searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
風来坊参男坊
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kabatakeikichi
ブログ紹介文
徒然なるままに、思い付くままに、気の向くままに。
更新頻度(1年)

279回 / 365日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2010/02/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風来坊参男坊さんの読者になりませんか?

ハンドル名
風来坊参男坊さん
ブログタイトル
風来坊参男坊
更新頻度
279回 / 365日(平均5.4回/週)
読者になる
風来坊参男坊

風来坊参男坊さんの新着記事

1件〜30件

  • 50年に一度

    日本の最北端、北海道稚内市で記録的な大雨24時間雨量は179.5ミリに達しました。これは統計をとり始めた1976年(昭和51年)以降、最も多い雨量です。(略)稚内港から近くの北海道利尻島では、昨夜から断続的に雨が降り続いたため、土壌雨量指数がかなり高くなり、50年に一度の記録的な大雨となっています。利尻島は稚内より6年早く観測を始めたのだろうか。50年に一度の記録的な大雨は確率降水量で統計学による机上の空論で、東京の場合は一日で260ミリ以上降るような大雨は、平均すると50年に一度の確率で起こり289ミリだと100年に一度、318ミリだと200年に一度となっている。従って稚内は実測値であるが、利尻富士町は計算値に基づく表現で基準が違う。年間降水量が零の砂漠で1ミリの雨が降ると千年万年に一度となるのだろう。東京砂...50年に一度

  • 百尺竿頭進一歩

    禁固刑が確定して五ヶ月ほどが経過した。法を無視して世間から非難された結果の犯罪者の禁固刑では決してない。自分で自分を規制する中国武漢を起源とする新型コロナウイルス感染症の行政の外出自粛要請に従うことは崇高な禁固刑だろう。美しい日本を発見する鉄道旅が途切れ閉塞感に苛まされる日々、JR各社は乗車率が低迷し、特にJR東海は東海道新幹線が不要不急の外出自粛で大幅赤字の様である。アベノミックスで推奨した不要不急の外出で活況を呈するから、リニア中央新幹線の建設が不可欠とするなら、不要不急の外出が習慣化するであろう将来にリニア中央新幹線は不要不急の負の遺産になる事が想像される。東海道新幹線は科学技術の頂点を極めたのだろう、その遺産で世間に貢献する、禅語問答の「百尺竿頭に一歩を進む」の一つの解釈だろう。百尺竿頭進一歩

  • 反省するNHK

    石油文明の行き過ぎで地球温暖化が進行し異常気象が常態化、自然災害の悲劇が平和ボケの祖国に頻発している。人間の同士討ちの戦争は人間が解決できるが、自然との戦争は人智が及ばず平穏を祈り、時の流れの解決を期待するのみだろうか。コロナ禍、長引く梅雨、その後の猛暑の熱中症で昼間外出自粛が習慣になった。13時からのNHKBSプレミアムの映画を見て時を流す。「頭上の敵機」「眼下の敵」「荒野の7人」「アラビアのロレンス」「バルジ大作戦」など鑑賞したが、本日は「パットン大戦車軍団」を見ようと思う。人間の戦いを好んで選択するのは戦争礼賛ではなく、戦争の悲劇を忘却しない為の自助努力で、平和ボケにならない為の薬なのだ。NHKテレビは総合テレビ・教育テレビ・BS1・BSプレミアム・BS4K・BS8Kと多過ぎる。その無駄にやっとNHKは気...反省するNHK

  • 時代錯誤の観光感

    国立公園法を改めた自然公園法は、優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図ることにより、国民の保健、休養及び教化に資するとともに、生物の多様性の確保に寄与することを目的として定められた法律。安部政権に批判的な朝日新聞の記事を読んで首を傾げる。国立公園はもともと訪日外国人の利用・外貨獲得という目的で1930年代に指定が始まったが、新型コロナウイルスの流行による入国制限の影響を強く受けた形だ。これは時代錯誤も甚だしい誤解でアベノミックスに忖度した提灯記事だろう。1930年代と言えば戦前で、旅客機は存在せず、外国人観光客が大量に入国して外貨を浪費するとは考え難い。主目的は優れた自然の風景地を保護し、国民の保健、休養及び教化に資する事だろう。結果としてその活動が外国人の共感を呼び、コロナ禍以前の繁栄があっ...時代錯誤の観光感

  • ビートたけしの怒り

    気象庁が「東海地方と関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表したことを伝えたが、ビートたけしは「当たるんですかね?本当に梅雨明けしたんですか?また、3日か4日たったら、土砂降りなんてことないですか」「天気予報は謝ったことないですね。昨日はすみませんでしたって」とし「謝れ、少しは間違えたんだったら」とコメントする。天気予報は親方日の丸の行政府の気象庁の情報を気象庁の試験に合格した気象予報士が気象庁の情報を疑うことなく正確に伝達できる人間のみが生き延びる事が出来る。気象庁の情報と違ったコメントをして、もしその情報が真実だとしても、気象庁はこんな人達と差別し、排除する事が想像される。行政府の最高責任者である総理大臣の国会答を頻繁に聞かされる官僚は洗脳されるのだろう。気象予報士の語る天気予報を全面的に信じる事が間違...ビートたけしの怒り

  • 少年野球はプロ野球

    梅雨が明けて最初の夏休みの終末で名古屋の孫の野球練習試合に招待されたのでコロナウイルスの感染の不安があるが観戦に出掛けた。(地元岡崎はいまだ半日授業で夏休みではない)尾張旭市の森林公園近くの球場だったが、名古屋ドームの様な立派な球場とは大違い、昔懐かしい校庭状の広場だった。クラブチームだからユニホームを着用し、背番号30のクラブ経営者を兼ねる職業監督が率いる。5年生の孫は背番号21で二軍のキャプテンを務め、来年6年になると背番号1を着用する事が期待される。捕手で先発し投手になり打順は2番で二打席一打数凡退、結果は4回0体10のコールド負け。試合は無残であるが、プロ野球を真似ようと必死で元気溌剌無邪気に野球を楽しむ雰囲気は皆無で、体で覚えるより頭で行動する知育で体育には程遠い印象だった。少年野球はプロ野球

  • プラスチックから木製へ

    昔はネットの錯視図形を模写する事に熱中したが、最近はたまたま本屋で見つけた木製立体パズルが面白くて数点購入し完成させた。若い時によく作った米国レベル社等のプラモデルの木製版、厚さ2ミリ程の合板にレーザービームで部品を切り出し、自動車、船、飛行機、建物などを組み立てる遊具。シンデレラの馬車に着色しようと思い作り始めたが、着色が故に部品を間違え途中で分解したら木製部品を数点破損し未完成、部品取りにもう一セットと出掛けたが売り切れ、コロナ禍で外出自粛で平民の思いは同一行動をする様だ。アマゾンで検索すると数倍の価格表示、一物一価の経済原則の通用しない世間である。木製パズルのメーカーは中国のROBOTIME、他にはWOODTRICKなるウクライナの会社で旧共産圏は元気なようである。精密レーザービームの器械で日本は貢献して...プラスチックから木製へ

  • 内野席で密集

    昨日の広島球場のドラゴンズXカープ9回戦は引き分け、弱いドラゴンズは善戦したのだろう、一勝一負一引き分けは上出来。試合よりも気に成った事が有る。コロナ禍でプロ野球は無観客で始まり、最近は観客5千人に限定して開催している。常識的には内野席と外野席の球場全体で5千人と解釈するのが常識だろうと思うが、MazdaZoom-Zoomスタジアム広島では内野席の前部に集中させる密集状態、外野席は無観客の4977人、入場料収入は確かに多くなるだろう。あれで安全なら、球場定員の半分の観客でも大丈夫で経済効果が向上する。安倍政権指示の観客5千人だろうが、杜撰な感染防止策を宣伝している様で、国民の安全安心よりも経済を優先しているように感じる。感染者は全国で激増している、アベノミックスは金の切れ目が縁の切れ目、攻撃するなら代打、守備な...内野席で密集

  • 在来線は新幹線

    九州球磨川に続き山形最上川が氾濫し、異常気象による自然災害の連鎖は継続する。明日は我が身なのだろうか。最上川河畔の陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)の乗車体験を思い出した。北海道を4泊5日で周遊し、青函航路で青森に渡り宿泊、翌日に新青森「はやぶさ12号」盛岡「こまち3号」秋田「542M」酒田「快速最上川」新庄「つばさ150号」山形「440M」かみのやま温泉で下車宿泊、翌日に「つばさ128号」東京「こだま649号」新横浜下車、息子の案内で川崎生まれの岡本太郎美術館を見学、「ひかり527号」で岡崎。停車駅の関係で山形⇒かみのやま温泉は「つばさ」でなく奥羽本線(山形線)だから山形新幹線の完乗は出来なかったのだろうか。山形新幹線車両では確かにそうですが、山形新幹線の線路は完乗したのである。何故ならば山形新幹線=奥羽本線...在来線は新幹線

  • 政治潮流の変化

    政治哲学は多岐にわたり、複雑怪奇であるが、経済一辺倒の安部政治は金の切れ目が縁の切れ目の道を歩むだろう。その政権の閣僚で河野太郎防衛大臣に注目している。カタカナやアルファベットが氾濫する現状を批判して「日本人には日本語」、その通りと拍手喝采する。またお友達の米国大統領に騙され、不良品の地上配備型誘導弾迎撃装置の購入破棄は快挙だった。自衛隊で不要となった装備品の初の競売を発案、開始価格の約33倍の581万8千円の臨時収入を獲得、厳しい財政下で財源確保の一助、手前勝手な試算では2兆円不足予定で雀の涙と述べるが平時なら貴重なお金だろう。貴重な血税を無駄にしない姿勢に賛同する。しかし一朝有事の際は100憶のF35が多数消耗するだろう。専守防衛の防衛大臣の立場でも世界平和を政治哲学の一丁目一番地にするのが大前提である。政治潮流の変化

  • 浪漫なき鉄道

    北海道にある廃止が決定したローカル線の終着駅で駅長を務める孤独な男と、雪のなか駅を訪れた少女との交流を描く高倉健の平成11年の映画「鉄道員(ぽっぽや)」の記事が目に留まった。映画「幌舞駅」は根室本線の幾寅駅を改造して撮影された。2016年8月の台風10号による集中豪雨により斜面の崩壊や線路への土砂流入など甚大な被害が発生し列車は運休しているが、石勝線で札幌に向かう特急「おおぞら」で通過した新得駅から根室本線の代行バスで落合の次が幾寅駅。映画が引き金となって平成30年の北の大地の列車旅を思い出し、1枚の写真を見つけた。徳川家康生誕の城下町・岡崎から新幹線で新函館北斗、特急「北斗」で札幌泊、特急「宗谷}で稚内往復し旭川泊、特急「オホーツク」で網走、釧網本線で川湯温泉泊、釧路を経由して根室往復し釧路泊、特急「おおぞら...浪漫なき鉄道

  • 経済は質素倹約

    コロナ禍で新番組制作がままならないNHKはお宝映像や映画で穴を埋めようとする。そんな訳で「荒野の七人」を春から数回放映する黒澤明監督の「七人の侍」をジョン・スタージェス監督が米国流に作り直した映画の第一作目、続編は呪われた五輪と同様に二番煎じで感動が薄い拳銃を手にした大勢の野党集団が農民を虐待している状況をたった七人の優れたガンマンが退治する物語で繰り返し鑑賞しても痛快、人組の面白さ、生命を守る最強の武器は食料である点を指摘するお友達集団は指導者の独断と偏見で破滅の道が待っているが、異質の優れた少数精鋭は巨悪を粉砕する力を秘めている経済野獣の経済戦争も最先端の科学技術を駆使して金儲けを目指しても「腹が減っては戦にならない」キリギリスの様に遊び惚けていては冬は乗り越えられない。アリは夏に汗水たらし懸命に食料を備蓄...経済は質素倹約

  • 負けて悟りの境地

    地元愛知のドラゴンズ、ナゴヤドームの巨人三連戦で負け越した。昨日の試合は勝てそうだったが、結局負けた。怒り心頭に発し、気分が極めて悪い。何故に怒るのだろう、内省する。金権体質の巨人が気に入らない、強い落合監督時代の残像がある、コロナ禍の患者の多い東京が巨人の本拠地、巨人一強は安倍政権と重なり、こんな人達と呼ばれる人間には耐えられない。諸々のこだわり・とらわれ・かたよりが心に有るから怒りに変わるのだろう。不甲斐ないドラゴンズが無様な試合をしても、生活が社会的にも経済的にも何ら変わらないし、怒ったところでドラゴンズが強くなるわけでもない。勝っても負けても平常心で応援し続ける、般若心経「空のこころ」だろう。負けて悟りの境地

  • 今日は何の旗日

    習慣化した朝夕の散歩、一日の努力目標を6000歩と定め、1時間の歩行になる。ガラケーが当局の電波事情で廃止となるので、無料でスマホに交換させられたら万歩計が内蔵されていて、貧乏人根性丸出し「使わな損々」が動機で、3か月経過したから三日坊主とは言わせない。現役時代は自宅と職場の往復で町内を見る事もなかったが、老境に入り徘徊が日常化し、町内の美しさに感動する。玄関に日章旗を掲揚するお宅の前を通過した。今日は何の日、ネットで検索する令和2年(2020年)に限り、「海の日」は7月23日に、「スポーツの日」は7月24日に、「山の日」は8月10日になります。コロナ禍が無ければ本日がオリンピックの開会式で、その為に政治家の都合で変更した様だが、五輪が延期なのか中止含みなのか変更になり無意味な国民の祝日、海の日と言っても海水浴...今日は何の旗日

  • カオスの社会

    名古屋の孫達が夏休みは本日からなので遊びに来ることが岡崎の爺さんは無上の楽しみ。朝早くに起床、予定の連絡を待望する。外を見ると小学生が隊列を組んで登校する姿が見える。「夏休みじゃないの?」ネットで岡崎市の広報を検索すると、8月10日~21日が夏休み、それまでは半日授業が続く様である。名古屋は7月21日~8月16日が夏休み。古き良き時代は夏休みは全国どこでも夏休み、アベノミックスの物で栄えて心が荒んでいる社会は一筋縄では行かない複雑怪奇なのだろう。カオスの社会

  • 石川昂弥の入門

    輝かしい球歴のある球界最年長の福留は昼間の二軍戦と夜の一軍戦を掛け持ちする「親子ゲーム」に挑み、中日戦に先発出場し三安打、四打点の大活躍「二軍で戦って、一軍で戦って…。実はもうひとつの何かとも戦っている。それが一番の戦いじゃないでしょうか」結局のところ最後に残るのは自分との戦いなのだろう。NHK「心の時代禅の知恵に学ぶ」の再放送を視聴したが、山川宋玄師の説く己事究明、自己との戦いに勝利したのだろう。第91回選抜高等学校野球大会では、全5試合に先発登板しいずれも勝利投手となり、打者としても3本塁打を記録するなどの活躍で優勝の立役者愛知東邦高校の石川昂弥ドラフト一位選手を評して「上品にやろうとし過ぎて練習より小さく見えた」プロ野球は甲子園の高校野球の残像で食っていけるほど甘くない。石川選手の職業野球人の修行がようや...石川昂弥の入門

  • 他人の振り見て

    面識はないが人柄は解るお友達が存在するのがネット社会だろうか、FBで東北海道旅の投稿を拝見した。千歳空港から女満別空港にボンバルディア機で一飛び、車で名勝地を観光した様子、界隈を鉄道で通過したのは2年前の5月中旬だった。旭川から特急オホーツク一号で女満別を通過、網走監獄を見学、釧網本線で川湯温泉まで乗車した。車窓写真を見て懐かしんでいるが、北の大地の風景は永遠に不滅の様である。他人の振り見て

  • 経済一辺倒の是正

    立憲民主党神奈川県連が立ち上げた「りっけん神奈川政治塾」の初会合が18日、横浜市中区で開かれ、枝野幸男党代表が記念講演「10万円届けるのに何カ月かかっているのか。政府として公共サービスをする力が徹底的に足りない」「政治が再分配の役割を果たさなければいけないのに、ゆがんだ『小さな政府』となり、その機能すら持たない。今までの流れを変えなければいけない」政治家の話だから全面的に信用することは出来ないが、一つの考え方だろう。小さな中央政府、大きな地方政府、私的解釈である。平成大合併で町村が市に吸収され限界集落を大量生産したが、都会から田舎に民族大移動、巨大市を元の町村に戻し分離、地方創生し自治を活性化するなら古き良き日本への回帰が実現するだろうか。東京一極集中を是正し地方分散を意図するなら大賛成である。経済一辺倒の是正

  • やはり地球は動く

    岐阜県瑞浪市大湫町の大湫神明神社のスギ(高さ約40メートル)が最近の豪雨で樹齢1200有余年の神木で県の天然記念物が倒木した。50年に一度の豪雨と気象庁は警鐘を鳴らすが、実は平安朝以来の豪雨で、万物の霊長から進化した経済野獣が数十年で自然破壊を徹底した結果に対し、神は成す術もなく降参したのだろうか、人類の勝利だろうか。貴族階級の欲望で荒んだ都市を嫌悪し、比叡山の伝教大師最澄を欣求した桓武天皇の思想を学ぶときだろうか。伝教大師は山川草木悉有仏性を説き、人類の人類による人類の為の世間と思う錯覚を否定した。万物の霊長の錯視で環境破壊した地球を人類の英知を結集しても対策が見つからないコロナ禍の時期を好機と捉え、逆転の発想が望まれる。やはり地球は動く

  • 中止延期が新常識

    静岡県との協議が難航しているリニア中央新幹線について、JR東海の金子慎社長は、2027年の東京・名古屋間の開業は難しい「この計画が持つ使命に加え、政府や沿線自治体の思い、また、自社の社員、それに工事関係者も頑張っているといったことを考えると大変残念だ」このコメントがリニア中央新幹線の問題点を社長自ら指摘している。工事に伴う受益者には大変重要な問題なのだろうが、利用するこんな人達と呼ばれる国民にとっては令和10年3月末までに開業してもしなくても別に困らない。他の移動手段の選択肢は浜の真砂程あるのだろう。この計画は手前勝手の暴挙で、利他を旨とする公共事業としては適切でない。またコロナ禍で明白になったが、移動する国民は不要不急の旅が大部分で、JR東海が優良企業であり続ける道は、実績ある安全高速の東海道新幹線を守り続け...中止延期が新常識

  • 錯視の政治

    錯視図形に凝っている。画板に線を引いて交差する線を消したり追加したりすると図形が形成されるが、見方によって様々な形状に見える不思議に魅せられている。例えばこの図形は隠れている立方体は無視し見えるものは幾つだろうか?6つだろうか7つだろうか同じ一枚の絵であるが、時々で6つだったり、7つだったり。モノを認識するのは心だろう、心コロコロ、人間の心の有様が見て取れる。奈良の薬師寺の唯識を可視化する図形と思い遊んでる。世論調査で安倍政権の支持率が上がったり下がったり、国民の心は千差万別、いかようにも変化する、言語明晰意味不明の詭弁を弄していたら人心は離れる。法に基ずく誰にでも納得する政治が理想だろうが凡人には無理だろう。錯視の政治

  • 未来は不確定

    「土砂崩れ飯田で男性死亡、警戒情報解除の10時間後に」本日の地元紙・中日新聞の一面記事である。平成の大合併で飯田市は広域になったが、座光寺なる地名は飯田市のワーホリで13年間お世話になった果樹農家の所在地であるから土地勘がある。メールで安否伺いしたら、500メートル程天竜川の河岸段丘を下った元善光寺の近くとの事で一安心。農家の隣は令和3年3月に供用開始される座光寺スマートインターだから比較的安全な環境ではある。8月には親戚縁者に届ける幸水梨を受け取りに、10月にはコロナ禍で順延となった岡崎の大衆演歌歌手「和多留」の鼎文化センターでのコンサート、11月末から10日間は恒例の市田柿の皮むきの援農奉仕で座光寺を訪れる予定があるが、未来が予測できない世間では確約は出来ず、平穏を祈る日々である。未来は不確定

  • 久し振りの読書

    コロナ禍の三密回避を口実にNHKは再放送でお茶を濁す。製作費は〇円だからぼろ儲け、そして地球温暖化の異常気象による線状降水帯の集中豪雨の災害放送でギャラの要らない気象庁の公務員に解説を依頼すれば経費は大幅に縮小するだろう。親方日の丸で強制徴収する視聴料は大幅な黒字で、我が世の春を謳歌しているのだろうか。平成31年四月から令和元年九月までに放送された「心の時代」の再放送をたまたま見たら「禅の知恵に学ぶ」なる題目だった。講師が山川宗玄師で修行体験で得た悟りの境地の「しか」と「も」の話を以前に美濃加茂正眼寺や名古屋のアパホテルでの講演会で拝聴した。凡人は千円札を頂戴したら1万円の一〇分の一の価値判断で千円「しか」もらえないと不満たらたらであるが、仏様は百円玉一〇個分「も」頂いた、ありがたいと感謝感激する、そんな風に経...久し振りの読書

  • 閉塞感の打破

    昨日のナゴヤドームの中日×広島戦で久々に感動した。両球団のエース対決の投手戦、緊迫した前半の試合経過、大野が二番打者に本塁打提供、又本日も負け戦の閉塞感。9回裏、大島の犠飛で同点、コロナ禍の新規則の延長十回の最終回、ビシエドがさよなら本塁打で劇的勝利。野球は筋書きのないドラマと言われるが、事実は小説より奇なり、人知の及ばない筋書きは、神なのか仏なのか、何か偉大な存在の筋書きが存在したのだろう。打ってみろとと絶好球を投じ、それを本塁打するビシエドは「神ってる」敬遠しないであえて真っ向勝負する投手、それを容認する監督、名脇役だった。夢も希望も叶うプロ野球は素晴らしい。閉塞感の打破

  • 巨額の授業料

    熊本地震で被災した豊肥本線が復旧するのでコロナ禍がひと段落した段階で念願の九州を周遊しようと思ったら、50年に一度の豪雨で今度は肥薩線の鉄橋が破損し長期不通が予想される。ならば未完の中部「道の駅}スタンプラリーの岐阜県未達駅を訪れようと思ったら、その経路に当たる国道41号が崩落したり、禅昌寺界隈では飛騨川が氾濫したり、不要不急のスタンプ収集で遊ぶなんて被災者に失礼だろう。万物の霊長なる人類の独断と偏見による自然破壊は深刻だ。自然は人類の横暴を非難する事もなく、地球温暖化を懸命に解消しようとする行動が豪雨による水冷なのだろうか、人類はスエーデン少女の言葉ではなく、自然の警告と受け止めるべきなのだろう。自然から搾取した繁栄はおとぎ話だったのだろう。その授業料は未曽有の巨額になる事を肝に銘ずべし。巨額の授業料

  • 五輪はおとぎ話

    新型コロナウイルスの影響で来夏に延期され、中止になるかもしれない東京五輪で目指す簡素化について、開会式の縮小、時間短縮は放映権契約の観点から難しく、「一言で簡素化と言っても、簡単なものではない」梅雨末期の線状降水帯による50年に一度の豪雨被害が甚大な時に、組織委員会長が記者会見を開いて述べる事だろうか。コロナ禍で経済活動が停止している時に、不要不急の東京五輪を話題にしようとする行動は老害で認知症患者なのだろう。IOCの見解をそのまま伝達するなら、子供でも出来る。世間の状況を勘案し、五輪の理想像を提言するのが責任者の態度だろう。私たちは、まさに大量絶滅の始まりにさしかかっているのです。そしてあなたたちが語り合うのは、お金や、途絶えることのない経済成長のおとぎ話だけ。東京五輪はおとぎ話なのだろう。五輪はおとぎ話

  • 老人は非常識

    老人の常識は「雨降って地固まる」で雨降りは農業国では歓迎する事だった。しかし今時の雨降りは「雨降って土砂流れる」、大災害が常態化している。「恵みの雨」は通用せず「呪われた雨」は東京五輪と同じ、老人の常識が通用しない世間。昔の政治家は過ちが有ったら深く反省し、二度と同じ料簡違いをしないが、最近は「責任を痛感します」の一言で一件落着、帯状降水帯の様に再三再四同じ料簡違いを繰り返し、地固まらず、土砂流れる。長期人生で齢を重ねると料簡違いは起こるが、常態化すると認知症なる病気で、運転免許証返納を要請される厳しい世間である。認知症でも長期政権は許されるなら、国民は料簡違いを厳しく指摘するべきだろうが、老人の常識が通用しない優しい世間になった。老人は非常識

  • いつまでも待つわ

    熊本地震(2016年4月)による被災で不通となっているJR豊肥本線の阿蘇―肥後大津間が8月8日に開通の報道に接し、念願の九州周遊をフルムーン夫婦グリーンパスで計画し、秋に実施予定だった。スイッチバックの立野駅、そして肥薩線の球磨川の川線を経由して山線の大畑・真幸駅を訪ねる実現の夢見る。しかし地球温暖化の影響で発生しやすくなっている積乱雲が帯状に固まる「線状降水帯」が原因の豪雨で球磨川第一橋梁の一部が流されたとの悪夢、長期不通になるだろう。一難去ってまた一難、三戸岡デザインで鉄道浪漫を推進するJR九州は七転び八起き、きっと早期に復旧するだろう。私待つわいつまでも待つわたとえあなたが振り向いてくれなくても待つわいつまでも待つわいつまでも待つわ

  • 祭りの後

    日本を代表する夏祭りの1つ、徳島市の阿波おどりが新型コロナウイルスの影響で中止になったことを受け、徳島市とその周辺の宿泊施設のうち三割が、廃業を検討する可能性がある。原子爆弾による武力戦争の戦後は壊滅的状況だったから、復興は分かり易かった。コロナ禍による経済戦争の戦後は、世間は何ら変わらず、何から始めたらいいか皆目見当がつかない。不要不急を優先するお祭り騒ぎのアベノミックスも終末を迎え、祭りの後始末が大変で、安倍後継を引き受ける奇特な人間が現れるだろうか。無駄使いの経済一辺倒を反省し、節約を旨とする古き日本に回帰する時なのだろう。自給自足を志向するならコロナウイルスで汚染された穢土を厭離し、田舎を欣求するのが良いだろう。国破れて山河あり、やはり最後に生き残るのは農民で、農は国の大本なり。祭りの後

  • ブログで5000日

    平成18年10月26日は落合監督率いるドラゴンズがファイターズに4連敗して日本シリーズが終わった日だった。ブログを始めた日で、その悔しさを記述している。以来、ほぼ毎日投稿し、明日は5000日を迎える事をウエブサイトが教えてくれる。投稿回数は4320だから8割6分4厘になる。よくぞ13年を越える間付き合ってくれたブログサイトに感謝、そしてすべてを記録している記憶力に驚愕する。13年前は良い時代だった。ブログで5000日

カテゴリー一覧
商用