引っ越してきた。スタイルも良く素敵な女性への憧れが幼い少年の性的な刺激となる。ある日、看護師の白衣のまま抱かれている彼女の姿。その淫らな行為を強制する彼女の恋人、その二人の男女の営みを覗き見てしまう。憬れの看護師のように、少年は看護師の白衣を身につけて、女装に目覚める。【第1章 出会い】 彼との待ち合わせ、今日はどの下着にしようかとランジェリー選びをしながら、...

  • 白衣の天使に憧れて【後の章】

    【第3章 秘密の宝箱】 エアコンの調子が悪くなっていたので、説明書をさがそうと押入れの中で書類の入ってそうな箱を開けていた。きちんとテープを張ってあるダンボールの箱があり、中身が何か分からないので、明るいところに持ち出しました。中には、きちんと折りたたまれた看護師の白衣が入っていました。その下には白いストッキングやショーツ、ガーターベルトがありました。その下には、ネグリジェやベビードールとカラフル...

  • ロストバージン・女装子が女になる時《前編》

    【はじめての決心】 祖母の家で女の子のように着物を着せられてから、中学の頃には女装をひそかに楽しんでいました。成人向けの本屋に行っては、美しいニューハーフの写真を見たり、男性に女として抱かれる女装者の経験談、性転換して結婚した海外の性転換妻、そういった記事を宝物のようにしていました。通信速度が遅く、ネット料金が今のように気軽に楽しめなかった頃を思い出して、その時のことをお話しします。すべてが本当に...

  • ロストバージン・女装子が女になる時《後編》

    【女性度テスト】 「大丈夫かしら?心配だわ」「君が男だなんて、誰も気づかないよ」6月のある日、Sさんの知人のお宅で開かれたお茶会に行くことになったのです。私の祖母は裏千家の教授をしていて、幼いころから祖母に茶道を教えられたのです。高校生の頃には「盆点」のレベルになっていました。さらに、お稽古の初心者に着物を着つける祖母から、着物の着付けを教えられ、自分でも振り袖、留めそで、訪問着など着れるようになっ...

  • 女のままで、逝かせて《2》

    彼はシャワーを浴びています。彼が汗を流している間に、私は化粧を直します。彼がバスローブをまとって浴室から出てきました。どうせ、すぐに汗を流すようなことをするのに、でも湯上りのさっぱりとした彼の匂いが好き。私は、バッチリメイク、ショーツ、ストッキング、ガーターベルト、豊かな胸元を演出するブラジャー、室内で履くハイヒール。ソファに隣り合って座り、イチャイチャしながら、今日の楽しみ方を話した。「写真を撮...

  • パンティバイキングの旅【前編】

    ”忘帰洞、久しぶりの勝浦””忘帰洞に行ってみないか”連休の私と同じように時間の都合のつく方からの提案出発は、23日。特急「くろしお」の座席も、お宿もOK長い電車の旅の後、駅に降りると大阪とは違い、暖かいのです。あたたかいのを予想して、奥様風の装いです以前に来た時は2月でしたが、11月の今はもっと温かいコートもマフラーもバッグにしまって、薄着でもOK駅前を歩きながら、宿の送迎用の船に向かいます夕方の駅前...

  • パンティーバイキングの旅【後編】

    《 パンティバイキングの旅【前編】 の続きです》初めからお読みになるなら パンティバイキング【前編】”ルームサービスは、お皿?”美味しいお食事、波の音を聞きながら温泉につかり、夜もかなり更けてきました。8時すぎに通ったときには、にぎやかだった宴会場も静まり、二人でホテルの売店で、地元のお酒、おつまみを買って火照った体を、浴衣に包まれて、ひんやりした廊下を歩きます。”パンティーを盛り付けて”「おつまみを...

  • 兄嫁のスリップ

    《寝室の中で》有名私立大を目指して、大学受験のために、東京の兄の家に10日間泊まることになりました。まだ子どものいない兄夫婦の新居は、会社の社宅だったのですが東京郊外の小さな一戸建てでした。兄夫婦が昼間は勤めに出ているため、受験のない日は居間のソファーの上に横たわりテレビを見ていたのです。喉が渇いたので、持参したコーラを飲みながら、寝室を見ました。いつもは覗くことはおろか入ることのできない寝室に、...

  • 新年のごあいさつ

    今年もよろしく新年あけまして、おめでとうございます。昨年もこのブログにお越しいただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。年末から、ある地方都市で主婦を演じていました。お正月のお節、お雑煮の準備で大晦日は大変でした。紅白歌合戦を時々見ながら、お料理をお重箱に詰めました。数年前に、奥様を亡くされた方のお家でエプロンをして、お台所に立ち、お風呂にお湯をためたり、年越しそばのお椀を用意して...

カテゴリー一覧
商用