Follow my path -スイス留学日記-
住所
出身
ハンドル名
sorakoさん
ブログタイトル
Follow my path -スイス留学日記-
ブログURL
http://zurich111.jugem.jp/
ブログ紹介文
スイス・チューリッヒに暮らす精神科医の日記です。
自由文
-
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2010/02/06

sorakoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 971,995サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 20 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,924サイト
心理学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 414サイト
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,628サイト
英語スピーキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 124サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,980サイト
海外留学(ヨーロッパ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 529サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 46,945位 47,396位 50,429位 53,844位 63,315位 58,023位 58,179位 971,995サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 20 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 754位 756位 832位 859位 1,062位 978位 976位 12,924サイト
心理学 8位 8位 8位 9位 16位 11位 13位 414サイト
英語ブログ 642位 657位 690位 701位 782位 753位 735位 10,628サイト
英語スピーキング 7位 5位 5位 6位 8位 6位 7位 124サイト
海外生活ブログ 2,927位 2,938位 3,083位 3,252位 3,675位 3,458位 3,454位 34,980サイト
海外留学(ヨーロッパ) 20位 21位 23位 22位 25位 21位 21位 529サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(PV) 23,480位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 971,995サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 20 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,924サイト
心理学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 414サイト
英語ブログ 238位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,628サイト
英語スピーキング 2位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 124サイト
海外生活ブログ 868位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,980サイト
海外留学(ヨーロッパ) 10位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 529サイト

sorakoさんのブログ記事

1件〜30件

  • 日本人は笑わない!?

    "日本人は、なにを考えているのかわからない。" というのは、海外の人が日本人に対して抱くわりと初歩的な印象として昔からよく聞いていた。 私は、それは日本人が基本的にシャイだからだと思っていた。&nbs

  • スイスの聖地へ -Einsiedeln-

    ソウルメイトに友人のBちゃんがいる。「あなたはソウルメイト」Bちゃんが軽い口調でそう言うので、英語で「気の置けない仲」を表した感じだろうと思っていたのだけれど、調べるとけっこうディープであった。 一度つながったら決して離れることの

  • 霧模様

    通学路に、だだっ広い、ただただ花畑、という場所があるのですが、今朝は濃霧で、ちょっぴり厳かな気分を醸し出していました。 タルコフスキーの映画を思い出した。  デジカメよりフィルムカメラ、YouTubeよりラジオ

  • はじまりのはじまり

    スイスに来たとき、これが私の第二の人生のはじまりだ、と思うようにした。できたばかりの研究者棟に第一号で入居したとき、よし、これが私のはじまり、と思った。子どもの受け入れが決まったときも、私の進路が変わりだしたときも、いつもよし、今日が人生の

  • 海外の日本食

    子どもの食欲が止まらない。こんなに食べる子だったかな?一年前は小食だったのに…と思ったけれど、これが成長期だったのでした。 子どもは大の日本食好き、お米好き、白いご飯がない日が続くといづれ餓死しかねないので私は日々せ

  • 孤高のマッターホルン

    朝焼けに照らされて、雲に埋もれて、晴天の中で。マッターホルンのさまざまな表情を楽しんできました。    山頂が雲間からのぞくものならこぞって撮影、私も何枚撮ったかわからない、みんなから拝まれている山で

  • モンサンミッシェルと神社

    モンサンミッシェルへの巡礼路脇に、なにやら見慣れたものが。  こ、これは…もしや鳥居…  厳島神社と似ている、とのことで島の至るところに類似性を強調するポスターが張られてい

  • 引っ越し祝い

    新しいアパートに引っ越してきました。建物自体はとてーも古いのですけどね。 これまで、かつてのアパートと新しいアパートを行ったり来たり、毎日片付けと、新たな部屋のセッティングを繰り返してきたのですが、あとはかつてのアパートの清掃を残

  • 留学中の所属変更

    留学したからというもの、常になにかしらの手続きを抱えている気がします。 自分一人であれば問題ないのだけれど、子どもと留学するとなると、かなり壁があついことがわかりました。 さらに問題を複雑にしているのは、留学中に私が所属

  • 湖開き 

    今年もやってきました、湖のプール。 チューリッヒ湖に面した女性専用のプール。プールというか、Badといいます。だから最初、温泉かなと思ったのですが、湖の水を囲っている(だけの)プール。 泳がなくても、寝っ転がって、本を読

  • 日本人の魅力

    日本に一時帰国した際、空港に降り立つと、なんだか「じとーっ」としている。梅雨でした。 空港からの帰途、京浜東北線に、サラリーマンの男性たちと女性一人が乗り込んできた。一人の男性が空いている席にいったん座ったものの慌てて立ちあがって

  • 【スイス】 アパート探しの極意

    アパートを見つけるまで、3ヶ月かかった、半年かかった、などと、ヨーロッパやアジアからの留学生、社会人の知人たちから話を聞いていたものだから、チューリッヒのアパート探しはまったく骨が折れそうだ…と始まる前からほとんど心が折れてい

  • 終わりと始まり

    出かけたり引きこもったりしつつ、実務的にも精神的にも目まぐるしかったこの2、3ヶ月。 アパート探しや子どもの滞在許可証などの手続きは進まないし、今いる場所での研究を最後まで続けるか、潔くやめるか、心のうちも決まらないし、そんなもや

  • ロンドン近郊の不思議な遺跡めぐり

    今月頭、ロンドンへ向かいました。学会発表をするためです。 留学後、初めての口頭発表で、なおかつこれまで6年間頑張ってきた研究内容とは全く異なる、新たなテーマでの試験的発表だったのですごく緊張していたし、入念に準備を重ねていました。

  • スイスが暑い

    暑いです、スイス。きっとスイスだけでなく、ヨーロッパ全体、この異常な気温。 連日、最高気温は35℃を越えていて、避暑を求めて、山に入っても、湖畔に腰を下ろしても、日差しは強く、暑い。 真冬でも、日差しが当たれば半袖を好む

  • 運命のアパート探し

    1つの物件に、何十件と申込が殺到するこの地で、果たして私は理想のアパートに出会うことができるのか。 なんでも”縁”であって、こちらでコントロールはできないかもしれないけれど、ここだ!というビビっとくる体験を

  • アパート探しでだまされかける

    詐欺にひっかかりそうになった話なのですが、土地勘や相場がわからないと危なかったなと思うので、記録しておきます。  今週から再び、夏に迎える子供とともに暮らせるアパートを探し始めました。 で、一件目。とてもいい物

  • Opera in Zurich

    オペラのチケット、しかもSS席が一枚あるから一緒に行こう!と突然友人からのお誘いがあり、夢のような夜を過ごしてきました。 で、この友人というのが、70歳のスペイン人女性なのですが、知り合った経緯はというと、こちら ★チューリッヒに

  • 移民局の常連

    子どもの滞在許可証がいっこうに来ない。1月に申請して、まだ来ないってどういうことなんだろう。 同じような状況でも、友人たちは続々と家族用ビザを得られている。 もしや、日本人は文句言わないから後回しでいいやとかってなめられ

  • アドレスを新しくしました

    日本も元号が変わったし、という影響もあったのかもしれません、なんとなくこのブログのURLを変更しました。 今のアパートの住所が●●● 111なので、111の数字を使いたいなあと思い立ち、あらたなURLは、zurich111にしまし

  • 決断後の世界と、近現代史のすすめ

    大きな決断を立て続けにしてしまったその後の話。 数年、数ヶ月、自分の心の底に巣くっていた問題だったし、ここ数ヶ月、よくよく考えた上での決断だったのに、 ものすごく、恐怖と孤独と不安でつらい気持ちになりました。 

  • 大きな決断をするとき

    大きな決断をするとき、どのように考えるか、人や立場によって違うんだろうなあと思うのだけど、私の場合考えてみると、これまで環境に合わせての決断が多かった。 結婚、妊娠や出産、育児によって決断を迫られるか、それ以外は決断できずにギリギ

  • 若返り現象とは

    アジア人は若く見える、のは通説だと思うのですが、20代のころ、40代と間違われ、何度も傷ついてきた私にもそれが当てはまっているので、ちょっと驚いている。 今は40歳に手が届く年齢ですが、20代後半と思われることもしばしばだ。&nb

  • Black Forest 瞑想記

    イースター休暇のなか、南ドイツに位置するブラックフォレストに旅行してきました。Black Forestってなに?って思うかもですが、一言で印象を言えば、日本の遠野みたいな感じです。個人的に思うのは。 ここからたくさんのおとぎ話がう

  • 日本の印象-Nobody-

    Photos of Japan's Office Workers During Their 60-Hour Weekshttps://www.vice.com/en_uk/article/7xn5db/photos-of-japan

  • SAKURA in Zurich

    3月は締め切りが多く、週末もスタバに缶詰めでした。あと来週末が頼みの綱です。 しかし、天候は春分の日を境にすこぶるよく、輝かしい太陽、雲一つない空、こんな日はのんびり、なにもせず、ベンチに腰かけてずっとぼうっとしていたいです。&n

  • 魂と心の一致

    子供を見ていても、明らかに生まれたときから持っている性質がある。 負けん気だったり、図太さだったり、繊細さだったり、人によってそれぞれ。 育っていく環境、両親の教育方針だったりで性格は作られていくけれど、芯の部分はかわら

  • 春一番

    今日は、チューリッヒの街に、春一番が吹き荒れました。 生暖かな大気、突風、 時々雨が降り、次の瞬間パーっと太陽の光が差す。 季節が移り変わっていく日でした。  スイスにも春一番は吹くんだなあ

  • フライブルク珍道記

    小さな研究会に参加するために、ドイツのフライブルクに行ってきました。のつもりでした。 スイスにもフライブルクという街があって、で、私はスイスのフライブルクに間違って到着しました。 研究会は、朝から出席を予定していたため、