山下建築舎.blog
住所
東近江市
出身
東近江市
ハンドル名
山下建築舎さん
ブログタイトル
山下建築舎.blog
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yamashita-817
ブログ紹介文
地域に根差した建築屋さんを心がけ 東近江市(八日市)で建築設計をしています
自由文
-
参加カテゴリ

地域生活(街) 関西ブログ / 滋賀県情報

更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2010/04/15

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数

山下建築舎さんのブログ記事

1件〜30件

  • 瓦屋根葺替え

    今回市内の市街地で改修中の住宅は中心市街地の補助が受けられるエリアに有り外壁の修景と共に屋根の日本瓦葺替えによる修景を行いました古くなった日本瓦を撤去し瓦の下に敷かれていた土、杉皮を撤去しています杉皮を撤去すると野地板が現れました雨漏れなどで下地の板や垂木が腐っている場合もありますが今回は垂木や野地板はそのままに野地合板を施工しています全面に野地合板を張りその上に防水紙を施工し瓦を引っ掛ける為の桟を施工しています施工枚数に合わせて瓦を配置施工完了残暑厳しい中屋根の上で作業ありがとうございます最近は瓦の下に土を使うところは棟等の一部分になり平らなところは桟に引っ掛けて釘留めで屋根に掛かる重量は軽くなりました屋根の軽量化は耐震上も有効です瓦屋根葺替え

  • 外壁改修

    外壁のクラック補修と塗替えが終わりバルコニーの補修になりましたバルコニーは床面のクラックを補修し左官で床をなおしました鉄で出来ていた手摺りは撤去して木格子を嵌め込みました今回改修している建物は市街地の修景エリアにあり外壁の色や配色など周囲の建物と馴染むように配慮していますバルコニーについても以前は西日対策に葦簀を吊られていましたが改修に合わせて木格子を入れて景観に配慮したものにしました周辺の路地では石の舗装に変える工事をされており外壁や屋根、設備機器の目隠しなどにも景観に配慮するように誘導されています今回の改修工事も街の景観に+になればと考えています外壁改修

  • 外壁改修

    市内市街地での外壁改修が始まりました蔵の左横のお家の外壁を改修します既存の外壁はモルタル塗で出来ていますが表面にひび割れ(クラック)が入っている為0.3mm以上はUカット(溝状に削る)を行いシーリング材を充填し補修を行いますモルタルが欠けた部分は左官屋さんに補修をしてもらい塗装を行います別棟で建つ木造の土壁で出来た壁面は下地を新たに造り不陸を調整し透湿防水シートを張り外壁仕上を張ります外壁改修

  • 屋根・壁改修工事

    屋根の葺き替え工事以前の瓦屋根が大きな台風の時に飛散する事が何度かあった為今回の葺替えでは金属屋根に改修しています暑い時期急勾配での作業、しかも金属の屋根材は高温になり作業は大変だったようです。屋根・壁改修工事

  • 屋根・壁改修工事

    梅雨明けになり屋根の葺き替えと外壁の改修工事が始まりました外壁と急勾配の屋根に足場を組んで既存建物の古くなった瓦を取り除き屋根に合板で下地を造り防水紙を施工壁は既存サイディングの劣化したコーキング(目地の防水のシール)を取り除き新しいコーキングに打ち替えて外壁の塗替えを行います天候の安定する夏に行う事が多い工事ですが日差しがきつく業者さんは大変ですありがとうございます施工前の写真足場を組んだ状態です瓦を取り除き古い防水紙が現れた状態です古い下地の上に新しく合板を張った状態です新しい下地に防水紙を張った状態です急勾配な為屋根足場を造っています屋根・壁改修工事

  • 坪庭

    先々月引き渡しを終えたお家の坪庭が出来ました。赤いペレットストーブの横の窓から見えるように計画していた坪庭です通路からも眺められる様にしています隣接の既存建物との間のわずかなスペースですが坪庭があることで華やかになりましたメインはストーブ横の窓からの視線になりますが通路側も窓の取り付け高さをやや低くして坪庭が自然に目に入るようにしていますこの後既存建物の屋根の葺き替え、壁の塗替え工事と進みます坪庭

  • 工房改修工事の外観写真

    先月改修工事を終えた椅子工房お施主様自作のカンバンを付けられましたので外観の写真を撮らせてもらいました。交差点の角っこにある建物で妻面の道ばたに小さな花壇があるのですがそこに植えられている緑が感じ良くていい雰囲気を作ってました工房改修工事の外観写真

  • 配筋検査

    午前中、基礎配筋のチエックに行ってきました。元々田であった敷地に盛り土しその上に木造の住宅が建ちます地盤が弱いところに大きな木造住宅を建築する為構造計算の結果ベタ基礎に地中梁の基礎になりました。配筋の出来上がりがなかなか壮観なのでアップしてみました配筋検査

  • 外構工事

    3月に完成したお家の外構工事が始まりました敷地内既存建物の前から増築した建物の玄関へのアプローチと奥の縁側前の飛び石元々あった植え込みを利用しての庭工事出来上がりが楽しみです画面右手にはスロープを計画しています写真奥重機が置いてあるところから道路までは駐車スペースになる予定です外構工事

  • 改修工事内観、外観

    部分改修工事が完了しました内部の構造用合板の壁を施主様セルフビルドでペンキ塗りを施工された後、電気屋さんに配線工事と器具付けをしてもらいました既存のササラ天井の汚れ清掃と弁柄の補修も施主様施工です既存モルタルコテ押さえの土間と新しく塗られた白い壁、古びた黒の既存ササラ天井がよく合ってます改修部分の外壁は黒塗りの板張ですが入り口建具は緑色の塗装で外観のアクセントになりました改修工事内観、外観

  • 改修工事外壁

    椅子工房へ部分改修していた現場ですファサードの板張工事も終わり残りは少しになりました建具がアクセントになる予定です改修工事外壁

  • 一部減築の増築お家完成

    昨年から一部解体して増築していましたお家が完成しました1階も日当たりがよく2階からの眺めもすごくいいお家になりましたこの後、外部の外構工事や隣接の既存建物の屋根、外壁改修があります最終的には色合いを合わせて景観に馴染むお家になると思います一部減築の増築お家完成

  • 赤いペレットスト-ブ

    搬入後設置の仕上が少し遅れていたペレットストーブの工事です室内から外部に排気をだし出して煙突を立ち上げています停電などで排気のファンが止まっても煙突のドラフト効果で室内に煙が行かないように煙突を立ち上げるそうです私の家でペレットストーブを設置したときは後ろに抜いただけでした。窓越しに見えるのがストーブ本体です真後ろに排気が抜けていますがその横に見える灰色のパイプは給気のパイプですストーブの後ろはこんな感じです排気と給気のパイプが見えます正面から見たペレットストーブです温度設定や運転開始の予約などが出来るらしくリモコンも付いていて私の家のペレットストーブよりずっと賢くなってるようですストーブの販売・設置工事はマックスウッドさんhttp://www.maxwoodjapan.jp/ストーブはリンカルジャパンさんht...赤いペレットスト-ブ

  • 改修工事外壁下地

    改修中の外壁下地工事です建物コーナーの柱の左右に壁を作って補強グラスウールを充填しダイライトという不燃性のボードを施工湿気を通す透湿シートを張って外壁仕上げを張るための下地を施工庇の掛かっている部分の下部のみ今回改修していますこの外壁部分と入り口の建具を色を変える計画です改修工事外壁下地

  • 増築中のお家の建具です

    増築工事中のお家に建具が入りました解体した以前の建物の欄間に入っていた彫刻欄間を建具屋さんに調整してもらい再利用新しい欄間で存在感を放ってますこちらは以前の建物の床の間の書院部分に入っていた透かし欄間こちらは玄関に入ったところの飾り棚に再利用こちらは建具屋さんに頑張って作ってもらった新設の障子照明器具も家族円満の丸いデザインを選択しました和室吹抜部分の2階の障子1階の障子紙と同じモミジ柄が入ったワーロンシート秋をイメージしています増築中のお家の建具です

  • 壁下地

    耐力壁部分の壁下地工事です基礎、土台、柱、間柱と下地を造って断熱材を充填し耐力壁の構造用合板を張っています改修後は椅子やソファの修理などを行われる工房になりますので壁の構造用合板はそのまま現しになります大工さんは釘のピッチやラインにに気を遣いながら丁寧に施工されていました。完成後は施主様施工で合板に塗装をされる予定です壁下地

  • 壁補強

    改修中の住宅の壁補強部分の下地が出来てきました入り口になる部分は両サイドに柱を入れて補強しました足下は柱が土間に接しないように基礎パッキンで少し浮かせています元々交差点に向けてL字に開いていた壁は耐力壁になるように補強しました柱1本で上部床荷重を受けていたところは袖壁を付けて補強しました今回の建物は何度か改修された形跡が見られます本来あるべきところに柱や壁があったはずですが以前の改修で取り払われているようです今回の補強で目一杯頑張ってた柱や梁は荷重が分散されて楽になると思います壁補強

  • 部分改修

    住宅の一部改修工事の現場です元々建物の角がL型に開口部になっていたところに基礎を造り土台を据えて柱と耐力壁で補強する予定です写真は基礎と土台が出来たところです以前に何度か改修されていたようで大きな梁が出てきました。今回はこの梁を受けるように柱を立てて補強します部分改修

  • 障子

    建具屋さんから現在工事中の障子の写真をもらいましたお施主様の要望で円形のデザインにしたのですが桟を造るのに苦労されたようです。でもさすが建具屋さん工夫しながら要望に応えていただきました写真提供野村建具障子

  • 下地、仕上

    天井下地処理と仕上工事です天井や壁のボードの継ぎ目をパテ処理で平滑にしています下地処理の後、仕上材を施工したところです壁はホタテ壁を施工するための下地の紙貼をしたところですがボードの状態からは雰囲気が変わりました徐々に仕上がりに近づいています下地、仕上

  • ストーブ搬入

    今シーズンには間に合いませんが現在工事中のお家にペレットストーブが搬入されました。お施主様が選ばれたイタリア製の赤いストーブですスッキリしたデザインのいいストーブです。ストーブ搬入

  • 一昨年に続き

    一昨年に改修工事を行ったお家の部分改修工事に着手しました今回は住宅の一部を工房に改修し合わせて外部ファサードの一部改修と耐震補強工事です着工前解体着手解体着手元々商店にも使われていたためか建物の角に開口部があり角の柱に荷重が集中していてとてもアンバランスな形状です角に耐力壁を設け、内部にも柱と壁を造る予定です一昨年に続き

  • 階段、広縁床施工

    大工さんのお仕事が順調に進んでます階段の材料が搬入階段施工広縁の床材縁側部分は節の少ない材を使ってもらいました床施工少しペースが上がって来たような気がします。階段、広縁床施工

  • 内装

    内装工事が始まりました天井にガマボードを張るための下地ボードを施工続いてガマボード材料の規格寸法をいかして目透しに張ってもらいました2階の障子を開けると1階から2階の部屋へと連続するように天井を計画し2階の部屋も同じガマボードで仕上げています内装

  • 2019 明けましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございます本年もよろしくお願いします年明け最初の現場の写真です昨年の台風補修工事で外壁を施工される板金屋さんが大変忙しくされていてようやく来られたのが年末でしたが年明けの現場に行くとずいぶん外壁を施工していただいてました。ありがとうございます。一階玄関周囲の外壁の左官工事が残っていますが外部はもう少しで足場が外せそうです。2019明けましておめでとうございます

  • 断熱の次は

    大工さんが丁寧に断熱材を入れて下さった後は気密シートの施工です室内の空気が断熱材に入ると外気温が低い場合壁の中で結露を起こすことがあります壁の中で結露を起こして断熱材が湿ると断熱材の性能が落ちますそれを防いでくれるのが気密シート(防湿シート)です袋詰の断熱材もありますが室内側の気密を上げるためにシートの施工をしています壁、天井とシートが続くように断熱材同様丁寧に施工していただいてます。断熱の次は

  • 屋根壁断熱施工

    屋根、壁の断熱材の施工です室内を屋根の勾配なりの空間にするため屋根断熱を採用し壁から天井へと断熱材が連続するよう断熱材を入れています壁断熱は105mm屋根断熱は120mm×2重に施工しています屋根壁断熱施工

  • 透湿シート

    外部の耐力壁の壁下地のボードの後透湿シートの施工白いシートが透湿シート生活から発生する湿気を壁の中にためないように外に湿気が抜けていくように壁を造ります外壁下地のボードも透湿性のある物を使いさらにその外側に防水性と透湿性のあるシートを張ります屋根の防水シート屋根と壁の取り合い部分は屋根のシートを壁に立ち上がらせてその上から外壁のシートをかぶせますもし漏水しても外へ雨水が排出されるように施工します透湿シート

  • 上棟

    基礎、土台据えに続き建物の棟上げが出来ました屋根部分は垂木の高さが高いので作業場で箱状に組み立てた屋根垂木を並べて取り付けて行くように工夫されています棟上げから2日後外壁に耐力壁のボードを施工屋根には防水シートが張られ外部の下地の施工が進んでいます上棟

  • 土台据え

    旧湖東町で工事中の一部減築の建替え工事基礎ができあがり土台、1階剛床へと工事が進んで来ました基礎土台を据える基礎の上に基礎パッキンを設置しています床下の換気と土台下端の乾燥のために土台下に2cmの隙間をつくります玄関部分は床下の空気が室内に入って来ないように気密タイプの基礎パッキンを設置しています土台の厚みを利用して床断熱材を敷き込みます床下断熱材を設置後、1階床の剛床を施工地震などの横揺れに強くなるように水平面を固めるます土台据え