searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
任意売却の仕事グログ https://www.selba-281.jp/blog

任意売却とは何か?住宅ローン返済が困難でも任意売却によって競売を回避し債務者の再出発を目的に活動している民間企業です!

任意売却支援センター(https://www.selba-281.jp/)は、住宅ローンの返済に困っている債務者の無料相談窓口です。当スタッフがお客様が抱えている悩みや不安、今後の再生・再建について真剣に対応させて頂きます。是非、当サイトへお立ち寄りください。

任意売却支援センター
フォロー
住所
品川区
出身
大田区
ブログ村参加

2011/01/27

1件〜100件

  • 「早めの行動」と「諦めない気持」が成功へ導く

    任意売却の成功の秘訣は、早い行動力と諦めない気持ちが重要です。

  • 債務整理した後が大事

    債務整理を二度と繰り返さないためにも、その後のお金に対する考え方が大事です。

  • 任意売却の時期が遅れる場合がある

    任意売却を決断しても、すぐに販売が出来ない場合があります。また、特定の債権者だけに返済をしているケースでも注意が必要です。その訳について解説。

  • 競売になると税金の差押えが入ります

    不動産競売が始まると、滞納している市県民税の差押えが入るので注意が必要です。

  • 自己破産のタイミングに注意

    自己破産は段取りを考えて依頼すべきと考えます。その理由について解説。

  • 銀行から期限の利益喪失通知、又は予告通知が届いている場合

    金融機関から重要な書類が届いている場合、その書類の内容に十分注意する必要があります。特に期限の利益喪失という記載があったらご相談下さい。

  • 競売における現況調査とは?

    不動産競売になると必ず行われる現況調査とは?その目的とどのように実施されるのか解説しています。

  • 横浜タワーマンションの任意売却

    横浜にあるタワーマンションの1室を親族間売買にて成立させた任意売却をご紹介。

  • 住宅ローンを滞納し三菱HCキャピタルから書類が届いたら

    住宅金融支援機構の委託先である三菱HCキャピタルから書類が届いた場合の対応を解説しています。

  • 税金滞納の相談で任意売却はタブー

    税金の滞納相談をする際、徴収の職員に任意売却する旨の話はしてはいけません。その理由について解説。

  • 代位弁済通知が届いたら!

    代位弁済とはどのような事か?また、その通知が届いた場合の対処方法などを解説しています。

  • 金融機関との交渉は早めに

    銀行へ住宅ローンのリスケジュールや借り換えの依頼をする場合、問題が起きる前に相談する事がポイントとなります。

  • 自己破産したら家族に迷惑がかかるのか?

    このページでは自己破産した場合のご家族への影響について解説。

  • 家が重要なのかを考える!

    住宅ローンを滞納してもなお、現在の生活を維持しようと頑張る事は否定しませんが、任意売却を機に生活のスタイルを考える事も必要です。

  • 「競売と任意売却」

    日本では年間約7万件、競売における取引があります。競売という言葉は誰しもが耳にしたことがあると思いますが、なんとなくしか意味が分からないという人も中にはいるのではないでしょうか。ここでは不動産競売について話を進めていきます。

  • 競売開始決定通知で終わりではない

    競売の通知書が届いても、そこで終わりではありません。まだ十分時間はありますので諦めず行動してください。

  • 滞納すると銀行は損するのか?

    住宅ローンを滞納した場合、銀行に迷惑がかかるとの考えは必要ありません。本当に返済困難な時は支払いを止める決断も必要です。

  • 賃貸で借りている家が競売に

    賃貸で借りている部屋が競売の申立てを受けた場合、どう対処すべきか解説しています。

  • 任意売却を決断した場合の支払の優先順位

    任意売却を決断した場合、どの支払いを止め、何を優先して支払うべきか解説しています。

  • 携帯料金を滞納すると住宅ローンが組めない?

    携帯電話の料金を滞納すると住宅ローンの審査が通らないケースもあります。その理由について解説しています。

  • 競売になると事件?

    不動産競売には物件ごとに事件番号が決めれれます。競売は果たして事件なのか?

  • 個人民事再生の注意点

    債務整理の一つである個人民事再生をするための条件や住宅ローン特則など注意すべき内容を解説。

  • 任意売却できないと断られたお客様へ

    任意売却は全ての不動産会社が取り扱える訳ではありません。その理由と断られた場合の対処について解説しています。

  • 自己破産と退職金の扱い

    任意売却をされた後に、自己破産を検討される方もおりますが、その場合、将来受け取る退職金がどうなるのか心配です。このページでは自己破産される場合の退職金の取扱について簡単に説明しています。

  • 「無益の差押えの禁止」について

    市県民税などの滞納があり、不動産に差押えがついている場合、「無益の差押えの禁止」を理由に解除できるのか?

  • 任意売却を相談する際の準備

    任意売却のご相談では、スムーズに進められるよう準備をして望む必要があります。その内容についてコメントしています。

  • 金融機関のスタンスを理解すれば任意売却に抵抗はなくなる

    銀行・保証会社・債権回収会社などの債権者側の考え方やスタンスを理解する事は、任意売却を行う上で有効な方法となります。その理由について解説しています。

  • 無料相談は遠慮なく活用すべき

    住宅ローンの問題はお一人で悩んでも解決できません。あなたに合う専門家を見つけるために無料相談を活用しましょう。

  • 返済を止めることの意味

    任意売却を行う際に「返済を止める=返済をしなくても良い」ではありませんので注意が必要です。

  • 任意売却の実績(2021年)

    ※物件の性質上、掲載されない物件もございます。 2021年9月 ・横浜市金沢区 日神パレステージ〇〇〇 ・さいたま市北区 一戸建 ・東京都品川区 店舗(リースバック) ・千葉県市原市 一戸建 ・東京都世田谷区 一戸建 2021年8月 ・埼玉県川越市 一戸建 ・横浜市磯子区 磯子台パークハイツ ・千葉市緑区 一戸建

  • マンション管理費は滞納しても大丈夫?

    任意売却を行う場合、管理費等の滞納金がある場合、売買代金から控除できますので、当面滞納されても問題ありません。

  • 不動産競売は回避すべき!

    不動産競売の最大のデメリットは「家族の心の傷」であり、それを回避するためにできる限りの行動を起こすべきです。

  • 一部の債権者だけの返済はNG

    住宅ローンの抵当権者が複数ある場合、一方の金融機関のみ返済をしていると任意売却を行う際に不都合が生じる場合もあります。

  • 任意売却の手順と手続

    任意売却を行う準備として、その流れや手続き方法を事前に把握する事は重要です。

  • 抵当権と差押えの優先順位

    税金などの滞納があり不動産に差押登記がある場合、その納付期限によっては差押が抵当権に優先するケースがあります。

  • お金目的の任意売却?

    最初の相談段階で、引越代の金額を約束する業者には要注意です。後にトラブルにとなる可能性があります。

  • 不動産競売に対するイメージ

    不動産競売に対する間違ったイメージは、債務者の不安を増長させるだけですので、関連する相談窓口にいち早く連絡される事をお勧めいたします。

  • 任意売却できないケース

    任意売却はご依頼いただいても成立しない場合もあります。それは、どのようなケースか解説しています。

  • 自己破産は段取りを考えて

    借金を抱えたから、もしくは弁護士に勧められたからという理由で簡単に自己破産をすべきではありません。あなたの現在の状況や利害関係人の背景を踏まえてご判断下さい。

  • 不動産担保ローンは避けた方が!

    ご自宅の不動産に担保余力があっても、安易に不動産担保ローンを利用すると、後に不利な条件で売却せざるを得ないケースもあります。その理由は?

  • 面談しなくても任意売却は進められます

    新型コロナウイルス感染症が心配で任意売却の依頼を躊躇している方、ご安心下さい。当センターでは面談なくても任意売却を進められる事が可能です。

  • 「任意売却に関する申出書」とは

    住宅金融支援機構の任意売却をする場合、最初に「任意売却に関する申出書」という書類を提出します。その重要性について解説しています。

  • 競売三点セット

    プロから見た不動産競売の3点セットの見かたや、見落としやすい注意点をコメントしています。

  • 電話相談の段階で解決の方向へ

    現在、住宅ローンの返済でお悩みではないでしょうか?一本の電話相談でお気持ちが晴れることもございます。

  • 離婚後の住宅ローン問題で多いケース

    離婚された場合、問題となるのが住宅ローンの連帯保証や連帯債務の問題です。その対処方法を記載しています。

  • 任意売却後の残債に対する誤解

    任意売却をし、残った債務の取り扱いについて誤解をされている債務者も多いため、任意売却を相談される際に詳しく聞きましょう!

  • 連帯保証人に迷惑かかるのか?

    住宅ローンを滞納した状況で、連帯保証人に迷惑をかけられないとお考えの方へ!

  • 自己破産をする際の注意

    任意売却されたお客様で、その後に自己破産をされる方もおりますが、その場合の注意点を纏めました。

  • 問題の先送りは問題が大きくなるだけ

    住宅ローン問題でご不安に感じている方は、お早めに任意売却の専門家に相談する事で、その問題解決も可能となります。問題の先送りは避けましょう!

  • 新型コロナウイルスの影響で住宅ローンが払えない!

    新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言から2週間が経過し、収束の目途が立たず不安な毎日を過ごしておられる方は沢山いらっしゃいます。現在、当センターにも収入減や派遣切などにより住宅ローンの支払ができないお客様からのご相談も多くなっています。

  • 任意売却すると支払総額が減る?

    任意売却を行った場合、通常の返済するよりも支払総額が減るケースもあります。その理由について説明。

  • 競売開始決定後の任意売却

    裁判所から競売の競売の通知が届いても諦める必要はありません。このページでは競売開始決定通知後の任意売却について記述しています。

  • 住み続けるなら親族間売買を検討すべき

    任意売却で継続して居住を希望されるなら、困難なリースバックを行うよりも親族間売買を進める方が得策と考えます。その理由について解説しています。

  • 差押えの履歴は消せません

    税金の滞納による差押は、それを抹消してもその履歴が残るため、融資を受ける際に不利に働くことがあるので注意が必要です。

  • 債務超過の額は重要ではない

    任意売却を行うに当たり、債権者側の基準は債務額ではなく、売却額が重要となります。

  • 住宅金融支援機構は債権譲渡や債権放棄をしません

    住宅ローンを扱う民間の銀行では、任意売却後の債権を債権回収会社へ譲渡する場合があります。但し、フラット35を取り扱う住宅金融支援機構では債権譲渡や債権放棄は一切行いません。その場合の対処方法については当センターにお問合せ下さい。

  • お引越は急ぐ必要はない!

    任意売却でのお引越の時期は、購入者が見つかってから行動する方が効果的です。

  • 債務整理の種類

    借金返済が滞ってしまうと、債務整理を余儀なくされることがあります。債務整理とはその名のとおり、債務を整理することです。債務は借金を返済する義務を意味しますので、借金をキレイにするといった意味ともいえるでしょう。

  • 差押と仮差押の違いは?

    不動産登記簿によく記載されている「差押」と「仮差押」との違いは何か、簡潔に説明しています。

  • 滞納した場合の債権の流れ

    住宅ローンを滞納した場合、その債権の流れがどのように移行するのか解説しています。

  • 販売中事例を参考にする危険性

    任意売却物件の価格設定は販売中の事例ではなく、実際に取引のあった事例を参考にする必要があります。

  • 清水漁港

    昨日は、仕事の関係で静岡市清水区に行って来ました。 物件の立ち会いと役所調査を終え、お腹が空いたので清水漁港のまぐろ館へ! 「河岸の市」ここは、以前にお客様から連れていただいた場所で、何とか記憶をたどり到着。 せっかくなので、マグロづくし定食をいただきました。 2019/9/20

  • 住み続ける事はできますか?

    当センターへ相談頂くお客様の中で、債務者が「現在の住宅に住み続ける事ができないか」という問合せが多くございます。そのようなご質問に対して、「リースバック」という方法もございますが、まずお客様の債務状況や物件内容をヒアリングし「親族間売買」が可能かどうかを検討させて頂きます。そこで、当センターで取り扱った親族間売買の事例

  • 経験のない事への不安

    誰もが初めて経験する任意売却や競売。しかし、現実を理解し先の見通しが分れば不安はある程度解消できます。

  • 任意売却後の遅延損害金は気にしない

    任意売却し残債が残った場合、金融機関の建前上の遅延損害金は元金と切り離して考える必要があります。

  • 競売の取下げによる予納金の返還

    競売の取り下げがあった場合、債権者が裁判所に納付する予納金の返還が行われます。 その仕組みについて解説しています。

  • 任意売却後、自己破産が必要なのか?

    法律事務所に出向き、担当した弁護士に些細な借金の相談をしても「返済出来ないなら自己破産しかありません」という決まり言葉のような返事が返ってきます。当ブログでも繰り返しコメントしていますが、基本的に住宅ローン以外の債務が少ない場合は、無理に自己破産はお勧め致しません。

  • 売却後の返済額は誰が決めるのか?

    任意売却した後に債務が残った場合の返済方法や対処方法を解説します。

  • ローン残高に合わせて価格を決めていませんか?

    住宅ローンの借入残高に合わせて、不動産の売出価格を決めてはいけません。任意売却は専門業者に依頼しましょう。

  • 所有者が行方不明でも任意売却はできるか?

    「所有者が行方不明になり住宅ローンを滞納してるのですが、任意売却できますか」当センターには、時折このような相談があります。 このケースでは、不在者財産管理人の制度を利用すれば任意売却も可能となります。行方不明といってもは数日や数週間の不明では「不在者」とはならず、概ね3ヶ月位の行方不明の期間がないと不在者とは言えません

  • ローン返済に困っても安易に賃貸に回さない

    住宅ローンの返済が難しい状況でも、その自宅を賃貸に出してしまうと任意売却が困難となってしまう事があります。

  • 競売の取り下げ

    不動産の競売を取り下げする方法と期日についての説明。

  • 任意売却での引越しは、いつ頃すればよいのか

    任意売却されるお客様の退去について、その引越時期や方法について専門家としてのアドバイスを掲載。

  • 任意売却後の返済額

    任意売却を行った後、残債がある場合の返済方法について解説しています。

  • 将来への資金管理が大事!

    業者の「100%引越代確保」は保証されてるものではありません。ご自身で蓄えるお気持ちで計画を立てましょう。

  • 住宅ローンは何年で返済している?

    住宅ローンを借り入れしたお客様の返済期間のデータを掲載しています。

  • 離婚した時の連帯保証人のトラブルを回避するためには

    離婚の際に妻が連帯保証人となっている場合の解決方法について解説しています。

  • 税金の滞納に注意!

    税金の滞納により差押えがある場合、任意売却を行う上で障害となります。支払いの優先順位を決めて臨みましょう!

  • 他に依頼してますが相談できますか?

    すでに任意売却を他業者へ頼んでいるが、その業者に対して不信感がある場合は遠慮なく任意売却支援センターへご相談下さい。

  • 自己破産しなくてもいい!

    任意売却を行った後の自己破産は、住宅ローン以外の債務も確認し慎重に決める必要があります。

  • 任意売却を行う意思はあっても競売になった事例

    任意売却が成功せず、競売になったケースの紹介。

  • 任意売却の手続きに出てくるサービサーって何?

    サービサーとは債権回収会社の事で、その業務内容と通知書が届いた場合の対応などについて解説しています。

  • 任意売却かどうかの見極めが大事

    お客様からご依頼を受ける上で大事なことは、依頼者の債務状況の把握と不動産評価を分析し、任意売却になるのか正確に判断する事です。

  • 伊豆の国市での仕事帰り

    任意売却支援センター 小林です。 昨日、伊豆の国市の大仁で不動産の決済の仕事がありました。 無事に仕事を終え帰りの東名高速での運転中、雲一つない晴天に気づき思わず1枚 走行中の富士山がとても綺麗に映ります。 途中の足柄SAで休憩 昼食に「鮭いくらご飯」を・・・ やはり、ここでも富士山を撮ります。

  • リースバックで家に住み続けることができる

    各企業が取り扱うようになったリースバックとは?そのメリットとデメリットについて解説します。

  • 住宅ローン残債と遅延損害金

    住宅ローンを滞納した場合の遅延損害金は、分りずらい計算となります。それは期限の利益の喪失前か後かによって計算方法に違いがあるからです。

  • 競売で処分された借金の行方

    不動産の競売は、その手続きにより家を失うだけでなく、債務者はその後の残債についても苦しめられるハメになります。

ブログリーダー」を活用して、任意売却支援センターさんをフォローしませんか?

ハンドル名
任意売却支援センターさん
ブログタイトル
任意売却の仕事グログ
フォロー
任意売却の仕事グログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用