searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Writerさんのプロフィール

住所
多摩市
出身
杉並区

Writer / Blogger

ブログタイトル
きみの靴の中の砂
ブログURL
https://air.ap.teacup.com/writer/
ブログ紹介文
『それは言わない約束』のようなもの。
更新頻度(1年)

123回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2009/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Writerさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Writerさん
ブログタイトル
きみの靴の中の砂
更新頻度
123回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
きみの靴の中の砂

Writerさんの新着記事

1件〜30件

  • 地獄の季節

    [画像]  さて、その詩人は、十九歳で最後の一篇『地獄の季節 ------ Une Saison en Enfer(1873)』を書いて以降、詩作に関心を示すことは全くなかった。それは『書くべきことがあるにも関…

  • 気紛れ

    [画像]  忙しかったわけではないのに、夏の間、すっかりサボっていた書棚の整理 ------ 気紛れから、今日昼過ぎ、突然再開。  カポーティやピンチョン、チャトウィンもゴソッと『整理(古…

  • 白石うーめん

    [画像]  蔵王連峰は主峰に熊野岳を頂き、山形県と宮城県にまたがって君臨する大山地である。主に山形県側の観光開発が進んでいて、特にスキーをやる人達にとっては、蔵王といえば山形蔵王…

  • カフェ・ヴェルグナーノ

    [画像]  朝の七時からレア・チーズケーキでお茶ができる店は、今年はコロナ・ウイルスのせいもあって、秋となった今も葉山では海縁の『カフェ・ヴェルグナーノ』だけだった。  以前なら…

  • 11月のエアポート

    [画像]  誉めすかされ、無性に照れ臭くなるときみは、 「いったい、なんだって言うの!?」とか、 「言い方に棘があるわよ!!」などと素っ気なく食ってかかるような口調になるのがわかったの…

  • ベーカリー・ハーヴェイズのイングリッシュ・マフィン

    [画像] 「ノースダコタ州の州都を答えなさい、と質問されるのと、ビスマルクはアメリカのなに州の州都か答えなさい、と質問されるのとでは、どっちがクイズらしいと思う?」とイチ子さん。…

  • 今から五十年も前の話なのだから

    [画像]  一瞬すれ違ったような出会いではあったが、今にして思えば、せめて名前くらいは聞いておけばよかったと思う ------ 今更そんなことを言っても仕方の無いことなのだが...。  紅茶…

  • あとひとつ足りないもの

    [画像]  半熟卵を作る。  お湯が沸騰する寸前に ------ 摂氏90度くらい ------ 生卵をふたつ投入して待つこと楽しい八分間。  茹であがりの殻を剥く ------ 予定では黄身の外側から中心…

  • ガレット・デ・ロワでお茶にしよう

    [画像]  木々の葉が柿色に染まるこの季節。  山並みを背景に、紅葉が『日本の秋を語るに必要な風景』であることは疑う余地はないのですが、都会のビルの谷間の、古い、くすんだコンクリ…

  • 琥珀色の海

    [画像]  恩賜公園の銀杏並木に降り積もった落ち葉が美しい ------ そんなことを水口イチ子がどこかで聞かされてきたようだ。 「是非見に行きましょう」と七五三も近い、ある土曜の朝、有…

  • シャトーラフィットロートシュルト1986

    [画像]  昨夜のパーティーに、横浜でワインの輸入会社をしているケビンが持ってきた『シャトーラフィットロートシュルト1986』を見て驚いた ------ こんなに高いワインを持ってくることは…

  • レースのカーテン越しに薄日を映す窓辺に

    [画像]  昼も近い時間、レースのカーテン越しに薄日を映す窓辺に、きみは縹緲(ひょうびょう)たる憧憬(しょうけい)を心に描く。  そんな、明日が霜降(そうこう)のいち日...。 【The Holli…

  • 都市の夕暮れ

    [画像]  秋。  都市の夕暮れ。  雑踏には、公園の落ち葉より多くの孤独が潜む。  今日いち日、誰と話をしただろう。 【Brian Wilson - Don't Worry Baby】  

  • 観覧車とチューインガムと冬物語

    [画像]  週日は乗る人も少ないながら、観覧車は休むことなく回り続ける。                     * 「チューインガムを長く噛んでいられる人って不思議」と水口イチ子…

  • 華氏85°の秋

    [画像]  仏蘭西語が聞こえる島 ------ でも、マルティニークじゃない。  ここはパペーテ。南太平洋。  もうすぐ、燃える陽射しのクリスマス。 【Joscho Stephan Trio - Till There Was …

  • シャルルジョルダンの靴の箱

    [画像]  シャルルジョルダンの靴の箱 ------ 詳しくは知らないけれど、水口イチ子お気に入りのシューズ・メーカーだとか。余所行きは、このブランドのものしか持っていないと聞いたことが…

  • 好きなように生きればいいんじゃないの?

    [画像]  いつだったか、水口イチ子と『人生をどう生きるか』を話題にしたことがあった ------ 言わば人生の時間の有効活用についての話だ。                     * …

  • 思い出のSummertime

    [画像]  今年の夏はCOVID-19のおかげで外に遊びに行けず、海遊びを楽しみにしていたアタシ達にとっては散々な夏だったけど、まあそれはそれで新しい遊び方も開発できたし、今になってみれ…

  • 減らず口

    [画像]  好きだとか愛しているだとかを頻繁に口にすればする程、その価値は下がる ------ それは当初、彼女の持論と理解していた。  しかし、時を経て、彼女をより深く知ると、次第にそ…

  • 潮流 ------ きみは、ぼくのMain Stream

    [画像]  大学生最後の秋が始まろうとしていた。 【The Beach Boys - I Get Around】  

  • いつだったかの夏

    [画像]  また会えるかな? 【Bob Cowsill Band - Tell Me Why】  

  • Sea Breeze ------ 眠りを誘う風

    [画像]  Sea Breeze ------ 眠りを誘う風が吹くという。                     *  ポートモレスビー・ジャクソン国際空港でジャンボ・ジェットを国内線の古い双発プ…

  • 随分長い間疑うことはなかった

    [画像]  水口イチ子は、以前から自分の背が高いことを気にしていた。  例えば雑踏で他人の視線に曝されるときなど、彼女には、それをことさら気にする様子がうかがえた。  そんな時だ、…

  • 秋のいち日にふたりですることがひとつ増えたということだ

    [画像]  祖父のそのまた父の時代からあるという庭の柿が実りつつある。 「もうすぐ沢山収穫できるね」と嬉しそうにイチ子さんがぼくの腕に手を回し、喜ぶ。  彼女は、実が多ければ豊作だ…

  • 目的はなんなの

    [画像]  この踏切の目的はなんなの ------ 急いでいるときに限って人と車の流れをあの黒四ダムのようにピタッと堰き止めてしまうこの不条理な朝。 【Sheena Easton - Morning Train】  

  • 一方通行の人生を行く旅人達

    [画像]  『帰ることを前提にしているのはTourist、Travellerは帰らないかもしれない旅人』と最初に定義した作家は誰だったか。  かつてある旅人もまた「帰るところがないのが旅」と言っ…

  • ポテトフライでアクセル全開の夏だったな

    [画像]  ポテトを素揚げにしただけのチップスやフレンチフライじゃなく、  それを櫛形に切って下茹でしたものにパン粉をまぶして揚げて、  それにウースターソースをかけて食べる -----…

  • グレゴリー・コーソ語る

    [画像]  詩人グレゴリー・コーソは、ケルアックについて語る。 「彼は詩的な表現を多用する散文家であったが、決して散文詩人ではなかった」と。 【ON THE ROAD: Official Trailer】  

  • 珊瑚礁を吹く風

    [画像]  白波が浅く砕けるリーフの一角に幅三ヤード程の狭い水路が切ってあって、本島からは小型のボートでその島に渡ることが出来た。  島と言っても引き潮の時にテニスコート四面程の…

  • この夏の思い出が揺れている

    [画像]  夏の間、海から戻ったぼく達が、いつもウェアを干していた場所。  秋が来ても木製のペグの先には、イチ子さんとぼくのこの夏の思い出が、今日もまだ揺れている。 【Anne Murray …

カテゴリー一覧
商用