searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
風景居酒屋ごじゃ満開(goo版)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/say10ya60
ブログ紹介文
居酒屋ごじゃ満開(楽天版)の続きです。与太話に房総・南部・旅先の風景を添えてご提供しています。
更新頻度(1年)

205回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2010/05/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ぱんぷきん ぱいさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぱんぷきん ぱいさん
ブログタイトル
風景居酒屋ごじゃ満開(goo版)
更新頻度
205回 / 365日(平均3.9回/週)
フォロー
風景居酒屋ごじゃ満開(goo版)

ぱんぷきん ぱいさんの新着記事

1件〜30件

  • 3544)盛岡彷徨 御所湖2021初夏

    先日、BGM代わりに昔録画した音楽DVDを流していたら、数年前の紅白歌合戦で歌われた東京五輪音頭が流れてきました。1964(昭39)年の東京五輪のテーマソングのような存在ですが、来月始まるであろう東京五輪のイメージソングはまだ聞いたことがないですね。例年の五輪時期には刷り込まれるほと耳に入ってくるのですがね?私が気付かないだけ?ここ数日、岩手県内陸では激しい雷雨が続いています。運よく私の外出や出退勤時には上がっていますが。本日はそんな雨空とは正反対、快晴下の御所湖と岩手山です。何か用事があって御所湖に出向いたのではなく、最近愛車を走らせていなかったけれどあまり遠出はしたくない・・そんな気分で向かいました。まずは定番の御所大橋のたもとです。暑中見舞いに使えそうな1枚と自画自賛しています。(盛岡市繋ー20201/0...3544)盛岡彷徨御所湖2021初夏

  • 3543)ちょっと隣県へ 秋田県仙北市(水鏡)

    昨日は6月の第2土曜日。例年であればチャグチャグ馬コの日でした。当初は規模を縮小して開催の予定でしたが、新コロ感染拡大を受けて判断が変わり、2年続けての中止となりました。そのほとんどが中止となる北東北のお祭りの中で開催の方向にある「さんさ」そして開催がまだはっきりしていない大曲花火はどうなるでしょうか?本日は秋田新幹線「こまち」の車窓です。ちょうどほぼ1ヶ月前、公務で秋田に行った際に撮りました。天気はまずまずでしたが風があったようで、水の張られた田んぼは波が立っていました。(仙北市田沢湖神代ー2021/05/11ー)秋田新幹線の盛岡~秋田間の車窓は起伏に富んていて、このような水田があるかと思えば山間を縫うように走るところもあります。車窓から外を眺めるのもよいですが、それぞれの場所で行き来する「こまち」を眺めてみ...3543)ちょっと隣県へ秋田県仙北市(水鏡)

  • 3542)時刻表2011年6月号(大震災から123ヶ月)

    東日本大震災で東北地方の鉄道は大きな被害を受け、復旧に時間を要した路線、復旧を断念しBRTへの道を選んだ路線と様々です。そういう中にあって東北新幹線(山形・秋田含む)は2011年4月29日に全線が暫定復旧しました。「暫定」というのは応急処置を施しての復旧という意味で、被害の大きかった区間は徐行運転での再開でした。暫定復旧の時刻が時刻表に反映したのは6月号からで、ちょうど10年前です。時刻表の表紙には「全線復旧暫定ダイヤ」の文字が見えます。中を開き東北新幹線のページを見ると、例年の6月号であれば夏の臨時列車がページを埋めているのですが、暫定ダイヤということもあり載っておらず、賑わいに欠ける誌面となっています。また、徐行運転により所要時間が平時より伸びています。当時の「はやて」の盛岡~仙台間は平時で43分でしたが暫...3542)時刻表2011年6月号(大震災から123ヶ月)

  • 3541)岩手彷徨 八幡平市(上坊の一本桜2021春)

    先日、ここ10年通っていた床屋が満員で入れず、でもこの日しか時間が取れなかったので、10分で散髪してくれるチェーン店に入りました。最初の盛岡市民時代(2008~2010)以来2度目の入店でしたが、愛想良いスタッフに「初めてですか?」と聞かれた際、「10数年ぶりです」と答えるのが恥ずかしくて「初めてです」と答えてしまいました。私は、やはり小市民ですね。桜前線というものはいわゆるメジャーな桜の名所の到達で紹介されることが多く、岩手県以北では北上展勝地、盛岡城跡公園、その次は弘前でしょうか。こういう紹介のされ方だと桜前線が弘前に到達した頃、岩手はもう見頃を終えているように思われそうですが、標高差というものがありますので、前線が到達したからどこでも咲いているというわけではなく、前線が去ってしばらくしてから見頃を迎える場...3541)岩手彷徨八幡平市(上坊の一本桜2021春)

  • 3540)岩手彷徨 滝沢市(岩手山と菜の花)

    一昨日の新聞に「青森ねぶた中止」と載っていました。先日は竿灯の開催も中止と報じられ、聞くところによると東北の大きな夏祭りで開催を発表しているのは「盛岡さんさ」だけのようですが、見る方も参加する方も密なイベントです。密を避けることが求められる中でどのように開催するか、運営側も悩んでいることでしょう。衣替えも過ぎ梅雨も近いであろうこの時期ですが、当店は春の貯金の掃き出しです。場所は国道282号線の滝沢市内のバイパス区間です。菜の花のバックに岩手山・・・と言えば小岩井か厨川の東北農業研究センターが浮かびますが、この日までに前者を訪れる機会は無く、後者は今年もコロナで公開せず・・・。そんな中で北に車を走らせた時に目に留まったのが今回の菜の花です。写真を見ると一面の菜の花畑をバックに岩手山がそびえているように見えますが、...3540)岩手彷徨滝沢市(岩手山と菜の花)

  • 3539)盛岡彷徨 北上川2021(山田線からー32~37景目ー)

    新聞にお役所の脱ハンコ率を数年後には9割以上減らすという記事が載っていました。お役所というと手続きが旧態依然しているイメージがありますが、金融機関も同様・・あるいはそれ以上で、奉公先でネットバンキングを申し込むのに何枚も書類を書いたりしました。webのためにアナログな手続きが要る・・・なんだかなぁ。月を跨いでしまいましたが、本日は5月の北上川です。5月の出勤時の半数以上は山田線利用でしたが、2両が1両になったせいか朝の山田線は以前より混んでおり、雲がかかっていない朝の岩手山をバックにした北上川を撮りたくても中々取れない1ヶ月でした。そんな中での数カットですが、4月にこの風景をご覧いただいた最後に触れたとおり、次第に緑が濃くなっているように感じました。(盛岡市西下台町-2021/05/01-)(盛岡市西下台町-2...3539)盛岡彷徨北上川2021(山田線からー32~37景目ー)

  • 3538)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2021-3景目-)

    昨日ポストを開けると、3,000円の値引券が付いたカラオケボックスのチラシが投函されていました。1年前に新コロの感染拡大時には悪者扱いされたカラオケボックス、昨今は酒類を提供する店が矢面に立つ中でその名前はメディアに登場しないですが、3,000円も値引きしても来店を促すほど、厳しい状況が続いているのでしょう。かくいう私も3,000円引は魅力ですが、二の足を踏んでしまいます。東京圏ほどではないですが、岩手県もほぼ毎日2桁の発症が報じられていますから・・・。本日は今年2度目の一関遊水地でございます。ここ数年は幾度もご覧いただいてきましたが、今年はまだ3景目です。同じ岩手県ですが県南になかなか足が向いていないなぁと思う次第です。その3景目は田植えさなかでした。水が張られた水田には苗も植えられており、ひと息といったとこ...3538)岩手彷徨一関市(一関遊水地2021-3景目-)

  • 3537)盛岡彷徨 開運橋花壇2021春

    北海道、北東北の縄文遺跡が世界遺産入りすることが確実となり、今朝の地元紙では一面トップの扱いでした。そのうち岩手県にあるのは一戸町の御所野遺跡で、10数年前に訪れたことがありますが、このような遺跡は平泉の金色堂のように当時の物が残っているわけではないので、想像力に乏しい私にはただの広い野原でした。それじゃダメじゃん。本日は開運橋花壇でございます。春の開運橋花壇といえばチューリップ、毎年カラフルな色が左岸に並びます。過去を振り返ると4月下旬に見頃を迎えており、今年もその頃に見にいけば華やかな様子を眺められると思っていましたが、桜前線の北上が早かったのと同じくチューリップの開花も早かったようです。左岸の花壇に並ぶチューリップの色はややあせ、花が落ちて茎だけになっているものもありました。その中で花壇中段の一角だけはい...3537)盛岡彷徨開運橋花壇2021春

  • 3536)岩手彷徨 北上市(焼石岳)

    前菜のネタに困ると過去の前菜を振り返ります。2011年5月25日を見返すと、節電のため、夏の甲子園大会決勝戦の開始時間を早めるという話題に触れていました。今夏の甲子園はきっと無観客か人数制限で開催されることでしょうが、炎天下での無観客試合となったら、どのような雰囲気なのでしょうかね?本日の1枚は1か月以上前ですが、前回ご覧いただいた一関遊水地からの帰路で目に留まりカメラを構えたものです。南北に走る県道から分かれて西に向かう農道の先に、焼石岳がそびえていました。もちろん実際は違うのですが、この農道をたどれば焼石岳のふもとにたどり着く・・そんな風に見えました。この日は春の日差しを浴びて長閑であり、青空の下で雪を残した焼石岳は絵になりますが、もう1~2ヶ月前であれば山から下りてくる地吹雪に見舞われる日々だったでしょう...3536)岩手彷徨北上市(焼石岳)

  • 3535)岩手彷徨 一関市(遊水地展望台)

    昨晩21時前の東北向けニュースを観ていたら、昨年中止となった「東北絆まつり」が山形市で開催されていると報じていました。「東北六魂祭」の後継として2017年に始まり本来は昨年が山形市でしたが、新コロにより1年延期となりました。開催されましたがパレードはなく展示が主だったようで、どのぐらい盛り上がったのでしょう。本日は久々、一関遊水地の登場です。といっても新幹線車窓ではなく、遊水池展望台から見た一関遊水地です。ここからの風景をご覧いただくのは何年ぶりでしょうか。もう少し有名になってもいいような場所ですが、この日は私の他は2組だけでした。間近で見ると重厚な東北新幹線も、これだけ離れた場所からみると豆粒のように見えます。(一関市舞川ー2021/05/02ー)盛岡から100キロ近く離れており、車でないとなかなか行けない場...3535)岩手彷徨一関市(遊水地展望台)

  • 3534)早桜2021 雫石町(小岩井の一本桜)

    恐らく5年以上ぶりにプランターで花を育てようと思い、朝顔とコスモスの種を撒きました。長い間放っておいたプランターですが、種を撒き10日ほどで目を出してきました。こんな土壌でも芽を出すのですね。植物の生命力の強さを感じてしまいました。花が咲く頃、コロナはどうなっているでしょうかね?梅雨間近でご覧いただく今春の桜、本日は最終回。有名どころの「小岩井の一本桜」です。この日は大型連休のさなか。不要不急の外出は控えるように訴えられつつもどの観光地も昨年より多い人出と報じられていますが、小岩井の一本桜も同様、10数台しか停められない駐車場は満車で、歩道では多くの人が一本桜にカメラを向けていました。午後だから空いていると思いましたが甘かったです。駐車場内で動けなくなった時にシャッターを切った1枚で見たことにし、駐車場を後にし...3534)早桜2021雫石町(小岩井の一本桜)

  • 3533)東北デスティネーションキャンペーン(大震災から122ヶ月)

    全国的な話題度は分かりませんが、4月1日から9月30日までの間、東北6県の自治体や観光関係者とJR6社などが一体となって行う大型の観光キャンペーン、「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」が開催されています。特設HPによると「各県の力をかけ合わせて東北の大きな力にし、東北の魅力を国内外へ発信することによって東北観光のブランド化を推進していくことを目的とし、この機会に多くの方が東北を訪問し、復興に向けて歩む姿を見て欲しい(要旨)」と震災復興と絡めての取り組みでもあるようです。しかしながら、半年に及ぶキャンペーンは新コロ感染拡大の中で始まり、様々な関連催しが中止や縮小となっています。40日以上経ちますが盛り上がりはいまひとつ・・のように感じています。そもそも域外からの訪問者が少ないのではないでしょうか?本日乗...3533)東北デスティネーションキャンペーン(大震災から122ヶ月)

  • 3532)早桜2021 雫石町(丸谷地の桜)

    新コロ感染拡大が収まらず緊急事態宣言が延長され、国際五輪委員長の来日が延長されました。各紙が報じていましたが、東京五輪開催の是非を論じつつ、聖火リレーを盛り上げるような記事も載せておりました。多様な意見を載せるのは新聞の役目なのでしょうが、紙としてはどっちなのでしょうね?どっちにしても五輪が開催されればもろ手を挙げて金銀銅と盛り上がるのでしょう。「早桜」といいながらご覧いただくのは大型連休後になってしまいましたが、本日は雫石町の桜です。同町で一番有名であろうのは小岩井の一本桜でしょうが、小岩井牧場へ向かう県道219号線では岩手山と桜並木をセットで眺められます。当店では久しぶりの登場かと。(雫石町丸谷地-2021/04/25-)「大型連休中の外出は控えて」と言われる中で夕刻の訪問でしたが、駐車場は頻繁に車が出入り...3532)早桜2021雫石町(丸谷地の桜)

  • 3531)早桜2021 岩手町(沼宮内の桜)

    新型コロナウイルス感染拡大の話題の陰に隠れてしまっていますが、人口推計によると、子ども(14歳以下)の数は1,493万人と40年連続で減少しました。ピークの1954(昭和29)年は2,989万人でしたので半分以下ですね。この時期の定番の話題でありますが、昨年同様新コロの話題に隠れてしまった感があります。平時ならこども庁の話題とセットで語られたことでしょう。新緑の季節ですが、当店はまだ桜です。本日ご覧いただく桜は当店初登場、岩手町北部にある弓弭(ゆはず)の泉へ向かう朽木川沿いの桜です。弓弭の泉は幾度も訪れていますが、桜の時期とは重ならなかったのかこの桜には気づきませんでした。(岩手町沼宮内ー2021/04/25ー)桜並木と呼ぶには本数は少なく樹齢もまだ浅いと思われる幹の太さでした。名所とはならなそうですが、本数は...3531)早桜2021岩手町(沼宮内の桜)

  • 3530)早桜2021 盛岡市(岩大裏門と夕顔瀬橋袂の桜)

    昨年の5月5日を見返したら、2020年4月の羽黒山が載っていました。田に水が入った4枚目に見とれてしまいましたが、振り返れば昨年6月を最後に羽黒山を見ていません。それはすなわち10ヶ月間関東に足を踏み入れていないことにもなります。このご時世行くことははばかられますが、羽黒山は見てみたい・・・そう思いました。本日は盛岡市街の桜です。盛岡市の標本木による開花宣言は4月9日でしたが、標本木でない桜の中にはそれ以前から花開いているものも多く、開花宣言から数日後にはあちこち満開となっていました。本日はその中から、岩手大学裏門と夕顔瀬橋袂の桜でございます。まずは岩手大学裏門の桜です。河津桜のように色が濃いと曇天でもあまり気になりませんが、このような薄い色の桜は雲の白さ(灰色?)に沈んでしまうのは残念です。(岩大裏門の桜ー盛...3530)早桜2021盛岡市(岩大裏門と夕顔瀬橋袂の桜)

  • 3529)早桜2021 一関市(須川を背景に)

    昨年5月1日の前菜を見返すと、4月30日時点の全世界の新コロ感染者は約319万4千人・死者約22万8千人でしたが、1年経っての感染者は約1億6千万人・死者は約316万6千人と、感染者は約50倍、死者は約14倍となっていました。数字的な状況は1年前より悪化していると思いますが、私の緊張感は当時より下がっている気がします。皆さんはいかがでしょうか?緊張感が下がる中、人の集まらない場所へ出向き、2021年の桜の続きです。実世界では桜の季節は終わっているのですから、のんびり御覧いただくと夏になってしまいそうです。本日は桜というよりはその背景が主役です。晴れた休日、久しぶりに一関遊水地を一望できる展望台へ行きました。広い遊水地を渡る東北新幹線も絵になりますが、本日は展望台から西方に見える北上川とその奥に見える須川です。そ...3529)早桜2021一関市(須川を背景に)

  • 3528)盛岡彷徨 北上川2021(山田線から-25~31景目-)

    2月13日土曜日に大きな地震があり、5週間後の3月20日土曜日にも大きな地震がありました。そして6週間後の本日、最大震度5強の地震が起きました。となると次は7週間後の6月19日土曜日でしょうか?外れて欲しい予想です。本日は4月の北上川と岩手山です。昨年4月は夕刻の1枚だけでしたが、今年は朝の様子を7枚用意しました。4月が進むにつれて右岸(画像左側)の桜が色づきそして葉桜となり、岩手山の雪も少しずつ減っているように見えます。(盛岡市西下台町ー2021/04/01ー)(盛岡市西下台町ー2021/04/07ー)(盛岡市西下台町ー2021/04/20ー)(盛岡市西下台町ー2021/04/22ー)(盛岡市西下台町ー2021/0424ー)(盛岡市西下台町ー2021/04/27ー)(盛岡市西下台町ー2021/04/29ー)北...3528)盛岡彷徨北上川2021(山田線から-25~31景目-)

  • 3527)早桜2021 平泉町(

    一昨日(4月25日)から1都3府県に3度目の「緊急事態宣言」が発せられ、飲食店の時短などが実施されています。「二度あることは三度ある」でしたが、「仏の顔も三度まで」でもあります。大型連休を挟んでの17日間、その先にはどのような日が待っているのでしょうか。それでも季節は変わりなく動いており、例年と変わらぬ春が過ぎつつあります。「変わらぬ」とは申しましたが桜前線の北上は早く、盛岡市内の開花宣言は4月9日(金)、昨年は21日でしたから12日も早かったです。本日からはその早かった桜でございます。本日ご覧いただくのは平泉町の桜です。平泉の桜といえば中尊寺へ向かう国道4号線や中尊寺裏手の桜が浮かびますが、本日は名もなき桜並木(並木?)です。意図して向かった場所ではなく、偶然見つけたものです。場所は平泉バイパスと東北本線の間...3527)早桜2021平泉町(

  • 3526)盛岡方向 岩山展望台から(ー2020春手前ー)

    駅のコンビニに会社の後輩と入ったところ、東北新幹線を描いた珍味が並んでいましたが、それを見た後輩が「へぇ・・昔の東北新幹線はだんご鼻だったんですねぇ」と感心していました。10歳近く離れていますが、今40歳前半の世代になると、東北新幹線がだんご鼻だったことも知らないのですねぇ。来年で東北新幹線開業40周年ですが、当時4~5歳であればそうなのも無理らしからぬ話なのでしょう。本日も春手前の風景。岩山展望台からの盛岡市と岩手山です。当店では約2年ぶりの登場となりますが前回は夜景、昼間の風景となれば約5年前以来です。晴天の時しか訪れない場所・・・と思っていましたが、5年前は曇天でした(こちら)。この日は快晴。他にも多くの人が訪れ、入れ替わりシャッターを切っていました。画像中央の黒点は汚れでなく、飛んでいた鳥です。こういう...3526)盛岡方向岩山展望台から(ー2020春手前ー)

  • 3525)ちょっと隣県へ 秋田県湯沢市(鳥海山-2020春手前-)

    百均に行ったところ、様々なマスクが並んでいました。毎朝寄るコンビニも同様で、1年前はTVで紹介された手作りマスクを実践し着用していたことを考えると、今の品ぞろえは別世界のようです。物議を醸したアベノマスクももう死語でしょうか。盛岡市は桜が満開を迎えておりますが、当店はまだ3月のままです。本日はお隣り秋田県から、湯沢駅から眺めた鳥海山です。湯沢へは年に数度公務で足を入れますが、駅から鳥海山を眺めたことがありません。そもそもこの山、私が秋田県に足を入れるタイミングと相性が良くないようで、近くを通ってもその全容をなかなか見せてくれませんでした。この日は快晴で、それまでの相性の悪さを帳消しにするうような姿を見せてくれました。(秋田県湯沢市ー2021/03/09ー)鳥海山といえば、日本海側の羽越本線や国道7号線から見ると...3525)ちょっと隣県へ秋田県湯沢市(鳥海山-2020春手前-)

  • 3524)盛岡彷徨 御所湖と繋大橋ー2020春手前ー

    数日前のニュースですが、チケット予約の「ぴあ」が6月で店舗の運営を終了すると報じていました。チケット販売が店頭や電話からネットに移行し、今やネット販売が大半であることがその背景にあるそうです。今や私もネット購入者の1人ですが、その昔は発売開始日の午前10時から電話をかけ続けて、ようやく繋がったら売り切れ・・・という展開ばかりでしたね。公衆電話は繋がりやすいという都市伝説もありました。こんなのも昔話なのですね。4月9日に桜の開花宣言が出た盛岡ですが、当店はまだ3月の風景です。5月の風景を6月に御覧いただいてもあまり違和感はありませんが、3月の風景を4月に御覧いただくというのは、季節ずれを感じます。それはそれとして、本日は御所湖に架かる繋大橋です。初めて見たのは10年以上前であり、年に1度ぐらい通っています。この日...3524)盛岡彷徨御所湖と繋大橋ー2020春手前ー

  • 3523)復刻版「東日本大震災」(大震災から121ヶ月)

    先月11日(2021年3月11日)は東日本大震災から10年という節目で、当店でもその話題に触れていましたが、「あの日から10年経った3月11日、私の中ではあっという間に過ぎてしまいそうです。」と結んでいました。その通り当日は黙とうをすることもなく、奉公先でもそういう雰囲気にもならず、終日「10年」を大きく取り上げていたメディアとは対照的に1日を終えました。そして翌日(3月12日)、床を出て新聞を取りに行き、いつものように開いた中に「三陸に大津波」という大きな活字が躍っていました。おりしも最近大きな地震が続いていたので、「寝ている間に大きな地震と津波が起こったのか」と一気に目が覚めましたが、よく見れば上部に「復刻東日本大震災」と載っていました。(岩手日報2021年3月12日付)その上部の囲みを読むと「当時取材した...3523)復刻版「東日本大震災」(大震災から121ヶ月)

  • 3522)岩手彷徨 雫石町(小岩井の一本桜 ー2020春手前ー)

    新型コロナ感染の感染再拡大が懸念されている中、わが岩手県も連日二桁の感染者が報じれています。いつ自分も感染してもおかしくないのですが、わが身に1年前のような緊張感が薄れているのも正直なところです。あの時は感染が拡大している東京と感染者ゼロの岩手県を行き来しており、自分が原因で岩手県民に発症者が出てはいけないという思いがありましたね。今でも自分が原因になってはいけないことには変わらないのですが・・・。自粛疲れと同じ構図でしょうか?3月下旬から暖かい日が多く、もうじき岩手県でも桜の開花が発表されそうですが、本日は3月に撮った春手前の風景でございます。当店でおなじみ雫石町の「小岩井の一本桜」ですが、過去を振り返ると一昨年の秋以来のようです。この頃はまだ桜の開花には遠く、行き交う車も停まることなく過ぎていくばかりでした...3522)岩手彷徨雫石町(小岩井の一本桜ー2020春手前ー)

  • 3521)盛岡彷徨 北上川2021(山田線から-17~24景目-)

    感情的な一文を載せてから1年経ち、小さな島の住民から三たびの南部生活となりはや9ヶ月が過ぎました。時間は経ちましたが新コロとの日々は変わらないですね。「withコロナ下での新しい日常」なんて言葉が交わされるようになって久しいですが、どのような2021年度となるのでしょう?いろいろ思いは交錯します。本日は3月の山田線からの北上川と岩手山です。ご用意したのは7景ですが、実際には10数回カメラに収めました。すっかり朝の足となった山田線、1日6往復の列車を通勤に利用するようになることがあるとは思ってもいませんでしたが、私にとっては仕事という日常へ向かう非日常の時間です。もっとも、ほぼ毎日乗っていれば非日常ではなく日常のようにも思いますが。前置きはさておき、どうぞご覧ください。(盛岡市西下台町ー2021/03/01ー)(...3521)盛岡彷徨北上川2021(山田線から-17~24景目-)

  • 3520)盛岡彷徨 境田川原踏切拡幅完了

    緊急事態宣言が解除された昨日(22日)、秋田へ往復しましたが、往路も復路も今までにない乗車率でした。とはいえ5割程度の乗車率なのですが、この1年ガラガラな車内を見慣れた身には混んでいるように見えてしまいました。5割が6割・7割に戻り・・・となるのでしょうか?1ヶ月後の前菜でどう触れていることか・・・?たまにはタイムリーな話題を・・すでに1か月半以上前の話ですが・・・。拡幅工事のため通行止めとなっていた盛岡駅北側の境田川原踏切が今年2月1日から通れるようになっていました。当店に初めて登場したのは2019年6月24日(こちら)、その後工事期間中の様子も一度ご覧いただいたかと(こちら)。そして今回が3度目の登場でおそらく最後の登場であろうかと。まだ新しいこともありますが、全く別の踏切のようでした。百万言費やすより画像...3520)盛岡彷徨境田川原踏切拡幅完了

  • 3519)盛岡彷徨 中津川・ナナック・バスセンター

    昨日18時9分に最大震度5強の地震が発生し、幸い奉公先や仕事先に被害はありませんでしたが、2/13の大きな地震も土曜日でした。前回から約1ヶ月後の大きな揺れ、次は・・・なんてことを考えてしまう自分がいました。本日は雪が溶けた2月末の盛岡市から、まずは上の橋から見た中津川です。中津川は2008(平成20)年の初登場以降幾度もご覧いただいてきており、上の橋から眺めた姿もご覧いただいていることと思います。久々に上の橋から眺めてみましたが、そのまま撮るのも味気ないので擬宝珠で遠近感を作ってみました。(盛岡市本町通ー2021/02/28ー)中津川沿いに下流へ向かい、中の橋の東側の肴町へ。角に建つ「ナナック」は閉店して久しいですが、今もその名前を掲げていました。(盛岡市中ノ橋通ー同上ー)そのナナック、1階に大きなパネルで「...3519)盛岡彷徨中津川・ナナック・バスセンター

  • 3518)春が来る前に 秋田県大仙市(大曲駅)

    新コロの昨日(3/16)の国内新規感染者は1,134人、日本の人口約1億2千万人をこの新規感染者数で割ると約289年で全国民が感染する計算になります。これだと遠い話に感じますが、一方ブラジルの3/16の新規感染者約8万4千人で割ると約4年で全国民が感染することになり、近い話に聞こえてきます。一瞬、日々報じられる新規感染者数が単なる数字でなくなりました。「春が来る前に」の3回目はお隣り秋田県から。JR大曲駅の車止めに積もった雪です。今年に入って秋田県へ出向く機会が多く、この日は大曲でお仕事でした。大曲駅は秋田新幹線「こまち」が進行方向を変えるのでこのような車止めがあるのですが、ずっぽり雪に埋もれていました。駅の屋根にも数十センチの積雪です。この時分は連日雪の話題が続いていたと記憶しています。昨年の様子は伝聞でしか...3518)春が来る前に秋田県大仙市(大曲駅)

  • 3517)ちょっと隣県へ 秋田県秋田市(泉外旭川駅開業)

    一昨日にJRダイヤ改正がありましたが、東京圏では新コロ禍や夜間保線時間の確保などの理由から終電の繰り上げが行われ、週末のニュースでも取り上げられていました。「半世紀ぶりの繰り上げ」とまで言うメディアもありましたが、私が随時利用するJR山田線の終電は10数分繰り下がりました。とはいえ盛岡発20時13分ですから、東京圏に比べれば・・。このダイヤ改正では先述の終電繰り上げをはじめ、華やかな話題より縮小系の話題が多いように感じながら時刻表のページをめくりましたが、そのような中、JR奥羽本線の秋田~土崎間に新駅「泉外旭川」駅が開業しました。ちょうど公務が秋田であったので、一歩足を延ばしてみました。同駅は奥羽本線の上下線がやや離れた場所に位置し、南の泉地区、北の外旭川地区を結んだ地下通路の真ん中に駅舎へ上がる階段があるとい...3517)ちょっと隣県へ秋田県秋田市(泉外旭川駅開業)

  • 3516)春が来る前に 盛岡市(こまちからの岩手山)

    昨日の地元紙朝刊には、2011年3月12日付新聞の復刻版が別刷りで付いていました。一面には本震の震度が載っていましたが、岩手県を見ると沿岸の震度6から内陸の震度4までその大きさに差があったことを知りました。広い岩手県、本震の感じ方は人それぞれだったのでしょう。本日は約1ヶ月前に乗車した秋田新幹線「こまち」の車窓から見た岩手山です。秋田新幹線は盛岡から春木場あたりまでの区間で車窓右手に岩手山を見ることができます。まずは盛岡で東北新幹線から分岐した秋田新幹線の右手に現われた岩手山です。晴れていればこのように、東北新幹線が岩手山に向かって真っすぐ伸びているように見えます。ここに列車が登場すれば絵になるのですがね。(盛岡市北夕顔瀬町-2021/02/12-)そして秋田新幹線は地上に降りガタンゴトンと走りますが、岩手山は...3516)春が来る前に盛岡市(こまちからの岩手山)

  • 3515)オンライン写真展(東日本大震災から120ヶ月)

    言わずもがな、本日は東日本大震災から10年ですが、1年数ヶ月前には想像もしなかった新コロ禍でこの日を迎えています。本日は被災自治体で慰霊式が開催されますが、開催の仕方は様々のようです。感染拡大の心配がなければ、慰霊式だけでなく、東日本大震災に関する講演会や展示会が数多く行われていたでしょうが、新コロ感染拡大防止として3密(密閉、密室、密集)の回避が求められる中で、人が集まる催しは開催しずらいことと察します。そんな新コロ禍でにわかに脚光を浴びたのが「オンライン●●」、会議だけでなく飲み会や展示会といった様々な場がオンラインで開催されていますが、東京都では「東日本大震災から10年東北の今オンライン写真展」を開催。復興の歩みや震災の教訓をオンラインで展示(?)しています。どれぐらいアクセスしているのかわかりませんが、...3515)オンライン写真展(東日本大震災から120ヶ月)

カテゴリー一覧
商用