chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
八百万の森(DIY・リフォーム・キャンプ) https://moriju.hateblo.jp/

家をDIYで修繕リフォーム・・・全国、素敵なキャンプ地求めて…ですが、、このところテントならぬコンクリな家をDIYしております。

キャンプで旅行。そして多くはDIYで安く入手! 最近はDIYでリフォームした部屋で、これまたDIY修理でオーディオが増殖中です。 (私のDIY対象物件) ・長く住んでいる自宅 ・2016年3月:大阪に中古ファミリーマンションを区分2軒追加 ・2018年1月:札幌に中古1Rマンションを区分1軒追加 ・2020年3月:大阪に中古ファミリーマンションを区分1軒追加

森の住人
フォロー
住所
大阪府
出身
大阪府
ブログ村参加

2010/07/18

arrow_drop_down
  • ホンダ ダックス ST50:初のステムシール交換はスプリングコンプレッサーなど道具で楽々と

    次はオーバヘッドカムを分解してバルブのステムシール交換を行います。 また初めての作業ですが、専用工具を入手したので大丈夫かと思います。 じゃじゃ~ん♪ スプリングコンプレッサーです。 では、さっそくといっても、ヘッドキャップ部分が全く剥がれないのです。 これが剥がれないと、カムが取り出せずステムシールまでアクセスできません。 何とかしなければと、精密マイナスドライバーで少しの隙間を見つけ、奥まで傷が付かないように注意しつつ抉ったら剥がれました。 次に、カムのピンを抜き取るのですが、ヘッドを傾けると中で移動するので出てくるかと思いきや、出口のところでバリ状のものに引っ掛かり出てきません。 ピンの…

  • ホンダ ダックス ST50:ピストンリング交換にチャレンジ

    ダックス ST50 純正50ccのエンジンでピストンリング交換に初チャレンジです。 諸先輩方のログによると、ロッドからピストンを外して行っている例をよく見ます。 しかし、面倒なのでそのままロッドに付いたまま作業を行いました。 結果、できました。 外した方が、後々の諸作業がしやすいのと、点検にもなるのでしょうが、今回は目的を急ぎました。 古いリングを取るときにオイルリングが硬くて折ってしまいましたが、それ以外問題なく外れました。 折れたリングは、古いエンジンに使われているという、うわさに聞く一体式オイルリングです。 鋳物らしいです。 どうりで簡単に折れてしまったわけです。 このリングの状態が一番…

  • 札幌円山動物園の冬支度とホッキョククマ4頭の名前

    札幌のマンションも室内消防機器点検や水道管の清掃が入るので、その都度家族の誰かが行っている感じです。 今回は、息子が行っています。 画像は円山動物園の一角だそうです。 石造の長いすにシートカバーが掛けられて冬に備えられました。 石造で氷点下になると染み込んだ水分が氷化して割れの原因になる場合があるのからかシートカバーを掛けることで水の侵入を防いでいるようです。 さて、凸部分は何かのシルエットになっていますね。 何でしょうか? ・ ・・ ・・・ そうですアンパンマンとなかまたちです。 円山動物園に出向いた目的はこちらです。 ホッキョクグマです。 画像はララ(母)の水中でのんびりする姿です。 これ…

  • スーパーカブ サイドスタンドの取り付け:1982年と1990年代以降のカブで違う

    1982年のスーパーカブ SDX (瀬戸)は10月の事故で修理してとりあえず走れる状態にしましたが、サイドスタンドの復旧が後回しになっていたので付けることにしました。 サイドスタンドは壊れなかったので、前に付いていたものをそのまま付けようとしたところ・・ 合いません! 取り付けの基台となるステップバーは、当時物の新品が入手できなかったので、年代の新しい指定代品純正にて修理した物です。 何が合わないかというと、ボルトの入れる方向が逆で、それだけならそのまま付ければ終わりですが、致命的なところが、スプリングも場所が表裏反対なのです。 (古いスタンド) ボルトは表から、スプリングはスタンドの表面に取…

  • スーパーカブ50 カスタムとSDX オイル交換 G3とG2の比較

    スーパーカブ50 カスタム と 事故したスーパーカブ50 SDX (瀬戸)のオイル交換時期となったので同時交換作業となりました♪ カスタムの方は、オイルの種類をホンダ ウルトラ G2からG3にしました。 SDXの方は、G1からG2にしました。 それぞれ一つグレードアップです。 カスタムに入れた G2は、オイルが温まるとトリッキーにスムーズな状態へ変化しますが、G3は、徐々にスムーズになっていくとのことです。 これまで、モノタロウ → G1 → G3 → G2 → G3 と偏移してきました。このなかでG3が操作する上で扱いやすかったというので、それに戻りました。 カスタムの方は、ドレインボルトを…

  • ホンダ ダックス ST50:固着したガスケット剥がしにワコーズのリムーバーを使ってみた

    シリンダーブロックが外せたのは良いのだが、硬くなったガスケットが剥がせません。 スクレーパーを使っても小さな削り節状態になるだけで、いくら時間をかけても進む気配がありません。 そこでガスケットリムーバー剤を買ってみました。 ワコーズのその名もガスケットリムーバーです。 ガスケットリムーバー剤に触れると激痛をともなうというので、100均手袋2枚で破れそうになったら事前に取り替えという具合で作業しました。 おかげで激痛なく作業完了。 リムーバー剤は、いくらが離して吹きかけるとありましたが、もったいないので破がしたいところに近づけ局所的に吹き付けました。 ただ、注意書に使用開始後6ヶ月以内に使い切る…

  • モンキー Z50J タイヤ交換:新品タイヤをホイールに装着~方法記録~完成

    2つ前のブログ記事からつづきです。 モンキーに塗装したてのホイールに新品タイヤをはかせて完成させます。 タイヤ : IRC 3.50-8 2PR TG チューブ : IRC 3.50/4.00-8 画像はチューブを膨らませて見せていますが、実際の作業では膨らましてしまうとタイヤに入りにくくなります。 膨らます前にタイヤの中に潜り込ませるようにすべきでした。 タイヤをよく見ると TRACTOR GRIP の文字列、タイヤの商品名の TG の意味でしょうかね。 外すときは少し手こずりましたが、はめるときはビートクリームさえ塗っておけば合わせホイールですので簡単でした。 一応、新品タイヤに塗られてい…

  • スーパーカブ 事故車 からの復帰

    家族の スーパーカブ50 SDXが事故車となってしまいました。 顛末 家族が細い山道で路肩を踏み外し、数十センチの高さから平行する下の道にダイブしたらしい。 コンクリートについた新しい傷跡が物語っています。 骨は大丈夫だが擦り傷がひどいので通院中・・・傷を早く治す絆創膏で処置できたこともあってか一週間も経たないのに治るペースが早く安堵。本人治癒力ベースで全治2~3週間といったところ。 スーパーカブは、ステップがクラッシュしてドライバーと車体を守るといわれているが、その通りのようです。 ステップバー(左側が大きく歪む) ステップラバー(破れ) シフトペダル(曲がり=柔いので簡単に戻せた) チェー…

  • モンキー Z50J タイヤ交換:ホイールハブのベアリングとシールの交換

    モンキーのタイヤ交換9月18日のつづきです。 丸い黄色い物がありましたが、気にしないでください。そのうち明かすときが来るでしょう。 ホイールの錆取り再塗装もできましたが、もう一つすることがあります。 ハブのベアリングやシールの点検も行いました。 フロントのベアリングは問題なし、リアはベアリングの滑りが引っ掛かります。シールも一部変形して若干朽ちていました。 リアのベアリングとシールの交換です。 ベアリング外し 取り外しは、ベアリングリムーバーを使用しました。 昨年、カブのホイールベアリングを外すために金づちでただき出していたのですが、打音が大きすぎて近所迷惑なので、山にもっていって作業をしてい…

  • ホンダ ダックス ST50:エンジン、ガスケット固着で外せないシリンダーを何とかしてギアボックスから外す

    さぁダックス ST50 のシリンダーを外すぞぉ~。 これまでもエンジンヘッドを外してもシリンダーまで外さなかったのはなぜでしょうか? 答え 固着して外せなかったから。 今回、その固着に対抗する道具を準備しました! プライバー、俗にいうこじり棒。 こじるための専用道具があるのを初めて知りました。 バイク修理系のYouTubeを見ていたら、固まったエンジンヘッドを開けるのに使っていたのを思い出し、同じものを買ってみました。 長めの軸長470mmです。 では、使ってみます。 プライバーをシリンダーとギアボックスの間の深い溝部分(画像の赤丸付近)にあてがい、少しストロークした途端、隙間が空くのが分かり…

  • ホンダ ダックス ST50:キャブレター調整

    中古で入手したダックス(DAX/ST50)のキャブレターは、90年代カブのキャブレターが付いていました。 燃料コックの位置がマフラー裏に位置するので使いにくいのですが、エンジンとの相性が現状で最も良い感じ。 このキャブレターで調整してみようと思いメインジェットの番手を調べたところケイヒン 丸大の60番でした。 濃いので番手を落としたいところですが、それ以下の番手分は入手できず断念。 もう一つ、このダックスの純正に型が似ているアメリカンダックスに付いていたであろう中古キャブレターがあります。 このキャブレターで、これまでも試走してきたのですが、濃すぎてスムーズに走れません。 ジェットを確認すると…

  • 和歌山/生石高原のススキ 2022年10月16日

    朝から生石高原に行ってきました。 ナウシカレクイエム「らんらんらららんらんらん」 何処までも続くようなススキの高原 人道が指定されています。 あまり人が通らないところは、背丈ほどのあるススキがかぶさってきて、かき分け行くところもあります。 草藪の中で遊んだころの童心に戻った感じ。 高原の頂上に向かっては、社があったり、斜面に飛び出した岩盤などあります。 今回は上がりませんでしたが見晴らし最高でしょう。 和歌山市全体の眺望も素晴らしいです。 足元には紫色の花が多かったようです。 (ツリガネンンジン) (シオン) すすきの足元で咲いています。 行く手をさえぎる(オニユリ) (リンドウ) そうそう、…

  • ダックス:カーボン噛み清掃後

    清掃後、ヘッドを無事組み上げました。 ガスケットは、サードパーティー製の新品に交換。 2種類のゴム部分も一つはふにゃふにゃになっていたので両方とも新品です。 とりあえずトルク管理しながら締め上げていきました。 ヘッドの4本ナットは、やはりというかスタットボルトが長く伸びていて、ヘッドからの突き出しが長く既存のナットでは締め付けできません。 仕方なく少し長めのナットで締め付けています。 組み上げて点検すると、カムチェーンがズレているのを発見。 下の写真は上支点のはずなのに、チェーンプロスケットの○印が支持位置から一コマズレています。 印をつけて管理していたはずですので合うはずですが、フライホイー…

  • スーパーカブ50 SDX 瀬戸:タンクの外し方とクリーニングにホース交換

    スーパーカブ50 SDX 「瀬戸から来たの」は、昨年12月の寒いときに復活メンテナンスをしたときからタンク内の錆取りが必要と判断していたものです。 タイや交換の他にまだすることがありました。 とりあえず燃料フィルターで騙しだまし乗っていたのですが、最近不意のエンストをするときが増えたとのこと。 そのフィルターには、何やら固形物が沈んでいます。 タンクの中を覗くと、こんな具合です。 給油口も錆の破片で詰まり始めていました。 ダメですね。 タンクを車体から外すして洗浄することにしました。 先だってタンク内の燃料を抜き取り空にしておきました。 角目カブなので燃料計のセンサーがあります。 その部分が付…

  • スーパーカブ50 瀬戸:フロントタイヤの交換

    7月も終わりごろのこと。フロントタイヤがパンクしたとの連絡。とりあえず近くの駐輪場に預かってもらっているとのこと。 早速、車(モビリオ)でサルベージ。 リアタイヤ+チューブは昨年12月に新品交換済みでしたが、フロントタイヤは寒さゆえ季節が良くなってからと思っていたところ、季節は過ぎ暑い日々で交換が遅れていました。 とうとうタイヤがファイナルを迎えたので、暑いながらも交換することにしました。 といっても、フロントタイヤを外すなり、家の中へ、エアコンの効いた部屋で無事新品に交換を終えました。 ブリヂストン STANDARD FS10 フロント用 2.50-17 4PR チューブタイプ(WT) MC…

  • ダックス:エンジンヘッドを外す・・インテーク側のバルブカーボン噛み

    ダックス ST50は、ほんの少しの間(10kmぐらい)だけウィリーするほどに調子よく走り出したのですが、同日再び試乗しようと思ってエンジン始動を試すが全く動く気配なし。仕方がないので、再度キャブレターを点検してみたところ始動したのだが、時々パシュとかエアの抜ける音とパンッといった破裂音が鳴ります。エンジンがかかって走り出しても、加速である程度以上の負荷がかかるとパンとかパチンといったエンジン方面から破裂音が聞こえてきます。 そのままアクセルを開けるとエンストしますが、その瞬間少し緩めると何とか持ち直します。 予備のキャブレターに変更しても同じ。 どうしたのでしょうか・・・? 点火タイミングを合…

  • モンキー Z50J タイヤ交換:純正合わせホイールを磨く・錆転換・塗装

    とりあえず錆落としすることにしました。 ボンスターで磨きまくります。 凸凹になるほどの大錆が面白いぐらい取れます。 ボンスターは鉄製なので、錆びていない鉄は削りにくく、もろい錆部分だけ削っていく感じです。 こういった物を磨くには凄く合っている感じです。 ここまで磨きました。 この先の錆を手作業で撮るのは大変なので錆チェンジャースプレーを吹き付けておきました。 黒錆びに転換して安定化させます。 まだ転換途中ですが、反応が進んだ部分は鉄瓶のように黒光りし始めます。 錆転換剤が完全乾燥するまで1週間放置しました。 その後、シルバー色で塗装します。 多分自分の場合、タイヤ交換のたびにホイールのメンテナ…

  • モンキー Z50J タイヤ交換:純正合わせホイールの分解

    キャブ調整も終え、快調に走りだしたモンキーですが、タイヤはサイドに細いヒビが多数。 これでは、そのうち深い溝になりバーストするはずです。 その前に新品タイヤにします。 合わせホイールも錆でやれていたので再塗装することにしました。 写真は、使いまわしですのでプラグの状態を見た時のものですが、その背後がタイヤとホイールの状態です。 作業開始! リアタイヤとホイールを車体からリリース エンジン部分を安定した台に載せて前後タイヤを地面から浮かせる ハブのブレーキアームからブレーキワイヤーの遊びを調整しているネジを外してレバー部分からワイヤーを抜く アスクルシャフトのレンチサイズ14mmのナットと19m…

  • 実際に持っているバイクのプラモデルができました

    前回、部分だけ見えた作製中のプラスチック製バイク(プラモデル)です。 シート部分など色付けも行いまして 出来上がりがこちら。 デカールがないので物足りませんが、一応完成です。 息子が作った モンキー Z50J です。 本物は下の写真です。 本物もカスタマイズしてありますので、再現するためにプラモデルのカスタマイズが難しかったとのこと。 ゴリラのプラモデルに付いてきたTLシートをモンキーのプラモデルに移植しているそうです。 これから秋の夜長、愛車のプラモデルもどうでしょうか。 私は1分の1を部屋で飾っています( ^ω^)・・・上図のとおり amazonで探してみました 青島文化教材社 1/12 …

  • エイプのタイヤを交換しました 今回はDIYでありません

    8月6日のブログにも少し掲載したことですが、エイプのタイヤのひび割れが広がってきたので交換しました。 タイヤの製造年月日刻印により2004年販売当初のままのようです。 小さなチューブレスタイヤは、頑張ればDIYもできそうです。 しかし、作業が長引いたときに途中の状態で保管できる場所の確保が難しそうなため、お店に依頼しました。 黄色の車体ですから黄色のお店に依頼しました。 (↑ 何それ、あまり考えていません) タイヤ銘柄は、今まで純正指定 MAXXIS でしたが、息子の要望により IRC MOBICITY SCT-001 120/80-12 55J TL としました。 ローテーション方向指示有、…

  • 1982年のスーパーカブで散歩:夏の終わりの空とシャトルブルーメタリック

    良い天気でしたのでスーパーカブ50 SDX (栃木)で散歩してきました。 まだまだ車体色のシャトルブルーメタリックが空の色とシンクロします。 遠くの台風の影響で青い空にぽつぽつと雲が浮かぶ。 まだ6000km台 そういえば、この夏、以前に出動したのは6月のことでした。 Apeとともに和泉葛城山の森に行きました。 暑かったので、あまり動かしていませんが絶好調です。 もう一台のSDX(瀬戸)の塗装状態が悪いのでタッチアップペンを買いました。 結構良さそうです。その様子はそのうちに・・・ amazonで探してみました マイカブの車体色です。希少色ですから少し値が張ります。 HYOGOPAINT 兵庫…

  • ホンダの古いバイク モンキー が比較的ボロボロではない理由

    モンキーですが、実は、キャブレターを弄って調整している間も、リア周りの外装部品を中心にアレンジしていました。 ウインカーについて、フロントは純正のブラック色ですが、リアがPOSHのメッキ色とバランスが悪いので純正に合わせました。当時物は新品で入手できないので、ほぼ同じ形の12Vモンキー用を流用しました。 付属している12V電球を6V 8Wに付け替えるだけでOKです。 取り付けた後の感じは、可もなく不可もなくといった感じですね。 そのほか、フロントフェンダーが凹んでいて、リアフェンダーはTLシートに換装しているデザイン都合からか?入手時から付いておらずフェンダーレス。 これでは濡れた路面を走りた…

  • モンキーZ50Jz-I キャブレター調整どうなったか

    前々回よりつづき・・・標高800mぐらいの山で調整したキャブレターで、山を下りて走ってみるとどうなったか? このさきは息子の作業ベースです。 プラグの焼け具合をみると、焼けたところに部分的に少し被った状態でした。 これで最終調整は、エアフィルターをノーマルに戻してみること。 ノーマルにして走ってみたところ、走れる程度に若干被り気味に変化。 しかし、当たり前だがこれがトルクフルでスムーズにエンジンが回り乗っていて気持ちいい。 夏はこのくらい少し被り気味がノーマルらしくて良いのでないかと。 これで決定することにした。 結局、純正キャブレターでノーマルのまま、ジェットニードルのみ上から2段目に調整。…

  • 車(モビリオ)も 上抜きオイルチェンジャーでDIYメンテンナンス

    車(モビリオ)のメンテナンスは、すべて業者任せでした。 ずいぶん昔は、自分でしていたのですが、いろいろ忙しくなり業者任せにしていました。 バイクのメンテをDIYで行うようになり、再び車の軽微なメンテはDIYでしてみようと思いました。 まず、洗車! これさえも業者任せでした(;^ω^) コイン洗車場に家族を連れて行きました。(マンパワー大事) とりあえず、洗車とワックスがけが1度で終わるカーシャンプーを調達。 洗い拭き取りに100均のマイクロファイバークロス、カーショップで買ったスポンジ。 ひととおり取り揃えイザ! 今のカーシャンプーってすごい、水垢が簡単に落ちます。マイクロファイバーも凄い。 …

  • モンキー50 走り出し調整:純正と中華キャブレター取り換えたり燃調弄ったり

    モンキーのキャブレター(PA03Pのメインジェット交換できない初期型)を清掃し、走り出してみました。 ジェットニードルの5段のうち上から2段目、中高回転は良い感じになってきたが、アイドリングからの加速出だしがワンテンポ遅いし、鈍い。 (和歌山 日の岬付近で調整。小さいのでトランスポーターしやすい。) 景色が良いのでもう一カット。 話を戻しまして ジェットニードルを標準の3段目にしてみると、完全に被ります。 そして、明らかに純正キャブレターのスロー系が怪しい。 パワーフィルターにしてみたものの、回転は上がるものの、アイドルから出だしの感じは濃い感じのままで、あまり変わりませんでした。 これで最善…

  • モンキーZ50JZ-I 始動性悪いのでキャブレター清掃、かぶり気味調整

    モンキー、始動性悪いけどかかるから良いかな?と思っていると、息子がその様ではダメだというので、それに推され分解。 エアフィルターは、交換されたばかりのよう。 キャブレターは、一見綺麗だがスロージェットが詰まっていました! ほらね。ちゃんと見ないと・・・ さらに、キャブレター清掃もしてもらいました。 しかし、PA03Pというキャブレターの古いものは、スローの穴はベンチュリ―側へまっすぐではないとのこと。掃除用の針を使うもまっすぐでないので、貫通したかどうかが分かりにくいもの。 クリーナを吹き入れると最初はベンチュリ―側から何も出なかったが、清掃しているうちに少しだけ出てくるようになった。 その後…

  • 新たなバイクがやってきた~:モンキー50 6V

    今の車にサクっと入るバイクが欲しくてまたまたヤフオクで落札してしまいました。 モンキー50 6V車 1978年ものです。 スーパーカブ 50 SDX (瀬戸から来たの)と同じ業者で落札したので、愛知県瀬戸へ引き取りに行きました。 エンジン始動確認済みまでの現状渡しです。 2度目ということで、勝手が分かってきた業者さんなので、エンジンがかかるといっても、回転が上げられるかとか、乗り出せるかとかは別で、整備必須です。 エンジンさえかかれば比較的容易に復活できることに期待して買っています。 ここに限らずヤフオクの安めのバイクは皆このような状態ですので、それを買ってDIY整備を楽しむには最高です。 持…

  • Apeの初整備 マフラー、エアフィルター、タイヤ交換

    この春にApe50をヤフオクで購入して、時々出かけている感じです。 6月は和泉葛城山に登ってきました。 グイグイ登っていくので頼もしいです。 7月には、初の整備作業らしきことをしました。 今まで購入してきたカブやダックスに比べ、未整備で乗り出せたバイクです。優秀ですね。 しかし細やかに確認していくと、チューニングしたいところや経年劣化が起きている部分がありました。 まず、マフラーです。 これはキタコのマフラーが入っているのですが、Ape100専用らしく抜けが良すぎるのか、パパンパンパンとアフタファイヤーが鳴り、音も高めなのでお年柄合わないでしょうと入手時に一緒に付いてきたノーマルマフラーに戻し…

  • ダックス 公道復活後調整:カバーの美化とタコメーター付きでテスト走行

    用事があり、ブログUP間隔が延びてしまいました。 以前、点火タイミングの調整まで済ませました。 その後、整備ついでに買って置いた新品のチェーンカバーを取り付けました。 ある程度磨き上げております(;^ω^) もと付いていたものは、亀裂が入っていたので、何れ千切れてしまうだろうと思い買って置いたものです。 このほかにも亀裂がありました。 さらにジェネレーターカバーも よく見ると・・・ 欠けています。ガーン! ズーム ぽっかり欠けています。 元からある隙間とかでもないです。 奥の扇状の欠けは元からのもので、水抜き穴になるものです。 その手前の大きくえぐったようなところです。 欠けたものが、ケース内…

  • ダックス 公道復活後調整:点火時期が怪しいので、タイミングライトでポイント調整

    タイミングライトが届いたのでポイント調整をしてみました。 ポイント調整用の蓋があるので、それが開けば楽です。 私のダックスはネジが固着していたので、前回ブログのとおり少し奮闘しまして、無事開けることができました。 ケース側には下向きに▼マークが付いた感じになっています。 フライホイールも見るとFとTの印があり、付近に外周から中心に向かって線が入っています。 点火タイミングを▼マークにF側の線が合うようにしたら良いということですね。 タイミングライトのセンサー部分をイグニッションコードに噛ませて、いざ確認。 やっぱり早かったです。やっぱりというのは電球確認でも早いかなと思っていたからです。でも、…

  • ダックス 公道復活後調整:スピードが出ない、回転が上がらない原因

    スロットルワイヤーは純正がなく加工して流用しているため、それも怪しいです。 ワイヤーの芯線が3ミリぐらい足りなかったところ、アウターを切ってさらに5mm出して調整しているのですが、もう一度分解して点検します。 キャブレター内のピストンを見ると閉の方は3mm足りなかった状態から、ダブっている状態です。 そのためスロットルの閉側の遊びが大きいです。 逆に、全開状態でピストンが上がり切っていません。Oh No! この中にあるネジで調整してみることにしました。 作業は、キャブキャップ部分を外してワイヤーを抜き取り分解します。 ゴムの部分を取り去ると下の画像に写っているネジ部分でパイプの長さが調整できま…

  • ダックス 公道復活後調整:バイクの固着したネジを壊さず緩める

    古いバイクなので点火タイミングをつかさどる機構もメカニカル! ミッション部分の左側についた蓋の中に点火時期を調整するコンタクトブレーカー、点火ポイントがあるのに弄れない。 ネジが固着しているから。 こういう時は、これ。何度も助けられているインパクトドライバー。 ネジはネジからの外(ネジの頭)方向に向かう力→と←ネジ穴の奥方向へ向かう力の摩擦力で固定できている。 これは通常だが、固着しているネジは、さらに錆びついているなど癒着している。 普通にネジを緩めるときは、先の摩擦力をなくすため、ドライバーでネジを押し込みながら回すと簡単に外れるのだが、錆びつきなどの固着が加わると、それも効かず、ドライバ…

  • ダックス 公道復活後調整:レギュレータ化したヘッドライトが暗い

    10年間不動のダックスを手入れして公道復活したもののヘッドライトがロウソクのように暗い・・・ 配線のカプラーを外して、ジェネレーターからの電圧を測ると正常。 ヘッドライトの回路はACで6.2Vから8.8Vぐらい(5000回転ぐらいで)です。このまま接続すると明るく点くはずです。 たぶんレギュレータ化した後で不具合が発生しているようです。 もう一度配線の見直しです。 あれ、青色と緑色、、、逆じゃないですか? ですか?。。って自分がしたこと。 以前ブログに載せたこのダックス向け回路図は合ってます。 ハーネス作成時にポカ間違えたようです。 逆に配線をし直すと、明るい(;^ω^) 早速、夜の山にダック…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!無事公道復活?

    ダックスにナンバープレートと自賠責を取り付けました! 近くダックス125が発売されますが、一足先に公道再デビューできました。 10年間公道から退き不動車となっていた1978年のダックス50の公道復活記録です。 実は、前日の夕方に私有地をテストドライバーの息子に走って確認してもらいました。 キャブの調整が完全でなかったので、芝刈り機みたいなエンジン音で走り出しました。 (祝)パチパチパチ👏 ミッションのパターンは、N-1-2-3-4-N-1-2・・・ そう、リターン式ミッションでなく、カブのロータリーにクラッチが付いた感じ。 動作確認ができたので、翌日にナンバー取付と自賠責を用意しました。 キャ…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!屋外でエンジン始動~スロットルワイヤーのアウターを切る!!

    動力・燃料機関、電装、ブレーキなどひととおりの整備を終え、外に出してエンジンをかけてみました。 燃料コックをオープンすると、コックツマミ付近からダダ漏れ。 旧車あるあるです。キャブに付いていたコックはダメでした。 そこで先日まで付けていた1990年代キャブのコックにするのでなく、急遽新品でストックしてあったサードパーティ製の新品にしてみました。 しかし・・・ ガソリン漏れはなくなったものの、エンジンがかかりません。 1990年代キャブですんなりかかっていたエンジンが、標準と思われるキャブレターでは、エンジンがかかりません。(汗) キャブなのか? いや、コックをもう一度確認。 すると、つまみの付…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!ノーマルのキャブレターらしきもの

    1990年代のキャブレターが付いていた話は以前(4月28日ブログ)にしました。 その後、ほぼノーマル装備のキャブレターと同型のアメリカンダックスのキャブレターを入手したので分解清掃です。 中古でも結構綺麗だったのと希少なのか1万円越えへ・・結構な価格でした。 清掃は、順調に分解が進み、ジェット類をさらに分解しようとしたところで・・・ スロージェットに工具がかみ合う部分がありません! スロージェットをペンチで左右に回しながら引っ張ると、外れました。 圧入されているだけでした。 こういうジェットもあるのですね。 圧入タイプのジェットは市販されているのを見たことがありませんので変更不可と見た方がよさ…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!CGC製のウインカーはアフター良し

    翌日、玉切れのウインカーレンズを外そうとしたとき 発覚 ネジが完全に舐めています。 そういうときは実績のあるインパクトドライバーを当てがい、ハンマーでトン ガン、カーン あれ、ウインカーが折れて取れました。 そうだ、このウインカーアルミ鋳物だった。 鋳物は割れる・・・ それで換えを探しネットの海へ 探しても出てきません。よく似たものは出てくるのですが・・・ あらためてウインカーレンズに刻印されている番号を基に検索。 CGC製 160型ウインカーということが分かりました。 CGCってバイク周辺部品の老舗サードパーティーなんですね。 部品を調べると、同じウインカーセット以外に、それらのレンズだけや…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!6V車をレギュレーター化してシールドバッテリーを積む

    レギュレーター化する理由 私のダックスで頂けないのが開放型バッテリーです。 開放型バッテリーは、中の水が蒸発していきますので、それらを逃す機構があります。これまでの経験からですが、給水口の密閉厳重やパイプで下方に排出口を作っても、何故かバッテリー周りに硫酸の結晶ができてしまします。 パイプもしっかり刺したつもりでもいつの間にか外れて、その周りが希硫酸の結晶だらけということもありです。 それらは、その時だけでなく、その後も雨水で溶けだすと周辺の金属を溶かして錆錆にしてしまいます。 こういった経験があるので、私の中では6V開放型バッテリーは見るだけでも嫌という代物です。 (カブ SDX の物も含め…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!ポリ部品のリビルド

    バッテリーの周囲を保護するポリ塩化ビニール樹脂が、ご覧の通りボロボロでした。 いろいろなところが千切れていました。 これをどうするか? 思いつきました!同じような素材だけど接着剤。 ホットボンドです。 早速切れ目にホットボンドを流し込み接着したところ、バッチリです\(^o^)/ 割れていたとは、思えないほどに修復できました。 真ん中がスパッと切れていたのですが、わからないでしょう。 色も同じだし、素材自体同類ということで目立ちません。 ダイソーのグルースティックが硬さ的にちょうどいい塩梅でした。 これはうまいこと行きました。つづく。 高儀 EARTH MAN コードレスグルーガン GG-200…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!金具類の錆除去

    タンクを取り外す際に邪魔になった金具類。バッテリー固定金具と、ついでにシートのロック。これらを固定するボルト類。 これらは、多かれ少なかれ錆びていました。 どうするか? 今一度再利用を試みるため、錆を除去して塗装することにしました。 最初に、ワイヤーブラシなどで錆をおよそ削り落としてから、タンクを洗浄した後の花咲Gに漬け込みました。 24時間後取り出してみると、錆が無くなりました。 シートロックの金具は、さらに錆びています。 これらもすべて花咲Gで漬け込み錆を落としました。 錆を落としたあとの塗装は、安易にアクリルスプレーでシルバーに塗装しました。 シルバー色は、そのままですと手に銀色の粉が着…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!オイル抜きとキックペダルのシール交換

    洗浄後、エンジン回りを点検すると、カブ系旧車の例外に漏れずキックペダルのシール付近からオイルが微量に漏れているようです。 洗浄も終えたので、あとはオイルを抜いて、さらに部屋の奥に入れて細かい作業を使用と思います。 オイル抜き。 前持ち主が直前にオイル交換したとのことでしたが、既に結構汚れた状態で出てきました。 長年の汚れが溶けだしたのでしょう。 フラッシング代わりとなりました。 キックペダルのシールも交換するために、ペダルを外します。 ペダルがぐらぐらするので気になっていたのですが、固くてなかなか外れません。 エンジン側に平たい金属を噛まして、そこを支点にして、テコの応用でペダルを何とか外しま…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦! 高圧洗浄機で洗ってスッピンから過去を知る

    エンジンがかかることが分かったので、全体を洗浄してからいろいろレストアにかかることにします。 ダックスのボディ内側は、まんべんなく錆がきていました。 少し気合を入れたケレンで落ちるぐらいの程よい錆具合です。 洗浄に邪魔になるものは取り去り済みですので、埃や汚れを高圧洗浄機で全体を洗うことにしました。 コイン洗車場です。 水洗いのみ選択、ドヒャーと高圧水で洗浄します。 ベアリングなど水を入れたくないところは避けて、汚れを落としていきます。 錆と埃だらけのボディー内側も水で汚れを吹っ飛ばしました。 配線、コネクターにも水がかかりましたが、早々に乾かせば大丈夫です。 下の画像は、洗浄後の姿です。 最…

  • FFストーブのファンと給排気口に近いカーテンの対策DIY

    しばらくユニットバス用の100均シャワーカーテンを窓用のカーテン代わりにしていました。 どうしようか迷っていたところです。 カーテンとFFストーブのファンが近いので、カーテンの裾を吸い込もうとするのです。 また、排気口が近いので当たります。 妻がカーテンをセミオーダーしていて出来上がりました。 カーテンは、いつも妻がチョイスしてくれます。今回は、さらにストーブのファン吸い込み防止柵も用意されました。 なんと、100均ワイヤー柵仕様です。 これは自分もイメージしていた方法の一つでした。 ちょっと手直しして出来上がり。 ファンの後ろ5cm以上のクリアランスをとってネットで被い、カーテンを強制的にデ…

  • 新たなバイクに乗ってきた:クロスカブ50 in 札幌 ~ 旧カブとの比較

    ホンダの クロスカブ50 に乗りました。 以前、DIY修繕して別荘ならぬ別室にしてしまった札幌マンションで少しだけ過ごしています。 札幌を走り回ろうということで、レンタルバイクを借りました。 私としては初めての現行販売車、ホンダ クロスカブ50です。 そして、キャブレターでなくFI車。 これもバイクではお初です。 借りたバイクは1998年製ということですが、レンタルバイクゆえ、ぶつけた時の補償で新品交換されているのか?、使われている割にはすべて真新しいです。 このレンタルバイク屋さんは、4輪レーシングドライバーの大湯さんが、動画の企画で乗られているので知りました。 819と数字の付いているバイ…

  • 札幌の桜とつくし、その他時事

    今年の大阪の桜ログと花咲Gのブログを書いているうちに、札幌マンションに来てしまいました。 飛び石ながらも連休なので、大阪-札幌間を移動してもゆっくりできるのではないかと思い予定を入れました。 (富山、北アルプス上空の辺り) 1か月を切った頃、飛行機の価格をみると往復3万円ぐらいだったので、連休の割には安いので、まぁいいかと。 もう少し早ければさらに半額近くだったとはずです。 ひょこっと来れるからといっても安く上げるには、年間計画を立てて、早々に予約するべきでした。 札幌駅で地下鉄に乗ろうとホームに降りて目を疑いました。 広告が、京阪電鉄? 京都と大阪を結ぶ私鉄です。 札幌駅ですよね。ワープした…

  • 古いクボタの耕運機 K1-7 の燃料フィルターを交換してみる

    ここ最近お世話になっている両親の畑にやってきました。 (ここでバイクの叩きもの修理をしたりしています) 今日は、それとは別でクボタの耕運機の調子がわるいとのこと。 燃料コックを回すと燃料フィルターのもとから軽油が漏れ出す始末。 フィルターケースを締めなおすと、大丈夫というが、まったく治まる気配なし。 カブの整備で、燃料が漏れるのも慣れっこになったので、耕運機の状態を見ても動じなくなっていました。 スーパーカブ弄りを始める前の私とは違います。 1年前は、耕運機の容から特殊な感じがして受け入れがたいものがありましたが、結局エンジンなので、やり方は同じでしょうという気持ちになってきました。 状況をみ…

  • ホンダ ダックス 公道復活への挑戦!固いネジ穴を復旧

    ダックスを移動させるときに、つかむ場所は、サイドグラブバーしかない。 それを使えるようにするために、メッキが剥がれて錆だらけのバーをケレンして残錆に錆転換剤を吹き、シルバー塗装を吹きました。 シルバーは乾燥しても、触ると銀の粉が手に付くのが気になります。 サイドクラブバーをボディに固定するボルトの状態を見ると、ネジ山の頂上が丸く削れた状態でした。 仮に嵌めてみると、途中から固くて入らない。 手元にあった同サイズの新品ボルトで嵌めてみても同じ。 これでは新しいナットを買っても山が潰れるだけです! ボディ側のメネジを切りなおすしかない。 朝一、半分出勤の土曜日、通勤電車からAmazonでメネジを切…

  • 不動車バイク ダックスの公道復活PJ:タンククリーナー花咲Gの結果

    目標を表題に盛り込み、「不動車バイク ダックスの公道復活プロジェクト」にしました。 タンククリーナー花咲Gですが、完了させるのに数日の時間が必要でした。 旧車復活なんて、せっかちな人に向いていないと思いました。 タンクの状態は、見えるところでひどいところがここ。 ここ以外は薄い錆びでした。 これなら、燃料経路の詰まりを直してフィルター付けておくだけでも大丈夫なような感じがします。 でも、せっかくタンクを外して、花咲Gも10倍に薄めて用意はできたので、その威力とやらを見てみましょう。 タンクに準備した花咲Gを注ぎます。 泡立ちがビールのごとく発生するので、すぐに満タンできません。 泡が無くなるの…

  • SDXも花見がてら近つ飛鳥博物館

    タンククリーナーの花咲Gの結果待ちまでお待ちください。 今日は、これも4月初め、少しツーリングをしたログです。 スーパーカブ50 SDX (栃木のじいちゃん)で出動です。 近つ飛鳥博物館に行ってきました。 桜見です。 博物館内・・・ 今回、最も印象深かったもの。 奥に入れば、まったく違うもっとすごいものが展示されています。 今回は、有料エリアに入らなかったので、無料展示の最新物が印象的となりました。 バイクで走ると、方々で咲いている桜がパノラマに見えて良いですね。 道中、沿道の桜を堪能できました。

  • ホンダ エイプ初出動と花見

    ダックスのエンジンがかかり、公道復活に一歩前進しました。今日はタンククリーナー花咲Gを試しますが、その前に・・・ ところで、エイプはどうなったのか? 基本事項紹介 ホンダ エイプ50(AC16)2004年式 2022年春ヤフオク個人取引で入手、3オーナー目?。キャブレター仕様のエンジンでほぼノーマル。キタコのステンレスマフラーと同じくキタコのキットでフロントフェンダーがUPされているぐらいです。予備に純正マフラー付きです。 本題 少しさかのぼり4月初めのログです。 実は4月初めに役所でナンバープレートの交付を受けエイプに乗って花見をしてきました。 私のSDXとともに結構綺麗なダックスは、少し離…

  • ダックスのエンジンがかかりにくかった原因~燃料タンクを外す

    無事エンジンがかかったダックスですが、引き取り時はいったんエンジンがかかってもすぐに止まる。その後はかかりそうでかからないという症状でした。 この原因、実はキャブレターを外すときに、ほぼ断定できていました。 コックより前の経路での燃料詰まりです。 タンクから燃料を抜こうと、コックを開けるとドバっと出てすぐに止まります。その後は点滴状態になります。 つまり、時間が経てばキャブレターにガソリンが満たされて、エンジンがかかるが、すぐに燃料が枯渇しストップ。続けてエンジンをかけようにも燃料がキャブレター内に満たされていないのでかからないという状態だったわけです。 タンク内は少し錆のある場所が見えます。…

  • 不動車 ホンダ ダックス のエンジンがかかるのか?仮復旧するために急ぐ箇所

    今日は奈良カブミーティング2022、行きたかったのだがあいにく雨で断念・・・ カブがダメなら、こっちがあるさ。 ヤフオクで買った不動車バイク ホンダ ダックス50 の公道復活を目指しての作業続きです。 みがきと平行して取り掛かり始めたのは、アクセルとクラッチの固着解除。 両方とも完全固着でないが、動きが渋くバネの力では戻る感じがしない状態。 アクセルに関しては ワイヤーが固着しているのではないかと想定。 ワイヤーに注油することにしました。 そのためには、アクセルグリップを外して分解する必要があります。 (事前YouTubeでダックスを整備する動画で学習済み) グリップは、ゴムを滑らすため、その…

  • ダックス50だけど、少し違うキャブレターのオーバーホール

    息子がダックス50のキャブレーターオーバーホールをしてみるというので、さっそく参戦。 カメラの軽整備なら容易にしてしまうので、手先が器用だから大丈夫でしょう。 ところで、このダックスのアクセルワイヤーがテープで巻かれているという謎。 とりあえず、今まで弄ってきたSDXとは構造が違うキャブ上部の蓋を回してアクセルワイヤーを外せる仕組み。 それ以外は基本的に同じ、というか全く同じ部品。 私は横から道具類を差し出すだけでラクしました。 あるキャブクリーナーとヤマハのキャブクリーナーを比較してみたのですが、ヤマハは汚れの落ち方が10倍以上ですね。 作業が10倍速く終わるといってもいいかもしれません。 …

  • カブのエンジンとキャブレターをヤフオクでゲット、たぶん

    ダックスをゲットする前のこと、SDXの予備キャブレターがもう一つ欲しくて、ヤフオクなどを徘徊していましたら、エンジン付きで出てきました。 エンジンの予備もあって良いだろうと思い、何とか落札しました。 届いたエンジンを外から観察した結果です。 キャブレターは、SDXのものでした。 出品者に聞くと、中古で入手したので何かは不明とのこと、リトルカブに付けて走っていたとのこと。 凄いなぁCVキャブのリトルカブって。 とりあえずキャブを分解掃除です。 このキャブは上部の円盤部分にダイヤフラムという吸盤みたいなゴムが入っています。 それにクリーナー液が付くと穴あきの原因になるので、あらかじめ外します。 こ…

  • スーパーカブ50カスタムのオイルをG3からG2にグレードダウンしてみた

    息子のスーパーカブ50カスタムは、3速から4速に入りにくいときがありました。 前回、G3オイルにすると、まったく発生しなくなったということで、G3オイルを絶賛していました。 (シフト関係の部品位置にオイルでカバーできるほどの僅かなズレがあるのでしょう) でも、G3は、お値段高めなのがねぇ~ ということで、少し安いG2ではどうか? 今回のオイル交換で、全合成油から鉱物油+合成油のG2へ変更してみました。 お値段的にグレードダウンです。 作業を開始します。 オイルの軽量と投入には100均の粉もんカップを使ってみました。 G3オイルは前回交換から2000km以上走ったところです。 1000kmぐらい…

  • エアフィルターボックスを再生、メッキ部分の錆をリューターで削る

    とりあえずライトのメッキを磨いてみたが、機械で磨いて失敗してもよさそうなところをと見ていたらありました。 エアフィルターボックスの蓋部分のメッキ。 これは、サードパーティー製、同じものの新品は今でも安価に入手できる。 では、これで試してみよう! ちょうどキャブレターのオーバーホールついでに外します。 リューターはプロクソン製。 100均のワイヤーブラシを付けて磨いてみました。 不思議ですね、メッキ部分に傷が付かず、錆が取れていきます。 手作業では到底かなわないスピードで作業が進みます。 良いですね。機械加工。 ブラシの真鍮よりメッキの方が固いということでしょうか。錆は脆く真鍮のブラシで削れてし…

  • ダックス50 とりあえずメッキを磨いてみる

    玄関に置いてみると気になるのがヘッドライト周りのメッキ部分。 白色の腐食と埃汚れにサビがあってボロさを引き上げています。 見かねて、真っ先に磨きに入ってしまいました。 ほかのメッキ部分の復旧度合いの見当をつけるためでもあります。 埃汚れを洗って落とす。 たわしとクレンザーでクロームメッキの白いサビをとる。 ボンスターで試し磨きをして、傷の付き具合を確認する。 傷が付きにくいメッキでしたのでそのままボンスターで磨く。 紙タオルにワコーズのメタルコンパウンドをつけて磨く。 出来上がりがこれです。 まずは仕上がりの良い面です。 仕上がりの悪い面。 地面側ですね。 深い点錆はまだ青錆が残っています。 …

  • ダックスの整備場所を自宅部屋にしてみた~最高のオイル受け

    これは、曲がりなりにも一つの夢が叶ったのかも。 夢:「家の中に、自動車を部屋に飾りながら整備する。」 洒落て部屋で車やバイクを飾るっていうのは、夢の一つでありました。 ダックスを入手するときに、これならできると思いました。 小さめのバイクですので、マンションでも入るのです。 大阪マンション2号の方に入れてみました。 まだ、バイクの掃除をしていないので、玄関までにしています。 ただ、部屋にバイクを入れるには細心の注意が必要です。 早々にやらかしました。 サイドスタンドを立てたのですが、もちろんサイドスタンドを立てる部分にはカーペットの切れ端で養生しながらでしたが、位置を誤って上がりかまちを削って…

  • スーパーカブ50 SDX 瀬戸 タンクからガソリン漏れ

    これは、12月にヤフオクで買ったスーパーカブ50 の復活が終わってから気づいた燃料漏れの修復記録です。 年を越して1月、バイクを置いている付近がガソリン臭い。 キャブ付近から漏れていたのはオーバーホールで完璧だし、たまにガソリンが落ちている感じです。 ある日、外観を磨いていたのです。 タンク後方のガソリン焼けがひどく、茶色いのをどうにかできないか見ていたら、ジターっと漏れているではありませんか。 その漏れのもとは油量計の根本でした。 湯量計にはパッキンが付いています。一度 SDX 栃木のじいちゃん車でばらしたことがあります。 それが朽ちているのだろうという察し。 パッキン ベース 17804G…

  • スーパーカブ50 カスタム キャブのケーブルシーリングキャップ交換とスロージェット詰まり

    スーパーカブ50 カスタムは、エンジンが一発始動できないのでこんなものかと思ていました。でも、SDXは一発始動するので、何かなぁとも思っていました。 昨年暮れごろから、低速のトルク感もなくなり何かが変わったことは分かりました。 最近になり、ストップゴーで走り出して、スピードがのる手前でエンストすることが何度か発生し始めました。 これは、キャブレターが怪しいので確認してみよう!ということに。 ついでに、上部のケーブルシーリングキャップの根本が裂けてきていたので、新品キャップに交換することにしました。 まずは、ケーブルシーリングキャップの交換です。 カスタムのキャブレターは、SDXとスロットルワイ…

  • 新たなバイクがやってきた:ダックス

    「新たなバイクがやってきた」が、シリーズのようになっていますね。 前回エイプを入手してから1週間後にさらにダックスです。 不可抗力です。・・・と言い訳。 ヤフオクを見ていると、ダックスが南大阪で出品されていました。 これは、ご近所なのでチャンス! 実は、先日エンジンをゲットしたので、エンジンなしで壊れているダックスを買って曲がりなりにもレストアしようかと思っていたところでした。 ダックスは、昔から気になっていたバイクです。 ワンコのダックスをまねたバイクが何となく変にかわいくて良い。 持っているバイクは、スーパカブ、エイプときたが、それらの良さは最近知ったもの。 昔から気になっていた50ccバ…

  • 新たなバイクがやってきた:エイプ50 イエロー

    先日も同じような表題のエイプがあったではないですか? いえいえ、次はイエローが付いています。 またレンタルバイクですか? いえいえ、買いました。 何だって~! はい、またまたヤフオクで入手しました。 しかし、今回は不動車やジャンクとかではございません。 珍しく最初から普通に公道を走ることができる状態です。 2004年のエイプ50です。 レンタルで借りて乗ったときの感じが良く、欲しくなってとうとう入手してしまいました。 まだ役所で登録手続きをしていません。 登録ができたら乗って風景の良いところで全体をお見せします。

  • スーパーカブ50 ホイールのベアリング挿入:ボルトで圧入のコツ?

    前回、ベアリングを外す作業が終わり、今度はベアリングの挿入です。 お手製の道具。 といってもボルトとワッシャーです。 これで締めこんでいくというだけの単純さ。 M10ボルトに、M10ボルト用ワッシャー外径40mmでサンドイッチにしていきます。 40mmは、ベアリングより大きくホイールに当たって止まる大きさです。 ベアリングは、次のNAICHI製を買いました。 50ccのカブは、フロントは6300、リアは6301だそうです。ほかの排気量のカブも'97年までは同じだそうですが噂です。 フロント2個、リア2個全部で4つ購入!あと2つ写っていませんが、あります。 外した古いベアリングの品番とも合ってい…

  • スーパーカブ50 ホイールベアリング外しに初挑戦!

    前回、中古ホイールを調達しましたが、ベアリングが渋かったので交換することなりました。 ビバホームでベアリング等を購入してからの続きです。 早速ベアリングを外します。 手順の記録を・・・ ベアリングはホイール1本の両端にひとつずつあり合計2個付いています。 まず、中のカラーをずらします。 (後で片方のベアリングを外した様子があります。その方がわかり易いと思います) 片方のベアリングの穴から覗くと、反対側のベアリングの内側が見えますので、そこに貫通ドライバ(-)などを当てがってただき出します。 貫通ドライバが無かったので、壊してもよいドライバを代用しました。 結構、力を込めて叩く必要がありました。…

  • スーパーカブ50 1996年式 足回りメンテナンス ~ リアホイールを外します~ヤフオク落札ホイールへ

    スーパーカブ50 1996年式 のリアタイヤがスローパンクチャーとのこと。 リアタイヤを外します。 まずチェーンの張りを調整するナットとブレーキ調整のナットを外しました。 マフラーの下から見えるリアブレーキ固定のボルトも外しました。 割ピンが付いていますので、ペンチを使って折れを戻して外してから、ボルトを緩めました。 作業中は、元に戻すときの参考にするため、このように写真を撮っています。 1982年のカブだと、ここに割ピンはなかったなぁと思いながら作業を進めました。 ここまで緩めたら、アクスルナットを外せます。 左側はスリーブナットとアクスルナットの2段になっていますので、アクスルナットを外す…

  • 車のバッテリー上がりと交換、いろいろと復活完了

    車のキーレスが動作しません! さては、室内灯付け放しでバッテリー上がりです。 予備のシールドバッテリーを繋いでみたが、こちらも弱っていて役不足。 ささっとカブに乗って買って帰りました。 新しいバッテリーに取り替えて無事エンジン始動。 ところで古いバッテリーもなんだか新しい! 前回、交換した記録をとり忘れていました。 そのときは、バッテリーの弱りを察知してホムセン駐車場でサクッと交換したのを思い出しました。 この車は、何度も交換作業をして慣れていたので、おもちゃの電池交換ごとく簡単にできて記憶に残らない状態だったのかと・・・ 2020年冬の初め頃だっただろうか? まだ2年も使っていないはず。ラベ…

  • スーパーカブ50 デラックス ステップバー交換

    息子が使っているスーパーカブ50 デラックス 1996年式ですが、昨年の乗り始めの高野山ツーリングでずっこけてステップバーの左側をアップにしてしまったのでした。 それ以前に、右側も乗り出しの練習中にお寺の駐車場でずっこけてアップにしてしまったのでした。 これで、バランスよくアップになり、もっとコーナーを攻めれるようになりました。 めでたしめでたし☆ じゃない! 修理したいとのこと。 バーに鉄パイプを嵌めて曲げれば元に戻せるというが、エンジンが割れて外れた話も聞くので、それはやめて、新たなステップバーを調達しました。 今回はその交換の記録です。 右側のゴムを力ずくで、はずしました。(事前にシリコ…

  • スーパーカブに電源付きでスマホを取り付けてみました

    私のスーパーカブ50 SDX(通称:栃木のじいちゃんカブ)に、スマホを付けて走ってみました。 実はこれ自体は、昨年9月のことです。 最初は、防水カバー付きのスマホホルダーを付けました。 これに入れたままで、日照りのなかをディスプレイONにしながら走るとスマホが熱さでオーバーヒートしました。 雨でも使えて、イイ感じですけどね。 USB端子は2つ、片方はスマホへ、片方はぶら下げた袋の中でカメラ用電池の充電。 これは便利です! セル無しの割には大きめのバッテリー付けているので、電源も余裕です。 ・・・暫く考察期間・・・ その後、冬になり風防を付けて、挟み込むタイプのスマホホルダーへ変更しまして、スマ…

  • スーパーカブ50 SDX カシャ―カシャ―音の原因:カムチェーンテンショナーとオイル交換G3

    なんだか異音がする私のスーパーカブ50 SDX。(通称:栃木のおじいちゃんカブ) 以前は、あまり気にならなかったが、家族の同車種 SDX(通称:瀬戸から来たの)のエンジンが静かなので、なんだかガサツな音がするのが気になり始めました。 とうか最初はこんな音がなかったのだが、それがだんだん大きくなってきました。 これはただ事ではないと感じ、解明するまでピットイン。 その音、カブの異音例としてyoutubeに上がっていた音と似ています。 それがテンショナーロットの不具合。 テンショナーロットといえば気になることがあります。 次の画像は私のSDXを下から撮ったものです。 ロットを留めるボルト(A)がミ…

  • YB-1で行く秘境:池田隧道

    YB-1がカブみたいなロータリーミッションだけどクラッチが付いている! 跳ね上げもできるが、跳ね上げるとシフトダウンだ! ややこしいが何とかミッション操作ができぞ。 この1か月ぐらいで、3種類のミッションバイクに乗って、ぐちゃぐちゃになって適当に運転できるようになりました。 軽やかなヤマハサウンドを響かせYB-1は走ります。 ・・・と 先日の暗峠の弘法の水で沸かしたコーヒーを飲みながらブログを書きはじめていました。 硬水だからすっきりな感じだなぁと思いつつ(実際はわかりにくいです・・すみません) その横で、地図を見ていた家族が騒がしい。 峠を調べたりしていたそうだ。 その過程で大阪の山にも廃村…

  • 新たなバイクがやってきた:YB-1

    自宅にヤマハのYB-1がやってきました。 実は、エイプ50をレンタルバイク屋に返却してYB-1に借り換え、さらに1週間借りたのでした。 同じく50ccのクラッチ付きミッションバイクですが、少し違います。 ギアチェンジのペダルは何とロータリ式、スーパーカブと同じような機構になっています。 違うのは、手動クラッチということ。 だから左手レバーでクラッチ操作をしながら、足元はカブと同じように前レバーを押し込むとシフトアップ(N→1→2→3→4)となり、踵のレバーを押し込む(もしくは前レバーを跳ね上げる)と逆にシフトダウンする機構なのです。 もうこうなると、カブだか普通のミッションバイクだかわからなく…

  • エイプ50でいく山(暗峠)

    エイプ50を返却しに行くため南大阪から守口へ行く途中で暗峠(くらがりとうげ)まで行ってきました。 暗峠といえば大阪で一番急坂な国道です。 国道といっても車1台が通れるだけの幅です。 この道は、ずいぶんx2ぐらい昔に奈良から大阪に戻る途中で2、3メートル先までしか見えない濃霧中に使ったことが一番の思い出です。それ以外は昼間通ったときに峠付近の石畳が印象的な道です・・・自動車で通ると結構凸凹なのでね。 それを、今回は50cc原付で行こうというのです。 もう一つ目的として峠近くの湧き水を汲んでくることです。 少し前の日にスーパーカブ50で暗峠を制覇した息子についていくことにしました。 エイプ50は主…

  • エイプ50でいく山(和泉葛城山)

    1か月間借りていたエイプ50(初期)です。 登坂の機動力が、50cc旧カブよりありそうな感じがするので山や峠に行ってみました。 私が家族のスーパーカブ50カスタム(1995年)でエイプ50を追ってみました。 まず和泉葛城山、南大阪在住のため近場の山といえばこれです。 蕎原(そぶら)から上り、塔原に下りてくるルートで登ってきました。 渓流園地を越え、林道との分岐を過ぎ1本目の小さな橋を越えたところから、さらに急斜面となるのですが、そうなるとカブは1速でしか登れません。 エイプ50では2速で登っていきました。 こうなると置いてけぼりです。カブは15kmちょいしか出せません。 9割かた登ったところに…

  • なにわ旧車部品交換会ってどう?1月30日開催に行ってきました

    昨年から古いバイクの復活DIYを始めて、Youtubeを参考にしていたら、なにわ旧車部品交換会の散策動画があって気になっていました。 朝6時から正午(入場11時30分まで)という超朝型フリマ。 出店商品が、旧車・現行問わず二輪・四輪の本体・部品・用品および関連商品。その他骨董・雑貨・おもちゃ・がらくたなどとなっている。 自分の目で確かめるため行ってみました! 朝4時起き、6時開店に間に合うようと思っていたのですが、寝坊。 カブで出かけて、結局8時過ぎに舞洲軽飛行場跡地を利用した会場に到着。 入場料おひとり300円。駐輪場は無料。4輪駐車場は1,000円らしい。 少し遅れましたが、それでもいろい…

  • エイプ50というクラッチ付バイクお初!ニュートラルに入らず困る

    まえおき スーパカブ50乗りで、クラッチ付バイク初心者です。 先日から借りているエイプ50ですが、ミッション操作が面白そうだと乗り出しましたがニュートラルに入りにくくて困っていました。 今回はエイプに限ったことでなく、多くのミッションバイク共通の操作方法でもあります。 クラッチ付きミッションバイクがお初なので私が知らなかっただけです💦 それを理解するまでの記録となります。 内容 ミッションの操作が、1-(N)-2-3-4-5 というのは分かっていましたが、1速と2速の間にあるはずのニュートラルがなかなか入らないのです。 そこでyoutubeで検索してみましたところ、クラッチ付きバイクでのニュー…

  • 錆び落としと対策:リューターとサビ取り泡スプレー そして錆防止塗料

    錆び、しばらくテーマになりそうです。 古いバイクの錆をどうするか?チャレンジです。 昨年夏以降の一連のスーパーカブの公道復活整備中、錆の処理をどうするか悩んでおりました。 とりあえず錆変換剤とボンスター+研磨剤(ジフ)を使いました。 私のSDX荷台にボンスターとジフで磨いた状態です。 結構磨いた後ですが、左上の方がもともと錆びていた状態です。 ちょっと拡大します。 先に錆転換剤(錆チェンジャー)を施していたので黒っぽいです。 丁度半分から右側がボンスターにジフを付けて水を加えながら磨いた後に水で流し終えた状態です。 この程度なら、メッキも残り、ある程度ピカピカにすることができました。 この後左…

  • 新たなバイクがやってきました!ホンダ エイプ50

    ロータリーミッションでなく、マニュアルミッションに乗ってみたい。 そこで、この車両が我が家にやってきましたぁ~! ホンダ エイプ50 ちょっと古いキャブ車です。初期型? 50ccのくせに5速マニュアルミッションです。 1速-N-2速-3速-4速-5速 私、生涯初のマニュアルミッションバイク。 駐車場私有地で3回ほど回って練習。 「伊達に教習受けて[大型二種]を取ったわけじゃないぞ」と自分に言い聞かせながらチャレンジ。 二輪の免許じゃないだろ~!それって大型バスだろっと突っ込みされながら・・・ ですが、これで何とか前には進めそう。 すぐに日が暮れてきたので本日は車庫入り。 1kmもない実家の車庫…

  • スーパーカブのシートズレをなくすメンテ:オイルまみれには・・・

    旧スーパーカブ カスタム 1995年式のシートをメンテナンスすることにしました。 といっても破れているので交換です。 未だ新品部品はあるようですが、中古のシートを買ってきました。 この中古シートは破れなく一見綺麗なようですが、埃とオイルで汚れていました。 こちらもメンテナンスしないといけないようです。 最初はアルコールティッシュで拭き取っていました。 平らなところは次第に落ちたのですが、窪んでいるところは何度拭いてもティッシュに汚れが付きいっこうに綺麗になる感じがしません。 こうなったら、洗うしかないとチョイスしたのが、台所用洗剤と歯ブラシ。 これで洗うと一発で綺麗になりました。 さすが油汚れ…

  • 極圧潤滑剤 LSベルハンマーGOLD を試してみる

    昨年末のブログで少し載せたLSベルハンマーGOLDを試した記録です。 今回試したのはペダルが重たくてあまり使わなくなった 2017年3月15日ブログ掲載のリサイクル自転車です。 自分の足で漕ぐので効果を実感するには最適と思いました。 ほわっとしたデザインが気に入っているのですが、変速ギヤなしのノーマル仕様車?です。そのため坂道も辛くてますます使わなくなった自転車です。 ペダルも車輪もクルクル回るのだけど、漕ぐとなんだかフリクションがかかった感じがする。 油切れか?と以前に普通の自転車用オイルを注しても少し改善しただけでやや重いのは改善せず。 その自転車のチェーンを中心に各所可動部に惜しまず高価…

  • 1982年スーパーカブSDX(スーパーデラックス)は40年目

    明けましておめでとうございます。今年も頑張ります!何に? 🎍 🎍 昨年の初夏に息子のスーパーカブ購入で、これはDIYしがいがあると思ってカブ50史上最高馬力のお勧めにつられてヤフオクで落札してしまいました。 その後もさらに同じ車種を入手し、家内にプレゼントして現在我が家には2台のSDXがあります。 私のSDXは栃木でメグロにも乗っていたというおじいちゃんが使っていたものを引きとった通称「栃木のおじいちゃんカブ」。 (栃木のおじいちゃんカブ) オイル交換の記録が全部貼ってあって大事に使われてきた感じでした。 家内のは愛知県瀬戸の業者から引き取ってきた通称、「瀬戸から来たカブ」。 (瀬戸から来たカ…

  • スーパーカブ50 SDX 2台目(瀬戸から来たの)整備ひとまず完了!

    先日のブログから登場し始めたスーパーカブ50 SDX 2台目は、ヤフオクで落札して愛知県は瀬戸市の業者から引き取ってきたものです。 中古バイクを現状渡ししている古物商業者さんですから、エンジンだけかかるにはかかるという状態です。 取りに行くと補足の説明が・・・エンジンはかかるけどアクセルを上げると止まるとのことでした。 それは問題ないね多分ということで、OK、OKという感じで引き取ってきました。 帰ってエンジンをかけてみると、調子よくアイドリングしますが、アクセルを開けるとストールし停止します。 言われたとおりです。 キャブか燃料系の察しはつきましたので、整備し、他の問題個所も解決し、先日のウ…

  • ウインカースイッチが固いので何とかした

    前回のつづきです。 1982年式スーパーカブ50 SDX 2台目 です。 この12月に愛知は瀬戸の業者からヤフオク落札で引き取ってきたもので、一通り整備を行い最終調整といったところです。 ウインカーが接触不良のため接点洗浄剤と接点復活剤による接触の回復が出来たのですが、依然ウインカーが固いままでした。 その固い原因は、まだスイッチ内部にあると思って、保護も兼ねてフッ素グリースを買ってきました。 タミヤのミニ四駆Fグリス(フッ素樹脂配合)です。 本当はタミヤの接点グリスを買いに行ったのですが置いてなくてこれにしました。 高速可動部用なので用途が少し違いますが、変化しにくい油とフッ素によって接点が…

  • 点灯しなくなったカブのウインカー不具合原因はどちら?修理方法

    前回ブログと後先逆になったが、先日家族が所有するスーパーカブ50カスタム(1995年式)の左ウインカーが時々点灯しなかったときの対処方法を記録しておこうと思う。 ウインカーが点灯しにくいというので思いつくのがリレースイッチの不具合。 リレースイッチは付け替えるだけですぐに交換可能です。 自分のバイクは12V化したときに数百円のICリレースイッチに付け替えて絶好調です。自分のバイクではないので、そういうことをせずに純正品に付け替えました。 ↓純正品は高いよぉ~ 付け替え後に走ってみてどうか・・・症状が出ます。直っていません! ということは、正常なウインカースイッチが余ってしまいました。 どうしよ…

  • 新入り!スーパーカブ ウィンカースイッチ接点不良をサクっと修理

    スーパーカブ50 息子が買った後、自分も購入。そしてとうとう妻も購入! とうとう3台目となりましたぁ~ しかも、またも1982年のSDX(エコノミーカブ)で同色。 写真でメーター距離数を記録しても、どちらかわからなくなるので銀色シールを貼っておこうとおもったら、すでに販売店で貼られていた。 偶然の一致。 早速、私のSDXと同様以上の整備と修理を行っている。もちろん以前の自分のブログを参照しながら12V化も速攻で行った。 ある程度走れるようになったので試走しようとしたらウインカーが点灯しないときが多々あって、まだ公道を走れない。 ウインカーリレーは、先日まで動作していた正常物。 ということはウイ…

  • スーパーカブのクラッチ調整

    最近、カスタムの方を弄っています。 前回のつづきで、スーパーカブ50カスタムの入りにくい4速が何とかならなかクラッチ調整をしてみました。 他のカブでも同じ仕組みのものが多いので参考になると思います。 調整ネジを固定してる六角ナットを緩める。2周ぐらい回して緩めたら十分。 マイナスドライバーで調整ネジを右に1回転ぐらい回す。 左に止まる(当たる)ところまで回す。 右に1/8周(45度)回す。(←定位置なので気に入らなければここからどちらかにずらして調整) マイナスドライバで位置決めしながら、固定している六角ナットを締め付けて固定する。 1の参考画像 2の参考画像 薄くなりましたが調整前に赤い印を…

  • スーパーカブ50カスタムの納車後のオイル G1+ZOIL か G3 か

    スーパーカブ50カスタムのオイルを HONDA ULTRA G3 にしました。 このバイクは家族の持ち物だが、整備は家に到着したときから絡んでいます。 (納車時8100km、現在9311km) 元々和歌山で使われていたバイクだそうです。 大阪の南東、河内方面のバイク屋が元持ち主から引き取りショップ価格で売っていたものを購入したもの。 なぜか売り手からの情報でよく云われるワンオーナー車! 複数オーナーじゃダメなんですか?自分的には状態良ければ関係ないのですが、この言葉はいい気分にはなるのですが理解できない自分です。 状態は、年式なりです。 ショップで動くよう整備済みだがキャブレター分解清掃とオイ…

  • スーパーカブ50 SDX にタコメーター:設定で旧カブの点火タイミングを知る

    タコメーターを付けてみました。 ジャジャーン! 養生テープで固定してみましたぁ! あっ、いえ、そうなんです、、一時的な測定のためで、常時仕様ではありません。 SDXのエンジンって仕様上9000rpmまで回るとなっていますので、それが本当か検証してみます。 プラグカバーの上をタコメーターから延びる感知コードで4周ほど巻いて、ここも養生テープで固定という安易な取付です。 このタコメーターは、最高測定値をエンジンの性能に合わせて設定することで精度が上がるようになっています。 SDX の性能に合わせて12000rpmを最高測定値としました。 それでテスト走行してみましたところ、あっという間に12000…

  • スーパーカブ50 SDX にほかのカブのCDI : 自動進角と固定進角

    スーパーカブ50 SDX には、進角15°~28°へ段階的な自動進角調整が備わっていて、よくあるカブ50のCDIは進角27°に固定だそうです。 その固定と思われるCDIをSDXに付けてみるとどうなるか? レギュレータ―欲しさにネットオークションでカブの電装品一式を入手したときに付いてきたものが手元にあったので試してみました。 画像は固定進角と思われるCDIです。 横の印刷文字が CI-08A だろうか C1 や O8A フォントの形ではどちらかわからない。 これに取り替えてみました。 すると、出だしからまったくトルク感なし、ニュル~と出ていく感じ。 中高速は問題ないようだが、停止からの出だしが…

  • スーパーカブ50 SDX 電源取り出し・充電ケーブルを付けてみた

    スーパーカブ50 SDX は6V車だったのですが、12V化したことで電源取り出しと充電ケーブルを付けてみることにしました。 バッテリー付近からの配線は、9月21日のブログに記載のとおり12V化したときにあらかじめレッグシールドの裏まで配線済みのもの。 バッテリー近くからタンク下の穴を通してレッグシールドのフレームに延長してきた赤黒のケーブルです。 あらかじめ引き回したケーブルですが、バッテリーの固定具を外せばタンク下とレッグシールド間は手探りでケーブルを持っていけるので、そのタイミングは何時でもOKです。 まずはSAE端子でバッテリーから引き出すケーブルを購入。 これを次の画像のように切断しま…

  • ミュシャって? 堺アルフォンス・ミュシャ館

    数年前から仕事帰りに100均のダイソーに寄るため途中下車して寄っていたJR堺市駅に隣接するベルマージュ堺。 最近は職場の近くにも大きなダイソーが2件も出来たので寄らなくなりました。 それで久しぶりに通りかかったら、ホームセンターコーナンも建物に入っていました。 DIY派としては、途中下車駅にJR堺市駅を再認定! この話がメインでありません。 ここにある堺アルフォンス・ミュシャ館という美術館に行ってきました。 ベルマージュ堺弐番館2階に入り口があるミュシャ専門の美術館です。 今回の展覧会最後の日で息子が好きな「ハーモニー」という絵が展示されているというのでついていきました。 ミュシャって、髪の毛…

  • はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」

    はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」にちょっと参加。 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? 2007年8月25日にはじめてブログをスタートさせたときにブログ名を「八百万の森」と名付けて以来続いています。 当時はキャンプをはじめた年でした。森の中でキャンプをしているうちに自然界の様々な様態に魅せられます。 スタートするブログの内容もそのように様々な記録を載せようと思ったため、無数を意味する八百万を付けて「八百万の森/やおよろずのもり」としました。 様々なことをして得た結果を報告するブログというような意味合いなのです。 といってもなんでもというのは収集が付かなくなりますの…

  • スーパーカブに一般的と思われる寒さ対策

    夏のはじめに入手したスーパーカブ50 SDX 1982年式は角目ライトのカブです。 カブの寒さ対策の王道といえば、風防とハンドルカバーですよね。 昔々、仕事でヤマハのメイト(カブに似たバイク)に乗っていた時も会社の支給で風防とハンドルカバーが付いていました。 これがあるのとないのとでは耐寒度合いが雲泥の差。ということを知っているので、さっそく取り付けてみました。 カッコ悪いといわれることがありますが、カタチや色合いのマッチングかと思います。 風防の有名どころとして旭風防があります。部品それぞれの厚みがあり経年にも耐えて中古でも出回っているぐらいの物ですが、今はそこまでの希望なく、廉価でも定評あ…

  • 大阪宅と札幌宅の関係 セカンドハウスをもつ利点

    大阪宅でなく久々に札幌宅の話題を・・・ 実は札幌宅の最初は、DIYをする余地があって、綺麗に出来れば賃貸運用が可能な物件だったので、それを目標にしていました。 ですが、札幌宅をDIY修理しながら滞在しているうちに、あまりにも便利で都市的生活と自然への近さから、自ら使うようになりました。 もともと、うちの家族は北海道好きで、毎年1週間ぐらい北海道に出かけていました。 安くても旅情ある工夫をしていました。結果的に大阪から舞鶴や鶴賀経由で船に乗り込み小樽か苫小牧に上陸して行くことが多かったです。 1週間の旅路、宿泊代は結構考慮しました。 子供が少し大きくなったら、安価なキャンプ(北海道は設備が整って…

  • スーパーカブ50 で高野山ツーリング!

    スーパーカブ50 1982年式のSDX、1995年式のカスタム ともに山を登れることが分かりましたので、さっそく高野山へツーリングGo! '82SDXは私、'95カスタムは息子です。 この日は朝まで雨、9時に雨も上がり天気は回復方向へということで出発。 息子の希望で南大阪から河内長野から生駒金剛を越え、橋本からかつらぎ町まで戻り高野山を登るルートです。 「カブだとどこまでも行ける気がする。」・・根拠なし。 妻にバイクがダメになったときは電話するから、くるまにスロープ積んで迎えに来てね。と言って息子と出かけました。 この日から急に冷え込んだ大阪、さらに高野山は最高気温11℃。 着込んでいましたが…

  • 1995年式 スーパーカブ を借りて行く和泉葛城山

    前回1982年式 スーパーカブ50 SDXで登れたので、1995年式の同50 カスタム で登れるか? 家族のカブを借りて行ってきました。 今回は少し道案内も入っています。 蕎原の交差点から細い道へ入りますと、人家の合間を経て山へ入っていきます。 まもなくすると左手にそぶらフォレスト南キャンプ場が見え、右手に渓流園地(キャンプ場)も見えます。 右手に公衆トイレが何故かあります。その裏もそぶらフォレストガーデン南のキャンプサイトですが契約専用だそうです。 さらに進むと分かれ道に出くわします。 左手は林道で途中で車道が終わります。 葛城山山頂方面へ徒歩で行く場合は、こちらから行くと登山道に繋がるよう…

    地域タグ:貝塚市

  • 整備が完了した1982年式のスーパーカブで登山してみたら

    1982年式スーパーカブ50 スーパーデラックス (SDX) は絶好調! 自分の操縦も慣れてきたので、山に行こうか海に行こうか悩んだところ、今日は夏みたいな暑さの秋になったので涼みがてら登山してみました。 目指すは和泉葛城山山頂858m付近。 大阪方面からほぼダイレクトで登山できる車道は4本あります。 比較的道幅が広く自動車で上がるときに最適な道は、岸和田市の牛滝川から上るコースですが、土砂崩れで数年間通行止め(復旧にいつまでかかるのか不便です) そのため車で上がることが少なくなっていました。 今回はメンテナンスを終えたスーパーカブで登れるのか? うん十年前に非力なスクーターで大阪から和歌山へ…

    地域タグ:貝塚市

  • スーパーカブ50 SDX スロージェット メインジェット の詰まり

    スーパーカブ50 SDX 1982年式は、これまでの作業で問題個所の整備がひととおりでき復活できたので走って楽しんでいます。 このカブは1982年4月発売1983年2月までに販売されたスーパーカブ50で最高の5.5psの出力値をもつモデル。 その違いからか、他のカブと違うのが点火プラグです。 通常は6番の熱価ですが、これは7番を標準とします。 家族が持っている1995年式のスーパーカブ50 カスタムに比べトルクがやや細いですが、より高回転に伸ばした運転が可能です。0からの加速はトルクの細さで遅い感じがしますが、走り出してからの高速域が楽しいです。 加速のまろやかさはCVキャブレターの特徴が現れ…

  • スーパーカブ50 SDX プラグを備付の工具を使ってイリジウムに交換

    1982年式のスーパーカブ50 SDX の12V化をしたところです。 この時点までに試走で結構走りましたね。距離計は5,034kmとなりました。 次は、プラグ交換をしてみました。 12V化をしても点火系の回路は変更ないので弄る必要はありませんが、既に付いていた古いプラグは何故か5番、1982年式SDXの推奨は7番です。 不思議なので推奨のプラグに交換しました。 プラグを外すために左サイドカバーに標準備付のプラグレンチを使います。 この頃のカブは、工具が備え付けられています。 ただ、車体を引き取ったときは、ドライバーとプラグレンチが欠品していました。 そのため、同型中古の工具を買って補充しました…

  • ゆかづかの転倒防止スタンド スーパーカブが家に来て初めにしたこと

    スーパーカブが家に来て初めにしたことでカバーを買ったことは書きましたが、もう一つ大変役に立っているアイテムを買っています。 5月22日から使ってみてのことですが、4か月間の実績が取れましたので記録することにしました。 何かって ・・・風対策のスタンドです。 家族の1995年式スーパーカブが最初に我が家に来た翌日、なんとバイクが倒れていました。 ひぇ~(/ω\) といっても網フェンス近くに止めていたので、その網にもたれ掛かったようになって無傷だったのが幸いでした。 置いている場所が建物の間で風が非常に強くなるところだったからでした。 早速に風対策をすることにしました。 どうやら、横風にはサイドス…

  • スーパーカブ SDX 6V車12V化 作業~完成!

    前回12V化のハーネスを作製しました。 元のハーネスは手をつけず、簡易に付け足すことで実現できるハーネスです。 では、作業を始めま~す。 配線図は前回のブログを参照してください。 1982年式 スーパーカブSDXは、黄色コードがパイプ状のフレーム途中にギボシ端子で接続されている部分あります。 そこから、ギボシ端子の二又分岐を使うと簡単に取り出せます。 作業 6Vのバッテリーを取り除きます 6V用のバッテリーケースを取り除きます。 ギボシの分岐用コードを使用して黄色コードの分岐を行います。(上画像) 新しい黄色コードの配線:タンク下に入る穴から新たな黄色コードを差し込んで、バッテリーケースのあっ…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、森の住人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
森の住人さん
ブログタイトル
八百万の森(DIY・リフォーム・キャンプ)
フォロー
八百万の森(DIY・リフォーム・キャンプ)

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー