searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ジークレフさんのプロフィール

調律師がスタッフのお店です♪ 店頭では、ピアノなど鍵盤楽器やギター、ヴァイオリン、ウクレレなどの楽器をはじめ、楽譜や音楽小物、雑貨、弦などを販売しています。 レッスンはピアノ、オルガン、ヴァイオリン、フルート、ギター、ウクレレ、声楽を開講しています。

ブログタイトル
ジークレフおとのたより
ブログURL
http://gclefblog.jugem.jp
ブログ紹介文
奈良県大和郡山市にある楽器店&音楽教室です♪イベントや新商品のご案内などをお知らせしています。
更新頻度(1年)

124回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2009/08/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジークレフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジークレフさん
ブログタイトル
ジークレフおとのたより
更新頻度
124回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
ジークレフおとのたより

ジークレフさんの新着記事

1件〜30件

  • 弾きにきてもらった今日

     本日は、先生にグランドピアノを弾きに来てもらっていました。 C3は音空間広がりのことに言及いただいて、KAWAIの方は他で弾いたことないようなKAWAIと言っていただきました。また、ピアニシモの表現がしやすいとのことで

  • とりまぜ近況

     先日、VNのご商談でした。ヴァイオリン、こんな小さな弦楽器でボディ全体を体を覆ってしまえるほどのサイズで楽器全体を見通せるのはピアノを普段から触っていると驚くべきことです。3本で商談。 ルーマニア製日本製 そ

  • 途中経過音UP

      RX-A、教室の生徒さんも楽しみにしてもらっていて、買う買わないはおいておいて興味をもってもらっていて、はやく聞いてほしいなと思いながら調整も行ったり来たりで。 結構あちこちで言いまわっていながら音になると

  • 求人まわりでご連絡いただきましたY様

    業務連絡で失礼します。 求人まわりでご連絡いただきましたY様。お問い合わせありがとうございます。メールを受信させていただきましたが、こちらからのご返信ができずメールがかえってきてしまいます。もしよければお電話いただけましたら幸いで

  • 地底空間練習室

     先日、お客様のところへ調律へお邪魔しました。ピアノはYAMAHAのピアノです。以前当店でメンテナンスをお受けさせていただいたピアノです。 こちらはオープンスペースとして場所をレンタルできます。お家を改装されて、3階部の

  • 出張など

     四国方面へ出張していました。複数台ご依頼いただきまして、ピアノのお部屋移動のお手伝いもさせていただきました。 こちらのピアノをお部屋移動と調律。 通常は室外移動で、運送屋さんに当然頼みますが、あくまで限られた

  • 歴史の縮図

     先日、マッサージをしてもらっていました。背中に凝りがあって、昔からゴリゴリしています。 大阪へでたときの時間調整で、たまの贅沢として少しお店にはいったりしています。地下街にたくさんありますが、連続して満席だったりします

  • RX-A順調に。

     RX-Aの鍵盤調整中。精密にやるときは、鍵盤側とバックチェック側両方で確認していきます。  センターピン交換3列すべて終わりました。やり方も音とタッチを最重視してやっていきます。普通は区別してされることはあり

  • ブッシングレザー

     ドイツ製のキーブッシングレザーを購入しました。ベーゼンドルファーなど超高級ピアノに使用されていて、値段が通常の赤のクロスのものと比べて材料費が10倍、20倍とします。いつか使ってみたかったのです。  下の赤の

  • ミニコンサート

     こんにちわ。コロナウイルスのニュースが世界的な流行になっているようですね。当教室の発表会は7月です、なんとか収束へむかってほしいところですね。 その発表会当日内にて、ブルグミュラーのミニコンサートコーナーを設置しました

  • コンクール調整月間

     こんにちわ。ピティナコンペティションの時期にはいってきているようです。主に子供さんのコンテストとしては、定評があるようですね。毎年一日くらいは見に行っています。  コンクールに合わせて、ピアノ調整月間をしよう

  • 好みを超えて

     大先輩の調律師とお電話する機会がありました。調律の話をする中でクラシックの話に。 「ケンプのベートーベン、ケンプは大好きで、これだけ定評がある盤なんであれですが、あまりなんですよね自分的には…。やはりベー

  • 出荷など

     娘がピアノをはじめるので、あ、そういえば実家のピアノをもってこよう。その前に綺麗にして、たまった湿害も取り除いて。そんなお仕事はかわるがわるいただいています。 KAWAIのピアノ、今そういって新しくピアノを習い始めるお

  • 入荷なども

     仕事もとりまぜで進行していっています。 少し技術的な大きな変化です。ピアノ鍵盤まわりの調整や状態、これがピアノ全体像をきめかねない箇所であることは何度も何度も書いてきました。赤い部品、鍵盤シーソ—の支店になるところにの

  • 修理も開始

     RX-Aの内部のところを修理ついでにみてみますもう処置してしまいましたがささくれなどがありましたサンドペーパーなどで処置してしまいます意外とこんなところでも音とタッチがかわります。鉄骨のバリなどを丁寧にとってあげると音が変わりま

  • RX-A入荷

     KAWAI RX-Aが入荷してきました。多くの調律師も調整、調律したことがないと思います。大きさは5型です。200cm今から修理開始。このバックの組みの丁寧な材質と組のよさがハンドメイドを思わせます。角も手作業で落とされています

  • 転生輪廻

    キーボードが壊れました。スマホでうってみます、たぶんこれっきりになるとおもいます。やや体調も悪く疲れもふくんでいます。そのなかで、たりないものを補おうと手に取り足を運ぶのが過去の時間にあります。カセットも沢山まだのこってますが、MD。なつか

  • 象牙はがしたり、修理など

     スタッフが象牙の剥がし中です。アイロン熱でもっとも簡単に剥がれます。今後の修理補修用にとっておきます。これを綺麗にして他のピアノにすべて搭載させるのは大変困難です。アクリなどと違って、接着がむつかしく象牙が動いてきます。そのため

  • 昨日のこと

     ご新規のお客様でした。色々なパターンがあります。一つとして、以前お願いしたお仕事に不満だったことから変わってこられることもあります。今回が必ずしもそういった形とは思いませんが、こういった場合は何も諸手挙げて喜べるようなイージーな

  • 失敗もとりまぜて

     昨日、アクションの納品でした。鍵盤のブッシングクロスの交換一式とバットフレンジ交換という一般的な修理ではあります。調律が空いて、いざ調律しようとすると、虫食いや湿害が溜まってしまっている。こんなパターンの典型的な形でした。&nb

  • おけの葉っぱのおはなし

     お正月、いつもお仕事をいただいているフルートのコンサートの仕事があります。実質この仕事が仕事はじめとなっていて、自身と学生時代の同僚の調律師二人で共同で仕事を行います。 作業がおわって、リハーサルのチェックがあって、そ

  • 183入荷

    ディアパソン 183Eが入荷しました。183Eは、大橋氏が目指した音質成分を明確にもっている最後のディアパソンかなとも思います。以後もKAWAIのものと差別化するための仕様としていてそれぞれ良さがありますが、独特のベヒシュタインの粒立ちをも

  • C3E調整中

    C3Eの出荷の調整です。まだまだ若い機種で、90年そこそこの年代のはずです。以前から書いてましたが、このあたりからピアノづくりの方向性が少しずつ変化していっているように感じます。いい意味では和声的へ、逆に単音の旨味が減ったようにも感じます。

  • カワイ RX-A入荷

    KAWAIのRX-Aの入荷がきまりました。現品を確認してきました。ベースとなる木材の使い方がすばらしく、好感を持ちました。 ハンドメイドクラフトと書いてあります。KAWAIのフラグシップモデルなので、KAWAIで最上級のピアノとい

  • 入荷のことも

     昨日UPした記事でKAWAIのRXAという手工ラインのグランドピアノ、またディアパソンの一本張りのグランド、写真を送ってもらった限りでは、KAWAIは骨組みの材質が美しくやはり丁寧で良い印象をもちました。こういったピアノは中古品

  • とりまぜて

     イースタインの修理にはいっていってます。外装は、全体塗装を行うことになりましたので、少し時間がかかりますが、完成は新品のようになってきます。今回のB型はすでに音色成分が明確的で、より強調されることになると思います。塗装経費が相当

  • KAWAI KGご納品

     グランド納品出発。KAWAIのKG2Cです。 到着して。KAWAIの現代的な音色の礎になった感のあるピアノ。納品は、運送屋さんがつけてくれたペダルを再調整して、アクションのいがみをとって、調律して、整音して完了です。&

  • 同じようなの入荷

    YAMAHA C3Eが入荷しました。綺麗ですね。C3A C3B C3E とつづくEのタイプ 1990年ごろのピアノ。まだ調整前。  横に並んでいるのはAbel仕様の展示品C3 並べると設計の違いがあって面白いものです 1

  • ドロップ調整

     今日は出荷のGPの調整でした。写真が撮れていません…。少し今日はしっかりと写真でご説明したかったのですが…。 ドロップ調整といって、レペティションレバーの上昇を決める一つの調整があります。こ

  • 〜 謹賀新年 〜

    〜 明けましておめでとうございます 〜☆今年もどうか宜しくお願い致します☆  ギターの画像になってしまいました。なぜか?お正月、ひさしぶりに少し手にとって音を出しました。 数本ありますが、今回は2本のこと。&n

カテゴリー一覧
商用