searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

じゅんさんのプロフィール

住所
倶知安町
出身
神奈川県

 定年後、神奈川県からニセコへ定住し、スキー、ゴルフ、山登り、写真、押し花、コーラス、野菜作り、ガーデニングなど趣味を楽しみながら、田舎暮らしをしています。できるだけ良い写真を載せて、ニセコを紹介したいと思います。

ブログタイトル
定年後の田舎暮らし
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/goo04321132/
ブログ紹介文
 定年後、神奈川県から北海道のニセコへ移り住み、田舎暮らしを楽しんでいます。
更新頻度(1年)

361回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2010/06/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、じゅんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
じゅんさん
ブログタイトル
定年後の田舎暮らし
更新頻度
361回 / 365日(平均6.9回/週)
フォロー
定年後の田舎暮らし

じゅんさんの新着記事

1件〜30件

  • 忘れ草

    初夏にたくさん咲いていた「エゾカンゾウ」にそっくりで、やや花が小さい「忘れ草(ヤブカンゾウ)」が咲いています。一重の花は「ノカンゾウ」と呼ばれているようですが、これは八重です。「ニッコウキスゲ」と同じ仲間のようですが、夏の暑い時に咲いてくれるのが嬉しい花です。今年は「ブルーベリー」の実があまりついていません。ジャムにするには少し買い足さなければなりません・・・赤いラズベリーはそろそろ終わりそうですが、オレンジ色のラズベリーがたくさん生っています。赤い方より少し甘みがある気がします。忘れ草

  • 夏野菜の収穫

    今日から8月に入ったが暑い!確かに例年よりも暑い気がします。気温は部屋の中で30℃以下になっているけれども、無風状態です。そこで、数年ぶりに我が家でも扇風機が登場!夕方過ぎると気温も下がり、肌寒くなりました。やっと我が家のトマトとミニトマトが赤くなり、これだけ収穫できました!皮が厚めですが、まあまあの甘さです・・・エンドウ豆といんげんも採れました!エンドウ豆は豆ごはんにします。ナスもボチボチ収穫!しばらくはゲット出来そうです。ご近所からサザエとカラス貝をいただきました(^_-)-☆。毎年今頃おすそ分けしてくださいます。早速サザエは夕食に「つぼ焼き」にしていただきました。カラス貝は炊き込みご飯にします。磯の香と香ばしさが何とも言えません。夏野菜の収穫

  • ロングステイの友人夫妻

    7月もあっという間に今日で終わり、明日から8月に入ります。最近はどこへも行かず、TVの前でオリンピックの観戦をしており、新しい話題が何もありません。しかし、毎日メダル取得のラッシュで、愉しんでいます。わが家のラズベリーは赤い実がそろそろお終いで、次にオレンジ色のラズベリーが生り始めました。まとめてジャム作りをする予定で、冷凍保存しています。農家の友人夫妻宅へ行き、わが家で細々と収穫した小松菜、蕪、レタスなどの野菜と引き換えに、キュウリやナス、トマトなどをいただきました。ナスやトマトは大好きなので、毎日食べています。我が家のトマトはやっと赤くなってきたところです。丁度農家の方から頂いたという「メロン」をもらって帰りました。メロンの底に小さな穴がありており、そこから熟してしまうので商品価値が落ちて売り物にならないメ...ロングステイの友人夫妻

  • 不思議なカボチャ

    東京周辺はコロナ患者感染が急激に拡大し、恐ろしくなります。我が家の子供達は皆、神奈川県に住んでいるので、心配でなりません・・・キュウリ畑では、連日キュウリが生っていて、順調な生育です。ところが、キュウリの中にカボチャの花が??よく見ると1本のキュウリの苗から枝分かれしてキュウリとカボチャが生っていました。考えてみるとキュウリ、カボチャ、メロン、スイカなどは同じ「ウリ科」に属します。連作障害?とも思いましたが、この二つは毎年離れた場所に植えているので、連作はありませんし、苗も専門店から購入したものです。上の方に生っているこのカボチャ!どこまで育つか楽しみです。ズッキーニは1本だけ植えてみましたが、数本実がついています。赤い実は「グーズベリー」昨年はたくさん実がついてジャムを作りましたが、今年は昨年ほど実がついてい...不思議なカボチャ

  • ラベンダーと蝶

    ラベンダーの花が次々に咲いて、あたりに爽やかな香りを放っています。黄色いシジミチョウがまず訪れました。じっとしていないのでなかなか撮影できません。大きな目が二つの「クジャクチョウ」「キアゲハ」も香りに魅かれてやってきました。赤とんぼまで訪れてくれました。これは蜘蛛の巣にかかってしまった「赤とんぼ」。かわいそうなので、巣から放してあげました。猛暑が続く中で、「アナベル」はまだまだ元気に咲いています。昨日もたくさんの金、銀、銅メダルが日本の選手たちの手に!中でも女子ソフトボールの金メダルは、最も嬉しいものでした!上野選手をはじめ皆さん、お疲れさまでした!しかし、東京のコロナ感染若い人の感染者数は2848人。若い人たちの感染者が多いようですが、医療が逼迫しており、今後のことを考えると恐ろしいものです・・・7月23日朝...ラベンダーと蝶

  • ガウラとアナベル

    ガウラが咲きました!「白い蝶」とも呼ばれる「ガウラ」。本当に蝶のように飛んでいるような感じです。白い「アナベル」の上で休んでいるのは「カミキリムシ」でしょうか?毎年咲いてくれる「シャグマユリ」情熱的な花です。小さな花ですが「ノコギリソウ」星が集まったよう・・・暑い日が続き、コロナもなかなか収束せず、毎日オリンピックをTVで感染して応援しています。ガウラとアナベル

  • 涼し気な花「桔梗」

    真夏日が続く中、涼し気な花が咲きました。桔梗です。蕾がたくさんついてとてもいい色です。こちらは真っ赤な情熱的な薔薇の花。挿し木をして育ったものですが、雪とネズミと闘いながらも育っています。庭で見つけた蜘蛛の巣。どうして美しい幾何学的な形を作れるのでしょうか?涼し気な花「桔梗」

  • 真夏の野菜達

    毎日30℃前後の真夏日が続いています。野菜や庭の花の水やりが大変で、「雨よ降れ!」と感じるこの頃です。我が家の野菜達は順調に育って、キュウリは食べきれないほど採れています。蕪や小松菜、レタスなどご近所に配っています。かわいいエンドウ豆の花が咲き、次々にさやえんどうが生っています。とても柔らかくて、肉じゃがや味噌汁、ソテー、新じゃがとバターで炒めたり・・と、美味しく食べています。苺のシーズンは終わって、ラズベリーが生っています。水不足なのか実がいつもより小さめ。慌てて水撒きをしています。ジャム作りは大変ですが、まとめてジャムにするため、とりあえず冷凍保存。真夏の野菜達

  • ハナビシソウと百合の花

    コロナ過で、コーラスの練習は8月までは中止になっており、9月初めから練習開始の予定です。その間、各自自宅で歌の練習をしようということになっています。先日コーラスのグループの方々に、練習曲のCDを配布する役目をしました。私の役割は録音した曲をCDにコピーしたり、練習曲をCDにコピーしたりすることです。今回は「ピアノで歌う歌謡曲」というシャンソン風な13曲がまとまって入っていました。例えば、「アカシアの雨がやむとき」「夜霧よ今夜もありがとう」「愛燦」「ブルー・シャトウ」「知床旅情」など・・私たちの世代にとって懐かしい曲ばかりです。メンバーの一人Kさん宅へ行くと、黄色の背が低い花がたくさん咲いているのを見つけました。中心は橙色になっていて、私が好きな「ハナビシソウ」という花です。以前から欲しいと思っていた花ですが、移...ハナビシソウと百合の花

  • イースターカクタス

    葉がシャコバサボテンにそっくりの「イ-スターカクタス」。実は毎年初夏の6月ごろ1鉢だけ咲いていました。tところが最近になってもう1鉢の花がたくさん咲き始めたのです。シャコバサボテンとは全く異なる花で、透き通るような薄いピンクの花です。夕方になると花を閉じて、また翌朝咲き、数日間愉しむことが出来ます。アップで写してみると、中心のおしべかめしべが、宝石のように綺麗なのが分かります。2週間ほど前に葉を他の植木鉢に刺していたのですが、そこでも花が咲き始めました。暑い夏の日差しの中、小さめの「ペチュニア」と「ミリオンベル」が元気に花をつけています。どんどん花が多くなるのが嬉しい花達です。イースターカクタス

  • サクランボジャム作り

    今月はサクランボの季節で、仁木や余市の果物産地を控えている俱知安町でも、サクランボがお店に並んでいます。いつも立ち寄っている果物屋さんに行ってみると、これが美味しいですよ!と、「正光錦(セイコウニシキ)」というのを薦めてくれました。先週は「佐藤錦」を買ったのですが、これは定番の美味しいサクランボです。「正光錦」は果汁が多めで酸味が少なくしっかりした甘みのサクランボだそうです。調べてみると山形県の佐藤正光という人が、佐藤錦に高砂を掛け合わせて新しく製品化したものだそうです。佐藤錦は実が柔らかく、皮が薄く糖度が高いために、すぐに柔らかくなってしまうのだそうです。確かに甘みがあり、とても美味でした(^^♪。そこで、ジャム用になるサクランボを探していると、「生光錦」の規格外の小さめで少し時期が過ぎた感じのものを、安くし...サクランボジャム作り

  • ジャガイモ畑と羊蹄山

    岩尾別の畑から八幡地区の方へ廻ってみました。羊蹄山には靄が棚引いて、その前にジャガイモの花が広がっていました。やはり羊蹄山とジャガイモ畑は良く似合っています。ニセコアンヌプリ側にもジャガイモ畑が・・・麦の穂が伸びて色づいてきました。棚引いている靄がいい感じに伸びていました。山の雪はすっかり解けてしまいました。7月19日の札幌市では、21年ぶりの35℃の気温の猛暑となったようです。コロナも怖いけれど、熱中症で2名死亡…と聞くと、他人ごとではありません。俱知安町も真夏日が続いています。ジャガイモ畑と羊蹄山

  • まっすぐ伸びたジャガイモ畑

    7月16日、朝から良いお天気になり車で出かけました。この日は羊蹄山がはっきりと見えていました。わが家から坂道を下りたところに広いジャガイモ畑があります。花が咲いていると思うとまた足がそちらに向いてしまいます・・・まっすぐに伸びた畝に模様のようなものが出来ていました。花の咲き具合が異なるのでしょうか?少しピンク色が濃いところもありました。並んでいる家々の壁に朝日が当たっていい感じです。このところずっと雨が降っていないため、ジャガイモも少し元気が無さそうです。そろそろ花も終わるのでしょう。まっすぐ伸びたジャガイモ畑

  • 雲の流れ

    高台の牧草地。お昼近くになると、薄雲が広がっていた空が青空になり、雲は急に流れが速くなりすじ雲になって移動していました。どうやらお天気が変わりそうな気配です。牧草地の一番高い場所まで上ると、尻別岳から洞爺湖方面まで見えていました。そして、奥深い山の奥の方に幻の滝が流れている場所があります。200㎜の望遠レンズで撮影してみましたが、中央付近に流れている滝が少しだけ見えているのですが、お判りでしょうか?気温がどんどん上がってこの日の午後には、32℃になってしまいました。今年の最高気温です。真夏日が続いて、雨が降りません・・・・雲の流れ

  • キュウリとナスの収穫

    最近ずっと雨が降ることもなく、15日の気温は初めて31℃と、真夏日になりました。さすがに暑いです。新鮮なキュウリとナスが採れています。棘無しも植えましたが、今のところ棘ありのキュウリばかり採れています。今年もキュウリを細いうちから星型とハート型の型にはめ込んで、素敵なキュウリを作りました。もう4,5年になるでしょうか?スキー友の広島のSさんに教えてもらって作り始めました。初めて見る人にあげると、喜んでくれます(^_-)-☆。夕食には刺身こんにゃくに飾って、辛子味噌和えで食べてみました。キュウリとナスの収穫

  • 牧草地のロール運び2)

    大きな牧草ロールを1個ずつひっかけてトラックに乗せる作業です。昨年牧草の種を蒔いたばかりなので、牧草の育ちもよくて、さらにいい香りが一面に広がって、とても爽やかな気持ちになりました。お昼近くになって、二人はそれぞれのトラックに牧草ロールを乗せて、牧場へ向かって下りて行きました。大変な作業です。牧草地のロール運び2)

  • 牧草地のロール運び1)

    7月15日、友人のN夫妻から「牧草ロールの運搬が始まっているよ!」と連絡があり、行ってみました。Nさん宅のすぐそばの牧草地では、もうほとんどの牧草ロールが運び出されていて、行ってみると残っているのはこれだけでした。虫などが見つかるのか?カラスがたくさん集まっていました。羊蹄山の真正面に牧草地がありました。今度はN夫妻と一緒に高台の牧草地に行ってみることに。車で30分近くかかる場所で、どんどん上って行くと、広大な牧草地に到着。牧草地に到着すると、羊蹄山をバックに大きな牧草ロールが積んでありました。広大な斜面を利用した広い広い牧草地。ちょうど作業をしていらしたTさん夫妻は、Nさん達のお知り合いとのことで、牧草を刈り取り乾燥させたのちに、機械で寄せて集めロールにしてさらにネットをかぶせて、このようなロールができるとの...牧草地のロール運び1)

  • ジャガイモ畑と麦畑

    7月12日、晴れの予報で朝出かけましたが、あいにく羊蹄山の山頂付近には雲が湧いていました。俱知安町を通り抜けて京極町から真狩村方面へ向かいました。すると、羊蹄山のすそ野に広大なジャガイモ畑が・・・赤紫色の花を見るとどうやら「男爵イモ」らしい。雲が無くなると完璧なのですが・・・こちらは白いジャガイモの花が咲いていました。おそらく「とうや」という種類のよう・・・キタアカリ、とうや、男爵、メークインとそれぞれ特徴があり、使い分けて購入しています。羊蹄山から少し目をそらすと、青空に雲が広がっていました。これだけ広大なジャガイモ畑を見ると、気持ちがすっきりとしてきます。ジャガイモ畑のお隣は「麦畑」です。時々麦の穂が風に揺れていました。ジャガイモ畑と麦畑

  • 夏の花達10)ペチュニア

    暑い日差しが続いていますが、元気なのは「ペチュニア」の花達です。いろいろな色と模様の花ですが、次々に咲いてくれます。ナスが採れ始めました!今年は気温が低く育つか心配でしたが、毎日食べることが出来ます。次はトマトの花。青い実もたくさんついていますが、わが家の地植えのトマトは、赤くなるのは8月の終わりころです(一一)。夏の花達10)ペチュニア

  • 夏の花達9)スカシユリとナスタチウム

    いつまでも花の写真が続いて申し訳ありません。真っ赤なスカシユリが咲き、黄色のスカシユリも2つ目の花が咲きました。赤と黄色のナスタチウムがいかにも夏らしい花の色で次々に咲いています。種から育てましたので、嬉しい限りです。写真を撮っている傍でクロアゲハ蝶がやってきましたので、慌ててシャッターを押しました。蝶は色を見て近づくのでしょうか?匂いで近づくのでしょうか?先日友人から頂いたホワイトレースフラワーをよく見ると、何匹ものモンシロチョウが集まったように見えました。今年はハーブのキャットミントの花が小さくて元気がありません。ハーブの種類の「タチジャコウソウ(タイム)」は地面を這うように小さな花がたくさん咲いています。夏の花達9)スカシユリとナスタチウム

  • 夏の花達8)チョコレートコスモスほか

    今年はチョコレートコスモスの苗を買ってみました。チョコレート色の独特な花が気にいっています。写真にすると少し赤みがかって見えますが、実際の花は本当にチョコレート色です。ほのかに香るチョコレートのような甘い香りで、花言葉は「恋の終わり」「恋の思い出」とか・・・撮影していると、「マルハナバチ」が飛んできました。じっとする間もなくあちこちと飛び回ってなかなかうまく写せません(一一)。蜂の名前に詳しい友人に訪ねると、名前は「エゾナガマルハマバチ」か「エゾオオマルハナバチ」のよう・・実際に見てみないと蜂の正しい名前はなかなかわからないそうです。我が家の紫陽花はまだ咲きそうにありませんが、一足早く白い紫陽花「アナベル」が咲き始めました。花の時期が長く、黄緑色から白に変わって、また黄緑色になって9月ごろまで咲いています。夏の花達8)チョコレートコスモスほか

  • 絵手紙とラベンダー

    札幌に住んでいる夫の友人から、毎月絵手紙が届いています。以前にもご紹介したことがありますが・・先月届いた藤の花の爽やかな絵手紙。昨日届いたのがこの「うちわ」。裏側に季節のお便りが書かれていました。そこで、私達もお返しをしなければ・・・と、ラベンダーとハーブで小さな花束を作って、封筒に入れて送りました。喜んでもらえると嬉しいのですが・・・絵手紙とラベンダー

  • 夏の花達7)ラベンダー

    7月の中旬はラベンダーの花が咲いて、いい香りが広がります。ラベンダーの花にもいろいろな種類があり、中には白っぽい花もあります。友人に送って上げるために一部花を切り取って、薪ストーブや薪の上に新聞紙を広げて乾燥し、ドライフラワーにします。乾燥させると色がくすんでしまうのが嫌ですが、仕方がありません・・・もしラベンダーが欲しいという方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。夏の花達7)ラベンダー

  • 夏の花達6)イチゴジャム作りと花

    今年の苺は小さめで収穫は昨年の1/3くらいでした(一一)。そこで冷凍保存していた苺を集めてジャムを作ることにしました。苺は全部で1400g。半量のグラニュー糖とよく混ぜて、鍋で弱火で煮ます。レモン汁を少し加えて、大小の保存瓶に6個出来ました。イチゴジャムと間引きした野菜を友人宅に持って行きました。そこで余市までサクランボ狩りに行ってきたというグッドタイミングで、サクランボの佐藤錦をごちそうになりました。今が旬でとても美味でした。その友人宅で珍しい花を見せていただきました。ヒマラヤで見られる「ブルーポピー」を思わせるような素敵な色の珍しいポピーです。さらに鮮やかなブルーの「デルフィニウム」は目が覚めるように綺麗でした。種で育てたという「サルビアホルミナム」がピンク、青、白の3色も咲いていました。小さな黄色の「ミニ...夏の花達6)イチゴジャム作りと花

  • 夏の花達5)

    夏の花達の続きです。濃いピンクと薄いピンクの2種類の「カノコソウ」が、やっと元気に咲きだしました。一時葉が白くなったりしたので、木酢を掛けてみました。「ホタルブクロ」「ベンケイソウ」も色違いで咲いています。夏は元気な「イトバハルシャギク」は、別名「宿根コスモス」とも呼ばれる北アメリカ原産の多年草です。黄色い花の「スカシユリ」はラベンダーの中に潜り込んで咲いています。一見「百日草」に似ている「サンビタリア」は夏中、咲きそうです。「ムシトリナデシコ」よく道端に咲いている「宵待ち草」。我が家にひっそりと咲いていました。「ホワイトキャンピオン」。真っ白い花ですが、花の下には赤い縞模様が伸びています。夏の花達5)

  • 夏の花と野菜達4)

    春に植えた「ペチュニア」の花が咲き、植木鉢いっぱいに広がってきました。今年は少し珍しい色の花も買ってみました。いつまでも咲かせるには毎朝の「花摘み」が大切です。時々短めに切り落としをしますが、切り落とした花を挿しておくと、ほとんど花が枯れることなく、増えていきます。水やりが大変だと思いつつ、挿し木で増やしています。野菜達もだいぶ育って花が咲きだしました。ズッキーニカボチャナスキュウリ産地直送で食べることが出来るのが楽しみです・・・夏の花と野菜達4)

  • 広々としたジャガイモ畑

    今年もジャガイモの花があちこちで咲いています。まだ花の写真を撮っていませんでしたので、曇り空を気にしながら朝出かけました。八幡地区の方へ下りてみると、あちこちにジャガイモの花が咲いて広大な畑がありました。ただ、あいにく羊蹄山の山頂付近は重い雲に隠れていて、山をバックの撮影ができませんでした(一一)。白い花は「とうや」ピンクの花は「男爵やキタアカリ」でしょう?8月になるとホクホクとした新じゃがを食べることが出来ますので、楽しみです(^_-)-☆。このお天気ではよい景色が期待できませんので、かねてから用事があった札幌まで、そのまま車で出かけることにしました。俱知安町から393号線を通り、赤井川の道の駅を経て進んでいくと、「毛無山展望台」に到着。ここから眼下に小樽港周辺が見えます。日本海を経て右の奥に見えるのは「雄冬...広々としたジャガイモ畑

  • 薪ストーブの分解掃除

    薪ストーブの煙突掃除は3年に1回ほど行っていますが、今年は既に6月に終了しました。2階の屋根が高いのでとても危険なため、無事に終わってホッとしています。次に夫はストーブの中の灰をしっかりと取り除いた後に、すべての部品を取り外して、分解掃除をし始めました。写真は外側のガラス戸を外した状態の入り口のドアーです。薪ストーブは気密性が重要で、詰まったり空気の漏れがあると熱効率が悪くなり、火力が弱まったり煙突の出入り口に灰が詰まりやすくなります。ストーブの中の低い位置の部品を取り外したりするのは、大変なようです。煙突とストーブの接触部分やドアーの枠には、グラスファイバー製のガスケットというロープをシール材で張り付け、カタリストの目詰まりを解除し、ストーブ全体には耐火性の塗料を塗りました。数日かかってすべての部品をはめ込み...薪ストーブの分解掃除

  • 夏の花達3)

    わが家に咲いている夏の花達です。夏と言えばこの花「キバナコスモス」です。今年も元気に咲いています。「カノコソウ」濃いピンクの花もあるのですが、日当たりの良い方から咲きました。とても小さな「チシマナデシコ」が芝桜の畑の中にあちこち咲いています。赤と黄色の「ナスタチウム」。今年は5鉢ほど、昨年採った種を蒔いて育てています。涼し気な「ラベンダー」が咲き始めました!近づくとよい香りがします(^_-)-☆。そのうちに蝶が集まってくることでしょう。数本だけパセリとイタリアンパセリを植えています。パセリはいろいろと使い勝手がありますが、イタリアンパセリの方はあまり使いませんので、ある程度伸びるとレンジで乾燥させて、ミキサーで粉にしたり、手で大きめの粉末にして、スープに入れたり、ガーリックバターに混ぜたりして重宝しています。夏の花達3)

  • 夏の花達2)

    夏の花シリーズです。毎年撮影して載せていますが、名前が良くわからないものもあり、昨年と葉異なった名前になったりしています。ごめんなさい・・・最近は「googlelens]で検索しているのですが、よく似ている花は区別が出来ないことも多く困っています。今年はピンクのハマナスが咲いていませんが、白いハマナスは清らかな感じです。「チシマフウロ」と思っていましたが、どうやら「ジャコウアオイ」のようです。小さな花ですが「ノコギリソウ」。葉がのこぎりのようになっています。独特なピンクの色ノ「スイセンノウ」夏になるとあちこちの地面を覆いつくすように広がって咲いている「コバンコナスピ」植えたこともない場所に飛び散って広がります。我が家の野菜達はやっと成長が進んできました。小松菜や蕪はどんどん間引きをしなければなりません。豆類、サ...夏の花達2)

カテゴリー一覧
商用