chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール http://felicia51ta.livedoor.blog/

タンゴのブログと云うと殆ど、ダンスばかりなので、聞く 為のタンゴのブログを立ち上げました。他に全国の献血ルームを 全て、訪ねてブログで紹介してます。今、話題のクラフトビールの お店も、随時訪ねております。

献血の、ローテーションは、今、月に2回、 青春18キップが発売されますと、遠出して、献血に 出掛けます。時刻表と、にらめっこしますので、 決して、鉄道マニアでは、無いのですけど自然と、 鉄道の知識も、身に付きました。 その副産物として、今、ブームの秘境駅も、献血のついでに訪ねております。

san telmo54
フォロー
住所
江東区
出身
江東区
ブログ村参加

2010/10/02

1件〜100件

  • 東北本線 福島→東福島→伊達 令和4年9月23日

     福島発11:40→東福島→伊達着11:50                        福島駅                                                                             良く見る運転席 この列車は何型?                白石行

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#18

    曲目  LA CARCAJADA    大笑い読み  ラ、カルカハーダ  喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1980年  指揮小沢泰(ピアノ)                                  ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤第2集ロベルト、フィルポ作曲、お聴きのよう

  • フランシスコ、カナロ#248

    曲目  CRIOLLAZO読み  不明録音  1931年8/26    原盤番号4759B曲の横に作者名が、F.ROFRANO    どのような人か不詳曲も全く無名のタンゴ、そもそもタイトルの読みも不明曲は、冒頭から力強いリズムで始まり、途中のビオリンのピチカートから、メロディーラインで終

  • エドガルド、ドナート#98

    曲目  SIN CARINO読み  シン、カリーノ?録音  1930年曲の横に作者名が、FRANCISCO COSCO   フランシスコ、コサコ?どのような人か不詳、いつもの台詞、「無名の人の無名のタンゴ」タイトルの読みは、多分こう読むのでしょう…冒頭から、力強いリズム…途中のピアノが

  • ALGO INOLVIDABLE 22-0921#674

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   ALGO INOLVIDABLE読み   アルゴ、……録音   1960年代 推定海外盤の為、解説は一切無し、云わばお手上げです。只、作者だけは明記しており、TITI ROSSIこれは、ティティ、ロッシです。バンドネオン奏者で楽団の指揮者でも有り

  • ラファエル、カナロ#3

    曲目  RIEN QUE NOUS DEUX     二人きりで読み  リァン、ク、ヌゥ、ドゥス録音  1932年フランシスコ、カナロの、末の弟マリオ、カナロ作曲、冒頭から、何処かで聴いたようなフレーズが流れ、やがて腹に響くような、バンドネオンの低音のソロに、ビオリンのピチカー

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#35-W

    曲目  LA GALARCITA読み  ラ、ガラルシータ録音  1950年5/19     原盤番号55106BMAURICIO GUARIGLIA作曲、マウリシオ、グアリグリアと読みます。私から見れば無名の人、曲調、タイトルからも古典タンゴかも…無名のタンゴ故、聴き込む必要がありそうです。演奏者 

  • フリオ、デ、カロ#87

    曲目  CHE PASCUAL    ねえパスクアル読み  チェ、パスクアル録音  1929年~1932年  原盤番号1258ホセ、マリア、リスッティ(ピアノ)作曲、S,GIORDANO作詞チェとは、アルゼンチン独特の言葉で、親しい人に呼び掛ける時に使います。主なタンゴに、「チェ、バンドネオ

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO##221

    演奏者  ファン、カルロス、コビアン曲目   CARITA DE ANGEL    ##は再アップの印読み   カリタ、デ、アンジェル?録音   1923年曲の横に作者名が、J.DE.CARO   そう、フリオ、デ、カロ作曲デ、カロの作品としては、全く無名、タイトルの読みは多分こう読むの

  • ファン、ダリエンソ#84-★

    曲目  BARAJANDO    トランプを切りながら読み  バラハンド録音  1948年6/15    原盤番号60-1629-Bニコラス、バッカロ(ピアノ)作曲、エドワルド、エスカリス、メンデス詞私にとっては、不詳の人しかし意外にも、歌手のカルロス、ガルデルが1929年に録音してます。1

  • 根室本線 新富士→新大楽毛→大楽毛→庶路 令和4年4月8日

      新富士発17:11→新大楽毛→大楽毛→庶路着17:29     釧路駅 お馴染みの列車 H100型庶路駅に到着 夕焼けですか?            庶路駅を出発              西庶路駅に到着西庶路駅を出発白糠駅に到着              白糠駅にて 列車番号2527

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#17-W-★

    曲目  EL PENSAMIENTO     三色すみれ読み  エル、ペンサミエント  喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1980年  指揮小沢泰(ピアノ)                                 ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤第2集ホセ、マルティネス(ピアノ)

  • フランシスコ、カナロ#247

    曲目  LO QUE NUNCA TE DIRAN読み  ロ、ケ、ヌンカ、テ、…録音  1931年7/1    原盤番号4746Aフランシスコ、カナロ作曲、カナロの作品としては、全く無名カナロを指して「多作で駄作」と云う人がおりますが?カナロの作品を、全て聴いてはいないので、何とも云えませ

  • エドガルド、ドナート#97

    曲目  MARIPOSA INQUIETA読み  マリポーサ、……録音  1930年曲の横に作者名が、A.CASAS-I.R.AGUILAR  どのような人か不詳お聴きのように、アルゼンチンのヴァルス(ワルツ)です。ワルツは、3拍子のタンゴとも云われます。無名のワルツ故、聴き込む必要がありそうです

  • SE MIRA Y NO SE TOCA 22-0911#673

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   SE MIRA Y NO SE TOCA読み   セ、ミラ、イ、ノ、セ、トカ録音   1960年代 推定外国のLP盤の為、解説は一切無し、作曲者だけは明記してます。JUAN POLITO-LUIS RUBINSTEIN   前者はファン、ポリト後者はルイス、ルビンステイ

  • ラファエル、カナロ#2-W-★

    曲目  JE NE SAIS読み  ジュ、ヌ、セ録音  1932年兄のフランシスコ、カナロ作曲、イボ、ペライ作詞、解説の、芝野史郎氏に依れば英訳は以下…「アイ、ドント、ノウ、ホワイ、アイ、ラブ、ユー」原題は、「ジョ、ノ、セ、ポル、ケ、テ、キエロ」訳すと「何故か、知らね

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#34

    曲目  SIEMPRE TE RECUERDO読み  シエンプレ、テ、レクエルド録音  1950年3/6    原盤番号30518Aロベルト、フィルポ作曲のヴァルス(ワルツ)です。フィルポのワルツとしては、ほぼ無名、シエンプレとは、いつもと云う意味レクエルドとは、想い出、さてどう訳すか?旧四

  • 根室本線  落石→別当賀 令和4年4月8日

     落石発13:54→別当賀着14:05            別当賀に到着        行きより、乗客が少し増えたか…                 厚床駅 三角屋根の駅舎かっては、ここから標津線が出ていました。                       姉別駅に到着姉別駅を後にします

  • フリオ、デ、カロ#86

    曲目  VIEJO AMIGO     古い友人読み  ビエホ、アミーゴ録音  1929年~1932年  原盤番号1254曲の横に作者名が、J.DE.CARO-M.VAGO   フリオ、デ、カロ作曲M.バゴ作詞、この方は、無名の人では無いらしい…デ、カロの作品としては、全く無名のタンゴです。聴き込

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO##220

    演奏者  ファン、カルロス、コビアン曲目   NO ME OLVIDES読み   ノ、メ、オルビイデス?録音   1923年  ##は再アップの印J,C,DURAN作曲、どのような人か不詳、曲も全く無名のタンゴタイトルの読みは、こう読むのでしょうか?似たような言葉で、オルビードが有り

  • ファン、ダリエンソ#83

    曲目  EL RAJE読み  不明録音  1948年5/7    原盤番号60-1591-B曲の横に作者名が、J.D.ARIENZO-H.VARELA-C.WAISS作曲が、ダリエンソとバレーラ、後者の人は作詞でしょう。バレーラは、当時ダリエンソ楽団の第一バンドネオンを務めておりました。独立したのは、1950年

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#16-★

      曲目  LA ROSARINA     ロサリオ娘読み  ラ、ロサリーナ  喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1980年   指揮小沢泰(ピアノ)                                     ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤第2集リカルド、ゴンサレス(ギ

  • フランシスコ、カナロ#246

    曲目  PIPERMINT読み  不明録音  1931年7/1     原盤番号4754BE.PONZIO作曲、どのような人か不詳、云わば無名の人の無名のタンゴ、しかし、冒頭のフレーズは何処かで聴いたような気がしますが…尚、タイトルの読みは、ひと目、ペパーミントと思いましたが、スペルが

  • エドガルド、ドナート#96

    曲目  SIN UN ADIAS読み  シン、ウン、アディオス録音  1930年曲の横に作者名が、J.NAVARRETE-FRANCISCO LIOどのような人か不詳、曲も全く無名のタンゴ海外のCDの為、スペイン語それも、曲に付いての解説は無さそう…ここは黙って聴くしか無いでしょう。過去のドナート

  • 根室本線 厚岸→茶内 令和4年4月8日

     厚岸発6:22→茶内着6:41頃     快速はなさき       乗客数人  別保→上尾幌間何処かで見たような人?                                    茶内駅に到着厚床に到着厚床駅を後にします。                   別当賀→落石間落石駅

  • EL CHUPETE 22-0831#672-★

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   EL CHUPETE    おしゃぶり読み   エル、チュペーテ録音   1960年代(コロンビア時代後期)リカルド、ガウデンシオ(ビオリン)作曲、1910年代の作品か?作者は、当時ビセンテ、グレコ楽団で演奏活動をしておりました。このタンゴで

  • ラファエル、カナロ#1

    曲目  LA MUCHACHADA読み  ラ、ムチャチャーダ録音  1932年フランシスコ、カナロの、3番目の弟です。カナロの弟でタンゴ界に入ったのは、4人、以下順に…1.ウンベルト、カナロ  ピアノ2.ファン、カナロ    バンドネオン3.ラファエル、カナロ  コントラバス ギ

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#33-★

    曲目  ESTOY PENANDO    哀愁こめて読み  エストイ、ペナンド録音  1950年3/6    原盤番号30518Bタンゴ初期の、バンドネオン奏者、ビセンテ、グレコ作曲グレコの代表作は、「ロドリゲス、ペーニャ」ですが、その陰に隠れておりますが、この曲もなかなかの佳曲です

  • フリオ、デ、カロ#85

    曲目  NOCTAMBULO     夜遊び人読み  不明録音  1930年代  原盤番号1252A.BALIOTTI-L.RUBISTEIN   A,バリオッティと、ルイス、ルビンステイン前者が作曲者、後者が作詞でしょう…どちらも無名の人では有りません。A,バリオッティ(ピアノ)は、1950年代に楽団結

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO##219

    演奏者  ファン、カルロス、コビアン曲目   LA TIRANA読み   ラ、ティラナ?録音   1923年  ##は再アップの印曲の横に作者名が、E.PEREYRA-B.TAGLE LARA   推測ですが前者が、エドゥアルド、ペレイラ 後者はB.タグレ、ララ後者は、間違いないと思います。兄弟

  • ファン、ダリエンソ#82

    曲目  UNA Y MIL NOCHES読み  ウナ、イ、ミル、ノーチェス?録音  1948年5/7    原盤番号60-1629-A曲の横に作者名が、C.CUFFARO-A.S.MIGUEL-C.BAHR前者が作曲者、後者が作詞?  いずれにしても無名の人の無名のタンゴでしょう…黙って聴くしか無さそうです。タイトル

  • フランシスコ、カナロ#245

    曲目  NIDO DE AMOR読み  ニード、デ、アモール録音  1931年6/24   原盤番号4741A曲の横に作者名が、A.SUREDA    これは、アントニオ、スレダでしょう。ヴァルス(ワルツ)の作者として著名です。しかし、このワルツは無名聴き込む必要がありそうです。過去のカナロ

  • 釧網本線 札弦→緑→川湯温泉  令和4年4月7日

     札弦発11:33→緑→川湯温泉着12:00  快速しれとこ摩周号                    中斜里駅中斜里駅を後にします。                         川湯温泉駅     立派な駅舎です。同駅を後にします。美留和駅 読みは「びるわ」     

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#15-★

    曲目  EL CHOCLO     トウモロコシ読み  エル、チョクロ  喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1980年   指揮小沢泰          ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤第2集アンヘル、ビジョルド作曲、エンリケ、サントス、ディセポロ詞1903年、ホテ

  • エドガルド、ドナート#95

    曲目  MIL NOVECIENTOS    1900年読み  ミル、ノベシェントス録音  1930年アスカニオ、ドナート作曲、ルイス、セサル、アマドリ作詞アスカニオ、ドナートは、エドガルド、ドナートの弟でチェロ、コントラバス奏者です。もう一人弟にオスバルド、ドナート当楽団のピア

  • MALAMBEANDO 22-0820#671

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   MALAMBEANDO    マランボを踊りながら読み   マランボアンド?録音   1960年代(コロンビア時代後期)A.ネリー作曲のミロンガです。マランボとはアルゼンチンの草原のガウチョ(カウボーイ)達が、勇壮に踊る踊りの事です。靴で床

  • オルケスタ、ティピカ、ロス、プロビンシアノス#13

    曲目  CANTO読み  カント録音  1930年代  原盤番号37553-A     SP盤(78回転)のA面マリオ、バティステージャ作曲、余り聞かない名前の人です。フランシスコ、カナロも、録音しているとの事です。探せば有るのかも、知れませんが面倒です。しかし、このフレーズは何

  • 釧網本線 北浜→…浜小清水 令和4年4月7日

     北浜発10:40→…浜小清水着10:50     快速しれとこ摩周号    網走駅 快速しれとこ摩周号代り映えしないのですが撮影網走駅を後にします。いつものホテルが見えます。                 桂台駅に到着桂台駅を後にします。浜小清水駅に到着 後ろはオホーツク

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#32-W-★

    曲目  EL TALAR    店名読み  エル、タラール録音  1949年12/21    原盤番号30517Aプルデンシオ、アラゴン(ピアノ、ギター)作曲、解説に依り1895年作と、1906年作が有ります。いずれにしても彼の処女作で、ダンスサロン「エル、タラール」で作者のピアノソロで初演

  • フリオ、デ、カロ#84

    曲目  MI QUEJA    わが嘆き読み  ミ、ケハ録音  1930年代  原盤番号1247F.DE.CARO作曲、これはフランシスコ、デ、カロ(ピアノ)でフリオ、デ、カロの兄、他にデ、カロの弟エミリオ、デ、カロもビオリン奏者として、この楽団に参加しております。所謂、タンゴ3兄弟

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO##218

    演奏者  ファン、カルロス、コビアン曲目   POLOLA  ##は再アップの印読み   パロラ?録音   1923年H.RIZZI作曲、どのような人か全く不詳、当然ながら無名のタンゴタイトルの読みは、多分こう読むのでしょう…意味は不明再アップする理由は以下…1. このコーナー

  • ファン、ダリエンソ#81

    曲目  LADRON DE SUENOS読む  ラドラン、デ、スエニョス?録音  1947年12/23   原盤番号60-1519-A曲の横に作者名が、J.DIAZ-H.MARCO   どのような人か不詳曲も全く無名のタンゴ、お手上げです。タイトル名は、多分こう読むのでしょう… 歌でこのように聴こえます。

  • フランシスコ、カナロ#244

    曲目  PORQUE SERA読み  ポルケ、セラ録音  1931年4/29    原盤番号4730AH.CANARO作曲、ウンベルト、カナロ、フランシスコ、カナロの弟です。一説に依ると、カナロには5人の弟がおり、4人はタンゴ界に入りました。ファン、ウンベルト、ラファエル、マリオの4人、直ぐ

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#14-W-★

    曲目  BAR EXPOSICION     エクスポジション酒場読み  バル、エスポシシオン  喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1980年  指揮小沢泰(ピアノ)                                  ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤第2集タンゴ初期のフ

  • エドガルド、ドナート#94

    曲目  SE PUE LA POBRE VIEJITA読み  不明録音  1930年曲の横に作者名が、AGUSTIN MAGALDI-P.NODA-E.CADICAMO順に、アグスティン、マガルディ、ペドロ、ノダ、エンリケ、カディカモ前者2人は、二重唱コンビ、後者は著名な詩人、3人の合作?詞が付けられてないのか、演奏

  • 石北本線 愛し野→端野→緋牛内→美幌 令和4年4月7日

      愛し野発8:07→端野→緋牛内→美幌着8:32    美幌駅 特急大雪2号 旭川行き美幌駅にて 特急大雪2号    美幌駅を出発            同じく美幌駅を、後にします。貸し切り状態 私の鞄が見えます。             通路から前方を見る。確か3両?運転席は

  • ELEGANTE PAPIRUSA 22-0809#670-★

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   ELEGANTE PAPIRUSA    素敵なお嬢様読み   エレガンテ、パピルーサ録音   1960年代(コロンビア時代後期)タンゴ初期のビオリン奏者、ティト、ロカタグリアータ作曲、1921年に、マルデルプラタ市のダンスサロンで、作者の所属し

  • オルケスタ、ティピカ、ロス、プロビンシアノス#12

     曲目  UNA  MILADA読み  ウナ、ミラーダ録音  1930年代  原盤番号37458-BV.ソリーニョ、J.A.マティアニチ、J.カコバルド合作のタンゴどのような人達かは不詳、曲も全く無名のタンゴ、しかし歌の後の、ビオリンのドゥオとバンドネオンの絡みが良い感じ最期は、バン

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#31

    曲目  DIEZ DE MAYO読み  不明録音  1949年10/21    原盤番号30516B曲の横に作者名が、JUAN.CARLOS CACCAUIELLO  これはファン、カルロス、カビエージョで、この四重奏団の、バンドネオンを務めております。お聴きのように、タンゴでは無くミロンガです。無名のミロ

  • フリオ、デ、カロ#83

    曲目  AFLOJASTE TIBURON    君は女あさりを止めた。読み  不明録音  1929年~1932年  原盤番号1241アドルフォ、モンディーノ(ピアノ)作曲、E.BIANCHI作詞作曲者は、無名の人では有りません。他の作品では「エングルビード」「マウラ」等…しかし、このタンゴは全

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO##217

    演奏者  ファン、カルロス、コビアン曲目   UNA DROGA読み   ウナ、…録音   1923年  ##は再アップの印今回から、ファン、カルロス、コビアン(ピアノ)の演奏を紹介します。コビアンは、1896年~1953年 ブエノスアイレス生まれ、1911年には、早くもプロとしてデ

  • ファン、ダリエンソ#80

    曲目  CAMPEONA読み  不明録音  1947年12/17    原盤番号60-1516-BJ.C.CAPRARIO作曲、どのような人か不詳ですが、曲はタンゴでは無くミロンガです。タンゴの前身となったと云われる、ミロンガですが、タンゴの生まれた経緯に付いては、研究家の間で諸説が有ります。

  • 石北本線 中愛別→愛山→安足間→上川 令和4年4月6日

      中愛別発17:16→愛山→安足間→上川着17:32    中愛別駅 待合室 愛の別れ 良い名前上川駅に到着 この列車に乗車   上川駅 旭川方面               上川駅 北見方面一風変わった構造物?               上川駅  待合室 誰もいません。特急

  • フランシスコ、カナロ#243

    曲目  CANTO POR NO LLORAR読み  カント、ポル、ノ、ジョーラ?録音  1931年4/22    原盤番号4729A曲の横に作者名が、E.DELFINO-G.M.RODRIGUEZ  前者はエンリケ、デルフィーノ(ピアノ) 後者は、憶測ですがマトス、ロドリゲス、そう「ラ、クンパルシータ」の作者タイ

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#13

    曲目  PIRINCHO     鳥の名読み  ピリンチョ      喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1980年?  指揮小沢泰          ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤第2集ホセ、ルイス、パドゥラ(ピアノ、ギター)作曲、彼は云うまでもなく、「ヌエベ、デ、

  • エドガルド、ドナート#93

    曲目  MILONGA  QUERIDA読み  ミロンガ、……録音  1930年曲の横に作者名が、E DUARDO PEREYRA     どのような人か不詳曲も、当然ながら無名のタンゴ、しかし、冒頭から思わせぶりなフレーズ、どことなく、センティメントを感じさせるタンゴ古色蒼然と云う言葉を感

  • CARCAJADA 22-0730#669

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   CARCAJADA     大笑い読み   カルカハーダ録音   1960年代(コロンビア時代後期)ティティ、ロッシ(バンドネオン) 余り馴染みの無い人ですが、バンドネオン奏者、楽団の指揮者として活躍したそうです。作品として、「ドス、カ

  • オルケスタ、ティピカ、ロス、プロビンシアノス#11

    曲目  MONTEVIDEO     都市読み  モンテビデオ録音  1930年代  原盤番号37458-A    SP番(78回転)のA面ロベルト、フォンタイナとラモン、コジャーソの合作、このコンビは「ママ、ジョ、キエロ、ウン、ノビオ」も作っており、このタンゴは「ママ、わたし恋人が欲

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#30-★

    曲目  LA ROSARINA    ロサリオ娘読み  ラ、ロサリーナ録音  1949年10/21    原盤番号30516Aリカルド、ゴンサレス(ギター、バンドネオン) 1912年発表の所謂、古典タンゴ(グアルディア、ビエハ)タイトルの、ロサリオ市はブエノスアイレスの北西300キロにあり、当時

  • 宗谷本線 石北本線 旭川→…旭川四条…東旭川→桜岡 令和4年4月6日

     旭川発16:31→旭川四条→新旭川→南永山→東旭川→桜岡着16:51                  16:31発 上川行きに乗車お馴染みの列車                                  桜岡に到着    桜岡駅 去って行く列車 旭川行き     当麻

  • フリオ、デ、カロ#82

    曲目  GAUCHO NOBLE    気高いガウチョ?読み  ガウチョ、ノブレ録音  1929年~1932年  原盤番号1241曲の横に作者名が、S,GRUPILLO-M.MEANOS 前者が作曲、後者が作詞?前者は、多分サルバドール、グルピージョでしょう…だとすると無名の人では有りません。バンドネ

  • ファン、ダリエンソ#79

    曲目  CONTRALUZ読み  コントラルス?録音  1947年12/17    原盤番号60-1518-AH.SUSENA作曲、私にとりましては、全く無名の人の無名のタンゴリズムを、強調したダリエンソスタイルに、合った曲かも知れません。いずれにしても、聴き込む必要がありそうです。この曲を

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#216

    演奏者  BANDA MUNICIPAL DE LA CIUDAD DE BUENOS AIRES曲目   MOSQUITO     蚊?読み   モスキート   新規アップ録音   1908年~1909年  指揮 アルトゥーロ、デ、バッシこの吹奏楽団を指揮する、アルトゥーロ、デ、バッシ作曲、タイトルは素直に読めば、

  • 釧網本線 原生花園駅 令和4年7月7日

     網走発6:41→……原生花園着7:02                     釧路方面網走方面お隣は北浜駅 海に近い駅として有名            正式名は「小清水原生花園」待合室 この時間は入れません。10:46発の列車で釧路に行きます。                ここで見ら

  • フランシスコ、カナロ#242

    曲目  LA VOZ DEL BOHEMIO読み  ラ、…、デル、ボヘミオ録音  1931年4/17   原盤番号4721BR.E.PIETRAFESA作曲、どのような人か不詳、曲も全く無名のタンゴ、しかし、雰囲気はいかにもタンゴと云う感じで悪くは無い、途中のバンドネオンのバリアシオン終わり近くの、

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#12-W-★

    曲目  FELICIA     女性の名前読み  フェリシア   喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1978年5/26      指揮小沢泰           ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤お馴染みの曲で、日本で好まれているタンゴの一つです。1907年に、ウルグアイ

  • エドガルド、ドナート#92

    曲目  YO TAN SOLO 20 ANOS TENIA読み  不明録音  1930年まず曲目の横にVの文字が…これはVALS(ヴァルス)の略でワルツです。その次に、作者の名がJ.C.SANDERS-ENRIQUE.CADICAMO後者は、著名な詩人でエンリケ、カディカモ、前者はフリオ、C.サンデルス?、もしかすると「

  • RULITO 22-0719#668

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   RULITO読み   ルリート録音   1960年代(コロンビア時代後期)A.コセンティノ作曲、7月18日にアップした曲「ア、トゥ、メモリア、マドレシータ」このワルツの作者が、アルベルト、コンセンティーノ、一字違いですが同一人物か?こ

  • オルケスタ、ティピカ、ロス、プロビンシアノス#10

    曲目  A TU MEMORIA MADRECITA読み  ア、トゥ、メモリア、マドレシータ録音  1930年代  原盤番号37553-Bアルベルト、コンセンティーノ作曲、お聴きのようにヴァルス(ワルツ)アルゼンチンのヴァルスは、ヴァルス、クリオージョと云います。終わりの方で、バンドネオン

  • 芸備線 備後庄原→備後三日市→七塚→山ノ内→下和知→塩町 令和4年3月9日

      備後庄原発9:54→……山ノ内→……塩町着10:14                          列車内高→備後庄原間鉄ちゃん憧れの運転席                            横から撮影塩町に到着                      塩町を出発神杉駅を出発    

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#29

    曲目  EN PLENA MAR読み  エン、プレナ、マール?録音  1949年7/27   原盤番号30515Bロベルト、フィルポ作曲、お聴きのように、アルゼンチンのヴァルス(ワルツ)フィルポは、多くのワルツを作っておりますが、これは全く無名です。タイトルの読みは、多分こう読むので

  • フリオ、デ、カロ#81

    曲目  BALCON FLORIDO    花咲くバルコニー読み  バルコン、フロリド?録音  1929年~1932年 原盤番号1240V.CATALANO作曲、V.カタナロ どのような人か不詳、私にすれば無名の人の無名のタンゴ、寂しい岬のはずれ…人っ子一人いません。フリオ、デ、カロの、しっとり

  • 宗谷本線 南幌延 その2 令和4年7月5日

     手塩中川発17:44→……南幌延着18:20                 これを見逃すとは不覚鉄ちゃん達が、飾りつけ? 還暦を迎えました。写真や、除雪道具が…                   これは怖い!!ヒグマの目撃情報持ち帰る不届き者も、いるそう…  取り敢えず…     

  • 宗谷本線 南幌延駅 その1 令和4年7月5日

     手塩中川発17:44→……南幌延着18:20                        名寄方面稚内方面周りの鉄枠が、いささか錆びています。             定番のアングルからの撮影 名寄方面を見ながら…                 道路が有ります。こちらにも道路が…前方

  • ファン、ダリエンソ#78

    曲目  EL VIENTO ME CUENTA COSAS読み  不明録音  1947年12/17   原盤番号60-1517-B曲の横に作者名が、M.BUCINO   これは、ミゲル、ブチーノで間違いないでしょう…無名の人では有りません。お聴きのようにミロンガで、珍しく男性歌手の二重唱で、アルベルト、エチ

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO##215-W-★

    演奏者  BANDA MUNICIPAL DE LA CIUDAD DE BUENOS AIRES曲目   EL OTARIO     愚か者  ##は再アップの印読み   エル、オタリオ録音   1908年~1909年  指揮アルトゥーロ、デ、バッシヘラルド、メタージョ(ピアノ)作曲、彼は、ウルグアイの人で、ウルグアイ

  • フランシスコ、カナロ#241

    曲目  EL GALLEGUITO読み  エル、……録音  1930年12/12   原盤番号4711B解説は、一切有りませんが作者だけは明記しております。M.CANAROそうです。マリオ、カナロ フランシスコ、カナロの末の弟です。他に、「ファン、カナロ」「ラファエル、カナロ」「ウンベルト

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#11-★

    曲目  EL  MARNE     フランスの地名読み  エル、マルネ  喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1976年5/26     指揮小沢泰(ピアノ)                                         ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤「バンドネオンの虎

  • エドガルド、ドナート#91-★

    曲目  VOLVE    帰って来て!読み  ボルベ録音  1930年エドガルド、ドナート作曲、ルイス、バジョン、エレーラ詞1932年の作品、冒頭から、思わせぶりの演奏に惹かれます。「帰って来て!」と叫ぶ女性の心理を歌った詞が付けられております。歌手は、MERCEDES CARNE メ

  • オルケスタ、ティピカ、ロス、プロビンシアノス#9-★

    曲目  UN PLACER    よろこび読み  ウン、プラセール録音  1930年代  原盤番号37378-Bビセンテ、ロメロとアンドレス、アリエッティ合作お聴きのように、ヴァルス(ワルツ)です。ワルツは、3拍子のタンゴとも云われ、タンゴ楽団の重要なレペルトリオ(レパートリー)に

  • EL IRRESISTIBLE 22-0629#667-★

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   EL IRRESISTIBLE    抵抗できないもの読み   エル、イレシスティブレ録音   1960年代(コロンビア時代後期)ロレンソ、ロガッティ(フルート、指揮)作曲、カルロス、ペッセ詞1908年に、オペラ劇場で作者の指揮する、オーケストラ

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#28-W

    曲目  DE MI ARRABAL    私の下町?読み  デ、ミ、アラバル録音  1949年5/18    原盤番号30514Bロベルト、フィルポ作曲のミロンガです。アラバルは、場末とか下町と云う意味が有り、タンゴには結構多いです。主な曲に「アラバル」「アディオス、アラバル」「アラバ

  • フリオ、デ、カロ#80

    曲目  A LA FRANCESA     フランス女性に読み  ア、ラ、フランセーズ?録音  1929年~1932年  原盤番号1239曲の横に作者名が、E.MONADO-D.LINYERA   前者が作曲者後者が作詞でしょう。E.マナド? 不詳、D.リンジェーラはデ、カロ作の「ボエド」に詞を付けた人です

  • 木次線 宍道→南宍道 令和4年3月8日

     宍道発17:09→南宍道着17:14    木次駅 列車は「特急スーパーまつかぜ7号」「特急スーパーまつかぜ7号」益田行きの出発   木次駅 「特急やくも15号」出雲市行きこの列車に乗車      南宍道駅に到着同駅を、後にしますが何やら秘境駅の匂いが…加茂中駅     

  • ファン、ダリエンソ#77

    曲目  DALE DALE CABALLITO読み  不明録音  1947年12/17    原盤番号60-1518-BF.SALAMANCA-C.BAHR    前者が作曲者、後者が作詞でしょう…フルビオ、サラマンカ作の、ミロンガです。サラマンカはロドルォ、ビアジの後継者として、当楽団のピアニスタとして迎えられ

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#214

    演奏者  BANDA MUNICIPAL DE LA CIUDAD DE BUENOS AIRES曲目   UN MOZO BIEN      新規アップ読み   不明録音   1908年~1909年  指揮 アルトゥーロ、デ、バッシ曲の横に作者名が、A.VILLOLDO    これは、アンヘル、ビジョルドで間違いないでしょう…タン

  • フランシスコ、カナロ#240-W-★

    曲目  ADIOS ARGENTINA     さらばアルゼンチン読み  アディオス、アルヘンティーナ録音  1930年12/10    原盤番号4714Aヘラルド、エルナン、マトス、ロドリゲス作曲、1930年の作品、マトス、ロドリゲスと云えば、「ラ、クンパルシータ」の作者として著名ですが、

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#10-★

    曲目  MI REFUGIO    私の隠れ家読み  ミ、レフーヒオ    喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1978年5/26      指揮 小沢泰(ピアノ)                                          ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤ファン、カルロス

  • エドガルド、ドナート#90

    曲目  LOS PIRATAS読み  ロス、……録音  1930年曲の横に作者名が、JUAN CARLOS BAZAN  これはファン、カルロス、バサンで間違いないでしょう…タンゴ初期の、クラリネット奏者です。あだ名は、「太っちょ」良く聴くと、曲の中程にクラリネットの音が、聞えるような…

  • オルケスタ、ティピカ、ロス、プロビンシアノス#8

    曲目  NOVIECITA読み  ノビエシータ録音  1930年代  原盤番号37378-Aセバスティアン、ロンバルド作曲、ルイス、バテス作詞1932年に作られた、アルゼンチン映画「タンゴ」の主題曲冒頭から、センティメンタルなメロディーが流れてお薦め…終わりのビオリンソロは、多

  • PURO APRONTE 22-0619#666

    演奏者  エクトル、バレーラ曲目   PURO  APRONTE読み   プーロ、アプロンテ録音   1960年代(コロンビア時代後期)ドミンゴ、プラテロティとフェリクス、ビージャの合作、どのような人か不詳ですが、2人共、1920年代に活躍したそうですが、この時代に作られたとは

  • ロベルト、フィルポ新四重奏団#27

    曲目  NI FLORES YA SE VEN読み  不明録音  1949年1/19   原盤番号30513Bロベルト、フィルポ作曲、お聴きのように、ヴァルス(ワルツ)です。フィルポ作のワルツとしては、全く無名ですがじっくり聴くと悪くは無いです。可憐なワルツという感じ…こちらもフィルポ作の

  • フリオ、デ、カロ#79

    曲目  MALAS LENGUAS    悪い言葉読み  不明録音  1929年~1932年  原盤番号1237曲の横に作者名が、PAST-RED   これのみ、どのような人か不詳お手上げです。しかし、じっくり聴くとビオリンが良い雰囲気を出しております。加藤光夫氏の短いコメント以下…「当時

  • ファン、ダリエンソ#76

    曲目  LENGUAS DE FUEGO読み  不明録音  1947年12/17    原盤番号60-1516-A曲の横に作者名が、J.D`ARIENZO-H.VARELA-C.WAISS  これはファン、ダリエンソとエクトル、バレーラの合作でしょう…当時バレーラは、ダリエンソ楽団の第一バンドネオン奏者として活躍してま

  • 山陰本線 宝木→浜村→青谷 令和4年3月8日

     宝木発10:48→浜村→青谷着10:57                       お馴染みの運転席鳥取駅にて トワイライトエクスプレス瑞風          快速とっとりライナーの車内泊駅 「あいの風とやま鉄道」に同名駅有り      泊駅にて 列車番号238D 鳥取行きを見送る。

  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO##213

    演奏者  BANDA MUNICIPAL DE LA CIUDAD DE BUENOS AIRES曲目   QUE HUBO DE HABER HABIDO読み   不明  ##は再アップの印録音   1908年~1909年  指揮 アルトゥーロ、デ、バッシこの吹奏楽団を指揮する、アルトゥーロ、デ、バッシ作曲、恐ろしく長いタイトル

  • フランシスコ、カナロ#239-★

    曲目  LINYERA     放浪者読み  リンジェーラ録音  1930年12/3     原盤番号4694Aファン、デ、ディオス、フィリベルト作曲、ルイス、マリオ作詞フィリベルトは、今に残る名タンゴを残しております。主な曲は「カミニート」「白いスカーフ」「バンドネオンの嘆き

  • オルケスタ、ティピカ、コリエンテス#9

    曲目  LA GUINADA     ウインク読み      ラ、ギニャーダ  喫茶サンテルモさんより音源提供録音  1978年5/26      指揮 小沢泰(ピアノ)                                       ポルテニヤ音楽同好会創立25周年記念盤珍しいレペルトリオ

  • エドガルド、ドナート#89

    曲目  BULLICIO DEL CORSO読み  不明録音  1930年CANNELO LMPENO作曲、どのような人か不詳、曲もタイトルの読みも不明な、得体の知れないタンゴしかし、冒頭の、センチメンタルな、メロディーラインは私の好み、その後のビオリンソロと、終わりのソロはドナートと思わ

  • オルケスタ、ティピカ、ロス、プロビンシアノス#7

    曲目  VOLVIO LA PRINCESITA読み  ボルビオ、ラ、プリンセシータ録音  1930年代  原盤番号37174-Aヘロニモ、スレダとアントニオ、スレダ兄弟合作のワルツこの兄弟は、ワルツの作者として著名ですがタンゴも作っており、代表曲は「ヌンカ」です。このワルツも無名です

ブログリーダー」を活用して、san telmo54さんをフォローしませんか?

ハンドル名
san telmo54さん
ブログタイトル
アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
フォロー
アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用