searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

りびゅあさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

最近はFX講座をポイントサイトから登録、開設し、取引ノルマを達成して、ポイントを稼ぐとういことに熱中しております。それの詳細なレビュー、実況記事が今後増えていくと思いますので、同じ目標の人、または、FXに興味がある方には、為になることが書いてあるかもしれません。

ブログタイトル
りびゅあのちょっと一言
ブログURL
http://fanblogs.jp/reviewa/
ブログ紹介文
ポイントサイト、FX初心者などのレビュー情報、IT関連の話題が主です。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2010/03/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、りびゅあさんの読者になりませんか?

ハンドル名
りびゅあさん
ブログタイトル
りびゅあのちょっと一言
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
りびゅあのちょっと一言

りびゅあさんの新着記事

1件〜30件

  • 世界の核心について

    ここでは、ユダヤ人から陰謀論、そしてヒトラーまでを論じる。 ユダヤ人について ユダヤ人は人種的に言えば、 アシュケナジーとスファラディという2種類の人種がある。 前者は白色で後者が黄色人種らしい。 古代史に出てくるユダヤ人というのはスファラディのユダヤ人である。 多くはアジア人になった。 アシュケナジーは中世ヨーロッパに散らばった多くのユダヤ人である。 主に迫害されてきたのはこのユダヤ人…

  • 食品ロスの問題について

    食品ロスを多くさせている要因について分析する。 ・イベントに関連する食品需要 ・給食制度 まず前者について詳しく述べたい。 これはつまり恵方巻のことである。 小売店としてはお客様にがっかりさせたくないということで品切れを防ぐために多目に生産されてしまう傾向がある。 その結果、従業員にタダで配っても処分しきれず、廃棄することになる。 これに関しては行政が介入する必要があるのと同時に、 そ…

  • 国際金融資本家たちの戦略

    不正をする側も不正を暴く側も国際金融資本家である。 正義のトランプ共和党陣営 対 不正とその疑惑にまみれた民主党 の戦い。 中央銀行制度という真の問題に辿り着かないようにするために、世論の分断は意図的に行われているのだ。 ただ、どちらが勝つかまで完全に国際金融資本たちが制御できるわけではない。 どうせなら、不正を正す側を応援したい。 とりあえず、不正選挙という民主主義への冒涜を許しておくわけには…

  • ベーシック・キャピタルについて

    それはベーシック・インカムとは違います。 ベーシック・インカムとは年金や生活保護費などを一元化するものですよね。 国民年金の役所を一掃するという意味では、これも必要な制度ではあります。 ベーシック・キャピタルというのは、いわば融資とか、信用創造(実際には無いお金を、その人の金銭的価値、生産能力、などを見越して生み出す)という権利を万人に配るという制度です。 たとえば、毎月、自分のためには使えな…

  • 世の中の無駄について

    人の世には古今東西を問わず様々な無駄が存在している。 現代で言えば、毎週のように国民年金の封筒が郵送されてくることや、 町内会の観覧版のようなものがそうである。 その他にも、 実に多くの印刷物が無駄に印刷され無駄に配布されているのだが、 それらの経費は一体誰が負担しているというのだろうか。 ”血税”という言葉は実に真を得ている表現だと思う。 それを取る者は実に巧妙にそれを取る仕組みを考え出した…

  • 発達障碍の原因に新仮説を提唱する

    前置き: そもそも精神病なんて存在しない。 身体の病気はCTやレントゲンや聴診器などで病巣を観察することで、 病的症状の原因に対して病名が付けられるが、 精神病は問診だけ。 この21世紀が20年経った現代文明において、 それとはあまりに不相応な後進さではなかろうか。 そして、問診だけということは、その診断は実際の症状、 患者の振る舞いの記憶だけを頼りになされていることだ。 このように症状…

  • 発達障碍の原因に新仮説を提唱する

    前置き: そもそも精神病なんて存在しない。 身体の病気はCTやレントゲンや聴診器などで病巣を観察することで、 病的症状の原因に対して病名が付けられるが、 精神病は問診だけ。 この21世紀が20年経った現代文明において、 それとはあまりに不相応な後進さではなかろうか。 そして、問診だけということは、その診断は実際の症状、 患者の振る舞いの記憶だけを頼りになされていることだ。 このように症状…

  • ユーチューブの信頼性

    筆者は政治ネタのユーチューブ動画をよく観ますが、 よくよく考えてみると、それを動画でみないといけないのだろうかと。 別に概要欄に台詞を書いてくれただけでも十分伝わります。 更に、写真も付いてたら、動画は要らないなと。 配信者が顔を出して語ることによる、信憑性には効力がありますが、 常連になっていると毎回顔を出されなくても良いと感じます。 例外的に外国語講座は常に動画のほうが良いくらいかと。 …

  • 損切りされるだけで儲からない

    あなたが損切りを入れたところは、大体他の人も損切り注文を入れています。 FXは多くの人が損切りされるように動きます。 多数派になると大体切られて終わります。 そもそも、どこが多数派の入れてるところなのか、ということですが、 オアンダというFX業者のオーダーブックというシステムでそれの参考を得ることができます。 他にも似たようなシステムを用意しているFX業者があるかもしれません。 オアンダ、オ…

  • アンドロイドのダイアログ問題

    スマホの画面に入ると、1秒くらいしてからシステムアップデートの ダイアログ画面が表示されることがある。 筆者はこれを間違えてタップしてしまったらしく、意図せずアップデートが開始されてしまった。 筆者の端末は最初からアンドロイド9 だったのを、9の最新版にしたのだと思う。 元から電源キーだけでスクリーンショットのボタンが表示できるていたのだが、 一つ前のバージョン8ではそこが違うらしい。 アッ…

  • 予測しようと思ってはいけない

    トランプがツイートすることで、大きく下げたりすることがよくありますが、 その影響というものがどのくらい影響するのか、いつまで続くのかというのは、 正直誰にもわからないことです。 一応、後から、こういう理由で昨日から影響が続いているなどと、 評論されることがありますが、そんなものはすべて後付けの結果論に過ぎません。 実際に起こったことから逆算して、根拠を述べるなんてことは 誰でもできるようなことで…

  • FXで継続して勝てる人ってどんな人?

    並みの人間でないことは確かです。 継続して勝てる人とは5年くらい、始めたときからの累計で勝っている人のことです。 まず、FXは計画や方針を決めることから始めます。 自分の取引ルールです。 これが第1段階ですが、これは割りと多くの人が出来ます。 次の第2段階は、そのルールを守ることなんですが、 不測の事態が発生したときにルールを破ってしまう人が多いです。 案外、自分で決めたルールというのは守れ…

  • 入金投資法の果て

    スケベロングなどで入金することになった人は、その入金でロスカットレートを 下げて救われたとします。 ラッキーでしたね、おめでとうと言いたいところですが、 そういう人は一度入金したお金を用が済んでもそのままFX口座に残したまま トレードを続けてしまうことが多いのです。 そのお金はたぶん余剰金だったので、現時点では生活に影響はないかもしれませんが、 たぶんそういう人はまたスケベをやらかして入金しな…

  • ダメなトレード

    スケベロングなどといわれたりしますが、短時間で大きく下げたときなどに、 ここがデイ単位で一番の底値だろうなどと思って、 成り行きでロングするなんてのはダメなトレードです。 そこが底になる根拠はありませんので。 実際にはさらなる大底へ落ちる入り口に過ぎないかもしれません。 そして実際に更に落ちると、今度こそ本当の底だと思ってナンピンをします。 しかし、実際にはもっと下がります。そして回復するの…

  • 良い負けと悪い勝ち

    FXはその日その日で勝てば良いというものではありません。 毎日勝ち続けるのは不可能だからです。 またそのように勝ちが続くこと自体が脳をおかしくしてしまいます。 長い目で見ると程ほどに負けて、負けることに慣れておいたほうが良いのです。 その中でも良い負けがあります。 その負けを繰り返すことが、長い目でみて勝利への鍵になります。 それはルールに従った結果の負けです。 次回に繋げるためにしっかりデー…

  • 大損の仕組み

    FXで数百万溶かした。なんて話が巷に溢れていますよね。 正直、信じられないバカだと思うかもしれませんが、 割とやらかすことがあることです。 105円から100円までの暴落が3時間程で起こったことがありました。 しかし、他の時期ではこのような動きは過去に例のないことだと思います。 例えば、 105円で買いを入れた人が103円あたりまで下がったのを目にしたとします。 そういう場合は直ぐにポジション…

  • 病の原因について

    FXでなぜ中毒になって止められなくなるのか。 筆者は10時間以上通しでやってたこともあります。 クリックするだけでお金が増える快感を一度味わうと脳がおかしくなります。 お金というより数字なんですけど、それをどんどん増やしていくことが、 人生の全てであるように思えてきます。 時に、減ってしまうこともあるのですが、それが更に中毒を悪化させます。 クリックでお金が増える快楽を再び味わいたいだけの生…

  • FX診療所、開業しました。

    数あるFXブログの中でも、ここはFX中毒病から抜け出すための情報配信となります。 とはいえ、実戦で役立つことも書いていくつもりです。 FXをやっていない人がこの文章だけ読んでFXの極意や恐ろしさを学び取るのは 極めて難しいと思います。 しかし、FXをやっている人が、やりながら読んでくれたら、 きっと筆者の言わんとすることが解ってもらえると思います。 そしたら、その人はFXの達人になるか、 ま…

カテゴリー一覧
商用