プロフィールPROFILE

なおきさんのプロフィール

住所
練馬区
出身
昭和区

読書会/ 書評/ 自然言語/ 妻1息子1娘4/ 未来の学校/ Dead Teachers Society

ブログタイトル
なおきのブログ(書評・読書会等)
ブログURL
http://naokis.doorblog.jp/
ブログ紹介文
読書会参加160回・書評750本(Since 2010)、読了129冊(2018年)
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2010/12/25

なおきさんのプロフィール
読者になる

なおきさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,902サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,783サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,911サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,902サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,783サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,911サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,902サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,783サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,911サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、なおきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
なおきさん
ブログタイトル
なおきのブログ(書評・読書会等)
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
なおきのブログ(書評・読書会等)

なおきさんの新着記事

1件〜30件

  • 【書評】『明治維新とは何だったのか 世界史から考える』

    明治維新150年を迎えた昨年に出版された日本近現代史の大家・半藤一利氏と、ライフネット生命創業者で現在立命館アジア太平洋大学の学長でありなが『「全世界史」講義』の著者でもある出口治明氏との対談本です。

  • 【品川読書会】第28回(2019年8月21日)

    第28回品川読書会を開催しました。参加者は3名です。通算183回目の読書会参加となりました。次回は9月18日(水)予定です。

  • 【書評】『計量文献学の世界 シェークスピアは誰ですか?』~統計的に著作者を推定する~

    文系と理系、文学と科学を二項対立ではなく、文系・文学もまた「人文科学」という「科学」の一種なら、文学に計量分析(テキストマイニング)という統計学的手法を持ち込んだ本書は「人文科学」の書と言えます。

  • 【書評】『清原和博 告白』

    本書を読んで分かったことは、清原は才能がありながらもプロになり切れなかったということです。桑田真澄、松井秀喜、王貞治にはあって清原和博に欠けていたもの。それは一体なにか?

  • 【書評】『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』

    本書を通読して思ったことは、1)人を通じて「本」を知ることの大切さを再認識したこと、2)本を通じて「人」を知るという逆の効果もあるということ、そして3)菜々子さんの驚嘆すべき選書の幅の広さ(読書戦闘力の高さ)、4)男というものです。

  • 【書評】『ボッコちゃん (新潮文庫)』~新潮文庫「中学生に読んで欲しい30冊」より

    新潮文庫の「中学生に読んで欲しい30冊」に取り上げられていた一冊。全部で50編から成り、その中から中二の三女に読んで欲しい12編を選んでみた。さらにこの中から4編、あらすじとオチを要約する。

  • 夏休みの宿題~中学2年生理科・元素を調べる

    中学二年(三女)になると、科学分野では原子(元素)・分子を扱う。そこで、理科の宿題の一つが、元素を一つ選び、1枚のレポートにまとめるというもの。

  • 【品川読書会】第27回(2019年7月17日)

    第27回品川読書会は、男性3名の参加でした。179回目の読書会参加です。次回開催は8月21日です。

  • 世の父親たちに問いたい。学校へ行け!と。

    ある小学校で、夏休みのプールの安全監視ボランティアを募ったところ、ボランティアに参加できるのは女性限定に絞ったとのこと。そのことについて、男性排除思考だと批判した方のツイートが炎上しました。

  • 【品川読書会】第26回(2019年6月19日)

    すっかりブログの更新が滞ってしまいました。次のイベントを立てるため、取り急ぎ、前回の報告記事をまとめます。第26回品川読書会は、男性5名女性1名の参加でした。ブログを見て、新しい参加者が1名参加してくれました

  • 【書店紹介】西荻窪の「BREWBOOKS」

    かねてより注目していた新進の書店。「読書会主催者の集い 5月26日(日) の会場となったため、行ってきました。場所はJR西荻窪駅から徒歩5分ぐらい。写真のとおり、間口はやや狭めです。-BREWBOOKS – 麦酒と書斎のある本屋-BREWBOOKS β(ver 0.17.0) (@_brewbooks) | Tw

  • 「読書会主催者の集い 5月26日(日) @BREWBOOKS 西荻窪」参加報告

    西荻窪のBREWBOOKSで開催された「読書会主催者の集い」に参加してきました。この会自体は18:00から21:00までの3時間です。また、この会自体も読書会を兼ねます。主催者だけが集まっている会ということもあり、みなさん、持ち時間を守り、アウトプットの仕方もこなれています。大変有意義な会でした。主催いただいた佐郷さん、ゆうやさん、ありがとうございました!

  • 蒸気機関車D51 513(板橋区城北交通公園)

    板橋区の城北交通公園にて。PTA総会の帰り道にJR埼京線の浮間舟渡駅からテクテク歩いて、行ってまいりました。帰路は都営三田線乗車です。主力蒸気機関車であったD51以外にミニSL「ベビーロコ号」というのがあります。

  • 【品川読書会】第25回(2019年5月15日)

    3年目に突入した品川読書会。課題本なしでゆるゆるスタイルで進めていきます。そろそろFacebookグループを作ろうかなと考えています。第11回BookFair読書会(2019年4月29日)でイベント告知したこともあり、1名参加いただき、合計4名となりました。通算171回目の読書会参加となります。

  • 【朝活読書サロン】第132回(2019年5月13日)

    運悪く出張が続くなど、3月・4月とご無沙汰してしまったため、3ヶ月ぶりの朝活読書サロンの参加となります。男女3名ずつの6名の参加とあいなりました。

  • ネモフィラが咲く国営ひたち海浜公園(5月8日)

    茨城県方面出張につき、ちょっと足を伸ばして、ネモフィラが咲く国営ひたち海浜公園へ行ってきました。

  • JR高円寺駅より夕焼けを臨む

    JR中央線の中野~立川間は、ほぼ東西に線路が伸びます。線路の東の先に朝焼けを見る機会があれば、西の先に夕焼けを臨む機会もあります。JR高円寺駅より夕焼けを臨むことができました。写真撮影した時刻は18:39から18:43です。

  • 蒸気機関車D51 140(埼玉県熊谷市)

    埼玉県熊谷市にて。「蒸気機関車D51 140」。JR熊谷駅から徒歩5分ぐらいのところにあります。熊谷に行く用事があったので(次女の部活の退会)、ちょっと足を延ばして行ってきました。

  • 改元と即位と諡(おくりな)~平成から令和へ~

    「平成」から「令和」へ改元しました。と同時に、先の天皇の明仁親王は退位されて上皇となり、皇太子の徳仁親王が即位されて天皇となりました。改元と即位が同時に行われ祝福ムードですが、この二つが同時に行われるようになったのは明治時代以降です。「令和」が248番目の元号であるのに対し、徳仁親王は125代目の天皇です。

  • 平成大晦日のとしまえん

    平成最後の日。としまえんが入場無料になるとのことで、三女と四女を連れて、としまえんへ。生憎の雨模様ということもあり、客の入りはまばらでした。

  • 「学校づくりのワークショップ エデュカソン」のご案内(5月18日・6月22日・7月27日)

    昨年、任意団体の「Dead Teachers Society」で未来の先生展に出展にしたのに続き、今年も未来の先生展に出展予定です(9月14日-15日 明治大学リバティタワー)。

  • 「学校づくりのワークショップ エデュカソン」のご案内(5月18日・6月22日・7月27日)

    昨年、任意団体の「Dead Teachers Society」で未来の先生展に出展にしたのに続き、今年も未来の先生展に出展予定です(9月14日-15日 明治大学リバティタワー)。

  • 第11回BookFair読書会参加報告(2019年4月29日)

    平成最後の連休であり令和最初の連休でもある平成から令和にまたがる10連休。その過ごし方の一つとして、普段参加していない読書会に遠征することにしました。その第一弾。Twitterの#読書会で見つけ、参加表明し、本日参加してきました。

  • 【書評】『ベラルーシを知るための50章』

    ベラルーシに関する本のほとんどは専門書で、一般書は本書しかありません。独裁国とされており、日本との貿易額も少なく、日本人にとってはベールに包まれた国です。

  • 【書評】『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』

    一度完結した『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ。満を持して続編の本書を読みました。

  • 生誕50年を迎える

    50歳の誕生日を迎えました。家族、仕事関係の仲間、さまざまな交友関係の友人たちに感謝を申し上げます。

  • 【品川読書会】第24回(2019年4月17日)

    3ヶ月ぶりの参加となりました。新しい参加者1名を加え、5名の参加となりました。また、当読書会も2017年4月の開催以来、2周年を迎えました。

  • 入学式にはソメイヨシノがよく似合う

    入学式にはソメイヨシノがよく似合います。ソメイヨシノを背景に入学記念写真を撮影する親子が多いのは、そんな日本人の心情の表れなのでしょう。

  • 【書評】はあちゅう(作)『仮想人生』

    主な登場人物は5人。ユカ33歳、鉄平23歳、工藤直人20歳、裕二21歳、愛42歳。Twitterの裏アカウントを持つ5人がお互い交差しながら、各々の目線で描いたオムニバスです。そしてその中でも主人公はセレブな専業主婦のユカ33歳。旦那が失踪して帰ってこないというオチにもかかわらず、読了感が実に爽やかです。

  • 社内読書部xEGMフォーラム+(2月27日)

    数ヶ月に1回は、社外者にオープンにした社内読書部を開催できるといいかなと思いました。

カテゴリー一覧
商用