さきたま自然日記(別館)
読者になる
住所
埼玉県
出身
大阪府
ハンドル名
ソングバードさん
ブログタイトル
さきたま自然日記(別館)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/senaga-mmb
ブログ紹介文
埼玉を起点に、出会った鳥など花鳥風月を綴ったなんでも写真記録帳です。
自由文
バードカービングの資料用に始めたデジスコ写真が高じて、今や何でもありの自然写真日記のブログです。
更新頻度(1年)

116回 / 289日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2011/03/04

ソングバードさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 22,161位 17,798位 19,025位 15,634位 16,580位 17,678位 17,870位 975,450サイト
INポイント 0 10 0 20 20 20 0 70/週
OUTポイント 0 10 20 30 30 40 0 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,654位 1,466位 1,558位 1,349位 1,385位 1,470位 1,486位 43,080サイト
プチ旅行 10位 10位 10位 10位 10位 10位 10位 374サイト
写真ブログ 734位 585位 615位 521位 558位 583位 592位 32,874サイト
野鳥写真 58位 53位 52位 45位 45位 50位 50位 567サイト
植物・花写真 50位 43位 46位 42位 43位 44位 43位 1,522サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 33,658位 30,491位 31,510位 29,784位 30,630位 32,570位 36,140位 975,450サイト
INポイント 0 10 0 20 20 20 0 70/週
OUTポイント 0 10 20 30 30 40 0 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,364位 2,207位 2,230位 2,136位 2,169位 2,276位 2,495位 43,080サイト
プチ旅行 10位 8位 9位 8位 8位 8位 9位 374サイト
写真ブログ 632位 549位 583位 525位 555位 611位 723位 32,874サイト
野鳥写真 67位 66位 68位 64位 65位 69位 79位 567サイト
植物・花写真 33位 29位 32位 25位 29位 34位 39位 1,522サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,450サイト
INポイント 0 10 0 20 20 20 0 70/週
OUTポイント 0 10 20 30 30 40 0 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,080サイト
プチ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 374サイト
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,874サイト
野鳥写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 567サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,522サイト

ソングバードさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ソングバードさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ソングバードさん
ブログタイトル
さきたま自然日記(別館)
更新頻度
116回 / 289日(平均2.8回/週)
読者になる
さきたま自然日記(別館)
  • チュウサギも間もなく旅立ち?

    ラグビー日本、残念!!でも、よく頑張ってくれました。また、次のワールドカップに向けて・・・・お疲れさまでした。今回も在庫から・・・10月の沼は、チュウサギの群れでいっぱいです。みんなで集まって旅立ちの相談でもしてるのでしょうか??今回は少しチュウサギを含めたシラサギのことを調べてみました。チュウサギ(中鷺)日本では夏に本州や九州に飛来する夏鳥で、九州南部や南西諸島では越冬することもあります。よく茂った雑木林などに集団で繁殖し、コサギ、ゴイサギなどとともに、サギ山と呼ばれる混合コロニーをつくることでも有名です。一部の地域では、糞、餌や雛の腐臭や鳴き声が、公害になってるようですね。足は全体が黒く、眼先は黄色、くちばしは繁殖羽では黒色、非繁殖期は黄色で先端が褐色です。ダイサギに似てますが、体長が小さいこと、嘴が短いこ...チュウサギも間もなく旅立ち?

  • ムナグロも居ましたよ

    ツルシギが餌を求めて、近くまで来てくれると期待しながら、待つものの、その後、陽が徐々に傾いてきます。諦めて、帰り際にオジロトウネンがいたところを再び覗いてみると、オジロトウネンは2羽に増えて、さらにムナグロが3羽。渡りの途中で羽を休むるために立ち寄ったのか?すでに冬羽に変わって、雌雄の判別がつきません。もしかすると若鳥も交じってるのかな???この周辺の田んぼで春によく見かけるムナグロですが、この時期にこの沼で見たのは初めてです。(少なくとも私は・・・)ちょっと首を傾げた様子が可愛いですね。傍らの浅瀬では、チュウサギが数羽のんびり食事中です。時々こうして飛ぶ姿も・・・・上手い具合に夕陽が水面に映るところにチュウサギがやってきます。水面が黄金色に輝いて、綺麗!!帰り際に見た沼の夕陽です。スマホで撮ってみました。この...ムナグロも居ましたよ

  • 台風前の沼の鳥たち(ツルシギ)

    台風19号一過、沼の様子はすっかり変わって、再び満水状態になってしまいました。台風前の沼は、オジロトウネンやツルシギ・セイタカシギなどで賑わっていたのですが・・・今回は、在庫から、そんな台風前の賑わってた頃の沼の様子です。10月2日午前中、オジロトウネンの後、ツルシギ(鶴鷸)がいるポイントに移動するも、肝心のツルシギ達は杭の下で居眠りの真っ最中。相変わらず遠い!仕方なく、その日の午後、再びツルシギの様子を見に行ってみると、同じ場所に座り込んで、動いてくれる気配はなし。ツルシギは3羽、器用に足を折りたたんで座ってくつろいでます。(赤い〇印)左から2番目の子は、手前にコガモがいて見難いですね。ツルシギの横の方では、アオアシシギも座り込んでます。どちらもワンちゃんが座ってるように見えますね。アオアシシギは4羽に増えて...台風前の沼の鳥たち(ツルシギ)

  • 台風前のコスモス

    大型台風19号が通過して、一夜明けると、各地で大きな爪痕を残したことが次々と判明。河川が、こんなに脆弱だなんて・・・改めて自然の巨大な力を思い知らされます。早く復旧が進んで、元の生活に戻れることを願うばかりです。幸い我が家の近辺は、心配した停電もなく、今朝から台風一過の秋晴れ!皆さんのところはいかがでしたでしょうか?大きな被害が出てなければいいのですが・・・・さて、今回は、台風前に撮っていたコスモスです。沼の駐車場の隣にわずか咲いていたコスモス!!空に透かしてみました。ピンクと白がメインですが・・・・こんな色のコスモスもありましたよ。ヒメアカタテハも、少し翅が傷んでましたが、まだまだ元気です。このコスモスも、今回の台風19号で、倒れてしまったかもしれませんが、コスモスは結構強い花。2~3日で、元の姿の戻ってくれ...台風前のコスモス

  • オジロトウネンもやってきた

    強烈な台風19号が週末、関東地方を直撃しそうです。どんな被害が出るかわからないほどの大型で強い台風のようですが、大きな被害が出ないよう願うばかりです。皆さんも気を付けてくださいね。窓ガラス飛散防止用の養生テープや水などはすでに売り切れてるとか・・・最低でも、水や電池などの用意だけはしておきたいですね。沼でクロハラアジサシを見かけてから10日ほどたった10月2日の朝、久しぶりに沼を覗いてみました。クロハラアジサシの姿はすでになく、浅瀬にはコサギやコチドリ・イカルチドリに交じってオジロトウネンが1羽います。ここ数年、この沼に毎年やってくるようになりました。手前にいるのは嘴が短いのでコチドリかな?立ち位置が違うので、比較はできあませんが、オジロトウネンは少し小ぶりです。参考までに・・・・オジロトウネンの全長:約14....オジロトウネンもやってきた

  • 見沼代用水東縁の彼岸花(パート2)

    見沼代用水東縁の彼岸花の続きです。田園風景を楽しみながら、腰痛のリハビリ兼ねてのんびりカメラ散歩、さすがに往復2キロほど歩くと腰のあたりが張ってきます。田んぼでは、すでに刈り取りも始まっていて、空も高くて秋の空です。ひっそり木の根元に咲いてる一輪の彼岸花、白と緋色が混じって咲く彼岸花、楽しみ方もいろいろです。真っ赤で妖艶な雰囲気を醸し出す彼岸花も・・・赤とんぼも彼岸花を楽しんでるようです。定番の蝶と彼岸花を狙うも、肝心の黒い蝶は姿を見せてくれませんでした。代わりにキアゲハがお相手してくれましたよ。来年は、久しぶりに巾着田に行ってみたいものです。一昨年(2017年)の巾着田の記事は・・・・・・・こちら興味のある方は覗いてみてください。見沼代用水東縁の彼岸花(パート2)

  • ハラグロアジサシの飛翔

    今日は10月の6日、30度越えの暑い日からもやっと解放されそうです。昨夜はラグビーの試合で、テレビの前のくぎ付け!!再び日本旋風が吹き荒れて、快勝でしたね!!このままの勢いで決勝に進んでほしいものです。頑張れ!!ニッポン!!彼岸花の続きの前に・・・・・・今回は、台風17号が日本海を通過中の9月23日、ハラグロアジサシが2羽、強風の中を元気に飛んでました。どんより曇った空がバックでも、飛ぶ姿は美しい!!それでも、時折明るい陽射しが・・・・・厚い雲の合間から青空が姿を見せてくれます。強風の中を、何度か反転しながら風上に向かって飛ぶ姿は、美しさの中に力強さを感じます。こんなハラグロアジサシも、その後訪れたときにはその姿はありませんでした。数日間滞在しただけで、南に旅立ったようです。ハラグロアジサシの飛翔

  • 見沼代用水東縁の彼岸花2019

    腰痛の痛みは完全になくなったわけではないのですが、リハビリのため「見沼代用水東縁」の彼岸花を見に行くことにしました。9月30日、快晴、2年ぶりの彼岸花です。今年は、猛暑のせいか、開花が少し遅れたようで、9月末だというのに花の状態は良いみたいです。見沼自然公園から北に向かってのんびり田園風景を楽しみながら歩き始めます。「見沼代用水東縁」の彼岸花は、ところどころ途切れますが、2~3キロくらい続くのでしょうか?一番綺麗なのは、見沼自然公園から北に向かって約1キロの区間で、隠れた彼岸花の名所かもしれません。今年は曼殊沙華で有名な「巾着田」に行けなかったのですが、ここの彼岸花も綺麗ですよ。左の写真は、南から北に向かって、右は南から北に向かって撮ったものです。ニコンのミラーレス(左)とキヤノンの24-100ミリ(右)、光の...見沼代用水東縁の彼岸花2019

  • 台風の為に避難??セイタカシギなど

    腰痛が再発して今日で早1週間。ご心配をおかけしましたが、お陰様で少しずつですが、快方に向かってきたようです。車の運転は痛みもなく大丈夫なのですが、さすがに少し長く歩くと、まだ腰に響きます。昨日(10月1日)は、リハビリを兼ねて、久しぶりに見沼用水の彼岸花を見てきましたよ。(写真が整理でき次第載せますね。)・・・・・・という訳で、今回は腰痛再発前の沼の様子・・・・・・を載せます。台風17号が日本海を通過中の9月23日、強い風が時々吹きますが、沼の様子を見に行ってみます。時折強い風が吹き抜ける沼の水面、セイタカシギとアオアシシギはじっと耐えてました。風が止んだ時はくつろぎタイム。立ち位置を変えたり、羽繕いをしたり・・・・・この場所から動こうとしませんでした。時折、陽が射してきますが、風は相変わらず強い中、遠くのポー...台風の為に避難??セイタカシギなど

  • 腰痛またまた再発

    9月25日、ベッドのマットを少しずらそうと中腰になった時・・・ん?腰が・・・久しぶりの腰痛がまたまた出張ってきたようです。もともと腰痛とは長い付き合いですが、少し油断すると再発するので厄介な病気(?)です。腰痛の原因はいろいろあるようですが、完治しそうにないのがこの病気。仲良く付き合っていくしかないようです。今回は、寝込むほどの痛さではないのですが、歩くと痛みが・・・・・行きつけの整形外科で、電気治療とマッサージを受け、痛み止めをもらってきました。痛みがひどいようであれば、ブロック注射も選択肢にあるのですが、クセになるのが嫌で、今回はパス。そんな訳で、今日(29日)予定していた、京都への墓参りも、急遽延期する羽目になりました。林では、夏鳥の通過がピークなのに・・・・・花撮りにも行けてません。あと数日は我慢・我慢...腰痛またまた再発

  • セイタカシギとアオアシシギ

    9月18日、I沼の水位が一気に下がり始めたようなので、その様子を見に行ってみます。あいにくの曇天でしたが、水たまりにはセイタカシギ3羽とアオアシシギが1羽、仲良く(?)採餌中でした。セイタカシギと一緒にいたのは、アオアシシギ?コアオアシシギ?アオアシシギより少し小ぶりなのと、嘴が上に反ってないので、見た瞬間は「コアオアシシギかな??」とも思ったのですが・・・・・嘴の太さがコアオアシシギより太いようなので、アオアシシギと結論。次の写真は、同じ個体を順光の反対側から撮ったものです。セイタカシギは3羽に増えてましたが、いつも一緒!!少し前に見かけた個体とは違うかもしれません。アオアシシギは、セイタカシギの間をちょこまかと動き回ってますが、セイタカシギから見ると邪魔な存在なのか、時々追い払われてるようです。遠くの茂みの...セイタカシギとアオアシシギ

  • 武蔵丘陵森林公園の野草コース散策

    羽毛ゲイトウを見た後、まだ時間があるので、「野草コース」を覗いてみることにします。今年は猛暑が続いたこともあって、レンゲショウマを見に来ることができなかったので久しぶりの「野草コース」です。この日は時間があまりなかったので、野草コース南側入口近くに咲く「シモバシラ(霜柱)」を中心に見ることにします。初めて見る花なので、ワクワクして探すと・・・・・可愛い花が咲いてます。白い小さな花が沢山、穂状に咲かせていますシモバシラ(霜柱)日本固有種で関東地方以西の本州から九州にかけて分布するシソ科の多年草です。晩秋になると根以外は枯れ、初霜の頃になって「霜柱」を作ることからシモバシラ(霜柱)と呼ばれるとか!霜柱は、冬の冷夏になる早朝などに、まだ生き残っている根によって吸い上げられた水分が行き場をなくし、枯れた茎から裂け出て起...武蔵丘陵森林公園の野草コース散策

  • 武蔵丘陵森林公園の羽毛ゲイトウが見頃

    国立武蔵丘陵森林公園の「羽毛ゲイトウ」が見頃になってきました。連休明けの9月17日、快晴!!昨年も、同じ時期に訪れたのですが、今年も、見事な色絨毯が広がっています。昨年は、赤・黄・ピンクの3色だったのですが、今年はオレンジ色が増えて4色の鮮やかな絨毯です。羽毛ゲイトウのそばには大きなワンちゃんが・・・・鮮やかな絨毯に見とれて??羽毛ゲイトウの花畑のすぐ横には、コキアがあります。少し赤味がかってきた部分もありますが、真っ赤に染まるまで少し時間がかかりそうですね。コキアと羽毛ゲイトウ。コキアが赤く染まっていたら、きっと綺麗だったでしょうね。縦に切り撮って見ると・・・少し高いところから見下ろしてみます。秋の太陽が右から射し込んでます。少し近寄って見ると・・・・段々重ねに色が積みあがってるようです。左が真っ赤な羽毛ゲイ...武蔵丘陵森林公園の羽毛ゲイトウが見頃

  • 沼も賑わってきた(アマサギ・セイタカシギなど)

    9月14日、久しぶりにI沼の様子を見に出かけてみます。満水状態だった沼も、水位が下がり始めて、サギたちが浅瀬で餌を啄む姿が見られました。そんなサギ達の中に、アマサギが1羽混じってました。左の2羽はコサギですが、右のは???アマサギの幼鳥かもしれません。もしかして親子??しばらくして、飛び立ちそうな気配だったので、しばし待機!!目の前ではチュウサギ同士の小競り合いが始まりますが・・・・近すぎてフレームには1羽しか・・・・チュウサギの小競り合いに気をとられてるうちにアマサギが飛び立ってしまいます。2羽仲良く飛んでるところを見ると、やっぱり幼鳥を連れていたのか????遠くの方にいたセイタカシギも、近くまで来てくれました。この日はこの1羽だけ!後ろのハスの中に突然何かが飛び込んできます。慌てて撮って見たものの・・・・ブ...沼も賑わってきた(アマサギ・セイタカシギなど)

  • ベストモーメントキャプチャーで蝶の飛翔

    A公園の桜にツツドリが今年もやってきたというので、のんびり出かけてみるものの・・・姿は見せてくれるのですが、すぐに飛び立ってしまい、惨敗!!仕方なく、いつもの散歩用ミラーレス望遠に持ち替えて公園を散策します。お花畑では、ツマグロヒョウモンの雄と雌がいたものの、すでに翅はボロボロ。蝶の翅の様子で季節を感じます。久しぶりに、ニコン1V3の「ベストモーメントキャプチャー」を使って蝶の飛翔写真を撮ってみます。この機能、以前にも紹介しましたが、シャッターボタンを押した瞬間、一時的に記録した40コマの静止画像が撮れるんです。もちろんRAW撮影でもOK!なかなか便利な機能です。車のドライブレコーダーのように、シャッター半押しの状態で、常にその前後の画像を繰り返し記録してるんです。ミラーレスカメラならではの機能ですが、こんな機...ベストモーメントキャプチャーで蝶の飛翔

  • タコノアシの花など

    北本自然観察公園は、野鳥・昆虫・植物など、季節ごとの自然観察に最適の公園。ムツバセイボウを探す合間に散策して、今回初めて見つけたタコノアシの花を紹介します。「タコノアシ(蛸の足)」以前はユキノシタ科やベンケイソウ科などと言われてましたが、、今は独立したタコノアシ科に分類されています。東アジアや北アメリカ東部に分布し、日本では、本州以西に分布する在来種です。2007年に準絶滅危惧(NT)に指定されてますが、最近は比較的多く見られるようです。吸盤のように見える花を付けた花穂が、蛸の足のよう見えることから、この名前が付いたそうです。花期は、8月から10月。茎の先に総状花序を出しますが、秋の終わりにはさく果が熟し、赤くなります。その様は、まさにゆで蛸状態で面白いですよ。(以前紹介済み)写真では分かり難いかもしれませんが...タコノアシの花など

  • やっとセイタカシギが・・・・

    久しぶりに鳥の話題です。沼のセイタカシギ、早いときには6月ごろから姿を見せてくれるのに、今年はちょっと様子が違います。9月4日、どんより曇り空でしたが、久しぶりに沼を覗いてみます。沼は花火大会以降、満水状態が続いていて、あまり期待してなかったのですが、2羽のセイタカシギの姿が!!曇天で色が出ず、モノクロ写真みたいですが・・・・沼が満水状態のためか、普段は周辺の田んぼを居場所にして、時々こうして沼にやってくるようです。いままでも時々姿を見せていたようですが、なかなか沼に居ついてくれません。次の写真、よく見てくださいね。右足が杭から外れて宙に浮いてるように見えます。良く見ると、右足は1本の指先だけで支えてるようです。器用な止まり方をするものですね。こちらは普通の止まり方。比較してみるとよくわかります。まだ少し落ち着...やっとセイタカシギが・・・・

  • 初めての出会い・ムツバセイボウ

    関東地方は、今夜遅く、強い台風15号が直撃しそうな気配ですが心配ですね。さて、今回はいよいよ初見の「ムツバセイボウ」の登場です。公園内を一回りしてから、再び「ハチ宿」を覗いてみます。居ましたよ!「初めまして・・・・!」です。見た目は金バエのようで、事前の予備知識がないと見落としそうなくらい小さなハチです。体長は1センチくらいかな?これが「ムツバセイボウ」!!「ムツバセイボウ」セイボウの仲間で、山地で見つかることが多く、体全体が青緑色の綺麗な小さなハチです。良く見ると、頭胸部と腹部の色は微妙に異なっていて、腹部は紫青色で、紅金色または緑金色の帯があります。お腹の先端に、「6つの歯」(歯状突起)があるのが特徴で、名前のムツバはその「六歯」から由来してるそうです。すなわち、6つの歯を持つセイボウ。ムツバセイボウは、ド...初めての出会い・ムツバセイボウ

  • 北本自然観察公園の虫たち

    北本自然観察公園にはご無沙汰してましたが、公園のHPで、「ムツバセイボウ」が現れたことを知り、急遽出かけてみることにしました。私には未見のハチなので、勇んで・・・・9月1日午前中の出来事です。早速「ハチ宿」を覗いてみるも、肝心の「ムツバセイボウ」の姿はなし。「ハチ宿」???聞きなれない言葉ですね。実は、この公園では、ハチを観察するために、竹筒が重ねておかれてる場所があるんです。枯草にはアナバチの仲間が、泥で蓋をしたところにはドロバチの仲間が巣を作るように細工されてます。この巣を狙って、寄生バチのセイボウの仲間がやってくるという訳なんです。残念ながら、肝心の「ムツバセイボウ」の姿が見えないため、園内を散策することにします。まず最初に見つけたのが、「ゴイシジミ」と、お馴染みの「ヤマトシジミ」「ゴイシジミ」は日本各地...北本自然観察公園の虫たち

  • 自然界の厳しさ(カマキリの捕食シーン)

    平地でも、そろそろ渡りの移動中の夏鳥が見られる季節になりました。公園では、ムシクイの仲間などが姿を見せ始めてるようですが、のんびりソング君、まだ見に行けてません。うかうかしてると、すぐの抜けてしまうのに・・・・動きが鈍い自分にハッパをかけてるのですが・・・ブログネタも切れて、今回は今まで載せるのを控えていた「ミンミンゼミの悲劇」です。*動画も載せてますが、少々残酷なシーンかもしれません。気になる方はスルーしてくださいね。8月24日、自宅近くの樹で、セミのただならぬ鳴き声が聞こえるので樹の中を探してみると・・・ミンミンゼミがカマキリに捕まっています。ミンミンゼミは、時折、逃れようと激しく羽ばたきますが、カマキリの鎌ががっちり食い込んでるようです。角度を変えて撮って見ました。ミンミンゼミの鳴き声は、夏の盛りから晩夏...自然界の厳しさ(カマキリの捕食シーン)

  • 三度目のハスカワ?

    先日載せたササゴイの狩りシーン、ピーカンで、写真的には満足できず、改めて撮りに行く機会を狙っていたのですが・・・・8月22日(木)、孫姫のお守りで次男坊宅へ行くことになり、ここぞとばかりハス沼に出かけてみました。時々小雨が降る曇り空でしたが、いつもと同じように午前8時ごろ現地に到着。今にも雨が降りそうなので、、ミラーレス望遠だけ持って小畔川に沿って歩いてみます。前日までの雨の影響で、少し増水していて、水も濁ってます。ササゴイが狩りをしそうな場所を中心に探すものの、その姿は見ることができませんでした。仕方なく、カワセミポイントに行ってみると、2~3人の鳥撮りさんが、カワセミ待ち。まだ、ハスにカワセミが来るんですね。・・・・・と、待つ間もなくカワセミが蓮の実(蓮台)に止まってくれました。間もなく、ダイビングして小魚...三度目のハスカワ?

  • 公園も秋の気配

    8月19日、久しぶりに見沼公園をのんびり散歩です。まだ残暑は厳しいものの、朝晩は涼しくなりました。猛暑のせいで外に出るのを控えていた分、夏太り気味。久しぶりの散歩も体が重く感じます。(笑)公園内は人の姿もまばらですが、足元には「つゆ草」がいっぱい咲いてます。つゆ草は、藍花(あいばな)・月草(つきくさ)・蛍草(ほたるぐさ))とも呼ばれますね。そういえば、私の愛読書の中に、葉室麟の「蛍草」という題名の時代小説がありました。(今、NHKで連載放送中です)一方、池周辺のトンボたちの姿はだいぶ減って、名物のベニイトトンボの姿は見えず。チョウトンボの姿もちらほら、寂しくなりました。樹の幹で、何やら派手な芋虫が動いてます。イラガの仲間の幼虫でしょうか?こんな派手な着物着てると、すぐに鳥などに見つかってしまうぞ!!スイレンの葉...公園も秋の気配

  • ササゴイ、オイカワを食す

    酷暑の中、ハスカワ狙いで待機してると、時々ササゴイの飛翔姿が見れます。そのうちの1羽が、頭上を飛び越えて、すぐ横の小畔川に降り立ったようなので、追いかけてみます。コンクリートの護岸に降り立ったようです。河原に降り立った早々に、魚をゲットしたようです。魚は綺麗な色をしたオイカワのようです。あっという間に飲み込んでしまいました。飲み込んだ後は喉部分が大きく膨らんでますね。(手前のグリーンがぼけてるのは、草むらにしゃがんで撮ってたため、草が映りこんでます。)その後、草むらに潜んで待つものの、日差しがまともに後ろから差し込んで、頭がクラクラしてくるほど暑い!!しかも、強い日差しで川砂利が反射して、逆光の為かピントが合いにくくて苦労します。あまりの暑さで、カメラ本体かレンズの調子もおかしくなったのか???陰になって少し見...ササゴイ、オイカワを食す

  • フラットテンプレートを試す

    ネタも切れてきたので、今回は暇つぶしに・・・・・・gooブログに新しいフラットテンプレートが追加されてたものの、今まで試したことがありません。そこで今回初めてフラットテンプレートを試してみることにします。従来のテンプレートに比べて使いやすさは???フラットテンプレートへの移行は思いのほか簡単で、「テンプレート設定」から「フラットテンプレート」選ぶだけ!少々面倒なのがカバー画像の設定で、なかなか思い通りの位置に定まってくれませんでした。それでも何とか・・・・・見栄えはいかがでしょう。今までと違って、題目が一覧で表示されるため、見たい題目をクリックする手間がいりますが、なかなかすっきりしてます。スマホで見るのと同じような画面のイメージでしょうか。オープンページは、記事の題目の一覧が出るだけなので、記事を読むには、題...フラットテンプレートを試す

  • 再びハスカワ狙い

    昨日からやっと連日の猛暑日が一休み?今日(20日)は朝から久しぶりの雨です。7月25日に失敗した「カワセミとハス」写真、8月8日に再チャレンジです。蓮の花もそろそろ終わりのこの日、次男坊宅で、孫姫のお相手。孫姫たちは女房殿に任せて、近くの蓮池公園まで様子を見に行ってみます。この日、猛暑日が続いてる最中で、まだ午前8時だというのに、木陰にいてもむんむん熱気がまとわりついて、汗が噴き出してきます。さすがに「ハスカワ」の時期が過ぎたのか、鳥撮りさんは2~3人だけ。この暑さではね!!しばらく待ってると、少し遠いですが、やっとカワセミがやってきましたよ。ハスの蕾ではなく、ハスの実(蓮台)の上ですが、贅沢は云えません。日差しが強すぎてピーカンですが・・・・・少し回り込んで撮って見ます。上空が気になる?今度は、すぐ近くのハス...再びハスカワ狙い

  • 名残の古代蓮

    大型台風10号が四国中国地方を縦断して、日本海を北上中!!週末は台風一過の猛暑も予想され、まだまだ要注意ですね今回も在庫からですが・・・・・早朝の沼散歩、8月に入って古代蓮も見頃は過ぎましたが、まだところどころ綺麗な花を咲かせています。そんな名残の古代蓮です。朝日を浴びてキラキラ輝いて見頃の時とは少し雰囲気の違う古代蓮が綺麗でした。ハスの実が、窓からのぞいてます。咲き終わった古代蓮の茎も、こうして撮ってみると、なかなか芸術的??これぞ自然が創り出す芸術作品です。3枚の写真をパノラマに仕上げてみました。朝の沼の情景ですが、もう少し早い時間帯だと、この杭一面にサギたちが止まってるんですよ。この日はこんなに水位も下がってシギチがやってくる予感もしたのですが、この後、「花火大会」の為か、水は再び満水になってしまいます。...名残の古代蓮

  • カイツブリの雛危うし!!

    猛暑日が続くお盆休み、台風10号西日本を直撃しそうですが心配ですね。被害がなければいいのですが!!こんな猛暑日が続いて、毎日エアコンの効いた部屋でダラダラ過ごしてると・・・・夏痩せどころか、いつの間にか体重が・・・・・これは一大事!!かといって、この暑い最中出かける気もしないし・・・・そんなわけで、今回もI沼の在庫からです。8月3日、この日も早朝から沼の周辺を散策してると、橋のすぐ下にカイツブリ親子が杭の上に作った巣の中でくつろいでました。時々巣を出て、泳ぎの練習です。お母さん(?)と一緒の姿が微笑ましいですね。そんな親子のすぐ横に突然水中からカワウが現れます。雛はカワウから1メートルも離れてません。(近すぎて、雛の姿は写ってませんが)お母さん(?)は警戒態勢をとりますが、突然のことで対応できるのか??見てる方...カイツブリの雛危うし!!

  • バンの雛4羽だった

    8月に入って、連日、早朝にI沼通いをしてますが、沼にも変化が・・・・・7月24日、沼の水位も下がりだして、そろそろセイタカシギもやってくる頃だろうと21日に引き続いて訪れてみましたが、やはりその姿見られず。そんな中、杭の上にバンが・・・・・こんなところに巣を作っていたんですね。まだ雛たちはここで眠るのか、巣の修復に余念がありません。雛の姿が見えないので周辺を探してみると、少し離れたところに1羽いました。3日前はまだよちよち歩きだったのに、今はしっかり歩いてます。成長が早いですね。何を思ったのか、ピーピー鳴きながらこちらにどんどん近づいてきます。まだまだ小さな翼ですが、時々、こうして羽ばたき(?)の練習です。可愛いですね。あまりに人間様に近づきすぎたのか、巣から親が一目散にやってきて、雛を蓮の葉の陰に追いやります...バンの雛4羽だった

  • ヒマワリ撮りで大失敗!

    桶川のひまわり畑が見頃だというので、出かけてみたものの大失敗。猛暑が続く7月31日の失敗談。早めに出かけた方いいだろうと思いながら、朝バタバタしてしまって、慌てて家を出たのはすでに午前8時。現地に着く直前の9時ごろ、水分補給用の水を買おうとコンビニに寄ったのですが・・・・・・・財布がない!!小銭入れもない!!慌てて家を出た時に忘れてきたみたいです。(免許所は別のカード入れなので大丈夫でした)果て、困った!!この炎天下で水分補給なしでは厳しい!!とりあえず、そのまま現地に着いたものの、水道らしきものもなし。人から小銭を借りるのことも考えましたが、そんな勇気もなし!!周りは、一面のひまわり畑。ヒマワリがこちらを向いて笑ってるように見えます。とりあえず、カメラを持って何枚かの写真を撮って見ましたが、太陽がジリジリ照り...ヒマワリ撮りで大失敗!

  • ハスカワ狙いも・・・・収穫なし

    7月25日早朝、次男坊宅まで行く用事があったので、ハスカワで有名な公園に寄ってみました。現地に着いたのが午前8時前、すでに5~6名の地元の鳥撮りさんたちがおられます。聞くと・・・・この日は午前5時ころに蓮の蕾に現れたきりで、その後、全く近寄ってくれないとのこと。前日は午前9時過ぎに現れたとのことなので、暫しそのまま待機することにします。まず最初に現れたのは、カワセミではなく、ササゴイの幼鳥です。午前9時を過ぎても、カワセミが目の前を何度も通過する姿だけで、一向に、蓮の蕾に止まってくれる気配がありません。それでも、ササゴイが池の上を左から右、右から左と、頻繁に飛んでくれるので退屈しのぎにはなりましたけど・・・・光の具合で、池の表面にこんな壁紙のような模様が現れます。蓮の花の近くも飛んでくれて、大サービスです。遠く...ハスカワ狙いも・・・・収穫なし

カテゴリー一覧
商用