searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
メタボの気まぐれ
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/jyoudankeri/
ブログ紹介文
特撮ヒーロー、怪獣、アニメ、ドラマ、映画、格闘技、バラエティなど解説したブログです。
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2009/09/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、上段タローさんの読者になりませんか?

ハンドル名
上段タローさん
ブログタイトル
メタボの気まぐれ
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
メタボの気まぐれ

上段タローさんの新着記事

1件〜30件

  • 魔性の夏 四谷怪談・より

    1981年、鶴屋南北の四谷怪談を青春群像ドラマとして 蜷川幸雄が映画化したのが「魔性の夏 四谷怪談・より」である。 ある夜、伊右衛門(萩原健一)は自分の旧悪を知っている 妻・いわ(高橋惠子)の父・四谷左

  • 東宝チャンピオンまつり キングコングの逆襲

    1973年冬の「東宝チャンピオンまつり」で リバイバル公開されたのが「キングコングの逆襲」である。 上映時間は45分短縮されて59分となっており、 主に、以下の変更がなされている。 大ウミヘビの登場シーン

  • おっと!祝・11周年だった・・・

    気がつけば・・・ 当ブログを立ち上げて11年目だった。 しかもネタが尽きて月1回ペースの書き込みになってしまったのだが 今でも過去の記事を読みに来てくれる方がいらっしゃるので 緊急事態宣言で恐怖と不

  • カミングスーン

    1982年、マイケル・ジャクソンの「スリラー」を手掛けた 映画監督:ジョン・ランディスによるホラー映画の予告編集が アメリカのオリジナルビデオ「カミングスーン」である。 現在ではオリジナルDVD、動画配

  • 警視-K

    1980年、勝新太郎演じるハミ出し刑事 賀津勝利警視が犯罪に立ち向かう姿を描いた 勝プロダクション製作の刑事ドラマが「警視-K」である。 警視庁今宿署捜査一課警視、通称:ガッツは何よりも自由を愛し、 独

  • レッドバロン マッハバロン特別セレクションインタビュー集

    日本初の本格ロボット特撮番組として 日本テレビと宣弘社が総力を結集して制作した 人気番組「スーパーロボットレッドバロン」 そして、日本テレビと円谷プロの映像技術者が集結した 日本現代企画製作の「スー

  • 悪漢探偵2

    前作の成功により1983年、続編として制作された 香港映画が「悪漢探偵2」である。 腕は立つけど女性には弱い大泥棒キングコングことサム (サミュエル・ホイ)と、ドジの刑事アルバート(カール・マッカ)、

  • チャージマン研

    ドルショックとオイルショック それは日本経済景気を混乱させただけでなく 世界的にも不景気とさせた恐慌である。 そんな不景気真っ只中であった1974年、 極端な低予算で制作された「チャージマン研」は 21

  • 羊たちの沈黙

    1991年、連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、 彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で 元精神科医との奇妙な交流を描いた トマス・ハリスの同名小説を映画化したのが 米国作品「羊たちの沈黙」である。 アメ

  • おじいちゃんはデブゴン

    ジャッキー・チェン、ユン・ピョウらと共に 香港映画界の重鎮として名高い サモ・ハン・キンポーが20年ぶりにメガホンを取り、 主演も務めたアクション映画。 人民解放軍中央警衛局を退役し、 故郷の村でひと

  • ウルトラマン・ウルトラセブン モーレツ大怪獣戦

    1969年3月21日~同年5月31日、後楽園ゆうえんちは 大集客となる春休みからゴールデンウィークに掛けて 「ウルトラマン・ウルトラセブン モーレツ大怪獣戦」を上映した。 当時、怪獣ブームは過ぎ去ってはいたも

  • 柔道賛歌

    「巨人の星」の原作者として名声を上げ、 以後「あしたのジョー」「タイガーマスク」など、 スポ根分野を確立した功績をはじめ、 多くの劇画作品の原作者として活躍した梶原一騎。 ストーリーの展開としては型

  • 特撮ファンが選んだオリジナル音源による TV映画特撮オリジナルセレクト40

    1979年、入手困難となっていた音源を中心に、 マニアがマニアの為に企画した豪華なアルバムが、 「特撮ファンが選んだオリジナル音源による TV映画特撮オリジナル・セレクト40」である。 「マグマ大使」から「

  • 全日本プロレス・決定的瞬間大全集2

    1990年3月の番組改編期に放送された 全日本プロレス中継特別企画が、 「プロレス・決定的瞬間大全集2」である。 全日本プロレスの名勝負ベスト10の発表を中心に、 名場面集や珍場面集などをゲストを交えた

  • あばれはっちゃく

    1962年、幼児から小学生と、その家族向けに作られた 「チャコちゃんシリーズ」「ケンちゃんシリーズ」 その制作を手掛けた国際放映は ケンちゃんに続く児童向けのドラマとして 1979年、読売新聞で連載された

  • 2000 世界最強タッグ決定リーグ戦

    「プロレスリング・ノア」を旗揚げした 三沢ら大量のレスラーが離脱し、 史上最大のピンチに見舞われた全日本プロレス。 暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」の 2000年大会は全日に残留したのは川田や渕

  • 朝日ソノラマ大全集

    現在発売されている雑誌で流行しているのが DVD付きブック本であるが、 そのルーツは、1959年(昭和34年)まで遡る。 それは、朝日新聞社の関連会社として創業され 音楽などをソノシート盤として収録し、

  • '99 世界最強タッグ決定リーグ戦

    馬場の没後、三沢体制で迎えた最初で最後の 世界最強タッグ決定リーグ戦の1999年大会は WWEとのパイプを維持しつつも 組織内で、中堅クラスの底上げという改革と 活性化に成功した上での大会となった。 川

  • メタボの気まぐれ 祝・10周年!

    2009年5月29日 我がブログ「メタボの気まぐれ」が産声を上げました。 私が所有している作品や思い出の玩具などを 自分なりに書き続けて10年の歳月が流れました。 私にとって、この10年間は 社会に見放さ

  • '98 世界最強タッグ決定リーグ戦

    前年度より世界感を取り戻した 世界最強タッグ決定リーグ戦の1998年大会は 米国メジャー団体WWEより大物選手が参加となる 豪華な最強タッグとなった。 スタン・ハンセンはWWEのメインレスラー 皇帝戦士

  • オリジナル原盤による テレビまんが主題歌のあゆみ

    私が親に買ってもらった最初のLPレコード。 それが、1976年10月01日に発売された 「テレビまんが主題歌のあゆみ」である。 1976年は懐メロがブームとなった時期であり、 LP4枚組というアニメ、特撮音楽界

  • 第2回 ALL TOGETHER

    第1回武道館大会終了後、次回大会となった 「ALL TOGETHER」は2012年2月19日に 宮城県・仙台サンプラザホールで開催する事となった。 チケットは一般販売が特RSとRS席2種類のみとなり、 2階スタンド席は宮城県

  • 変身!特撮テレビ映画主題歌のあゆみ

    現在でこそ全話収録のDVD-BOX、ブルーレイBOXが 当たり前の時代。 それまではLD-BOX、CD-BOXなど セットで販売されていたが、 1978年、カラオケが大ブームがだった頃、 国内盤LP-BOXが発売された。 それが

  • '97 世界最強タッグ決定リーグ戦

    完全マンネリ化となり、ファン離れが急増した 1997年の全日本プロレスは打開策として 他団体交流を激化し、新装を試みた。 97年の世界最強タッグ決定リーグ戦では 11年ぶりに他団体選手が参戦し、 米国3大メ

  • 行け!レインボー仮面対ホームレス怪人軍団

    その地域にしかないキャラ、グルメなどを 俗に「ご当地」と呼ぶ。 日本初のご当地ものは1973年、宮城県のスーパー エンドーチェーンのオリジナルヒーローとして レインボーアタックエースが誕生した。 その

  • アンタッチャブルvsバーニングvsノーフィアー

    改革。 それは、基本的な体制を保ちつつ、 内部に変化を作る事である。 三沢光晴統制時代の全日本プロレスは まさに改革で、大いに盛り上がった政策となった。 三沢は新しい体制で全日本を改革するべく

  • 池中玄太80キロパートII

    1981年、日本テレビの土曜グランド劇場にて 「池中玄太80キロ」がパートIIとして帰ってきた。 海外取材から帰った池中玄太(西田敏行) 彼は大京通信社写真部のカメラマンであり うるさ型部長・楠公さんこと

  • '96 世界最強タッグ決定リーグ戦

    天龍を中心とする大量離脱が原因で、 鎖国制度を貫いた全日本プロレス。 その為、参加選手が毎回同じで1年間を通す事で 完全マンネリ化したが、1996年の 世界最強タッグ決定リーグ戦では 参加チームが少ない

  • わんぱく王子の大蛇退

    2019年のゴールデンウィークは 平成から令和へと年号が変わる事もあり 10連休という大型の休日となった。 その昔、連休となると子供向けの劇場アニメや 特撮映画が公開された。 1963年に東映は連休向けの長

  • 巨大植物ジュラン

    時を隔て、永遠に続くであろう ウルトラシリーズ! その第1弾がSF怪奇アンソロジー 「ウルトラQ」である。 制作第1話に登場したジュランは ジュラ紀に生息していた花である事から 命名された巨大植物であ

カテゴリー一覧
商用