searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

竜治さんのプロフィール

住所
秋田県
出身
秋田県

大きな軒下は雨の時だけに宿るわけではない。連日この軒下で愛ある物語が紡がれる。

ブログタイトル
雨やどり
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/nokisitamonogatari/
ブログ紹介文
古い酒蔵の大きな軒下で起きる大人の物語
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2010/08/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、竜治さんをフォローしませんか?

ハンドル名
竜治さん
ブログタイトル
雨やどり
更新頻度
集計中
フォロー
雨やどり

竜治さんの新着記事

1件〜30件

  • 酒蔵の軒下で 6

    <a href="http://blog.with2.net/link.php?1068334"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_21.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキング"></a> 竜治がハンカチの事を話すと男は意外そうな顔をした。「あんたにハンカチを貸した娘さ

  • 酒蔵の軒下で 4(消えた張り紙)

    「あれぇ?張り紙が無くなってる」優子が酒蔵の軒下に入って来た。竹で組んだ長椅子には、景色に溶け込むように竜治が座っていた。「こんにちは」優子は軽く会釈をして竜治に声を掛けた。「あの、お隣いいですか」「どうぞどうぞ、大歓迎ですよ」優子はニッコリ笑って左手を

  • 酒蔵の軒下で 5

     竜治はいつものように酒蔵の軒下の長椅子に座っていた。目の前を急ぎ足で家路に向かう人々の様子を見ていると、辺りから夕餉の香りが仄かに立ちあがってくる。竜治はこの変わりない日常が好きだった。西日が沈むと、街は夜へと急いで行く。軒下の向かいに伸びた通りの飲食

  • 酒蔵の軒下で 3

    「綺麗なママさんだったな」「・・・女将さんです」「あぁ、ママさんというより女将さんだな」竜治の言葉に男の表情は少し和らいだようだ。「看板にゆかりと書いてあるが、女将さんの名前かな」「おそらく・・・」「おそらくって、あんたあの店に入ったことがないのか」「何

  • 酒蔵の軒下で 2

     路地に並ぶ飲食店はこじんまりとした店が多い。徐々に薄暗くなり、夜へと急ぐ街の中を人々の足が速まった。思い思いの顔をのぞかせる飲食店へも一人二人と客が吸い込まれて行く。 初老の竜治とがっしりとした体格の男が会話もなく薄暗い軒下の長椅子に並んで座っている様

  • 酒蔵の軒下で その1

     古い酒蔵から伸びた大きな軒下は、雨降りの時だけに宿るわけではない。軒下には竹で組んだ長い腰掛けが置かれてあり、日差しを避けて一休みをする者や、ただ所在なく腰を降ろしている者もいる。 レンガ造りの壁に貼られていた張り紙は、風と雨に晒されてその姿を失くし、

  • 第1話・・・揺れる張り紙  第2話・・・続揺れる張り紙

    (第1話)  誰かの悪戯だろうか。古い酒蔵から大きく伸びた軒先のレンガ造りの壁に、油性マジックで書いたのか、手書きの張り紙があった。『この軒先は、さだまさしの名曲、雨やどりの舞台になった場所です』4隅を止めたガムテープの一部が剥がれ、風にパタパタ揺れてい

カテゴリー一覧
商用