chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • データーセンターの日

    四季の散歩道で見かけた「黄葉した銀杏」さて、今日から師走。「霰(あられ)」は、雪の結晶に雲の中の微水滴が付着して、固まった粒のこと。気温が氷点下に近くなる...

  • パレスチナ人民国際連帯デー

    四季の散歩道で見た「菊」の花さて、「残菊」とは、秋の末に咲き残った菊の花。色彩を失った野や庭に、はかなげに残る。ところで、今日は、パレスチナ人民国際連帯デ...

  • ノーベル賞制定記念日

    四季の散歩道で見た「まだ残っている残り柿」今日は、ノーベル賞制定記念日である。1895年のこの日、スウェーデンの化学者ノーベルが、自らの発明したダイナマイ...

  • OLの日

    四季の散歩道で見た「氷川神社の菊の飾り」さて、「猿の腰掛」とは、サルノコシカケ科及びキコブタケ科の多年性キノコの総称。朽木や古木に寄生する。半円形またはい...

  • ゲームの日

    四季の散歩道で見た「背高泡立ち草」さて、「うるか」とは、鮎の塩辛。内臓と卵を塩と麹でつけたもので、「子うるか」は卵だけで、「苦うるか」は内臓だけを漬けたも...

  • 世界子供の日

    四季の散歩道で見た「ダリアの花」今日は、世界子供の日である。1954年の国連総会で制定。国際デーの一つ。1959年に「児童権利宣言」が採択された日。国連で...

  • 雪見大福の日

    四季の散歩道で見た「宿根ガザニア ‘ソフトクリームの花」さて、「糸瓜(へちま)の水取る」とは、へちまの水は、古来咳止めや化粧水に用いられる。つるを途中で切...

  • 録音文化の日

    四季の散歩道で見た「ウィンターコスモスの花」さて、「柘榴(ざくろ)」は、ザクロ科の落葉少高木。栽培歴史は極めて古く、日本でも平安時代から庭木などに絵利用さ...

  • 世界糖尿病デー

    四季の散歩道で見た「コスモス畑の花」さて、「木の実」は、秋に熟す木の実の総称。食用になるかならないかの区別は関係なく、また。果樹まで含めていう場合もある。...

  • 洋服記念日

    四季の散歩道で見た「アズレアの花」さて、「田守」とは、本来は稲田を守護する神のことだが、田の番をすること。あるいは、番をする人のことを言う場合がある。とこ...

  • 肢体不自由児愛護の日

    四季の散歩道で見た「マリーゴールドの花」さて、「苔桃」は、ツツジ科の常緑小低木。高山の岩石地帯に生え、高さは10センチ程度。葉は卵型で厚く光沢がある。紅色...

  • レントゲンの日

    四季の散歩道で見た「メキシカンブッシュセージ」さて、「渋取」とは、渋柿から渋を採取すること。青い渋柿を石臼でつき砕き、発酵させたのち、麻袋で圧縮、濾過して...

  • お見合い記念日

    四季の散歩道で見た「サルビア・アズレア」さて、「鹿垣(ししがき)」とは、果実や穀物などの収穫物を狙って、山から下りて来る鹿や猪などの侵入を防ぐための垣。枝...

  • ユネスコ憲章記念日

    四季の散歩道で見た「背高泡立草」さて、「黄葉」は、秋になって、木の葉が黄色づくさま。イチョウ、ナラなどが代表的。mた、落洛」は木の葉や果実が黄ばんで落ちる...

  • キッチン・バスの日

    四季の散歩道で見た「犬サフラン」の花さて、「種採」は、花の終わった草花の種子を採集すること。種子は袋などに入れて、来年のために保存しておく。ところで、今日...

  • ハロウィンの日

    四季の散歩道で見かけた「?」さて、「鶏頭」は、ヒユ科鶏頭属の総称。深紅色でビロード状の細花のかたまりが、鶏冠を思わせる。ところで、今日は、ハロウィンの日で...

  • ホームビデオの日

    四季の散歩道で見た「センニチコウ」の花さて、「胡麻狩る」とは、初秋から中秋にかけ、熟したゴマの実を刈り取る事。刈ったものを干してから、叩いて種を採る。種子...

  • テディベアズデー

    四季の散歩道で見た「秋バラ」さて、「牛蒡引く」というのは、春に蒔いたゴボウを晩秋に収穫するさま。1メートル前後もあるので、専用の長い鍬で深く掘り、引き抜く...

  • 世界パスタデー

    四季の散歩道で見た花「?」今日は、世界パスタデーである。1995(平成7)年のこの日、イタリアで世界パスタ会議が開催された。EUやイタリアパスタ製造業者連...

  • 世界パスタデー

    四季の散歩道で見た花「?」今日は、世界パスタデーである。1995(平成7)年のこの日、イタリアで世界パスタ会議が開催された。EUやイタリアパスタ製造業者連...

  • モルの日

    四季の散歩道で見た「柿の木」さて、「下り𥱋(やな)」とは、秋、川を下る魚をとるためいに仕掛けられた𥱋。主に、落ち鮎などがか...

  • 国際反戦デー

    四季の散歩道で見た「シオンの花」さて、「草の花」とは、秋に咲く様々な花。総じて可憐で寂しげなものが多く、「千草の花」とも言われるくらい多種類である。また、...

  • 日ソ国交回復の日

    四季の散歩道で見た「鶏頭の花」さて、「薬掘る」というのは、秋は薬用植物の精が根にこもるといされるため、枯れ葉が落ちるころ山野に出かけ、薬草を採取すること。...

  • 貧困撲滅つのための世界デー

    四季の散歩道で見た「芙蓉の花」さて、「葛掘る」とは、晩秋、山野に生えるクズの根を掘り、くず粉をとること。葛根湯は風邪薬として用いられる。ところで、今日は、...

  • 人形の日

    四季の散歩道で見た「コスモス」さて、「桔梗」はキキョウ科の多年草。日当たりの良い山地に自生し、高原より咲き始める。五裂に開いた花は涼しげで、紫色のほか白や...

  • 引っ越しの日

    四季の散歩道で見かけた「リュウキンカ」さて、「草泊(くさどまり)」とは、秋の日、屋根を葺くチガヤやアシを刈る村太が草原に仮小屋を建て、泊りがけで草刈りをす...

  • ウインクの日

    四季の散歩道で見た「黄色い蝶」さて、男郎花(おとこえし)は、オミナエシ科の多年草。山地に自生し。女郎花に似ている・花は白く、茎や葉は毛に覆われている。とこ...

  • 世界郵便デー

    四季の散歩道で見た「白い彼岸花」さて、「砧(きぬた)」は、木槌で布を打ちやわらげ、艶を出すために用いる石。あるいは木の台のこと。または、それを打つことをさ...

  • 盗難防止の日

    四季の散歩道で見た「彼岸花」さて、「末枯(うらがれ)」とは、霜が降りるようになる頃、茂山の草木が枯れだし、凋落の兆しを見せること。「末枯時」は晩秋を表す。...

  • 時刻表記念日

    四季の散歩道で見た「花虎の尾」の花。さて、「菊花展」は、菊の品評会。菊づくりの愛好家たちが、丹精込めて栽培した菊の鉢を並べて、その出来栄えを披露する。とこ...

  • 開天節の日

    四季の散歩道で見た「野鶏頭」の花さて、「薄紅葉」とは、初秋、木々の葉がうっすらと色づき始めたころの紅葉。秋の兆しを視覚的に捉えた言葉。ところで、今日は開天...

  • 日本酒の日

    四季の散歩道で見た花芭蕉の句(18)「秋もはやはらつく雨に月の形」 秋も深まってきて、時雨のはしりもやってきた。月も小さくなって九月も下旬にさしかかってき...

  • クリーニングの日

    四季の散歩道で見かけた「芙蓉の花」さて、「菊人形」は、菊の花や葉を衣装のようにちりばめて、細工を施した人形。歌舞伎狂言を題材にしたものが多い。ところで、今...

  • 故安倍晋三国葬

    四季の散歩道で見かけた「芙蓉の花」今日は、故安倍晋三国葬儀は、2022年9月27日14時から実施が予定されている元内閣総理大臣・安倍晋三の国葬である。 こ...

  • 藤ノ木古墳記念日

    四季の散歩道で見た「エボルブルス・グロメラツス」さて、「色変えぬ松」とは、晩秋、周囲の木々が紅葉したり、枯れていく中で、緑のまま色が変わらない松のこと。常...

  • 海王星の日

    四季の散歩道で見た「カリブラコ」の花?さて、「銀杏紅葉」とは、黄金色に色づいたイトのこと。「もみじ」と言えばカエデをさす場合が多いが、ほかの木の紅葉、黄葉...

  • 背国際平和デー

    四季の散歩道で見た「キンセンカ」の花さて、「蘆刈(あしがり)」は、水辺に群生するアイを、晩秋から冬にかけて刈り取ること。アイは屋根を葺いたり、葦簀を作るの...

  • 敬老の日

    四季の散歩道で見た「黄花千日紅」の花さて、「無花果(いちじく)」は、クワ科の落葉小高木。茎や葉を切ると乳状の汁を出す。春から夏にかけて無数の白い花をつけ、...

  • モノレール開業記念日

    四季の散歩道で見た「鶏頭の花」さて、「秋の灯(ひ)」とは、秋の夜の灯火。春の灯にはつややかな趣があるのに対し、秋のものは澄んだ明るい感じがして読書や勉強な...

  • 老人の日

    四季の散歩道で見た「黄花千日紅」の花さて、「通草(あけび)」は、アケビ科のつる性落葉低木。秋に楕円形をした淡紫色の実を結び、熟すと縦に割れる。果肉は厚く甘...

  • 世界法の日

    四季の散歩道で見た「」さて、「秋の野遊び」とは、色づいた秋の野に遊ぶこと。きのこ狩り、栗拾い、紅葉狩りなどから、遠足、ピクニックまでも含まれる言葉。ところ...

  • 公衆電話の日

    四季の散歩道で見かけた岩槻田圃の意和布刈り風景今日は公衆電話の日である。1900年のこの日、日本初の自動公衆電話が、東京の新橋と上野駅前に設置された。当時...

  • 公衆電話の日

    四季の散歩道で見た「」さて、「秋師」というのは、稲刈りが忙しい時に雇い入れる者のこと。「稲女」も同義。ところで、今日は、公衆電話の日である。1900年のこ...

  • 世界占いの日

    四季の散歩道で見た「ナツスイセン」今日は、世界占いの日である。日本占術協会が1999年に制定。この日が「重陽の節句」であること、ノストラダムスの終末の予言...

  • 世界占いの日

    四季の散歩道で見た「ナツスイセン」さて、「秋草」は、秋に花が咲く草木のこと。ハギやキキョウなどの名草だけでなく、名も無い様々な草木を含めていう。ところで、...

  • ブラジルの独立記念日

    四季の散歩道で見かけた「初雪草」さて。「秋乾き」とは、夏が過ぎ、凌ぎやすくなってきたため。食欲が増してくるさま。「食欲の秋」ともいう。ところで、今日は、ブ...

  • クリーンコールデーで

    四季の散歩道で見かけた「百日紅の花」さて、「赤のまんま」とは、タデ科の一年草犬タデの花のこと。初秋に赤紫色の小さな花を穂状に咲かせる。野原や道端でよく見か...

  • ホームラン記念日

    四季の散歩道で見た「白蓮」さて、「秋袷(あきあわせ)」は、裏地のついた着物。秋風が立ち、朝夕が涼しくなるころから着用する。ところで、今日は、ホームラン記念...

  • 防災の日で

    四季の散歩道で見た「なだ青い柿」さて、「青蜜柑」は、ミカンがまだ熟さず、青々と木になっているさま。また、仲秋のころ、「青蜜柑」として出る種類は、表皮は青い...

  • (旧)明治天皇祭

    四季の散歩道で見た「稲穂が稔ってきた」さて、「蚕蛾(さんが)」は、蚕の蛹(さなぎ)が成虫になったもの。乳白色の蛹で、雌は交尾するとすぐに卵を産み付け、雌雄...

  • 世界肝炎デー

    散歩道で見た花さて、「睡蓮」は、スイレン科の植物の総称。沼や池に生育する淡水性の水草で、地下茎を泥の中に伸ばし円型の葉を浮かべる。夏に赤、白、紫の美しい花...

  • リベリア独立記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「駒鳥」は、ヒタキ科の鳥で、体長14センチ。雄は背面と上胸部が暗赤褐色でそれ以外は白色、雌は暗緑褐色。高山の渓流などで繁殖し、ヒ...

  • 著作権制定記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「蓴菜(じゅんさい)」は、古い沼や池に自生する水草。水面にスイレンに似た葉を浮かべる。梅雨のごろ、粘質に覆われた若芽や莖を食用に...

  • 神前結婚式の日

    四季の散歩道で見かけた「百日紅の花」さて、「金亀虫(こがねむし)」は、コガネ虫科の昆虫。艶のある緑色、または茶褐色の体で。人家のあかりをめがけて飛来する。...

  • 女性大臣の日

    四季の散歩道で見た「花?」さて、「茂(しげり)」の意味は、勢いよく繁茂する夏の森林の、鬱蒼とした情景を表す。また、草が隙間なく密生するさまをいう。ところで...

  • 漫画の日

    四季の散歩道で見た「なすびの実」さて、「蝙蝠(こうもり)」は、コウモリ目の哺乳類の総称。昼は暗い所に潜み、夕方から活動する。指の間に羽のような薄い膜を持ち...

  • 駅弁の日

    四季の散歩道で見た「芙蓉の花」さて、「百日紅」は、ミソハギ科の落葉高木。夏から秋にかけて、白や桃色の花をつける。樹皮が滑らかで、猿でも滑り落ちるということ...

  • ペリー上陸記念日

    四季の散歩道で見た「田圃の稲穂」稔り始めました。今日は、ペリー上陸記念日である、1853年のこの日(旧暦嘉永6年6月9日)、アメリカの4隻の黒船艦隊が江戸...

  • ラジオの日

    四季の散歩道で見た「夏バラ」の花さて、「源五郎」は、ゲンゴロウ科の水生昆虫の総称。体長三センチで黒褐色。虫や小魚を鋭い牙でとらえる。ところで、今日は、ラジ...

  • 指笛の日

    四季の散歩道で見た花さて、「早松茸(さまつたけ)」は、姿形、香り迄がマツタケに似ているが、ずぅと小ぶりで味も劣るキノコ。ナラやクヌギなどの雑木林に生える。...

  • ナンパの日

    四季の散歩道で見た「木槿 (むくげ)」さて、「鍬形虫」は、クワガタ虫科の昆虫の総称。カブト虫よりやや小さく、雄は鹿の角のようなハサミを持つ。クヌギやナラな...

  • 零戦の日

    四季の散歩道で見た「紅葉葵」さて、「仙人掌(さぼてん)」は、サボテン科の植物の総称。緑の小判形樹体がいくつも連結していて、全面にとへwp持っている。夏に赤...

  • 零戦の日

    四季の散歩道で見た「紅葉葵」さて、「仙人掌(さぼてん)」は、サボテン科の植物の総称。緑の小判形樹体がいくつも連結していて、全面にとへwp持っている。夏に赤...

  • 零戦の日

    四季の散歩道で見た「紅葉葵」さて、「仙人掌(さぼてん)」は、サボテン科の植物の総称。緑の小判形樹体がいくつも連結していて、全面にとへwp持っている。夏に赤...

  • 零戦の日

    四季の散歩道で見た「紅葉葵」さて、「仙人掌(さぼてん)」は、サボテン科の植物の総称。緑の小判形樹体がいくつも連結していて、全面にとへwp持っている。夏に赤...

  • 比米友好記念日

    四季の散歩道で見た「百日紅の花」さて、「木下闇(このしたやみ)」は、夏期、木立がうっそうと茂り、昼なお暗いさま。「下闇」「青葉闇」ともいう。同義の「木暮」...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • 「ユキホオジロ」

    四季の散歩道で見た「紫御殿」さて、「昆布」はコンブ科の食品海草。海底の岩に付着し、長さは2~3メートルから数十メートルにも達する。北海道や三陸が産地で、夏...

  • パラグライダー記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「黒鶫(くろつぐみ)」は、ヒタキ科の鳥で体長25センチ。雄は上半身から背中が黒く、雌は黄褐色に帯黄黒色の点紋がる。全国の山地や森...

  • パラグライダー記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「黒鶫(くろつぐみ)」は、ヒタキ科の鳥で体長25センチ。雄は上半身から背中が黒く、雌は黄褐色に帯黄黒色の点紋がる。全国の山地や森...

  • パラグライダー記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「黒鶫(くろつぐみ)」は、ヒタキ科の鳥で体長25センチ。雄は上半身から背中が黒く、雌は黄褐色に帯黄黒色の点紋がる。全国の山地や森...

  • パラグライダー記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「黒鶫(くろつぐみ)」は、ヒタキ科の鳥で体長25センチ。雄は上半身から背中が黒く、雌は黄褐色に帯黄黒色の点紋がる。全国の山地や森...

  • パラグライダー記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「黒鶫(くろつぐみ)」は、ヒタキ科の鳥で体長25センチ。雄は上半身から背中が黒く、雌は黄褐色に帯黄黒色の点紋がる。全国の山地や森...

  • パラグライダー記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「黒鶫(くろつぐみ)」は、ヒタキ科の鳥で体長25センチ。雄は上半身から背中が黒く、雌は黄褐色に帯黄黒色の点紋がる。全国の山地や森...

  • パラグライダー記念日

    四季の散歩道で見た花さて、「黒鶫(くろつぐみ)」は、ヒタキ科の鳥で体長25センチ。雄は上半身から背中が黒く、雌は黄褐色に帯黄黒色の点紋がる。全国の山地や森...

  • アマチュアの日

    四季の散歩道で見た花さて、「原簿証拠」は、フクロソウ科の多年草。茎が地表を這うように伸び、夏に白や紫の五弁の花をつける。下痢止めの薬草として用いられるため...

  • アマチュアの日

    四季の散歩道で見た花さて、「原簿証拠」は、フクロソウ科の多年草。茎が地表を這うように伸び、夏に白や紫の五弁の花をつける。下痢止めの薬草として用いられるため...

  • アマチュアの日

    四季の散歩道で見た花さて、「原簿証拠」は、フクロソウ科の多年草。茎が地表を這うように伸び、夏に白や紫の五弁の花をつける。下痢止めの薬草として用いられるため...

  • アマチュアの日

    四季の散歩道で見た花さて、「原簿証拠」は、フクロソウ科の多年草。茎が地表を這うように伸び、夏に白や紫の五弁の花をつける。下痢止めの薬草として用いられるため...

  • アマチュアの日

    四季の散歩道で見た花さて、「原簿証拠」は、フクロソウ科の多年草。茎が地表を這うように伸び、夏に白や紫の五弁の花をつける。下痢止めの薬草として用いられるため...

  • アマチュアの日

    四季の散歩道で見た花さて、「原簿証拠」は、フクロソウ科の多年草。茎が地表を這うように伸び、夏に白や紫の五弁の花をつける。下痢止めの薬草として用いられるため...

  • アマチュアの日

    四季の散歩道で見た花さて、「原簿証拠」は、フクロソウ科の多年草。茎が地表を這うように伸び、夏に白や紫の五弁の花をつける。下痢止めの薬草として用いられるため...

  • 政治を考える日

    四季の散歩道で見た「芙蓉」さて、「黒鯛」は、タイ科の海水魚。体長40センチににも達し、銀灰魚であるからこう呼ばれる。4月~11月までが漁期だが、真夏のもの...

  • 政治を考える日

    四季の散歩道で見た「芙蓉」さて、「黒鯛」は、タイ科の海水魚。体長40センチににも達し、銀灰魚であるからこう呼ばれる。4月~11月までが漁期だが、真夏のもの...

  • 政治を考える日

    四季の散歩道で見た「芙蓉」さて、「黒鯛」は、タイ科の海水魚。体長40センチににも達し、銀灰魚であるからこう呼ばれる。4月~11月までが漁期だが、真夏のもの...

  • 政治を考える日

    四季の散歩道で見た「芙蓉」さて、「黒鯛」は、タイ科の海水魚。体長40センチににも達し、銀灰魚であるからこう呼ばれる。4月~11月までが漁期だが、真夏のもの...

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、夕焼けおじさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
夕焼けおじさんさん
ブログタイトル
歩け風塵日記
フォロー
歩け風塵日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用