searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

すずるさんのプロフィール

住所
豊中市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
戯blog
ブログURL
http://szur.sblo.jp/
ブログ紹介文
本読み、漫画読み、仏像好き。大阪在住であちこちのお寺や博物館・美術館に出かけています。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2010/09/10

参加カテゴリ

本ブログ / 読書日記

美術ブログ / 仏像彫刻

歴史ブログ / 博物館・記念館

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、すずるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
すずるさん
ブログタイトル
戯blog
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
戯blog

すずるさんの新着記事

1件〜30件

  • 7月に京都で見た展覧会

    7月は京都に2回行って美術館を見てきたのでかんたんに感想を書いておこうと思う。 7/5 泉屋博古館の「モネからはじまる住友洋画物語」 何度か足を運んですっかり好きになった泉屋博古館。 基本的に「今まで見たことがないものを見る」というのが展覧会を見に行く動機になっていたけれど、…

  • 夏休みっぽくない夏休み

    今年の夏は、本来ならばオリンピックがあるはずで、我が家は北海道旅行をしている予定だった。ハイシーズンの北海道旅行のためにこつこつ旅行貯金までしていたが、今の状況でわざわざ不自由な思いをするために遠出する気にはなれず、いつまでかわからないが延期することになった。 しかしやっぱり3月くらいからずっと不自由な思いをしていてなんだか気は塞いでいる。非日常感が欲しい。 そういうわけで、大阪府内で近隣の市の…

  • 15年

    今頃という感じもしますが、今年の3月に結婚15周年を迎えました。 10周年のときに迷いつつも結局買わなかったので、今回記念に買ってもらいました。 写真を撮って気がついたけれど、けっこう手がしわしわになってきたなーと実感しました。15年も経てばそれはそうか。 相方には記念に、…

  • 明石からの姫路 「驚異と怪異」

    日帰りでちょっとした遠出がしたいと思い、家族と姫路に行くことにした。 途中、明石駅で下車。姫路に行くときはだいたい明石で降りてお昼を先に食べることにしている。 駅にいる明石ポン太との再会。3代目が壊されたというのをニュースで見たが、4代目が設置されていた。 以前来たとき…

  • 1〜6月に読んだ本

    今年は毎月書きたいとか言ってた気がするなあ〜と思いつつ、今年1月〜6月に読んだ本メモです。 半年で読んだ本は16冊+図録でした。 1月は久しぶりにミステリを何冊か読んでいました。そこで冊数を稼いだ。 その後は市の図書館が閉まる前に、最近見た展覧会を補完してくれる本を借りてきて読んだり。 読んだ中で、印象に残った本について簡単に。

  • 1週間の「超・名品展」

    兵庫県立美術館の前身となる兵庫県立近代美術館の開館が1970年。 開館50周年「超・名品展」が本来は4〜6月の開催だったが、自粛期間を経て会期終了間際の1週間だけ予約制で開催されると聞いて、予約して行ってきた。 展示対象は1870年代から1970年代の国内作品ということで、普段だったら興味範囲内じゃないと見逃していたかもしれないが、周年記念と名前がつく展覧会はだいたい館として力が入っていることが多いと思うので、…

  • LIXILギャラリー ものいう仕口

    LIXILギャラリーの閉廊とLIXIL出版終了のニュースが入ってきた。 ちょっと前から経済関係のニュースでLIXILの名前が出るたびにあまりおもわしくない様子で心配していたので、とうとう来るときが来てしまったなあという感じ。 LIXILギャラリーは建築やデザイン系のちょっと独特な展示を無料で見せてくれて、ありがたく利用させてもらっていた身としては、経営的判断に文句も言いづらい。なかなか難しいと思うが本業を立て直して…

  • 緊急事態宣言が出て、明けた

    今年の日記がほとんど止まっていた。 2月いっぱいはのんきにしていたと思う。ただちょっと難しい仕事が始まっていて、それで頭がいっぱいいっぱいだった。 意識が変化したのはいつだっただろう、小中学校の休校が決まったときだろうか? 大阪の春の風物詩、造幣局の通り抜けの中止が決まったのは早かった。 それでも3月に兵庫と大阪の往来を自粛するよう知事のメッセージが出たときも、兵庫から職場に来ている子と「そう言わ…

  • 国立国際美術館

    昨年の9月に、国立国際美術館の友の会に入った。 主な動機はもちろん見たい特別展がいくつかあって、それらの鑑賞料金で会費の元が取れるというかむしろお得になるからだけど、あと2つ考えていたことがあった。 1つは自分の身近な場所でやっている展覧会にもっと興味を向けてみようということ。 今住んでいる家から最も近い(交通費的な意味で)国立館。容易に足を運べる場所に、もっとコミットしてみたいという気持ちがあっ…

  • 上京2日目はトーハクで古代充

    上京2日目の午前中。 ホテルでゆっくり寝て休んで最も気力体力共に充実している時間に充てるのは、もちろん今回の上京の最大の目的、東京国立博物館。開館時間に間に合うように上野に移動した。 日本書紀成立1300年「出雲と大和」展。出雲が象徴する「幽」の世界と大和が象徴する「顕」の世界。 もともと私は特に興味があるのが弥生時代後期から古墳時代ということもあり、島根には3回、奈良にはけっこう行っている。久しぶ…

  • 上京1日め

    今年最初に行く展覧会は東京になった。 新大阪で朝6時台の新幹線に乗る。 今回の上京の計画を立てるにあたって少し考えていることがあった。 3年前からちょくちょく上京して博物館・美術館を巡るようになってきたが、せっかく上京するなら時間の許す限り貪欲に見てまわりたいと、いつも移動時間と鑑賞時間、食事休憩の時間まできっちり計算して計画を立てて実行していた。 それはそれでうまくいっていたし、計画通り遂行でき…

  • 2019年のMONKEY

    2019年も文芸誌『MONKEY』だけは継続して読むことができたので、ちょっとずつ書いておく。

  • 2019年に読んだ本

    はい反省。昨年の正月に今年は月に1回は読んだもののまとめを書きたいと言いながら、1・2月で止まってました。自分でもまさか1回しか書かないとは思わなかった。 2019年に読んだ本は21冊でした。最後まで読み切る体力がなくて、読みかけて途中で止まってる&挫折した本もいくつか。このままじゃよくないと思い、12月に自分が好きな本を紹介する系の読書会に参加して若い人に囲まれて刺激をいただいてきました。そうしてみるとや…

  • 2020年に買った本

    2020年に買った本の自分用メモ 読んだ本は取り消し線で消しています。  

  • 2019年に行った博物館・美術館など

    2019年に見た博物館、美術館、資料館などは76くらいでした。3年前までと比べると3倍になっているけれど、仕事が増えた結果コヅカイも増えたのと、あれこれ見てきたことで面白いと感じる興味範囲が広がってきたのかなと思います。 遠出したのは東京に3回、久しぶりの金沢、瀬戸内国際芸術祭、それから福岡で念願の装飾古墳同時公開。 とにかくただひたすら美しいものを見たという印象が残っているのはMIHOの「大徳寺龍光院 …

  • 2019年のシュトレン

    12月にシュトレンを買い始めて3年め。今年はいろんなお店のシュトレンが食べてみたいと阪急百貨店でカット売りしていたものを買ってきました。 左上 燻製菓子店(山科) 右上 木輪(福岡) 左中 パン工房ロゼッタ(石山) 右中 オーディネール(大阪) 左下 ソレイユ(船橋) 右下 …

  • 百万遍さんの手づくり市

    15日が日曜日なことに気がついて、うぉるさんを誘って何年ぶりかで百万遍さんの手づくり市に行ってきた。 本当に何年ぶりだろう?4、5年ぶりかもしれない。 出町柳駅で合流して歩いていくと、記憶にあったのと変わらないかなりの人出だった。 小さな財布と肩からかける小さなバッグで気に入るのがあれば買おうと予算をちょっと多めに持っていったら、なにか気が大きくなっていたのかあれこれ欲しいものを見つけてしまい、想定…

  • 2019年秋冬に行きたい展覧会メモ

    2019年秋から2020年年明け1月までに行けたら行きたい展覧会。 自分用のメモです。だんだん追加・修正していきます。 10/5〜11/4 描かれた仏の世界 堺市博物館 10/1〜11/18 開館記念福美コレクション展(I期) 福田美術館(II期 11/20〜1/13) 10/12〜11/24 大津南部の仏像 大津市歴史博物館 10/12〜11/24 『動物美術館』開演! 安土城考古博物館 10/12〜11/24 秦漢遺宝 黒川古文化研究所 11/2〜11/24 円山…

  • 文化財よ、永遠に

    国内外の文化財の修復事業を助成している住友財団が、2021年に30周年を迎えるということで、その記念の展覧会「文化財よ、永遠に」展がこの秋に泉屋博古館、東京国立博物館、泉屋博古館分館、九州国立博物館の4箇所で開催された。トーハクには主に仏像が出るそうなので上京するかどうか検討したものの都合がつかず諦めてしまったが、京都は問題なく行けるので平日休みに行くことにした。 泉屋博古館に行くときは阪急で京都市…

  • 「文豪川端康成と美のコレクション」展

    姫路市立美術館と姫路文学館の連携企画で「文豪川端康成と美のコレクション」展をやっているというので姫路に出かけてきた。今年はシーズンごとに姫路に行っている気がする。 姫路駅前からバスに乗り先に美術館へ。特別展の料金は2館合わせてで1400円。この2館をじっくり見ると考えれば大変お得に感じる額。 展覧会の副題は、「古今東西の名画、文豪たちの書 ーー幽遠を見つめる眼」。 川端康成が美術品のコレクターというの…

  • 鳥羽に行ってきた

    レンタカーで鳥羽に日帰りで遊びに行ってきた。今年は7、8月と単発の派遣仕事を受けて、繁忙期のヘルプだけあってお盆も土日もない忙しさだったので、こんなんじゃ夏終われないよという気持ちの行き場に程よい距離の遠出。 ずっと前に1回浜松の両親と鳥羽に行ったときは、車で愛知県の渥美半島の先っちょの伊良湖岬からフェリーに乗って行ったのでわりと手軽で行きやすい印象があったのだが、大阪からだと名神高速から伊勢自動…

  • 「バルセロナ展」姫路市立美術館

    バルセロナと聞いて最初にぱっと思い浮かべるのはガウディのサグラダファミリアという人が多いんじゃないかと思う。私もそう。新婚旅行先をスペインに決めたのは、ガウディとアレハンドロ・アメナーバルの映画で見たセビージャの街が目的だった。 その時のツアーは飛行機がエンジントラブルでスペインに直行のはずがロンドン経由になり滞在時間が丸1日減ってしまった。空港でかなり待たされて疲労困憊の夜にバスから見たガウデ…

  • 金沢旅行 3日目

    金沢旅行3日目の朝は早くに起きて温泉に入り、朝食を食べて広い庭を散歩して早々に旅館をチェックアウトし駅に送ってもらった。 旅行に使っているぐるりんパスに加賀の周遊バスのキャン・バスの乗車券もついているので、3日目はそれで移動。まずは中谷宇吉郎雪の科学館に向かった。中谷宇吉郎の出身地である片山津にある。美術館や博物館は月曜日が休みになることが多いが、ここは毎週水曜日が休館日なので、土日月の3日間の旅…

  • 金沢旅行 2日目

    金沢旅行2日目。前夜にコンビニで買っておいたパンで朝食を済ませてゆっくりめにホテルをチェックアウト。また駅に荷物を預けてバスに乗りひがし茶屋街に移動。 町並みを見つつ土産物屋を冷やかしつつ歩く。

  • 金沢旅行 1日目

    今年の前半はいろいろあり、ていうかほんといろんなことがありすぎて大半は忘却してしまったが…GWに旅行でもしようかと思っていたのがぜんぜん手配できないでいたので、代わりに6月初っ端に金沢に行ってきた。 6年ぶり、4回めの金沢。前回行ったときの日記が書いてあるかなとブログのログを見たら「今度書きます」と言いつつ書いてなかったので、今回はちゃんと書いておこうと思う。 (自分用メモに、2013年の金沢旅行のとき…

  • 「因幡堂平等寺」と一遍聖絵

    龍谷ミュージアムでやっていた「因幡堂平等寺」展に行ってきた。 因幡堂は今回の展覧会まで存在を知らなかったが、なかなか大きな規模のお寺だったらしい。御本尊が因幡から飛んできたという伝承がある。 お寺の年表では、1414年に醍醐寺の黒衣の宰相満済准后が参詣、1416年には足利義持が参籠とあった。 それから本寺は元々園城寺だったのが、1418年に聖護院の末寺というように。このあたりでなにかごたごたあったんかなーな…

  • 「台所見聞録」展

    グランフロントのLIXILギャラリーで「台所見聞録」展を見てきた。 いくつかテーマがあって、大雑把にわけると世界の台所、床で座って調理していた日本の台所の近代化、それから著名な建築家の設計した家の台所の3つ。 世界の台所はミニチュア模型とパネルの展示だった。世界中の伝統的な家の調査の結果、およそ北緯40度を境にして火の使い方が変わるということがわかったそう。 寒い地域で台所の火を家の暖房として兼用する…

  • GW総括

    今年のゴールデンウィークは10連休だった。 旅行に行く計画も立てかけたのだが、ホテルが軒並みGW価格になっていたので6月にのばすことにして、GWは近場で過ごすことにした。 1日目 シネ・リーブルで映画「ねじれた家」を見た。 2〜5日目 家の片付け等。我が家は年末に大掃除をしないでGWにする家です。 寒かったのでこたつに入ってゲームしながら改元の模様をテレビで眺めてもいた。一応歴史クラスタなので。 6…

  • クリスチャン・ボルタンスキー展 「Lifetime」

    GW最終日、家でおとなしく過ごそうかと思ったが国立国際美術館のボルタンスキー展が最終日だったことを思い出して行けなくもないな?と思い行ってきた。 クリスチャン・ボルタンスキーの作品を見るのはおそらく2010年の瀬戸内国際芸術祭以来。その時ははっきりした印象は残らなかったが、今回の展覧会を紹介する記事を読んで興味を惹かれていた。 タイトルは「Lifetime」。 中に入ると奇声が聞こえてきてなんだか具合が悪…

  • 葛城に行ってきた

    GWに1日くらいのんびり奈良に歩きに行きたいと思っていたところ、気になる特別展示があることを知って久しぶりに葛城に行くことにした。 2010年に平安遷都1300年祭に合わせて葛城古道とかあのへんで連続的なウォーキングイベントがあり、1年かけてすべての回に参加したので、なんとなくよく知ってるエリアという感覚がある。あれってもう10年近く前のことになるのか。せんとくんどこ行ってしまったんや。 2010年はなんか体調が…

カテゴリー一覧
商用