searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

キッズスポーツトレーナーさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
埼玉県

キッズ&ジュニアスポーツサポート隊!スポーツキッズを支えるママ&パパマネージャー養成講座! 地域スポーツを頑張る子ども達を支えるママさんやパパさんのための、スポーツ医学基礎知識講座を開講中です! ブログでは随時、ジュニアスポーツに関わるスポーツ医学のプチ情報を分かりやすくお伝えしています! HPもあります。 http://kidstrainer.grupo.jp/

ブログタイトル
キッズスポーツトレーナーズアカデミー
ブログURL
https://ameblo.jp/kidsportstrainers/
ブログ紹介文
初心者でも分かる!ママ&パパのためのスポーツ医学のマメ知識をお伝えします!
更新頻度(1年)

73回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2011/06/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、キッズスポーツトレーナーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
キッズスポーツトレーナーさん
ブログタイトル
キッズスポーツトレーナーズアカデミー
更新頻度
73回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
キッズスポーツトレーナーズアカデミー

キッズスポーツトレーナーさんの新着記事

1件〜30件

  • シーバー病(踵骨骨端症)、ママトレーナーが考える、予防と対策

    「シーバー病(踵骨骨端症)、ママトレーナーが考える、予防と対策」1:腓腹筋のストレッチ2:無理をしない3:足裏を柔らかくメンバーさん達の多くが、口をそろえて「…

  • オスグッド ママトレーナーによる予防と対策

    「オスグッド、ママトレーナーが考える、予防と対策」1:大腿四頭筋(もも前)のストレッチ2:膝蓋靭帯(お皿の下部分)のアイシング3:大腿四頭筋のストレングス(強…

  • 膝のスポーツ外傷とスポーツ障害

    <膝のスポーツ外傷>1)靭帯損傷  2)半月板損傷  3)膝蓋骨脱臼<成長期に起きやすい膝のスポーツ障害>1)オスグッド・シュラッター病 2)ラルセン病(ジャ…

  • 腰部と股関節のスポーツ障害

    以下の障害について、症状・原因・治療 に分けて、ご説明します。①腰椎分離症・すべり症②骨盤裂離骨折③腰痛④ヴァンネック病⑤ペルテス病 ⑥股関節裂離骨折・骨端炎…

  • 肩や肘のスポーツ障害

    ①腱板損傷②上腕骨近位骨端線障害(リトルリーグショルダー)③野球肘(離断性骨軟骨炎)④鎖骨骨折①腱板損傷症状:肩周辺の痛みや炎症。腕を体の横に伸ばした状態(き…

  • 偏平足とハイアーチ

    お子様の足の形はどうですか?スポーツを積極的に行っている子どもが、かかとが痛い、足の裏が痛い、ふくらはぎが痛い、すねが痛い・・・というような症状を訴えたりして…

  • 子どもの心の成長

    スポーツ活動を行わせたい親の気持ちとして、もちろん、スポーツそのものの楽しさや技術を得ることができる、ということ以外に、”忍耐力がつく” とか、”チームワーク…

  • 子どもの身体の特徴

    子どものからだは、大人と比べて何が、どのように違うのでしょうか?そして、その特徴から、スポーツを行う際には何を注意したらよいのでしょうか?< 子どもの骨の特徴…

  • より良いチーム選び

    子どもが伸び伸びとスポーツを楽しめるよう、より安心で安全なチーム選びのポイントについて考えてみたいと思います。【安全面】 □チームの指導者は定期的に一次救命(…

  • オーバートレーニングには気を付けて!

    皆さまのお子様の週間スケジュール、ちょっと確認してみましょう。 月・水・金・・・ Aチーム   火・木  ・・・ Bチーム   土・日  ・・・ もちろん試合…

  • ウォームアップとクールダウン

    スポーツ障害の最も効果のある予防策は、適切なウォーミングアップとクーリングダウンにある!と言っても過言ではありません。 ◆ウォームアップ ・・・ いきなりトッ…

  • 子どもの心の成長

    スポーツ活動を行わせたい親の気持ちとして、もちろん、スポーツそのものの楽しさや技術を得ることができる、ということ以外に、”忍耐力がつく” とか、”チームワーク…

  • 子どもの身体の特徴

    子どものからだは、大人と比べて何が、どのように違うのでしょうか? そして、その特徴から、スポーツを行う際には何を注意したらよいのでしょうか? < 子どもの骨の…

  • 成長痛について

    子どもが夜中、急に関節周辺を痛がったら・・・、「これって成長痛?」と疑問に感じたら・・・ また、どんな対応をすればよいか、迷ったら・・・  保護者や指導者はお…

  • 人工芝の表面温度

    一言に 「人工芝」と言っても色々な種類がありまして、その種類によって表面温度も様々なようです。 表面温度を抑える様、作られている最近主流の人工芝「ロングパイル…

  • 運動に適した筋温

    よく人間の身体は車に例えられることがあるかと思います。寒い時期にエンジンをかけてすぐ発車すると、車にあまり良くない、ですよね。 これ、カラダも同じです。カラダ…

  • スポーツ中に歯が抜けた!

    子どものスポーツ活動中に、 ”ドン” とぶつかり、”あっ!” と見たら、 「口から出血!」 子どもは、「なんか、痛いよ~」と・・・。 そんな時は、プレーを一時…

  • テーピングを使いこなす

    子どものスポーツ現場にある救急箱に常備してある、ホワイトテープ、みなさんは、使いこなしていますか? あるけど、あんまり使えてないかも。。。  テーピングのやり…

  • 太ももの打撲

    打撲だからと言ってあまり軽視はしないようにしましょう。悪化すると、その筋肉が骨化してしまう(骨化性筋炎)のです。 大腿部前面は面積が広いため、相手の膝やかかと…

  • 足がつったら?

    子どものスポーツ活動中、突然「イタっ!」と、足を引きずって歩き始めたり、ふくらはぎを押さえて座り込んだり・・・足がつること、しばしば見られますよね。 ◆足がつ…

  • PHV 成長速度とトレーニング

    PHV: Peak - ピーク  Height - 身長  Velocity - 速さ の頭文字をとったもので、身長の発育速度ピーク年齢 を表します。 つまり…

  • トレーニングの原理と原則

    トレーナーなら誰しも知っている、トレーニングの原理と原則。やさしい言葉でママさんたちにも分かるようにご説明させていただきますね!  <トレーニングの原理> 1…

  • 目の日焼け

    屋外スポーツ主なものは、野球、サッカーのキッズ達、暑い夏、カンカンの太陽の下、長時間の練習後帰宅すると目が真っ赤!!! なんてこと、ありませんか? 野球キッズ…

  • スポーツ障害早期発見方法

    「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」、両方スポーツによる怪我、ですが、キッズスポーツにおいて、”オーバーユース(使いすぎ)”が原因で起こるスポーツ障害は、周りの…

  • スポーツドクターって?

    スポーツドクター=スポーツ医の名前も最近は非常に一般的ですね。 ”~選手のスポーツドクターによると・・・”なんていうニュースにも出てくるほど定着しています。 …

  • ケガはどうやって治るのか?

    ケガをすると、身体はすぐに反応しますよね。 まず、「痛い!」と感じ、痛いところを見てみると、腫れがあったり、変形があったり・・・ どこを受傷したかはあまり関係…

  • アイスマッサージ

    アイスマッサージ、とは、氷を使って、少し圧をかけ、動かしながら患部を冷却していく方法です。 ◆どうやってやるの? 一般的なものは、水を紙コップに8分目くらいい…

  • 柔軟性チェック:下半身

    下半身の柔軟性チェック。使いすぎで筋肉に張りがでると、固くなり、柔軟性も落ちます。固く張った筋肉は、その付着部の骨の部分へも負担をかけることになるのです。 月…

  • 柔軟性チェック:上半身

    上半身(肩や肘)の柔軟性チェック。柔軟性が左右異なっていないか、痛みがないか、などをチェックします。 他人と比べてどうか、ではなく、自分自身の先月と比べてどう…

  • 運動誘発性喘息

    寒さも増している冬の時期、子どものスポーツ活動中にちょっと気をつけたい運動誘発性喘息” 。 原因は色々あるでしょうが、喘息を持ったお子様は非常に多いですよね。…

カテゴリー一覧
商用