Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋
読者になる
住所
杉並区
出身
ハンドル名
うらりんさん
ブログタイトル
Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋
ブログURL
http://chanoyu-china.at.webry.info/
ブログ紹介文
美しい茶席の設え方を学ぶ茶塾「香白韻」を主宰。中国茶のイベントやお茶会、台湾お茶事情等を綴ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

68回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2011/04/20

うらりんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 36,062位 37,440位 38,062位 34,375位 33,756位 33,823位 33,787位 975,710サイト
INポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 20 10 10 10 40 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 816位 877位 883位 744位 738位 728位 728位 29,850サイト
中国茶・台湾茶 8位 8位 7位 7位 8位 8位 9位 122サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 38,918位 41,418位 41,198位 43,176位 39,179位 41,125位 45,690位 975,710サイト
INポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 20 10 10 10 40 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 1,061位 1,138位 1,127位 1,195位 1,072位 1,148位 1,288位 29,850サイト
中国茶・台湾茶 10位 10位 9位 10位 9位 9位 10位 122サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,710サイト
INポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 20 10 10 10 40 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,850サイト
中国茶・台湾茶 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 122サイト

うらりんさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、うらりんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
うらりんさん
ブログタイトル
Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋
更新頻度
68回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋
  • 雲南省西双版納の少数民族展

    数年前に雲南省西双版納でみかけた少数民族の暮らし。 中国の近代化に従い、どんどんと姿を消していきつつあります。 この日は誘ってくださったお友達と一緒に、少数民族衣食住展と歌舞公演へ。

  • CHINESE TEA FESTA 2019~茶令人和~

    毎年、オリンピックセンター桜花亭で開催される、中国茶インストラクター協会主催のChinese Tea Festa 。講座から茶藝まで、様々な催しものがあります。 涼やかな秋の一日を中国茶と共に愉しまれてはいかがでしょうか。

  • 和食と日本人

    ちょっと年上の美しいお友達と、2年ぶりに銀座でお会いした。 お付き合いはもう20年来になると思うのだけれど、以前、52歳のときの彼女に雑誌のモデルさんになってもらったとき、「こんな若くて美しい50代がいるのね」と感動した記憶がある。 60代の半ばを過ぎた今も、可愛らしくてまったく変わらない(ように私には見える)。

  • 塩田千春展ー魂がふるえる

    森美術館で開催中の「塩田千春展ー魂がふるえる」。 過去25年間にわたる活動を振り返る大規模な作品展です。 印象的…

  • 西太后が愛したメニュー

    西太后が愛した当時と同じメニューを再現する「厲家菜 銀座」にお誘いいただきました。 北京に本店を構える「厲家菜」は、清王朝の内務府大臣を務め、 光緒帝や西太后の料理人として宮中に使えた厲子嘉が、 中国 清代の宮廷料理を伝える料理店。 現在は4代目にあたる厲愛茵さんがメニューを復活し、いまでも北京に昔ながらのお店があるといいます。 「厲家菜 銀座」はその直営店で、内装はどこか異次元に迷い込ん…

  • やっと行けたおかっぱちゃんハウス

    素敵なインドの布、雑貨を扱うKocariさんと、アジアの手織綿やヘンプなど大地を感じる服飾を取り扱うOgさんのコラボレーションイベントは、もうずいぶんと長い間続いているそうです。

  • 「三華物語」告知ふたたび

    台風一過。 まだまだ蒸し暑い日もありますが、今週14日からお申し込み受付開始の茶会のご案内を再度させていただきます。

  • 麗香茶課「インド紅茶の歴史と今 ~アッサムとダージリン~」

    8月の終わり、麗香茶課「インド紅茶の歴史と今 ~アッサムとダージリン~」に参加させていただきました。 講師は京都…

  • 夏の終わり

    暦の上ではもうとうに秋ですが、海沿いの街にはまだ夏のなごりがありました。 鎌倉 招山さん。 暑い日でも店の奥に続く緑が目に涼しげ。

  • もう一つの月餅

    「これが近年の月餅です」 スタジオスタッフのTくんに中国のお土産をいただきました。 中にパイナッップルの餡が入っ…

  • 貴州の藍いろいろ

    時代の流れを感じる自由が丘デパートで、坂井氏が見つけてきた貴州の藍いろいろ。 中国少数民族の裂き織、綿入れ、刺し子などの展示即売会。 狭い店内に、少数民族布好きさんたちが訪れる。

  • 北大路魯山人没後60年

    今年は北大路魯山人没後60年にあたります。 残されている作品が数多いと言われるため、それを目にする機会は少なくないのですが、今回の展覧会では、魯山人ゆかりの料亭として知られる八勝館が所蔵する作品と、世田谷美術館の塩田コレクションを中心に、魯山人の作品約120点を一挙公開。 川喜田半泥子をはじめ、石黒宗麿、荒川豊蔵、八木一夫など、魯山人と同時代の陶芸家の作品や、彼らが学んだ中国大陸、朝鮮半島、日本…

  • ついに10回目!『三華物語』のお知らせ

    今年もやってきました。 『三◯ものがたり』シリーズは、今回でなんと10回目を迎えます。 以下、ちょしさんブログからの…

  • 満月のインド同窓会

    4月のインド旅行以来初めて、YYとHちゃんと3人揃ってのインド食事会。 紺碧の海のような壁色の店内で食す、南インド料理。 予約してくれたダバインディアは、台風の日でもお客様が引きも切らず。 外国人率がとても高い。 都内では人気のある本格的なインドレストランとして有名だという。

  • ローカルレストラン

    ひたすら暑い夏。 この夜は少し遅めの時間から、名古屋に移ったKちゃんと会うために、久しぶりに会うお友達らと地元近くのレストランに集合。 お盆の時期で、街を歩いている人は少ないというのに、 窯焼きピザで昔から人気のお店 ラ・ピッコラ・ターヴォラは、家族連れや老若男女でいつも賑わっています。

  • 第24回 醒墨会展

    上野の東京都美術館で行われている醒墨会展。 今回は二十一世紀新水墨・新彩墨アート展ということで、 中国からの芸術家や中日芸術家による作品も展示されていました。

  • トルコのバスクからモン族まで

    トルコ北部のトカット県の伝統手工芸、バスク。 バスクとは、乾燥させた菩提樹を手彫りした木版を使い、スカーフなどの布地に柄を施していくハンドプリントの技法です。

  • 夏の夜のご褒美。

    お知り合いから、某企業主催のYOSHIKIのコンサートチケットをいただく。 お誘いしたNさんも私も、未踏の地だった。 彼をよく知るファン以外に向けた演出なのか、世界各地でのコンサート映像が流れ、小さな頃、実父の死によって、彼の人生が音楽に向かって進んでいった瞬間の話や、X JAPANの仲間であったhideやTAIJIを失った話などが綴られた。 「死ぬのはどうして自分ではなかったのか?」 「喪失」から始まった彼の音…

  • ぶらり金沢②

    せっかくの初金沢旅。 1泊だけホテルに泊まり、翌日も金沢の街を観て廻る。 少し雲行きが怪しい朝の兼六園。

  • ぶらり金沢①

    「お寿司を食べに行く」ために、一路、金沢へ。 C姐の行きつけである名店、小松弥助さんのお席があるというので、今回は常連メンバーのKさんご夫妻の中に混ぜていただいた。 御歳87歳になるという弥助の大将は伝説の寿司職人と言われ、今もお店に立ち続ける。

  • 台湾茶会

    マジカルカーペットのKemiさん主催による「台湾茶会」に参加してきました。 6月に台湾に行かれたときのお茶をちょしさんと荷花さんが淹れ、そこに合わせた豪華な台湾スイーツは白茶果のヒロエちゃん作。

  • 江戸の風俗と女たち<br />お江戸の浮世絵美人

    「美人東海道とお江戸の密やかな愉しみ」〜浮世絵と催しで愉しむ江戸風俗と題された浮世絵展@ギャラリーラー。 本職はサラリーマンだという歴史芸人の角比古さんが語る江戸のよもやま話。 話だしたら止まらないという(笑)この日のテーマは「江戸の風俗と女たち」。 春画はアートかエロスかは未だ決着がつかないところかもしれませんが、とにかく江戸は大らかだったらしい。

  • インドの残り香

    春のインド旅行から、自分の中でくすぶるように続くインド。 先日、ダージリンへの旅を終えたちょしさんやKさんと一緒に、 リーフルの「2019年 ダージリン ファーストフラッシュを楽しむ会」に参加してみました。

  • 「三◯茶会 2019」プレ告知

    先日、新しくなった恵比寿の小町堂さんに、ちょしさんとふたりで伺いました。

  • ルピシア グラン・マルシェ2019

    過去にはたくさんのお茶ファンが参加していたルピシアのイベント。10年以上ぶりに、ダージリンのファーストフラッシュの試飲を目当てに行ってみました。

  • 「茶遊記~お多福茶会」@三渓園

    すっかり間があいてしまいましたが、5月の週末のこと。

  • ぶらり松山

    初、愛媛。

  • 平成ゆく年

    インドから戻ってすぐ、地元のママ友と、Le Poulet Brasserie Ukai にて平成を送る会。

  • 呼ばれてインド 6

    車でホテルまで移動する途中、いくつもいくつも、華やかな結婚式の会場を通りすぎます。

  • 呼ばれてインド 5

    いたるところでチャイが出されますが、ジャイプールのラマダホテルでは、やや小ぶりの素焼きの器。

カテゴリー一覧
商用