searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
旅するTZRの文化財撮影記
ブログURL
http://takashitzr.blog62.fc2.com/
ブログ紹介文
文化財をバイクで旅する人のブログ.古建築とか遺跡とか古いものいろいろとHDR写真と旅の話.
更新頻度(1年)

177回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2010/11/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タカシ☆TZRさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タカシ☆TZRさん
ブログタイトル
旅するTZRの文化財撮影記
更新頻度
177回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
旅するTZRの文化財撮影記

タカシ☆TZRさんの新着記事

1件〜30件

  • 既掲載記事の更新(新指定・新選定の文化財)

    ここ数年で新しく指定された文化財について,既に掲載していた記事の更新をやっていきます.- 5月25日更新:「有田町有田内山」(重伝建・重文,佐賀県西松浦郡有田町)(※重伝建内の「旧田代家西洋館」が重文に指定)【旧田代家西洋館】(HDR合成,撮影:2019年10月22日)...

  • 恒川官衙遺跡 (長野) 【史跡】

    長野県飯田市にある遺跡.古代の役所跡です.2014年3月の史跡指定.最近のように思っていたけど結構前でした.【恒川官衙遺跡 - 恒川清水】(HDR合成,撮影:2019年5月26日)出土した墨書土器には「厨」や「官」などの文字が記されていて官衙跡であることは確かなようで,他の文献史料などから伊那郡の郡衙ではないかとされている遺跡です.正倉や官衙の北限の溝などは見つかっているけど,郡庁なんかは特定できていません.写真は...

  • 長浜大橋 (愛媛) 【重文】

    愛媛県大洲市にある橋.2014年12月指定の重文です.【長浜大橋】(HDR合成,撮影:2019年3月31日)肱川の河口近くにかかる橋で,昭和10 (1935)年の架橋.現存最古の道路可動橋で,単葉式跳開橋です.もともとは濃灰色だったのが戦後赤く塗られて今に至ります.橋の北側の長浜地区は藩政期から川と海両方の舟運の拠点となったところで,近代になると特に木材の集積地として発展しました.旧町庁舎も同時期のもので,登録文化財にな...

  • 旧富岡製糸場 (群馬) 【国宝・重文・史跡】

    有名な群馬の工場.建物は国宝または重文に指定されていて,敷地は史跡.「富岡製糸場と絹産業遺産群」(英名:Tomioka Silk Mill and Related Sites)の構成資産の一つとして世界遺産に登録されています.【旧富岡製糸場 - 繰糸所】(HDR合成,撮影:2019年12月28日)歴史の教科書でもおなじみの官営の模範工場.建物9棟が重文に指定されていたところ,2014年12月に繰糸所,東置繭所,西置繭所の3棟が国宝に指定されました.どれ...

  • 飯田古墳群 (長野) 【史跡】

    長野県飯田市にある古墳.飯田市の広範囲に分布していて,13基が国指定史跡.2016年10月の指定です.【飯田古墳群 - 飯沼天神塚古墳】(HDR合成,撮影:2019年5月26日)5世紀後半から6世紀末にかけての古墳群です.南北約10 km,東西約2.5 kmの範囲にあって,座光寺・上郷・松尾・竜丘・川路という5つのグループに分けられます.写真は上郷グループに属する飯沼天神塚古墳.雲彩寺という寺院の境内にあって雲彩寺古墳とも呼ばれて...

  • 高島藩主諏訪家墓所 (長野) 【史跡】

    信濃国諏訪郡周辺を領有した高島藩の藩主の墓所です.諏訪市の温泉寺墓所と茅野市の頼岳寺墓所の2ヶ所が国指定史跡.2017年2月の指定です.【高島藩主諏訪家墓所 - 温泉寺墓所】(HDR合成,撮影:2019年5月26日)高島藩(諏訪藩)藩主の諏訪家の代々の墓所です.諏訪大社の神職にも就いていた家柄です.初代頼水とその両親のお墓があるのが頼岳寺墓所,二代藩主の忠恒から八代忠恕までと,奥さんやお子さんなどのお墓があるのが温...

  • 水口岡山城跡 (滋賀) 【史跡】

    滋賀県甲賀市にある山城跡です.2017年2月の史跡指定です.【水口岡山城跡】(HDR合成,撮影:2019年6月24日)天正13 (1585)年に豊臣秀吉の家臣の中村一氏が築城したとされています.豊臣政権の甲賀支配の拠点となりました.関ヶ原の戦いの後,廃城となります.山城でありながら石垣の整備されたお城だったけど,寛永11 (1643)年の水口城の築城の際に,石垣の石材が持ち去られていたりして,石垣は主郭北面に残るのみです(写真)...

  • 玉御殿(沖縄) 【重文】

    沖縄の伊是名島にある琉球王家のお墓です.2017年7月の重文指定です.【玉御殿】(HDR合成,撮影:2019年5月13日)重文指定は墓室と石牆です.1688年の建造.琉球王国の王統は一度変わっていて,金丸 (1415-1478)という人物が即位して尚円王を名乗ることで第二尚氏王朝が成立します.この尚円王の出身地が伊是名島で,尚円王のお父さんの尚稷の墓所がこの玉御殿です.もとは島内の別のところにあって木造瓦葺きの建物だったのが移...

  • 中村家住宅 (滋賀) 【重文】

    滋賀県長浜市にある古民家.2018年8月の重文指定です.【中村家住宅】(HDR合成,撮影:2020年2月24日)八木浜という集落にあります.これ以外にも茅葺きの建物があって,古い農村集落の雰囲気を残しています.中村家はそんな集落で代官を務めた家柄.重文指定は主屋,土蔵,馬屋,表門の4棟と土地.附で箱雁振瓦2個も重文に指定されているけど,これに宝暦14 (1764)年の刻銘があって,だいたいこの頃の建造とされています.湖北地...

  • 臨江閣 (群馬) 【重文】

    前橋市にある近代の迎賓施設です.2018年8月の重文指定です.【臨江閣】(HDR合成,撮影:2020年1月11日)重文指定は本館,別館,茶室の3棟で,写真は別館.本館と茶室は明治17 (1884)年で,別館は明治43 (1910)年.賓客の接待及び宿泊施設として建てられたもので,県令が発起して地元の寄付によって建てられました.明治26 (1893)年には明治天皇の行幸の際に行在所として使われ,当時の資料(天皇東宮行幸啓関係資料)も附で重文...

  • 板東俘虜収容所跡 (徳島) 【史跡】

    徳島県鳴門市にあったドイツ兵捕虜を収容する施設の跡です.2018年10月の史跡指定です.【板東俘虜収容所跡】(HDR合成,撮影:2020年2月22日)何もなさそうと思って行ってみたら,案外残っていました.写真は第一給水施設跡.第一次大戦でドイツが租借していた青島で交戦した結果,捕虜となったドイツ兵を収容した施設の遺構です.1917年から1920年にかけて約1,000人を収容.8棟の兵舎が東西に4棟ずつ並んでいて,西側は住宅地に...

  • 曹源寺栄螺堂 (群馬) 【重文】

    群馬県太田市にある寺院建築.2018年12月の重文指定です.【曹源寺栄螺堂】(HDR合成,撮影:2020年1月12日)寺蔵文書等によると寛政10 (1798)年の建立.観音堂として建てられたものですが,本堂焼失の後は本堂として使用されています.1階に秩父34札所,2階に坂東33札所,3階に西国33札所の観音像を置いてあって,螺旋になるように区切った通路で順に参拝できるようになっています.「旧正宗寺三匝堂」(重文,福島県会津若松市)...

  • 旧益習館庭園 (兵庫) 【名勝】

    淡路島の城下町洲本にある庭園です.2019年2月の国指定名勝です.【旧益習館庭園】(HDR合成,撮影:2020年2月23日)淡路島は今は兵庫県だけど藩政期は徳島藩に属していました.島の政治を担っていたのが,筆頭家老の稲田氏.稲田氏の別荘として建てれらた西荘の庭園がこの庭園です.池泉庭園ですが,とにかく石がでかいのが特徴で,城下町建設時の石切場が庭園として利用されています.矢穴のある石があるのもいかにも石切場とい...

  • 旧開智学校校舎 (長野) 【国宝】

    長野県松本市にある学校建築.まだ少ない近代の国宝です.重文指定は1961年で,国宝指定は昨年9月.【旧開智学校校舎】(HDR合成,撮影:2017年9月24日)擬洋風建築だけど明治9 (1876)年でかなり早い時期のものです.木造二階建で,中央に八角塔屋,正面に車寄が付きます.もともとは市内の女鳥羽川沿いの全久院跡地(現中央一丁目)にあったもので,1964年に現位置に移築復元.移築前は東向きだったのが,移築時に南向きに改めら...

  • 岩櫃城跡 (群馬) 【史跡】

    群馬県東吾妻町にある城跡.昨年10月の史跡指定です.【岩櫃城跡】(HDR合成,撮影:2019年12月29日)岩櫃山中腹に築かれた武田氏や真田氏のお城です.永禄6 (1563)年に斎藤憲広が籠もっていたところ真田幸綱が攻め落としたことが史料にあって,真田が主君とする武田と対する上杉との前線にあったお城でした.天正8 (1580)年に真田昌幸は武田勝頼から吾妻郡と利根郡の統治を委任され,領地経営の拠点となりました.城は「要害地区...

  • 南さつま市加世田麓 (鹿児島) 【重伝建】

    鹿児島県南さつま市の武家町.昨年12月の重伝建選定です.【南さつま市加世田麓 #1】(HDR合成,撮影:2020年2月17日)鹿児島藩は外城(とじょう)という行政区画を設けていました.鹿児島藩における「麓」というのは外城の家臣団の居住区です.重伝建選定地区は別府城とその周辺の旧武家町で,約20 haの範囲.別府城は12世紀に別府氏が築いたもの.古い城のまわりに形成された武家地を起源とする麓で,町の構成が麓の原型に近いと...

  • 塩原家住宅 (群馬) 【重文】

    群馬県前橋市にある養蚕農家.昨年12月指定の重文です.【塩原家住宅】(HDR合成,撮影:2020年1月13日)重文指定は主屋,裏蔵,稲荷社の3棟で,他に附で8棟.主屋は大正元 (1912)年のもので,一階は居住スペースで,二階は蚕の幼虫の飼育,三階は蚕の成虫を飼育するというふうに,階ごとに用途を使いわけています.蚕の飼育には換気が重要なので,屋根に越屋根を設けています.高さは14.3 mもあって,最大級の養蚕農家です.今も...

  • 上野国多胡郡正倉跡 (群馬) 【史跡】

    多胡郡の正倉の跡です.今年3月の史跡指定です.【上野国多胡郡正倉跡】(HDR合成,撮影:2019年12月28日)多胡郡という「多胡碑」(特別史跡,群馬県高崎市)があまりにも有名.和銅4 (711)年に設置された郡で,多胡碑によると当時は300戸あったようです.その役所(郡家)の跡がなかなか見つからなかったところ,多胡碑350 mほど真南に建物跡が見つかったのでした.見つかった遺構は,約210 m四方の敷地を囲む区画溝の北南西辺の...

  • いろんな花肘木 #2 【解説】

    久しぶりの解説記事.前に「いろんな花肘木」ということで花肘木の解説をしたのだけど,撮りためた花肘木があったので,第二弾.【花肘木いろいろ #2】1. 金胎寺多宝塔(重文,京都府相楽郡和束町,参照:金胎寺) - 永仁6 (1298)年?2. 鞆淵八幡神社大日堂(重文,和歌山県紀の川市,参照:鞆淵八幡神社) - 室町前期3. 興隆寺本堂(重文,愛媛県西条市) - 文中4 (1375)年4. 島田神社本殿(重文,京都府福知山市) - 文亀2 (1502...

  • 再訪 - 元寇防塁 (福岡) 【史跡】

    有名な「元寇防塁」(史跡,福岡県福岡市)だけど,史跡指定の範囲とかはあまり知られていないと思う.そんな自分も正確には把握できていなかったり.ちなみに,九州大学箱崎キャンパス跡地で新たに発見された部分が最近追加指定されました.この史跡の価値は,元寇当時の土木技術を伝えるっていうのとは別に,広範囲に築かれたことが意味する社会性もあるわけで,いろんなところを見ておきたいものです.ということで,今津の元寇...

  • 再訪 - 清水寺本堂 (長崎) 【重文】

    再訪というか遠くから見ただけだけど.長崎の寺院建築で,重要文化財の「清水寺本堂」.長崎らしい黄檗風の建物.このときの長崎は出張だったのだけど,ちょうど台風がきて,予約していた飛行機が飛ばず,急遽羽田から品川に向かい新幹線と在来線特急で長崎へ.朝早い便だったからちょっとの遅れですんだけど,少し遅い便だと運休になっていたので,なんとかたどり着いたという感じ.嵐の長崎かと思いきやそんなこともなく,ぶらぶ...

  • 再訪 - 津屋崎古墳群 (福岡) 【史跡】

    前に行った「津屋崎古墳群」(史跡,福岡県福津市)だけど,古墳群の中の新原・奴山古墳群が世界遺産に登録されたこともあって,また行ってみたときの写真.このときの旅は宮地嶽神社に行って,その後で大島にわたり,戻ってきてから新原・奴山古墳群へっという旅程.ちなみに宮地嶽神社境内にある宮地嶽古墳も国指定史跡の「津屋崎古墳群」に含まれます.【津屋崎古墳群】(HDR合成,撮影:2018年2月12日)西日があたって墳丘がわ...

  • 長崎奉行所立山役所跡 (長崎)

    近世長崎というと貿易で栄えた「港市」であり,その遺構の一つが「出島和蘭商館跡」(史跡).それ以外の遺構はというと,あまり調査はされず地中に眠っていたり,既に壊されてしまっていたり.長崎歴史文化博物館はもともと長崎奉行所の立山役所のあったところで,建設の際に石段や石垣などいろいろでてきて,それがエントランスに活かされています.【長崎奉行所立山役所跡】(HDR合成,撮影:2018年9月30日)奉行所の仕事は,長...

  • 福江島の教会建築 (長崎)

    古い教会建築が多く残る長崎県の五島列島.五島列島の南西の端に位置する福江島は重文はないのだけれど,いいのがあったので紹介します.【堂崎教会】(HDR合成,撮影:2018年3月27日)県指定の文化財で,明治41 (1908)年竣工で福江島では最古の教会建築です.煉瓦造でゴシックの様式.【楠原教会】(HDR合成,撮影:2018年3月27日)福江島で二番目に古い教会建築で,明治45 (1912)年頃の竣工.これもゴシック建築.煉瓦造だけど,...

  • 日川水制群 (山梨)

    先に載せた山梨県甲州市の「宮光園と旧宮崎葡萄酒醸造所施設」の近くにおもしろいものがあります.【日川水制群】(HDR合成,撮影:2018年11月4日)日川は笛吹川の支流の一つで,甲州市の山中を水源とし笛吹市の石和温泉付近で笛吹川に合流する川です.明治40 (1907)年と同43 (1909)年に大水害があり,その後の工事でできた砂防施設が勝沼堰堤などの堰堤群や堰堤下流の「水制」群です.この「水制」というのが珍しいものなのだけど...

  • 福江武家屋敷通り (長崎)

    五島列島の最南に位置する福江島.五島列島は藩政期は五島藩(または福江藩)が治めていたのだけど,そのお城があるのが福江島です.ということで,福江の町は城下町なので武家町があり,今も当時の石塀などが残ってよい雰囲気です.【福江武家屋敷通り】(HDR合成,撮影:2018年3月26日)石塀の上に石を積むのがここの伝統らしいです.塀を乗り越えようとすると石が落ちて音が出るというものです.藤原氏の屋敷跡は石塀や庭園がよ...

  • 宮光園と旧宮崎葡萄酒醸造所施設 (山梨)

    山梨というといろんな果物の産地で,葡萄栽培もワイン製造も歴史があります.そんでもって,葡萄狩りとワイン工場見学で観光客を集めたりなんてこともかなり昔からやっているのでした.そういう施設を紹介します.【旧宮崎葡萄酒醸造所施設】(HDR合成,撮影:2018年11月4日)宮光園というのは宮崎醸造所と観光葡萄園をあわせた施設で,宮崎光太郎という人物が始めたものです.大日本山梨葡萄酒会社が明治10 (1877)年に創業し,こ...

  • 羅臼町郷土資料館にて (北海道)

    知床半島の南東側に位置する羅臼町に廃校の校舎を利用した資料館があります.土日,祝日が休みっていうどうにも行きにくい資料館だけど,重文があるので行ってみました.【熊頭注口木製槽】(HDR合成,撮影:2018年5月14日)重文指定を受けるのは「 北海道松法川北岸遺跡出土品」.7~8世紀頃のオホーツク文化の集落の遺跡の出土品です.出土品一括の指定で総数260点.木製品というのは腐敗しやすいもので,地下水とか条件がうまく...

  • 久米島北原海岸の石切場跡 (沖縄)

    そろそろ隔日の更新を再開したいと思います.沖縄の久米島の遺跡.遺跡というには新しいんだけど,明治から昭和初期らしいのだけど,石切場の遺構がよい状態で残っています.【久米島北原海岸の石切場跡】(HDR合成,撮影:2018年11月20日)昔の採石に関する史料はあまり多くないらしく,こういう遺構は貴重なものだと思います.屋敷囲い,お墓,建築部材といろいろ使われていたそうです....

  • 呼子へ 【日記】

    明日と明後日は福岡で会議です.出張ついで旅ってことで唐津方面へ.呼子に行ってみたかったのでした.写真は県指定文化財の旧中尾家住宅主屋.鯨組主といって捕鯨集団のとりまとめをしていた家の住居です.鯨関係の資料展示も充実していて楽しかったです.ついでに名護屋城とか行けるかなぁとか思っていたけど時間が足らず,加藤義明陣跡に寄ってみただけでした....

カテゴリー一覧
商用