A Day in the Life
読者になる
住所
出身
ハンドル名
彦さん
ブログタイトル
A Day in the Life
ブログURL
http://dayinthelife.at.webry.info/
ブログ紹介文
コンピュータ一般や情報管理,プログラミング,読書,映画,英語学習などに興味があります.
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2010/02/27

彦さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,652サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,305サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,259サイト
自然科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 288サイト
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,668サイト
英語学習法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 921サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,652サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,305サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,259サイト
自然科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 288サイト
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,668サイト
英語学習法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 921サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,652サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,305サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,259サイト
自然科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 288サイト
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,668サイト
英語学習法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 921サイト

彦さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、彦さんの読者になりませんか?

ハンドル名
彦さん
ブログタイトル
A Day in the Life
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
A Day in the Life
  • エントリのURLについて

    ウェブリブログのリニューアルに関してはだいぶ慣れたつもりでいたのですが、困惑したところがあったので、メモとテストがてらエントリにしてみたいと思います。 具体的には、ブログ記事の URL のつけ方についてです。先月、以下のようなエントリを書きました: アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス) https://dayinthelife.at.webry.info/201904/article_82deb1e9b0.html そのときは…

  • アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス)

    私が本書「アルジャーノンに花束を」を初めて読んだのは、随分前になる。本書は何年か前に新版となったのだが、しばらく前に、改めて読みなおしてみた。そしてそのとき、以前読んだとは違う思いをしみじみ感じた。 今から思えば、前回この小説を読んだときは、人生の喜びも悲しみも分かっていなかった。もちろんそれは、今でも分かっていないのかもしれないし、それどころか一生分からないかもしれない。いずれにせよ、その思…

  • ウェブリブログのメンテナンス終了

    ウェブリブログのリニューアルのための、メンテナンスが終了しました。そこで、テストを兼ねて、エントリを書いてみたいと思います。 (7/2) メンテナンス終了のお知らせ: ウェブリブログ事務局 https://info.at.webry.info/201907/article_2.html 上の記事のコメント欄では、ユーザからの反応が非難囂々で、苦笑してしまいました。まあ、何でも新しいシステムに更新するときには、ユーザの拒否…

  • ウェブリブログのリニューアル

    ウェブリブログがリニューアルするそうなので、メモを兼ねてエントリにしたいと思います。

  • クリスマス・キャロル (チャールズ・ディケンズ)

    いよいよ明日、元号が平成から令和に変わる。元号に意味はないと考えることもできるが、それでも一つの時代の区切りを表すものなのではないか。するとその移り変わりは、いわば生まれ変わりを連想させずにはおかない。そう考えるといろいろな物語のことが思い浮かぶが、このエントリでは、ディケンズによるクリスマス・キャロルについて書いてみたい。

  • ブログが終わりつつある時代に

    もう旧聞に属するかもしれないが、ブログのエントリにしておきたい。

  • 人生論ノート (三木清)

    「人生論ノート」を初めて読んだのは、高校生くらいのときだったろうか。おそらく、ある世代には本書が必読書とされていたという、そんな話を小耳にはさんだのが、読むきっかけだったように思う。

  • ブログ開設13周年と「懶惰の歌留多」

    もう半年も前の話になるが、今年の6月に、以下のような毎年恒例のメールが来た。

  • さくらももこ氏死去

    さくらももこ氏が亡くなりました:

  • 平成の終わり

    先日のエントリ(平成30年の出来事)に書いたように、立て続けに大きな出来事が、平成の終わりとなる今年に起きている。そこで、平成という時代に思いを馳せざるを得なかった。

  • 平成30年の出来事

    7月6日に、麻原彰晃(本名: 松本智津夫)死刑囚の死刑が執行された。

  • 「痴呆老人」は何を見ているか (大井玄)

    単純にいえば、認知症とは、知力、記憶力等のいわゆる認知的な能力が衰える症状である。しかし同時に、認知症は、人間とは何かという根元的な問題を、我々に問いかける存在でもある。

  • 私をとりこにした三人の「女王さま」(宮尾登美子)

    「心に灯(ひ)がつく人生の話」(以下、本講演集と呼ぶ)は、端的に言えば著名人の講演集である。もともとは、文藝春秋で行われた講演の中から選ばれたものが、単行本として出版された。また、文庫化の際、いくつかの講演が追加された。

  • I Have a Dream

    最近ネットをしていて,キング牧師(Martin Luther King, Jr.) の歴史的な演説,いわゆる「I have a dream」 と題されるもののことを思い出した.私はそれについて論じる資格はないので,詳しくは I Have a Dream - Wikipedia などを参照されたい.このエントリでは,その演説に関わる思いをいろいろと考えているうちに,多少感傷的な気分になったので,その記録もかねて書いてみたい.

  • ブログ開設12周年と,今後ブログに書いていきたいこと

    他にネタはないのかと読者から叱責を受けそうではあるが,恒例のエントリである.いやもちろん,書いてみたい話は他にもあるのだけど,時間もないし,それを書くにしても,とくにかくこのネタを書かないと,次にいけないような気がするので….

  • イグアノドンの唄 ――大人のための童話―― (中谷宇吉郎)

    twitter の代替サービスとして半年ほど前に話題になったものとして,「マストドン」 (https://mstdn.jp/ 等) がある.このマストドンは,少なくとも日本の一部では,未だにそれなりに支持されているようだ.そこで当時書こうと思ったのが,今回の記事である.例によって,遅きに失しているけれども.

  • 生きづらいと思ったとき

    以下のような記事があった.

  • 道祖問答 (芥川龍之介)

    ウェブリブログはいつの間にか,90日間記事を書かないと特別な広告を強制表示するようになったようだ.どうしてもこれを消したいので,久しぶりにエントリを書いてみたい.

  • 文人悪食 (嵐山光三郎)

    今年最初のエントリは,嵐山光三郎の「文人悪食」について書いてみたい.なお,この本については以前このブログで少しだけ触れたことがある(参照: 嵐山光三郎の本).

  • ノートの書き方

    こんな記事がありました:

  • ブログ11周年と文章を書くということ

    恒例となった記事を書いてなかった.思い立ったが吉日ということで,いま書いてみたい.

  • 「好きにならずにいられない」と若者への寛容

    昨日の note に書いてみた内容で,思ったことがあったのでここに書いてみたい.

  • 「銀と金」と「樽金王」

    何年か前に Kindle を買ってから,本当に漫画をよく読むようになりました.漫画だけでも,Kindle で1000冊以上買ってます.こんなに大量に漫画を買ってしまった大きな原因は,やはり Amazon の[まとめ買い]というボタンのせいでしょう.このボタンは,まさに悪魔の発明ですよ.…と Amazon のせいにしてみたいところですが,スマホゲームに大金をつぎ込むユーザを笑ってはいられない状況です.

  • 人間ピラミッドについて

    以下の記事を読み,自治体の通告にも関わらず,いまだに危険な巨大組体操を続けている学校関係者に対して,腹が立った.

  • へんろう宿 (井伏鱒二)

    以前,といってももう2か月も前になるが,私の note で,井伏鱒二について触れた.今回のエントリでは,その作品について,もう少し書いてみたい.

  • 先進国における少子化(雑感)

    世界的にみて,先進国では少子化の傾向にある.その理由については,これまで侃侃諤諤の議論があった.それについて新しい知見があるわけではないが,このブログの例によって,駄文をものしてみたい.

  • 僕に踏まれた町と僕が踏まれた町(中島らも)

    先日,生涯に一度の夜という記事を書き,それから連想して,中島らもによる「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」のことを書いてみたくなった.なおこの作品については,以前,本をあまり読まない中高生に薦めたい10作品(その2) でも少し言及した.

  • 生涯に一度の夜(レイ・ブラッドベリ)

    1, 2週間ほど前,HTTPのステータスコード451が話題になった.

  • 自分が世界の主人公でないと気づいたのはいつだったか

    はてな匿名ダイアリーで,以下のような記事があった:

カテゴリー一覧
商用