searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

コウさんのプロフィール

住所
青葉区
出身
青葉区

特に好きなことは、路地裏探索、管球アンプ製作とjazz鑑賞、自転車いじりとツーリング、車中泊とキャンピング、シニアオシャレの研究と実践、写真撮影などです、今は最近始めたブログ作りにはまっています。

ブログタイトル
コウのやじうま絵日記
ブログURL
https://ameblo.jp/koichis0708/
ブログ紹介文
身の回りで起きている事、興味のあることなど何でもやじうま根性で撮りまくり紹介します。
ブログ村参加
2010/09/26
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、コウさんをフォローしませんか?

ハンドル名
コウさん
ブログタイトル
コウのやじうま絵日記
フォロー
コウのやじうま絵日記

コウさんの新着記事

1件〜30件

  • トマソン写真2「遊び心」

     トマソン写真とは20数年前赤瀬川原平氏の著作「路上観察学入門」の中に出てくる造語で なんの役にも立たないものを街中を歩きながら撮った写真のことですが 長い間…

  • 「スマホ写真」

     久しぶりに街に出かけましたさあ写真を撮るぞーとカメラを取り出したら電池切れのマーク普段は予備を持って歩くのですが それも忘れていましたガクッと首をうなだれて…

  • 「高貴なノラちゃん」

     自転車で走り回っていると ノラちゃん街なるところが所々に見られますだいたいは近所の方がお食事を出しているところでした本当はいけないこととされてはいますが ボ…

  • 「街角の仲良し3人組」

     つい先日まで というか コロナ禍にパニクる前までは街中に出て 髪の綺麗なお嬢さんや お尻の素敵なお姉さんを追いかけていましたそれがなんということでしょう最近…

  • 「背中があったかい」

     なんだか知らない間に 背中があったかくて気持ちいいと思える季節になっていましたつい先日までは 影のところを選んで歩いていたのに気がつくと テレビでは「涸沢カ…

  • 「日和山に登って来ました」

     とは言っても標高3mの日本一低い山です それでも国土地理院認定の山です仙台新港の隣にある蒲生干潟にあります 写真で言うと二枚目の奥に見えるのが干潟でしょうか…

  • 「夢の途中で」

     ボクは毎日夢を見ます夜中にトイレに起きた時 寸前まで見ていた夢の再生するのが楽しみですたまにですが 起きた瞬間に夢の中身を忘れてしまう時がありますそんな時は…

  • 「嶺岸・永井写真展」に行ってきました。

     昨年の「仙台写真月間」という写真展会場でお会いした嶺岸さんから写真展のご案内が届いていたので今日行ってきました永井さんとの二人展でした どちらもスナップショ…

  • 「バックミラーの中のボク」

     愛車がドロップハンドルになってから切実に感じた事があります後方確認がほとんど出来ないという事です歳をとってますます首の回りが悪くなってきたのですだから恥を忍…

  • 「闊歩」

     宮城県は今日で緊急事態宣言は解除となるようですしかし 見てください 仙台の繁華街東一番町の午後3時ですボクの好きな横丁はほとんどシャッター街です人のまばらな…

  • 「有閑マダムたちの集い」

     昔々 ボクが小さかった頃 ボクの家でも犬を飼っていましたなまえは「コロ」と言いました 3台目くらいまで「コロ」と名付けられていました家の中で飼うなどという習…

  • 「川と遊ぶ」

     こんな光景に出会うと 井上陽水の「少年時代」とか吉田拓郎の「夏休み」のメロディが流れてきますもう遠い遠い昔のことになってしまい 具体的なことは覚えていません…

  • 「ボクと自転車」

     ボクのところに新しい自転車がきましたドロップハンドルとかいうスポーツタイプで タイヤが極めて細いのです乗り心地は最悪です 乗る姿勢もツールドフランスのレーサ…

  • 「夏の名残り」

     8月最後の日 超久しぶりに街撮りに出ました6月以来です 感がなかなか戻ってきませんでしたどこにも目が留りませんスポーツで良く言われますが 毎日練習していない…

  • 「それぞれの公園」

     仙台駅東口にあるポケットパークコロナのせいでもないと思いますが程よい 程よ過ぎるくらいの間隔でベンチが埋まっていましたでも アベックさんにとって程よい間隔と…

  • 「ポン太も満1歳になりました」

     去年8月2日に産まれたポン太君も無事満1歳 人間では18歳ティーンエイジャー親バカですが 立派な青年になりました一応ノラではありますが 衣食住はボクの部屋で…

  • 「立ち尽くす黄昏」

     本当はあの輝く街の中を歩きたいんだ喜久水庵の抹茶ソフトか サーティーワンのnuts to you でも食べながら定禅寺通りを歩きたいんだ誰と?と言われても …

  • 「二番街のコロナ」

     宮城県も「マンボウ」から「緊急事態」に昇格されるみたいです東京などの大都会ではコロナなんて何のそのの勇気ある若者たちが立ち呑み路上呑みと人生をエンジョイして…

  • 「憧れのスーパーひたち」

     ボクの自慢の自転車で仙台郊外を走っていたら「スーパーひたち」が追い越して行きました慌ててシャッターを切りました 真ん中に白い物体が「スーパーひたち」です在来…

  • 「もう秋かな」

     写真のファイルを開いたら7月は1枚も撮っていませんでしたということは1ヶ月半以上写真を撮りに街に出ていなかったのでした昨日から宮城県にも「マンボウ」警報が出…

  • 「餃子とビールは文化です」

     あの懐かしいバブリーな昭和の時代から 50歳で大病するまで街飲みをすれば ごく自然にあまり美しくない中華そば屋に足が向きましたそれもお店は決まっていました …

  • 「迷ったら 取り敢えず 晩酌セット 1500円」

     こんな看板 懐かしいなあこれだと ビール1本または日本酒2合とおつまみ2〜3品くらいが定番ですがそれで終わるはずもなく 尻が椅子にくっついてしまいます通りの…

  • 「座っちゃダメ!」

     ホントにもう いつまで続のでしょうかね家飲みでも満足しています とは言うものの焼鳥屋のギドギドカウンターも恋しいしカラオケでばか騒ぎも恋しくなったな三蜜にも…

  • 「しあわせの一瞬」

     何となくですが こんな時が一番幸せな時に思えるのですこんな時間は人生の中ではほんの一瞬だななんて 今になって思いますこの写真に写っているご家族は そんなこと…

  • 「コロナ禍 昼呑み ひとり呑み」

     東京渋谷の路上ドンチャン騒ぎをニュースで見ながら若い奴らはしょうがねえなあ〜 と一人テレビにぼやいていました と言いながらボクもちょっとだけ街中に出てみまし…

  • 「穏やかな一日」

     武漢コロナ禍もすでに1年半カレンダーが真っ白な日々が普段になってしまいましたリアルな第三次産業の状況には同情を禁じ得ませんかと言って まだワクチンを打ってな…

  • 「こんなお姉さんが好きでした」

     昔はこんなお姉さんがいるところが大好きでした今は年金生活者ですから トントご無沙汰ですが 話はガラリと変わりますが武漢コロナによるマンボウなどで夜の飲食街は…

  • 「散りてなを」

     窓の外は花吹雪なんて言われるのも桜しか思い当たりませんモクレンに至っては 花が落ちるとドタッと音が聞えてきそうな気がします 桜は咲き始めからその可憐さに心を…

  • 「恋人たちの春」

     今年も桜の季節になると 桜を撮りに街に出ます公園では出店禁止宴会禁止ですからとても静かでいい雰囲気の中で純粋なお花見が出来ますそうなると恋人たちには絶好のデ…

  • 「ピンボケな春」

     桜の写真を撮る季節になりましたと言って昨日は街に出ました 桜を撮ったのかジーンズを撮ったのか分からない写真もありましたきょうは「灯台下暗し」の自宅の桜を撮り…

カテゴリー一覧
商用