プロフィールPROFILE

suisyabanさんのプロフィール

住所
雲南市
出身
雲南市

自由文未設定

ブログタイトル
村の水車番
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/suisyaban
ブログ紹介文
水車小屋のおじさんは見た! 村の暮しは今日も快調!
更新頻度(1年)

340回 / 342日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2010/01/02

suisyabanさんのプロフィール
読者になる

suisyabanさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,115サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 10 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,415サイト
田舎暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,284サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 52,967位 54,743位 50,991位 48,027位 51,103位 54,947位 54,945位 978,115サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 10 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 2,996位 3,119位 2,882位 2,692位 2,861位 3,090位 3,084位 66,415サイト
田舎暮らし 121位 124位 117位 102位 108位 120位 112位 2,284サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,115サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 10 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,415サイト
田舎暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,284サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、suisyabanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
suisyabanさん
ブログタイトル
村の水車番
更新頻度
340回 / 342日(平均7.0回/週)
読者になる
村の水車番

suisyabanさんの新着記事

1件〜30件

  • 紅葉の標本樹

    隣の集落のFさんの庭には、紅葉の美しいモミジの大木がある・・・Fさんちのもみじが緑から赤く染まる頃になると、地区内のの紅葉は見頃になる・・言わば、F家の紅葉は地区の紅葉の標本樹だ・・・夕方、国道に車を止めて標本樹?を確かめてみた・・・枝先から朱色に染まって来て、美しい・・・Fさんちの紅葉があまりに綺麗なので、挿し木にして持ち帰った人がいたらしい・・・大きく育っていざ・紅葉を愛でようと思ったら・・・黄葉に色づいたそうだ・・・モミジは人を見る・・と・・・もっぱらの説があるが・・・・本当は土壌によるそうだ・・・毎年Fさんちの紅葉を見るのが楽しみである・・・紅葉の標本樹

  • 桜は戦を好むようだ、

    桜の花と言えば・・・なんとなく平和を象徴する花のように思えたが・・・なんの・・意外と争いを好む花のようである・・・桜を見る会の話で国会が紛糾している・・・そう言えば・・・わが雲南市議会でも雲南市桜の会がらみの質問でもめたらしい・・・桜の花は・・戦の象徴でもある・・万朶の桜か衿の色~🎶七つボタンは桜に錨~🎶帰らざる戦友~散る桜残る桜も散る桜~軍歌にもよく登場するが・・・軍服のボタンや帽章にも桜の花だ・・・極め付きは特攻兵器にも「桜花」と名前が付けられていた・・井伊直弼が殺されたのも桜田門外・・・桜を見る会も気を付けられたが良さそうだ・・・桜は戦を好むようだ、

  • 歎異抄をひらく

    前立腺生針検での二日間の入院では「歎異抄を開く」を一冊持って入った・・・別に新しく買ったわけではない・・・7年前に、下垂体摘出手術で少し長めの入院をした時に、娘から「入院中に読んだら」と渡されていた本である・・・手術後の不安の中で読んだので、難解な仏教用語に馴染めないままに半分読んで退院になった・・・今回は、頭ではなく、お尻の方での入院なので、少々難解でも何とかなるだろうと思ったからである・・わが家は代々真宗門徒なので、親鸞聖人の仰せなどは仏事行事の度に聞いてはいるが・・なかなか身に付いた理解にはなっていない・・・門徒は時として「領解文」などを会所で読むこともあるが・・・あまり理解していないので、決して領解などしてはいない・・今回良い機会だ、聖人の高弟、唯円さんの歎異抄は、親鸞聖人の教えの解説書として世に知られ...歎異抄をひらく

  • 病院食

    二日間の入院で前立腺生針検は無事に終わった・・・思いのほかに・・痛かったなー痛さより先に、あの体勢に参った・・・素直に椅子に座っていると・・やおら動き出して又裂き状態になり・・両足を上げて後ろに倒れる姿勢には参った・・・うわさに聞くと、妊婦さんの出産時と同じ体勢らしい・・・神聖な命を生み出す体勢と同じと思えば・・たかが前立腺の検査だ、我慢だ・・・ひさしぶりの病院食である・・・ちゃんとカロリーも計算されていて・・身体を維持するには充分だそうだが・・・量的には少ないような気がする・・・普段の食生活が贅沢なのだろう・・?メタボ体型になるのも無理の無い話だ・・・私は食べ過ぎだな、病院食

  • つる梅擬

    今年は、庭のつるツルウメモドキに沢山実が付いた・・・・・・年によっては、いつの間にか小鳥にやられて、実のはじけるまで持たないことがある・・数日前に、出雲市の産直市に出されていたツルウメモドキは・・一本で700円の値が付けられていた・・山里に住んでいると、ツルウメモドキ1本に700円もの値が付いていることは驚きである・・居間に活ける・・しぐるるとまた好日の蔓もどき美規いよいよ明日は、前立腺針生検の日である・・・若いと日帰りでも出来る検査らしいが・・歳なので、一泊することになっている・・お尻に針を刺すなんて・・・蜂じゃああるまいし・・・つる梅擬

  • 文化祭

    掛合の総合センターでの文化祭に短歌会も参加した・・・参加した・・と言っても総勢3名の会員が一首づつ展示するだけである・・・私は、早朝の準備だけで、出雲市への所用で出掛けたので・・・あまり展示された作品群を見る時間が無かった・・今年から、会場は、交流センターだったが・・・市の施設使用料は結構高めだそうである・・・主催団体の文化協会の予算はあまり潤沢ではないようだ・・・展示期間は・・およそ半日・・・・「小さな町の小さな文化祭」・・・どこか、他町の文化祭のキャッチフレーズだったが・・・市内の文化祭は、どの地区とも同じような規模のようである・・・会場になった交流センターは、まだ新しい、設備も立派である・・・茶道クラブの茶席も、床の間のある座敷で雰囲気がある・・・今までの、小学校の体育館の会場より、文化祭らしい会場だ。良...文化祭

  • 「おんどりゃー」

    今日はお寺の奉仕作業に出る・・田舎のお寺は、周囲が山野なので油断するとすぐに草むしてくる・・・少子高齢化の波は、お寺と言えども変わりなく押し寄せている・・・山間部のお寺は、門徒数も減ったようだが・・門徒の年齢も上がっている・・門徒の年齢が高い田舎では、お坊さんへの尊敬の念も厚い・・・あおり運転が社会問題化してから・・・大阪の真宗のお坊さんのあおり運転の様子が放映されたことがある・・・法衣姿で、車から降り、「おんどりゃー、わりゃー降りろーー」とわめきながら相手方の運転手の胸ぐらをつかむ姿には驚いた・・・都会地のお坊さんはやることが派手だ・・・件のお坊さんは・・真宗は有髪なので目立たないとでも思ったのだろうか?同乗者は女性だったそうだが・・7~8回の道路上での急停車行為が異常な行動とは思えなかったのだろうか・・?イ...「おんどりゃー」

  • また 頑張るか・・・

    耕耘機が故障して、JAに修理に出したら・・・年代が古く、部品が無いので修理するよりは中古でも買ったがよいだろうと・・・勧められた・・その後、JA主催の中古農機大展示会の案内チラシが送られて来たそれが今日である・・・会場の斐川町JAセンターに出掛けて見ると・・・中古農機と言えども、JA主催なので整備されて、塗装も新しい新品のような農業機械が並んでいる・・・新品のような農業機械なので、値段も新品に近い・・・しかも・・私が求めている、歩行型の耕耘機などの出品は、1~2台である・・・耕耘機もだが、なべて田んぼの中で使う農業機械はほとんどが乗用型ばかりである・・・いよいよ私が求めるような耕耘機が無かったら、来年からの稲作は諦めようと思って出かけていた・・足早に会場内を回って、いざ帰ろうとすると・・地元JAの担当の姿が見え...また頑張るか・・・

  • Simpke is Best 

    除雪機を出して点検する・・中古で買った除雪機は・・年式もわからないぐらいの年代物である・・・近頃の新しい除雪機は、駆動や除雪の方向などを動かすのはモーターなので、バッテリーが上がったらすべてが動かなくなるが・・・古い除雪機は全てが単純な機械式なので、バッテリーなど無くても動かせる・・・駆動用のVベルトの交換なども、素人の私でも出来る構造だ・・農業機械でもそうだが・・近頃の機械は、やたらと機能が付いているうえに素人では部品の交換もままならない位に精密な設計になっている・・・いざ、修理となると専門家に頼らなければならない・・・生活でも、道具でも・・simpleisBestSimpkeisBest

  • お弁当は美味かったぞ

    檀那寺の仏教婦人会の地区委員を引き受けている家内に代わって・・今日は、仏教婦人会の行事の一つであるお寺の「仏具磨き」に参加した・・・仏教婦人会の行事なので、参加者は婦人である・・・男は私だけだ・・・男と言っても齢78ともなると、性差はさほどに感じられなくなる・・まして高齢のご婦人が多い中である・・・無事に、依頼された行事参加の役目は終わった・・・異性の中に一人居る時・・・何を話してよいかわからない・・女性間の普段の話とはどんな内容なのかわからない・・・冗談にも・・下ネタ話などは以ての外だろう・・・家内に、代理参加の今日の仏具磨きの報告?をしようにも・・参加者の名前からお話から・・・報告するだけの材料が無い・・・お昼に戴いたお弁当は、旨かった・・・いつも思うことだが・・菩提寺の行事の時に出るお弁当は、センスがいい...お弁当は美味かったぞ

  • 秋の夕暮れ

    日が短くなった・・わが家から真向かいに見える八重山は、その姿から入間富士と言われている・・まだ4時過ぎなのに、八重山の頂上付近を残してすっかり日が陰って来た・・・良ぜん法師の心境になる・・山村の秋が寂しいと言われるのは、紅葉や落葉の為ばかりではないようだ・・早くから日が陰って・・光が乏しくなるからだそうである・・・不夜城のような都会のネオンの下での秋では寂しさもあまり感じないらしい・・・寂しさに宿を立ち出でて眺むればいづくも同じ秋の夕暮れ光も乏しくなったが・・人も乏しい・・・朝から人影を見ない・・・秋の夕暮れ

  • 後・・10回

    山の木の葉もだんだんと色づいてきた・・・今年の雪はどのくらい積もるだろうか・・?毎年、この時期になると雪の積もり具合を心配する・・・家内の健康診断結果が出たようだが・・・要精密検査の紹介状が来ていた・・・お医者さんに相談すると,「あと18年は大事にしなければ・・私のところでしっかりと検査をしましょう」と言われたそうだ・・・あと18年・・?なんの目標かと思ったら・・・90歳に達する年数らしい・・・ボケ無いで動ける、おおよその目標年齢は90歳と聞いて覚悟が出来た・・とすると・・・私は後12年だ・・・12年・・と言えば長いようだが・・・短い・・・男性は女性より平均寿命も短いそうだから・・・実際には・・後10年だ・・・向山の紅葉を見ながら・、雪の心配をするのもあと10回・・と思うと・・・そう大層な心配事でもないような気...後・・10回

  • 隠棲は年寄りの憧れ

    日曜日の夜には、朝日放送系で・・・「ぽつんと一軒家」の番組がある・・人里離れた不便な山の中で高齢の夫婦が住んでいる番組の何処が面白いか・・・と思っていたが・・ついつい毎週観ている・・・全国的にも視聴率は高いそうである・・年取ったら、社会性を失わない様に、人との付き合いを大切にしましょう・・積極的に、人との交流を心掛けましょう・・・認知症予防には、人との交流が一番です・・・高齢者の集まりで、は必ず言われるフレーズである・・・「ぽつんと一軒家」にお住いの高齢者夫婦は、元気である、認知症とも無縁だ・・・人付き合いが、認知症予防になるとは限らない・・・高齢者の本音は・・・煩わしさから逃れて、老後はひっそりと孤独に暮らしたいと願っているかもしれない・・・隠棲・・・が高齢者のあこがれだった時代もある・・・ついつい毎週観てい...隠棲は年寄りの憧れ

  • 高齢者の事故

    高齢者が事故を起こすと・・・ニュースなどでは、冠が付いて報道される・・・「また高齢者の事故。踏み間違いか・・・?」私は、来月の5日に、免許証の更新の為の高齢者講習会を受けることになっている・・・最初は自動車学校での高齢者講習も一日で終わっていたが、今度は2回は自動車学校へ出向かねばならない・・・最初の一日で、認知症テストがあり・・点数によっては次の講習会での受講時間と受講料が増える仕組みになったそうだ・・・講習を受ける前から点数が気になって不安だ・・・・・今日も、出雲市まで車で出かけたが…どうしても運転が卑屈になるようだ・・道の真ん中が走りにくい・・駐車場でも・・信号のない交差点でも・・・こちらが優先だと思っても・・・・・「どうぞドウゾ」と譲らざるを得ない・・・MT車なので、信号での発進が一呼吸遅れるかもしれな...高齢者の事故

  • 保存食

    隼人瓜と冬瓜を戴いた・・・隼人瓜は粕漬けに冬瓜は煮物に良いそうだ・・・隼人瓜は早速に奈良漬の要領で下準備をする・・・冬瓜は、煮物にと言う事だったが・・・カボチャなどのこってりした味に慣れた田舎人には・・冬瓜のさっぱりした味にはなかなか馴染めない・・・名前は冬瓜だが・・味は夏瓜だ・・・今年は奈良漬けも20キロ漬けてある・・・この上に隼人瓜の漬物、大根、高菜の漬物と・・・漬物だけは充分にある・・・お米もまずまずの出来だった・・・タンパク質は・・?メタボのお腹に充分たくわえがある・・・大雪で孤立しても・・保存食には事欠かない・・・保存食

  • ヤフオク

    お隣家の隣接している田んぼから、秋起こし作業の音がする・・・覗いてみると・・クローラー型の新しいトラクターだ・・そう言えば、我が家の耕耘機が故障した時に、お隣でもトラクターの故障で代替機が田んぼに入っていた・・・後、何年も稲作が出来るかどうかわからない我が家は・・JAのすすめで、中古展示会に行く予定にしている・・・出会い物があればよいが・・無かったらいよいよ稲作も諦めようかと思っているが・・・お隣の新しいトラクターを見ていると・・年取ってから乗用も悪くないなー・・と思える・・・小農の我が家ではトラクターなど乗ったことも無い・・・中古トラクターでも安いのがあったら考えてみようか・・・と・・・・ネットのヤフオクを開いてみたら・・・安い順で検索すると・・・いきなり、開始価格も現在価格も100円のトラクターが目に入った...ヤフオク

  • 玉ねぎ苗を植える

    JAに注文していた玉ねぎ苗が届いた・・・植床は1週間前に準備してある・・・家内と二人の生活では、200本もあれば十分だが・・地区内でも若い世代の家庭と、高齢者夫婦の家庭とでは年間の玉ねぎの消費量が大きく違うようである・・JAの注文書が回覧されてくるのを見ると・・同じ二人の世帯でも若い世代の家庭では玉ねぎ苗の注文数は我が家の倍以上はある・・・同居家庭のむずかしさがわかるような気がする・・・若者と年寄りとの一番の違いは・・食べ物の嗜好だそうだ・・・今頃は何かの飲み会となると・・・まず焼肉だ・・・はなはだしいのは、お寺の奉仕作業などでも、慰労会には焼肉が出るらしい・・・年とると・・肉食への興味が薄くなる・・・仏の世界に近くなったからだろう・・?信心深い昔の人は・・兎を捕まえた時でも・・「ウサギは動物ではありません、鳥...玉ねぎ苗を植える

  • 猫は・・・・自由人

    用事でお邪魔した家には・・・沢山の猫がいた・・・・わたしの子供の頃には我が家でも猫を飼っていたので、猫には驚かないが・・・なにしろ数が多い・・・お家の人に聞くと・・・隣近所の猫も子供を連れてやって来るそうだ・・玄関先は、ちょっとした猫サロンになっている・・・昔の農家はネズミ対策で猫を飼う家が多かったが・・・今頃の農家ではめったに猫を見かけなくなった・・・猫を頼らなくてもネズミ対策が出来るようになったからかもしれない・・・犬と違って、猫は忠誠心が無い・・・飼い主が気に入らないと、猫の方からさっさと見切りをつけて家から出てしまい・・帰らなくなる。気に入ったとなると・・それこそ他所からでも子ずれで住みつくようになる・・・人間に例えると・・束縛を嫌い、究極の自由人だ・・自立心もある・・・餌をもらえるなら・・私も猫になり...猫は・・・・自由人

  • 朝ドラ「スカーレット」

    定年で退職してから、NHKの朝ドラを観るのが日課になった・・退職後17年になるが歴代の朝ドラは逃しなく観ている・・・朝ドラを観るのは、面白いとか面白くないとかの次元を超えている・・・起きて顔を洗い、トイレに行く・・毎朝の一連の行動の中の一つである・・・朝ドラを観ないと・・・一日が始まらないような気がする・・・習慣とは恐ろしい・・・今の朝ドラは「スカーレット」だ・・・題名だけ聞いた時には、「風と共に去る」を連想したが・・・・信楽の里の陶芸家のお話のようである、スカーレットは焼き物の色と説明があったが信楽焼なら狸の置物をつい連想してしまう・・・狸の色なら茶色・・?ではなく・・緋色、火色が釉薬を使わない信楽焼の色だそうである・・・主人公を演じる戸田恵梨香さんには罪は無いが・・・大阪の下宿屋で働く15歳の少女役では・・...朝ドラ「スカーレット」

  • 過剰サービス

    ご主人が入院されているご家族を送って出雲市へ出る・・・ひと時・・入院しても完全看護の名目で家族の付き添いは遠慮してくださいと言われていたが・・今頃は消極的ながら、家族の付き添いを依頼されることがある・・これも看護師不足の影響なのだろうか?それとも・・・医療制度が改革されて、入院患者の精神面を重視するようになったからだろうか?高齢者の入院が多くなり、病気治療外の介護が増して来たからかもしれない・・・人出不足が社会問題化して来た日本は今、サービス部門の過剰サービスが見直されて来出した・・コンビニの24時間営業、宅配便の個別配送、しかりだ・・・この間は公衆トイレの温水手洗いに驚いたが・・これも過剰サービスではないだろうか?スーパーの総菜売り場を覗いてみると・ほとんど手を加えなくてもよい商品がずらりと並んでいる・・極端...過剰サービス

  • お祭りの日

    お祭りの日である・・・他所に嫁いでいる姉たちへ、お祭りのお餅を届けてから・・・お宮に参り・・御初穂料を納めるのが・・我が家のお祭りの流れだ・・・一昔前には、お祭りの日には、我が家から出た姉たちがにぎやかに来ていたが・・・姉弟が高齢化してからは、お祭りの行き来も無くなった・・・それでも、時たま、お祭りには珍しい来客があることもある・・・お祭りの日の昼食は、止めていたお酒も、氏神様の公認を受けたと言うことで・・ちゃんと用意してある・・・お宮の境内には、一軒だけ饅頭屋さんの屋台が出ていた・・・お祭りの昼餉は・・・昔ならこはだ寿司、ワニのお造り、餡餅、かまぼこ、お煮しめなどが食卓一杯に並んだ・・・今は、寿司、お造り、お煮しめ、(太鼓饅頭)、取り合わせは悪いがこの近年我が家のお祭りの昼餉の定番メニューだ・・・ひさしぶりの...お祭りの日

  • 何とかなる精神

    明日は地元の氏神様のお祭りだ・・・本来なら天満宮なので、25日が例祭だったが・・・農業が廃れ・・兼業で勤める人が多くなってから10月の第4土曜日がお祭りの日になった・・・したがって・・毎年お祭りの日が違う・・・昔なら親戚でも私たちの地区のお祭り日は知られていたが、第4土曜日に代わってからは地元に住んでいてもお祭りの日を失念することがある・・・お祭りの前日の今日は、集落ごとの幟旗を建てる・・・各集落でも、少子化で戸数が減ったのを受けて・・幟旗の支柱をアルミに変えられるところが多くなったが・・・私の集落だけはまだ伝統の杉の丸太の棹だ・・・杉丸太の棹は・・いよいよわが集落だけになった・・幟立てに集まった人数も・・ことしはとうとう5人だけになった・・・流石に5人では無事に建てられるかと思ったが・・・何とかなるものだ・・...何とかなる精神

  • バンザイ バンザイ

    久しぶりに万歳のシーンを見た・・・テレビを付けたら・・天皇陛下の前で、万歳をする安倍総理の姿が映っていた・・・今頃は田舎でも万歳をすることはほとんど無くなったが・・・田舎では子供のころから、何事かあると決まって最後は万歳で終わっていた・・・運動会、入学式や卒業式、結婚式、年始会、ついには飲み会の締めでも万歳をやらされていた・・・そろそろ式も終わりになると・・どこやらから偉い人が前に出て、直立不動の姿勢をとると・・・「では、万歳三唱の音頭を取らせていただきます、皆様のご唱和をお願いします・・・」と・・前言があり・・・やおら・・・全員で「万歳バンザイバンザイ」と三度両手を上げて唱えるのが定番だった・・・何時の頃からか・・その万歳が無くなった・・・何でも・・バンザイは降参を意味する様で好ましくない・・と言うことから田...バンザイバンザイ

  • 道の駅のトイレ

    掛合の道の駅舎は、全国の道の駅の第一号駅だそうである・・・春先にはリニューアルされて、記念式典もあったが・・・地元民としては・・時たまトイレを利用するだけであまり駅舎に入ることは無い・・・丁度・・待ち合わせに利用することがあり、リニューアルされた駅舎に入って見た・・・駅舎の中には、新しく利用に合わせての間仕切りが出来ていて、旧駅舎よりは狭い感じがする・・・トイレ、洗面所はさすがにきれいになっていた・・・驚いたことに・・・洗面所の蛇口からは・・・お湯が出る・・・・もったいない・・・どうも・・昔人間は、こんなところでお湯が出ると・・・もったいない精神が刺激されて・・・無駄なこと・・と思ってしまう・・・公衆トイレでこんなに清潔で快適なトイレが他の国にもあるだろうか・・?わが家のトイレの手洗いにも欲しいぐらいだ・・・道の駅のトイレ

  • お寺で短歌会

    掛合町短歌会の例会の日だった・・・今日は天皇陛下の即位礼正殿の儀で国民の祝日になっていることをうっかりしていた・・・祝日なのでセンターもお休みだ・・・その上に、町内唯一の交通機関であるだんだんタクシーも運休である・・・会員の一人、Tさんは少し遠方なので、だんだんが運休だと出席もままならなくなった、ならば・・・と今月はTさんの御寺での短歌会になった・・・私の檀那寺でもないので、今まであまりお邪魔したことも無かったが・・・なかなかの名刹である・・・山の上に建っているので景観もよい・・何時もTさんの短歌の中で登場する、萩や風知草が本堂の脇でお出迎えしてくれた・・・こんな環境なら・・自然と歌が湧き出るかもしれないと・・・うらやましくなる・・・毎月提出の詠草で苦労する、何時まで経っても作歌が上手くならない僻み心が出そうに...お寺で短歌会

  • 僧坊酒 百済寺樽

    今年の春先、娘さんの所へ一時的に行っておられたYさんだが・・・いよいよ集落を離れて、娘さんと同居することになったと挨拶に来られた・・・娘さんのお住まいは遠い滋賀県である・・・これからは・・そうそうお会いすることも敵わない・・・Yさんとは、地区内に水車を作って、村を元気にしようと活動した同志である・・・年齢は離れていても・・心を通じ合えた仲間である・・・Yさんは初代会長として・・事務局を引き受けた私とはよく一緒にいろいろなところへ出掛けたものである・・私にとっては・・父であり、兄であり・・友人でもあった・・・Yさんに教わったことは多い・・・百姓仕事のこまごまとしたことは、ほとんどYさんから伝授した・・・娘さん夫婦の車に乗り込まれるYさんを見送る時には・・・涙が出た・・・滋賀県でも農村地帯のようなので・・畑仕事の好...僧坊酒百済寺樽

  • サンマの隠亡焼

    秋の味覚と言えば・・・やはりサンマである・・・昨日、出雲市のスーパーで新鮮なサンマが売られていた・・・今日の夕餉は・・・サンマの塩焼きである・・・大根おろしをたっぷりと掛けて・・・いざ・・・・と思って皿の上のサンマを見ると・・・頭が無い・・・「頭はどうした・・・」「どうせ頭は食べないだろうと思って、取って焼いてあげたのよ、その方が食べやすいでしょう・・」せっかくのサンマである・・・頭の無いサンマではサンマを食べた気がしない・・・「サンマは尾頭付きが定番だろう・・・」「そんなに頭が食べたいなら・・取った頭があるから後で焼いてあげるわよ‥・・・」「私の分の頭も、食べる・・?」なにも頭が食べたいから、という訳ではない・・一尾の姿のままで焼いたサンマが食べたいだけだ・・・近頃は何でも合理的に能率の良いやりかたが正しいと...サンマの隠亡焼

  • 棺桶リスト

    今月に入ってから、家内も私も多用だった・・二人が同時に時間の取れることが無かったが・・・今日は久しぶりに夫婦の時間が取れた・・・前から私が見付けていた映画を観に行く・・「最高の人生の見つけ方」・・・・サユリストの私には見逃せない映画である・・・原題は同名のアメリカ映画の日本版と言ったところだが・・・余命宣告を受けた二人の老人は・・日本版では吉永小百合と天海祐希が演じている・・・棺桶に入る前にやって置きたい「棺桶リスト」を手にして旅に出た二人が最高の人生を見つけるストーリーだ・・・涙と笑いの中に・・・棺桶入りが近くなった高齢者には味のあるお話だ・・・サユリストを自称している私だが・・・相変わらず、歳を経ても彼女は美しい・・・せりふ回しや口調はどんな役柄についても変わらないところも彼女らしい・・・棺桶リスト

  • 五輪マラソン、札幌開催

    5輪マラソン・札幌開催のニュースが流れていた・・・そりゃあー都知事も怒るだろうなー開催国の何処の地区でもよいのなら・・今まで都市の名前で開催されていたオリンピックを国の名前で開催するようにルールを変えることから始めなければ・・・「東京オリンピック」は「日本オリンピック」に変更だ・・・今になって・・突然にバッハ会長や森組織委員長の声一つで決められても・・・どうかと思う・・しかも、開催都市の首長には話が無かったそうではないか・・?兆を超す開催費用も東京都の出費だそうだ・・・オリンピックの目玉種目のマラソンが札幌に取られたら、都民もお金は出して実を採られたようなものだ・・・暑さ対策といたって・・・マラソン入賞者を見ていると・・ほとんどが、熱帯のアフリカ大陸出身者で占められることが多い・・・東京都にも、東村山市など山間...五輪マラソン、札幌開催

  • 日韓相克

    文藝春秋の今月号には・・「日韓相克」と題した特集記事が載っている・・・近頃の嫌韓報道に・・私は心を痛めている・・・終戦後の田舎には、都会地から、混乱を逃れて移住してこられた朝鮮半島出身の家族が数軒あった・・・その中には、幼児の頃から一緒に遊んだ年齢の近い子供達も数人は居たが・・小学校から中学校と一緒に通い、放課後も一緒に遊んだ同級生がいた・・彼の妹さんも。一緒に山野を駆け巡り、他家の柿を無断で失敬したり、部屋の中でおままごとなど・・親密な関係が卒業するまで続いた・・・当時は、山村でも、朝鮮半島出身の人はひどい差別の中での生活を強いられていたように記憶している・・・三国人・・朝鮮人は・・子供ながらに蔑視の差別語と言うことが判った・・・大人たちの陰口を聞く度に・・彼の顔を見るのがつらかった・・そんな彼も、卒業後は親...日韓相克

カテゴリー一覧
商用