ロードバイクとキャンプカーとアウトドア日記
住所
南区
出身
倉敷市
ハンドル名
Take15さん
ブログタイトル
ロードバイクとキャンプカーとアウトドア日記
ブログURL
http://camcar.blog76.fc2.com/
ブログ紹介文
シビリアンバスベースのセミフルコンROOTS5.9ORIGINALでのキャンピングカーライフ
自由文
Take15'sブログへようこそ! 我が家のキャンプカーも二代目「エレキング5.3RB」から三代目「ルーツ5.9 ORIGINAL」へと乗り替えました。 キャブコンとバスコンとの違いやルーツでのお出かけなどいろいろと紹介していきたいと思います。
更新頻度(1年)

27回 / 277日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2010/10/19

Take15さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 32,087位 28,006位 30,384位 25,216位 27,769位 18,484位 17,334位 969,251サイト
INポイント 0 10 0 20 0 0 0 30/週
OUTポイント 0 50 20 40 80 60 100 350/週
PVポイント 40 1,190 520 610 610 630 780 4,380/週
犬ブログ 3,375位 3,010位 3,133位 2,935位 3,021位 2,699位 2,602位 57,937サイト
トイプードル 159位 139位 144位 136位 139位 127位 123位 4,591サイト
アウトドアブログ 630位 552位 587位 489位 532位 369位 339位 11,742サイト
キャンピングカー 78位 70位 75位 62位 68位 51位 47位 813サイト
環境ブログ 112位 99位 107位 90位 94位 83位 79位 3,324サイト
風力発電・太陽光発電 48位 44位 46位 43位 44位 42位 39位 681サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 19,441位 18,570位 16,586位 15,531位 12,591位 8,775位 7,516位 969,251サイト
INポイント 0 10 0 20 0 0 0 30/週
OUTポイント 0 50 20 40 80 60 100 350/週
PVポイント 40 1,190 520 610 610 630 780 4,380/週
犬ブログ 3,142位 3,120位 2,891位 2,812位 2,425位 1,901位 1,685位 57,937サイト
トイプードル 132位 129位 125位 121位 104位 82位 75位 4,591サイト
アウトドアブログ 464位 440位 375位 350位 280位 201位 170位 11,742サイト
キャンピングカー 99位 97位 87位 81位 73位 55位 48位 813サイト
環境ブログ 84位 76位 69位 66位 60位 43位 39位 3,324サイト
風力発電・太陽光発電 58位 56位 52位 52位 47位 37位 34位 681サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 4,482位 4,382位 4,690位 4,629位 4,582位 3,978位 3,966位 969,251サイト
INポイント 0 10 0 20 0 0 0 30/週
OUTポイント 0 50 20 40 80 60 100 350/週
PVポイント 40 1,190 520 610 610 630 780 4,380/週
犬ブログ 495位 491位 512位 503位 503位 466位 458位 57,937サイト
トイプードル 49位 48位 49位 49位 49位 44位 44位 4,591サイト
アウトドアブログ 145位 143位 145位 145位 146位 130位 131位 11,742サイト
キャンピングカー 26位 25位 26位 25位 25位 23位 23位 813サイト
環境ブログ 32位 31位 33位 32位 32位 30位 28位 3,324サイト
風力発電・太陽光発電 21位 21位 21位 21位 21位 21位 20位 681サイト

Take15さんのブログ記事

  • 7.5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフ)をHYMER ML-I570 60thに搭載

    前回のブログで30kW後期型リーフバッテリーでバッテリーBOX作製を行い大容量7.6㎾のリチウムイオンバッテリーシステムが完成。早速依頼を受けていた車両に取り付けを行うことに。今回のリーフバッテリーシステム搭載車両は、HYMER ML-I570 60th Anniversary Model。ハイマー車だけに装備することが許されたメルセデス・ベンツエムブレムが大きく輝くインテグレイティッドボデイのML-I570。憧れのFRベースのHymermobil B-Classは、A...

  • 30kW後期型リーフバッテリーでバッテリーBOX作製

    前回の後期型リーフバッテリーの解体で取り出した後期30kWリーフバッテリモジュールだが、後期24kWモジュールと違い2パックが1ユニット構成にモデルチェンジされていて直列接続しかできない。組み換え可能かどうかの確証はなかったが、組み立てできたものは分解もできると信じてトライしてみることにした。左:組み換え後の並列仕様       右:組み換え前の直列仕様殻割し向きを反転させ組み直し並列接続仕様に変更。7組...

  • 後期型リーフバッテリーの解体

    またまたリーフバッテリーネタ。使い勝手の良い1ユニット型の中期後期リーフバッテリーは球数不足から手に入りにくい状態。特に中期リーフバッテリーは低年式化で走行距離もそれなりに延び、残容量の期待も出来なくなってきた。そこで今回30kW後期型リーフバッテリーを手に入れて検証を行うことにした。届いた後期型リーフバッテリー。外観は中期型リーフバッテリーと差がない。後期型30kWリーフバッテリーは単純計算でも24kW/30kW...

  • 2.5kWリーフバッテリーBOXの作製

    先日の初期型リーフバッテリーの解体で取り出したリーフバッテリーモジュール7枚を組み合わせて14S 2.5kWバッテリーBOXを作製してみた。今回初めてデバイスの内蔵化に挑戦。2.5kWタイプのリーフバッテリーBOXは内部スペースの余裕が少なくデバイスの内蔵化に苦労しつつも何とか完成。安定化電源でCCCV充電しながらBMSのキャリブレーションを行う。600WGTIで定電力放電テストを行ったところ、残容量は48Aを計測。走行距離は3.5万キ...

  • 初期型リーフバッテリーの解体

     最近はリーフバッテリーネタが尽きないが、肝心の中期リーフバッテリーは球数不足から高騰しており手に入りにくい状態。しかし作成依頼数も増えてきたので初期型に手を出してみた。手に入れた初期型リーフバッテリー。年式はそれなりだが走行距離は3.5万キロと少なめ。いつもの工場でサクッと解体。初期リーフのバッテリーは上下非対象なバッテリーモジュールが交互に重ねられており直列接続と並列接続に組み合わせを揃える必要...

  • 5.5kWリーフバッテリーシステムをキャントレのヘッド車に搭載して電源車に

    去る4月13,14日、関東方面で開催されたビルダーのキャンプ大会に参加がてら、5.5kW リーフバッテリーシステムの作製③ (MP:L003M)で作製したシステムの設置を行ってきた。今回は、5kW リチウムイオンバッテリーシステム(リーフバッテリー)をキャンピングカーに搭載で試作機を電源車として搭載したのと同様にキャンピングトレーラーのヘッド車への搭載だ。満開の桜のもとでのキャンプ大会に参加。設置車両はランドローバー ディス...

  • 5.5kW リーフバッテリーシステムの作製③ (MP:L003M)

    初代日産リーフのバッテリーを解体して5kWバッテリーを再構築できるのは僅か3台までで、1号機(横置き)5.5kW リーフバッテリーシステムの作製① (MP:L001M)、2号機(縦置き)5.5kW リーフバッテリーシステムの作製② (MP:L002M)に引き続き、3台目となる今回はトラベルトレーラーのヘッド車を電源車として利用できるように3号機の作製を行った。3号機はヘッド車SUVのバゲッジルームに横積みとなるため、デバイスはすべて前面に取り付け...

  • 5.5kW リーフバッテリーシステムをキャブコンに取り付け

    先日行った5.5kW リーフバッテリーシステムをフルコンに取り付けの後は、今度は縦置き用5.5kW リーフバッテリーシステムとして作製したシステムをカムロードベースのキャブコンに取り付けだ。今回の作業でのポイントは、今まで外部AC入力か発電機でないと家庭用エアコンが使えなくて夏場のキャラバンは控えていたのを、季節を問わず愛犬と一緒に快適にお出かけが出来るようにすること。しかし、2mx5mとコンパクトな車両に既存のサ...

  • 5.5kW リーフバッテリーシステムの作製② (MP:L002M)

    前回の5.5kW リーフバッテリーシステムの作製① (MP:L001M)に引き続き、2号機となる5.5kW リーフバッテリーシステムの作製を行った。2号機はキャブコンバゲッジルームに縦置きとなるため、デバイスはすべて側面に取り付けを行った。左から、バッテリ残量計、DCブレーカ、USBコネクタ、BMS UART端子インバータは上部に固定するため、端子台も側面に取り付け。↑家庭用エアコン消費電力DC373W↓電気ポットと同時使用時の消費電力DC1863...

  • 5.5kW リーフバッテリーシステムをフルコンに取り付け

    5.5kW リーフバッテリーシステムの作製も無事終了し運用テストも問題なし。リーフバッテリー一台買いに協力を頂いたオーナーの元に旅立つことになった。今回取り付け工事を行ったのは、今は無きグローバル社のフラッグシップ車でフルコンバージョンモデルの「グランドバッハ」あらかじめオーナーさんと丸一日掛けて入念な打ち合わせを行い、事前準備として①外部入力電源ケーブルを3.5sqに変更を依頼。②上画像のバッテリー収納部と...

  • 5.5kW リーフバッテリーシステムの作製 (MP:L001M)

    中期リーフバッテリの発掘作業も無事に終わり、今度はいよいよ5kWリーフバッテリーシステム試作機を改良し、量産型の製作に取り掛かることにした。試作機では充放電負荷テスト時の発熱計測のためSmart BMSを外付けとしていたが量産型では破損防止のため内蔵型とし、また、ワイヤレスワットメータやDCブレーカなども内蔵化しシンプルな外観となった。インバータを商用電源に接続し、LINE MODEでエアコンを稼働させながら高速充電を...

  • 中期リーフバッテリーの発掘

    5kWリーフバッテリーシステムの試作機が手元からなくなり、残りの初期リーフバッテリーで2.5KWシステムの作製も終了。さて自分用の5kWリーフバッテリーシステムはどうした物かと思案した末、FBなお友達に声をかけ有志を募ってリーフバッテリー丸ごと購入を画策。で、4tトラックの右奥にパレット(荷役台)に積まれ遠路はるばる届いたリーフバッテリートラックのパワーゲートからテーブルリフトへと乗せ換え、リーフバッテリーの解...

  • 2.5kWリーフバッテリーシステムの作製

     先日、にゃんた発電所のご厚意により大量に譲ってもらった21枚の初期リーフバッテリーで5kW リチウムイオンバッテリーシステム(リーフバッテリー)の作製 ①行い予想以上の出来上がりに満悦していたところだったが、残りの7枚を放って置くわけにはいかないので早速2.5kWシステムの作製を行ってみた。初期リーフバッテリー(残容量47A)7枚と52.5V 14S 60A BMSを組み合わせ約2.5kWのシステムを構築通気口を開け、トランクハンドルを...

  • 5kW リチウムイオンバッテリーシステム(リーフバッテリー)をキャンピングカーに搭載

    先日作製した5kWリチウムイオンバッテリーシステムが予想以上の出来上がりでROOTSの2.7kWリチウムイオンバッテリーシステムと入れ替える予定だったのだが、是非ともキャンピングトレーラーの電源車用に譲って欲しいとの依頼があり、新しいオーナーさんの元へ旅立つこととなった。システムの概要〇搭載車(ヘッド車) : 日産キャラバンNV350 ワイドボディ 4WD 自作キャンピングカー〇キャンピングトレーラー : ADRIA AVIVA 51...

  • 5kW リチウムイオンバッテリーシステムの作製 ③ 運用テスト

    5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフバッテリー)の作製 ①5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフバッテリー)の作製 ② BMS組み込みに引き続き、今回は実運用テストだ。BMSのヒートシンクにカバーを取り付けて完成放電特性や残量をPCから設定を行いスマホアプリでの動作も確認自宅の家庭用エアコン(Panasonic CS-224CFR)をパワフルモードで動かす。エアコンの力率85%、インバータの変換効率91.5%30A1.5kW放電はこのシ...

  • 5kW リチウムイオンバッテリーシステムの作製(リーフバッテリー) ② BMS組み込み

    5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフバッテリー)の作製 ①強調文に引き続き、今回はBMSの組み込みだ。2P14Sで束ねたリーフバッテリーの内、2並列に束ねたモジュール内の2x2セルを7シーリズ14シリーズで充電バランス制御させるが、14Sに比べ倍容量の90Aとなるため余裕を見て100A のBMSを取り付けることにした。また、配線も発熱を抑えるため2本出しにすることにした。5㎾リーフバッテリーBOXと58.8V14S100ABMSBMSのヒートシ...

  • 5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフバッテリー)の作製 ①

    2.7kW リチウムイオンバッテリーでサブ増設を行ってからというものの、鉛バッテリの満充電の呪縛から解き放たれてさらに快適なキャンピングカーライフを送れるようになって来た。そこで、にゃんた発電所の多大なるご協力を得て倍容量の5kW リチウムイオンバッテリーシステムの作製にチャレンジしてみることにした。昨年の家庭用エアコン24時間連続稼働テストで最高気温36℃の猛暑日に商用電源で24時間連続稼働させたエアコンのみの...

  • 明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます旧年中は当ブログに訪問いただきありがとうございました今年もよろしくお願いいたします平成三十一年 元旦 桂浜にて ...

  • 53.2V 1/7リーフバッテリーシステム ④ (MPPTソーラーチャージコントローラを追加)

     53.2V・66.2A 1/7リーフバッテリーシステム(実容量2.766kW)搭載から約2か月が経過。高消費電力家電製品使用時に於いてもアイドリング不要、発電機不要とP泊時のマナー問題にも完全に対応出来るようになった。しかし、今回のリチウムイオンバッテリーシステムの要のUPSマルチインバータ内蔵のソーラー充電器はPWM方式のため低効率。そこで来夏へ向けてエアコン使用時にソーラー発電能力をフルに活用できるように48Vバッテリーバン...

  • 53.2V 1/7リーフバッテリーシステム ③ (全自動エスプレッソマシーンで連続抽出テスト)

    53.2V 66.2A 1/7リーフバッテリーシステム(実容量2.766kW)搭載から1か月たったが、鉛サブバッテリー150Ax2 AGMと合わせると実容量で合計5㎾となり家庭用エアコン、電子レンジ、電気ポット、コーヒーメーカーなどの高消費電力家電製品も心置きなく使用できるようになった。53.2V 1/7リーフバッテリーシステム導入によるメリットは高電圧・低電流のため配線ケーブルの電圧ドロップやDC/ACインバータの変換ロスが少なくバッテリー放電...

  • パワーウィンドウレギュレーター交換

    我が家の通勤車のE90。通勤にしか使用していないため距離も伸びず13年を超えてもまだ故障も少ない。ところが先日とうとうガシャン!という衝撃音とともに右リヤウィンドウが完全に上がらなくなってしまった。欧州車では故障率の高いパワ-ウィンドウレギュレータの不具合のようだ。レギュレータが故障するとウィンドウの上がり切った時の位置情報が狂い、パワーウィンドウ挟み込み防止機能作動エラーの警告灯が点灯して鬱陶しい。...

  • やってくれました

    デルタリンクオーナーズミーティングから帰ってきた翌日の朝、小学生の制服を洗濯乾燥していたドラム式洗濯乾燥機から尋常ではない異音が発生しているとのヘルプがあった。2011年6月購入のヒートポンプ乾燥方式のパナソニック PANASONIC NA-VT8000L-W ななめ型ドラム式洗濯乾燥機(9.0kg)急いで洗濯物を出してみると学校教材「コリントゲーム D型」(本格的ビー玉パチンコゲームが作れる工作キット)の釘の入っていたと思われる...

  • デルタリンクオーナーズミーティング 2018 in 大佐山

     去る12月1日~2日の2日間、岡山県新見市大佐山オートキャンプ場で開催の第3回デルタリンクオーナーズキャンプミーティング 2018 in 大佐山に参加して来ました。自宅からの距離は約90㎞、吉備スマートIC⇒山陽自動車道⇒岡山自動車道⇒中国自動車道⇒大佐スマートIC経由で2時間弱と絶好の立地のキャンプ場です。今回はカフェ・ド・〇〇を協賛出店したため、サイトが指定されていたので遅めの到着となりました。そのため、すでにキャン...

  • 外部入力付き Bluetooth Audio Receiver の取り付け

    最新のカーナビやカーオーディオには外部入力端子に加え、スマホを繋いで音楽再生などが出来るBluetoothアダプターが装備されているのが当たり前となっている。我が家と同様にポータブルナビや古いカーオーディオでスマホを接続するにはBluetooth FMトランスミッターを利用するのが手っ取り早いのだが、アナログFMトランスミッター用いるため電子機器のノイズやFM放送エリアの遷移により満足のいく音質が得られなくなることで多い...

  • 車載用 自動追尾式BS/CSアンテナ(SA-302)のTOPドームカバー交換

    2012年4月に取り付けた車載用 BS/CS110°デジタル衛星放送受信アンテナ 全国版 SA-302 (WSTA-VM400)だが、6年半の風雨や紫外線でアンテナドーム(アンテナカバー)が劣化してヒビやコーティングの剥がれ、変色などでボロボロの状態。木の枝などの軽い接触でも割れてしまう恐れがあるためリペアドームを購入し交換を行った。先代のキャブコンでは車載用自動追尾式BS/CSアンテナの先駆けでCAMOSの自動追尾アンテナの愛称で人気商品だっ...

  • DIYでセミフルコンのタイヤ交換

    2018年11月17日(土)我が家のROOTSはマイクロバスベースのセミフルコンだが、タイヤ交換は毎年2回DIYで行うのが恒例行事。2年前にスタッドレスタイヤの新調をしたので、今年で3シーズン目の装着となる誰に聞いても、マイクロバスのタイヤをDIYでやっていると言うとビックリされることが多いが、基本さえ押さえていれば何も難しい作業ではない。ただ、タイヤ重量40㎏弱と重く、本数も6本で240kgx2=480kgの脱着作業となるので体力勝負...

  • 53.2V 1/7リーフバッテリーシステム ② (1/7LEAF to Home)

    電気自動車(EV)の日産リーフ(先代)には7.6V66.2Aのリチウムイオンバッテリーモジュールが48枚、合計24kWが搭載されているが、今回ROOTSにはそのうちの7枚を7/48 ≒ 1/7 リーフバッテリーシステムとして搭載を行った。リーフのバッテリーはEVとしての電源だけではなくLEAF to Homeで深夜電力で蓄えた電力を昼間に家庭用電源として活用するシステムも用意されているのは有名だが、このLEAF to Homeの電力供給システムのように、前...